カラオケ特許

| コメント(4) | トラックバック(0)

時事通信によると、カラオケ特許で稼げると称して、詐欺を働いている者がいるという。以下、引用:

カラオケの特許権が買えると誤解させ、高額の証書を売り付ける業者とのトラブルが増えている。「人が歌うたびに配当がもらえる」などと勧誘され1300万円を支払った高齢者もおり、消費者庁と国民生活センターが注意を呼び掛けている。

消費者庁によると、カラオケ発明者の著作権の一部とされる証書を1口約150万円で買うよう迫られたとの相談が、昨年7月以降、全国で53件あった。「ロイヤルティー(特許権・著作権などの使用料)が年60万円入る」などと説明され、うち13件は実際に購入。1300万円払った人もいた。

文化庁には、カラオケの発明者として知られる井上大佑さんの発明メモなどの著作権が2万口に分割され登録されており、業者はこれをもとに勧誘しているとみられる。井上さんはカラオケの特許は取得していない。

もし証書が本物でも、著作権はメモそのものに限定され、カラオケ装置や楽曲には及ばない。メモなどから本を出版して収益を得ようとしても、2万口の権利保有者全員の同意が必要で、非常に困難という。

相談の8割は60代以上の高齢者で、消費者庁は悪徳業者が虚偽の説明で金を集めている疑いもあるとみて、今後井上さん本人や販売している業者から事情を聴く方針。

これを見て、まあなんと稚拙な詐欺だことよと呆れた。だって、ちょっと考えてみたら、画面をみてカラオケするというそのフィーチャに特許が成立するわけがない。

で、カラオケ発明者の著作権ときた。普通、カラオケで著作権ときたら、カラオケで歌う曲の著作権だが、なんと、カラオケの発明者として知られる井上大佑さんの発明メモなどの著作権なのだという。しかも、それがご丁寧に、文化庁に著作権登録されているとは、笑止を通り越している。というのは、その著作権を侵害しようとしたら、井上大佑さんの発明メモをコピーしなくてはならない。そんな物好きなことをする人がいるとは思えない。

では、著作権の登録とは、何のためにするか。関連条文は次のとおりである。

第七十七条 次に掲げる事項は、登録しなければ、第三者に対抗することができない。
  一 著作権の移転(相続その他の一般承継によるものを除く。次号において同じ。)若しくは信託による変更又は処分の制限
  二 著作権を目的とする質権の設定、移転、変更若しくは消滅(混同又は著作権若しくは担保する債権の消滅によるものを除く。)又は処分の制限

すなわち、著作権の登録とは、権利移転のための第三者対抗要件なのであって、訴訟の要件でもない。だから、井上大佑さんの発明メモなどの著作権登録は、ほとんど意味がない。すると、上記のような著作権詐欺を働くために、2万口に分割して登録するなどという不自然なことをするとは、井上大佑さん自身も、加担している疑いが出てくる。

井上大佑さんは、1999年のタイムという雑誌に、有名人として紹介されたが、このようなことに加担しているとしたら、その後逼迫しているのだろうか。

なにしろ、あまりにも不自然な知的財産の権利行使なのだが、土地・建物・債券などと違い、知的財産は一般にあまり知られていないので、こういう詐欺が横行するのかもしれない。確かに、特許や著作権などの知的財産は、一般に馴染みがないので、社会常識がある人も、意外に基本的なことを知らなかったりする。例えば、自明なことに特許権が成立するなどの錯覚である。一方、仕事柄、知的財産には多少馴染みがある私だが、ちょっと専門がずれて、土地建物の法律となると、からっきしの素人で、簡単ないざこざの問題も解決策を思いつけない。そうしたものだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2016

コメント(4)

>「ロイヤルティー(特許権・著作権などの使用料)が年60万円入る」

 法律も何も、こんなこと言われた時点で「あやしい」と感じない方が不思議ですけどね。ただ、被害者には高齢の方もいて、判断力など鈍っていたのかも知れませんが。
 著作権の誤用を世の中に広めて先日亡くなった「あの方」の亡霊を見ているようです。

> 著作権の誤用を世の中に広めて先日亡くなった「あの方」の亡霊を見ているようです。

ええと、そんな人いましたっけ。東大の中山教授はまだご存命だし。

>ええと、そんな人いましたっけ

 ↓を始めた方ですよ。
http://www.jpaa.or.jp/consultation/protect/care/care3.html

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月 2日 00:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「短眠力」です。

次のブログ記事は「羽生名人の別居」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。