横浜中華街

| コメント(0) | トラックバック(0)

情報考学の書評で、「なぜ、横浜中華街に人が集まるのか」祥伝社新書、林兼正著が目に付き、つい買って読んでみた。買った理由は単純で、最近、横浜中華街に詳しい友人の誘いで、結構、訪れているからである。

頻度は多くないが、私は昔から横浜中華街を訪れるのが好きである。結婚したときは、田舎から出てきた家内と散策して、異国情緒を味わった。会社の忘年会に使ったこともある。

それでちょっと不思議だったのは、何度来ても既視感があまりないことだった。その理由がこの本を読んで分った。横浜中華街は、常に町おこしをしている。横浜中華街理事長で萬珍樓の社長である、林兼正氏は、町は作ったときから衰退に向かって進むことを知り抜いている。そのため、衰退の原因になることは、体を張ってでも取り除く。

例えば、横浜中華街にマンションが建つという計画が明るみになった。そんなことをされると、横浜中華街の風情が台無しである。大型マンションの隣にある中華料理店では、都内の中華料理店と差別化できない。市に働きかけても動いてくれない。費用を払って所有権がきちんとあるからである。建築基準法に悖るわけでもない。そこで、横浜中華街理事長は、意を決して、その土地を買い戻すことにした。費用は10億円。もちろん理事長にそんな費用はない。それではどうしたか。横浜中華街の人が少しずつ負担するのである。10億円だけではない。その跡地に、媽祖廟をさらに8億円かけて建てる。すると合計18億円。それを30年で返済するとして、毎年6000万円。月にして500万円。400の店舗が毎月1万円強を負担する。なんという本気。

日本に中華街は、横浜以外に、長崎と神戸にある。それぞれ特徴があり、そこに住む中国人と日本人はとても仲がよい。横浜中華街はというと、住人の中国人と、訪れる日本人が渾然一体化しているわけではないが、逆に、接待のプロ意識が、上述のように半端ではない。それで、世界の中華街の中で、世界一の年間2300万人の来訪者を誇る。決してラッキーでも偶然でもない。地の利だけでもない。

その秘訣は、カスタマ指向。カスタマというのは、ほとんどが日本人。すなわち、日本人が喜んで食べる中華料理にしたのが、成功の秘訣なのであった。それでいて、中国人が食べてもおいしい。なぜなら、食材が中国本土よりも新鮮な日本の食材だからである。もちろん、本格中華もある。バリエーションの豊富さは半端ではない。

これをベースに、理事会と23の団体が結束して、企画し、盛り上げる。中国の伝統を重んじる。どんどんお祭りもやる。インターネットを駆使し、会計のプロ、経営のプロをスカウトする。きちんとしたルールを、新規開店に店に守らせる。

林兼正理事長の頭にあるのは常に、手を拱くと町は作ったときから衰退に向かって進むという鉄則だろう。だから常に、未来に向かって企画し、投資する。自分のためではない。子孫たちのためである。そうしないと、中華街が中華街でなくなってしまう。その決意やよしである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1977

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年9月30日 21:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「南部陽一郎の実績」です。

次のブログ記事は「1年後」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。