2010年11月アーカイブ

日弁連

| コメント(8) | トラックバック(0)

司法試験に書いたように、法科大学院構想も必ずしもうまくいっていないようである。もしうまくいっていないとしたらそれはなぜなのか、またそもそも、誰が主として法科大学院構想を推し進めたのかと考えていたら、「こんな日弁連に誰がした?」小林正啓著、平凡社新書が目に付いた。

小林正啓氏は、1962年生まれ、1990年に司法試験に受かった弁護士である。もともと小林氏はノンポリだったらしいが、淡々と、日弁連の凋落していく様を描いていく。

さて、ベトナム戦争の頃、米国帝国主義を悪とみなし、これに相対する共産主義を正義、あるいは善とみなす時代の趨勢があった。その頃の若手裁判官で、そのような時代の流れに染まり、自衛隊関連の事件を違憲として裁く裁判官が現れた。そういう一派は青年法律家協会(青法協)と呼ばれた。当然に国家は、そういうグループを好ましく思わない。

あるとき、その象徴的事件が起こった。宮本康昭判事補の任官拒否問題である。すなわち、左翼的な判決を行っていた宮本康昭判事補は、判事に着任することを最高裁によって拒否され、渋々野に下り、弁護士となった。そして宮本康昭弁護士は、弁護士コミュニティーで一躍英雄になったのである。こうして、日弁連自体が左傾化していった。

すると、旧帝国陸軍と海軍の対立ではないが、1970年から1990年の20年もの長きに亘って、日弁連の仇敵は裁判所であり、そのため司法改革は遅々として進まなかったというより、そもそも日弁連の議題にもならなかった。その間、弁護士の年間合格者数は500人程度で、弁護士は希少価値をエンジョイできた。

その間、1980年頃に、米国から外国人弁護士の活動の開放要求が来たが、日弁連は、なんとか、これを押し留めた。

その後、バブルの頃になると、渉外やビジネス法務系の弁護士が高い収入を得るようになり、折角司法試験に受かっても、判事や検事をめざさない傾向が増加した。そのため、特に検事の定員が満たされず。政府としては、これを、司法試験の年間合格者増加で対応しようした。

しかし、当然に日弁連はこれに肯んじえない。その論理は、人権派弁護士の保護にある。すなわち、人権派弁護士は手弁当を辞さず、安い報酬で頑張っているのに、弁護士を増やすと、人権派弁護士が食べていけなくなる、というものである。左翼が主流の日弁連では、当面それがまかり通った。

ところが、当時の最高裁長官、矢口洪一は、法曹一元をニンジンにして、日弁連に対して年間合格者増加の揺さぶりをかける。また、経済界でも、もっと弁護士を増やしてほしいという要望があった。

が、日弁連は全般的に年間合格者増加に反対である。それでも最高裁長官や経済界からの圧力とあっては、年間合格者増加を検討せざるをえない。合格者を1000人にするという要望に対して、トリッキーな手法でなんとか800人合格に落ち着かせようとした。そこには日弁連内の内部抗争があった。

ところが、あまりに意思決定が遅く、意見統一が難しい日弁連に、政府も経済界も業を煮やして見限り、外国制度を考慮して、法科大学院構想が次第にあらわれてきた。そして、いつの間にか、弁護士40000人体制だの、年間合格者3000人だの、根拠のない数字が横行したが、発言権を失った日弁連は、ただ結果的に座視することになってしまった。エース、中坊公平を会長に登用するも、結局、落ち目の日弁連を救うことができなかった。

こうして弁護士が余ってくると、仕事の争奪になって、弁護士トラブルが増える。

実際、今のような形式の弁護士だと、そんなに多くは必要なく、毎年2000人も受かっても、仕事を確保するのが難しい。民事裁判自体も減っているという。

そんなとき、日弁連は一体どんな構想を打ち立てるのだろうか。偏見かもしれないが、弁護士などの法律家は、グランドデザインを描くのが得意でないようである。すなわち、契約書の細かい文言にこだわり、そこから議論に発展させ法廷の駆け引きに持ち込むというのは、ある意味高級なクレイマーなのであり、どうしても森よりも木をみることになってしまう。

サル弁のようなやり方は、弁護士生き残り策の1つであるが、それはそれで相当のビジネス・センスを要するし、他の弁護士との軋轢も大きい。

今後司法界がどのような進展をみせるのか、私は提案などできる素養は一切ないので、黙って様子をみることにしよう。

微分と積分

| コメント(4) | トラックバック(0)

微分と積分といっても、数学の話ではない。それは数学の話として語るにはベタすぎて、よほど凝った話に導くしかない。すると楽々と私の技量を超えてしまう。ここでは、微分と積分をまくらにして、人事的というか、心理学的な雑談に持ち込んでみる。

さて昨今、不景気のあおりで、就職氷河期といわれる。就職というと、何社も面接にいって落ちた経験と、逆に、面接官として採用し、全く期待外れの人物だったという後悔があり、いずれにしてもよい記憶は少ない。

それで今更のように問うのだが、面接官は、受験者の一体何をみているのだろう。一応学歴、資格、学校時代の成績、サークル活動、趣味なのだが、それはどうみても、微分方程式の初期値のようなものであって、現時点のスナップショットである。一応面接官は、学歴、資格、学校時代の成績をもって、微分方程式のポテンシャル項とみなそうとするのだけれども、実際のところ、高学歴でも使えない例は数多あるので、せいぜいが尤度付きポテンシャル項とでもいうべきものである。

面接官が見落とし勝ちというか、本来的に見抜くことが難しいのは、微分項である。すなわち、微分項というのは、状況の変化に対応してあらわれてくる項なのであるが、面接の場で微分項を可視化するような状況の変化を作り出すことは難しい。

そのとき、可能なら見抜きたい微分項は、状況の変化に過敏に応答してしまう性格である。すなわち、すぐに気持ちが腐る、すぐに諦める、もっと注意を要するのはすぐに激怒する、ごまかそうとする、などの性格である。普通の面接では、こういう微分項の応答特性を調べることは不可能であるといってよい。

それでも、ちょっとした発言に対する応答で、怒りっぽさなどは少しは見抜くことができるかもしれない。ところがさらに本質的な微分項がある。それは、自己中心性である。これは、面接の場では、なかなか表にでてこない。うまい例が思いつかないが、ナビエ・ストークスの流体力学方程式の粘性項のようなものかもしれない。

すなわち、人の行動というのは、下手な摂動や近似を許さない、複雑な非線形微分方程式なのであって、どうのような結果をもたらすか、予断を許さない。そして、結果をみるためには、ある時間に亘って非線形微分方程式の挙動を眺めなくてはならない。そういう操作は、インテグラルは陽にでてこなくても、広い意味で積分である。

その非線形微分方程式の定量的性質を論じることは難しいが、ある程度分かっているのは、短いレンジではほとんど効いてこない、自己中心性のような特性が、長い時間をとってみると、とても大きく効いてくることになる、ということである。言い換えると、自己中心性が、行動方程式のエルゴート性の定量的側面を規定するのである。

自己中心性が難しいのは、それは一面、家族主義やよき父親としてあらわれるのて、大変好ましい側面として見えることである。ところが、非線形微分方程式が、自己中心性にネガティブ・フィードバックがかからないように定式化されていると、場合により、時間積分に対して破壊的な乖離となって現れるこることがある。

自己中心性以外にも、潔癖性、自尊心など、短期的には好ましいが長期的には破壊的な性質を示す特性があり、その積分は、事前には誰も解けない。しかも、ある種の擾乱に対してカオスを呈しはじめると、人智の判断を超える。

意味不明なことを書き連ねたが、言いたいことは要するに、人物評価というのは、どのような指標でも分からないということである。あるいは、当初本質的でないと思っていた心理的側面が後でずっしり響いてくることがある。そのような側面の一つに確実に、自己中心性がある、というのが重ねて言いたいことである。

ともかく、できることは、その積分を観察して、不適切であると判断した時点で、脱落させしめるようにシステムを構成しておくことである。ただ、問題は、自己中心性という高い粘性項をもつ輩が責任ある立場になると、そういうシステムのスクラップ・アンド・ビルド性そのものを無力化しようとする。そして最早、非線形微分方程式でも心理学でもなく、組織論であり、政治学に移行するのであった。

肥満防止薬

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞によると、米ジョンズホプキンス大などのチームが肥満防止薬を開発したという。以下、引用:

食事の量を減らさなくても体重の増加を抑える「肥満防止薬」を合成することに、米ジョンズホプキンス大などのチームが成功した。成果は18日付米サイエンス誌に掲載された。

チームは、人間や動物の中枢神経に作用して強い食欲を引き起こし、肥満をもたらすホルモン「グレリン」に着目。グレリンは特定の酵素の助けが必要なことから、この酵素を邪魔する物質を合成した。

この物質を注射したマウスと、しないマウスに高脂肪のエサを与えた体重を比較した。食べる量は変わらないのに、注射したマウスの約1か月後の体重増加は10%以内にとどまったのに対し、投与しないマウスは、20%程度体重が増えた。

合成した物質は食欲を抑えるのではなく、糖などの代謝能力を高めていた。摂取したエネルギーを消費して、体重増を抑えているらしい。

これを読むと、特定のホルモンに作用する低分子医薬ということで、まさに、創薬の定跡を地でいっているものである。

私の知る限り、肥満を防止する薬は、食欲中枢に作用して食欲を抑えるものと、代謝を促進して、脂肪などの燃焼を促すものしかない。ただ、食欲中枢に作用するといっても、麻薬的に脳内物質をコントロールするのは危険性が高いので、胃の充腹感を促進する繊維質のサプリメントなどが、効果は低いが安全であろう。

なお、唐辛子に含まれるカプサイシンが体脂肪を燃やすなどのダイエット効果があるという説が信じられているが、Wikiなどによるとこれは俗説で、信頼できる科学的データはないという。

この肥満防止薬でよく分からないのは、強い食欲を引き起こすホルモンに作用する薬のはずなのに、食欲を抑えるのではなく、糖などの代謝能力を高めていたというくだりである。すると、食欲を司るホルモンと、糖などの代謝能力を司るホルモンがも実は化学的に似ているという可能性もある。

そうはいっても、代謝能力を高める薬というのは、人体の生理作用にどのような影響を及ぼすのか、複雑な因果関係がからんでいて、相当な臨床試験を経ないと安全性は確かめられないだろう。よって、この薬が市場に出てくるには相当の時間がかかりそうである。

遊ばない社員はいらない

| コメント(2) | トラックバック(0)

ダイヤモンド社から、「遊ばない社員はいらない」高島 郁夫著という本が出たと、ダイヤモンド社のメルマガで通知が来た。

この本は多分買わないが、Amazonでの紹介を引用してみると、次のとおりである。

内容紹介
楽しさとファッション性で多くの消費者に人気のFrancfranc。創業は20年前で、いまでは全国に150店舗を構える上場企業で、著者の高島氏が社長を務める。流行に左右される業界で20年も親しまれてきた秘訣は、よく遊ぶこと。著者自ら、仕事は快楽であり、私が一番遊んでいると豪語する。
内容(「BOOK」データベースより)
仕事と遊びを分けない。人生はずっとONだ!Francfrancを展開するバルスを上場企業に育てた社長が語るホンネ仕事論。

こういうノリにはちょっとついていけない私だが、考えてみると、仕事の中で遊ぶということは私なりに実践してきたことなので、趣旨が外れるかもしれないが、ちょっとそれについて書いてみる

私の担当の仕事だと、コンピュータ・テクノロジ全般を理解したり、いろいろなツールを使いこなす必要がある。そのとき、私の性格だと、地道にマニュアルや解説本を読みこなすだけでは途中で飽きてしまい、なかなかマスターできない。そこで私がとった方法は、仕事中であっても、うまく遊ぶことである。

例えば、CPUのインテル8086のアーキテクチャを勉強するために、マクロアセンブラでツールを書いてみたが、折角なので、仕事中にアセンブラで、多倍長でπを計算するプログラムを書いて遊んだ。上司にばれていないと思っていたら、あとでしっかり苦情を言われた。多少はいいが、やりすぎはいけないと。それでも懲りず、当時凝っていたフラクタルの計算にも手を染め、グラフィックがからむので、速度は遅いが、BASICインタープリターで、シルピンスキーのギャスケット、ジュリア集合など、いろいろなプログラムを書いた。また、TSRの技術を使って、ある時間がきたら突然音楽を流すとか、画面を勝手に書き換えて乱すとか、あちこちのPCに常駐させて遊んでいたら、仲のよい同僚にさえ、いいかげんにしろと叱られた。どうも私は図に乗ってしまう傾向がある。

そんなコンピュータ技術の勉強と全く関係ない一発芸みたいなソフトとして、任意の俳句と、短歌の七七の部分を多数記憶させて、乱数で結合させて表示するとか、ただひたすら、「天下蒙御免」と画面一杯に表示するとか、失笑の嵐みたいなプログラムを書いたこともある。

そうやって遊んでいても、なんとか基準をみたす仕事ができていたので、当時はいい時代であった。こういう経験から、何かのツールをマスターするためには、まず、ある期間、そのツールで遊んでみることが必要条件である、というのが私の持論になっている。それを経ないと絶対に、自在に活用できるようにならない。

遊んでおくと、何がいいかというと、余計なことも蓄積され、バリエーションの可能性が増える。それが余裕になる。それと、楽しくやる、というポジティブ・フィードバックがビルトインされる。

こういう、楽しく過剰を抱える方法は、私の方法論の基本で、例えば、特許明細書を書くとき、その背景になっている技術の本を、内容の重複を懼れず数冊買う。そもそもが、本を買うという行為が、女性が衣服を買うのと同様に、私にとって楽しい行為なのである。

買った本を眺めていると、どのような内容を特許明細書に盛り込むかの構想が沸く。そして、いかに背景技術をきちんと盛り込んで特許明細書を書くかが勝負となる。

このように本を読み構想するという意味で、特許明細書を書くという仕事が私にとって、ブログを書くのと同様の遊びになっている。だから土日も暇をみて特許明細書を書いたりする。まさに、「仕事と遊びを分けない。」である。

そうはいっても、結局、私も、飼っている猫と同じかと感じることがある。すなわち、飼猫のトラは、まだ子猫の頃は、遊び盛りで、走り回ってばかりいて、こちらが遊び相手をするのも大変だった。一躍、食卓からジャンプして、冷蔵庫の上に飛び乗る元気もあった。

ところが、満7歳で人間でいえば老齢期のトラは、いまや、何をみても興味を示さず、寝てばっかりである。私も、あれほど好きだったツールのいじりまわしがすっかりおっくうになって、みんなやっているツイッターにもついていけていない。

それで、また遊ばなきゃ、と気合を入れるのだが、余計に空しい。ああ、これが老人なのか。

コンノケンイチ

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は若い頃から、トンデモ本が好きで、そういう本の中に、コンノケンイチ氏の著書があった。面白いと思ったのは、「月の先住者」たま出版で、月の不思議で引用した、ドン・ウィルソン著、大島和子訳、たま出版の本がネタ本だったのかもしれない。

あと、「現代物理の死角」は、読んだような、単に背表紙を眺めただけのような。ただ、一方で胡散臭さもなくはなくて、最近アマゾンから、「死後の世界を突き止めた量子力学」5次元文庫、徳間書店の案内が来たとき、今更コンノケンイチ氏の著書でもないか、と一旦は引いた。

しかし、宇宙ホログラム説に関連して、なにか興味深いことが書かれているかもしれないという期待もあって、648円の安価な本でもあるし、注文した。それで読み進めてみると、以前読んだコンノケンイチ氏の著書よりも完成度が高く、引き込まれた。以下、私なりの要約と独自のコメントである。

私の理解では、コンノケンイチ氏は、量子力学を、この世とあの世の間のインターフェースと見なそうとしている。すなわち、シルバーバーチもスウェーデンボルグも言うように、あの世では、想念だけでオブジェクトが生成する。ある意味、想念しかないといってよい。だから、思っただけで、目的地に一瞬で行ける。

ところが、この世ではそうではない。すごい超能力者なら物質を一瞬で移動できるらしいが、普通の人はそうではない。しかし、普通の人でも、想念で物質を操れる。例えば、量子力学では、観測により、確率波が収束し、物体の位置が確定する。これはある意味、想念を物質に反映させることである。ただ、量子力学は、極小の対象にしか作用させられない。このような作用は、あの世で起きていることのミニチュア版であり、あの世からの投影であるといえる。それも当然で、この世は、あの世に埋め込まれているのである。だから、量子を蔭で操る暗在系とは、あの世のことである。

さて、量子論の解釈に書いたように、量子力学には多世界解釈もあるし、そこには書かなかったが、ERPパラドックスもある。コンノケンイチ氏はERPパラドックスにしても、ベルの不等式にしても、特殊相対性理論を破っているという。

そもそもコンノケンイチ氏は、アインシュタインが嫌いで、光の速さが限界だなんてとんでもないという。その乗りで、一般相対論も嫌いで、ホーキングも嫌いで、ビッグバンも嫌いである。

