羽生名人の別居

| コメント(0) | トラックバック(0)

産経新聞Webによると、なんと羽生名人が、家族と別居中だという。以下、引用:

将棋の羽生善治名人(40)と元女優、理恵さん(旧姓・畠田=39)が別居していることが1日、分かった。2日発売の女性週刊誌「女性自身」が報じた。(サンケイスポーツ)

同誌によると、理恵さんは今年3月ごろから、羽生名人の住む都内の自宅を離れ、横浜市内のマンションで13歳の長女、11歳の次女と生活。同誌の直撃取材に、スケートを習う次女のためにスケートセンターの近くに家を借りたと説明した。

不仲が原因ではないというが、結婚15年目での別居。羽生名人は永世を6タイトルで獲得。史上初の全7冠獲得に向け、現在、竜王戦に挑んでいるが、2連敗と追い込まれている。別居生活の影響が出ないか心配なところだ。

日本将棋連盟広報室は今回の報道に対し、サンケイスポーツの電話取材に「その件については把握しておりません」とコメントした。

羽生が、竜王戦で、渡辺に負けるのは仕方ないとしても、ちょっと内容がよくないと思っていたら、これが原因だったのか。藤沢秀行だって、自分が出て行って外で女をつくっていたのであり、家族が出ていったわけではない。だから、というのは説明になっていないが、羽生が豪邸で一人暮らすというのは、私の常識で考えて、どうみても夫婦円満ではない。その逆に、棋士である夫が、研究のため外にマンションを借りるのは珍しい話ではないが。

やっかみもあるかもしれないが、羽生が芸能人の畠田理恵と結婚することに、女性だけでなく男性からも批判があった。一般的に芸能人の女性というのは、棋士の妻という地味な存在に甘んじることができない。数学者などの学者もそうかもしれないが、棋士というのは、将棋や囲碁が好きでなければ、退屈極まりない存在である。頭脳の中では、火花が散っているかもしれないが、外見は何も変わらない。すると、棋士の結婚相手として相応しい女性は、次の3つのうち1つである。

  1. 地味に亭主を立てることができる古風な女性。例えば、あの小沢一郎の奥さんがそうらしい。
  2. 父親が愛棋家で、棋士に対する尊敬の概念を肌で知っている女性。例えば、中原16世名人の奥さん。ただ、あれほどのスキャンダルがあっても離婚しないというのは、逆に、空恐ろしいものを感じる。
  3. 同業者。すなわち、奥さんも棋士である。どちらも同じ棋道であるのが望ましいが、囲碁の男性棋士に将棋の女流棋士の奥さんでもよいし、その逆でもよい。しかし、将棋の男性棋士に、囲碁の女流棋士というパターンは知っているが、その逆は知らない。前に、囲碁界というブログ記事で、囲碁界の狭さを批判したことがあったが、よく考えると、住む世界の広さと幸福の度合いは反比例するという、ショーペンハウアーの法則があったことを忘れていた。すると、例えば、夫婦が囲碁プロ棋士で、子供も院生で、棋士を目指している、というのは大変幸せな世界なのである。それで何が悪い。文句あるか、である。

その禁を破って、例外的に芸能人と結婚した羽生は、結婚する前からいらぬ批判を浴びてきた。そして、ときどき絶不調になるたび、夫婦仲の悪さを噂されてきた。私が思い出す羽生の不調は、2003年の6月のことである。そのとき、名人戦で森内の挑戦を受けて4タテで下した羽生は、我が世の春のような絶好調を感じていた。ところが、好事魔多しで、突然の絶不調に陥る。先ず、王位戦で谷川の挑戦を受けて、メタメタの終盤で、あっさり土俵を割ってしまう。それでも、渡辺の挑戦に対して王座は防衛したが、森内の挑戦を受けた竜王戦では、逆に4タテを食らい、内容も完敗だった。

絶好調の森内は、その後王将も挑戦したが、そこはなんとか防衛した。しかし、問題は名人で、結局、2-4で名人を奪われてしまう。18世名人を目前にしてである。それでも、18世名人に就くのは流石に羽生だろうと誰もが思った。しかし、名人を森内から奪回するのは、2009年になってからで、屈辱にも18世名人の資格を得たのは、森内なのであった。

その頃、羽生は家庭的に不和だったのかもしれない。それがあると、将棋に専念できない。それでも持ち前の才能で名人を奪回した後、今年になって勝率8割以上という好調を迎えた。それは、羽生が豪邸に一人暮らしするようになってからである。きっと、湯水のように研究に時間を費やせたのだろう。

そもそもが、豪邸に男が一人で残るというのはおかしい。奥さんと娘がマンションに移るとは、である。普通は男は、外に女を作って、女のマンションに入り浸るものであり(私はしたことはないが)、男が豪邸に一人残るのは、いかにも惨めである。もし羽生が外にマンションを借りるなら、研究のため部屋を借りたという申し訳も立つが(故山田道美など、そうしていた)、逆だと夫婦が良好な関係を維持しているというのは考えにくい。

なお、私は、羽生に別の彼女ができたという線はあまり考えない。私と一緒にしたら怒られるが、自分を顧て、羽生は女性に興味がないことはないのだが、改めて彼女をつくるというのは、面倒で、気が進まないのではないだろうか。もちろん、私と違って、望めば、羽生の彼女になりたいという女性を見つける苦労は全くないだろうが。

ともかく、週刊誌にばれたり、奥さんから責められたりして、心労が重なったのが、羽生が不調になってきたことの原因かもしれない。将棋を含め勝負とは面白いもので、棋力以外に、精神的に優位に立つと、勝ちやすい。例えば、渡辺は、うちの家庭は平和だもんね、そんな奥さんと離れて一人暮らしの人に負けないもんね、と優越感を感じることができる。

一方で羽生は、疑似独身男性として、なりふりかまわず開き直ることである。高橋道雄がそうで、離婚してからブレークした。あの歳でA級復帰且つ勝ち越しというのは、それだけで偉業である。

すると、幸福な渡辺と、開き直った羽生の、どちらが勝つか、まだ竜王戦は分からないというとになる。盛り上がれ、竜王戦(といいつつ、私は最早流れは渡辺かな、とどうしても思うのだが)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2017

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月 2日 21:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カラオケ特許」です。

次のブログ記事は「雄の役割」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。