2010年10月アーカイブ

外国留学

| コメント(0) | トラックバック(0)

古くは利根川博士、それから青色発光ダイオードの中村修二など、日本を見限って、海外(特に米国)に出ていって、頑張っている日本人は少なくない。それで、結構成功していることもあって、日本なんかいては駄目だ、研究者たるもの、海外にでないと伸びない、と鼻息が荒い。

今回のノーベル化学賞でも、根岸英一氏は、米国の研究環境の素晴らしさを絶賛する。なにしろ、ノーベル化学賞の権威がその揺らぎない証拠である。

それに便乗して、テレビ番組は、例えばMITがいかに研究予算が潤沢か、実例をあげて讃える。実際、米国では産学協同が進み、例えば知的財産を共有とすることを条件に企業からの膨大な献金がある。

一方で、日本の、特に地方大学での貧しい研究環境が対比され、実験機器の一台も買えないことを研究者は嘆く。

だから一貫した論調は、若者よ海外に出よう、である。ただ、そこでの問題は、海外に一旦出て成果をあけて日本に戻ってきても、ポストがない、というものである。それが嫌で結局日本に留まっている、なんとかポストをつくらないと日本は科学的に没落するぞ、という論調が流れる。

それをみて、大抵の人はそうだよね、このままでは日本は駄目になるよね、せめてアジアではノーベル賞受賞者が多いのが救いなのに、このままでは中国にも韓国にも負けるよね、と誰もが思う。

しかし、大事な論点を見落としていないか。すなわち、ユニーク・サイエンスの周縁性である。それは文化人類学的概念なのかもしれないが、暗黙知のような概念にも結びつく。

その観点からいくと、日本で成功して、MITなりハーバード、あるいはプリンストンに留学して向こうで成功を収めることは、現存パラダイムの真っ只中に突入することであり、与えられた問題を解いてPhDの学位を取るにはまさに、ショートカットである。それで何が問題なのかという人は誠に結構である。

しかし考えてみてほしい。新しい概念、アウト・オブ・パラダイムの奇抜なアイデアは、いかにも貧しい周縁から出てくるのではないか。そう考えると、窮乏化した地方大学もまんざら捨てたものではない、ということになる。

そこで問題は、拝金主義、科学成果主義である。それを貫く限り、パラダイムのメッカ、米国帝国主義(ああ、学生運動家のようだ)こそが最高ということになる。

ここで私が思い出すのは、物理学者、渡辺慧の「酸っぱい葡萄」というテーマだったかのエッセーである。その趣旨は、日本政府がノーベル賞受賞者を増やすというけれども、そういう功利主義を推し進めていいのか、科学なんて本来、好きでこつこつやるものではないか、そうやっているうちに、なにか成果が出ればめっけもの、というのが本来の姿ではないか、というものであったような気がする。なぜ酸っぱい葡萄かというと、有名な物理学者である渡辺慧は、かなりすぐれた成果を上げているけど、結局ノーベル賞を貰えていないので、それでやっかみと思うなら、思って戴いていいというものである。

これは、私のスキルの4層モデルの最上層の趣向層の充実化である。すなわち、趣向層の価値は極めて分かりにくいが、多様なアイデアは、趣向層の中から生まれてくる。大抵は泡沫のように消えていくが、1万分の1、百万分の1でも光るアイデアが出てくればよくて、それがもしかして実を結ぶかもしれない。

と、少しマイナー意見を吐いてみたくなっただけである。負け犬の遠吠えか、捨て猫の哀鳴か。

自発的体重の破れ

| コメント(3) | トラックバック(0)

こちらに書いたように、15キロものダイエットに成功し、その後もダイエットは続けているのだが、流石に体重が70kgを切りそうだと、逆に慌てる。すなわち、ときどきニュースなどで、拒食症で衰弱して死んでいく少女が報道されているからである。カーペンターズの女性の方が、それで亡くなったというのは有名な話で、多分、都市伝説ではないのだろうと思う(あれっ、こういうとき都市伝説という単語は適切でないか)。

ただ、そうはいっても、食べるという行為は、体重にとってクオンタムな行為なので、ある短い時間レンジをとってみると、1キロくらいの増加は当然である。そして、それさえも忌避していると、カロリーの自然消費というか基礎代謝で次第にやせ衰えていく。だから、1キロ程度の体重量子を当然とみなしていけば、体重微分方程式の解をコンスタントに保つことができるのだろう。

が、折角ダイエットに成功しても、リバウンドしてもとの体重に戻ってしまう人は、あまりにも多い。しかし、それは当然なのであって、南部博士の教示によれば、我々が質量を得ている仕組みが、自発的対称性の破れなのであるから、クロ経済学とマクロ経済学に述べたように、物理学の法則が、経済学や生理学などに、形を変えて忍び込んでくるのは、仕方がないのである。

すなわち、自発的対称性の破れと類似の自発的体重の破れという仕組みが体に成立するので、手をこまねくと、体重は増加していくのである。

言い換えると、肉体の物神性は、体重増加にバイアスをかけてくる。しかし、それこそが幼児の成長の原動力で、それがなかったら、人類は滅びるであろう。ディプロイド細胞がもたらすエロスと両極をなす。

従って、ある意味本能を抑え込んでダイエットするということは、とても大きい心理エネルギーを要する。これは、物理学における質量生成機構の、ディラック方程式のギャップΔ(p)に相当する。

すると最早、ダイエット・リバウンドの仕組みは自明であって、ストレスが昂じてくると、それによって、抑制用のギャップΔ(p)のエネルギが消費されてしまい、体重コントロールのたがが外れて、物神に名をなさしめてしまう、ということである。

それでは、拒食症は、どう説明されるか。自ら食を絶って入滅した空海の精神状態も同様である。それは、エロスと双対のタナトスの発現として説明されるのが通説であるが、他の分野で跳梁しているタナトスが、食の分野では、エロスに対して圧倒的に少ないという、ET対称性の破れが起きていることをきちんと説明できる物理学者はまだいない。そこに小林・益川理論を適用しようとする説もあるが、学会では、有望視されていない。

初心者性

| コメント(2) | トラックバック(0)

私がアルツハイマーに関して理解していることは、ベータアミロイドの生成阻止剤で、ある程度症状の進行を遅らせることができるかもしれないが、決定的な決め手はまだない、というものてある。

最新の医学での見解はどうも、頭を使う、スポーツをするなどの頭脳活性化活動は、確かにアルツハイマーの発現を遅らせることができるかもしれないが、結局は避けられない、むしろ、そうやって遅らせても、ある時点で一気に発現する。それは遺伝的なものであるから、というもののようである。

結局はそうなのかもしれない。ただ、結局は負けてしまう戦だとしても、アルツハイマーに対するもう少し効率的な抵抗もあるのではないか、とふと思いついたことがある。

それは「初心者性」である。私は、人間が生まれてきたとき、精神が白紙の状態であるとは信じない。当然にDNAは赤ん坊でも一人一人違うが、それ以外にも仏教的に意味での業とか、いろいろな点で膨大な固有の初期値を抱えると信じる。しかし、生まれてきた段階では人生の初心者なのであって、それが故に、親やその他多くの人に、お世話や教育されないとひとり立ちできるようにならない。

すなわち、産まれてきたときは初心者性の塊なのであるが、長じてくるに従って、初心者性の殻を一つずつ脱ぎ捨てて、肉体的にも精神的にも一人前になる。

そこで典型的な成長した姿とは、例えば、次のようなものである。ある有名大学の法学部を卒業し、ロースクールで勉強して司法試験に合格。いまではある程度熟練した弁護士になった。趣味はテニスと囲碁。あと、音楽鑑賞。

こういう事例があったら、なかなか立派にやっていると誰もが思うだろう。実際、そういう生き方で、一生惚けないで、元気に文化的に生きていける可能性は少なくない。

ただ、耐アルツハイマー性という意味ではどうか、というと、「初心者性」が足らない。すると、もし遺伝的にアルツハイマーの発現が多い家系だと、逃れることが難しいかもしれない。

なにが言いたいかというと、長年やっていたことを深めて楽しむというのは、熟成した古酒を味わうように人生の最上の部分であるかもしれないが、脳にとっては意外に退屈である。すなわち、使っている、そこの脳細胞は次第に減少してくる。

するとどうすればいいかというと、初心者性を導入するのである。すなわち、いままでやっていたこと少し距離があることをはじめる。もし弁護士で民事専門なら、刑事も少し手がけてみる。囲碁をやっていたなら将棋もやってみる。テニスが趣味なら、水泳をやってみる。すなわち、今までやっていたことが役に立たず、どうしても初心者としてそのスキルに直面しなくてはならない場面をつくるのである。すると、嫌でも脳は、新入社員の脳細胞を割り当ててくる。やってもうまくいかない。馬鹿にされる。でも、そういう経験が重要なのである。実は、本人が歳とっても、新入社員の脳細胞は沢山いる。仕事が割り当てられないで、空しく死んでいくだけである。活用しなくては。

この初心者性を発揮するための距離というのは微妙で、要するに、ううん、訳がわからんな、と悩めればいいので、例えば、将棋の戦法で、振飛車専門でやってきた人が、居飛車の相懸をやってみたり、英語を勉強している人がロシア語を、というのでもよいかもしれない。

初心者性の阻害になるのは下手なプライド、権威意識である。ときどきスナックに行くと、もう引退していて、日比谷高校-東大であることをいまだに自慢している人がいるが、こういう人は危ない。理学博士のような学位、公認会計士のような資格、将棋の段位などのように努力しないでも固定されている指標にすがることは初心者性の敵である。

初心者性というけれども、なにかを始めるというよりも刺激が本質なので、若い頃虐めた反動で嫁にいびられる姑というのも、自ずと初心者性を体験していることになる。程度が軽いなら、嫁に感謝すべきであろう。

そういう意味では、いい歳をして若い女性を口説き続けて、振られ続けるというのも、初心者性の体現なのだが、私はちょっとこれはできない。精神的にしんどすぎる。なんだ意気地がないなと批判されても、初心者性を発揮するための、適当な分野というのもあるのではと逃げることにする。ただ、下手すると、初心者性の熟練性ということになって、分りきった初心者性に浸ることで、結局脳に楽させてしまう。まあ、人生はハプニングがつきものなので、そこらあたりは、人生の確率的無明性に期待するとしよう。

シェールガス

| コメント(4) | トラックバック(0)

新聞記事によると、米国で、膨大な天然ガスの埋蔵が確認され、世界でエネルギー革命が起きているという。それは、シェールガス。堆積岩の頁岩層に含まれる天然ガスで、その成分は、従来の天然ガスと同じである。これの存在は今までも知られていたが、コストに見合う採掘方法がここ10年で開発されたのだという。

いままで、天然ガスの産出はロシアがトップであった。実際、天然ガスの供給で、ロシアはヨーロッパを牛耳ってきた。ところが、シェールガスの埋蔵量の発見と採掘方法の開発と相俟って、米国は2009年に、天然ガスの産出量でロシアを抜き、一躍世界トップになった。

つい数年前までは、ロシア、中国、東南アジアが天然ガスの主要な供給国であった。ところが米国が俄然天然ガスの供給で出っ張ってくると、世界のエネルギー・ゲームの構図が完全に変わったのである。

すると、天然ガスの需給バランスが崩れ、ガス価格は、100万BTUあたり13ドルから、現在は4ドルに下がった。100万BTUという単位はピンとこないが、相対的には分る。

当然に、エクソンモービル、シェブロンなどの世界のエネルギー・メジャーが黙っているわけがない。欧州、中国などで採掘に乗り出した。欧州で最も有望視されるのはポーランドで、本格稼動は5~10年後と言われているのに、既に期待が高まり、ガス・ブームに沸いている。

シェールガス採掘の環境負荷は、採掘に使用する際使用される化学剤である。これは、地下水の汚染をもたらす可能性がある。一方で、ガスは、石炭に対して、熱発生率に関して、二酸化炭素発生量が60%程度である。

シェールガスのブームで慌てたのがロシアである。2009年にも、ロシアは、ガス値上げ交渉の決裂で、ガス供給を一時停止した。しかし、あきらかに戦略が変わった。世界最大規模のシュトックマン・ガス田は、開発遅延が決まった。埋蔵量世界2位のイランも、影響を免れない。

地質学的に、ポーランド以外にも、ドイツ、フランスなどにもシェールガスの地層が存在すると予想されている。一方、日本にはシェールガスはほとんどないと考えられている。従って、日本はガスは輸入に頼るしかないが、長期契約で輸入しているため、まだ価格低下の恩恵はあまり受けていない。ただ、産出量が増えてくると、どうしても買い手市場になる。

なにしろ、米国国内だけで、米国の300年分の消費量に匹敵する埋蔵量が予想されているというのだから、エネルギー危機は、一応回避だろう。世の中は分らないものである。

このガスブームで、自動車メーカは、電気自動車だけでなく、ガス自動車を製造するインセンティブが高まる。なんといっても、ガス自動車の方が、ガソリンエンジンのノウハウが適用しやすい。また、ガス自動車の環境適合性もメリットである。世の中の動きを眺めるとしよう。

特許明細書の質

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近、特許明細書の質とは何かということがときどき話題になる。一般的に特許明細書の質というとき、普通は特許の価値として書いたような議論も含まれる。

それだと議論が広がり、少なくともここに書くような小論には収まらなくなるので、思い切って、特許明細書per seの価値というところに絞って議論してみたい。

そういう価値としてみたとき、よく、請求項の数とか、図面の数とか、ページ数、実施例の数などの量的側面が、特許明細書の質として論じられることが多い。その方が統計処理に馴染みやすいからである。

しかし、一実務家として、特許明細書を書いたり、特許庁からの拒絶理由通知などに応答していると、個別的には、請求項の数、図面の数、ページ数、実施例の数などのファクタに自体にはあまり意味がないことに気付く。

それでは何が重要かというと、言うも自明ながら、権利を取得しようとする技術分野の知識がいかに特許明細書に盛り込まれて、且つ、技術に細心の注意を以って書かれているか、である。

まず、典型的には特許法第36条に規定される記載要件であるが、背景技術としてどの程度まで記載すればよいのか、特許法自体からはもちろん読取れないし、施行規則を読んでも、いまいちもどかしい。私の経験では、記載要件に熟達する唯一の方法は、実際に明細書を書いてみて、あるいは、特許庁からの拒絶理由通知に応答して、失敗し悩むことである。それは、ときに非合理なまでに厳格であるが、だからといって、よくこんな非合理な拒絶理由を出すものだ、この内容でも普通に当業者が実施できるではないか、と常識で考えて思っても、そのままストレートに反論するわけにはいかない。泣く泣く従わなくてはならないこともあり、その対応経験がスキルとして蓄積される。

さらなる困難は、そういう深慮の対応が、技術分野によって非常に異なることである。典型的には、私が担当している情報処理の分野では、あまり詳しく効果を書く必要はない。妥当な範囲で、効果がありそうという心証を審査官にもってもらえればいい。ところが、化学分野、医薬分野ではそうではないらしい。ないらしいというのは、私が担当したことがないからである。そもそも、化学が苦手で医薬に無知な私が、化学分野、医薬分野の特許実務を扱えるはずもないのだが。