私にも素朴な疑問がある。すなわち、コンノケンイチ氏と同様に、光速が一定というのが本能的に受け入れられない。しかしすると、特殊相対性理論が受け入れられないということになるが、そもそも、場の量子論の標準理論は、量子力学+特殊相対性理論を土台にしているので、今の素粒子物理の不毛は、特殊相対性理論に依拠している点にあるのではないか、という変な考えに捉われたりする。

また、一般相対論も結局は、微分幾何の机上の空論ではないのか、と暴論を吐きそうになるが、とどめている(といいつつ、ここに書いている)。ただ、一般相対論が、精巧に作り上げられた机上の空論であるなら、場の量子論はなにも、一般相対論と融合するというアクロバチックなことをする必要はないのであって、独自の重力理論を構築すればよい。すると、発散の困難もない。

じゃあどうするのかというと、特殊相対性理論も一般相対論も受け入れない、とちゃぶ台返ししてしまったら、拠るところがなくなって、結局、宇宙ホログラム説ということになるのかもしれない。

ともかく、このコンノケンイチ氏は、老成した氏の成熟した作品かと思ったら、なんと14年前に出版された内容で、当時、ひどいバッシングを受けたそうである。今だってバッシングはあるだろうが、2012にあるようなアセンションが喧伝される時代になると、このようなコンノケンイチ氏も、多少は違和感が減ってくるのではないだろうか。

イトカワのサンプル

| コメント(4) | トラックバック(0)

友人から教えてもらったのだが、日経のWeb記事によれば、はやぶさがイトカワから持ち帰ったとされるサンプルは、確かにイトカワのものであることが分かったという。以下、引用:

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルに、小惑星「イトカワ」の微粒子を確認したと発表した。約1500個見つかった10マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル大の粒子のほぼすべてが地球の物質と明らかに違うことが電子顕微鏡で判明。小惑星以外で混入したとは考えられず、イトカワ由来と断定した。月以外の天体に着陸して採取物質を地球に持ち帰るのは初めて。

どうやってイトカワ由来であると分かったかと思ったら、電子顕微鏡での解析で、判ったのだという。

地球や火星のような大きな惑星は、小惑星などがくっついたり、離れたりして形づくられたとみられている。

地球では溶けて無くなってしまった物質も小惑星には残る。太陽系が生まれた当時の物質を残す「宇宙の化石」といえ、地球を含む太陽系の成り立ちを解明する大きな手がかりとなる。これまでは小惑星の物質を手に入れる手段がなかったが、日本の技術が突破口を開いた。

なるほど、地球では、あらゆるものが熱で溶けてしまって、それから改めて結晶化しているので、そのような熱溶融を経ていないということで、非地球由来、すなわち、イトカワ由来であると判明したのだろうか。

ちなみに、イトカワから持ち帰られたのは、カンラン石と輝石の微粒子で、これ自体は、地球でもよく知られた岩石である。

分析チームは微粒子の、含有成分を詳しく分析した。鉄とマグネシウムの割合は、当てはまる地上の物質がなかった。隕石(いんせき)に似ていることなども突き止め「地球外物質であり、小惑星イトカワ由来である」と断定した。

なるほど、結晶化の度合いというよりもむしろ、鉄とマグネシウムの割合が隕石に類似しているという点が決め手になったのか。すると、微生物はどうなのだと、アストロバイオロジーの乗りで問うのであるが、そちらはとりあえず探索しないのだろうか。それとも、地球の微生物に汚染された可能性があるので、意味がなくなってしまったのだろうか。

反日教育

| コメント(0) | トラックバック(0)

SAPIOに、評論家、石平氏の体験的反日キャンペーンが掲載されているので、引用しつつコメントしてみる。

私が留学のため来日したのは1988年。その翌年、天安門事件が起こり、多くの学生が亡くなった。私は日本で抗議活動をしていたために、しばらく中国に帰ることができなかった。

ようやく帰国できたのは、事件発生から3年後の1992年だった。久しぶりに帰国した祖国の雰囲気は一変していた。日本に対する認識、あるいは感情的なものが80年代のものとは全く別のものとなっていたのだ。一般の民衆も大学生も、そしてかつて一緒に民主化運動を闘った友人たちも一斉に「反日」になっていた。

私は教科書や出版物、新聞記事、抗日戦争を題材にしたテレビ、映画すべてを確認した。江沢民政権はメディアを総動員して、中国的に言えば「全方位的」な反日教育を行なっていたのだ。

日本人は、ひたすら残虐な行為をする存在として描かれ、観客の憎しみの感情を喚起、煽動する。

現在、中国全土で50を超す「抗日記念館」がつくられ始めたのもこの頃だ。そのほとんどで日本軍にむごたらしく殺された中国人のロウ人形や絵画を展示しており、学生たちはそこで学ぶ。

学校の授業ではどうか。「抗日戦争」を教える時、教師は日本軍の残虐な行為を涙ながらに語り、果ては泣き崩れる。すると子供たちも泣き叫び、興奮して教科書を投げつけたり、机をひっくり返すというような集団ヒステリー状態になる。

このような組織的な反日教育が中国でなされているとは私は知らなかった。だから、仕事関係で中国人の人達と親しくなってもときどき彼らが見せる訝るような表情に私は戸惑いを隠せなかった。

そこで酒席で思いきって中国人の友人に聞いてみた。日本がある意味中国を侵略したのだから中国人は一般に、日本人によい感情はもたないのではないか、と。すると、友人はいいにくそうに言った。確かに政府レベルでは、反日の方針はある、でも、こうして個人レベルで付き合うと、政府レベルの方針なんて関係ない、と。決して明示的に反日教育には言及しなかった。

それはある意味本音だったろう。日本に来てみると、街はきれいだし、人は結構親切である。多くの中国人が反日の建前の裏で、日本に憧れているのも分る、という次第である。

一方で、反日教育の刷り込みもどうしても否定し難い。だから、中国で、所得格差が拡大して不満が募ると、反日ストが起きる。これは暗示的に政府に承認された唯一のストである。こうして、中国の地下経済に書いたような二重性がずっと中国にはついて廻る。

そういえば、反日教育はどうも韓国にもあるようで、韓国の知り合いが、日本にきて、日本人は親切すぎると怪訝がっていたのが、私は当時理解できなかった。やはり、日本人はひどい奴で何をされるかわかったものではないと教育されてきたのだろう。

一方、日本はといえば、学校で公的ではないが、中国や韓国に対する蔑視のようなものを親や世間からそれとなく教育された世代がいる。私などそうである。戦時中、韓国人が私の出身の島にも多数住んでいて、中には貧乏な暮らしをして島民から白い目で見られていた人もいたらしい。ところが戦争が終わって日本が敗戦になると、急に韓国人が威張り始めた、と父から聞いたことがある。だから、韓国人と付き合い始めて、あらっ、なんと信頼できる人達なのか、という怪訝さは私にもあった。そういう経験を経ていたので、最早、中国人には、怪訝さは払拭できていた次第である。ともかくも、いろいろな外国人と付き合うべきのようである。

ライプニッツ

| コメント(4) | トラックバック(0)

歴代の最大の偉人は誰か、というのは、誰でも一度は考えてみたことがあるのではないだろうか。ある人はプラトンを挙げ、別の人はアリストテレスを挙げる。またある人は、アインシュタインを挙げるかもしれないし、いやそれはカントだと主張する哲学者もいるかもしれない。

で、結局結論が出るはずもないのだが、数学セミナーの12月号をみてみると、どうもライプニッツもその比較の対象の候補として外せないようである。実際、ジョン・スチュアート・ミルは、「知的能力の偉大さと普遍性において、ライプニッツ以上に注目すべき人物を挙げるのは困難である。」という。

そこで、数学セミナーの12月号の記事に基づき、ライプニッツについて記述する。ライプニッツは、1646年6月21日に、ライプツィヒ大学哲学教授の息子として生まれた。知的能力は遺伝しないというのが私の主張だが、それでも血筋は気になる。

不幸にして父は6歳のとき亡くなるが、7歳で入ったニコライ学院で、リウィスの歴史書を眺めながらラテン語を独学でマスターした。ここらあたりから、天才の片鱗が既にみえている。同様にギリシャ語も独学でマスターし、8歳のとき父の蔵書の管理を任されると、それを手当たり次第に読み、学問の基礎を身に着けた。まだ小学生で第一級のレベルに到達してしまったわけである。

15歳でライプツィヒ大学に入学すると、スコラ哲学と、デカルト哲学のどちらを取るか迷い、森を一人で散策して、結局、デカルト哲学を取ることとした。そんな選択肢があるというのも実は意外である。ただ、ライプニッツが迷うくらいであるから、スコラ哲学が必ずしも古色蒼然たるものであったとは限らない。おそらく、ライプニッツの数学趣味がそうさせたのであろう。

ライプツィヒ大学では、ライプニッツは、ユークリッドの原論と、アリストテレスの論理学を学び、数学を基礎とする普遍学を志す。ここらあたり、シュリック、ライヘンバッハ、カルナップらの論理実証主義に繋がるのだろうか。

ともかく、ライプニッツの普遍学の構想は次のようなもので、これは生涯、ぶれることはなかった。

  1. 諸学問の再編による体系化
  2. 体系構築のモデルとしての数学の重視
  3. 数学の基礎としての記号の重視

普遍学の構想を胸に抱きつつ、1667年、21歳でアルトドルフ大学で法学博士になると、マインツ選帝侯の宮廷顧問官になった。なぜ法学博士なのかと問うても仕方がない。普遍学を志すライプニッツには、あらゆる学問が専門なのである。この頃既に、宗教対立の宥和、人間の幸福、社会の利益、神の名誉を含む社会福祉論、運動論(すなわち力学)、物理学、図書館整理法などの構想をもっていた。

1672年にパリに出ると、オランダの数学者、物理学者、天文学者であり、曲線の求積、振り子の原理、天体観測、望遠鏡製作などの業績をもつホイヘンスと親交を結び、大層多くのものを学んだ。また、パスカルの著作「四分円の正弦論」からは、積分学に関する構想を得た。1675年のライプニッツのノートには、われわれがいま使っているのと同じ積分の記号が構想され書かれていた。

ハノーファーに戻ると、ハノーファー候から家系図作りを命じられ、宗教対立緩和のため宗教指導者と会談し、科学アカデミー主催のため国王に面会し、その合間に数学・科学の著作をするという超多忙な日々であった。それでいて、多くの人達と文通し、その書簡は15000通にもなる。

ニュートンは、天体力学から微分・積分にアプローチした。これは、ケプラーの流れを汲むものである。一方、ライプニッツは、曲線の研究から微分・積分を構想した。アルキメデス流といえようか。

ライプニッツの構想による微分積分学はとても優れていて、デカルトやホイヘンスが苦労した問題をたった数行で解くことができるものであった。それは記号表記の合理性ということもある。

一種の微分方程式を解くために、ライプニッツは、指数関数も考え出した。

また、自然学における連続律を構想した。これは、プランクが自然の不連続性を見出す19世紀末まで有効であった。

その後、懸垂線の問題、変分法、微分方程式などの論文を書き、18世紀のはじめには、部分分数展開による積分の公式を考えだした。これは、今では大学理系教養で習う程度の積分公式である。

実はライプニッツには、微分積分のような解析系の業績だけでなく、計算機、方程式論、行列式、位置解析(トポロジ)、確率論、記号論理学など、数学の範囲だけでも数え切れない業績があり、その他、哲学、宗教、政治、文学、歴史にも業績が及ぶとなってくると、一体誰が全貌を見渡せようか、ということになる。

ところが、天才の例に漏れず、テスラなどと同様、ライプニッツも晩年は孤独で、1716年に70歳で亡くなったとき、葬儀に参列したのは使用人一人だけだったという。おそらく天才であるがゆえに理解されず、疎まれ、あるいはやっかまれるのだろう。うん、こういう死に方はいかにも霊格が高くていいね、と感心するのは私くらいだろうか。

アルツハイマー型認知症の治療薬に、アルツハイマーの原因は、ベータアミロイドが脳に蓄積することだと書いたが、より詳しい説明が、雑誌TIMEにあったので、簡単にメモしておく。

すなわち、アルツハイマーに罹る第一歩として、ApoE4 (apoliproteinE)という遺伝子が働き、APP(アミロイド蛋白質前駆体)を生成する。

これだけではアルツハイマーにならない。アルツハイマーに進むためには、酵素がAPPを小片に分断する。分断されたAPPは凝集して、神経の軸索を安定させているタウという蛋白質の構造を壊す。すると、神経の伝達が阻害され、アルツハイマーが発生する。

このように、アルツハイマーが発生するためには、複数ステップを経る必要があるので、おそらく万人にApoE4という遺伝子は備わっていても、そもそも、ApoE4が活性化するとは限らない。

しかし、一旦APPが発生したら、その後の流れは必然なのだろうか。何かの酵素がAPPを分断する必要があるということは、そこに何かの選択性が働かなくてはならない。ここでも、個人差がありそうである。ただ、一旦APPが分断されてしまうと、それ以下は必然的に進みそうである。

すると、アルツハイマーの進行を抑えるためには、ApoE4が働かないようにするか、APPを分断する酵素が働かないようにするかである。その各々に、薬を開発することが可能であるように思われる。

何れにしても、タウが壊されてしまうと、そこの神経の伝達が阻害されるので、薬を使っても、その部分を回復は難しいだろう。すると、別の神経の迂回路を発達されるという意味で、前に書いた初心者性の訓練が重要になる。すなわち、歳をとってアルツハイマーになっても、未知のことに挑戦し続ければ、アルツハイマーを目だ立たせず暮らすことができるのかもしれない。

ただ、これはあまりにも楽観的なシナリオであり、現在の医学では、アルツハイマーは進行を遅らせることはできても、進行を止めることはできないということになっている。

大山の勝負観

| コメント(2) | トラックバック(0)

古書店で、故大山名人の「勝負強さの人間学」PHPブックスを見つけて、買った。昭和58年(1983年)刊だから、大山が60歳のとき書かれた本である。大山が亡くなるのは、1992年7月26日だから、この本を刊行してから約9年後、69歳のときである。この本によると、ご本人は、70歳までA級で頑張るつもりだったようである。それでも、15世名人なのだから、A級から陥落することは即引退であると覚悟していた。そうやって、自分を叱咤激励していたのである。

まさに大山は克己の人で、忍耐の人であった。また、本人は別に受け将棋のつもりは全くなく、ただ、高い勝率をあげようとすると、必然的に、決め手を与えないというか、受けの手を重視するようになるのだという。将棋は攻めなくては勝てない、私の受けは、いつも攻めを見た受けである、と当たり前のことを言っても、大山が言うと重みがある。

あまりにも違いすぎて、較べるのはどうかと気が引けるが、張栩が囲碁マシーンで勝負の鬼だとしたら、大山もまた、それに劣らぬ勝負の鬼である。しかし、大山には、将棋マシーンという言葉は似合わない。なぜなら、張栩が、読みや寄せなど、目に見える部分に完璧を期して勝率を上げようとしているのに対し、大山は、長い内弟子生活に裏打ちされた、体で覚えた将棋、すなわち、暗黙知から滲み出る強さに依拠する。

大山は、木見一門で、大野源一と、升田幸三という、偉大な兄弟子を得たことがあまりに幸福であった。あまりに、という意味は、その偉大な兄弟子達から当初、随分痛い目に遭わされているからである。しかし、そこを耐えることで、克己心とか負けん気を養ったとある。

この本によると、大山は、自分のライバルは升田以外いないと言い切る。では、木村義雄はというと、目標にすべき先達ではあっても、ライバルではないという。名人経験者である塚田正夫に至っては、その飄々とした生き方や、ずっと長くA級の地位を保ったことに感心しつつも、あまり尊敬できる先輩とまでは思っていないようである。すると、升田の才能というか、真の強さを知る者は、大山を措いて他にいないといえるのかもしれない。そんな升田がいたからこそ、ここまでこれたと大山は言う。

では、後輩に対してはどうかというと、一番敵愾心を燃やしてきた山田道美に対しては、一定の評価をしつつも、あまりにも意識過剰で、気が逸ったがために、自分を負かすまで至らないどころか、他の棋士からも反発を受けて損をしたと指摘する。また、山田が取り入れて後世に評価され、若手棋士も採用している共同研究方式も、大山は評価しない。いくら研究しても、それが実戦で活きるとは限らず、そもそも、手の内をあかしたら損である。それよりも、独自の個性を出すことである。ここで個性とは、局面毎に、自分ならこう指すという判断の仕方であり、その独自性がないと勝てないという。

勝つという意味では、大山は、横の将棋、縦の将棋ということをいう。すなわち、横の将棋とは、ある局面で、全体的に盤面を見渡して、広く手を探す。コンピュータのアルゴリズムで言うならば、幅優先探索である。一方、縦の将棋とは、盤面で、いい手がありそうだとその周辺を深く読む。こちらは、深さ優先探索である。どちらでも良さそうであるが、大山は、名人になるような人はみな、横の将棋であるという。木村然り、自分然り、加藤一二三然りである。ただ、升田のことは、縦の将棋と思っているのかもしれない。

大山は、名人になる人の必要条件として、体力と、柔軟性・適応性と、そして横の将棋であることを挙げる。実は、体力と横の将棋であることは深く関連していて、横の将棋を採ると、どうしても長い将棋になる。勝つよりも負けない手に重点をおくからである。すると、ヘビースモーカーで、酒豪で、体を壊した升田が、縦の将棋になるのも必然かもしれない。

