日中関係

| コメント(2) | トラックバック(0)

尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件で、中国政府が謝罪と賠償を求めている件で、日本政府は謝罪や賠償に応じるつもりはないという。以下、読売新聞Webからの引用:

菅直人首相は26日、沖縄県尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件で、中国政府が謝罪と賠償を求めたことについて「尖閣諸島は我が国固有の領土だ。謝罪とか賠償は考えられないし、全く応じるつもりはない」と述べ、拒否する姿勢を示した。都内で記者団の質問に答えた。

首相は日中関係について「中国側も戦略的互恵関係を深める点では姿勢を変えないと言っているので、双方冷静に大局的な観点に立って行動することが必要だ」と強調。日中双方が冷静に行動することが必要との考えを示した。

日本政府の対応は、まあ妥当であろう。今回の事件について、なんの卓見もないが、私の個人的感想を書いておく。

まず、中国が領土に拘るのは、仕方がない。なぜなら、あれだけ巨大な領土をもつが故の、物神性の当然の帰結である。すなわち、もてる者は一層ほしくなる。すると中国の今のような政策は、国家が分割でもされない限り、変わらないということになる。

日本の検察が、中国人船長を解放したのは仕方ない。なにしろ日本は、貿易と、レアメタルなどの資源で、中国に多くのものを負っている。人質ならぬ物質(ものじち)である。日本が脱中国を本気で志向したら中国だって困るはずであるが、日本がそうならないと中国は、高をくくっている。足許を見られている。日本の検察の対応を批判する声が大きいが、もともと、日本国の法律は、日本にいる日本国民のためのものであって、外国人だと別の色合いを帯びてくる。ましてや、中国に声高に騒がれては、冷静な対応を貫くことは難しい。

中国首脳部としても、反日の姿勢を示すことは、国内で好感を得やすい。下手に親日だと弱腰と避難される。

ところが、反日で足並みを揃える韓国も、今回は流石に中国に与しない。なぜなら、韓国も、領土問題で中国と確執があるからである。中国は実は、インドとも、またその他周辺国とも、国境で紛争を引き起している。なんとも中国は、満身創痍ではないか。チベット問題だけでも、半端ではない。

こうして中国は、国際世論で孤立しそうなものであるが、どの国も、中国の巨大な経済力、また、中国の膨大なマーケットの潜在価値を目の前にして、口をつぐむ。そういう自らの立場を知り抜いて、中国の鼻息は一層荒くなる。

私がそれでもつい中国に対する嫌悪感を過剰に募らせないのは、誠に個人的なことながら、とても親しい友人が複数中国にいるからであり、別の観点からいうと、9.11にまつわる米国の疑惑に鑑みると、中国が、我儘で強欲な隣人程度にしか思えないのである。少なくとも邪悪性はあまり感じない。そんなことを言っていると、チベットの人に叱られるか。

海上保安庁の船に衝突した漁船であるが、最初、それ自体が中国のなにかの仕掛けかと思っていた。しかし、それはどうも偶然で、むしろ、海上保安庁の船に衝突して拿捕されたことをきっかけに、中国首脳部が仕掛けたらしい。というのは、拿捕された漁船の船長を、足繁く日本の中国大使館の館員が見舞ったらしいからである。

さて、戻って、謝罪と賠償を拒否された中国の出方が見ものである。流石に中国も、これがあっさり呑まれるとは思っていなかっただろう。しかし、振り上げた拳は簡単に下ろせない。どう落としどころを見出すのか、政治的駆け引きの醍醐味をじっくり鑑賞することとしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1972

コメント(2)

 中国の歴史など眺めておりますと、中国の王朝(今は共産党)というのは、おもしろいぐらい同じように興亡と盛衰とを繰り返しますねぇ。
 1.国が退廃し、外部からの干渉・侵略などをきっかけに衰え(清朝末);
 2.群雄割拠して争い、最後に有力な2~3人の英雄が最終的に雌雄を決して新しい国が興り(中華民国/中華人民共和国建国);
 3.新しい国の内部で粛正が起き(中華人民共和国成立から文化大革命とその後の混乱);そして、
 4.新しい国が発展して、周囲の国を脅かす(そしてそのうち1に戻る)。

 つまり、現在、中国は上の第4のフェーズに入ったということですね。

 中国が謝罪を要求した理由は、面子の問題と、国内へのアピールとのウエイトが大きいと思いますので、この2つを満足させつつ、領有権の問題をぴしゃりとはねつける方法を日本政府に考えて実行して欲しいものです。
 それに、謝罪と賠償って誰に対してどのようにやれというのでしょうね?海上保安庁側に衝突の原因があれば、海上保安庁が漁船の持ち主に謝罪をするというのもありえますが、それ以外に謝罪と賠償なんて考えられませんけどね。それも日本国内の裁判の判決がそのように命じればですが。

> 中国の歴史など眺めておりますと、中国の王朝(今は共産党)というのは、おもしろいぐらい同じように興亡と盛衰とを繰り返しますねぇ。

なるほど、仰るとおりです。そうやって整理して戴くとわかりやすいです。

> この2つを満足させつつ、領有権の問題をぴしゃりとはねつける方法を日本政府に考えて実行して欲しいものです。

これは実はとても難しい。きっと日本の方針は、"Let it be."なのではと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月27日 00:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ノーベル賞候補」です。

次のブログ記事は「意志の問題」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。