コピペ

| コメント(4) | トラックバック(0)

インターネットが普通に使われるようになった10年くらい前から、学生のレポートでコピペが蔓延った。当然といえば当然でそれがレポートとして形をもったものを用意するための最も安易な方法だからである。一方、、当時大学の教授は、分っていても苦笑いしながら見過していたケースが多いような気がする。すなわち、特に研究指向の大学教授にとって、学生のレポートを読むというのは退屈な仕事で、すると、コピペされたレポートを適当にやり過ごすというのも一つの手だからである。

しかし、その程度があまりにひどくなってきて、毎日新聞の記事によると、情報工学系の大学の先生に、そのもてる技術を駆使してコピペを検出しようとする人が出てきた。例えば、阪南大学の花川典子教授である。すなわち、レポートの内容を、主要なインターネット・サイトを巡回して、自動的に比較し、コピペの惧れがある内容を検出する。学内の250台のパソコンが手分けして、各レポートから5つのキーワードを抽出し、そのキーワードを含む上位310のサイトを開いてレポートと照合する。そして、コピペの疑いがあるレポートの部分を赤く表示する。

花川教授はこの夏、前期の期末データとして電子データで提出された58科目5420点のレポートに対してコピペ検出の実験をしてみたところ、12時間半で処理を終え、4割にコピペの疑いがあるという結果を出したそうである。

キーワードで検出するので、多少語尾を変えても検出できるが、正しい引用を明記したレポートもひっかかる。従って、最終的には教員が目で確認する必要がある。

一方、金沢工業大学の杉光一成教授のアイデアに基づく、コピペルナーという製品もある。杉光教授は、もともと文系のバックグラウンド(慶應義塾大学法学部)であるが、法政大学大学院で電気工学を専攻し、知的財産の分野では著名人である。当然に関連の特許出願もあり、特開2009-205674は、学校法人金沢工業大学が出願人で、下記がその請求項1である:

【請求項1】
判定対象となる判定対象データの中で、文献データが引用されているか否かを判定するための引用判定支援装置であって、
前記判定対象データの中から、前記文献データの引用の有無の判定範囲を特定する判定範囲特定手段と、
前記文献データの中から、前記判定対象データとの比較範囲を特定する比較範囲特定手段と、
前記判定範囲特定手段にて特定された前記判定範囲の記述内容を、前記比較範囲特定手段にて特定された前記比較範囲の中から検索し、前記判定範囲の記述内容と前記比較範囲の記述内容の相互の類似度を算出する類似度算出手段と、
前記類似度算出手段にて算出された前記類似度が所定の閾値以上である場合に、前記判定範囲が前記比較範囲を引用していると判定する文献引用判定手段と、
前記文献データの前記比較範囲を引用している前記判定対象データの前記判定範囲を出力する出力手段と、
を備えたことを特徴とする引用判定支援装置。

ううん、この請求項1ではちょっと進歩性厳しいよね、と職業意識が働くが、これは229段落、42図もある労作である。その豊富なコンテンツをベースに減縮すればなんとか特許になるのだろう。

一方で、大学は、コピペに対する罰則を強化しようとする。例えば、一橋大は、授業履修のルールとして、コピペが不正な行為であることを明記した。コピペルナーも導入した。早稲田大は、コピペに対して最大3ヶ月の停学処分を課すとともに、その学期に履修していた全ての登録を無効にする。

一方、慶応大学は、引用部分を明確にするようにとルール付けする。それは私のブログと同じ方針である。私は便利なので結構引用してブログを書く。ただ、引用部分を明記して、なるべくオリジナリティを出そうとは努力している。

私の意見は、早稲田の基準は厳しすぎで、慶応程度でいいのではないか、というものである。というのは、前説に全く依拠しないオリジナルな仕事というのはなかなかないので、引用しつつわずかなオリジナリティを出すのが妥当だと思うからである。コピペを罪悪視しすぎては、角を矯めて牛を殺すことになりかねない、という甚だオリジナリティのない意見で締めくくるとする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2025

コメント(4)

ハーバード大学のコピペに対する方針です。何だかとても大変なことになりそうです。
http://isites.harvard.edu/fs/docs/icb.topic25367.files/Plagiarism_Policy.htm

 この業界に入る前は、この業界の仕事って、お客様の文章をコピペして体裁整えるだけで楽勝だと思ってましたが、大間違いでした。
 話は飛びますが、小学校~高校までの国語のカリキュラムに、確実に相手に理解される文章を書くというのを入れてくれませんかねぇ・・・仕事にかかる前に、資料の解読が必要なケースが余りにも多いので、胃袋を穴だらけにしてしまいました(が、痩せません;愚痴ですね、済みません)。

> ハーバード大学のコピペに対する方針です。

一流大学ほど、コピペに厳しいのですね。流石です。ただ、巧妙なコピペというのは、それはそれで工夫を要するので、大したものだとも思いますが。

> 確実に相手に理解される文章を書く

これは実は難事なのです。かつて、ある出版社の人から、東大教授であっても、なかなか理解できる文章を書いてくれなくて困ると聞きました。ましてや、普通のサラリーマンでは一層困難です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月 9日 06:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「零集合」です。

次のブログ記事は「ネット・バカ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。