また、大山は、新手とか奇抜な手は、体力や気力が低下したとき出るという。体力が充実していれば、圧し付けるような勝ち方になる。なにも、桶狭間みたいな戦いをする必要はない。だから、新手一生の升田は、不健康な一生だったということになる(ここらあたり、大山が書いているのでなく、趣旨を汲んで、私が適当にアレンジしている)。

そいう意味では、奔放性は若さではないという。若さとは、自分を制するエネルギに溢れているということだから、自制を利かせられるということが若さである。若さが損なわれてきたとき、何かが破れて、新手のようなことになる。こういう発想は、大山ならではである。だから、若さは年齢ではないという大山の言いかたは、克己でき、辛抱の手を指せている自分は若いといいたいということになる。

さて、自分のライバルは升田しかいないと言い張る大山にとって、天敵のように負かされた中原はどう映っているか。すると、大山は、途端に歯切れが悪くなり、中原さんにはどうもファイトが沸かないという表現になる。中原さんの方が自分よりも強いとは死んでも言わない(言うわけないか)。ただ、中原を負かして名人に返り咲けなかったことがとても悔しいことは、行間に滲み出ている。

あと、とても意外なのは、自分は内弟子で修行したので正座は平気だし、礼節も正しいと言い張るのだが、すると、あの悪名高き盤外戦術はどうなるのか。どうみても、礼節正しいとはいえないだろう。この辺は矛盾だが、自分は、礼儀正しいので、相手からも嫌われていないと平気で主張する。流石に狸親父だが、まあ、勝負師はそれくらいでなくては、と思う。羽生にこの強かさがあれば、そもそもが、畠田理恵を配偶者に選んでいないだろう。もっと落ち着いて将棋を指せる環境が作れる女性と結婚して、今よりも記録を伸ばせたのかもしれないが、人生そんなもんでないことは、この本を書いた時点の大山に近い年齢になりつつある私は流石に分かっているつもりである。

しかし、張栩の本には窺われないこの韜晦こそが大山の真骨頂なのであった。

選択と集中

| コメント(0) | トラックバック(0)

経営学の本を読んでいると、選択と集中ということがよく言われる。その典型はGEで、不採算部門であった電機事業を切り離して、医療機器や、金融関係に大幅にシフトした。その経営者の判断が絶賛され、そうしていないと今のGEの隆盛はなかっただろうと締めくくられる。

これを一般化すると、われわれも、日常生活で、選択と集中をやるべし、ということになる。例えば、遊ぶ時間を減らして勉強に集中する、などである。あるいは、会社の業務だと、付加価値の低い仕事から、付加価値の高い仕事にシフトする、などである。

しかし、特に、会社の業務の場合、思わぬ陥穽が待ち受けている。すなわち、会社で割り当てられる業務には、コアの仕事、会社の業績に直結する仕事だけでなく、それらのコアの仕事の周辺の事務作業や、一見どうでもいいような仕事が含まれているので、そこでつい、選択と集中を適用して、どうでもいいような仕事は思い切り手抜きして、自分が重要と判断する仕事にフォーカスしたくなる。なぜなら、会社の評価は、そのコアの仕事だけでなされると判断しがちだからである。

ところが、会社の仕事も意外に複雑系で、一見どうでもいいような仕事も、別の仕事や人脈につながっている。従って、適当に流した仕事が、めぐり巡ってどこかで不評を買ったり、別の仕事の質の低下につながっている、ということは十分ありえる。

また、人間は、あることに手抜きしたとき、一方で、他の仕事に全力を尽くすということが難しいような精神構造をもっている。どうしても、手抜きで楽をすることに全体が引き摺られてしまうのである。だから、張栩でも、大山康晴でも、その道の一流の人は、一つ一つの仕事に全力を尽くすことを心がける。そうしないと、ここ一番の仕事も劣化してしまうのである。

すると、個人の持分の仕事内で、手抜きをすることによって選択と集中を実行することは相応しくない、ということになる。そうはいってもリソースは有限である、というなら、ある部分は思い切って他人にアサインし、あるいはアウトソースする、という形で選択と集中を実行することになるが、これは、組織では、自分だけの判断ではなしえず、上位マネジメントとの調整が必須である。

しかも、そうやってアウトソースすることは、確実に、その分野のスキルの低下につながる。アウトソースの結果をレビューすればスキルが維持できると考えるのは無理であって、レビューは、その仕事を自分で実行することの少なくとも半分の労力をかけないとスキルの維持にはならない。だから、選択と集中は、選択の結果外れたスキルに空洞をつくる覚悟でなくてはならない。

そういうリスクがあるので、選択と集中を決断するマネジメントは、命がけである。しかし、選択と集中によってスクラップ・アンド・ビルドしないと維持できないのもまた、組織である。

だから間違っても個人が、自分の持分の仕事の範囲で、恣意的に選択と集中を行ってはいけないのである。

ダイエット制御

| コメント(0) | トラックバック(0)

ハードティスクでは、別のトラックにヘッドを移動するシーク・モードと、目的のトラックに到着したら、そのトラック上を追随するトラッキング・モードがある。で、誰も読まないし興味をもたないと思うが、私のダイエット方法を、ハードティスクの動作に擬えて説明する。

シーク命令:シーク命令とは、痩せなさいという命令であって、私の場合、痩せないと健康的にまずいという司令が下った。どこから下ったのか、今でも不明である。家族なのか、深層心理なのか、霊界なのか、わからない。

シーク動作:シーク命令に応答して、シーク動作が行われる。シーク命令には、開始トラック番号である、86キロと、目的トラック番号である、74キロ付近という情報が書かれている。シーク命令が、コントローラに渡されると、コントローラは私に、土日は、なるべく、ヨーグルトと野菜ジュースだけで凌ぐように指示する。普通はそこで、指示とは逆方向のイナーシャがヘッドにかかるのだが、なぜかうまくフィードバック信号が働いた。当然だが、シーク動作中に、飲み会などの擾乱信号が入り、ジッターが生じたが、今回のコントローラは、制御ロジックがしっかりしていて、短時間でヘッドを安定化させた。こうして比較的短時間で、74キロ付近までシークできた。そこでヘッドはトラッキング・モードに入るはずなのだが、なぜかまだシークが続く。コントローラの制御ロジックのバグかもしれない。そして、意に反して、71.5キロあたりで、ヘッドがトラッキング・モードに入った。

トラッキング動作:トラッキング動作では、土日の食事が、ヨーグルトと野菜ジュースから通常に戻った。ただ、注意としては、普段であれ、土日であれ、一切間食しないし、腹7分目以上食べることはまずない。ときどき飲み会があったとしても、一切間食しないし、腹7分目以上食べることをしないという習慣を続けることにより、肥ることはない。ただ、トラッキング動作の自動制御のため、少なくとも一日2度、すなわち、朝起きたときと、寝る前には体重測定する。そして、71.5±0.5キロ程度に収まっていることを確認する。それがトラッキング範囲なのである。なお、トラッキング動作中に、サージとして、空腹感が襲うことがある。ここで空腹感に負けて食べると、トラッキングの制御から外れる。そこで私が考えだした方法は、焼き海苔をかじることである。焼き海苔をかじってお茶を飲むと、とりあえず空腹感を抑えられる。また、ミネラルを補給しつつ、カロリー摂取も最小限にとどまる。

このダイエット・コントローラのロジックが、どれほど安定か、いつまで安定かさっぱり分らない。ただ、ありえるのは、シーク命令に従い痩せたので、今度は別のシーク命令で、80キロあたりに戻りなさいときたときが、ダイエットからの決別である。意思の仕組みは不透明で困るのである。

左手アミノ酸ワールド

| コメント(7) | トラックバック(0)

地球上の生物を構成する主要な要素がタンパク質であることは常識だし、タンパク質がアミノ酸の連鎖であることも常識だし、また、そのアミノ酸がすべて左手アミノ酸である、ということも常識である。

しかし、常識でないのは、なぜ地上の生物の構成要素であるアミノ酸がすべて左手アミノ酸であるか、という理由である。というのは、例えば、水とメタンとアンモニアに光エネルギを照射すると、アミノ酸が生じるが、そうやって生成するアミノ酸は、右手系と左手系が半々だからである。

そこで、アストロバイオロジー、小林憲正著、岩波書店に従い、なぜ地上生物が左手アミノ酸だけを使用するようになったのかの仮説をみてみる。

まず、事実としてあるのが、アミノ酸は、地上でも生成するが、宇宙空間でも生成するということである。このことは、地球に飛来する隕石に、アミノ酸を豊富に含むものがあることからも実証される。さらに、隕石に含まれているアミノ酸は既に、左手系が過剰なのである。

すると、宇宙空間で、左手系のアミノ酸を優先的に作り出す仕組みがなくてはならない。その理由の1つとして挙げられているのは、中性子星の存在である。すなわち、中性子星の一方の極方向に原始太陽系星雲があると、その偏った円偏向の光により、生成されるアミノ酸が左手系になるうる。ただ、この仮説の欠点は、中性子星の他方の極方向だと、右手系になってしまうことである。

そこで別の仮説は、場の量子論の標準理論におけるベータ崩壊のパリティ非保存に基づくものである。超新星爆発で生じた中性子が、暗黒星雲中の物質と作用すれば、沢山のベータ崩壊が起きるが、その際のパリティ非保存により、左巻電子がやや優勢になり、それによって左手アミノ酸の生成が優勢になる、というものである。

ただ、いずれにしても、左手アミノ酸への偏りはわずかであり、一方、地上の生物のアミノ酸は、100%が左手アミノ酸である。それはどうやって説明されるか。それについては、アミノ酸の自己触媒作用による。すなわち、地上で生成されるアミノ酸の左手系と右手系が50:50であっても、隕石などにより左手系のアミノ酸が地上にもたらされると、バランスが崩れ、の左手系のアミノ酸がわずかに優勢になる。すると、アミノ酸は、自分と同じタイプのアミノ酸を生成させる自己触媒作用により、最初少しだけ優勢だった左手系のアミノ酸がじわりじわりと優勢を拡大し、ついには、全体を支配してしまう。実験によると、0.000005%だけ左手系アミノ酸が優勢な状況から、ついには99%以上の優勢まで進んだという。囲碁の張栩の言葉を借りると、「勝利は50%から積み上げる」である。

それでも、右手系アミノ酸をもちいる生物が地球にいないとはいえない。上記ストーリーはかなり無理をしているように見える。しかし、そんな、発表しても抹殺されそうな研究を志す人はいるのだろうか。

社内英語化

| コメント(4) | トラックバック(0)

ダイヤモンド・オンラインによると、楽天やファーストリテイリングに続き、シャープまでもが英語を社内公用語にするという。以下、引用しつつコメントする。

楽天やファーストリテイリングに続き、シャープまでもが英語を社内公用語にする方針を固めた。大企業が次々に英語を公用語化する動きは、ビジネスシーンに大きなインパクトを与えている。企業がグローバルな事業展開を図る上で、社員の英語力を強化することが必要なのは、言うまでもない。しかし、英語の習得にやる気を見せる社員がいる一方で、不安を訴える社員も少なくない。今後日本のビジネスパーソンは、こうした動きをどう捉え、どう対応していけばよいのか? 現場の声をリサーチした。(取材・文/友清 哲、協力/プレスラボ)

私は、外資系にいて、英語公用化の得失をかなり客観的に判断できるので、その経験に基づき、英語公用化というブログを書いた。要するに、英語公用化は、得るものよりも失うものが大きいという趣旨である。なのに、シャープをお前もか、である。

すると、英語公用化に対する下記のような面白い反論もあった。

「社内公用語を英語にするくらいなら、C言語にしてやる!!」
ツイッター(Twitter)上でそうつぶやいて話題をさらったのは、スクウェア・エニックスの和田洋一社長だ。これは言うまでもなく、グローバル企業が相次いで「外国語を社内公用語にする」と打ち出していることに対するウィットに富んだ(?)皮肉である。

もともとの発端は、下記の「事件」であった。

楽天の三木谷浩史社長が、「英語を社内公用語にする」と発表したのは、今年5月13日のこと。当初は経営会議や一般業務に至るまで、全社員に英語を使用させるという内容だった。

すなわち、三木谷社長は、「サービス会社で世界で成功した会社があまりないのは、英語が話せないことが問題ではないか。コミュニケーションを英語にすることで、本社を国際化する」という意図である。

ただ、何度も言うが、英語はそれほど強力なツールではない。英語力がものを言うのは、英会話学校であったり、TOEICの学校だったりするが、それは極めて限定的な場面である。あまりにも当たり前であるが、ビジネスで必要なのは、仕事のスキルである。英語力は、コンピュータ・リテラシと同レベルまたはそれ以下の重要性しかない。

それでも企業の現場には、「時代は本当にそこまでグローバル化しているのか?」「日本でそこまでやらなくても......」という悲鳴めいた声も少なくないのが現実だ。

楽天の他には、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが、参加者の母国語が2ヵ国語以上の会議で英語を使用するなどの方針を発表。先日、シャープも研究開発部門で英語を公用語化すると報じられた。大企業が次々に英語を社内公用語化する動きを目の当たりにして、多くのビジネスマンが"焦り"を覚えているのは事実だろう。

私は、受験英語の幻想を引き摺っていると思う。すなわち、現在の大学受験体制では、文理を問わず、英語ができることは、圧倒的に有利である。学力があると、英語ほど着実に点がとれて、とりこぼしがない学科はなく、そのときの成功体験(あるいは失敗体験)が、影を落としていると思う。

冒頭の和田社長ではないが、英語の社内公用語化に本格的に取り組み始めたり、そういった方針を検討していると見られる企業で働く社員からは、ここにきてその"矛盾"を指摘する声も出始めている。

「参加者のほとんどが日本人社員の会議で英語を使っても、時間がかかるばかり。だからうちの部署では、結局今まで通り日本語で話し合っています。外国人が参加するときは、英語ができる社員を通訳代わりに同席させます」(30代男性)

当然である。日本人で英語を真に活用できている人は、高校を出て大学から米国の大学に進学したようなケースである。そういう人は、経験者に聞くと、夢の中まで英語だったという。逆にいうと、そうでないと日常的な英語の活用は無理である。

しかし、不安を募らせている社員ばかりではない。これが実際、思わぬ経済効果を生んでもいる。英語を社内公用語にしようとする企業の動きに危機感を抱いた社員たちが、英会話スクールになだれ込んでいるのだ。

経済産業省がまとめた「特定サービス産業動態統計調査」によれば、今年4~6月における外国語会話教室の入学者数の伸び率は、前年同月と比べて2.2%もプラスに転じているという。

泥縄式でも、まあ、そうなるだろう。

ちなみに、実際に英語を活用しているビジネスパーソンの声や、巷のブロガーが発信するコメントから、英語公用語化がもたらすメリットをピックアップしてみた。おおよそ次のような意見に集約されそうだ。
  1. 英語は国際競争上、優位というより最低限のスキル
  2. 言語の構造上、コミュニケーションが簡潔化し、メッセージの伝達を効率化できる
  3. 通訳や翻訳にかかるコストを削減できる
  4. 決裁権を持つ担当者が直接コミュニケーションをとれることで、考えの行き違いなどの事故が防止できる
  5. 優秀な外国人を雇用しやすくなる

そういう面き確かにある。一方で、次のような声もある。

経済のさらなるグローバル化への対応という「大義名分」は、もちろん誰しも納得しているはず。しかし一方で、ネガティブな意見も決して少なくはない。同様に、その声をざっと拾ってみた。

  1. 社内機能が混乱する
  2. 稚拙な英語力での交渉、商談では、相手(外国人)が有利になるだけ
  3. 英語力以外に秀でた能力を持つ人材が、活躍しづらくなる
  4. 当面、人員の意識が英語力アップに偏り過ぎ、経営や担当業務への注力が手薄になる

私が敢えて言いたいのは、社内英語化を推し進めすぎると、英語バカの跳梁を許してしまうのが最大の悲劇であるということである。ただ英語だけできてビジネスの基本スキルもない人にどんな適切な判断ができるというのか。

某ベンチャー企業の経営者からは、「もしうちが英語を社内公用語化することがあったとしても、まずは該当部署を絞るなど、段階的に実施することになると思う」という慎重な意見も聞かれた。

それが妥当であろう。

10年、20年先のスパンで考えれば、現状からは想像もつかないほど多くの企業において、外国語が市民権を得ている可能性はある。ビジネスパーソンにとって、自身が身を置く企業や業界の将来動向を鑑みて、今から準備をしておく周到さは必要かもしれない。

私の意見は逆である。アングロサクソンの文化や言語が国際的であるという、文化的に極めて貧しいブームは今がピークで、今後はもっと混沌化した局面を迎えるであろう。生物多様性ならぬ、文化多様性であり、言語多様性である。そのとき、外国語習得能力は依然として重要であるが、健全なる組織では、重要度はITスキルやビジネス・スキルとせいぜいが同等に留まるだろう。

張栩の本

| コメント(4) | トラックバック(0)

