街場のメディア論

| コメント(4) | トラックバック(0)

日本辺境論を読んで、今更のように注目するようになった内田樹氏であるが、内田樹氏の休筆の件で、うん、なかなか筋を通す人だといよいよファンになった。だから、ミーハーにも、最近でた「街場のメディア論」光文社新書は、迷わず買ってしまった。この本は、今年の6月に書かれたものなので、当然に、例の休筆以前の著作である。

ところで、内田樹氏は、ここに書いたように、私がポジティブな妄想じゃなかった、憧れを抱く、かの神戸女学院大の教授なのであった。そして、「街場のメディア論」は、神戸女学院大教授での講義をもとに書かれているとなると、二重にこの本は「買い」なのであった。

まず最初は、「キャリアは他人のためもの」で始まる。そう、まさに、キャリアは他人に役に立つところのものであるからこそ、キャリアなのであって、自分がやりたいこと=キャリアとは限らない、と当然の論旨である。内田氏は、潜在スキルは、やってみてこそ顕在化するのであって、やってみないと自分では気付かないと指摘する。そして、他人のためを思って発揮されるスキルこそが一番力が発揮されるという。これは、実はスピリチュアリズムの本質なのであって、霊も魂も引き合いに出さないで、スピリチュアリズムの本質を述べている。

次は、「マスメディアの嘘と演技」、そして「メディアと『クレイマー』」。ここで、最近のテレビがつまらなくなった、という命題が唱えられる。それは、多くの人が言っていることであるが、内田氏はその理由として、マスコミ内批判精神のなさを挙げる。そのとおりであって、マスコミは、政府だの教育だのに鋭い舌鋒を浴びせるが、自らに対してあまりにも甘い。しかし、これでは自壊しかねない。

次は、「『正義』の暴走」と「メディアと『変えないほうがよいもの』」。ここの論旨は、私の保守性での議論と基本的に一致する。それは当然であって、ある程度常識的に考えると、どうしてもそうならざるを得ない。例えば、内田氏は、病院で、「患者さま」と、患者をクライアントして持ち上げ、市場原理をそこに持ち込むことを批判する。それで図に乗って、病院で不埒なことをする患者が出てくると指摘する。意味は違うが、それと似たことが私の周囲でも結構見かけられる。

次は、「読者はどこにいるのか」。ここで、電子書籍の限界も説かれるが、同感である。本の背表紙を眺めて、なんともいえぬ雰囲気に浸るのは、読書の少なくない楽しみである。あと、「本を読みたい人は減っていない」というのも、ううん、そうなのかも、と思う。さらに著作権の議論は得たりであり、社会全般として著作権法は無視しえないが、内田氏が個人として、Webに発表したものに著作権を主張しないというのは同感である。私だって、この一連のブログをコピーしようと改変しようと構わない。ただ、「こんな馬鹿な奴がいる」という愚弄モードでの引用は、できれば遠慮してほしい。黙認するよりないが。

それから、「贈与経済と読書」であるが、本を書くことと読むことを、コンピュータ・ソフトにおける、カンパウェアみたいな言い方をされていて、それは理想であるが、やはりそれは貴族主義で、出版以外に食べていく安定収入をもっている内田氏のような人をもってして、いえることではあるまいか。

最後に、「わけのわからない未来へ」。そうなのである。ここから私が勝手に本文の趣旨を無視して書くが、とりあえずは私が目下気になっているのは、2012アセンションに書いたことである。ここで私は、完全にマスコミのことから興味が離れてしまった。ともかく、「街場のメディア論」は、いい意味でクリアカットで、大変面白く読ませて戴いたのだった。まさに、内田氏が「わけのわからない未来へ」で挙げている、「自分宛ての贈り物」であった。この本を買うことでの印税がささやかなる返礼である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2002

コメント(4)

読書家の人で、電子書籍が嫌いな人は多いですね
僕もそうです。生理的になんですかねwww
最近中国が台頭してきてますが、歴史は新興勢力には厳しく
「ナポレオン、信長、ナチス、日帝」は徹底的に包囲網を
しかれ潰されていきます
でも中国は大きすぎますけど、、

> 歴史は新興勢力には厳しく
>「ナポレオン、信長、ナチス、日帝」は徹底的に包囲網をしかれ潰されていきます

なるほど、そういう見方もできますね。

> でも中国は大きすぎますけど、、

中国は、大きすぎて、自壊するのでは。安定な大きさというのがあって、それは案外日本程度かも。

大きすぎも良くないですね
中庸が大事ですね

>大きすぎも良くないですね
>中庸が大事ですね

そうですね、しかし、歴史も沽券もしがらみあって、なかなか思うようにいきません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年10月20日 00:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セクハラ・パワハラ保険」です。

次のブログ記事は「最後のメール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。