そういう技術による記載要件というのは、実は、かなり射程が狭い。例えば、データベースやアプリケーション・ソフトの特許明細書をかなりの件数書き込んだ私が、あるとき、コンパイラの特許明細書を書こうとして、ハタと困った。どこまで、どの程度書けばよいのか分らないのである。常識で考えると、データベースもコンパイラもあまり違わない。それでも数件書いて、ある程度慣れたと思ったら、最近、発明者に本質的な書き直しを指示されてしまった。

もっと別の技術にまつわる困難は、技術範囲である。例えば、ある統計的な技術の発明があったとして、あるデータがガウス分布に従うとあるとき、そこをもっと拡げられないかと考えるのは特許実務者の本能である。しかし、どう拡げるのか。ガウス分布を指数分布一般に拡げられるのか、ガンマ分布はどうだ、ポアッソン分布はどうだと考えると、発明者自身も、そこまで拡げていいのかとまどうだろう。そもそも、そのような問いかけを発明者に投げようとすると、浅くてもいいので概括な技術の知識が必要になる。そのためには普段から、関連の技術書に目を通しておかなくてはならない。

このように特許明細書の質は、技術に深く関連付けられているのだけれども、弁理士・特許技術者でそういう議論を好む者は、少なくとも私の周囲で多くない。なぜなら、その方面の努力は、労多くしてあまりにも報われないからで、そこで、問わず語りにここに書いてみた次第である。

ランダウ

| コメント(3) | トラックバック(0)

ふと、書棚の奥にあった本を取り出して読み始めた。「ランダウの生涯」マイヤ・ヘザラブ著、金光不二夫訳、東京図書である。この本はいつ買ったのか、さっぱり憶えていない。大学時代だったのかもしれない。なにしろ、大学時代、天才物理学者ランダウは私の英雄だった。ランダウみたいに一日15時間勉強しようとして、心神耗弱になった。しかし、この本は、社会人になってから、どこかの古本屋で買ったような気もする。何にしても、この本は、実家に帰ったついでに持ってきたものである。そこで以下、私なりの要約を書いてみる。書いてみて、あれほど憧れといいつつあまりランダウのことが分かっていなかったことに気付いた。

ランダウは、1908年、ロシア、バクー市で生まれた。子供の頃から、神童というべきか、大層変わった子供だった。なにしろ、4歳のとき、遊びといえば、地面にひたすら数字を書き連ねることだった。四則演算を延々とやっているのである。

そんなランダウは、外に遊びに行くのが極端に嫌いだった。ただ計算していたいのである。小学校に行くようになっても、数学は天才だが、音楽も国語の大嫌いだった。

しかし、12歳で微分をマスター、13歳で積分をマスターした。特に積分はお気に入りで、後年、自分のゼミに入ってくる学生の試験によく積分を課した。

そんな天才だから、14歳で地元のバクー大学に入学したとしても驚きではない。専攻はそして、物理学である。天才は努力するというが、この頃から、猛勉強していた。なにしろ。一日に15~18時間も勉強するのである。数学への偏りと猛然たる勉強という意味で、ニコラ・テスラに似ている。

姉の勧めで、物理学のメッカ、レニングラード大学に移ったランダウは、猛勉強に拍車をかけ、18歳にして、量子力学の2原子スペクトルの論文を書いた。当時の最先端のテーマである。既に、アインシュタインの一般相対性理論と、シュレーディンガーの方程式に馴染み、いたく感心していたところだった。そして19歳にして、フォン・ノイマンと独立に、量子力学の制動輻射の密度行列の理論をうちたてた。若くして、世界に冠たる物理学の大家の趣があった。

そんな顕著な業績があるので、21歳にして、ヨーロッパ留学が許された。そして、アインシュタイン、ボルン、ハイゼンベルク、ボーア、ディラック、パウリという当時の一流の物理学者と議論し、親交を深めた。

そして1927年、留学先で反磁性の理論を発表した。こういう物性物理への興味は生涯続く。1931年にロシアに戻ると、レニングラード物理工学研究所に就職したが、所長と喧嘩して、ハリコフ大学の理論物理学の講座を受け持つことになった。

1933年には、物性物理の路線を続けて、低温における磁化率、反強磁性、第2種相転移、超伝導、光電現象との立て続けに論文を発表した。

1934年には、教育コースとしてのTheoretical minimumを構想した。すなわち、講座を志望してくる学生に、理論物理学者になるための理論的な最小のスキルとしての試験を課した。これは、ランダウにとってはほんの基礎的なものにすぎなかったが、大抵の学生にはとても厳しいもので、とびきりの学生でないと合格できなかった。このTheoretical minimumは、後年学生となるリフシッツとの共著で、物理学課程のコースとして本になり、世界でもっとも優れた物理学の教科書として人気を博した。私も大学生の時代、理解もできないのに、つい買ったものである。

その後、カピッツァの物理問題研究所に移り、1937年に、相転移の理論を発展させた。さらには、原子核の統計理論を構築した。原子核理論に統計理論を持ち込んだのは、おそらく、ランダウをもって嚆矢とする。

1938年には、宇宙線中の電子シャワーの理論を発表した。また、ヘリウムの超流動の理論も発表した。この多産さと分野の多様さは、ほとんど類例がない。流石の南部陽一郎も、万能性ではランダウにひけをとる。ちなみに、ヘリウムの超流動の理論は、1967年のノーベル賞となる。

ところがどうしたことか、ランダウはこの年、ドイツのスパイ容疑で逮捕され投獄されてしまう。カピッツァの支援で、なんとか1年後出所できたが、精神的に落ち込んだ。

研究に戻ったランダウは、1943~1947にかけて、連続体力学、乱流、ナビエ・ストークスの方程式という一連の流体力学における成果をあげた。

その間、1945年には爆発の理論、1946年にはプラズマ振動、熱核反応とさらに分野は広がる。

1950年には、南部陽一郎でも述べたランダウ・ギンツブルグの超伝導の理論に想到した。

またこの頃、当時次第に盛んになってきた場の量子論に興味が移行していった。そして1957年に、パリティ保存則に関する論文を発表した。ときに49歳。しかし、流石に、このころ、論文の生産性に翳りがみえる。それでも、名誉はいや増すばかりで、オランダ、イギリスのアカデミー会員に選ばれた。

ところが1962年1月、悲劇がランダウを見舞う。車に乗車中、その車がぶつかるというひどい交通事故で、瀕死の重傷を負ったのであった。何度も危篤に陥り、同年の4月に、なんとか口がきけるまでに回復した。なお、上記ドイツのスパイ容疑事件と相俟って、ランダウ謀殺説もあるにはあるが、流石にちょっと無理があるかもしれない。

こうしてランダウはなんとか健康を取り戻したが、もはや独創的な研究をする日は戻ってこなかった。そして1968年の3月24日、60歳の生涯を終えた。

まさに、最後の万能理論物理学者であった。

金正恩

| コメント(2) | トラックバック(0)

金正日の後継者と目されるキム・ジョンウンについては、私なりに注目してきて、おそらく、金正銀と書くのだろうと思っていた。ところが、金正雲だという説が出てきて、最近では、金正恩で落ち着いたようである。そこで以下では、金正恩で通す。

とはいえ、先日の大々的な世襲のお披露目があって、私はもう金正恩にはすっかり興味を失った。そんなだから、本屋で、「北の後継者 キム・ジョンウン」藤本健二著、中公新書ラクレを見かけても、ほとんど通り過ぎようとしていた。

でも待てよ、と自問した。自分は一体、金正恩のことがとれだけ分っているのだろうかと考えると、表面的な新聞報道以外何も知らない。で、「北の後継者 キム・ジョンウン」を改めて手に取ってみると、藤本健二氏とは、「金正日の料理人」という本で一世を風靡した(私は読んでないが)脱北者であった。法外な報酬につられて北朝鮮に料理人として渡り、金正日に気に入られたという次第である。この本によると、金正恩が小学生の頃から遊び相手を務め、悩みを聞いたりしたこともあるという。

藤本氏の語る金正恩像に馴染むにつれ、暗愚で我儘などら息子というイメージが少しずつ変わっていった。ただなにしろ、子供の頃から面倒をみていれば情が移る。するとどうしても、可愛さを感じてポシティブな方にバイアスがかかる、というのはある程度仕方がない。それでも、理解した範囲では、それほど「よいしょ」でもないのではないかと感じた。随所に、金正日政権の問題点の記載も挟んでいるからである。

さて、この本の記載から私なりに要約してみる。金正恩は、金正日の二番目の妻で最愛とされた高英姫の次男である。長男は、金正哲。金正哲は、美人の高英姫に似たイケメンで、性格は温厚。金正恩は、金正日に似た容姿と性格で、積極的である。子供の頃から何かとリーダーシップをとりたがるし、仕切りたがる。兄の金正哲はというと、控え目な性格で、弟に従うことを厭わない。そういう様子をみていて、金正日は、かなり早い段階で後継者を金正恩と決めたのではないかと、藤本氏は示唆する。

それでは異母長男の金正男はどうか。藤本氏はもともと、金正男の線はなかったという。なぜなら、「正妻」のソン・ヘリムは病気になり、とっくに金正日から見捨てられている。風説で、金正恩は金正男の命を狙っているとあるが、もともと対抗馬ではないので、そこまでのリスクを犯す必要はない。むしろ、金正男はマカオに居在し、韓国の人達ともつきあい、世間とのインターフェースの役割を果たしているのではないかと藤本氏は指摘する。実際、先日、金正男が北朝鮮の世襲体制を批判する発言をしていたが、これはそういう批判も許す北朝鮮というイメージと、蚊帳の外にいるという若干の本音もあるだろう。

戻って、藤本氏は、金正恩がスイス留学から帰ってきた頃から、とても沈思するようになったという。いよいよ、金正日から、後継者であることを正式に言い渡されたのか。藤本氏は、列車の中で5時間も話し込んだことがあるという。それは国家の将来、人民のこと、日本を含む世界に亘った。

そんな金正恩には、張成沢が後見人としてついている。金正日の妹の夫で、北朝鮮のブレーンというか屋台骨である。

そして藤本氏は、脱北した身なのに、金正恩の指導力と国際感覚に信頼を寄せる。本当にそうか、それは誰にも分らない。まさか金正恩が、旧東ドイツのエゴン・クレンツのように、国家崩壊と統一に貢献するとは思えないが、運命とは分らないものである。ある意味、火中の栗を拾おうとしている金正恩に注視するとしよう。

自己レビュー・モード

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう3年以上ブログを書いていて、内容を褒められたことはほとんどないが、数だけは呆れられたりする。その秘訣は?と聞く物好きな人もいないので、問わず語りに書くと、要するに、最初の閾値をうんと下げて、どんな思いつきでもよいので、ノートの切れ端などにメモしておく。そうして、自己レビュー・モードにかけるのである。

自己レビュー・モードとは何か? self-explanatoryだと思うので詳しくは説明しないが、要するに、自分のアイデアや文章を自分でレビューし改訂していくのである。そんなの当たり前ではないかと思われるかもしれないので、ちょっと説明する。

すなわち誰でも、自分でよいアイデアが出ない場合でも、他人の言ったことに文句をつけたり訂正したりすもことは比較的容易である、という経験をした人は少なくないだろう。だから、自分では何もオリジナルな意見を出さず、他人の意見に文句をつけるだけに徹する人もいる。それなりに賢明なやり方なんだろうか。

さて、もとの文章をx、そうやってレビューし修正した結果をF(x)とすると、x ← F(x)が、レビューを反映させるということである。|x - F(x)|を、修正距離と定義する。すると、ある小さい正の閾値εを選んで、レビューの結果、|x - F(x)| < εとなった時点で、xは完成した、ということになる。そこでF()を適切に選ぶと、xは極めて急速に収束する。式で書くと、
while ( |x - F(x)| >= ε )
x ← F(x);
 となる。

クラウドソーシングは、このようなF()が、大衆の中で自然に適切に選べるという仮定に基づく。多分証明はできないだろう。経験則であり、分野により向かないこともあるはずである。

戻って、自己レビュー・モードというのは、F()≡Fself()、すなわち、自分で自分の作品をレビューする、ということである。ところが、他人には厳しく、自分には甘いのが人間の常で、
while ( |x - Fself(x)| >= ε )
x ← Fself(x);
 は普通、なかなか収束しない。で、いくら自分で見ても、なかなかよくならないものである。

では、私はどうしているかというと、それは自明な策である。ε' > εのようなε'を選んで、甘く通している。あるいは、レビュー・ループの回数を3回とか限定して、あまり繰り返さない。するとどうしてもいまいちの作品も出てくるが、それは数で勝負、というのが私の作戦である。私は、ある程度数を書けば、質も次第に安定するという、一種の大数の法則を信じている。

本当はFself()そのものを改良すればいいのである。しかし、Fself()は自分の性格に深く根ざしていて、なかなか改良できないというのが経験則である。私のささやかな自慢は、Fself()≒F()、すなわち、自分の作品を評価するときと、他人の作品を評価するときのぶれがあまり大きくないということである。付き合いの距離に書いたことは、実態はともかく、私の理念の宣言である。

実は、私がもともと言いたかったことはそうではなくて、折角xがあっても、いろいろな理由をつけて完成しない人が多い。だから、なんでもいいので、Fself()のような関数をもってきて、x ← Fself(x)というループを廻しましょう、ある程度廻したら完成したみなしましょう、ということである。そうやって数を稼げば、何かはいいものもあるでしょうということである。大抵が酷評され、あるいは無視されてもいいではないか。そうやって、死屍累々の屍を乗り越えて、生物たちは進化してきたのである。

細胞の意思

| コメント(0) | トラックバック(0)

心のオーナーシップに書いたように、私はなんとも自堕落な大学生活を送ったが、それでも細々と読書は続けていて、そのときの愛読書の1つが夢野久作だった。どうもできるだけ現実逃避したかったらしい。その主著「ドグラマグラ」は、現実と夢が入り混じったような怪奇小説で、ストーリーが錯綜していて、よく理解できなかったが、それでも、かすかに記憶に残っているのは、人間の細胞に固有の意思がある、というような記載である。でも本当にそんな記載があったのかと改めて聞かれると自信がない。私の勝手な思い込みなのかもしれない。

それでも、前にもブログに挙げた「細胞の意思」団まりな著、NHKブックスを眺めて想起するのも、「ドグラマグラ」なのだった。しかし、この「細胞の意思」にはそんなおどろおどろしさは微塵もない。努めて科学的に書かれ、ドライであるといってよい。

が、そう言っていいのだろうか。なぜなら、この本には、細胞は、思い、悩み、予測し、相談し、決断する、とある。しかし、硬派の発生生物学の研究者である団まりな氏は、そう想定しないと、細胞を単なる化学マシン、分子マシンと想定していては説明がつかないことが多きずるという。

怪訝な読者を説得するために、団まりな氏は、大食細胞、始原生殖細胞、胚の細胞の例を挙げる。実際、例をみると、細胞たちは、見事な環境適応性、能動性、決断性を示し、ある意味、われわれ人間の活動と変わらない。すると、耐性菌の戦略など、朝飯前ということになる。