最近、将棋だけでなく囲碁も、昔より興味をもってきたのはおそらく、ケーブルテレビの囲碁将棋チャンネルを観ているからだろう。ぼうっと眺めていると、囲碁の番組と将棋の番組が、ある時間ごとに入れ替わる。他のチャンネルに変えるのも面倒なので、ずっと観ていると自然に囲碁の番組にもなるが、そうやって馴染むと、囲碁は、将棋とまた違った別の味わいがある。

では、どの囲碁棋士がファンかというと、厚みを基調とした棋士がなぜか好きである。井山裕太、今村俊也、苑田勇一、武宮正樹あたりである。なぜか高尾紳路はそんなにファンではない。また、将棋の升田幸三のファンだった乗りで、個性が強い人がいい、例えば、故藤沢秀行、趙治勲、依田紀基あたりである。

こうやって何人挙げても、もしかして今の日本の囲碁界で最強かもしれない張栩の名前は出てこない。どうも、実利指向でコンピュータのように勝負に辛い張栩を、私はあまり好きになれないようである。だから、本屋でたまたま、「勝利は10%から積み上げる」という張栩の本を見たときも、ほとんど無視しようとしていた。そもそも私は、棋士が書いたエッセイというか棋道の技術書でない本を避ける傾向にある。なんとなく稚拙ではないかという偏見がある。

ところがなぜか、「勝利は10%から積み上げる」は私の心を捉えて離さない。本屋では結局一度は見送ったが、あとでどうしても読みたくなって、アマゾンで注文した。

読んでみた結果は、うん、とてもいい本であった。直接張栩が書いたのではないかもしれないが、張栩の気持ちというか、勝負哲学がよくあらわれている。

張栩は1980年、台湾生まれ。子供の頃から父に囲碁を教わり、神童といわれる才能を発揮した。そして、10歳半で、プロ棋士になるべく日本にきて、林海峰に弟子入りする。張栩は台湾でも、プロの一歩手前の棋力だったので、日本でプロになるのにそんなに困難はないと高をくくっていた。ところが、意外に勝てない。なにしろ院生の同期に、山下敬吾、溝上知親、秋山次郎、蘇耀国という俊英がいた。日本語もまだよく分らないし、伸び悩んで壁にぶちあたってしまった。

悩んで、13歳で、プロへの道を断念しようとした。それで父親や師匠の林海峰に相談して、ともかく、最後のプロ入りリーグだけは戦ってみよう、それで駄目なら断念しようということになった。しかし、この最後のプロ入りリーグも10勝7敗といまいち冴えない。普通ならそこで落選である。ところがこの年だけたまたま採用人数が一人だけ多く、敗者復活に進めることになった。その敗者復活戦にやっと勝ち、なんとかプロ入りを決めた。いまをときめく張栩に、こんな屈折した棋歴があったとは思ってもみなかった。例えば将棋の一流棋士である谷川、羽生、渡辺あたりに、これを負けたらプロを断念しようという勝負はなかったはずである。

そんな張栩がとった方針は、私が理解した範囲でまとめると、次のようなものである。

  1. 棋譜並べよりも実戦重視。沢山打つ。一局一局、真剣に打つ。
  2. 詰碁や寄せの勉強重視。読みを正確にして、読み負けがないようにする。終盤で優勢なとき、勝ちを絶対逃さないようにする。
  3. 弱いことは恥ずかしい。だから、貪欲に勝ちにいく。そういう方針だと、地に辛い棋風になる。厚み指向だと、不確定要素が大きすぎる。
  4. 対局では、時間配分に留意する。序盤にそんなに時間を使わないで、五分に切り上げて、後半に懸ける。
  5. 格下の相手にとりこぼさない。実際、名人や本因坊などのリーグ入りしたことのない棋士に対する勝率が10割近い年もあった。そういえば、公言してはいないが、将棋の羽生も、結果的にそれに近い勝率を出している。意外に森内の方が、どうということのない格下に負けたりする。

そんな方針において、張栩の発言は含蓄があって興味深い。いくつか挙げてみる。まず、局面で、相手側の最善手から考えるのだという。その相手側の最善手に対する最善手として自分の手を考える。普通は、強い人でもこういう順番に考える人はいないのではないか。

次に、練習であってもいい加減な碁は打たないという方針を貫く。これはなかなかできないことである。しかし、この方針が、いざ対局となっとも自信につながるのだという。

そして、勝利は10%から積み上げる。すなわち、簡単に勝てると思うな、不利になっても一気に挽回しようとするな、少しずつ積み上げろ、ということで、囲碁でも将棋でも、一流プロならみんな、そのことは体に沁み込んでいると思われるが、こういう風に改めて言われるとなるほどである。

ところで、詰碁や寄せの勉強重視し、時間を終盤に余し、勝負に辛いというのはまさに、現代の中国・韓国の囲碁棋士のやり方なのであった。その勝負に対する辛さが足らなくて、日本のプロは、国際棋戦で、中国・韓国のプロになかなか勝てない。一方で、イ・セドルが日本の棋士の中で一番強いと思うのは張栩だ、というのは、同質のものを見て取るからであろう。

ただ、張栩は次のようにもいう。本因坊戦で、2001年に、王銘エンに挑戦したとき、2日制の持ち時間の長い対局で、 王の厚み重視の構想力に圧倒されてしまった。今まで、読み重視、寄せ重視でやってきたが、序盤の構想力も重要であるとこのとき学んだという。きっとそれで自分の囲碁を再構築したのだろう。その後、2日制の戦いにも高い勝率を収めるようになった。イ・セドルも、2日制の戦いの質の相違というのは興味があるようである。例えば、日本の2日制のタイトルにイ・セドルが挑戦したら、案外苦戦するのではないだろうか。

張栩はそこで改めて、日本の棋士をみてみると、歳をとっても棋力が衰えていない人が少なくないのに驚いたという。構想力と感覚を重視する囲碁だと、年配になっても強さが維持される。これはまさに、2種類の知性で述べたことである。すなわち、言うまでもなく、構想力や感覚がインテレクチュアルで、手の読みや寄せが、インテリジェンスである。

そうは言っても、張栩の本分は緻密な読みで、その路線から、張栩はプロ棋士の中でも、有数の詰碁作家である。面白いのは、その詰碁で、今の奥さんの小林泉美(小林光一の娘)を口説いたというくだりである。すなわち、相手の携帯に自分が作った詰碁を送って、解けますか、と聞くというのが口説くことになるというのだから理解を超える。そうしても結婚できた二人には深い縁があったのだろう。

ともかく、この本は、機械のような冷徹な囲碁マシーンかと思っていた張栩の考えや人間的な面を理解する助けになった次第である。

知事の育休

| コメント(2) | トラックバック(0)

ちょっと前に、毎日新聞に、広島県知事が育児休暇をとるという記事があった。以下、引用:

広島県の湯崎英彦知事(45)が今月下旬予定の第3子誕生後に、「育児休暇」を取る意向であることが分かった。男性首長の育児休暇は今年4月、東京都文京区長が取って話題となったが、全国知事会などによると知事では初とみられる。

県によると、知事が率先して育休を取ることで、男性の育休取得を進める狙い。特別職の知事には条例上の育児休暇制度はないため、出産後の約1カ月を「育児期間」と想定。公務を考慮して、1日すべて休むのではなく、家事や育児が必要な場合に早退するなどするという。

湯崎知事は旧通産省勤務、通信系ベンチャー副社長などを経て、昨年11月に初当選。7歳の長男と4歳の長女がいる。今年2月の県議会では「『育メン』を私も目指したい」と答弁していた。

こういう記事をみると、元管理職だった私の気持ちは複雑である。というのは、私は10年以上管理職を務めたが、日々雑用に追われて、毎日夜10時より早く帰ることは、ほとんどなかった。それで家族との団欒の時間が平日はほとんどもてなかったが、仕方がないと思っていた。管理職だと、普通部下が複数いて、部下の抱える問題の解決を図らなくてはならない。米国本社に事情説明のメールを書いたりする。仕事の問題がほとんどであるが、パーソナルな問題のこともある。

もともと管理職になりたいと思ったこともないが、何かの縁で指名されたとあっては、それなりに責任を全うするのが社会人だろう。その責任を果たすとき、多少家族にしわ寄せがいくのも仕方がないと、歯を食いしばって頑張ったことがあった。

ところが、私と同列の管理職で、毎週、金曜の午後になると休暇をとって帰ってしまう管理職がいた。本人曰く、アメリカではそうしている管理職が結構いる、という。そうやって管理職が率先して休むと、部下も休みやすいという。しかし、そうまでしなくても、私が勤務している会社は、そんなに休みにくい会社ではない。そもそもが、その管理職が不在のときのバックアップを私がしていたりした。それに対して、何か配慮している様子もない。

こういう経験から私は、部門で率先する地位にある人が、育休のような、恩恵を率先して享受することに私は強い違和感を感じる。特に県知事ともなると、管理職時代の私より暇とは思えない。それとも、県知事いえども人間、人間らしく家族と過ごす権利があると主張するのだろうか。

私の意見はこうである、育休をとりたいなら、知事のような、全体に責任をもつ地位に就かないで戴きたい。ましてや、指名で渋々管理職になった私と違って、知事は自ら志願した訳だろう。また、知事の経済的ベースなら、ベビーシッターを雇うくらい造作もなかろう。

もっと穿った言い方をすると、組織のメンバーが恩恵を享受しやすいように、私が率先してその恩恵を経験すると組織で率先する地位にある人が言うとき、実は単に自分の利益のためにしていることがほとんどではないだろうか。そうでないというなら、自分の不在のときのバックアップ・プランを完璧に作るべきである。

ただ自分を甘やかすことを率先する管理職は、私は要らないと思う。結局、言いたいことはただそれだけである。私は決してよい管理職でなかったが、その一点において、最悪の管理職ではなかったと自負する。

ヘパトカイン

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、肝臓で作られ、糖尿病などを引き起こすホルモンを、金沢大のチームが発見したという。以下、引用:

肝臓で作られるホルモンがインスリンの機能低下にかかわり、糖尿病などを引き起こすことを、金沢大病院の金子周一教授らの研究グループが発見した。このホルモンに「ヘパトカイン」と命名。米科学誌「セルメタボリズム」に掲載された。ヘパトカインの生成を抑制できれば、新たな治療法になると期待される。

脂肪細胞には、血糖値を下げるホルモン「インスリン」の効き目を低下させるなど生活習慣病を引き起こす物質がある。金子教授らは肝臓にも同様の物質があると推測。肝臓で生成され血糖値に関与するホルモン群を調べ、糖尿病患者の血中に、「セレノプロテインP」という分泌たんぱくが通常の1・5倍以上多いことが分かった。

金子教授は「生活習慣病に肝臓がかかわるメカニズム解明がさらに進めば、新たな治療・診断の開発に貢献できる」としている。【近藤希実】

このホルモンの発見は、血糖値のコントロールという意味で、メタボはなぜよくないかで記述した一連の研究と同様のパラダイムにあるものである。そこには、脂肪細胞がアデイポサイトカインを出すことで、糖尿病や高血圧を促進するとあるが、ヘパトカインも類似の作用をもつとすれば、ヘパトカインとアデイポサイトカインの相関関係は如何に、という疑問も当然に出てくる。

さらに、メタボ医学という意味では、ヘパトカインと脂肪肝の関係はどうなのかという疑問もある。というのは、勢いでダイエットしてみたものの、冷静に考えてみると、過度の肥満でなければ、健康に対する悪影響は小さいのではないかと思えてきたからである。メタボ医学は、製薬会社の思惑が跳梁し、また最大の利益の源ともなっているフィールドなので、表面的なニュースに躍らされず、科学的事実をみつめる必要がある。

トリアージ

| コメント(5) | トラックバック(0)

「9割の病気は自分で治せる」岡本裕著、中経文庫によると、病気というのは、次の3つのカテゴリーに分けられるという。ちなみに、岡本氏は、大阪大学出身の医師で、大学病院、大阪大学細胞工学センターなどを経て、現在は臨床医を離れて、eクリニックを主宰する。

  • カテゴリー1:医者がかかわってもかかわならなくても治療する病気
  • カテゴリー2:医者がかかわることによって初めて治療に至る病気
  • カテゴリー3:医者がかかわってもかかわならなくても治療に至らない病気

この3つの場合で尽きることは論理学的に見やすいが、問題は、その内容と割合である。カテゴリー1に該当するのは、高血圧症、糖尿病、肥満症、高脂血症、痛風、便秘症、頭痛、腰痛症、不眠症、自律神経失調症などである。岡本氏は、カテゴリー1がもしかして、全体の95%に達するのではないかという。

一方、カテゴリー3の病気というのも確かにあって、例えば、悪性の癌、神経機能障害、神経変性疾患などである。ただ、当然にカテゴリー3だから医者は無用ということにはならなくて、痛みの緩和、化学療法、癌なら延命治療などやるべきことはいろいろある。

とはいえ、医者がもっともその存在意義を主張できるのは、カテゴリー2の病気や怪我である。岡本氏が例として挙げるのは、急性硬膜外血腫。手術しないと確実に死に至るが、手術することできちんと治療できる可能性が高い。

病気全体の中で、カテゴリー1が全体の95%を占めるとすると、残りの5%がカテゴリー2とカテゴリー3であり、医師不足が叫ばれるなか、そのリソースは、カテゴリー2とカテゴリー3に傾注されるべきであろう。そのための病気の見立てというか緊急度に応じた仕分けを、トリアージという。

例えば、こんな病院があったらどうなるだろうか。診療を受けにいくと、入り口に医師がいて、まず検査される。そして、軽い風邪など、あきらかにカテゴリー1に該当すると分ったら、そこで門前払いとなる。費用も請求されない。こうすると、その関門を突破した「真の」患者だけが診てもらえる。医者は、じっくりと治療に専念できる。

こんな病院は日本ではまず成立しえない。採算があわないのである。現在の医療保険制度だと、病院は薄利多売で廻さなくてはならない。要するに、数をこなさなくてはならない。すると、もしかして95%を占めるようなカテゴリー1の患者が、利益のターゲットとなる。診ても診なくてもほとんど関係ないような軽い患者を多数診ることで病院の利益が成立する。その際の利益の大きい部分を、カテゴリー1に該当する慢性病に対する薬が占める。例えば、高血圧症、糖尿病、肥満症、高脂血症、便秘症、頭痛、不眠症などの薬である。私の知る範囲で、スタチン系の高脂血症の薬は、製薬会社の最大の利益源である。もしかして、医師会と製薬会社が結託しているのではないかとおもわれるのは、健康診断での血圧やコレステロールなどの正常基準値が次第に下げられてくる傾向にあることである。そうして、これはこの薬を飲みつづる必要がありますね、といわれると、律儀な日本人は、家族のため会社のため、健康を維持しなくては、と素直にアドバイスに従う。

しかし、スタチン系の高脂血症の薬を飲み続けることの害を知ってしまったので、私はもう二度と高脂血症の薬を飲むことはないだろう。さらに岡本氏は、高血圧症や糖尿病の薬を常飲することの危険性を指摘する。すなわち、常飲によって、体の血圧調整機構や血糖値調整機構が機能低下して、一層薬に依存しなくてはならなくなる。これは、ロングレンジには、逆に健康を損なうことにるなりかねない。

それではどうするかというと、岡本氏は、ダイエット、スポーツ、健康体操、食事療法、中国医学などを提唱する。ここで中国医学が出てくるのは少し意外であるが、岡本氏はその分野を研究してもいるようである。ただ、客観的にみて、ダイエット1つをとってみても、かなり強い意志がないと達成できない。すると、飲むだけで済む慢性薬に頼るというのは多くの人がどうしても採るところだろう。高血圧症肥満症そして高脂血症であっても、酒も飲みたい、グルメもしたい、では仕方ないか。

ただ、医師の側も、カテゴリー1の病気で稼げるなら、それに越したことはない。なぜなら、カテゴリー1の病気は、やりがいはあまり感じられないとしても、命にかかわらないので気が楽であり、下手したら、適当に薬を処方しているだけで患者をやり過ごせてしまう。注射や実際の治療をするのはほとんど看護師なので、手も下さない。実際、そういう町医者を私は何軒も知っている。そんな傾向を感じて、脳神経外科、心臓外科、産婦人科、小児科など、間違えると命にかかわり、体力も消耗する診療科目を担当したい医者が減ってくる。すると、眼科、皮膚科、精神科、内科など、あまり重大な疾病のない、相対的に気楽な科目に就く医者が増える。これもまた、ある科目での医師不足の一面ではないか。

岡本氏は、本来、医師はカテゴリー2の病気の治療に傾注すべきであり、また、医学研究者は、カテゴリー3の病気を、カテゴリー2にすべく努力すべきであるという。実際、結核など、相当昔はカテゴリー3であったが、カテゴリー2に引き上げられた。

岡本氏の言うところを私が拡大して解釈すると、医師の資格制度を変えて、カテゴリー1の病気は、医師でなく、看護師、保健師、鍼灸師などが合法的に診れるようにしてもよいのかもしれない。実際、ベテランの看護師だと、下手な医師よりも治療方針に詳しい人もいる。あるいは、弁護士に対する司法書士または行政書士のような立場で、専門学校レベルで取得できる準医師のような資格もあってもよいのではないか。すると現在、古参の弁護士で、スキルが時代遅れになって仕事がもらえない人も出てきているように、医師でも食べていけなくなる人も出てくるかもしれないが、そういう競争世界というのもある程度仕方ないのではないだろうか。

