ネット・バカ

| コメント(0) | トラックバック(0)

コンピュータ依存症、インターネット依存症である私は、いろいろな批判があっても、膨大な知識が得られるインターネットの世界を素晴らしいものと思ってきた。なにしろ、eメールを10分おきにチェックしていないと不安になる。eメールへの返信が驚くほど早いですねと言われて、鼻高々なのである。

そんな私は、「ネット・バカ」ニコラス・G・カー、青土社という本の存在を知っていても、あえてしばらく無視していた。どうせ、インターネットをやる奴は馬鹿になると書き連ねているのだろう、そんな奴は、時代遅れになって時代から忘れ去れればいいとさえ思った。

といいつつ、私は、よく考えると、梅田望夫氏の手放しのウェブ賞賛にもついていけないものを感じていた。あまりにも楽観的なのである。それで、アンチ・インターネットの言説もみてみたくて、「ネット・バカ」を眺めてみた。

すると、ハタと手を打ったのは、脳というものが、いかに社会文化的な制約を受けるというくだりである。正しく要約できないで私が勝手な説を述べているという惧れを気にしないで書いてみると、もともと人間は、文字をもたず、膨大な記憶の伝承で生きていた。その最後の名残がソクラテスである、といえる。おそらくソクラテスは、沢山しゃべり、多くの人と議論したが、彼は一片の書き物も残さなかった。ソクラテスにとって、書き物は堕落だった。なぜなら、人は、書き記すことで忘れてしまうのである。だから、プラトンは、ソクラテスの思想を、相当プラトンなりに脚色してではあるが、書き物として残すという点で、ソクラテスのよい弟子ではなかった。

ともかくこれは言える。人は、書き物を残すようになって、明らかに記憶力を失っていった。それでも、手書きの書き物はなかなか広く流通しないので、一部の知的エリートだけの専有物であった。

ところがクーテンベルグが印刷術を発明すると、知識が、書物という形式で、一気に広まった。それは知識の広まりという意味ではしても意義が大きかったが、溢れる書物の知識に頼るだけで自分のオリジナルな考えをもたない人達の出現を許した。こうして書物は、人間から、何ほどか独創性と想像力を奪ったのである。

それでも、書物は、数世紀に亘って、有効な知的ツールであったが、今世紀になって、一気に知的ツールの座をインターネットに奪われた。書き物は人間から何ほどか記憶力を奪い、印刷術は人間から何ほどか独創性を奪ったが、では、インターネットは人間から何を奪ったのかというと、「ネット・バカ」によると、それは知的忍耐力と思考力である。

私はもともと、注意散漫な、集中力の欠ける人間である。だから、長い本をじっくり読む忍耐力はあまりない。10ページも読むと飽きてしまう。それでも、最近特に、堅い本をじっくり読めないと一層感じるのは、「ネット・バカ」によると、私がインターネットの世界に耽溺しすぎているからである。そういえば、私の仕事のやり方も、10分間これをやり、次にこれをやりと、とても飽きやすいもので、生産性こそあまり下がっていないものの、どうみても掘り下げの浅い仕事があることも否定できなかった。だから以前に、マルチスレッドとして自慢げに書いたことも、実は細切れの知性の惨めさを披露しただけのことかもしれないのである。

そこで私が最近始めたことは、インターネットのダイエットであり、長い本をじっくり読むこと、数学関係の本を読みつつ計算をすることである。ただ、習慣とは恐ろしいもので、インターネットのダイエットは、食べ物のダイエットほど成功していない。長い本は、20ページくらいのところに付箋がつけられたままであり、計算はあまりにも間違えるので、自己嫌悪に陥っている。

実は、インターネットのダイエットは、「ネット・バカ」の影響だけでもない。友人と議論していて、勝海舟がいかに偉いかということと、その偉さが、若い頃貧乏だったので本を買えず、知り合いのところで丸ごと写本していたから、という話になって、そういう非能率な努力が実はいかに知性を涵養するかという議論で盛り上がったからである。

実際、語学はしゃべり手を動かさなくてはならないし、数学は自分で計算しなくてはならないし、コンピュータはプログラムを書いてみなくてはならない。単にネットサーフィーンしてリンクを辿るだけでは、実際はほとんど何も読んでいない、と「ネット・バカ」にある。そのとおりだと思う。この歳になって手遅れということもまだあるまい。完全には避けられなくても、多少なりとも脱「ネット・バカ」を図ろうと誓った次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2026

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月10日 01:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コピペ」です。

次のブログ記事は「感性の仕事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。