こうして、一旦、細胞の意思なるものを当然視してみよう。すると、人体とは一体なのかと悩まなくてはならなくなる。というのは、人体は60兆もの細胞からなり、その各々に意思があるとなると、われわれ本来の「意思」との関係がわからなくなる。

1ついえることは、私の細胞たちは、私の部下ではないということである。なぜなら、体に入った異物を取り囲むのに、好中球や免疫細胞などは、いちいち私にお伺い立てたりしない。むしろ、私の意思とは全く独立に活動している。私としても、好中球や免疫細胞から、どうしたらいいかと聞かれても、答えられない。それで、腸の細胞も、胃も、心臓も、肝臓の各々の細胞も、私の意思などあずかり知らず、彼らなりに酵素などを駆使してその特殊任務に励む。みんな高度な専門家である。

そうはいっても、彼らは、私が自分の意思で食べたエネルギー源に依存している。だから、私が彼らに不利な活動をとってもらっては困るので、ホルモンや酵素、その他の蛋白質で、私をコントロールしようとする。意志が強くない私は、あっさりと細胞たちに操られている。

一方で、どうしても、この体をもつことは、間借り感が否めない。すなわち、細胞たちは、私の体という下宿の大家さんなのであって、どうも私はどこかからやってきたらしい。だから、とても細胞たちに気を使いながら生きているのに、それが習い性になってしまったものだから、自分の意思100%だなどと勘違いしてる。ともかく、フロイト派は、無意識を、細胞由来のところと、そうでないところに切り分ける必要があろう。

さて、私と、私の細胞たちをピアな関係とみなすと、いろいろな知見が生まれてくる。例えば、食生態学者の西丸震哉氏が登山にでかけようとしたら、どうも腫瘍があるらしいと分ったという。手術すると登山に行けなくなる。そこで西丸氏は、医者に行く代わりに、癌細胞に呼びかけた。じっとしていろよ、と。それで結局、腫瘍は進行せず、何年もそのままなのだという。結構聞き分けがいいのである。

もっと分りやすい例でいくと、癌で手遅れの人が開き直って、毎日お笑い番組をみていたら、癌が消えていたというのがある。まさに、笑いと医療に書いた事例である。この分でいくと、細胞だって笑いたいのである。それは当然であろう。意思があるのだから。しかめつらして 酵素を産生ばかりしていたくない。

そういう意味では、癌をやたら切るのも考えもので、下手をすると手術が癌細胞にとって、血の日曜日事件になる。革命が始まってしまうのである。

戻って、仏教が指摘する煩悩のかなりの部分が細胞の意思に負うことは明らかである。してみると解脱とは、細胞に拠って生きつつも、細胞の意思から独立になることだろう。そうやって細胞から跳躍しようとしている我々の心とはなにか、という問いかけに答えることは容易ではない。

川喜田二郎

| コメント(4) | トラックバック(0)

大学を卒業して、大阪にある中企業に入社したとき、新入社員研修があった。どこか奈良の研修所に詰めて結構鍛えられた。その中で、KJ法というのがあって、アイデアを出し合ってそれを紙に書き、後で関連の内容が書かれた紙を集めて、ある結論を導き、代表者が前に出て発表する、というものであったが、なにか馬鹿馬鹿しくてやってられないと思った。馬鹿馬鹿しかったのは、そこにいたメンバーかもしれないが。そのKJ法の創始者が川喜田二郎氏で、経歴は1943年に京大文学部史学科を卒業したというから、書斎の人かというととんでもなくて、満州の奥地を探索したり、ネパールに行ったりと、民族地理学、文化人類学を修めた、寧ろ理系且つ行動派の人で、だから理学博士であり、東工大名誉教授でもある。

そんな川喜田二郎氏が書いた、「創造性とは何か」祥伝社新書という本を見かけて、改めて創造性についてどんな示唆をしているのだろう、と買って読んでみた。以下、私なりのサマリである。

川喜田氏は先ず、「世界を悩む」ということを挙げる。どういうことかというと、世界にいろいろな問題があると、それを自分の問題として悩み、可能な限り解決を図るということである。例えば、「世界を悩む」典型として、川喜田氏は、ゴルバチョフを挙げる。すなわち、ゴルバチョフは、大変な困難を克服して、累卵の危機にあったソ連を解体した。東ドイツの壁も壊した。そうしないと共産主義国家が自壊すると思った。すなわち、身を挺して、国家を救ったのである。こういうやり方は、我が身の我や幸福に拘っていては到底できない。だから、川喜田氏は、ゴルバチョフが20世紀最大の偉人であると讃えてためらわない。

次に川喜田氏が挙げるのは、ノルウェーの探検家、フリーチュフ・ナンセン。ナンセンは初めて北極に到達した冒険家であるが、やはりゴルバチョフのように大変志の高い人で、艱難辛苦を経て北極から戻ってきても、ロシアの飢餓問題を黙ってみていられず、国際世論を動かして食糧を調達するなど、一貫して「世界を悩む」を実践した。

だから、川喜田氏の提唱する創造性というのは、問題に悩みなさい、解決策を考えなさい、実行しなさい、そうしているうちに、いろいろ工夫が生まれてくる、ということで、外山滋比古氏が提唱するのがミクロな創造性というか工夫であるなら、川喜田氏の提唱するのは、マクロな創造性である。もちろん当然に、創造性には両面があるが、私はあまりにもミクロなそれに拘ってきたようである。

さて、川喜田氏は、創造性の三か条として、次を挙げる。

  1. 「自主性」、すなわち、自発的であるほど、そこには創造性がある。
  2. 「モデルのなさ」、すなわち、やり方のお手本がないほど、創造性がある。
  3. 「切実性」、すなわち、冗談や酔狂でなくて切実にやるほど、創造性がある。

なるほど、外山流の緩い創造性というりもありだが、世間に役に立つことをするというか、創造性を世間に活かすためには、切実にやる必要がある、ということか。ハードな創造性といえる。

あと、川喜田氏は、創造性は、伝統から離れるのだが、結局、輪を描いて伝統に戻ってこなくはならないという。創造性が大きすぎると、一見伝統を破壊しているように見えるが、実はちゃんと大きな輪を描いて伝統に戻ってくるという。確かに、放散しっぱなしでは創造性にならない。きちんと現実に還元されなくてはならない。

正直言って、書斎派にすぎない私は、筋金入りのフィールド・ワーカーの川喜田氏にはついていけないが、創造は、混沌→矛盾葛藤→本然という東洋的な言い回しや、東工大教授であったのに、忽然と使命感に捉われて辞職し、海のものとも山のものともつかない移動大学なるものを始めるというその行動力に、感心措くにあたわざるものを覚える次第である。

いまのところ、私が馴染んでいるミクロな創造性と、川喜田氏の提唱するマクロな創造性の関係がよく分からない。とりあえず、蔵に放り込んで寝かせておくとしよう。これはいかにもミクロな創造性の手法なのであるが。

最後のメール

| コメント(5) | トラックバック(0)

新聞に、「最期のメール」と題する、60歳の主婦の方からの投稿があったので、その粗筋をメモしてみる。

「最期」とは、その方の56歳の妹さんで、昨年、腹膜癌で末期だった。その亡くなる3日前、病床の妹さんからメールがあった。すなわち、「お父さんが近くにいて、自分だけに分るように遊んでくれている。凄い」という趣旨の内容であった。

ところが、そのお父さんはもう25年前にとっくに亡くなっている。すると、いわゆる、あの世からお迎えに来た、ということだろうか。さらによく分らないのは、妹さんはもう、話すことも体を動かすこともほとんできない状態だったという。携帯のメールを打つという作業は結構大変で、どうやってメールが打てたのか今でも分らないという。

そして、妹さんは亡くなる日、「お礼を言いたい。」というので、身近な人に来てもらったという。そして「幸せだった、ありがとう。」と本人がいうので、周囲は感動に包まれたという。

そして、「あちらにいけばお父さんとおばあさんがいるので寂しくない。」と言っていたのを、主婦の方は、そう思わないと辛くていられなかったのでしょう、と推測するけど、私は案外本音だったと思う。病気が進むと、生きているうちからどこかで、現世とのつながりが希薄になるのだと思う。

では、私は、将来、逝くとき、周囲に感謝するだろうか。おそらく、ありがとうとは言わないかもしれない。ただ、ああやっと人生が終わると安堵したいところだが、もし癌の末期だったりして、痛いとそう思う余裕もないだろう。ただ、幸い痛くないとしても、安堵すると同時に、私のような業の深い人間は、また生まれてこなくてはならないのか、とちょっとうんざりしそうである。

それに関連して、ニーチェの「偶像の黄昏」に、「ソクラテスの問題」という小論があって、そこには、「ソクラテスでさえ生きるのに飽き飽きしていた」とある。それはまた、当時のギリシャの倫理的頽廃の象徴であって、当時のギリシャは、生きることが息苦しいような雰囲気だったのかもしれない。だからソクラテスは、逃げようと思えば逃げれたのに、敢えて毒人参の杯を呷って、自ら死を選んだのである。このような背景に鑑みると、ソクラテス死刑の理由にあることは、ソクラテスの意図した扇動であった。

それでまた思い出したのが、哲学者の死に様という自分のブログである。もし、よく死ぬことが哲学の目的であるとしたら、上記主婦の方の妹さんも、立派な死に方である。すると、立派に死ぬために、哲学は必要条件でも十分条件でもない、ということになる。とりあえず、誠実に生きていればいいということか。

街場のメディア論

| コメント(4) | トラックバック(0)

日本辺境論を読んで、今更のように注目するようになった内田樹氏であるが、内田樹氏の休筆の件で、うん、なかなか筋を通す人だといよいよファンになった。だから、ミーハーにも、最近でた「街場のメディア論」光文社新書は、迷わず買ってしまった。この本は、今年の6月に書かれたものなので、当然に、例の休筆以前の著作である。

ところで、内田樹氏は、ここに書いたように、私がポジティブな妄想じゃなかった、憧れを抱く、かの神戸女学院大の教授なのであった。そして、「街場のメディア論」は、神戸女学院大教授での講義をもとに書かれているとなると、二重にこの本は「買い」なのであった。

まず最初は、「キャリアは他人のためもの」で始まる。そう、まさに、キャリアは他人に役に立つところのものであるからこそ、キャリアなのであって、自分がやりたいこと=キャリアとは限らない、と当然の論旨である。内田氏は、潜在スキルは、やってみてこそ顕在化するのであって、やってみないと自分では気付かないと指摘する。そして、他人のためを思って発揮されるスキルこそが一番力が発揮されるという。これは、実はスピリチュアリズムの本質なのであって、霊も魂も引き合いに出さないで、スピリチュアリズムの本質を述べている。

次は、「マスメディアの嘘と演技」、そして「メディアと『クレイマー』」。ここで、最近のテレビがつまらなくなった、という命題が唱えられる。それは、多くの人が言っていることであるが、内田氏はその理由として、マスコミ内批判精神のなさを挙げる。そのとおりであって、マスコミは、政府だの教育だのに鋭い舌鋒を浴びせるが、自らに対してあまりにも甘い。しかし、これでは自壊しかねない。

次は、「『正義』の暴走」と「メディアと『変えないほうがよいもの』」。ここの論旨は、私の保守性での議論と基本的に一致する。それは当然であって、ある程度常識的に考えると、どうしてもそうならざるを得ない。例えば、内田氏は、病院で、「患者さま」と、患者をクライアントして持ち上げ、市場原理をそこに持ち込むことを批判する。それで図に乗って、病院で不埒なことをする患者が出てくると指摘する。意味は違うが、それと似たことが私の周囲でも結構見かけられる。

次は、「読者はどこにいるのか」。ここで、電子書籍の限界も説かれるが、同感である。本の背表紙を眺めて、なんともいえぬ雰囲気に浸るのは、読書の少なくない楽しみである。あと、「本を読みたい人は減っていない」というのも、ううん、そうなのかも、と思う。さらに著作権の議論は得たりであり、社会全般として著作権法は無視しえないが、内田氏が個人として、Webに発表したものに著作権を主張しないというのは同感である。私だって、この一連のブログをコピーしようと改変しようと構わない。ただ、「こんな馬鹿な奴がいる」という愚弄モードでの引用は、できれば遠慮してほしい。黙認するよりないが。

それから、「贈与経済と読書」であるが、本を書くことと読むことを、コンピュータ・ソフトにおける、カンパウェアみたいな言い方をされていて、それは理想であるが、やはりそれは貴族主義で、出版以外に食べていく安定収入をもっている内田氏のような人をもってして、いえることではあるまいか。

最後に、「わけのわからない未来へ」。そうなのである。ここから私が勝手に本文の趣旨を無視して書くが、とりあえずは私が目下気になっているのは、2012アセンションに書いたことである。ここで私は、完全にマスコミのことから興味が離れてしまった。ともかく、「街場のメディア論」は、いい意味でクリアカットで、大変面白く読ませて戴いたのだった。まさに、内田氏が「わけのわからない未来へ」で挙げている、「自分宛ての贈り物」であった。この本を買うことでの印税がささやかなる返礼である。

セクハラ・パワハラ保険

| コメント(0) | トラックバック(0)

MONEYzineによれば、AIU保険が、会社がセクハラ・パワハラで訴えられたときの保険を販売するという。以下、引用:

日本でもセクハラやパワハラ、不当解雇などの被害を訴えて、訴訟に発展するケースが増えてきた。AIU保険は、従業員管理リスクに関する賠償責任保険を販売。

会社でセクハラやパワハラ、不当解雇などの被害を受けたとして、企業が従業員から訴えられることもある。その場合、企業は「使用者責任」によって、賠償責任を問われてしまう。仮に裁判となれば、賠償金のほか裁判費用まで重くのしかかり、場合によっては経営に大きなダメージを与えかねない。

過去に巨額の賠償を求められた事例では、米国の「北米トヨタ自動車セクハラ訴訟事件」が有名だ。この事件は、トヨタ自動車の米国現地法人である北米トヨタ自動車で、社長アシスタントを務めていた日本人女性社員が、当時の社長からセクハラ被害を受けたとして、総額1億9000万ドル(約217億円)の賠償を求めて会社を訴えた。最終的にトヨタは、原告側と和解することで合意したが、相当の和解金を支払ったと思われる。

この例は、米国でのことだが、最近は日本でも従業員が会社を訴えて訴訟に発展するケースが増えているという。万一、従業員から巨額の賠償金を請求される事態が生じれば、企業の存続が危ぶまれる事態も想定される。

なるほど、それで、そのような訴訟に備えた保険を作るということか。そういえば、米国で、マックのコーヒーをこぼして火傷した人が、何億円相当もの損害賠償を請求したことがあった。しかし、改めて、セクハラで217億円の賠償とはどういうことか。日本的感覚ならせいぜい1000万円程度だろう。セクハラは悪いことに違いないが、明らかに平衡を欠いている。殺人の民事訴訟でも、不法行為としてそこまで請求できるだろうか。きっと、たちの悪い弁護士に炊き付けられているに違いない。

こうした背景を受け、AIU保険は従業員管理リスクに関する賠償責任保険「HR Pro」を提供している。「HR Pro」は、セクハラやパワハラだけでなく、不当解雇、従業員不正など、従業員管理に関するさまざまなトラブルで、会社が従業員や取引先から損害賠償請求された場合に、損害賠償金や弁護士費用を支払う保険。