コモノート

| コメント(2) | トラックバック(0)

世の中には不思議なことが多いが、地上の生物が、単一のある共通生物から進化したらしいという仮説も、いかにも不思議だが、反例は見つかっていないので、一応、正しいと信じられている。しかし、生命を宿す有機物の組成というのはいろいろな可能性があるので、どう考えても、単一系統でなくて、多系統であってもおかしくないはずである。

アストロバイオロジー、小林憲正著、岩波書店によれば、そういう共通生物は、コモノートと呼ばれる。コモノートは、環状のDNAを持つ遺伝の仕組みが成立している生物である。

原始の地球から、コモノートに至るまでは、コモノートの素材となるDNAの原料が揃わなくてはならない。そのための組成の形成を、化学進化と呼ぶ。

まず、原始の地球には、水とメタンとアンモニアがあったと考えられる。太陽からの光などのエネルギーで、水とメタンが反応して、ホルムアルデヒドができた。一方、メタンとアンモニアが反応して、シアン化水素ができた。ホルムアルデヒドとシアン化水素が反応すると、アミノ酸と、糖と、核酸塩基、特にアデニンが生成する。アミノ酸は重合して、原始蛋白質になった。一方、糖と、核酸塩基は結合して、ヌクレオシドになる。ヌクレオシドには燐が結合して、ヌクレオチドになる。これが原始RNAである。そして、原始蛋白質の蛋白質ワールドと、原始RNAのRNAワールドのコラボレーションからDNAワールドが形成されて、コモノートの誕生になるのだが、糖の生成のところが難物で、この化学進化のモデルでは、RNA形成のためのリボース、DNA形成のためのデオキシリボースが十分にできない。よって、この化学進化のモデルは欠陥視されて、古典モデルとされている。

そこで、小林憲正氏が提唱しているのが、がらくたワールド・モデルである。このシナリオによると、まず複雑有機物が星間で作られ、隕石や彗星により、原始海洋(熱水系)に届けられる。地球の原始大気中でも、宇宙線の作用により、複雑有機物が生成され、やはり原始海洋に降る。これらのがらくた分子を原料として、原始海洋で、原始細胞状構造体が生成され、原始細胞状構造体には、触媒能力をもつものがあるので、自己増殖できる。そのなかには、ペプチド触媒を生み出して蛋白質ワールドを形成するもの、核酸構成分子を利用してRNAワールドに進化するものがでてきて、これらの合流により、コモノートになる。ここで面白いのは、星間での複雑有機物作用であり、すると、ウィルスの飛来や、暗黒星雲で述べたことも、決して荒唐無稽ではない、ということになる。

がらくたワールド・モデルで面白いのは、生物と無生物の間の境界が曖昧ということがある。すなわち、原始細胞状構造体が、触媒作用に基づく微弱な自己増殖性をもち、蛋白質ワールドまたはRNAワールドに分子進化可能である。

さて、戻って、コモノートからはまず、スルフォロバス、ピロディクティウムなどの古細菌が進化し、次に、グラム陰性細菌などの真性細菌が進化し、菌類が進化し、それからようやく、高等植物、高等動物が進化した。

では、コモノートはどんな性質の微生物だったか。コモノートに近いのは、高度好酸菌などの熱水を好む微生物である。コモノートは、もしかして300℃程度の熱水で生息可能な微生物であった可能性もある。当時の原始海洋が非常に熱い環境だったのかもしれない。

アシスト力

| コメント(0) | トラックバック(0)

女性セブンによると、ダルビッシュ夫婦が離婚の危機だという。つい最近まで、あれほどラブラブと言われていたのに、この急展開は何なのだ。記事には、次のようにある。

さらに、紗栄子に対してダルビッシュが不満を持っていた、とプロ野球関係者は証言する。

「紗栄子さんは芸能界を引退したものの、自身のアパレルブランドを立ち上げ、プロデュースを始めました。そのブランドが大人気で、仕事で東京に行くことも多くなった。遠征の多いダルビッシュに子供を預けるわけにはいかず、実家のご両親に預けるしかなかった。

結果、ダルビッシュにとっては、試合から帰っても妻も子供もいないということが多くなって、仕事に走り回る紗栄子さんに不満を抱くようになったようです」

この記事をみると、どうしても、羽生名人の別居との類似をみてとる。

夫は、その業界のスーパースター、妻は芸能人だけれどもちょっと影が薄くて、スーパースターの夫と結婚したことで玉の輿と羨ましがられ、脚光を浴びる。でも、結婚してみると自分は地味で、芸能界にいた頃が懐かしくなる。それで、自分で主体的に事業がしてみたくなる。ところが、尽くしてほしい夫にとって、家庭をないがしろにされたようで、次第に気持ちが褪めてくる。

そういう記事をみて、つい、アシスト力という言葉が浮かんだ。私のオリジナルではないかもしれないが、要するに、相手をサポートすることに生き甲斐を見出す力である。

もっと分りやすい言い方をすると、親が子供に対して思うような気持ちである。親は子供をアシストして、子供の成功を自分の成功のように共感して喜ぶ能力といってもよい。

私が特許業務の管理職をやっていたとき、部下を採用する必要があった。すなわち、弁理士や特許技術者をサポートする役割の仕事である。もし採用したい担当者が弁理士であるなら、ほとんど苦労しない。その手のウェブ・サイトをみつけるのに苦労はしない。ある程度のサラリーを用意すれば、応募者に事欠かない。

ところが、特許業務の事務担当者は、ほとんど応募がない。紆余曲折があってなんとか採用できたが、大変苦労した記憶がある。その理由は明らかで、特許業務の事務担当者というのは、結構細かくて大変な仕事なのだが、弁理士に比べて下積みで、喩え有名大学を卒業していて真に優秀だったとしても、地味に弁理士をサポートする役割を果たさなくてはならない。大企業に入って総合職として管理職を目指せるようなポテンシャルがある人でも、特許業界にきて特許業務事務担当者に就いたばっかりに、地味な役割に甘んじなくてはならない。

そういうとき、私が立派にやっていると感心するような特許事務所には、底光りするような活躍をする、優秀な、アシスト力に溢れた女性担当者がいたりする。それは、真に稀な人材であり、普通、特許事務所が手放さないので、私がなかなか採用できなかったわけである。

だから本当は、羽生もダルビッシュも、表面的な容姿などに捉われず、アシスト力を基準に結婚相手を選ぶべきであった。

聞くところによると、マイクロソフトの知財戦略で言及したマーシャル・フェルプスは、IBM時代に、会社の役員の秘書を見初めて結婚したのだという。ルウ・ガースナーの秘書がガースナーにとって必須の人材で、だからIBMにくるときもガースナーはナビスコから連れてきたことから分るように、秘書の地位にある人は、アシスト力がある人が少なくない。実際、マーシャル・フェルプスの奥さんは、素晴らしい内助の功を発揮し、フェルプスを支えた。

してみると、うまくいく夫婦というのは、多くの場合妻が、そして場合によっては夫が、アシスト力に溢れているようである。

どんな人にも本能的に多少なりともアシスト力はあるが、アシスト力を削ぐ一番よい方法は、成功することであり、注目されることである。また、ちやほやされることである。すると、芸能人ほどアシスト力の欠ける人はいないということになる。同様の意味で、美人、秀才は一般的にアシスト力が足らない。ただ、美人であっても秀才であっても、生来のアシスト力に富む人もいる。そんな人を配偶者にすれば最高であるが、そんな宝くじに当たることを期待するような生き方はまずい。もしかして、湯原昌幸の妻、荒木由美子は、そういう世にも稀な女性なのかもしれない。

ただ、アシスト力のサポートを受ける側の人に注意であるが、ずっとアシスト力でサポートを受けているとそれが当たり前になって、アシスト力という一級のスキルの価値が分らなくなる。そして、死別するとか、別離することでようやくその価値が分り、愕然とすることになる。マーシャル・フェルプスも、ガースナーも、きちんとアシスト力の存在を認識していた。それは、アシスト力に対する感受性という、アシスト力そのものとはまた少し違うスキルなのであった。そして、アシスト力に対する感受性こそが、よきリーダーの必須の要件なのてあった。

やせる病気

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日友人に、ダイエットして痩せて調子もよいと、半分自慢げに話したら、どうも痩せてやつれて見えたらしくて、原因不明に食欲がセーブできて激やせし、自覚症状が全くないという病気があるそうで、それは、「橋本病」と「バセドー病」のどちらかもしれないという。

私は、結婚する前はコンスタントに68キロだったのに、結婚してからは一気に76キロまで増え、その後、ちょっと気を許すと80キロまで増えてしまうのが常だった。それで、仕方なくダイエットの真似事をしてみると、なんとか75キロまでは下がるのだが、仕事が多忙だったりしてストレスが溜まると、食欲が昂進し、すぐに80キロにリバウンドしたものだった。今年に入ってから、父親の病気のことが更なるストレスになり、体重が85キロを超えてしまった。そこで、これはいかんとダイエットしたのだが、あれよあれよと体重を減らすことができ、71キロ前後まで落ちた経緯は、こちらに書いたとおりである。

今回、ダイエットし始めて、不思議なのは、食欲をセーブすることにあまり苦労しないのである。だからといって、食欲はないわけではない。喩えてみると、食欲はちゃんと隣の部屋にいるのである。だから、呼べば、どうかしたか、とこちらに来るのだが、呼ばないかぎり、隣の部屋で寝転がってこちらに来ない。また、適当に食べたら、もういいだろ?と面倒くさがって、隣の部屋に戻る、こんな感じである。こんな経験は、いままでしたことがない。

それが病気ではないか、と言われたら、否定もできないので、ちょっとウェブで調べてみた。

まず、橋本病であるが、それはどうも、甲状腺機能低下症のことらしい。症状は、以下のとおりである。

甲状腺ホルモンの量が不足して、新陳代謝が低下し全てが老けていくような症状がみられます。無気力で頭の働きが鈍くなり、忘れっぽく、ひどくなると痴呆の原因の1つにもなります。寒がりで皮膚も乾燥してカサカサになったり、体全体がむくみ、髪も抜け、眠気がありボーッとして活動的でなくなります。

言い訳ではないが、多分、頭の働きは低下していない。例えば、会社でのメインの仕事として、特許出願明細書を書くことがあるが、特にダイエットし始めてから、件数が最高のパフォーマンスである。かなり難しい案件もこなした。忘れっぽくもなっていないような気がする。ただ、全く病気でないという否定はできない。むくんではないが、ちょっと活動的でなくなったのは確かである。

一方のバセドー病は逆に、甲状腺ホルモンが必要以上につくられてしまう病気である。症状は次のとおりである。

まず新陳代謝が活発になり、その為に常にジョギングしているような状態で、脈拍が速く、汗が多く、暑がりで疲れやすくなる、37.5℃前後の微熱といった症状が現れます。精神的には、落ち着きが無く、いらいら感や不眠になり、食欲が増しても体重が減ってしまう人や、むしろ食べ過ぎて体重が増えてしまう人もいます。

どちらも該当しない思うが、もしどうしてもどちらかを選ぶなら、橋本病のほうだろう。そういう二択も変であるが。

私が寧ろ恐れるのは、ダイエットが自己目的化してしまって、体重が軽ければ軽いほどよいと心が思って、次第に拒食症になることである。だから、定期的にきちんと食べるようにはしている。食べたあと体重計に必ず乗るのは、リバウンドだけでなく、減りすぎの注意もある。

ただ、運命の流れで、次第に食が細くなって衰弱していくなら、それも仕方ない。ゲーデルも空海も、自ら食を絶って亡くなった。そういう偉人の列に加われるなら寧ろ光栄である、というのはまあ、悪い冗談である。

宇宙ホログラム説

| コメント(3) | トラックバック(0)

WIREDVISIONのページによると、宇宙のホログラフィック原理という壮大な仮説を検証するため、る米フェルミ国立加速器研究所で、100万ドルを投じた実験が行なわれようとしているという。

われわれの存在は、超高解像度の3D映像のようなものであり、有限の帯域幅で「コーディング」することが可能なのかもしれない。そして、われわれの愛するおなじみの3次元は、2次元での情報をホログラムのように投影したものにすぎないのかもしれない。

この仮説[「宇宙のホログラフィック原理」]を検証するべく、100万ドルを投じた実験が行なわれようとしている。米国イリノイ州にある米フェルミ国立加速器研究所で実験設備が建設中であり、来年中に、世界最高精度の「時計」を2台用いた実験が行なわれる予定だ。

フェルミ研究所の素粒子宇宙物理学者Craig Hogan氏は、世界で最も高精度な時計2台を用いて、プランク単位の存在を確認するという画期的アイディアを実行に移そうとしているのだ。

空間、時間、質量など、宇宙の諸特性の最小の大きさを表わすものをプランク単位と呼ぶ。これらの単位は非常に小さいため、実験によって確認することは不可能なように見える。たとえば、長さのプランク単位[プランク長]は、陽子の直径の10の19乗分の1しかない。

私の拙い知識では、場の量子論に、長さのプランク単位はあらわれるが、時間や質量のプランク単位は、あらわれてこない。すると、宇宙ホログラム説というのは、場の量子論の標準理論や、その発展版である超弦理論とはまた、パラダイムの全く異なる理論のだろうか、という疑問が湧く。

ホロメーターの着想にヒントを与えたのは、重力波の検出装置である『GEO600』が検出したノイズだ。[重力波は、一般相対性理論において予言される波動であり、時空の曲率(ゆがみ)の時間変動が波動として光速で伝播する現象。ブラックホールなど巨大質量をもつ天体が、光速に近い速度で運動するときに強く発生すると考えられているが、現段階では直接的には検出されていない]

GEO600は、フェルミ研究所で建設中のホロメーターと同じレーザー干渉計だが、アーム長はホロメーターの15倍(600メートル)に及び、重力波を検出できるよう、より低い周波数の検出を行なっている。ここで検出されたノイズが、ホログラフィック原理を証明するものである可能性があると、Hogan氏は考えている。

宇宙の「ホログラフィック原理」は、ブラックホールの境界[事象の地平面]において生じると考えられている奇妙な現象に由来する理論であり、われわれの経験する宇宙は、2次元的な情報を、3次元に投影したものではないかとする説だ。ちょうどクレジットカードに印刷されたホログラムが3次元の映像として見えるように、3次元世界は投影されているが、われわれには2次元の面は知覚できない、とHogan氏は述べる。

超素粒子サイズのプランク単位などといいつ、忽然と、マクロな重力波が表れてくるのが、なんとも意外である。いや、それよりも意外なのは、スピリチュアルの理論と見まがう宇宙ホログラム説を、物理学者が実験により検証しようとしていることである。とはいえ、場の量子論の標準理論、超弦理論、超対称性、M理論、そして宇宙ホログラム説の関係がさっぱり理解できないので、とりあえず、投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待、マイケル タルボット著, 川瀬 勝訳あたりを読んでみることにしよう。

ダイエットの効果

| コメント(4) | トラックバック(0)

人間というものは、自分が試みたことを後で正当化したがるものだから、私がダイエットしてこんないいことがあったと書いても、当然にバイアスがかかっていると考えるのが妥当である。

そのバイアスを自覚しつつ、あえて書くと、まずダイエットの顕著な効果は、歩くとき体が軽くて、息が切れにくくなった、ということがある。実際、私が通勤に使っている鞄には、読みもしない本や資料が詰め込まれているので、重さは、5キロくらいになることもあるが、こういうのを3個も抱えて歩くことを考えると、結構大変である。体重の場合、全身に隈なく重量が分布するので、鞄を抱える場合とモーメントが異なるが、それでも純粋に重量的な負担になることは間違いない。

他のダイエットによる顕著な効果として、普段特に酒を飲まなくても済むようになったことがある。といって、酒が嫌いになったわけではなく、飲むとおいしいし、滅多に飲まないことによる新鮮な感動さえあるが、ストレスがたまって、飲みたくて仕方がない、ということがほとんどなくなった。

とはいえ、もともと嫌いではないので、飲むとつい深酒になってしまうということでは、ダイエット前と変わらない。それで次の日つい二日酔いというのも同じだが、二日酔いからの回復が、ダイエット前よりも随分早くなった。これはおそらく、肝臓に溜まっていた脂肪が減って、肝機能が高まったせいではないかと思う。

ただ、ダイエットにより当然失うものはあると思っている。例えば、勝負強さや粘り強さである。だから、11月3日の将棋の職域団体戦は、ダイエットが勝負に与える影響を見極めるのによい実験なのだった。ダイエット前から、ぜいぜい5割程度の勝率という、私としては情けない結果がここ数年続いていたので、ダイエットによりさらに弱くなっていたら、ダイエットそのものを見直そうと、ちょっと悲痛な覚悟で、職域団体戦に望んだ。

で、結果は、4勝1敗と、私としては満足がいくものであった。ただ、クラスがBクラスだったということで、その程度で喜んでいてはいけないのだが、最近、Bクラスでも5割がやっとだったのだから、目標は低いのである。果たして、観戦にきてくれた棋友は、勝ったとはいえ、私の手の質の低さのため、ほとんどコメントさえしてくれなかった。私も将棋の内容について、異論はないので仕方ない。

