透明な力

| コメント(5) | トラックバック(0)

NBLさんに紹介戴き、池月映氏にコメント戴いた、「透明な力」木村達雄著、文春文庫の佐川幸義であるが、一応読了したので、今となっては蛇足なようなコメントを書いてみる。

まず、佐川幸義氏の生い立ちであるが、1902年、北海道湧別生まれ。私の祖母とほぼ同年代である。

佐川氏の近所に住んでいた宿屋の主人、堀川泰宗がたまたま、汽車の中で武田惣角と出会い、それが縁で、佐川氏の近所で武田惣角が合気の講習会を開いた。武術に興味があった佐川氏の父親が息子を連れてそれに参加し、それが佐川氏が合気に出会うきっかけとなった。

武田惣角の合気の講習会は何度も開かれ、10歳になっていた佐川氏は直接、武田惣角から指導を受けるチャンスがあった。警戒して滅多に型や技を見せない武田惣角であるが、佐川氏が子供だったので、気を許したのかもしれない。ただ、手取り足取り指導をうけたわけではない。武田惣角は、そういうことはしないタイプだった。

それでも、武田惣角の出会いで合気に興味をもった佐川氏は、父親とともに着々と修行を重ね、早くも17歳で、合気に開眼した。すなわち、ついに合気あげができるようになったのである。それは偏に、佐川氏の才能によるものであろう。なにしろ、合気ほど習得の才能の稀なものはちょっとない。

ただもちろん、それは始まりにすぎず、その後の佐川氏は、武田惣角の助手としてついて廻ったりしながら、長い修行は死ぬまで続くのであった。その間、武勇伝もあったに違いないのだが、「透明な力」はあまり書かれていない。

それよりも、「透明な力」に多くのページが割かれているのは、修行論というか、広い意味での人生論である。すなわち、これでいいと思ってはいけない、修行し続けなくてはならない、70代でも伸びるなど、出来れば一生現役でいたい私には心にしみる。

あと、私にとって反省なのは、佐川氏が、頭を使って体を鍛えなさい、といっているところである。合気は馬鹿ではできないと。私の反省は、あまりに体を使う要素が少ないので、体の衰えから頭も衰えてしまうかもしれないという危惧を感じた。流石に私には合気のような修行は無理であるが、少なくとも体もきちんと鍛えないと一生現役は果たせないということになる。

そこで合気とは何か、ということを私なりに考えてみた。佐川氏の示唆によると、それは相手の力を出させないようにすることだという。すなわち、相手が大男でも関係ない、と。そこで私が閃いたことがある。例えば、私は私の肉体を操る力がある。肉体/幽体/霊体の三層モデルだと、肉体というのはメカニックであって、操作されうる実体である。それを操るのは、幽体なのか霊体なのか分からないが、ともかく肉体自身ではない。

すると合気とは、自分の幽体でもって、相手の肉体を操る技術なのではあるまいか。覚醒している時点で、幽体は肉体から遠く離れることはできない。これが、合気が近接技である理由である。ただ、幽体から肉体への作用もあれば、肉体から幽体への作用もある。このため、幽体に作用する肉体として、肉体は絶えず鍛えておかなくてはならない。

鍛えると、他人の肉体への作用力が高まり、他人を合気でふっとばすことができるようになる。これができるようになったのは佐川氏の70代のころだというから、相当の修練を要する技なのである。ただ、合気の才能の希少さに鑑みると、幽体を他人に対して力学的に作用させることができるというのは、相当な特異体質なのだろう。特異体質を備え、且つ尋常でない努力を要する。

こういう力学は、当然に、現代物理学では扱えない。例えば、場の量子論というとき、場に、幽体も霊体も居場所がない。すると、霊的場の量子論を考えなくてはならないが、それは現代物理学とは根本的にパラダイムの異なるものであるに違いない。

昔、ちょっとだけヨガを習ったことがあったが、講師の人がいうには、ヨガの働きを科学的に解明するには、あと少なくとも500年はかかるのではないかという。その500年の根拠がよくわからないが、ヨガもまた、霊的場の量子論の法則に従うなら、解明に500年、あるいは1000年かかってもおかしくないだろう。と、例によって荒唐無稽な結論で終ることにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1967

コメント(5)

合気についてのあやたろうさんのお考え、とても面白いと思います。私も「霊的場の量子論」派(?)なので、とても納得いきます。
別の本で、木村達雄さん自身が、合気についての考えを披露なさっています。『合気修得への道』(合気ニュース)の第四章です。

NBLさん

> 私も「霊的場の量子論」派(?)なので、とても納得いきます。

同意戴き、幸いです。あまりにも粗い議論なので、考え続けます。

> 別の本で、木村達雄さん自身が、合気についての考えを披露なさっています。『合気修得への道』(合気ニュース)の第四章です。

科学者でもある木村達雄さんがどう説明しているか興味があります。機会があったら読んでみます。

 木村達雄氏の著書に、佐川幸義が「保科近悳は武術の達人とは思えない」とする記述は、郷土史家の研究と一致する。
 武田惣角が門人に語らなかった神通力は、今年1月、時宗遺稿集に初めて紹介された。
 密教修験道を修行し、超能力開発法の、九字護身法、四神足瞑想、七つの力の泉(瑜祗経・ヨガ)は、天台宗(保科近悳、新羅三郎)ではなく、私が指摘した易師と同じ真言宗の証拠があります。
 私は武術家ではありませんが、気の鍛錬は入口で、高度な合気(胴上げ潰し)は、「綿よりも軽く、大地よりも重く」真言密教の秘術として文献に記載があります。
 佐川幸義は、様々な身体的鍛錬を長年やられて、高度な合気を会得した。
 つまり、武田惣角は密教瞑想(ヨガ)タイプ、佐川幸義は難行苦行の修験道タイプになると思います。
 現代の最高修行僧、行者(修験)である真言宗池口恵観氏と、母の智観さんの能力は、武田惣角、佐川幸義と一致する点が多い。
 
 

> つまり、武田惣角は密教瞑想(ヨガ)タイプ、佐川幸義は難行苦行の修験道タイプになると思います。

なるほど、ご教示ありがとうございます。私の浅い理解では、密教≒修験道と誤解していましたので、勉強してみます。

霊衣の層や厚さを、ミリ単位で自覚でき、霊衣に何か?を
融合するとトンデモナイ世界が現れます。 

これを(合いする氣)合気と解釈してます。

霊衣で以外に肉体内にも(何か?)を感知融合する場所が
あります(難しく考えると)一生かけても解りません。

因みに私は武道に於いては素人同然です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月23日 00:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パーティ主催」です。

次のブログ記事は「弁護士トラブル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。