ちょっと待て、AIU、これは、倒産保険であるCDSの二の舞ではないのか。

同社は29日、この保険の補償範囲を拡大すると発表した。これまでは補償の対象が会社及び役員だけであったが、店長や工場長といった管理職まで拡大。これにより、従業員が損害賠償請求を受けた場合でも、保険による補償を受けることができるようになった。さらに「保険金支払限度額1000万円プラン」を設け、中小規模の企業向けに販売も始めた。

あれれ、たった一千万円。ああ、日本向けか。確かに日本なら、セクハラ・パワハラで、賠償額が一千万円を超えることはないだろう。しかし、トヨタの闇にあるような労災だとどうなるのだろう。AIUは、この保険はセクハラ・パワハラだけに適用で、労災には適用されません、と涼やかに言うのだろう。

しかし、どこかで話がすりかわっていないか。というのは、北米トヨタ自動車の217億円のセクハラ訴訟のことを言っておきながら、AIU保険は日本での営業の話をしている。一体AIU保険は、米国でもセクハラ・パワハラ訴訟保険を販売しているのだろうか。もしそうだとすると、半端な保険料ではつりあわないのではないか。なぜなら、ちょっとコーヒーをこぼしたくらいで数億円、セクハラで数百億円、その他従業員の言いがかりの数億円単位の賠償にいちいち付きあっていたら、AIU保険はもたない。かといって、適用を厳格にしていたら、顧客からクレームがつく。それこそAIU保険には、セクハラ・パワハラ訴訟保険の保険というものが必要になって、この連鎖は続く。ああまたおぞましい。で、結局、米国ではセクハラ・パワハラ訴訟保険なんて成立しないだろう。明日を知れない戦場の兵士に生命保険をかけることを認めるようなものである。

ディプロイド細胞

| コメント(2) | トラックバック(0)

「細胞の意思」団まりな著、NHKブックスを眺めていたら、ハプロイド細胞と、ディプロイド細胞のことが書かれていたので、メモしておく。

まず、細胞は、原核細胞と、真核細胞に分類される。原核細胞も、真核細胞も、DNAをもつという点では同じである。いうまでもない。ところが、持ち方に大きな違いがある。原核細胞は、細胞内にDNAが詰め込まれるように放置され、細胞膜に固定されているだけである。言い換えると、DNAはもっているが、核構造はもたない。こういう原核細胞は、DNAの管理がルーズというか、よく言えば、DNAがオープンソースのようなもので、化学反応に対して柔軟に対応できる。すなわち、新しい蛋白質や細胞表面物質などを次々に開発しては、柔軟に環境に適応していく。それはまさに、耐性菌の戦略に記述したこととも符合する。

ところが、ミトコンドリアの起源に書いたように、原核細胞をもつ原核生物には、酸素毒に弱いものがあり、そこで、酸素を利用して、ブドウ糖を二酸化炭素と水に分解し、そのブドウ糖に蓄えられたエネルギーをATPの化学エネルギーに変換できるという特技をもった別の原核生物と融合して巨大化し、組織化された構造をもつ真核細胞をもつ生物があらわれた。

この真核細胞は、ハプロイド細胞と、ディプロイド細胞に分類される。ハプロイド細胞とは、DNAを1セットしかもたず、細胞が集まって多細胞生物を構成するとしても、細胞間で分業は行われず、従って、アメーバ、キノコ、水草程度の比較的小型または単純な構造しかとりえない。

一方、真核細胞でも、ディプロイド細胞は、DNAを2セットもち、細胞間で密にコミュニケーションをとって、統合された生物体を構成する能力をもつ。すなわち、われわれの体はまさに、ディプロイド細胞からなっている。

それでは、ディプロイド細胞は、いいことづくめかというとそうではない。ディプロイド細胞は、有限回しか分裂できないのである。おそらく、テロメアなどが関与しているのだろう。従って、われわれの不死性というのはありえない。

そういえば、アセンションという自分のブログによると、

宇宙人の遺伝子操作により生まれた人は最初は1000年くらい生きたらしい。このことは、旧約聖書の記載とも一致する。そうやって最初に出来た人類は、自己生殖機能を有し長命であったが、単為生殖できなくなってから100年程度の短命になったという。
とある。この辺にも、ディプロイド細胞/ハプロイド細胞がからんでいるような気がする。

一方、ハプロイド細胞はそのような制約はなく、原理的には、無限回分裂できる。実際、そうやって、ハプロイド細胞の生物は何億年も生き延びてきた。

では、ディプロイド細胞の生物はどうやって生き延びるかというと、卵子、あるいは精子というハプロイド細胞を作り出し、有性生殖というかたちで、一対のハプロイド細胞からディプロイド細胞を生み出して、新たな生物として生き延びる。すなわち、エロスとタナトスの結びつきは、あまりにも本質的である。

このようにディプロイド細胞から、卵子、あるいは精子という片割れのハプロイド細胞を作り出す機能を人間は本来的にもつが、そうでなくて、人為的にディプロイド細胞から、片割れでない完全なハプロイド細胞を作り出そうというのが、iPS細胞の試みであった。

ここまできて言わずもがななのは、癌細胞というのはまさに、ディプロイド細胞のハプロイド化ということになる。すなわち、ハプロイド化された癌細胞は、不死性を獲得するが、ハプロイド細胞の性質により、組織だった活動をとることができないので、ディプロイド組織にあって、革命的反逆者として、組織全体を破壊し、死に至らしめてしまう。

しかし、ハプロイド性がもし真核細胞の真の姿であるなら、ディプロイドとして生きることにはかなり無理があり、真核細胞がその抑圧に耐えかねて、原初の本能を甦らせることがあるのも、仕方ないことのように思われる。それは、組織人として生きるわれわれの葛藤とストレスにも通じるものがある。

ここで稿を終えようと思ったら、あるつまらないアイデアが沸き起こったので、蛇足として書いておく。それは、ディプロイド生物におけるハプロイド率という概念である。すなわち、ディプロイド生物は、その始原たるハプロイド細胞のためのハプロイド率をある一定レベルに維持する必要があるが、ストレス、肉食、活性酸素の横溢により、どんどんハプロイド率が下がってしまう。そこで、ハプロイド性細胞である癌が発生して、ハプロイド率を補う。これが癌発生の一つの理由である。それではどうするか、というと、食品としてハプロイド細胞からなるものをなるべく多く摂ることである。ハプロイド細胞とは、キノコ、海藻、クロレラなどである。健康食品としてのクロレラは、それなりに有名である。キノコ、海藻、クロレラなどが体によいというのは、栄養学の常識とも矛盾しない。いかがなものだうか。

フリーメイソン

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前から、秘密結社に興味があるので、「フリーメイソン」荒俣宏著、角川oneテーマ21を読んでみた。角川oneテーマ21というけれども、サイズは新書なので、気楽に読めるかと思ったらとんでもなくて、荒俣氏の博識が横溢して、読みこなすのに大変苦労した。それでも、習慣により自己用のメモを書いてみるが、そんなだから、到底まともなサマリーになっていない。

先ず、メイソンがもともと石工の組合である、というのは有名な話である。なぜ石工なのかというと、西欧では、宗教建築はすべて石でできており、従って、西洋版宮大工としての石工組合は、それなりの社会のステータスというか、プレステージはあった。

ただ、個人的には、石の建築という意味では、エジプトのピラミッド、南米のアステカ・マヤ・インカ、カッパドキアなどの巨石文化が印象に残っていて、特に南米の巨石文化には、現代の建築重機を用いても建造困難なものもある。よって、巨石の石工技術には、窺い知れない奥義があるに違いないなだけれども、流石の荒俣氏も、趣旨が外れると考えたか、この本では詳しくは触れていない。

ともかく、宗教建築を通じて石工組合は、キリスト教と近い位置にあった。それで優遇もされ、独自の古代エジプトや古代ギリシャの流れを汲むギルド組織だったようである。これがフリーメイソンの第1の源流である。

ところが、本来は石工のギルドであるフリーメイソンに、17世紀になった第2の源流が流れ込むのであって、それは、薔薇十字団であり、テンプル騎士団である。ここで、薔薇十字団とは、知的な人々の集団が世界をリードし、沢山の国々が連合を築いて大きな世界共和国をつくるなかで、人類叡智は完全性に近づくという理念をもつ団体である。

さらには、フランシス・ベーコンなどの理知主義者も、フリーメイソンに流入し、もともと石工組合であったフリーメイソンは、次第に思弁的、進歩主義的色合いを帯びてくる。カソリックと、プロテスタントの対立における、中立的駆け込み寺の役割も果たした。要するに、フリーメイソンは、カソリックに弾圧された非カソリック的な人々を吸収したのである。

フリーメイソンの研究範囲は、建築、数学、博物学、考古学などである。

こうして、18世紀になると、イギリスにグランド・ロッジが誕生した。ロッジとは、もともと、石工が建築のため逗留した場所であるが、後になって、フリーメイソンの集会場所をあらわすようになった。

こうしてフリーメイソンは、イギリス国内では政治不介入で通したが、欧州本土に広がったフリーメイソンは多くの分派を生み、その中には、かの悪名高き陰謀集団、イルミナティもある。

イギリスからの派生国家であるアメリカ合衆国こそは、実は、フリーメイソン国家であった。なぜそうなったのか。それには諸説あり、フランシス・ベーコンが新大陸への植民国家を建造することを意図したという説もある。例えば、フランシス・ベーコンの「ニュー・アトランティス」という著書にその思想が見られるという。

新大陸にあって、ベンジャミン・フランクリンは、フリーメイソンの会員ではなかったが、その人脈は活用した。ジョージ・ワシントンに至っては、首都ワシントンを、フリーメイソン風にデザインした。こうなってくると、フリーメイソンは秘密結社などではなく、最早国連のような世界組織である。特に、アメリカ合衆国では、フリーメイソンにプロテスタントがビルトインされているのだろうか。そのような考察を行おうとすると、私には、あまりに知識が足りない。

さて、日本にフリーメイソンが入ってきたのは、1854年、日米和親条約が結ばれ、横浜に、英国歩兵連隊が居留した頃である。そして、1866年、横浜ロッジが開設された。しかし、日本人最初のフリーメイソンは、外国に行った際に向うで会員になった。例えば、哲学者の西周、津田真道が挙げられる。

戦後は、日本に進駐してきたマッカーサーがフリーメイソンであった。また、当時の米国のトルーマン大統領もそうである。そして、1955年、当時の首相、鳩山一郎がフリーメイソンとして第三階級に登り、マスター・メイソンを名乗っている。するとその孫の鳩山由紀夫も、当然にフリーメイソンということはありえる。なにしろ、「自由・平等」、「友愛」がフリーメイソンのスローガンである。「友愛」などと掲げた総理大臣は、鳩山由紀夫以外に聞いたことがない。

こうして、「フリーメイソン」荒俣宏著、角川oneテーマ21は、いかにフリーメイソンが世界に浸透しているか、ありふれているかを示唆するに十分である。ただ、これでなんとなくフリーメイソンの概要が分ったような気になったのだが、その陰謀的側面は、この本には全く書かれていない。別に邪悪ではなくても、結社が結社である限り、なにかしら陰謀があるというのが、人間集団の組織的本能である。それが明示的に本に書かれないというのも、ある意味当然であった。そこはまた、他の書物に拠り探ることとしよう。

吊り橋効果

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞をみていると、片隅に、「ハマスタで恋活」という小さい記事があった。なんでも、横浜スタジアムで、男女が運動会を楽しみながら、「恋活パーティー」を開くのだという。ちらっと読んだだけで、つい引けてしまうのは、私が歳をとったせいか。ああそうだった、私は子供の頃から大の運動会嫌いだった。かけっこではいつもダントツの最下位で、下手したら次の順番のトップの子供に抜かされそうになる。惨めで泣きそうになったものだった。

でも、「居酒屋での合コンより青空の下で恋人探しを」というけど、本当にそうか。「恋活」なるものは、もっと本来的に淫靡じゃなかった隠微なのではあるまいか。

また、玉入れやムカデ競争などして、一緒にどぎどきする体験は、「吊り橋効果」といって恋愛感情が生まれやすい、というが、ここらあたりは、美人と破滅男に書いたのと類似の趣旨である。

しかし、どぎどきさせればいいのなら、「カジノで恋活」でも「雀荘で恋活」でもいいはずである。どーん、役満よ。どうしても私は、運動会から離れたいらしい。

ただ、誰でもいいわけではなくて応募資格がある。男性は25~42歳くらい、大卒で年収500万円以上、女性は20~30歳くらいの社会人。あれっ、高卒でガテン系ではなぜいけない、女性で家事手伝いでは駄目なのか、と疑問が湧く。

午前9:30~午後2時と、午後3時~午後7:30の2部で、それぞれの部で男女50人ずつの200人。会費は男性5000円、女性2000円。企画しているのは、イベント会社「エクシオジャパン」。もしフルに申し込みがあると、売上げは70万円。でも、ハマスタを一日借りるのは、結構かかりそうである。果たしてどれくらいの利益になるのか。

運動会である程度粗く相性があえば、あとは、コミュニケーション・タイムやランチ・タイムで相性確認の精度を上げる。ここらあたり、データマイニングのクラスタリングを彷彿とさせる。

それで、カップル誕生なら、ホテルの食事券をプレゼントとある。でも直感的に歩留まり低そうである。

カップル・クリエイションということは、当然に結婚が前提なんだろうけど、私の懸念は、結婚生活というのは、「吊り橋効果」と正反対の、退屈な時間の連続である、ということである。すると、「吊り橋効果」で醸しだされる相性というのは、結婚生活を保障する相性とは違うのではないか。そこで私は敢えて、「ハマスタの恋」を、「粒子加速器の恋」と呼びたい。無理やり電子と陽電子を衝突させるようなもので、自然界では滅多に起こらないのではないか、ということである。と、突然、松山千春の歌が聞こえてきた、♪それでも、恋は恋~♪。

友人から教えてもらったWebサイトの日経パソコンの記事によると、セキュリティ・ソフトのガードが堅いのに、それにも拘らずコンピュータ・ウイルスが猖獗し、蔓延しているという。以下、私なりに要約してみる。

先ず、引用:

例えば、ドイツのウイルス検査機関「AV-TEST.org」によれば、2008年中には800万件近い新種ウイルスが確認されたという(図1)。 1997年から2004年までは、1年当たり十数万種で推移していたが、2005年には30万種超、2006年には100万種近くの新種が出現。2007 年には、2006年までに出現した数の2倍に当たる新種が、わずか1年で確認された。

記事によると、どんどん新種のウイルスが作成されている理由は、セキュリティ対策ソフトなどの性能向上のせいもあるという、すなわち、作ってもすぐに駆除されるので、ウイルス作者は、半ば仕方なく、新手を出すという次第である。

以前は、コンピュータ・ウイルスは、単なる悪戯として作成されていた。すなわち、コンピュータ・ウイルスは所詮遊びとはいえ、APIをフックしたりとある程度高度なプログラミング技術を必要とするので、プログラマにとってほどよいチャレンジである。例えば、画面の文字を崩す程度である。

