中国の友人

| コメント(0) | トラックバック(0)

約2週間前に、中国の友人からメールが来た。それは、箱根とディズニーランドで、お勧めのホテルはどこか、と聞くというものだった。なんでも、10月の国慶節の1週間の休暇を利用して家族で日本に旅行に行きたいという趣旨である。以前に仕事の出張で日本に来たとき、私が箱根はいいよと紹介したら、仲間と行ってみて、本当に感激したらしい。あんな緻密な観光地は多分中国にはない。それで今度は家族でいってみようと思ったらしい。また、日本のディズニーランドは、世界一だという評判が中国であるらしくて、そちらも是非行こうということになったらしい。

まだお子さんが小さい。確か2歳くらいのはずである。それで、観光は詳しくないのだが、折角聞いてくれているのだからと、ホームページなどで私になり調べて回答したが、その後音沙汰がない。どうしたのだろうと思っていたら、例の尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件が起きていた。それは調べてみると、9月7日なので、友人からメールをもらった日より微妙に前だが、そのときはまだ、国際問題化していなかったような気がする。

最近では、中国で準大手ゼネコン「フジタ」の日本人社員4人が河北省石家荘市国家安全機関の取り調べを受けている事件も起きた。これではいよいよ友人は、家族で日本に観光旅行どころではあるまいと、私はあえて友人にフォローしていない。

こういう事件があると実にやりにくい。そういえば、2003年のSARSの事件があったときも、別の中国の友人との間で大変まずいことになったことがある。すなわち、その友人が、社内の仕事で日本に出張するというので、私の方で関係者に連絡して、ミーティングをセットした。ほっとしたのもつかの間、ミーティングの参加者の一人から横槍が入った。こんなご時世に、なんで中国からやってくる人とミーティングするんだ、SARSがうつったらどうする、冗談ではないと。

それを渋々メールしたら、とても仲のよい友人なのに、しばらく何も返事がなかった。数日して、まあ仕方ないね、と短いメールが来た。気まずい日々の後、数ヶ月後に、以前と同様にメールでやりとりできるようになったが、実に気を使う。

また、その中国の友人がそれ以前に日本に出張にきたとき、轟音を立ててジェット機が頭上を飛んでいった。友人は私に、あれは何だと聞くので、あれは米軍の爆撃機だと説明したところ、キッと私を睨んで、なんで米軍の爆撃機が日本にいるんだと聞くので、それは安保条約なのだと言おうとして、どう英語で説明したものか考えあぐねたのと、友人の気配に気圧されたのとで、私は絶句してしまった。内心、おいおい、そんなに米国嫌いなら、なんで米国ベースの外資系の会社に入社したんだよ、とつぶやきながら。

ところで、ニュースをみていると、海上保安庁は、拘束していた中国漁船の船員を解放するらしい。でも、家族で日本に旅行したいと言っていた別の中国の友人が、気をとりなおして日本に来月来ることは流石にないのだろうな、と空を見つめた。以前に米軍の爆撃機が飛んでいたあたりである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1969

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月25日 03:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「弁護士トラブル」です。

次のブログ記事は「耐性菌の戦略」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。