それでも、あえてダイエットが将棋に与えたと思われるよい影響を書いてみると、まず、勝負を急がなくなった、ということがある。私の将棋はもともと、鋭い攻め?を身上とし、隙あらば攻め潰そうするところに特徴がある。ところが、ダイエットのせいか、淡々とした局面をつくって平然と待っているようになった。ただ、私は受けが得意でないので、攻め込まれて不利になった将棋が何局もあった。ダイエット前の私なら、一発逆転の手を狙って、却って傷を深めただろう。しかし、不利になっても淡々と、それ以上傷を深めないように指していると、たまたま相手が弱かったというのもあるが、勝手に転んでくれて、望外の楽勝になった将棋がいくつかあった。

また、優勢になっても、一気に攻めていかないようになった。指していて気づいたのは、わざわざ曲線的な手を選んだ自分に気づいた。それで、かなり優勢なのが形勢によりが戻ったのであるが、それでも焦るでもない。

それで書きながら思ったのは、格下の相手に着実に勝つには、ダイエットによる心理の変化は有効なのではないか、ということである。これが格上の相手であると、全く異なってくるのかもしれない。だから、前にも書いたように、プロ棋士では、多分、ダイエットすると勝てない。

結論として、私はプロ棋士ではないので、とりあえずダイエットは続けることにした。もともと、ぎりぎりの将棋なんて指していない。ただ、ダイエットすることの心的負担が大きくて、ストレスからくる別の疾患があらわれたら、そのときはダイエットを見直すこととしよう。

感性の仕事

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近たまたま、機会があって、東陽町の竹中工務店に、住宅課題賞というものの展示を見に行った。これは、関東の大学の建築系の学生が、建築模型を出展して、東京建築士会の審査員が審査するものであるが、普段ブログで知性のことを書いている私も、大学の格や伝統などについ引き摺られてそういう目で見てしまいがちになる。しかし、審査結果は見事に、大学の格や伝統とは何の関係もない。

優秀作に選ばれた作品をみると、造形デザインのセンスが皆無の私には評価すべくもないが、なんとなくユニークさというか独創性は感じられる。コンサバな私は、こんな家には落ち着いて住めないな、とつい思ってしまうが。

そうしてみると、建築というのは、大学の工学部にあったりするが、見事に芸術系のスキルなのであり、いわば感性の仕事なのであった。

なぜ感性の仕事というタームを思いついたかというと、実家に帰って、弟から、料理談義を聞いたからである。弟は根からの料理人であるだけでなく、料理に対する思いいれも深い。で、会話がディープになりすぎて、自宅でスパゲティを作る程度の私には到底ついていけなくなるが、当意即妙でお客さんの注文に応じて料理を出すのを見ていると、やはりこれも感性の仕事である。

では、感性の仕事の特徴は何か、というと、属人性が強烈なのである。またしても私のスキルの4層モデルでいくと、趣向層が異様に厚い。

それでは、趣向層だけでよいかというと、とんでもない。建築にしても、料理にしても、膨大な知識を要する。実は、その基礎の知識を蓄えて、感覚層を磨くどころで、一種徒弟的な苦労をしなくてはならないので、よほど好きでないと脱落するかもしれない。

世の秀才が感性の仕事に近づかないのは、感性の仕事では、システマチックに登っていけないからである。属人的な個性がないと、どこかで行き詰る。

ところで、感性の仕事とそれ以外の仕事は、作品を見れば違いが瞭然である。例えば、物理学者が場の量子論の本を書くと、結局誰が書いても似たような本になる。あまり個性的になると却って役に立たないという意味もある。個性的な教科書を書くというのは、私の限られた知識では、アインシュタインとディラックくらいなものである。すると、物理学者も超一流になると、感性の仕事に近づくのかもしれない。

一方、建築家は、犬小屋を設計しても個性を籠められるし、料理人は簡単な突き出しにも自分らしさを発揮できる。もし細部に宿らしめるのが神だとしたら、神の使徒は、感性の仕事に携わっているであろう。

それでは、建築家と料理人以外に、感性の仕事としてどんなものがあるかというと、小説家、コピーライター、シナリオ・ライター、漫画家、グラフィックデザイナー、インダストリアル・デザイナー、パティシエ、俳優、映画監督など、無数にあって到底枚挙できない。このように、人は、才能があれば感性の仕事で、いくらでも食べていけるので、職業を選ぶ際にまず、感性の仕事がやりたいか、それ以外かと自問してみるのがいい。すると、私は明らかに後者なので、感性をあまり前面に出さなくてもやっていける仕事に就いて、そこそこ食べていけている。感性の仕事は、属人的であるがゆえに、学歴にも経歴にも依存できない。

もしかして、この感性の仕事の普遍性が、秀才が意外に世間で成功できない理由なのかもしれない。

ネット・バカ

| コメント(0) | トラックバック(0)

コンピュータ依存症、インターネット依存症である私は、いろいろな批判があっても、膨大な知識が得られるインターネットの世界を素晴らしいものと思ってきた。なにしろ、eメールを10分おきにチェックしていないと不安になる。eメールへの返信が驚くほど早いですねと言われて、鼻高々なのである。

そんな私は、「ネット・バカ」ニコラス・G・カー、青土社という本の存在を知っていても、あえてしばらく無視していた。どうせ、インターネットをやる奴は馬鹿になると書き連ねているのだろう、そんな奴は、時代遅れになって時代から忘れ去れればいいとさえ思った。

といいつつ、私は、よく考えると、梅田望夫氏の手放しのウェブ賞賛にもついていけないものを感じていた。あまりにも楽観的なのである。それで、アンチ・インターネットの言説もみてみたくて、「ネット・バカ」を眺めてみた。

すると、ハタと手を打ったのは、脳というものが、いかに社会文化的な制約を受けるというくだりである。正しく要約できないで私が勝手な説を述べているという惧れを気にしないで書いてみると、もともと人間は、文字をもたず、膨大な記憶の伝承で生きていた。その最後の名残がソクラテスである、といえる。おそらくソクラテスは、沢山しゃべり、多くの人と議論したが、彼は一片の書き物も残さなかった。ソクラテスにとって、書き物は堕落だった。なぜなら、人は、書き記すことで忘れてしまうのである。だから、プラトンは、ソクラテスの思想を、相当プラトンなりに脚色してではあるが、書き物として残すという点で、ソクラテスのよい弟子ではなかった。

ともかくこれは言える。人は、書き物を残すようになって、明らかに記憶力を失っていった。それでも、手書きの書き物はなかなか広く流通しないので、一部の知的エリートだけの専有物であった。

ところがクーテンベルグが印刷術を発明すると、知識が、書物という形式で、一気に広まった。それは知識の広まりという意味ではしても意義が大きかったが、溢れる書物の知識に頼るだけで自分のオリジナルな考えをもたない人達の出現を許した。こうして書物は、人間から、何ほどか独創性と想像力を奪ったのである。

それでも、書物は、数世紀に亘って、有効な知的ツールであったが、今世紀になって、一気に知的ツールの座をインターネットに奪われた。書き物は人間から何ほどか記憶力を奪い、印刷術は人間から何ほどか独創性を奪ったが、では、インターネットは人間から何を奪ったのかというと、「ネット・バカ」によると、それは知的忍耐力と思考力である。

私はもともと、注意散漫な、集中力の欠ける人間である。だから、長い本をじっくり読む忍耐力はあまりない。10ページも読むと飽きてしまう。それでも、最近特に、堅い本をじっくり読めないと一層感じるのは、「ネット・バカ」によると、私がインターネットの世界に耽溺しすぎているからである。そういえば、私の仕事のやり方も、10分間これをやり、次にこれをやりと、とても飽きやすいもので、生産性こそあまり下がっていないものの、どうみても掘り下げの浅い仕事があることも否定できなかった。だから以前に、マルチスレッドとして自慢げに書いたことも、実は細切れの知性の惨めさを披露しただけのことかもしれないのである。

そこで私が最近始めたことは、インターネットのダイエットであり、長い本をじっくり読むこと、数学関係の本を読みつつ計算をすることである。ただ、習慣とは恐ろしいもので、インターネットのダイエットは、食べ物のダイエットほど成功していない。長い本は、20ページくらいのところに付箋がつけられたままであり、計算はあまりにも間違えるので、自己嫌悪に陥っている。

実は、インターネットのダイエットは、「ネット・バカ」の影響だけでもない。友人と議論していて、勝海舟がいかに偉いかということと、その偉さが、若い頃貧乏だったので本を買えず、知り合いのところで丸ごと写本していたから、という話になって、そういう非能率な努力が実はいかに知性を涵養するかという議論で盛り上がったからである。

実際、語学はしゃべり手を動かさなくてはならないし、数学は自分で計算しなくてはならないし、コンピュータはプログラムを書いてみなくてはならない。単にネットサーフィーンしてリンクを辿るだけでは、実際はほとんど何も読んでいない、と「ネット・バカ」にある。そのとおりだと思う。この歳になって手遅れということもまだあるまい。完全には避けられなくても、多少なりとも脱「ネット・バカ」を図ろうと誓った次第である。

コピペ

| コメント(4) | トラックバック(0)

インターネットが普通に使われるようになった10年くらい前から、学生のレポートでコピペが蔓延った。当然といえば当然でそれがレポートとして形をもったものを用意するための最も安易な方法だからである。一方、、当時大学の教授は、分っていても苦笑いしながら見過していたケースが多いような気がする。すなわち、特に研究指向の大学教授にとって、学生のレポートを読むというのは退屈な仕事で、すると、コピペされたレポートを適当にやり過ごすというのも一つの手だからである。

しかし、その程度があまりにひどくなってきて、毎日新聞の記事によると、情報工学系の大学の先生に、そのもてる技術を駆使してコピペを検出しようとする人が出てきた。例えば、阪南大学の花川典子教授である。すなわち、レポートの内容を、主要なインターネット・サイトを巡回して、自動的に比較し、コピペの惧れがある内容を検出する。学内の250台のパソコンが手分けして、各レポートから5つのキーワードを抽出し、そのキーワードを含む上位310のサイトを開いてレポートと照合する。そして、コピペの疑いがあるレポートの部分を赤く表示する。

花川教授はこの夏、前期の期末データとして電子データで提出された58科目5420点のレポートに対してコピペ検出の実験をしてみたところ、12時間半で処理を終え、4割にコピペの疑いがあるという結果を出したそうである。

キーワードで検出するので、多少語尾を変えても検出できるが、正しい引用を明記したレポートもひっかかる。従って、最終的には教員が目で確認する必要がある。

一方、金沢工業大学の杉光一成教授のアイデアに基づく、コピペルナーという製品もある。杉光教授は、もともと文系のバックグラウンド(慶應義塾大学法学部)であるが、法政大学大学院で電気工学を専攻し、知的財産の分野では著名人である。当然に関連の特許出願もあり、特開2009-205674は、学校法人金沢工業大学が出願人で、下記がその請求項1である:

【請求項1】
判定対象となる判定対象データの中で、文献データが引用されているか否かを判定するための引用判定支援装置であって、
前記判定対象データの中から、前記文献データの引用の有無の判定範囲を特定する判定範囲特定手段と、
前記文献データの中から、前記判定対象データとの比較範囲を特定する比較範囲特定手段と、
前記判定範囲特定手段にて特定された前記判定範囲の記述内容を、前記比較範囲特定手段にて特定された前記比較範囲の中から検索し、前記判定範囲の記述内容と前記比較範囲の記述内容の相互の類似度を算出する類似度算出手段と、
前記類似度算出手段にて算出された前記類似度が所定の閾値以上である場合に、前記判定範囲が前記比較範囲を引用していると判定する文献引用判定手段と、
前記文献データの前記比較範囲を引用している前記判定対象データの前記判定範囲を出力する出力手段と、
を備えたことを特徴とする引用判定支援装置。

ううん、この請求項1ではちょっと進歩性厳しいよね、と職業意識が働くが、これは229段落、42図もある労作である。その豊富なコンテンツをベースに減縮すればなんとか特許になるのだろう。

一方で、大学は、コピペに対する罰則を強化しようとする。例えば、一橋大は、授業履修のルールとして、コピペが不正な行為であることを明記した。コピペルナーも導入した。早稲田大は、コピペに対して最大3ヶ月の停学処分を課すとともに、その学期に履修していた全ての登録を無効にする。

一方、慶応大学は、引用部分を明確にするようにとルール付けする。それは私のブログと同じ方針である。私は便利なので結構引用してブログを書く。ただ、引用部分を明記して、なるべくオリジナリティを出そうとは努力している。

私の意見は、早稲田の基準は厳しすぎで、慶応程度でいいのではないか、というものである。というのは、前説に全く依拠しないオリジナルな仕事というのはなかなかないので、引用しつつわずかなオリジナリティを出すのが妥当だと思うからである。コピペを罪悪視しすぎては、角を矯めて牛を殺すことになりかねない、という甚だオリジナリティのない意見で締めくくるとする。

零集合

| コメント(0) | トラックバック(0)

零集合というは、ルベーグ積分のところで述べた測度論で定義される集合であって、m(A) = 0である集合である。

例えば、1つだけの点からなる点集合Aを考えると、当然にm(A) = 0である。これは、次のような積分に対応して考えられる。

-∞P(x)dx ただし、P(x)は、x=0で1をとり、それ以外では0となるような関数である。この積分が0になることは自明に考えられる。

では、全ての有理点からなる集合Bはどうか。測度論の定理によると、m(B) = ∑x∈Bm({x})であって、m({x})はすべて0なので、m(B) = 0であるといえる。

それでは、xが有理数のとき1をとり、無理数のとき0をとるようなRat(x)を以って、∫-∞Rat(x)dxを考えることができるだろうか。先ず、リーマン積分の範囲で、この積分を考えることができるだろうか。すると、ルベーグ積分で述べた、ρ = maxi(xi+1 - xi)のようなρ→0の極限がきちんと扱えないという困難に出会う。

そこで、ルベーグ積分によると、m(B) = 0であることを用いて、∫-∞Rat(x)dx = 0であると言うことができる。

すると、0でない積分結果をもたらすためには、積分される関数f(x)に対応する点集合Aが、少なくともある区間で、非加算濃度をもたなくてはならない、ということになる。

すなわち、積分される関数f(x)に対応する点集合Aが非加算濃度をもつことは、0でない積分結果を与えるための必要条件であるが、点集合Aが非加算濃度をもてば、点集合Aは零集合でないといえるか、というと、一見それは正しそうであるが、カントールの零集合という反例がある。

カントールの零集合は、[0,1]の区間において、(1/3,2/3)という真ん中三分の一の区間を除去し、残りの[0,1/3]と[2/3,1]において、その真ん中三分の一の区間を除去する。この操作を再帰的に無限に行う。すると、除去される区間の長さの合計は、(1/3)∑n=0(2/3)nとなって、これは1であるので、除去された結果の集合の測度は、1 - 1 = 0で、零集合になる。

一方、除去された結果の点は、3進法で、0.an1an2an3...のように無限桁小数として表記でき、ここで一般に、aijは、0または2である。すると、対角線論法が適用できて、除去された結果の点の非加算性が証明される。すなわち、非加算濃度をもつ零集合が存在する。

零集合の隠微な世界を垣間見た次第である。

ゴルディロックス惑星

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前に、地球に似た星の記事をブログとして書いたが、TIMEの11月8日号に、それの関連記事が掲載されていたので、適宜メモしてみる。

まず、その記事に、"Goldilocks World"という見慣れない単語が出てきた。なんだろうと辞書を引いてみたら、ゴルディロックス惑星とは、「生物が生息可能な大きさ・環境・位置などの条件を満足する地球のような惑星」のことらしい。

ゴルディロックス惑星である条件は、恒星(太陽)から近すぎず、遠すぎずである。すなわち、近すぎると、恒星からの熱が、惑星の水を沸騰させ蒸発させてしまう。そして、惑星の表面の温度を、生物が生きられない程度まで高めてしまう。太陽系では、水星と金星がそれに該当する。一方、遠すぎると、水がかちかちに凍ってしまう。ただ、大気があると熱を保持できる。火星に大気があれば、生物が存在できただろう。すると、ゴルディロックス惑星であるためには、水を豊富に保有し、それが適度な液体状態に保たれる程度に、恒星から熱が供給されなくてはならない。

それでは、惑星の存在を測定する方法にはどんなものがあるのだろうか。記事によると、次のとおりである。

  1. ゆらぎ(wobble)法:惑星が恒星の周りを回るとき、惑星は恒星を重力的に引っ張るので、それは恒星のゆらぎとなってあらわれる。その動きを測定することにより、科学者は、惑星の存在を検証し、質量を推測することができる。
  2. トランジット法:輝く恒星の前を惑星の軌道が通り過ぎるとき、恒星から出される光が、微妙に翳る。その光の弱まりの程度で、惑星のサイズを推測できる。
  3. 重力レンズ法:一般相対性理論によれば、重力は光を屈曲させる。すなわち、惑星の存在は、恒星のイメージを歪める。これによって、惑星の存在が分る。

