ダイエット本

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞によると、講談社が、ダイエット本の出版を巡り、訴えられたという。以下、引用:

独自のダイエット法で知られる韓国の主婦チョン・ダヨンさん(43)のベストセラー「モムチャンダイエット」を巡り、チョンさんと専属契約を結んでいる韓国の会社が、契約を交わさず一方的に翻訳本を出版されたなどとして、発行元の講談社に出版の差し止めと約1700万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしていたことが分かった。提訴は7月5日付。

講談社広報室は「出版の経緯に何ら問題はない。裁判で事実を明らかにする」とのコメントを出した。

この事件についてのコメントはともかく、どうもダイエット本というのは売れるらしい。楽して痩せたいと思っている人は世の中にあまりに多く、だから、私が15キロも痩せたというと、大抵の人は、ええっ、どうやって?と聞きたがる。

でもおそらく、楽して痩せるという秘訣は多分ない。私の場合、たまたま欲望を滅却できて、食べなくても平気になっただけである。しかも、なぜそうなったのか全く説明できない。

大抵の人がダイエットに失敗するのは、きれいになりたい、異性にもてたい、食べたいものを好きなだけ食べて尚且つ痩せたいなどと、物欲を鼓吹しながら、ダイエットに励むからである。それは、スパイを自宅に連れ帰って、誰も聞いてないと思い込んで、国家機密をしゃべるに等しい。

言いにくいことをあえていうと、少しくらい痩せたくらいで人は美人にならないし、健康にもならない。寧ろポッチャリ美人というのもあるし、少し太り気味でコレステロールが基準値より高い方が却って長生きという説も最近ではあるくらいである。

ダイエットはだから、その手のサロンと、出版社を富ませるだけである。では君はなぜダイエットしたかと聞かれるに決まっているので、言い訳のため先日、拙文を書いた次第である。全く説明になっていないのだけれども、実は。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1988

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年10月 9日 01:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「霊的場の量子論」です。

次のブログ記事は「ノーベル平和賞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。