ところが最近では、住所・氏名・銀行口座パスワードなどの個人情報の不正入手をはかったり、その情報を使って悪意ある人間が勝手に口座からお金を引き落としたりと、手口が悪化してきた。なんとそういうブラック・ビジネスは、300億円もの市場規模だという。

また、ウイルス作成ソフトは簡単にWebで入手できる。なにかのキーワードを入れてOKをクリックするだけで、そのキーワードに特有のウイルスになるので、その時点で「新種」である。

ただ、無料で公開されているウイルス作成ソフトは、機能が限定されている。ところがなんと、有料で高機能のウイルス作成ソフトもあるという。1本、数万円から数十万円。ご丁寧に、ユーザーサポートが付くという。当然かもしれないが、有料で高機能のウイルス作成ソフトにも不法コピーが出回っているという。

当然に、ウイルスは、数だけではなく質も変化している。感染経路、感染後の所作でより巧妙になっている。例えば、Webサイトにアクセスするだけ、ファイルを開いただけで感染するウィルスもあるようである。PDFなどそのターゲットのようで、そのせいかやたら、Adobeのサイトから、Acrobatのアップテートが飛んでくる。

ウイルスには、「ダウンローダー」と呼ばれる、ほかのウイルスをダウンロードするウイルスもあるようである。また、「ボット」と呼ばれる、踏み台として利用されるウイルスもある。

記事によると、大きな被害をもたらしている、現代の主要なウイルスは、下記の4つだという。

  1. Webウイルス
  2. USBウイルス
  3. PDFウイルス
  4. Winnyウイルス

日経パソコンの記事の記事のWebでの紹介はここで一旦終わっているので、これらのウイルスについて、追々自分でも調べてみたい。

スキルの4層モデル

| コメント(2) | トラックバック(0)

前にエキスパートで書いたように、私は、部門の電子出願導入担当者として勉強し、苦労した経験がある。その際、通信技術も関与するので、OSIなどの勉強もした。そのOSIによると、通信のレイヤは、下から、物理層/データリンク層/ネットワーク層/トランスポート層/セッション層/プレゼンテーション層/アプリレーション層の6層モデルとなる。

しかし、インターネットで利用されるTCP/IPプロトコルでは6層では多すぎ、それは、次の4層に縮約される。すなわち、ネットワークインターフェース層/インターネット層/トランスポート層/アプリケーション層。

こういう通信レイヤを眺めていて、なんとなく、スキルの4層モデルに想到した。それは以下のとおりである。

先ず、最下層は、才能層。すなわち、才能がなければ何も始まらない。私がかくも才能を重視するのは、趣味の将棋で、私が何年もかかって必死で到達したアマ四段というレベルに、1年たらずで易々と達する人々がいるということを知ったからである。それが才能の差でなくてなんだろう。私は、努力でなんでも克服できるという人を軽蔑する、血反吐を吐くほどに努力した人は例外であるが。

才能層の上は、直感層である。すなわち、将棋でも勉強でも、必死で努力していると、潜在意識にスキルが充足されて、直感が養われる。これは感覚層と言ってもよい。直感層が十分に養われると、ほとんど考えなくても判断できる。また、正しくないことに対して、理由は説明できないけれども、なんか変、と感じることができる。

直感層の上は、知識層である。すなわち、いかに才能があり、直観に優れても、知識がなくては抜きん出ることはできない。これは、将棋だと、最新の変化に対応する。最新の変化に追随し続けることは浅薄な印象を与えるが、そうは言っても、最新の変化にある程度馴染まないと確実に時代に後れて、勝てなくなる。

知識層の上の最上層は、趣向層である。これはある意味軽い。なぜかというと、こんな例がある。ある人は将棋が好きでたまらない。暇さえあれば将棋の本を読み、将棋を指す。子供にも、将棋の駒の文字をもじって、香とか、桂太とか(流石に銀次はないか、やくざっぽい、もっとありえないのは、正銀)つけるほどである。ところがそんなに将棋が好きなのに、その人はアマチュア二段程度の棋力である。それは、私からみたら取るに足らない棋力である。丁度、アマ名人が私の棋力をみたらそう思う程度である。

ところがである、いろいろ考えてみると、軽いと思っていた趣向層がずっしり圧しかかる場面があることが分った。それは例えば将棋のプロの世界である。すなわち、プロならばみんな、才能は抜群である。直観もみな鋭い。10秒でもどんどん正解できる。それでいて、研究に余念がない。最先端の定跡にも通暁する。誰がみても一流だと太鼓判を押す。しかし、ぎりぎりでタイトルが取れない。それはどうも、趣向層の厚みが足りない。軽いはずの趣向層が、単なる一流棋士と、超一流棋士を分ける。そういえば、将棋の棋士で古今で最強かもしれないと言われている(異論はあるが)大橋宗英は、将棋が好きでたまらなかった。どんなアマチュアとも、気取らず、駒と戯れるように指す。するともしかして、羽生もそうかも。実は、普通の感覚だと、将棋が弱いときは、ともかく指すこと自体が楽しい。ところがある程度強くなってくると、苦しくなってくる。本当に超一流になる人は、このような強くなることに伴う反応阻害作用が少ない。いくら強くなっても自在無碍である。蝶のように舞い、蜂のように刺しながら、楽しく将棋を指す。

スキルを4層モデルとして書き下すと、次のような仮説が立てられる。これは、まとめでもある。

  1. 教育によって影響が与えられるのは、知識層のみである。
  2. 知識層にあることを、直感層に落とすことは一種の身体化、無意識化であるが、それを教育訓練の一環として実施することはできはるけれども、最後は本人の努力である。その際、才能層とのインタラクションが重要になる。
  3. 趣向層だけが発達した一群の人達がありえる。いわゆる、好事家である。数楽者も所詮これである。
  4. 趣向層の価値は軽視されがちであるが、いわゆる、好事家の存在は、全体を底上げするために必要である。サッカーのサポーターのようなものであってもよい。また、非自明にも、一流の者を超一流たらしめるのは趣向層である。すなわち、好事家の存在は、羽生のような超一流の者が輩出することを促す。
  5. 才能層の由来は、身体的能力にあっては、その主要な部分が両親からの遺伝である。精神的能力にあっては、両親からの遺伝というよりもむしろ、ある種の輪廻転生による、という説が有力である。
  6. プロのプロたる特徴は、直感層にある。決して、知識層ではない。尤も、これは囲碁・将棋ではそうであるが、学問一般ではそうではないかも。
  7. 努力により才能を鍛えるという発想は、キーボードからコマンドを打ち込むだけでパソコンのCPUがアップグレードできると考えるのに等しい。

ここまで書いてきて、才能層/直観層/知識層/趣向層のスキルの4層モデルは、どうも将棋に偏りすぎているような気がする。本来は、スキル全般に通じるはずなのであるが、少なくとも、スキルによっては、才能層/直観層/知識層/趣向層という言い方を変えなくてはならないのかもしれない。あと、OSIではないが、当然に6層モデルとかその他、考えられるだろう。

囲碁界

| コメント(9) | トラックバック(0)

アマチュアとはいえ長年将棋に親しんできたので、私は、将棋については、名前を知らないプロはいないし(最近はそうでもないか)、なんでも将棋との比較で考えてしまう。だから、最近囲碁に親しむようになると、どうしても将棋との対比が気になる。

特に先日、ええっと思ったのは、新聞に掲載されていた、囲碁の女流棋士、羽根しげ子さんのエッセイである。羽根という姓を聞いてピンとくる人がいるかもしれないが、羽根直樹九段の奥さんである。それは「学校と私」というタイトルで、なぜええっと思ったかというと、高校進学に、「行ってやるぞ」と決意して行ったというくだりである。

羽根さんは「囲碁の世界は学歴が関係ありません。」というが、将棋だってそうである。なのに羽根さんは、夫も高校に行ったことを自慢げにいう。

しかし、将棋のプロの世界では、だいたい高校に行くのが普通で、あの羽生でさえ、普通に行っている。「行ってやるぞ」なんてわざわざ決意して高校に行く人はまずいない。それどころか、将棋のプロでは最近、大学生が増えている。先日王位のタイトルをとった広瀬六段は、早稲田大学の現役であり、中村太地四段もそうである。糸谷五段など、大阪大学で哲学を勉強している。もっと言うと、片上六段など、棋士の身分のままで東大法学部に合格して、きちんと卒業した。丸山九段は、名人在籍の経験もあるがやはり早稲田大学卒である。加藤一二三九段もそうである。

囲碁だって大卒高学歴の棋士は沢山いるではないかと言われるかもれない。例えば、石倉九段は東大法学部出身だし、先日碁聖のタイトルをとった坂井七段は、京大医学部卒で医師免許までもっている。

しかし、これは意味が違う。囲碁では、アマチュアとして大学生を過ごし、卒業してプロ試験を受けてプロになるパターンである。囲碁は、大学卒業したアマ強豪にも、かなり広めにプロへの門戸が開けている。

なぜ囲碁のプロで現役のまま大学に行く人がほとんどいないのかというと、多分次のような理由による。

  1. 四段からやっとプロになる将棋に比べ、囲碁は初段でプロであり、すると若年のプロが沢山いることになる。若年のプロは、なかなか学校生活と対局を両立させることが難しい。
  2. どうみても、囲碁の方がプロになりやすい。逆に言うと、将棋では、プロを目指して結局プロになれないというケースが囲碁よりはるかに多い。すると、将棋のプロは、大学に通うことで、プロになれないリスクをヘッジしようとする。
  3. 囲碁で一旦プロになると、レッスン・プロで食べていきやすい。面倒な高校入試・大学入試なんて、考えなくても潰しがきく。

あと、羽根しげ子さんの兄は松岡秀樹八段でやはり囲碁のプロである。一方、夫の羽根九段は、いわずと知れた、父親が囲碁棋士である。他にいくらでも例を挙げられるが、囲碁界では、親子棋士、兄弟棋士が沢山いる。これはやはり、囲碁の方がプロになりやすい、ということが大きいと思う。兄が囲碁をやるなら私も、という決意で努力してプロになれてしまったりするのである。

さらに当然のように、古くは杉内夫妻のように夫婦棋士も結構いるが、夫が囲碁棋士の場合、妻はプロでなくても、囲碁インストラクター、囲碁ジャーナリストのようなパターンが、多い。山下道悟本因坊と、高梨聖子など有名である。高梨聖子は、囲碁将棋チャンネルの囲碁の番組に出ずっぱりである。将棋ではそういうパターンはあまり多くない。また、兄の高梨聖健は、囲碁プロ棋士、八段である。ううん囲碁だらけ。

そうしてみると、囲碁界というのは将棋界よりも、同族傾向が強く、意外に閉鎖的といえないか。海外に普及したりするので、将棋よりも開けていると考えたいところだが、必ずしもそうとはいえないかもしれない。

ただ、伝統という意味では、将棋は独自性が強い。例えば、実際に対局した手順を将棋では本譜というが、これは、将棋を知らない人にはなんのことだか分からない。一方囲碁では、実戦という。これはあきらかに、一般用語で分りやすい。局後の検討も、将棋では感想戦という。これも、将棋を知らない人にはなんのことだか分からない。囲碁では、局後の検討、とそのままである。

また、囲碁は、椅子席でのプロ対局も許すが、将棋は畳の席での対局にこだわる。伝統を重んじすぎる面がある。

してみると、囲碁は結構内輪志向が強く、結婚相手も同じ業界内でまかなおうとする。子供もなるべく囲碁のプロ棋士にしようとする。それか結構できてしまう。そのコアのところで、囲碁以外に興味をもたない。だから、高校進学や、大学進学もあまり考えない。ところが、コアから外れるところでは、積極的に外に働きかける。普及に熱心だし、小林千寿など、ヨーロッパなど海外普及に半端ない努力をしている。いや、コアから外も、とても囲碁中心に動く。

だから、将棋の棋士が将棋バカである以上に、囲碁棋士は、囲碁バカである、と言える。言い過ぎか。故藤沢名誉棋聖もその延長線上にあるのか。私の観察によれば、囲碁棋士で将棋が好きな人は少なくないが、その棋力は大したことない。もしかして、この私程度の将棋に勝てる囲碁棋士はほとんどいない。将棋の棋士の囲碁はもう少しましなレベルのようである。例えば、河口五段は、激戦区神奈川県の囲碁の代表になった。故真部九段なども、おそらく県代表の力はあっただろう。半端ない努力を囲碁に注いでいた。

ここまで書いて、道を歩いているとき、国際的局所性という概念が浮かんだ。すなわち、ネイティブな英語話者である米国人、英国人は、世界のどこに行っても相手が英語で話してくれるので、外国語を覚える必要がなく、従って、米国人、英国人は、物好きな人以外外国語や外国文化を勉強しない。その結果、グローバリズムを提唱しながら、とても視野の狭い人間ができあがる。世界を飛び回ることは意外に視野を広げない。これは囲碁棋士にもいえて、白黒だけで操作できる囲碁というゲームは、そのままで世界に普及していき、そこにも国際的局所性が成立してしまう。という考察に多少の妥当性はないだろうか。

地球に似た星

| コメント(4) | トラックバック(0)

知人から紹介された内容であるが、時事通信によれば、地球に似た星が見つかったという。以下、引用:

【ワシントン時事】米カリフォルニア大学サンタクルズ校などの天文学者グループは29日、地球から約20光年離れた赤色わい星グリーゼ581の近くに、生命が存在する可能性のある新たな惑星を発見したと発表した。

同校の声明によると、新たに発見された惑星グリーゼ581gは、地球とほぼ同じ大きさで、質量は3~4倍。大気圏を形成する重力があり、生命に欠かせない水が存在する可能性が高いという。

先ず最初の疑問は、どうやって見つけたの?である。約20光年も遠くにあって、地球と同程度のものを同定するとは、天体望遠鏡ならぬ、天体顕微鏡である。

勝手な想像であるが、ある恒星の周りを廻る惑星の質量と大きさは、その恒星の動きの揺らぎを、恒星から出てくる光の波長の変化で観測できるのだろうか。また、惑星における水の存在は、その恒星付近から発せられる光に含まれる水素と酸素のスペクトルで観測できるのだろうか。もしそうだとしても、相当誤差がありそうである。

ただ、20光年の距離なら、観測ロケットを飛ばして飛ばせない距離でもないと思うが、そもそもが到達するのに少なくとも100年くらいかかり、そこから帰ってくる電波を受け取るのに20年かかるとなると流石に実用的でないか。

さて、われわれが住むような銀河が宇宙に100億個あるとして、各々の銀河にやはり100億個恒星があるとすると、宇宙全体で少なくとも、1017個くらい、地球のような環境の惑星があるはずである。適当に見積もったので、なぜそうなのか聞かないでほしいが、控えめな数値である。すると、そこから宇宙人が地球に来ていてもおかしくないし、少なくとも、こちらが20光年の距離にある惑星の地球型惑星を同定できているなら、向こうだってこちらのことが分かっているはずである。

以上は当たり前のことを書いただけなので特に夢が広がるものではないが、ともかく、宇宙とは意外に賑やかなところのようである。

阿伽羅の勝利

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前にブログに書いた、阿伽羅と清水市代女流王将との対戦であるが、予想どおり、阿伽羅が勝った。以下、産経新聞Webからの引用:

