意志の問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

共同通信によると、田代まさしがまた、麻薬所持で逮捕されたという。懲りない。以下、引用:

自称タレント田代まさし(本名田代政)容疑者(54)=東京都武蔵野市=が16日、コカインを所持したとして麻薬取締法違反の疑いで、神奈川県警横浜水上署に現行犯で逮捕された。同署によると、田代容疑者は「間違いない」と容疑を認め、「3カ月半前に知り合ったディスクジョッキーから買った」などと供述している。田代容疑者は2005年に覚せい剤取締法違反などの罪で実刑判決を受けた。

私は、田代まさしがなんとだらしない奴だ、と非難するために引用したのではない。むしろ、人間の業とは何か、ついまた考えてしまう題材とした。

例えば、私はダイエットにより、体重を12キロ減らしたが、これを友人に話すと、どうやって達成したのだと、興味津々で聞かれる。なにかよい薬でもあるのか、と。

それに対して私は、いえいえ、ただ食べる量を減らしただけだというと、単に節食で12キロも減らすとは、何たる意志の強さ、自分は絶対無理だと感嘆する。

しかし、私が意志が強いなんてとんでもない。心のオーナーシップで述べたように、私は心の不随意性を知り抜いているといえる。つい今年の5月まで、私は節食なんて全くできなかった。体重を80キロ以下に下げるなんて、夢また夢だったのである。すると、私がダイエットできたのは、私の顕在意識外の何かの指示による、ということになる。

では、夢に白髭の老人が出てきて、節食するのじゃ、と杖を振るったのだろうか、とんでもない。5月のある日、なんの理由もなく、食べる量を減らすことに注意が行っただけである。それから旺盛な食欲を私は忘れた。便秘知らずだったのに、節食すると便秘気味になった。

では、私をダイエットに突き動かしているのは何だろうか。1つの解釈は、影である。すなわち、遠藤周作の名著に「影の心理学」という本があるが、影が私を突き動かしているという解釈はなりたつ。

別の解釈は、憑依である。すなわち、何かの霊が私にとり憑いて、食欲を無くさせている。私を摂食障害や餓死まで追い込まないのは、なかなか節度の利いた霊か。いや、霊は霊でも、ありがたい守護霊か。

あるいは、仏教的に縁だということもできる。親鸞の有名に寓話に次のようなものがある。すなわち、ある弟子に親鸞が問う、お前は人殺しができるかと。すると当然に弟子は応える。めっそうもありません、そんな、と。すると、親鸞は畳み掛ける。縁があると人間は、千人でも殺す、と。記憶が曖昧なので出典を確認しようと思ったができなかった。ともかく、縁とはすさまじいもので、縁があれば平凡な小男であるヒットラーがユダヤ人を600万人も殲滅する計画を立てるし、とりえのない地味な政治家だったトルーマンが、日本に対する原爆投下の決定も下すのである。

さらなる問いかけとして、私がダイエットを決心する仕組みと、田代まさしが意志に負けて麻薬を所持してしまう仕組みは同じか、というものがある。

また別の問いかけとして、まあ縁だとすると、強大な縁のドライブという名の借り物の意志に対して、われわれはどのような対処方法があるのか、というものもある。

きわめて卑近には、折角ダイエットしても、私の体重はリバウンドするのかどうかというきわめてどうでもいい問いかけもある。

また更には、魔が差すか、はたまた悪魔のささやきかと呟いてみる。ただ、悪魔と物神は共鳴する、という法則がある(今私が考えた)。これによると、反物神的なダイエットという行為に、普通悪魔は与しない。

こうして、何一つ問いかけに答えられないで、秋の夜長は更けゆくのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1973

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月28日 07:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日中関係」です。

次のブログ記事は「社長公募」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。