パーティ主催

| コメント(4) | トラックバック(0)

何度も書いたが、私はもともと学者になるつもりで才能がなくて果たせず、こうやってしがないサラリーマンをやっている。ところが、約12年くらい事務方の管理職をやっていたので、その間、部門でコンファレンスなどあると、会議室の手配やら、ホテルの予約やら、空港での出迎えなど、大童でいつもうんざりだった。

今となっては、管理職を降りて、特許実務に専念できている。そんなに好きでもなく向いてもいない特許実務であるが、一番楽しいのは、特許出願のために、先端技術について発明者に聞いたり勉強したりすることである。

ところが、記憶を辿ってみると、私が人生で得た一番よい評判はどうも、コンファレンスの主催などの仕事にまつわるものかもしれない。私のことを多少なりとも知っている友人は、そう言うと、そんなのありえるのかと驚きを隠さない。

というのは、人付き合いを避けて本を読んだり、パソコンに耽溺したりと、どうみても社交的な側面が窺われないからである。他人によく気がつくと言われることも皆無である。そういう人物がよくパーティを主催できるなんてことは絶対ありえない。私ですらそう思う。

では、私のパーティのやり方はというと、臆病で失敗を極端に恐れる、いかにも腺病質といっていいものである。すなわち、予定の時間より随分早く行って準備する、あるプランがフェイルすることを想定して、二重にも三重にも策を考えておく。つまらないことであってもいちいち、参加者の意向を聞き、それを実現しようと手を打つ。

すると、私が主催するパーティは、何一つエキサイティングなことが起きない。淡々と物事が進むだけである。傍から見て、いかにも退屈なコンファレンスだったり、パーティなのだろうと事務局をやっている私ですら思う。もちろん、主催者である私がパーティをエンジョイするなんてありえない。神経をすり減らして、早く予定が無事終らないかな、とばかり思っている。

そうやって私が神経質にたたずんでいるのに、参加者はいよいよくつろぎ、私に遠慮なくいろいろ聞いてくる。注文する。どうも、質問やリクエスト歓迎しますよ、みたいな雰囲気を漂わせているらしい。

だから、無事コンファレンスやパーティが終ると、どっと疲れて寝込みそうになる。少なくとも、参加者からは、悪い評判ではないようである。それだけでもまあいいかと思う。

ところが、私のようなきめ細かいある意味神経質なやり方は、とても意外なのだが、米国人に評判がよい、理由は、米国人はコンファレンスの主催にあまり細かい神経を使わないようなのである。だから、コンファレンスの後のディナーで隣り合わせた米国人(あいにく男性だったが)から、これは自分が今まで出席した中でベストのコンファレンスだと褒められた。そこで止せばいいのに私が、あなたが無事米国に帰らないと私のミッションは果たせたと言えないのだと真面目にいうと、米国人は笑って、じゃ帰りの飛行機が落ちたらお前を呪うからな、冗談をいう。

そういうコンファレンスを通じて、主として外国担当者であるが、私はじわっと人脈を増やしていった。私が外国に出張にいくと、"Hi!"と声を掛けてくれる人がいたりする。

それで、ある時点で気づいたら、私が所属している部門では、私が一番外国担当者に顔が売れているという時期があった。それは悪くないが、よく分からないけどそれを妬む人もいるようで、いや、そのせいでもないのかもしれないが、そういう広く薄い私の人脈は、ほとんど昇進とかその他のメリットを私にもたらさず、却って私は冷遇されたりした。

私は別に人脈を広げようとしたわけではない。偉い人にゴマをすったこともない。ただ、失敗しないようにだけ考えて神経をすり減らしてコンファレンスを主催し、その結果、意図せず少しだけ人脈が広がっただけである。それが巡って蹴落とされる原因になるとは、と世の中の不条理をまた少し垣間見たような気がした。

別の解釈では、よかれと思ってコンファレンスを主催し励むことは、自己中心性を減らし、霊格を上げることにつながる。ところが、ヨブ記ではないが、霊格が上がると、神は、待ってましたと試練を下さるのである。そこで悪態をついて霊格を下げるのも人の性(さが)だが、霊格を下げたところで、それでは、と物質的な幸福がやってくるわけでもなく、一層惨めになったりする。本当に人生は生きにくいものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1966

コメント(4)

>私が人生で得た一番よい評判はどうも、コンファレンスの主催などの仕事にまつわるものかもしれない。

 まあ、世の中そんなものです。
 私らの仕事、一生懸命クライアントのために手間暇かけても理解されず、かえって、「あいつうるさい」とか疎まれることが多いです。
 サービス業向きの人がサービス業に就いているというのが、自他共に幸いなのでしょう。私たちには無理ですが。

> サービス業向きの人がサービス業に就いているというのが、自他共に幸いなのでしょう。私たちには無理ですが。

調理師をしている弟を見ていると、活き活きしていて、私にはあの仕事は絶対無理だと思います。逆に、弟には私がやっている仕事は無理なはずなのですが、なにしろ私がやっているのは文字を書くだけの仕事なので、誰でもできそうな気がしてなりません。

>文字を書くだけの仕事

これでこれは奥深いことはお互い識っているとおりですよね。

> これでこれは奥深いことはお互い識っているとおりですよね。

そうなのですが、なかなか自明ではありません。ともかく努力です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月22日 00:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「司法試験」です。

次のブログ記事は「透明な力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。