囲碁界

| コメント(9) | トラックバック(0)

アマチュアとはいえ長年将棋に親しんできたので、私は、将棋については、名前を知らないプロはいないし(最近はそうでもないか)、なんでも将棋との比較で考えてしまう。だから、最近囲碁に親しむようになると、どうしても将棋との対比が気になる。

特に先日、ええっと思ったのは、新聞に掲載されていた、囲碁の女流棋士、羽根しげ子さんのエッセイである。羽根という姓を聞いてピンとくる人がいるかもしれないが、羽根直樹九段の奥さんである。それは「学校と私」というタイトルで、なぜええっと思ったかというと、高校進学に、「行ってやるぞ」と決意して行ったというくだりである。

羽根さんは「囲碁の世界は学歴が関係ありません。」というが、将棋だってそうである。なのに羽根さんは、夫も高校に行ったことを自慢げにいう。

しかし、将棋のプロの世界では、だいたい高校に行くのが普通で、あの羽生でさえ、普通に行っている。「行ってやるぞ」なんてわざわざ決意して高校に行く人はまずいない。それどころか、将棋のプロでは最近、大学生が増えている。先日王位のタイトルをとった広瀬六段は、早稲田大学の現役であり、中村太地四段もそうである。糸谷五段など、大阪大学で哲学を勉強している。もっと言うと、片上六段など、棋士の身分のままで東大法学部に合格して、きちんと卒業した。丸山九段は、名人在籍の経験もあるがやはり早稲田大学卒である。加藤一二三九段もそうである。

囲碁だって大卒高学歴の棋士は沢山いるではないかと言われるかもれない。例えば、石倉九段は東大法学部出身だし、先日碁聖のタイトルをとった坂井七段は、京大医学部卒で医師免許までもっている。

しかし、これは意味が違う。囲碁では、アマチュアとして大学生を過ごし、卒業してプロ試験を受けてプロになるパターンである。囲碁は、大学卒業したアマ強豪にも、かなり広めにプロへの門戸が開けている。

なぜ囲碁のプロで現役のまま大学に行く人がほとんどいないのかというと、多分次のような理由による。

  1. 四段からやっとプロになる将棋に比べ、囲碁は初段でプロであり、すると若年のプロが沢山いることになる。若年のプロは、なかなか学校生活と対局を両立させることが難しい。
  2. どうみても、囲碁の方がプロになりやすい。逆に言うと、将棋では、プロを目指して結局プロになれないというケースが囲碁よりはるかに多い。すると、将棋のプロは、大学に通うことで、プロになれないリスクをヘッジしようとする。
  3. 囲碁で一旦プロになると、レッスン・プロで食べていきやすい。面倒な高校入試・大学入試なんて、考えなくても潰しがきく。

あと、羽根しげ子さんの兄は松岡秀樹八段でやはり囲碁のプロである。一方、夫の羽根九段は、いわずと知れた、父親が囲碁棋士である。他にいくらでも例を挙げられるが、囲碁界では、親子棋士、兄弟棋士が沢山いる。これはやはり、囲碁の方がプロになりやすい、ということが大きいと思う。兄が囲碁をやるなら私も、という決意で努力してプロになれてしまったりするのである。

さらに当然のように、古くは杉内夫妻のように夫婦棋士も結構いるが、夫が囲碁棋士の場合、妻はプロでなくても、囲碁インストラクター、囲碁ジャーナリストのようなパターンが、多い。山下道悟本因坊と、高梨聖子など有名である。高梨聖子は、囲碁将棋チャンネルの囲碁の番組に出ずっぱりである。将棋ではそういうパターンはあまり多くない。また、兄の高梨聖健は、囲碁プロ棋士、八段である。ううん囲碁だらけ。

そうしてみると、囲碁界というのは将棋界よりも、同族傾向が強く、意外に閉鎖的といえないか。海外に普及したりするので、将棋よりも開けていると考えたいところだが、必ずしもそうとはいえないかもしれない。

ただ、伝統という意味では、将棋は独自性が強い。例えば、実際に対局した手順を将棋では本譜というが、これは、将棋を知らない人にはなんのことだか分からない。一方囲碁では、実戦という。これはあきらかに、一般用語で分りやすい。局後の検討も、将棋では感想戦という。これも、将棋を知らない人にはなんのことだか分からない。囲碁では、局後の検討、とそのままである。

また、囲碁は、椅子席でのプロ対局も許すが、将棋は畳の席での対局にこだわる。伝統を重んじすぎる面がある。

してみると、囲碁は結構内輪志向が強く、結婚相手も同じ業界内でまかなおうとする。子供もなるべく囲碁のプロ棋士にしようとする。それか結構できてしまう。そのコアのところで、囲碁以外に興味をもたない。だから、高校進学や、大学進学もあまり考えない。ところが、コアから外れるところでは、積極的に外に働きかける。普及に熱心だし、小林千寿など、ヨーロッパなど海外普及に半端ない努力をしている。いや、コアから外も、とても囲碁中心に動く。

だから、将棋の棋士が将棋バカである以上に、囲碁棋士は、囲碁バカである、と言える。言い過ぎか。故藤沢名誉棋聖もその延長線上にあるのか。私の観察によれば、囲碁棋士で将棋が好きな人は少なくないが、その棋力は大したことない。もしかして、この私程度の将棋に勝てる囲碁棋士はほとんどいない。将棋の棋士の囲碁はもう少しましなレベルのようである。例えば、河口五段は、激戦区神奈川県の囲碁の代表になった。故真部九段なども、おそらく県代表の力はあっただろう。半端ない努力を囲碁に注いでいた。

