臨戦態勢

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、メタボはなぜよくないかのところで、将棋の故大山名人を引き合いに出して、勝負師はダイエットしてはいけないのだろうか、と問いかけをしたら、友人から反応があり、次のような趣旨のコメントをもらった。

すなわち、プロの将棋というのは、いかに細かいミスをしないかであり、そのために異様な注意力を強いられ、また、不利になったときも、じっと耐えて逆転を狙う。そこは実に忍耐を要するしんどい仕事であり、そうやって将棋に神経を使うということは、将棋以外のところで、我侭に振舞えなくてはならない。すなわち、食べたいものがあったら食べ、文句があったら構わず言う。そうやって将棋以外で自由にやってこそ勝負に勝てるのであり、ダイエットなんてとんでもない。

ううん、言われてみると確かにそうである。この理由の他に、ダイエットしてはまずい状況を考えてみると、他人と競う場面が多いような人は、やはりダイエットが向かない。特に、瞬発力を要すれば要するほど、その程度が激しい。典型的には相撲取りであり、あるいは野球選手である。スポーツ選手全般に、ダイエットは相応しくない。というのは、他人と競うためには、過剰なエネルギを抱えていなくてはならない。ダイエットするということは、ガス欠ぎりぎりの状況で走り、なくなりそうになったら少しだけ給油するようなものである。自動車のガソリンタンクを満タンにしていても、なにも問題はないが、人間で燃料源が過剰であると、臓器炎症などいろいろ不具合が起こるらしい。

ところで私が12キロも痩せたというのは、前にも書いたが、さて果たして以前より健康になったのか、さっぱり自覚はない。意識するのは、ズボンのベルトの穴が大分内側を使うようになった程度である。ただ、いまいち元気が出ないと感じることはある。空腹になるとすこしふらつくことがあり、果たしてダイエット=健康なのか、いよいよ分からない。

それでも、仕事には全く影響がない。最近、随分面倒な長い特許明細書を書いていたりすることがあるが、ダイエット後にペースが落ちたという感じはない。その理由はどうも、他人と競うことなく、マイペースで出来ているからであろう。競わないなら、車で言えば法定速度でちんたら走ればいいので、過剰なエネルギはいらない。そういうペースで仕事が出来ているというのは、とても幸せなことなのかもしれない、と次第に思ってきた。

ただこれが、もし他社との特許侵害に巻き込まれて、早急に無効調査をしたり、応答の案文を書かなくてはならないなどの緊急事態だと、ダイエットしすぎた体ではもたないかもしれない。すなわち、そういう状態を臨戦態勢と呼ぶことにすると、臨戦態勢にダイエットはNGである、ということになる。

だから一線のサラリーマンは、ダイエットなんかしていられない。緊急でレポートを書かなくてはならないし、取引先との会食もある。週末にスポーツスラブに通うので、スタミナをつけておかなくてはならない。すると、今夜は焼肉とビールか、いいねぇ、ということになったりする。ダイエットどころではない。

こうしてのんびりダイエットできるのは、たいした仕事もないOLと、一線を引いた引退間近のサラリーマンだけ、ということになる。私が後者に属することが抗えなくなってきた。そこで流れてくる曲は、ドナドナだったりする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1962

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月18日 06:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「質量の起源」です。

次のブログ記事は「バカリーマン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。