ノーベル賞候補

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年もトムソン・ロイターがノーベル賞候補を発表した。SCIENCE JAPANの記事は、下記のとおりである。

トムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区)は、10月4日から予定されているノーベル賞受賞者の発表に先駆け、「ノーベル賞有力候補者(トムソン・ロイター引用栄誉賞)」を発表いたします。

今回、新たに有力候補として加えられた研究者は21人。そのうち、日本からは医学・生理学分野で山中伸弥京都大学iPS細胞研究所長・物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)教授、化学分野で北川進京都大学iCeMS副拠点長・教授、そして経済学分野で清滝信宏プリンストン大学教授が選出されました。2002年にこの有力候補者発表を定期化して以来、日本人の経済学分野での選出は初となります。

去年のトムソン・ロイターのノーベル賞候補は、こちらに書いたとおりで、日本人の候補としては、MRIが専門の小川 誠二 東北福祉大学 特任教授であったが、見事に外れた。

そして今年はようやく、私が数年前から一押しだった山中伸弥氏が入った。ノーベル賞は保守的なので、評価が定まるまでにじっくり様子をみるのであろうか。

そういえば、以前にこのようなブログ記事も書いたが、そこには、「経済学では計量経済学の権威であるスタンフォード大教授の雨宮健氏が有力」とあったのに、いつのまにか立ち消え、今度は経済学分野で、清滝信宏プリンストン大学教授が選出された。プリンストン大学といえば、かのバーナンキも出身の経済学(だけではないが)の名門であるが、日本人の経済学賞候補というのは、どうも力弱いと感じるのは私だけだろうか。なにしろ、大学で、猫よりも暇と揶揄される?経済学部、日本では到底ステータスが高いとは言えない。

化学分野で北川進京都大学教授というのは聞いたことがないが、特許データベースでみると、有機金属錯体の分野で、平成8年以降、26件の特許出願がある。もちろん私には、その発明の価値は分からない。ただ、ちょっと凄さの片鱗を感じさせるのは、北川進氏の最初の特許出願は、大阪瓦斯との共同出願なのだが、なんと14件被引用がある。ガス貯蔵性を有する新規な金属錯体ということで、水素自動車に応用があるのかもしれない。

2008年に挙げた信州大の遠藤守信氏や、北大の鈴木章氏、それに九大の新海征治氏、東大の十倉好紀、阪大の審良静男氏、東北大の中沢正隆氏、名城大の飯島澄男氏などと同様に、一応候補になるレベルだろうか。この中から今年のノーベル賞が一人でも出れば、下手な鉄砲が当たったことになる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1971

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月26日 07:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「耐性菌の戦略」です。

次のブログ記事は「日中関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。