史実の評価

| コメント(4) | トラックバック(0)

以前にブログに書いた、菅直人首相の韓国に対する謝罪であるが、評論家の西部邁氏が、併合は法律的、政治的、道徳的に問題がないので、菅直人の謝罪は不適切と論じた、と新聞にあった。ただ、西部氏は、過去に「遺憾」の意を示すことには理解を示したとある。それはまあ、とりあえず妥当なのだろう。

ところが、成蹊大学教授、武田真一郎氏が、「そもそも歴史認識が重要なのは、過去の史実を現在の視点で評価し、よりよい未来につなげるため」と批判したという。いいたいことはなんとなく分かるが、これはとてもミスリーディングではないか。すなわち、当時と現在ではおかれている状況があまりにも異なる。

それは当然分っている、と言われるだろう。その状況の違いを勘案して、当時の史実をどうやって現在の視点で評価するのだろうか。少なくとも、当時の日本の軍備や経済力を考慮して、その範囲で、最善の施策を描いてみせなくてはならない。最善の施策がもし韓国併合であるなら、西部氏を批判することは妥当でなくなるので、描ける最善の施策は、韓国併合以外でなくてはならない。

すると一番の問題点は、南下を企てるロシアと、清である。韓国を併合しないなら、ロシアまたは清が韓国に進出してくる。すると、日本は切っ先を喉元に突きつけられた形である。そこで最善手を指すのは、いよいよ困難を極める。

そういう想定される苦しい状況から、どうやって「よりよい未来につなげるため」の教訓を引き出すのだろうか。いよいよ分らない。

もっと一般化すると、過去の歴史を現在の視点で評価することは一般的に困難を極める。歴史学のNP困難問題といってよい。だから、歴史学者は安易に、現在の視点からみた歴史的意義のようなものを書くことにストイックである。

ただ、「大衆の反逆」でオルテガは、ローマの歴史から、フランス革命から、慎重に教訓を引き出してみせる。実際、「大衆の反逆」は、歴史からの教訓の考察に満ち満ちて、非常な説得力を以って迫る。それは、「大衆の反逆」を注意深く読むと、長い歴史の流れから浩瀚な知識を汲み取り、深い省察を加えて現代に投影しているからで、やはり、ある短い歴史的事実から、「よりよい未来につなげるため」の教訓を引き出すということは、一般論として、乱暴にすぎると思われる。

実際、マチエは、その未完の主著『フランス革命』で、独自の視点でフランス革命を描きつつ、安易な「よりよい未来につなげるため」の視点など、滑り込ませていない。

ところが、ANNニュースによると、中ロ首脳会談で:

中国を訪れているロシアのメドベージェフ大統領は、「歴史の歪曲は許さない」と述べ、歴史認識をめぐる中ロの連携ぶりをアピールしました。
 メドベージェフ大統領:「我々は戦争についての真実を守らなければならない。第2次世界大戦の歴史的真実を変えようと している勢力が存在しているから、なおさらだ」
 大統領の指摘する「歴史的事実を変えようとする勢力」とは、北方領土の返還を求める日本を指しているとみられています。第2次大戦の間際に旧ソ連が参戦し、北方領土を占領したことを歴史の事実として正当化する狙いがあります。メドベージェフ大統領は27日、中国の胡錦涛国家主席と会談します。ともに日本と戦った両国は、対日戦勝65周年に関する共同声明を発表する予定で、日本をけん制する狙いがあるとみられています。
のような発言があった。尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件が起きた現在、何人の日本人が、この発言を平然と聞き流せるだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1975

コメント(4)

 不謹慎な言葉に、
「1945年までの日本の一番大きな失敗は、国家予算の1/4~1/3を裂いて半島のインフラを造り、ハングルを普及させ、人口を二倍に増やしたことだ」
 というのがありますが、半島関係の方が聞いたら激怒するでしょうねぇ・・・

 しかし、半島では、なぜ日本に併合されたかという研究は行われていないのでしょうかね?他国に反省とかを求める前に。

 そもそも東学の乱↓を、自国で処理できず、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%8D%88%E8%BE%B2%E6%B0%91%E6%88%A6%E4%BA%89
 その鎮圧のために、清国の軍隊を招き入れたことが、その後の不幸な歴史の始まりだったと思われるのですけど。

 とにかく、中国東北地方と半島とがロシア/ソ連領にならなかったのは、日本にとっても、中国にとっても、半島にとっても幸いだったことだけは間違いありません。

> 半島では、なぜ日本に併合されたかという研究は行われていないのでしょうかね?他国に反省とかを求める前に。

そういう「奇特」な研究をする人は日本に留学して、そのまま日本に居つくのではないでしょうか。

> 中国東北地方と半島とがロシア/ソ連領にならなかったのは、日本にとっても、中国にとっても、半島にとっても幸いだったことだけは間違いありません。

それはいえます。それこそが正しい、歴史認識だと思います。

 少し前に初めて中国に行ったとき、’45年以前の日本は、こんなに広くて、こんなに人がたくさんいる国に攻め込んで、どういうつもりだったんだろうかと実感しました。
 日本による中国侵攻は、何故起きたのだか、私には理解できません。
 半島と東北地方はともかく、日本が、中国本土に深く侵攻したことは、戦略的にはもちろん、戦術的にも、私の全く理解の範囲外にあります。

> 半島と東北地方はともかく、日本が、中国本土に深く侵攻したことは、戦略的にはもちろん、戦術的にも、私の全く理解の範囲外にあります。

アメリカはともかくとして、中国なんぞちょっと攻め込めば簡単に降伏すると高をくくったようです。軍部には下手な楽観主義者がいたようです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月29日 07:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社長公募」です。

次のブログ記事は「南部陽一郎の実績」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。