社長公募

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞の記事によると、ユーシンという自動車部品メーカの会社が社長を公募しているという。年収3500万円以上を保証するが、英語が堪能であることが条件。

「年収3500万円以上」につられたか、1772人が応募したという。それはそうだろう。しかし、なぜ英語か?

それは、自動車メーカが海外進出を加速させており、海外の自動車メーカとも仕事をしないと生き残れないからだという。しかし、英語がしゃべれる程度なら、社内にいくらでも人材がいるだろうと思われるが、幹部クラスにはいないのだという。日常会話くらいなら私でもできるが、きっと、本格的なビジネストークやネゴシエーションができるレベルが要求されているのだろう。

でも、と私は思う。自動車部品メーカの社長を務めるなら、英語はさておいても、自動車の業界知識、技術的知識がまず必要なのではあるまいか。

あと、当然に、構想力やリーダーシップ、人間的度量などが社長となると問われる。「英語が堪能であること」で絞っていていいのか。

ともかくも、1772人の応募者から、書類審査で120人に絞ったという。応募者には商社マンや銀業マンが多かったが、残った120人の半分は、欧米の大学を出ていて、女性が二割。テレビ局のアナウンサー、前県知事、外務省の官僚、大学教授など錚々たる?メンバもいる。「年収3500万円以上」なら、現職をなげうってもお釣りがくる。

この120人から、社長、副社長も含め、15人を選ぶというが、面接で適切な人物を選ぶことは難しいだろう。下手したら、学歴や現職、容姿などの形式的側面に引き摺られてしまうだろう。こうして私は、社長公募はうまくいかないと思う。少なくとも、これを決めた現社長の田辺氏が見張っていて、駄目なら直ぐに降ろすくらいの気持ちでないと下手したら社内がぐちゃぐちゃになってしまう。

正統なのは、社内から社長を選ぶことであるが、そうでないなら、別の会社の既に実績がある人を一本釣りすることである。間違っても英語力なんかを採用のキーにしてはいけない。トヨタの社長だって、英語はたどたどしい。もっとも、現トヨタの社長が名社長であるとの噂は聞いたことがないが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1974

コメント(2)

おっしゃる通りです。
自分の会社の中で社長を育てられない人が、
社長を選べる訳がありません。

”育てる”という事は、その指標を持っている訳です。
その指標を持たない人が、社長を選べる訳が
ありませんね。

PEROさん

> 自分の会社の中で社長を育てられない人が、
> 社長を選べる訳がありません。

そのとおりですね。人材育成は実に難しいです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月29日 05:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「意志の問題」です。

次のブログ記事は「史実の評価」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。