将棋の清水市代女流王将に情報処理学会(白鳥則郎会長)のコンピューター将棋システム「あから2010」が挑戦していた一番勝負で11日午後7時、後手のあからが勝利を収めた。公の場で、コンピューターが日本将棋連盟(米長邦雄会長)の棋士を打ち破ったのは初めて。

対局は、情報処理学会の50周年プロジェクトとして実施された。あからには、世界コンピュータ将棋選手権で優勝した「激(げき)指(さし)」など4種のソフトが搭載されており、導き出した解答のうち最も多かった手を指す。

今後、あからは早ければ半年後にも日本将棋連盟が指名する男性棋士に挑み、さらに勝てば最高峰の羽生善治名人(王座・棋聖)か渡辺明竜王と対局する見通し。

今回の対局は観客の見つめる前で行う公開対局ではなく、限られたメンバーが会議室で行い、約750人の観客は広い講義室で中継盤面を見守った。

奨励会三段、あるいはC級2組の中くらいの棋力であると予想される阿伽羅が清水市代を破ったとしても、それは順当であるが、good newsは、「あからは早ければ半年後にも日本将棋連盟が指名する男性棋士に挑み」という記事と、「さらに勝てば最高峰の羽生善治名人(王座・棋聖)か渡辺明竜王と対局する見通し」という記事である。なんと、もしかしてたった一年で、将棋界最高峰とコンピュータの対戦が見られるかもしれない。これは見物である。

それでは、次の対戦相手に誰が相応しいか。私のみるところ、対コンピュータに相応しいのは、手将棋の雄、あるいは曲線的棋風の持ち主である。すると例えば案外、田村康介、森下 卓あたりがいいのではないだろうか。逆にプロとしては最高レベルに強いのにコンピュータに負かされそうなのは、豊島将之、佐藤康光あたり。急所で真っ向から読みあって、コンピュータに読み負けする可能性がある。

ただ、コンピュータがまだ奨励会三段、あるいはC級2組の中くらいだとしたら、ベストの男性プロをぶつければ、ぎりぎりでコンピュータを止められるだろう。今回は、である。

2年後だと、コンピュータは更に強くなり、いよいよ、羽生も危ないかも。その年が運命のアセンションだというのは、単なる偶然である。

新ピーターの法則

| コメント(0) | トラックバック(0)

ダイヤモンド・オンラインから、下記のような電子書籍の広告が来た。『ピーターの法則』~創造的無能のすすめ~で、これは私は、随分昔に読んだことがあるような気がする。

☆ 9月の電子書籍イチオシ新刊 ☆
9月末(9/28)発売!
「人間は無能になるまで出世する」という禁断の真実を
ユーモラスに暴いた古典的名著が、ついに電子書籍化!
『ピーターの法則』~創造的無能のすすめ~
ローレンス・J・ピーター、レイモンド・ハル[著]
定価700円(税込)
発行:ダイヤモンド社

ピーターの法則というのは、その意味は分りやすくて、すなわち、実務者として頑張って評価されると、次には、実務を離れた管理職に昇進する。ところが、管理職の仕事は、実務を遂行能力とは別の能力が要求されるが、その方面の才能がない場合があり、すると、折角もともと実務を遂行する能力があるのに、社内で無能を呈してしまう、というものである。

長年サラリーマンをやっていて、しかも、実務者としてある程度やれていて、管理職に昇進した経験がある私にはそのことはよく分るのだけれども、もっと別のピーターの法則もあるのではないか、と思ってきた。すなわち:
「人間は無能になるまで出世する」よりむしろ、「人間は無能であるから出世する」

この、「人間は無能であるから出世する」を、勝手に、新ピーターの法則と呼ぶことする。長年サラリーマンをやっている人で、この新ピーターの法則に対して、なんと面妖な、と怪訝がる人はあまり多くなくて、大抵の人は、ある、ある!と同意してくれるだろう。

ただ、無能であれば誰でも出世するわけではなくて、ある程度の特性は必要である。それは次のようなものである。

  1. 学歴、閨閥など少なくとも1つ、注目される点があること。
  2. キーパーソンの上司を見抜いて取り入り、絶対服従すること。
  3. 現場感覚に疎いこと。なまじ現場感覚に富むと、それに引き摺られて、上司に対する絶対服従を貫けない。
  4. 責任回避に巧みであること。これは、「現場感覚に疎いこと」とも関連する。要するに、「君子危うきに近寄らず」である。
  5. 能力に見合わない強烈な上昇志向があること。

こう書いてみると、それはそれでなかなか半端なスキルではないことが分かる。言い換えると、「人間は無能であるから出世する」を実現するためには、無能よく有能を制する、すなわち、無能が有能を有能の力を借りて投げ飛ばす、を実現しなくてはならず、一旦その土台を築くとあとは、いかに無能になるかの勝負である。

類稀なる無能さを発揮した宰相として私は、東条英機と、ブッシュ前大統領が浮かぶ。なぜ無能さが尊ばれるかというと、下手に有能だと、影の実力者が発した指示に疑問を抱き、変更する惧れがあるからである。すると、何の疑いもなく、上からの指示をそのまま信じて実行する愚昧さが必要である。ブッシュ前大統領など、小学校4年並の知性しかないと揶揄された。それは言いすぎとしても、少なくとも、知性溢れる人からは遠いことは確かである。

新ピーターの法則はこうして、様々な付帯条件の下で成立する。ところが、その付帯条件の多さにも拘らず、結構あちこちで事例を見かけてしまうのは、この世の不思議である。

専門家について

| コメント(3) | トラックバック(0)

例えば、物理学で、素粒子論の専門家がいるとする。そういう人は、私のような素人からみると、雲の上のような人で、物理学の領域内で、専門ではないにしても、物性理論にしても大気物理学にしても、私よりずっと詳しいと考えても、それは一応妥当であろう。

しかし、本当にそうだろうか。例えば、私が物性理論の大学学部レベルの教科書を買ってきて、1年間みっちり勉強したとしたら最早、私が物性理論に関して理解できていることで、その素粒子論の専門家が知らないことも出てこよう。

別の例を挙げると、将棋で村山慈明という若手プロがいる。彼は、序盤は村山に聞けといわれるくらいの序盤の大家で且つ、中終盤も強い。そんな村山慈明が、穴熊の若手の大家、広瀬王位と相穴熊で戦ってみた。基本的には居飛車党である村山が、居飛車側である。流石に序盤の大家、村山は終盤の入り口までうまく指していたが、どうしても穴熊流終盤センスの差で、広瀬に抜き去られてしまった。で、唐突に思ったのは、いかな序盤の大家、村山慈明といえども、アマ棋界のアナグマン、遠藤正樹には、穴熊感覚では劣ってしまうのではないか、ということである。言い換えると、相穴熊では、村山慈明よりもむしろ、遠藤正樹の方が、広瀬王位に対して際どい勝負になるのでは、ということである。なにしろ、穴熊に投資した時間が違いすぎる。

さらに先日、囲碁の番組をみていたら、解説の小林覚九段が次のように言っていた。すなわち、序盤とか中盤は分かりませんね、私よりもアマチュアの強い人の方が、中盤まではいい手を打つんじゃないでしょうか。でも、と小林九段は続ける。微細な寄せになると、多分アマチュアの強い人も、私のように打つことは無理でしょう、と。

以上のことから、専門家というのは、一般的に次のように特徴付けられる。

  1. 物理学、数学、将棋、囲碁などのある分野の少なくとも特定の領域で深い専門的知識がある。
  2. アマチュアを寄せ付けない、専門家としてのコアスキルがある。例えば、囲碁や将棋だと中盤以降の戦い方とか、寄せのテクニックなどである。物理学者なら、基礎的な方程式を自在に使いこなせる、などである。

しかし、そういう専門家において、次のことが一般的に言える。

  1. 物理学、数学、将棋、囲碁などのある分野のあらゆる領域で専門性を発揮することはできない。
  2. その非専門分野では、コアスキルが専門家のレベルに達しない人に凌駕されてしまうことがありえる。
  3. その専門分野にあっても、未来の展望を妥当に言い当てることは困難である。なぜなら、未来は、別のパラダイムに属する可能性が高いからである。
これを、非専門家 on 専門家(non-expert on expert、略してNOE、あ、私が勝手に作った造語なので、Webで探さないこと)の法則と呼ぶ。

NOEの法則からは、整数論が専門の一数学者が、トポロジなどの他の専門分野を論じることの妥当性が問われるし、ましてや、たかが?ノーベル賞受賞者が、教育論を訳知りに展開することにも眉に唾がつけられる。

また、その分野の権威の人の未来予測でも、決してあてにしない方がいい。例えば、19世紀に、古典物理の大家J.J.トムソンは、物理学の課題はあとは、ニュートンの方程式をどう解くか、洗練していくことだけだと宣言し、周囲もそれを信じたが、その後の展開が、100%異なってしまったことは最早周知である。

それでは世間一般の、私を含む、取り立てて専門性のない人々はどうふるまえばいいのかというと、それは自明であって、中庸をえて、自らの限界を知り、慎ましやかに生きればいいのである。ソクラテスの教えである。あと、重要な注意点があって、こつこつと素人ながら真面目に勉強していると、専門家を、その非専門領域で打ち負かせることがあるかもしれない。しかし、そうなっても、見て見ぬふりをすることである。専門家のプライドを傷つけると大変であって、なにかと虐めを受ける。いらぬ紛糾は避けるべしである。

ノーベル平和賞

| コメント(0) | トラックバック(0)

中国の民主活動家・劉暁波氏がノーベル平和賞を授与されたことは、当然に中国政府に大きな打撃を与えた。以下、読売新聞の記事の引用:

ノーベル平和賞受賞は、「21世紀の超大国」を目指す共産党政権の威信を失墜させる痛烈な一撃となった。

8日午後5時(日本時間同6時)ごろ、劉氏の平和賞受賞を伝えていたBBCやNHKなど外国テレビ放送の画面が、突然、真っ黒になった。国民に劉氏受賞のニュースを見せたくない当局が放送を遮断したとみられる。連日、大々的にノーベル賞関連ニュースを報じてきた中央テレビや新華社通信など国営メディアも一斉に沈黙した。

共産党のショックの大きさがうかがえる。

同日、劉氏の妻、劉霞さんが住む北京のマンション前には、100人以上の外国メディア記者が詰めかけたが、20人前後の警官が敷地内への立ち入りを禁じた。

この件に関する私の感想は複雑である。すなわち、日中関係で述べたような中国のエゴセントリックな国際的な動きは到底歓迎できないが、一方で、ノーベル平和賞をかくのごとく色濃い政治的な操作として利用することはやりすぎではないか、という思いはどうしても抑えきれない。

しかし、Wikiからの引用でみてみると、

1991年 - アウンサンスーチー(ミャンマー)
2000年 - 金大中(韓国)
2007年 - 気候変動に関する政府間パネル、アル・ゴア(アメリカ)
2009年 - バラク・オバマ(アメリカ)
など、かなり色濃い政治的意図は否定できない。

それが何が問題なのかというと、ノーベル平和賞のこの濃いイデオロギー色によって、物理学賞、化学賞、医学・生理学賞などの他の賞も同様にイデオロギー色に染まっていると思われてしまうからである。特に今年の物理学賞や、去年の物理学賞のように、きちんと配慮すべき先駆者を敢えて無視するような決定がなされていることに鑑みると、飯島氏も西澤氏も、今回の劉暁波氏のノーベル平和賞の受賞に対する思いは複雑なのではあるまいか。

今回の受賞で、ノーベル財団が、中国共産党の旧態依然とした体制に憂慮していることは理解した。私だって、尖閣諸島の事件がある前から、中国の非民主的体制が好ましいと思ったことはない。しかし、ノーベル財団の出す色合いは、反地球温暖化だの、反核武装だの、反独裁だの、あまりにも中学生にもわかるようなベタすぎる色合いなのである。賛成意見も反対意見もきちんと勘案して決定しているようにはどうしても思えない。浅すぎる。決定がどうしても偏向しているように見えるのは仕方ない。少なくとも、その客観性への努力の跡を見せるべきなのである。

ダイエット本

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞によると、講談社が、ダイエット本の出版を巡り、訴えられたという。以下、引用:

独自のダイエット法で知られる韓国の主婦チョン・ダヨンさん(43)のベストセラー「モムチャンダイエット」を巡り、チョンさんと専属契約を結んでいる韓国の会社が、契約を交わさず一方的に翻訳本を出版されたなどとして、発行元の講談社に出版の差し止めと約1700万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしていたことが分かった。提訴は7月5日付。

講談社広報室は「出版の経緯に何ら問題はない。裁判で事実を明らかにする」とのコメントを出した。

この事件についてのコメントはともかく、どうもダイエット本というのは売れるらしい。楽して痩せたいと思っている人は世の中にあまりに多く、だから、私が15キロも痩せたというと、大抵の人は、ええっ、どうやって?と聞きたがる。

でもおそらく、楽して痩せるという秘訣は多分ない。私の場合、たまたま欲望を滅却できて、食べなくても平気になっただけである。しかも、なぜそうなったのか全く説明できない。

大抵の人がダイエットに失敗するのは、きれいになりたい、異性にもてたい、食べたいものを好きなだけ食べて尚且つ痩せたいなどと、物欲を鼓吹しながら、ダイエットに励むからである。それは、スパイを自宅に連れ帰って、誰も聞いてないと思い込んで、国家機密をしゃべるに等しい。

言いにくいことをあえていうと、少しくらい痩せたくらいで人は美人にならないし、健康にもならない。寧ろポッチャリ美人というのもあるし、少し太り気味でコレステロールが基準値より高い方が却って長生きという説も最近ではあるくらいである。

ダイエットはだから、その手のサロンと、出版社を富ませるだけである。では君はなぜダイエットしたかと聞かれるに決まっているので、言い訳のため先日、拙文を書いた次第である。全く説明になっていないのだけれども、実は。

霊的場の量子論

| コメント(0) | トラックバック(0)

透明な力のところでちらっと述べた、霊的場の量子論であるが、意外にもアイデアが発展したので、述べてみる。軽いSFとして読んで戴ければ幸いである。

さて、霊的場の量子論と普通の場の量子論を峻別するもの、それは、素粒子の個性である。すなわち、大抵の素粒子論の入門書には、電子も陽子も中性子も、そしてもちろんクォークにも個性はなく、見分けがつかないとある。強いて言えば、電荷、スピン、カイラリティ、世代程度が個性だろうか。

ところが、霊的場の量子論では、素粒子が人間並みの個性をもつ。そんな馬鹿な、といわれるだろう。ところが、素粒子の個性こそが、霊的場の量子論の真骨頂であって、あの電子とこの電子は、個性をもち、違うのである。

とはいえ、その個性というのは、どうしようもなく突拍子のないものではない。例えば、クォークには三世代あるといわれる。アップ/ダウン、チャーム/ストレンジネス、トップ/ボトムである。ところが、霊的場の量子論によると、本当はもっと沢山の世代がある。それは無限なのか有限なのか誰も知らないが、有限だとしても数百世代もあれば、素粒子の個性を記述するに十分である。