ケプラー宇宙望遠鏡は、2009年に打ち上げられ、10万個もの、太陽に似た星を見出した。そして、トランジット法を用いて、太陽系外惑星(exoplanet)を検索する。

ケプラーの担当科学者は、来年2月に、今までの検索結果を発表するというから、これは見物である。

アグスネット

| コメント(0) | トラックバック(0)

友人から紹介されたのだが、アグスネットという便利なサイトがある。どう便利かというと、URLを打ち込むと、下記の一連の情報が得られる。

  1. サイトのタイトル
  2. IPアドレス
  3. 最終更新日
  4. METAタグ情報
  5. サーバ所在地
  6. ドメイン情報
  7. 公開連絡窓口
  8. ネームサーバ
  9. 管理者連絡窓口
  10. 技術連絡担当者

基本的にはURLを入れるが、ジャンク・メールのドメインだけを入れても、うまくいくことがある。例えば、私のブログにBasten@dentistdirectory.comというメール・アドレスで、意味のない書き込みがあったことがあったが、アグスネットは、"dentistdirectory.com"だけからでも検索してくれて、サーバが、米国のシアトル付近にあることまで教えてくれる。また、「外部と接続するオブジェクト」という欄もあるが、これが何を意味するか、なにかのガイドを見ないとわからない。

調べた限りでは、"dentistdirectory.com"はまともなサイトであるようだが、そこにアカウントをもつ人がまともとは限らないので、そこはアグスネットの限界だろう。とはいえ、あるドメインが怪しいかどうか、ある程度の指針は得られるので、有用性は十分にあるといえる。

SKY-G

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し前の記事になるが、マツダが新型ガソリン・エンジン「SKY-G」を開発したという。以下、産経新聞Webからの引用:

マツダが来年春にも発売する主力小型車「デミオ」の新モデルの燃費がリッター30キロ程度とクラス最高水準となることが24日、分かった。新開発したエンジン「SKY-G」を搭載し、現行モデルの20キロから大幅に改善させた。

新エンジンは、主力車の「アクセラ」「アテンザ」にも搭載する方針。デミオは、車体の軽量化を図るほか、停車時にエンジンを止める「アイ・ストップ」機能や新型変速機も採用し、燃費性能を高める。

トヨタ自動車やホンダがハイブリッド車(HV)に力を入れる中、マツダはガソリンエンジン車のレベルアップに力を入れている。2013年までにトヨタからシステムの供給を受け、HVを投入する計画だが、成長市場のアジアを含め、ガソリン車の主役が続くと位置づけている。

現在、小型ガソリン車では、日産自動車が発売した新型「マーチ」が26キロでクラス最高水準。HVで出遅れたメーカーによるガソリン車の燃費競争が激化している。

このニュースをみて、マツダのこの開発方針も頷けると思った。というのは、ちょっと趣旨は違うが、以前にあった半導体手バイスのガリウム砒素デバイスのことを思い出したからである。すなわち、ガリウム砒素デバイスは、電子易動性に優れ、シリコン・デバイスを駆逐するだろうと言われたことがある。当時、シリコン・デバイスの性能や集積度は限界に来ているという説が出始めていた。ところが、砒素の有毒性や製造の難しさの一方、シリコン上での新技術がどんどん出てきて、文字どおりムーアの法則が適用され、市場を席巻していった。既存パラダイムの拡張が成功した例である。

もしかして、ガソリン・エンジンは、シリコン・デバイスと同じポテンシャルを秘めているのではないかとふと思った。そこで、マツダの低燃費ガソリン・エンジンについて、特許を調べてみたところ、驚くほど少ない。そのキーワードてヒットするのは32件しかないばかりでなく、関連がありそうなのは、下記の特許くらいである。これは、審査を経て、2007年にようやく特許されている。引用よりも被引用が多いので、一応よい特許ではないかと推察される。

特開平10-89106
【請求項1】 気筒毎の排気通路が、ターボ過給機のタービンに通じる第1排気通路と上記タービンを通らない下流側排気通路に通じる第2排気通路とに分けられ、第1排気通路を開閉する第1排気弁の開弁時期が第2排気通路を開閉する第2排気弁の開弁時期よりも早くなるように設定されているターボ過給機付エンジンであって、少なくとも最高出力回転数域における上記各排気弁の開閉タイミングを、第1排気弁がピストン下死点前に開いて排気行程後半に閉じ、第2排気弁が排気行程前半に開いてピストン上死点以後に閉じ、かつ、両排気弁の開弁期間がオーバラップする開弁オーバラップ期間の中心が排気行程の中期となるように設定したことを特徴とするターボ過給機付エンジン。

すると、低燃費ガソリン・エンジン自体は結構枯れた技術ということになる。「アイ・ストップ」機能についても別途特許があるのだろうが、めぼしいものがほとんど見つからない。

それでも、もしかしてガソリン・エンジン、ガス・エンジン系が今後も依然としてメインではないかと思わせる1つのニュースは、先日もブログに書いたシェールガスである。これだけ天然ガスの埋蔵量が大きいなら、エネルギー・メジャーは、何としてもガスを使わせるスキームを考え出すだろう。

もう一つのニュースは、ダイヤモンド・オンラインにあった、次のような記事である。

「率直に言って、私たちは騙(だま)されたのだ」。メディアや自動車専門家が米ゼネラルモーターズ(GM)への批判を強めている。11月に発売される自称"長距離電気自動車"の「シボレーボルト」が、当初の触れ込みとは異なり高速走行時などでガソリンエンジンからも直接駆動力を得ることが判明したためだ。同社関係者は、より良い製品に仕上げるための変更だったと主張するが、消費者に失望が広がれば、ボルトは、病み上がりのGMにとって、救世主どころか、足を引っ張る疫病神ともなりかねない。(文/ジャーナリスト、ポール・アイゼンスタイン)

米ゼネラルモーターズ(GM)が11月、再生の象徴(と目されていた)「シボレーボルト」をついに発売する。このいわゆる「長距離電気自動車」(Extended Range Electric Vehicle、E-REV)は、GMが持てる技術の粋を結集して開発したものとされ、GM復活の狼煙になると期待されてきたものだ(同社自身が「自動車による移動を再創造する」と宣言し、そう世間に信じ込ませてきた)。しかし、発売を前に、GMはかつての「ウォーターゲート事件」のような情報隠蔽をやったのではないかとの批判にさらされている。

すなわち、GMは、時代の流れに乗るために、長距離電気自動車と謳って「シボレーボルト」を開発したものの、電気だけでは必要な航続力が得られず、密かにガソリンエンジンを併設したということで、なんのことはないハイブリッドだった訳である。ただ、最初からハイブリッドであることを隠し、純粋EVであると嘘をついたことを責められているのである。

注意深くニュースを追うと、次のとおりである。

当初の「ボルト」の売りはこうだった。従来のバッテリー駆動電気自動車(BEV)と異なり、「ボルト」はバッテリーが消耗しても走り続ける能力を持っている。その秘密は、小型の直列4気筒ガソリンエンジンで、バッテリーが消耗するとこれが自動的に点火される。構想では、このいわゆる「シリアル(逐次)・ハイブリッド」設計は、「ボルト」のモーターを駆動する電力を発生させるためだけにガソリンエンジンを用いるものだった。

すなわち、緊急時にしか出番がないはずのシリアル・ガソリンエンジンが実は、常時バッテリー駆動部を補っているというのであって、その嘘の程度は微妙になってくる。

ただ1つ言えることは、純粋電気自動車の信頼性があまり高くないことである。問題を思いつくかぎり列挙してみると、次のとおりである。

  1. 航続距離の短さ
  2. バッテリが高価
  3. メモリ効果を含むバッテリの劣化
  4. 加速性の悪さ
  5. 充電ステーションの少なさ
  6. レアメタル・レアアースを駆使するので、実は環境負荷は小さくない

こうして、EV狂想曲に翳りが見られるというのは気が早すぎるだろうか。

仕事とストレス

| コメント(0) | トラックバック(0)

長年サラリーマンをやってきたが、私のように、特許部門という地味な部門の中で、予算管理や特許実務など、さらに地味な仕事をやってきたとあっては、私が仕事について語ることは、どうしても偏っていて、一般性に欠けるだろう。そこを多少無理をして、仕事とストレスという一般的なテーマについて、感じた範囲で書いてみる。

さて、仕事とストレスというとき、まず注目されるのが、仕事量というか、労働時間である。確かに、1日10時間以上毎日働いていると、疲労が蓄積する。だから、ストレスがたまったとき、それを労働時間のせいにするのは当然の発想であろう。

しかし、私の観察によると、ストレスを決定するのはまず、仕事の質である。すなわち、絶対的劣位にある分野の仕事を担当すると、そのストレスは極大になる。何をやってもうまくいかないからである。

ところが、会社にはいろいろな仕事があるもので、なにが向いているか深く考えないで仕事を割り当てられることが多いので、上記の仕事の質のミスマッチで、あちこちに絶対的劣位のブラックホールが蠢くことになる。このことは、一見、意味不明のカオス的行動となってあらわれる。

そうなったらどうするかというと、配転を申し出たり、転職するのが普通であるが、なんとか誤魔化しが利きやすいのは、人を使う管理職への昇進である。すなわち、管理職の権限をフルに活用して、部下にほとんど全て振る。すると、手配師として、絶対的劣位の暗黒から逃れることができる。

ただ、そのモードに陥ると、実務はすべて放擲し、現場に戻れなくなる。それでも、絶対的劣位に直面しないのだから、ストレスを感じないのだろうか。否である。

というのは、絶対的劣位に真正面から向き合わないで単に部下に振ることで逃げていると、それは丁度、サラ金に追われ、別のサラ金から借りてその場を凌ぐことに等しい。これを長く続けると、確実に、精神が疲弊し、あるいは硬化してくる。

それでも意地になってそのモードを続けていると、鬱病、痴呆症などの症状があらわれてくる。そもそも、現場から遊離しているので、畠から抜かれて放置された野菜のように、地面から栄養を吸い上げられないのである。

すると、管理職として絶対的劣位に出会うと、どうしても向き合うしかないということになる。早く向き合い、嫌なら配転を依頼する。それで経歴に傷がついても、人生全体を駄目にするよりよっぽどいいということになる。

実は私は、管理職のとき、不適合性を意識して、絶対的劣位を少し感じていた。それで私がやったことは、現場への密着である。少なくとも逃げなかった。それで、現場欠乏症にならず、絶対的劣位の闇を軽減した。ただ、管理職としての不適合は明らかで、専門職のように管理職に取組んでいたといってよい。そのせいか、管理職から開放されると、10年以上の実務家としてのギャップを感じさせないで、専門職として復活できた。紆余曲折あって、落ち着くところに落ち着けた。逃げたらアカンというところである。

中国の地下経済

| コメント(0) | トラックバック(0)

中国については、日中関係で述べたように最近錯綜しているが、それはさておき、以前から、コピー天国であったり、目覚しい経済成長率であったりと、そのダイナミズムに感心もしてきた。

しかし、「中国の地下経済」富坂 聰著、文春新書を読んで改めて、中国の経済の二重性に驚いた次第である。以下、私なりのメモである。

先ず、地下経済とは何かというと、政府が把握していない、非公式の経済活動である。どんな国にも、すなわち日本にだって、密輸組織、麻薬組織、その他暴力団の資金源のような地下経済はある。そういう意味で、中国に地下経済があったとしても何も意外ではないが、真に意外なのはその規模である。その規模を正確に把握することは困難であるとしても、表の中国のGDPである30兆元の半分の規模はあると言われている。一元=13円として、200兆円もの規模である。

それでは、なぜそんな地下経済が可能なのか、またどんな活動を営んでいるのか、追々みていきたい。典型的な地下経済は、闇金融というか、民間サラ金業者である。中国語で標会と呼ばれ、例えば、月3%で、6500万円程度まで貸す。せいぜいが数百万円程度で与信に時間をかける日本のサラ金と桁が違う。なぜそんな大きい額が大した与信もなく貸せるかというと、借りる本人の地域ネットワーク、親戚関係などを把握するからである。すなわち、地縁・地域ネットワークにしがらみをもつ人なら、逃げ切れない。踏み倒せない。逆に、根無し草のような人には貸さない。一方で、闇金融といえども、世界中に緻密かと膨大なネットワークをもち、大抵の人は踏み倒そうにも逃げ切れない。いざとなったら、子供の誘拐など非合法な手段も採る。そういう闇金融のドンのような人は、電話一本で130億円を動かす力をもつ。手下に荒くれの者たちもいるが、実はほとんど出番はない。大抵は平穏裡に資金を回収できる。

そういう闇金融のドンのような人は、中国の強烈な格差社会を逆手にとって、死にもの狂いでのしてきた。それこそ、命も懸けるリスクを冒し、経済発展の時流にのって成長してきた。

地下経済の別の側面は、政府高官などのマネーロンダリングの口座を提供することである。すなわち、中国では、賄賂は当然で、寧ろ賄賂で太れる地位が憧れだったりする。そういう人の財産は、まともな給料ではないので、灰色と呼ばれる。すなわち、賄賂は犯罪ではないので、黒ではない。経済刑法の概念そのものが異なるといえる。

そういう賄賂で、金銭でなく、高級煙草、高級酒、金券などが提供されることがある。そこで、それらの金券を売りさばく仕事が必要になる。その他地下経済に関連して多くの雇用が発生する。だから、地下経済は貴重な雇用源で、中国政府は、分っていても、取り締まりきれない。

地下経済のさらに別の側面は、貧民救済である。といっても、慈善団体ではない。例えば、職にあぶれた人に地下経済の金融業者は金を貸す。返せないではないかと思われるかもしれないが、抜かりがあるはずがない。すなわち、貸した金で車を買わせ、白タクを営業させる。そして、その売上げの一部を返済に充てさせる。白タク以外にも、コピー商品の工場で働かせる、密輸させるなど、合法、非合法あわせて、ともかく、能力を活用して返済させる。

こうした地下経済の金は、政府にとっても無視できない大きな力をもち、例えば、橋などの公共事業の資金としても使われる。ある闇金融の社長は、レアアースなどの資源採掘のために、自費で鉄道を引くことすらする。それでも採算がとれると踏んでいる。

中国の大きな問題点は、その巨大な格差である。すなわち、国営企業の社長は、年収8億円もの額を享受し、一方で、下層民は、月5万円以下の月収で、しかも奥さん、子供も抱え、単独ではアパートに住めないので、共同でアパートに住み、蟻族などの揶揄されたりする。

上述のように、富民の隠し資金源として、貧民の救済として、地下経済は中国社会に深く根を下ろす。それは、国家なるものを本能的に頼りにしない中国の伝統に根ざしているといえる。そうは言っても、建前上、中国共産党にとって、統治下にない巨大な経済組織があることを公式には認めたくないので、建前であるが、取締り強化策をとったりする。そして、一罰百戒で誰かを見せしめに逮捕したりする。

しかし、地下経済が本気で取り締まられることは決してない。なぜなら、地下経済は、文字どおり、中国経済の裏地なのである。表地の正統経済の裏地が地下経済なので、地下経済なしでは中国経済はたちゆかない。日本から中国に進出する企業も、地下経済に対する予備知識なしでは中国では操業できない。

考えにくいことであるが、表と裏とからなる中国経済は、表だけを正統として、賄賂も闇金融も取り締まろうとする西欧近代社会、そしてそれを模した日本社会とは別のパラダイムの社会で、意外に金融恐慌にも強い柔構造をもつ優れた社会であるという可能性もなくはない。

2008年のリーマンショックに応じた経済発動で見事危機を乗り切った中国は、経済の優等生と言われた。中国の景気にも書いたとおりである。しかし、実はそれは大変副作用のある措置で、富める者を一層富ませ、貧しい者を一層窮乏させる、マタイ効果を生じさせただけであった。

だから、民主化も反日デモも沸騰し中国共産党は大童で、ノーベル平和賞で引っ掻き回すのは冗談ではない、いい加減にしてくれ、というところであろう。

ともかく、私はまだ、現代中国を理解するための材料を揃えている途中にすぎない。ただ、地下経済の視点は、なかなか有用である。

雄の役割

| コメント(0) | トラックバック(0)

元の本を買わないで、書評だけみて読んだ気になるのは、到底読書家として好ましい態度ではないのだが、それでも、「オスは生きているムダなのか」池田清彦著、角川選書に対する新聞の書評を眺めて感じたことがあるので、コメントを書いてみる。

まず、誰もが考えることは、ディプロイド細胞生物に、どうして性があるのか、ということである。それは、この本によると、「遺伝的な多様性を増大させること」であり、それはあまりにも自明かもしれない。というのは、原核細胞生物やハプロイド細胞生物であっても、遺伝子のコピーミスや、宇宙線などのバックグラウンド放射能の働きで遺伝子の変化は生じるが、2つの異なる遺伝子が交配する有性生殖は、よりダイナミックな遺伝子の変化を生じえる。

ここまでは私も知っていたといえる。しかし、有性生殖のもう一つのメリットは、多細胞生物が遺伝子を一番効率的に修復できるのは減数分裂のときである、という事実である。そのとき、損傷している箇所で組み替えが起こる。相手のDNAが損傷しており、自分のDNAが損傷していないと、自分を鏡にして相手は自分と同じ遺伝子をつくるので、そこでDNAの修復が達成される。なるほど、それもまた、有性生殖の正当化なのかと納得である。