ここまで書いて、道を歩いているとき、国際的局所性という概念が浮かんだ。すなわち、ネイティブな英語話者である米国人、英国人は、世界のどこに行っても相手が英語で話してくれるので、外国語を覚える必要がなく、従って、米国人、英国人は、物好きな人以外外国語や外国文化を勉強しない。その結果、グローバリズムを提唱しながら、とても視野の狭い人間ができあがる。世界を飛び回ることは意外に視野を広げない。これは囲碁棋士にもいえて、白黒だけで操作できる囲碁というゲームは、そのままで世界に普及していき、そこにも国際的局所性が成立してしまう。という考察に多少の妥当性はないだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1994

コメント(9)

視野が狭いのはあなたですよ。
ちゃんと囲碁のプロになるための条件を調べて囲碁の事をちゃんとリサーチしてからおっしゃってはどうですか?
大して調べもしないで囲碁界の事を語ってもらっては困りますブログという性質上多くの方の目に触れることになります。間違った知識を書くとその間違った知識が広がるという事象の想像はつかないのですか?
ちゃんと調べて正しいことを述べて比較しているのなら何も言いません。しかしあなたがおっしゃっていることは間違いすぎています。
もう一度言います。
きちんとリサーチをしてから書いてください

すいません、今後の参考にさせて戴きますので、私の囲碁に関する認識のどのあたりが一番妥当性を欠くのか指摘いただけないでしょうか。少なくとも、将棋のプロになる方が囲碁のプロになるより難しいというのは、世間的に認知されていることのように思いますが。

囲碁のプロになるのは将棋より厳しいから大学卒業後にチャレンジを1度するぐらい、将棋は大学やりながらでもやれるくらい囲碁よりも緩いからやれる
あと大学入るような高年齢でプロになれるような人は囲碁界では稀で、なったら厳しい世界だから大学やりながらは厳しい!中国の囲碁界では小学生が学校の勉強ほとんど教わらずに囲碁を教わっていて、そんなのに勝たないといけないので将棋より遥かに厳しい世界!囲碁は将棋と違って大学でプロに何てそもそも目指せる年齢じゃないし、院生も18歳までしか居られない!10代前半でプロが普通の世界だから、緩い将棋と違ってまず大学現役プロは比べるには余りに条件が違いすぎる!囲碁のレッスンプロなどは最も稼げない囲碁家業、教室などもそう!囲碁はほんとに幼い頃に教わって、放課後も友達と遊ばず学校の勉強全くやらずにやってプロになれない世界だから、親子はでプロとかが多いのは才能の遺伝とプロによる指導が大きいから!
夫婦は単に同じ囲碁棋士での結婚が多いだけ!

それにそもそもプロ試験受ける規約的に大学卒業後になるから現役すくない、それにやっぱり年齢高すぎてなるの厳しいし、なったとしても上に行くのは厳しい!

将棋のプロも中国の囲碁教育厳しすぎると言っている。
これはYouTubeで見れる。
それはもちろん囲碁の方が読みの力も将棋より必要で、感覚や知識の量も圧倒的に多く必要な能力が将棋より多いからこうなるのは普通だけど。

16歳や17歳になったらプロ試験受けれる院生でもプロを諦めていくような世界!

石倉さんや坂井さんは1割の半分にも満たないような稀な高い年齢でのプロ入りの人、多くないよー
そんな年齢で囲碁のプロはまずなれない!
囲碁も感想戦です(笑)
あなたは書いてることの1割も合ってない(笑)
あなたも稀なケース(笑)

すいません、下記のように書かれていますが、あなたの囲碁と将棋の段位を
きちんと教えて下さい。おそらく囲碁も将棋もプロ並みなのでしょうね。
でないと下記のことは言えません。

> それはもちろん囲碁の方が読みの力も将棋より必要で、感覚や知識の量も圧倒的
> に多く必要な能力が将棋より多いからこうなるのは普通だけど。

囲碁も将棋もどちらも難しいと私は思いますし、盤の上で競うというのが同じだけで競技も元々のルールさえも違うというのに比較してそれをネットで書くのは、囲碁や将棋に興味があってやってみたいな、ちょっと調べてみようかなと思う方々や、将棋大好き!な方や囲碁大好き!な方のの目に入る可能性があるネットでは書かない方がいいんじゃないかなって私は思います。

実際に調査してる方や、数字がはっきり出ている場合なら別ですが、それこそ将棋や囲碁のプロの方でも、お互いのプロになる大変さ、プロになってからの収入を得る大変さなんて個人個人違うわけですし、本当の気持ちなんてわかるわけないんです。
たとえ将棋の棋士も囲碁の棋士もお互いの大変さなんて自分は相手にはなれないので理解なんてできません
伝えてもわかってもらえたかなんてわかりませんよね、捉え方は人それぞれですし、いくら言い合ってもいつ終わるんだってなると思うんですよね。

友達や家族、知人などに自分の意見を話すのは個人の自由ですが、実際に何百人、何千人、またはほかの国も調査した結果があるわけでも、科学的な数字があるわけでもない中でネットに載せてしまうとどうしてもいろんな意見が寄せられて喧嘩になってしまう可能性があると思うんです。
自分も相手も嫌な思いはしたくないのは一緒です。じゃあ見なければいいじゃないかって意見があるかもしれませんが、なかなかそうはいかないのがこのネット社会というか、人間というか

つまり何が言いたのかというと、ネットで自分で感じた比較意見を書くのは今回は囲碁でしたが、自分がそんなつもりはなくともそれぞれ好きで楽しんでる方々に喧嘩腰なのと同じように捉えられてしまうことがあります。
否定的に捉えられてしまう言葉はこのネットではしない方が賢明かもしれません。
長々と失礼しました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年10月13日 00:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地球に似た星」です。

次のブログ記事は「スキルの4層モデル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。