が、いくら素粒子に個性があっても、粒子加速器などで物理的に扱っていては、個性は無視されてしまう。そういう意味では、霊的場の量子論を近似すると、普通の場の量子論に帰着されるので、辻褄は合うのである。もっと言うと、量子効果は、一般の物理現象に比べて精妙であるが、霊的量子効果は、はるかに精妙である。物質主義者・実証主義者が存在を否定するのも無理もない。

では、どういう場合に素粒子の個性が活きるかというと、心と物質が交信する場合である。すなわち、心は、たった一つの電子の個性を読取ることができ、あるいは、電子の個性に影響を与えることができる。心は、恋人と心を通わせるように、たった一つの電子と交信できる。

ここで明確にしておかなくてはならないのは、霊的場の量子論は、心あるいは霊と、物質の間のインターフェースを司る理論であり、それゆえに、合気、ヨガだけではなく、ひろく動植物の生理作用全般をに深く関与する法則ということになる。よく、生物の体内は、未知の物理・化学法則を仮定しないと説明がつかないといわれるが、その未知の物理法則こそが、霊的場の量子論である。霊的場の量子論はさらに、霊的量子化学、霊的有機化学、霊的生理学と広がり、次第に身近になってくる。それだけ裾野が広い。

しかし、何度も繰り返すが、霊的場の量子論は、心あるいは霊と、物質の間の現象を記述することができるが、純粋に心的な世界を記述することはできない。純粋に心的な世界は、この世に、数学の多様体論でいうところの埋め込みされており、この世では、縮退された姿としての心しか捉えることはできない。超弦理論の11次元の世界は、そのよいアナロジである。

純粋に心的な世界はどのように記述されるのか、問うてみても、物理法則のアナロジを峻拒するだけである。

逆に言うと、死後成仏して、かなりの精神レベルになっても、霊的場の量子論はついて廻る。読者が呆れて興味を失っているようなので、この辺で止すとしよう。

ノーベル物理学賞

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、今年のノーベル物理学賞が、炭素の新素材「グラフェン」を開発したイギリス在住の研究者に与えられるそうである。以下、引用:

スウェーデンの王立科学アカデミーは5日、10年のノーベル物理学賞を、炭素の新素材「グラフェン」を開発した英マンチェスター大のアンドレ・ガイム教授(51)=オランダ国籍=とコンスタンチン・ノボセロフ教授(36)=英、ロシア国籍=に授与すると発表した。授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億2700万円)を両氏が分け合う。【須田桃子、西川拓】

グラフェンは炭素が六角形につながったシート状の新素材で、厚みが原子1個分しかない。現在知られている素材の中で最も薄くて強く、銅と同程度の電気伝導性があり、熱伝導性も最も高い。

ガイム氏らは04年、炭素の蜂の巣構造が何層も重なり、鉛筆の芯の材料として使われている「グラファイト」(黒鉛)に粘着テープを張ってははがす作業を繰り返して薄片をはがし、原子1個の厚みの層(グラフェン)を分離することに成功した。

この記事をみて私は、すぐさま、カーボンナノチューブの飯島澄男氏のことを思い出した。どうみても彼の分野で、飯島氏が先駆ではないか。

果たして、飯島氏の下記のような談話がある。

「同じような分野なので大変残念。一緒に受賞ならいいなと思っていたが、置いていかれちゃった。理論的にリードしてきた安藤恒也・東工大教授が共同受賞でないのも合点がいかない」

多分だけども、もう飯島氏にノーベル賞は巡ってこないであろう。それも人生さ。

この痛さは、ノーベル化学賞で言及した宮浦憲夫氏よりはるかに大きい。なにしろ飯島氏は、ナノチューブの先駆者なのである。

実際、Webで調べると、宮浦憲夫氏は、もともと鈴木氏の助手で、共同研究していたようである。北海道大学大学院工学研究科 宮浦憲夫・特任教授の語る「鈴木章名誉教授について」という内容のインタビューがWebキャストされているくらいなので、結構素直に師匠を讃えているのだろうか。

フック

| コメント(0) | トラックバック(0)

フックというのは、一般的には留め金のことであるが、ここでは、コンピュータ用語を想定する。すなわち、コンピュータ用語では、ある処理ルーチンの飛び先を善意または悪意で変更して別の機能を実行させることである。その善意とは別に法律用語の善意ではない。単に、悪意をもってする行為ではない、程度の意味である。

では、善意のフックとはどういうものか。典型的には、例えば、セキュリティを保護するために、印刷ルーチンにフックして、機密性の高い文書を印刷できないようにすることである。DOS用であるが、私が書いた、フックを含むプログラムの例を示す。尤も、これは単なる遊びである。

悪意のフックというのは、枚挙に暇がなく、コンピュータ・ウィルスの得意技であって、例えば、メール転送機能にフックして、アドレス帳にあるすべてのメールアドレスに対して、ジャンクメールを送りつける機能などである。

ただ、そういうコンピュータ用語を縷々説明するためにフックに言及したのではない。私が言いたいのは、宗教心のフック、典型的には、キリスト教のそれである。

イエス・キリスト、すなわちナザレのイエスは、排他的なユダヤ教のアンチテーゼとして活動し、病に苦しむ人々などを救った。それは特に宗教活動ではなかったかもしれないが、確かに利他的な崇高な行為であった。

ナザレのイエスは、ユダヤの人々の神経を逆撫でし、磔に遭った。当時としては珍しいことではなかったかもしれない。しかし、決して悪意ではないが、ナザレのイエスを敬う人達が集い、原始キリスト教の原型が創設された。

キリスト教の不幸は、ローマという国家に利用されたことである。どのようにしたかというと、人間が本来もつ宗教心にフックする。そして、本来利他的な行為に向かうべき宗教心を、とても利己的且つ弾圧的な、人間が本来もっている影の部分のルーチンに飛ぶように書き換えてしまったのである。それはコンピュータならウィルスであるが、人間に心自体にウィルスは胚胎していた。

すなわち、原始キリスト教は、人間に心自体に巨大なバグ、あるいはセキュリティ・ホールがあることに気づかなかった。だから、今にいたるまで、何一つセキュリティ・パッチも当てていない。

そのセキュリティ・パッチの惨禍の例は、歴史に多すぎて、到底リストしきれない。とりあえず十字軍と、スペインによるインカ帝国殲滅を挙げておく。それは確実に、心に巣食う闇によって、神を敬う敬虔心がフックされて起こった災厄であった。

悪意にフックされた宗教心が恐ろしいのは、敬虔と信じる行為がそのまま残虐性につながるからである。その典型を人は、神の名の下に、イラク・アフガニスタンに攻め入った米軍にみるであろう。あるいは、9.11の計画そのものが、神の名の下になされたことかもしれない。単なる思い付きにしては、壮大すぎる。

成功しているとは言いがたいが、セキュリティ・ホールに気づき、必死でパッチを当てようとしたのが仏教であった。仏教によればまず、「苦」の構造が分析され、それが、欲望に基づく苦、無知に基づく苦、人間存在そのものに根ざす苦、無常に基づく苦からなることが述べられる。こちらに書いたことも参照されたい。

さらには、無常、無我、四諦、八正道、中道、法、縁起、涅槃、戒、平等、慈悲と説かれるが、私はやっとこれらを勉強しようとしているところで、説明などかなわない。ともかく、人間の暗部にアプローチする仏教の心意気は感じられる。

しかし、LTTEに述べたように、仏教徒のテロリストもいるので、セキュアな宗教である仏教もフックから逃れられない。人間の業の深さは計り知れないというところだろうか。

ノーベル化学賞

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、鈴木章・北海道大名誉教授がノーベル化学賞を受賞した。以下、引用:

スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、10年のノーベル化学賞を、医薬品や工業製品の製造に欠かせない有機化合物の革新的な合成法を開発した鈴木章・北海道大名誉教授(80)、根岸英一・米パデュー大教授、米デラウェア大のリチャード・ヘック博士ら3人に授与すると発表した。日本出身者の受賞は08年の南部陽一郎氏(米国籍)▽小林誠氏▽益川敏英氏=いずれも物理学賞▽下村脩(おさむ)氏=化学賞=に続く快挙で、化学賞受賞は2年ぶり。日本人受賞者数は、南部氏を含め18人(医学生理学賞1、物理学賞7、化学賞7、文学賞2、平和賞1)となった。授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億2800万円)が贈られる。

日本人のノーベル賞候補として書いた記事に、鈴木章氏がリストされていた。しかし、化学は門外漢なので、こうしてWebをみて鈴木章氏のことをブログに書いていても、ほとんど記憶に残っていなかった。

同様の意味で、根岸英一氏のことは全く聞いたことがない。

一方、根岸氏はパラジウムまたはニッケルを触媒として使い、炭素同士を結合させる反応を77年に報告。これは「根岸カップリング」と命名された。
というのをみても、ああそうなの、という感じである。


ところで、1つ気になるのは、

パラジウムを化学反応を仲介する「触媒」として使い、有機ホウ素化合物から目的の有機化合物を効率的に作る方法を確立。この反応は「鈴木カップリング」と名付けられた。
とある件である。


というのは、上記の私の過去のブログ記事によると、"鈴木・宮浦カップリング"とある。宮浦氏はどうなったのだろうか。調べてみると、宮浦氏とは、北海道大学工学部応用理工学系学科、有機金属化学研究室教授の宮浦憲夫氏のことであって、あれれ、ノーベル賞は、宮浦氏を外していいのだろうか、根岸英一氏の代わりに宮浦憲夫氏にノーベル化学賞を授与した方が平穏ではなかったか、と思ってしまう。

さらにややこしいのは、根岸カップリングは1977年、鈴木・宮浦カップリングは1979年で、パラジウム触媒を使った有機カップリングという意味では、根岸氏が先駆で、やはり根岸氏は外せない。だったら、根岸・鈴木・宮浦の三人の受賞でもよかったのではないか、というのは日本人の欲目か。

そういう意味では、昨年のノーベル物理学賞を西澤潤一が貰えなかったのも実に遺憾で、ノーベル賞とはなんと罪作りなのだろうか。

放射線

| コメント(2) | トラックバック(0)

何度も書いたように、大学の専攻は一応物理学なので、物理実験の授業が必修だった。そこで、ガイガー・カウンタで放射線を測定する、という実験もあった。プラスチックの容器にモールドされた放射性物質(コバルト60やストロンチウム90などだったような気がする)をガイガー・カウンタに近づけると、カリカリと音がするのが面白かった。こうすると子供ができなくなるぜ、とその放射性物質の容器を下腹部に近づける真似をしたりしていたが、今考えると大変危険で、自分ながらその馬鹿さに呆れてしまう。

ともかく、そういう経験をしていると、少なくとも、文系の人よりは放射性物質とは何か少しは分っていると自負していたが、最近、「核兵器のしくみ」山田克哉著、講談社現代新書を読んでみて、実は放射線や放射性物質のことが何にも分かっていないことに気付き、改めて自己用にメモしてみることにする。

先ず、アルファ線で、これは、陽子2個と中性子2個からなる。放射線としては、とても粒度が大きい。陽子2個と中性子2個とはヘリウム原子そのものである。アルファ線を放射するのは、典型的にはウラン238である。天然のウランは、99.3%がウラン238で、0.7%がウラン235。原子爆弾として利用されるのは、わずかしか含まれないウラン235の方で、そこで原爆製造の苦労がある(簡単にできない方がいいかも)。そして、メジャーなウラン238が放出するのがアルファ線で、92個の陽子と146個の中性子を抱えるウラン238の原子は、自分が重くて仕方がない。なんとかエネルギーを放出して身軽になりたい。そこで、アルファ崩壊によって92個の陽子と146個の中性子をもつトリウム234になる。このウラン238の放出による半減期がすさまじく長く、なんと45億年である。すると、アルファ粒子のエネルギの大きさに鑑みると、1個の原子がアルファ粒子する確率は、ベータ崩壊などと比べると、あまり大きくないのだろう。アルファ線の特徴は、大型の荷電粒子であるため、とても物質との反応性が強いことである。例えば、紙一枚でも遮蔽されてしまう。なかなか遠達しない。反応性の強さは毒性の強さでもある。すなわち、もし人間が吸い込むと、アルファ粒子は肺で止まって胚の細胞と反応し、高い確率で肺癌を引き起こす。

次はベータ線である。アルファ崩壊のメカニズムというのは、おそらく、原子核物理学の精華であるはずなのだが、面倒なのか、素人向けに説明されることがない。ところが、ベータ線を放出するベータ崩壊は、ワインバーグ・サラムの電弱理論で説明される。すなわち、中性子が崩壊して、陽子と電子と反ニュートリノになる。なんで反ニュートリノなのかさっぱり理解できないが、ともかく、その電子がベータ線の正体である。別の観点からいうと、原子は、中性子が多すぎると不安定感を感じる。だから、中性子をベータ崩壊させて陽子にしたがる、と擬人的に言うこともできる。ベータ線は、アルファ線ほどのエネルギをもたないので、アルファ線ほどの危害を人体に及ぼさない。それでも、人体の細胞を構成する原子の電子を跳ね飛ばしてイオン化させ、癌化させる。

次はガンマ線である。ガンマ線と大層に言っても、結局は、光と同じ電磁波にすぎない。すなわち、原子のある軌道にある電子が低い準位に落ちるときに出す電磁波で、レーザーが光を出す原理と基本的には同じである(のだろう)。とはいえ、普通の光との違いは、その高いエネルギである。すなわち、電磁波は波長が短いほどエネルギが高い。ガンマ線も、原子を構成する電子を跳ね飛ばす作用をもつ。それは染色体異常をひきおこす。

アルファ・ベータ・ガンマは、団子三兄弟ならぬ放射線三兄弟なのであるが、これ以外に、中性子線というのもある。すなわち、中性子を過剰にもつことで不安定な原子はともかくも中性子を減らしたいのであるが、なにかの手段で洗脳または教化して、中性子を陽子に変換するのがベータ崩壊なのであった。ところが、ペルソナ・ノン・グラータを国外追放するように、原子は中性子を放出してもよいわけで、そうして出てくるのが、中性子線である。中性子の放出メカニズムも、原子核物理学では説明については解決済みであるに違いないのであるが、複雑なのか、素人を飽きさせないで説明できないのか、ここでは説明されない。中性子線も当然に人体に有害であって、まず高速の中性子線は、細胞を構成する原子に含まれる陽子を跳ね飛ばしてイオン化させる。低速の中性子線によって、細胞を構成する原子に中性子が取り込まれる。すると、原子で中性子が過剰になるので、原子はベータ崩壊を引き起こす。これもまた、癌や白血病の原因となる。

すると、以前書いた、生物はなぜ放射線に弱いのかの議論に戻る。核兵器によってもたらされる高温、高圧は、ある意味通常の爆弾と変わるところがない。ところが、核兵器から出される放射線による人体への影響は誠に隠微であって、すべては、細胞が発癌性を内蔵するところに、細胞の放射線に対するvulnerabilityがある、ということになる。もし人類が、というよりも生物が発癌性をもたなければ、広島の原爆によって亡くなる人の数は数分の一だろう。初期の熱放射で火傷し、あるいは爆風の物理的被害で亡くなるだけである。