そういうDNA指向の見方をすると、雌こそが種の存続に本質的で、雄はDNAの片割れの担体にすぎない、というのもよくある風説にすぎない。だから、それを推し進めると、雄は、セックスを、生殖を達成すると、あとは不要ということにもなる。実際、生殖後、雌が雄を食べてしまう昆虫もいる(ある種の蟷螂だったか)。

すると、生殖能力を失った雄、そしてやがて雌も不要となり、次世代の生殖能力をもった個体に場を譲らなくてはならない。それこそが死であり、生物学的には、死は寧ろ賞賛されることとなる。

そういう論理からは、別に、雄こそが無駄ということにならない。雌だって、子育てを終えてしまえば無駄ということになる。ただ、雌の方が、授乳など、より子育てにバインドされるので、雄よりも生き延びなくてはならない。

しかし、生殖と子育てだけが生物的活動ではない。狩や暴力的抗争など、子育てにバインドされていない手空きの雄の役割が次第に増大してくる。すると、男尊女卑社会はある程度必然的に生じそうであるが、そこは自由度があって、母系社会も存在し得る。考えにくいが、授乳が終われば、雄が子育てに参加してもよい訳である。

ともかく、私が雄だからいう訳ではないが、「オスは生きているムダ」というのは、ちょっと牽強付会ではないか。雌だって、雄よりは少しだけましにしても、やはり同様に「生きているムダ」ではないか、とほとんど意味のない結論で締めくくるとする。

羽生名人の別居

| コメント(0) | トラックバック(0)

産経新聞Webによると、なんと羽生名人が、家族と別居中だという。以下、引用:

将棋の羽生善治名人(40)と元女優、理恵さん(旧姓・畠田=39)が別居していることが1日、分かった。2日発売の女性週刊誌「女性自身」が報じた。(サンケイスポーツ)

同誌によると、理恵さんは今年3月ごろから、羽生名人の住む都内の自宅を離れ、横浜市内のマンションで13歳の長女、11歳の次女と生活。同誌の直撃取材に、スケートを習う次女のためにスケートセンターの近くに家を借りたと説明した。

不仲が原因ではないというが、結婚15年目での別居。羽生名人は永世を6タイトルで獲得。史上初の全7冠獲得に向け、現在、竜王戦に挑んでいるが、2連敗と追い込まれている。別居生活の影響が出ないか心配なところだ。

日本将棋連盟広報室は今回の報道に対し、サンケイスポーツの電話取材に「その件については把握しておりません」とコメントした。

羽生が、竜王戦で、渡辺に負けるのは仕方ないとしても、ちょっと内容がよくないと思っていたら、これが原因だったのか。藤沢秀行だって、自分が出て行って外で女をつくっていたのであり、家族が出ていったわけではない。だから、というのは説明になっていないが、羽生が豪邸で一人暮らすというのは、私の常識で考えて、どうみても夫婦円満ではない。その逆に、棋士である夫が、研究のため外にマンションを借りるのは珍しい話ではないが。

やっかみもあるかもしれないが、羽生が芸能人の畠田理恵と結婚することに、女性だけでなく男性からも批判があった。一般的に芸能人の女性というのは、棋士の妻という地味な存在に甘んじることができない。数学者などの学者もそうかもしれないが、棋士というのは、将棋や囲碁が好きでなければ、退屈極まりない存在である。頭脳の中では、火花が散っているかもしれないが、外見は何も変わらない。すると、棋士の結婚相手として相応しい女性は、次の3つのうち1つである。

  1. 地味に亭主を立てることができる古風な女性。例えば、あの小沢一郎の奥さんがそうらしい。
  2. 父親が愛棋家で、棋士に対する尊敬の概念を肌で知っている女性。例えば、中原16世名人の奥さん。ただ、あれほどのスキャンダルがあっても離婚しないというのは、逆に、空恐ろしいものを感じる。
  3. 同業者。すなわち、奥さんも棋士である。どちらも同じ棋道であるのが望ましいが、囲碁の男性棋士に将棋の女流棋士の奥さんでもよいし、その逆でもよい。しかし、将棋の男性棋士に、囲碁の女流棋士というパターンは知っているが、その逆は知らない。前に、囲碁界というブログ記事で、囲碁界の狭さを批判したことがあったが、よく考えると、住む世界の広さと幸福の度合いは反比例するという、ショーペンハウアーの法則があったことを忘れていた。すると、例えば、夫婦が囲碁プロ棋士で、子供も院生で、棋士を目指している、というのは大変幸せな世界なのである。それで何が悪い。文句あるか、である。

その禁を破って、例外的に芸能人と結婚した羽生は、結婚する前からいらぬ批判を浴びてきた。そして、ときどき絶不調になるたび、夫婦仲の悪さを噂されてきた。私が思い出す羽生の不調は、2003年の6月のことである。そのとき、名人戦で森内の挑戦を受けて4タテで下した羽生は、我が世の春のような絶好調を感じていた。ところが、好事魔多しで、突然の絶不調に陥る。先ず、王位戦で谷川の挑戦を受けて、メタメタの終盤で、あっさり土俵を割ってしまう。それでも、渡辺の挑戦に対して王座は防衛したが、森内の挑戦を受けた竜王戦では、逆に4タテを食らい、内容も完敗だった。

絶好調の森内は、その後王将も挑戦したが、そこはなんとか防衛した。しかし、問題は名人で、結局、2-4で名人を奪われてしまう。18世名人を目前にしてである。それでも、18世名人に就くのは流石に羽生だろうと誰もが思った。しかし、名人を森内から奪回するのは、2009年になってからで、屈辱にも18世名人の資格を得たのは、森内なのであった。

その頃、羽生は家庭的に不和だったのかもしれない。それがあると、将棋に専念できない。それでも持ち前の才能で名人を奪回した後、今年になって勝率8割以上という好調を迎えた。それは、羽生が豪邸に一人暮らしするようになってからである。きっと、湯水のように研究に時間を費やせたのだろう。

そもそもが、豪邸に男が一人で残るというのはおかしい。奥さんと娘がマンションに移るとは、である。普通は男は、外に女を作って、女のマンションに入り浸るものであり(私はしたことはないが)、男が豪邸に一人残るのは、いかにも惨めである。もし羽生が外にマンションを借りるなら、研究のため部屋を借りたという申し訳も立つが(故山田道美など、そうしていた)、逆だと夫婦が良好な関係を維持しているというのは考えにくい。

なお、私は、羽生に別の彼女ができたという線はあまり考えない。私と一緒にしたら怒られるが、自分を顧て、羽生は女性に興味がないことはないのだが、改めて彼女をつくるというのは、面倒で、気が進まないのではないだろうか。もちろん、私と違って、望めば、羽生の彼女になりたいという女性を見つける苦労は全くないだろうが。

ともかく、週刊誌にばれたり、奥さんから責められたりして、心労が重なったのが、羽生が不調になってきたことの原因かもしれない。将棋を含め勝負とは面白いもので、棋力以外に、精神的に優位に立つと、勝ちやすい。例えば、渡辺は、うちの家庭は平和だもんね、そんな奥さんと離れて一人暮らしの人に負けないもんね、と優越感を感じることができる。

一方で羽生は、疑似独身男性として、なりふりかまわず開き直ることである。高橋道雄がそうで、離婚してからブレークした。あの歳でA級復帰且つ勝ち越しというのは、それだけで偉業である。

すると、幸福な渡辺と、開き直った羽生の、どちらが勝つか、まだ竜王戦は分からないというとになる。盛り上がれ、竜王戦(といいつつ、私は最早流れは渡辺かな、とどうしても思うのだが)。

カラオケ特許

| コメント(4) | トラックバック(0)

時事通信によると、カラオケ特許で稼げると称して、詐欺を働いている者がいるという。以下、引用:

カラオケの特許権が買えると誤解させ、高額の証書を売り付ける業者とのトラブルが増えている。「人が歌うたびに配当がもらえる」などと勧誘され1300万円を支払った高齢者もおり、消費者庁と国民生活センターが注意を呼び掛けている。

消費者庁によると、カラオケ発明者の著作権の一部とされる証書を1口約150万円で買うよう迫られたとの相談が、昨年7月以降、全国で53件あった。「ロイヤルティー(特許権・著作権などの使用料)が年60万円入る」などと説明され、うち13件は実際に購入。1300万円払った人もいた。

文化庁には、カラオケの発明者として知られる井上大佑さんの発明メモなどの著作権が2万口に分割され登録されており、業者はこれをもとに勧誘しているとみられる。井上さんはカラオケの特許は取得していない。

もし証書が本物でも、著作権はメモそのものに限定され、カラオケ装置や楽曲には及ばない。メモなどから本を出版して収益を得ようとしても、2万口の権利保有者全員の同意が必要で、非常に困難という。

相談の8割は60代以上の高齢者で、消費者庁は悪徳業者が虚偽の説明で金を集めている疑いもあるとみて、今後井上さん本人や販売している業者から事情を聴く方針。

これを見て、まあなんと稚拙な詐欺だことよと呆れた。だって、ちょっと考えてみたら、画面をみてカラオケするというそのフィーチャに特許が成立するわけがない。

で、カラオケ発明者の著作権ときた。普通、カラオケで著作権ときたら、カラオケで歌う曲の著作権だが、なんと、カラオケの発明者として知られる井上大佑さんの発明メモなどの著作権なのだという。しかも、それがご丁寧に、文化庁に著作権登録されているとは、笑止を通り越している。というのは、その著作権を侵害しようとしたら、井上大佑さんの発明メモをコピーしなくてはならない。そんな物好きなことをする人がいるとは思えない。

では、著作権の登録とは、何のためにするか。関連条文は次のとおりである。

第七十七条 次に掲げる事項は、登録しなければ、第三者に対抗することができない。
  一 著作権の移転(相続その他の一般承継によるものを除く。次号において同じ。)若しくは信託による変更又は処分の制限
  二 著作権を目的とする質権の設定、移転、変更若しくは消滅(混同又は著作権若しくは担保する債権の消滅によるものを除く。)又は処分の制限

すなわち、著作権の登録とは、権利移転のための第三者対抗要件なのであって、訴訟の要件でもない。だから、井上大佑さんの発明メモなどの著作権登録は、ほとんど意味がない。すると、上記のような著作権詐欺を働くために、2万口に分割して登録するなどという不自然なことをするとは、井上大佑さん自身も、加担している疑いが出てくる。

井上大佑さんは、1999年のタイムという雑誌に、有名人として紹介されたが、このようなことに加担しているとしたら、その後逼迫しているのだろうか。

なにしろ、あまりにも不自然な知的財産の権利行使なのだが、土地・建物・債券などと違い、知的財産は一般にあまり知られていないので、こういう詐欺が横行するのかもしれない。確かに、特許や著作権などの知的財産は、一般に馴染みがないので、社会常識がある人も、意外に基本的なことを知らなかったりする。例えば、自明なことに特許権が成立するなどの錯覚である。一方、仕事柄、知的財産には多少馴染みがある私だが、ちょっと専門がずれて、土地建物の法律となると、からっきしの素人で、簡単ないざこざの問題も解決策を思いつけない。そうしたものだろうか。

短眠力

| コメント(0) | トラックバック(0)

例によって新聞の書籍広告の欄を眺めていたら、「人生が変わる短眠力」藤本憲幸著、青春出版社という本があった。おそらく私はこの本を買うことはないが、つい短眠とは、睡眠とは、と考えてみた。

すると、私のSF的想像力では、次のとおりである。いままでブログに書いたことの繰り返しになるかもしれないが、敢えて重複を懼れず記述する。

まず、肉体を担うものは細胞たちで、細胞たちには細胞の意思がある。それはとりあえず私の意思とは独立である。

では、私の心を担うものはというと、それは脳である。といっても、脳に心が宿っているわけではない。パソコンでいうと、脳はCPUというよりも寧ろ、ネットワーク・カードである。それはとてもインテリジェントなネットワーク・カードなので、独立して計算する機能もあるが、その本質は、心的クラウド・サーバに接続する機能である。その心的クラウド・サーバから、人生を歩むパートナーである細胞たちに何か指令を出している。ある指令は聞かれるが、ある指令は、やりすごされている

もちろん脳は、デモクラティックに、細胞たちの声も聞く。ただ、脳と細胞たちは、固有振動数があまりに違うので、ずっと細胞たちとインターフェースすると、脳は疲れてしまう。そこで脳が休むのが、睡眠である。

ただ、休むという言い方は適切ではない。なぜなら、眠っている間、脳は、心的クラウド・サーバとメインに通信しているらしい。ただ、昼間、細胞たちから聞いたことは残っているので、夢として混じるものがある。だから夢は、現実と仮想が入り混じった荒唐無稽なものになることがある。

ところが、睡眠時間が長すぎるということは、細胞たちよりも、心的クラウドの方に偏って生きることである。一方、いわゆる成功というのは、現世に密着したものであるため、より細胞とのコラボに力を入れる生活となる。そういう細胞指向の生き方が短眠なのであって、ナポレオンが3時間しか寝ないでバイタリティ溢れて活躍したのは有名な話である。

一方、アイシュタインなど、10時間以上寝ていたという。心的クラウドに偏った生き方である。どういう生き方もありであるが、固有振動数と同様に固有睡眠時間というのもあり、短眠力とか長眠力とかいうものでもないと思う。

失恋に効く薬

| コメント(0) | トラックバック(0)

ゆかしメディアによると、イタリアで、失恋に効く薬が発売されているという。以下、引用:

ナンパをしない男は人に非ず。そんな恋愛大国イタリアでこのたび、何と"失恋に効く薬"なるものが発売されることになった。

イタリア人は「マンジャーレ・カンターレ・アモーレ(食べて、歌って、恋しての意味)」と、ステレオタイプのお決まりの言いまわしで語られる。なかでも彼らにとって "恋する"は、"食べる"と同じようにごく日常的な行為。恋のない人生なんて意味がない!といわんばかりである。とにかく老若男女、イタリア人の情熱には感心してしまう。

私は、恋に生きるなんで嫌である。恋はせいぜいが、敬して遠ざけるものである。それは、ソクラテスの教えでもある。

もちろん、恋に失敗もある。それを薬で癒そうとは...。これは絶対に未開の地に生息する動物のエキスからとられた秘薬に違いない!と思いきや、人間の喜怒哀楽などの感情をコントロールする脳内の神経伝達物質であるセロトニンを補うことで、否定的な恋の結末によって生じた(恋愛)依存症やうつ状態に歯止めをかけるというものだ。

隣国オーストリアのチームが開発したもので、すでにオーストリア国内では一箱18ユーロ(約2000円)で販売が開始されている。

なるほど、失恋を癒す薬とは、と感心するが、その実体がセロトニンであるとは、拍子抜けである。セロトニンであるなら、ある種の精神安定剤にも使われているのではないだろうか。

開発チームの研究者いわく、「恋は人間にうまく作用すれば最高の結果を生むが、悪く作用すると一種の病的状態に陥らせる。放置しておくと自分自身のみならず、ストーカー行為や暴力行為となって他人にも被害を及ぼす危険性がある」とまじめに指摘している。

なるほど、失恋で自暴自棄になるのを防ぐなら、それはそれなりにご利益があると言える。昔、清水健太郎で、「失恋レストラン」というのがあったが、もし「失恋クリニック」というのがあったら流行るかもしれない。そこにいくと、上記のような薬を処方してくれる。しかも、失恋では病気ではないので、鬱病として診断書を書いてくれる。すると、会社も堂々と休める。そう書くと冗談だが、それに近い事例は、本当にあるようである。

実際、他の新薬に比べて投薬実験の症例が少なく、効用のほどは未知の部分も多いそうだ。あるジャーナリストは「一つだけはっきりしているのは、遅かれ早かれ消える病に薬は必要なのかということだ」と皮肉っている。

確かに、しょっちゅう恋愛(というか片思い)して振られていると、慣れてしまうので、そのような薬は最早必要であるまい。しかし、あまり深刻な経験はないのでうまくいえないが、人生の痛撃のような失恋もあるのではないだろうか。そのような例を小説に求めるとおそらく枚挙に暇がなく、そのうちのいくつかは実体験に基づくであろう。そのようなとき人は、酒に溺れたりするが、それで肝臓をこわすくらいなら、薬効はともかく、上記の薬の意味もあるだろう。

ただ、ふと思うのだが、失恋を癒す薬も然ることながら、恋に興味がなくなる薬というのも、間接的に意味がなくないか。そう思い起こすと、私にとってそれは、スタチン系の抗コレステロールの薬である。

私以外に、抗コレステロールの薬にそういう反応をしたという人のことを聞いたことがないので、かなり体質に特異的なのかもしれないが、万人に効く抗恋愛薬というものがあったとしたら、もしかしたら、異性だけでなく、いろいろなことに対する興味も低下してしまうのかもしれない。すると、恋愛感情をもたらす仕組みというのは、スキルの4層モデルの趣向層に本質的である、ということになる。生きる意欲といってよい。これが諺にある「学を好むは、色を好むなり」の至言なのか、と今更納得する次第である。

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。