マイクロソフトの知財戦略

| コメント(0) | トラックバック(0)

なにかの雑誌の紹介で、「マイクロソフトを変革した知財戦略」、マーシャル・フェルプス、デビット・クライン著、加藤浩一郎監訳をみつけたので、早速購入して読んでみた。

これは、私と同じ情報処理の業界にいて、知財に関与している人には、ほとんど必読書であるといっていいくらい、いい本だと思う。以下、個人的な感想というかメモである。

マーシャル・フェルプスは長らく、IBMの特許部門の総責任者のような地位にあった。1993年頃の大リストラで会社が傾き、ガースナーが新しいCEOとしてやってきたとき、いまいちソリがあわなかったようである。それでも、当時IBMには、来期の予算を確保する目途さえなかった。それで、マーシャル・フェルプスたちは、特許のライセンスで稼ぐことを考え、そのやり方を構築した。もともとIBMは、クローズドな会社で、ライセンスはしなかった。コンパチメーカを潰すには手段を選ばないという悪評があった。

マーシャル・フェルプスは結局、IBMにおいて、ライセンス料で年間10億ドルを稼げるまでに仕組みを作り上げたのだが、2000年にIBMを去った。どうも結局、上位マネジメントと相性がよくなかったようである。

付言しておくと、もちろんマーシャル・フェルプスの手腕は半端ではないが、IBMには、それまで膨大な研究投資した結果としての、ぎらめくような特許群があったようである。フェルプスは、背に腹はかえられず、それらの特許に込められたポテンシャルを開放したのであった。その分、独占性は損なわれたかもしれないが、時代がもともと、一社技術独占ではなくなってきていたのである。

2003年頃、しばらく別の仕事をしていたとき、フェルプスは突然、有名人から電話を受けた。なんとビル・ゲイツである。マイクロソフトに特許の責任者としてきてほしいというオファーだが、それこそ晴天の霹靂だった。しかし、フェルプスはこれを受ける。そして、とてつもない遣り甲斐を予感した。

ビル・ゲイツがマーシャル・フェルプスに期待したのは、マイクロソフトにおいて、特許管理の仕組みを作ることと、今までのマイクロソフトのクローズドなやり方を、根本から変えることだった。これはまさに、ビル・ゲイツが、Windows NTを開発するために、デービッド・カトラーを招聘したことに対応する。詳細は、「闘うプログラマ」という著書に譲るが、Windows 95が大成功を収めている段階で、全く新しい32ビット・ネイティブなOSを作ろうというのだから、リスク一杯である。しかし、ビル・ゲイツは、NTなしではマイクロソフトの未来はないと信じた。実際、その後のWindows 2000も、XPもWindows 7も全て、Windows NTの路線上にある。

マーシャル・フェルプスが最初にマイクロソフトでやったことは、NAP条項の撤廃である。NAP条項とは、Non-Assertion of Patents、すなわち特許非係争条項で、例えばマイクロソフトが、Windowsに関して日本のパソコン・メーカーと使用許諾契約を結ぶ際、日本のパソコン・メーカーに、マイクロソフトに特許侵害の訴訟を起こさないことを誓約させるものである。この条項は、マイクロソフトがまだ小さい一ソフトメーカーであったころはいいとして、世界に冠たる規模の企業になってくると、独占禁止法の対象にもなってきた。そこで、マーシャル・フェルプスは、NAP条項を廃止しようと努力したのだが、社内では大いなる軋轢、社外では当惑をもって迎えられた。それでも、社内では、ビル・ゲイツ、スチーブ・バルマーの強力な支援で、次第に地歩を固めていった。

しかし、なんといっても、マーシャル・フェルプスの託された主要なミッションは、独占の権化のようなマイクロソフトを、オープン・イノベーションのトラックに乗せることである。そのためには、逆説のようであるが、保有特許件数を増やさなくてはならない。実際、マイクロソフトは、下記のように、年毎に着々と米国特許発行件数を増やしていっている。なお、件数は、私が米国特許庁のサイトで独自に調べたものである。

米国特許発行件数
2003500
2004464
2005746
20061459
20071636
20082025
20092902

こうしてみると、マーシャル・フェルプスの入社と、特許件数の増大は、多少相関があるといえる。ともかく、マーシャル・フェルプスの次のような趣旨の発言は興味深い。すなわち、マイクロソフトではキャッシュは潤沢にあるので、特許ライセンスで稼ぐということにフォーカスする必要は全くない、という内容である。これを聞いて羨ましいと思わない企業は少ないであろう。実際、フェルプスがIBMで手がけたライセンス収入を作り出すスキームは、利潤の枯渇に苦しむIBMにとって死活問題であり、そんな優雅なことを言っている場合ではなかった。

増大してきた特許ポートフォリオを背景に、マーシャル・フェルプスが進めたことは、クロスライセンスであった。知的財産を使ってコラボレーションを生み出すということの典型的な施策である。ところが、伝統的な会社は、マイクロソフトの開放性にとても怪訝で、また、「所詮」ソフトウェア会社の特許ポートフォリオの価値に対する疑問も払拭できなかった。それでも、苦難の末、マイクロソフトは、典型的な大企業で特許の世界でもビッグネームの東芝と、クロスライセンスに漕ぎ付けた。

特許訴訟という意味では、マイクロソフトは、いわゆるディープ・ポケットであって、攻められっぱなしであった。反訴しようにも、使える特許をあまり保有していなかった。そこで、特許ポートフォリオを充実させて、その抑止力で訴訟を減らし、クロスライセンスを増やしていくというのが明確な方針になった。

そもそも、特許訴訟を起こして、相手をとっちめるという方針は、独占禁止法の対象になりやすいマイクロソフトには相応しくない。なにほどかのライセンス料を稼いだとしても、評判として失うものが大きい。なによりも、オープンソースが隆盛のIT業界で、コミュニティから叩かれて、村八分になってしまう。SCOがそうであった。

サーバOSの世界でも、オープンソースのリナックスを含むヘテロな環境が普通であるような状態で、ひとりマイクロソフトの権利を主張することは、自分の首を絞めることにもつながる。こうして、マーシャル・フェルプスは、レッドハットとの契約には失敗したものの、ノベルとの契約には漕ぎ付け、マイクロソフトにオープン・イノベーションへのトレンドというか、モーメンタムを作り出した後引退し、今はロースクールの教授を務めるなど、悠々自適の人生を送っているようである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1964

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月20日 22:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バカリーマン」です。

次のブログ記事は「司法試験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。