しかし、と思索は続くのであるが、発癌性は、細胞の分裂と成長に本質的であり、そもそも発癌性のない生物は生きているとはいえないと言ってよいのではないだろうか。

戻って、放射線とは、アルファ・ベータ・ガンマと中性子線だけなのかというと当然に否である。素粒子の流れという意味ではニュートリノ線があり、それは日々人体を貫通しているが、多分何も人体との相互作用はない。それでは人体と相互作用するものとして、陽子線、中間子線というのも当然にありえるが、それは粒子加速器などで人工的に作らないと、自然には存在しないということである。もっと言うと、ニュートリノ線が人体に影響を及ぼさないというのは単に効果を人類が知らないだけかもしれず、その他、ダークマター線なども考えられるが、段々思考が発散しベータ崩壊してきたのでここらあたりで止めておく。

相性

| コメント(0) | トラックバック(0)

内向性、外向性というのは、言い古された心理学の概念で、今更論じる余地はない。それは要するに、属人的な性格に帰着される。ところが、かなり無理があるけれども、全てを相性で解釈しなおす議論に想到したので、記述してみる。

すなわち、相性の理論によると、内向性というのは、世間で相性のよい相手が少なく、外向性というのは世間で相性がそれなりによい相手を容易に見つけることができる、という特徴づけを行う。

では相性がよいとはどういうことかというと、トランシーバでの通信のようなものである。すなわち、こちらが送る電波に相手がチューニングでき、逆に、相手が送ってくる電波にこちらがチューニングできる。そうやって相互の通信が可能となる。黙っていてチューニングできればいいし、そういう相手もいないこともないだろうが、大抵は、周波数を相手にあわせて変更する必要がある。

ここで周波数という言葉が出てきたが、大抵の固体構造物が固有周波数をもつように、人間もどうも、固有周波数をもつらしい。そして、固有周波数の高さが、霊格の高さと比例する。

ところで、誤解なきように付言するが、霊格の高さと、頭のよさ、能力の高さ、現世で成功する力とは何の関係もない。寧ろ。霊格が高いと、現世にいて、とても違和感が強い。だから、霊格が高いと却って現世で割りを食うともいえるが、実は霊格の高さと現世での成功は、独立である。

なぜ独立かというと、固有周波数が高い人でも、一時的に、固有周波数を下げることができることがある。すると、現世にマッチして成功を収めることができるからである。

ところが、固有周波数を下げる能力というのは、かなり人による。だから、固有周波数が高いままでほとんど下げられない人もいれば、固有周波数が高くても、下げるのを得意とする人もいる。固有周波数を下げる能力というのは、世間にもまれて修行することで、ある程度つくものらしい。

例えば、有名な古代霊であるシルバーバーチは、固有周波数が高すぎて地上と交信できない。そこで、固有周波数が少し低いインディアンの霊を中継にして地上と交信する。それにしてもシルバーバーチは、必死で固有周波数を下げている。固有周波数を下げるのが比較的得意なので、シルバーバーチは、地上との交信役を仰せつかっているわけである。

固有周波数の別の属性として、一方向性がある。すなわち、固有周波数を下げるのは相対的に容易であるが、固有周波数を上げることは極めて難しい。これはどういうことかというと、例えば、女遊びやギャンブルに染まっている、いわゆる固有周波数が低い人は、つつましく生きている固有周波数が高い人の生き方が理解できないだろう。あんなことして、何が楽しいと思うに違いない。しかし、固有周波数が高い人は、女遊びやギャンブルがそれなりに楽しいという気持ちは、ある程度は理解できる。理解できるどころか、何かの間違いで魔が差すと、そちらに陥ってしまう危険性はあるが、固有周波数が低い人が間違って?恬淡たる生活に陥ることはまずない。

以上の準備の下、戻って、内向性とは、固有周波数を下げる能力が低いことを意味する。固有周波数を下げられないと、相手にあわせられない。それで、付き合いを減らして、孤立することを好む。固有周波数がもともと低い人、固有周波数を下げるのが得意な人は、楽しく付き合う相手をみつけることに苦労しない。こういう内向性の人の苦労を、外向性の人は多分絶対に理解できない。それで、内向性の人を、人間が練れていないなどと批判する。

しかし、人生の目的は多分、苦労して固有周波数を下げる能力を鍛えることが第一義ではない。第一義なのは、人生の辛酸を嘗めることで、固有周波数を上げることである。固有周波数を上げることはおそらく、固有周波数を下げるよりも何百倍も難しい。

別の観点から、人間固有周波数論を論じてみよう。物理学などでよく、フーリエ級数という概念が用いられる。これはすなわち、固有振動数の整数倍の重畳として記述されるものである。すると、単一の固有周波数といいながら、実は人間も複数の周波数の重畳である、ということになる。すると、霊格が高いといいながら、実は、その固有周波数の1/2、1/4の成分も含んでいるのかもしれない。そのことが、遠藤周作の名著「影の現象学」にある影に対応するのかもしれないが、いまはとりあえず、試論として書いておくに留める。

囲碁ソフトとの対戦

| コメント(4) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、藤沢里菜初段が囲碁ソフトを六子で負かしたという。以下、引用:

史上最年少でプロの囲碁棋士となった藤沢里菜初段(12)が2日、囲碁ゲーム国際大会で優勝した「最強コンピューター棋士」と対局し、打ち負かしてプロの面目を保った。

対局は、金沢市で開催中のコンピューターゲームの国際大会の一環として行われた。藤沢初段は、故藤沢秀行名誉棋聖の孫で、今年4月、11歳6か月でプロになったばかり。対するコンピューターは、台湾人の囲碁ソフト研究者・黄士傑さん(32)が開発した囲碁ソフト「Erica(エリカ)」。

対局はエリカが先に6目置くハンデ戦で行われ、藤沢初段が確実に陣地を取る手堅い試合運びで中押し勝ちした。試合後、藤沢初段は「コンピューターは中盤で1手、定石にない手を打って自滅した」と余裕のコメントをした。

プロに六子で打つというと、アマ三段くらいの手合いか。私の囲碁ソフトに関する知識と言えば、約2年前に自分で雑誌の記事をメモしたモンテカルロ木探索法程度しか知らない。この2年間に当然に囲碁ソフトでも技術革新があったに違いないのだが、Webを検索してみても、囲碁ソフト「Erica」のアルゴリズムのことは見つからない。将棋のボナンザのようなオープンソースを利用していないのであろうか。

また、素人考えでは、囲碁では、ボナンザのような学習的評価関数法は使えないのだろうか。局面の数が組み合わせ爆発するのだろうか。

あと、Webを検索してみると、将棋は肉薄されてきたが、囲碁は当分人間はコンピュータに対して安泰だろうという記事をみるが、寧ろ、コンピュータ囲碁の歴史がこんなに浅いのに既にアマ三段まで来ていることに脅威を感じるべきである。また、囲碁の方が将棋より広いという言い方は一面しか見ていなくて、将棋は無限手の棋譜がありえるが、囲碁はコウがあっても結局有限でゲームが終わることを想定すると、そうもいえない。すると、まだまだ革新的なアルゴリズムがありえて、最後は数値で勝負が決まる囲碁のほうが実はよりコンピュータに馴染むという可能性もある。

LCCの羽田進出

| コメント(4) | トラックバック(0)

以前にもLCCで触れた格安航空会社てあるが、新聞によるとついに、LCCの中でも大手のエアアジア(本社マレーシア)が、羽田に進出する。12月9日から、羽田-クアラルンプール間の就航だという。キャンペーンとして、10月末までの早期予約だとなんと、片道5000円、旅行嫌いの私ですら、つい、マレーシアに行ってみようと心が動く。おっと、パスポートが切れていたことを忘れていた。

LCCは、着陸料が安い空港を使うのが定石で、それがゆえに、不便な茨城空港も注目されているのであるが、羽田の着陸料は、成田よりも、関空よりも高い。それなのになぜ羽田なのかというと、エアアジアのCEO、アズラン・オスマンラニ氏によると、着陸料の高さにも拘わらず、羽田のネットワーク機能に着目したのだという。

なぜなら、羽田からは、日本のほとんどの空港に飛ぶ便がある。そこで、羽田をハブにしてアジアからの日本観光ツアーを組めば、集客が見込める。

LCCの戦略というのは、前にも書いたが、もう一度書くと、

  1. 客室乗務員の数を減らす
  2. 機内食を有料化
  3. 座席を狭くして、例えば35%客席を増やす。
  4. 燃費のよい、中・小型機を駆使する。
  5. 着陸料が安い空港を使う。

エアアジアは、5番目の条件に目をつぶって、日本進出を果たした。ただ、エアアジアは、クアラルンプール-ロンドン便も2万円程度で運航するというが、なにしろ13時間の航路で、普通のエコノミーよりも狭い座席だと、結構苦しいかも。しかし、安いなら、私だったら懸命に我慢する。

現時点の、日本でのLCCのパフォーマンスは、以下のとおりである。

路線LCCの最低価格大手の最低価格
東京-
クアラルンプール
エアアジア
28000円
日本航空など
90000円~100000円
成田-
ケアンズ
ジェットスター航空
45000円
カンタス航空など
100000円から
関西-
ソウル
済州航空
15000円
全日空など
30000円~40000円
福岡-
釜山
エアプサン
11900円
大韓航空
20000円~30000円


こうやって、羽田にLCCが乗り込んでくると、当然に大手は価格競争に晒されるし、地方空港経由で羽田に飛んでいた便も影響を受ける。悪貨が良貨をというのとは違うが、しかし、低価格化は避けられないであろう。

これもまた、数理科学「南部陽一郎特集」号に書いてあったネタであるが、南部陽一郎氏によれば、物理学のアイデアの出し方には、代表的に、湯川モード、ディラック・モード、アインシュタイン・モードの3種類があるという。そこで以下、それぞれについて記述してみる。

  1. 湯川モードとは、古い枠組みをしっかり使いつつ、新しい粒子を導入するものである。例えば、湯川は、伝統的なゲージ理論を土台にしつつ、新粒子である中間子を予言した。言い換えると、新しい現象に出会ったとき、その背後に何か新しい粒子があると考え、その数式を見つける。現象からのボトムアップの方法であり、理論は後追いである。
  2. ディラック・モードとは、理論の数学的構造を緻密に追及することにより、自然に新概念に行き着くものである。例えば、電子の運動方程式を、対称性をしっかり維持しながら緻密に追うと、陽電子の存在に行き着く。ディラック・モードでも、モノ・ポールの存在が予測される。そういう意味では、湯川モードと似ているが、あくまでも、方程式の数学的構造からの予測である。
  3. アインシュタイン・モードとは、理論からのトップ・ダウンである。例えば、特殊相対性理論の光速度一定というのは、マイケルソン・モーリーの実験からの示唆であるにしても、普通は思いつかない。物理現象としてとても考えにくいからである。一般相対論などさらに思弁的で、なにかそれを示唆する物理現象があったわけではない。寧ろ、数学的な公理系に近い。水星の近日点移動の説明により、一般相対論は一気に認知されるに至った。

南部陽一郎氏の現代物理学に対する影響力に鑑みると、これ以外に南部モードというのを想定してもよいと思われるが、ご本人は南部モードについて語っていない。強いて言えば、南部モードは、湯川モードを基調としつつ、ディラック・モードを取り入れ、少しだけアインシュタイン・モードを加味しているといえようか。

また、アインシュタインの晩年の惨めさも、アインシュタイン・モード自身から説明される。すなわち、理論からのトップ・ダウン・アプローチだと、現象を取り入れて、アイデアを豊饒化するステップがなくなり、アイデアは枯渇する虞がある。後年のアインシュタインは、重力と電磁場だけを統一しようしていて、それも隘路に落ち込んでいた。

さらに、日本のノーベル物理学賞受賞者で、湯川と朝永はどちらが偉大かという議論が以前よくなされたが、最早勝負はついていて、それは断然湯川である。なぜなら、湯川の手法はその後、泰然たる素粒子論の流れになった。朝永の電磁場の量子論におけるくりこみの技法も、場の量子論の基礎の一部になったが、影響力の大きさは湯川に及ばないのではないか。

それでもどう考えても、南部の影響力は、湯川を下回るとは思えず、こうして、日本のノーベル物理学賞受賞者で、南部>湯川>朝永の序列は抗いがたいであろう。

1年後

| コメント(0) | トラックバック(0)

日刊スポーツによると、元横綱朝青龍関が日本に立ち寄り、「白鵬の連勝を止められるのはオレ」と激白したという。以下、引用:

元横綱朝青龍関(30)が27日、どの力士も横綱白鵬に勝てない本場所の土俵に痛烈なゲキを飛ばした。来日した成田空港で取材に応じ、62連勝中の白鵬を止めるのは誰かと問われると、現役力士の名前は挙げず「オレ」と一言。自分が引退してから、誰も白鵬を止められない危機的状況をずばりと指摘。遠慮なく、本質を突き、自身の存在感を見せつけた。

角界OBとして、誰も白鵬を倒せない現状は、物足りなく感じたのか。シンガポールから日本に戻ったこの日早朝、成田空港で元朝青龍関が、本音を言った。「白鵬の連勝を止められるのは誰だと思いますか?」と聞かれると、少し考えた後「オレ」と一言、表情を変えずに言った。

短い言葉に、深い意味が込められた。モンゴルの後輩ら、現役力士の名前は挙げられなかった。引退した力士は、もう白鵬とは戦えない。あえて「オレ」と言ったのは、元横綱の負けん気の強さと、自身の引退後は、誰も対抗できない角界の問題点を、ズバリ指摘した形になった。

この記事をみて、どうしても、約1年前の相撲観戦という自分の記事を思い出す。あの場所では、千秋楽で、朝青龍が全勝、白鵬が1敗で追走していた。最高に盛り上がった場所で、満員御礼の嵐だった。結局千秋楽の結びの一番で、白鵬が朝青龍を破って決定戦に持ち込み、決定戦では四つ相撲で朝青龍が白鵬を倒すという近年稀な盛り上がった場所であった。あれがたった一年前であってみれば、「白鵬の連勝を止められるのはオレ」と思うことも、そんなに無理ではない。

その後の大相撲の急転落を誰が予想しただろう。そして、何よりも、朝青龍の引退騒動を、である。

朝青龍の引退後、やくざ騒動、賭博問題と、そこまで追求しなくてもよいのにという叩かれ方で、相撲協会は落ち込んでいった。名古屋場所放送自粛など、普通ありえない。大して相撲のファンでない私も、なんであそこまで、相撲協会を目の仇にしなくてはならないのか、未だに理解できないでいる。

そういえば、民主党の党首、鳩山総理(当時)は、華麗なる奥方を伴って、千秋楽の観戦に来ており、周囲から歓声が飛び交い、人気絶頂であった。こんな短い間の凋落を誰が予想しただろう。尤も、その当時既に私が民主党の政務執行能力に疑問をもっていたとしても、それは何も卓見ではなく、多くの人に共有されていたものであった。

それにしても、ドッグイヤーとはいえ、こんな短期間に物事が急展開するものか、と中年まっしぐらの私も感慨に浸るのであった。

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。