やせる病気

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日友人に、ダイエットして痩せて調子もよいと、半分自慢げに話したら、どうも痩せてやつれて見えたらしくて、原因不明に食欲がセーブできて激やせし、自覚症状が全くないという病気があるそうで、それは、「橋本病」と「バセドー病」のどちらかもしれないという。

私は、結婚する前はコンスタントに68キロだったのに、結婚してからは一気に76キロまで増え、その後、ちょっと気を許すと80キロまで増えてしまうのが常だった。それで、仕方なくダイエットの真似事をしてみると、なんとか75キロまでは下がるのだが、仕事が多忙だったりしてストレスが溜まると、食欲が昂進し、すぐに80キロにリバウンドしたものだった。今年に入ってから、父親の病気のことが更なるストレスになり、体重が85キロを超えてしまった。そこで、これはいかんとダイエットしたのだが、あれよあれよと体重を減らすことができ、71キロ前後まで落ちた経緯は、こちらに書いたとおりである。

今回、ダイエットし始めて、不思議なのは、食欲をセーブすることにあまり苦労しないのである。だからといって、食欲はないわけではない。喩えてみると、食欲はちゃんと隣の部屋にいるのである。だから、呼べば、どうかしたか、とこちらに来るのだが、呼ばないかぎり、隣の部屋で寝転がってこちらに来ない。また、適当に食べたら、もういいだろ?と面倒くさがって、隣の部屋に戻る、こんな感じである。こんな経験は、いままでしたことがない。

それが病気ではないか、と言われたら、否定もできないので、ちょっとウェブで調べてみた。

まず、橋本病であるが、それはどうも、甲状腺機能低下症のことらしい。症状は、以下のとおりである。

甲状腺ホルモンの量が不足して、新陳代謝が低下し全てが老けていくような症状がみられます。無気力で頭の働きが鈍くなり、忘れっぽく、ひどくなると痴呆の原因の1つにもなります。寒がりで皮膚も乾燥してカサカサになったり、体全体がむくみ、髪も抜け、眠気がありボーッとして活動的でなくなります。

言い訳ではないが、多分、頭の働きは低下していない。例えば、会社でのメインの仕事として、特許出願明細書を書くことがあるが、特にダイエットし始めてから、件数が最高のパフォーマンスである。かなり難しい案件もこなした。忘れっぽくもなっていないような気がする。ただ、全く病気でないという否定はできない。むくんではないが、ちょっと活動的でなくなったのは確かである。

一方のバセドー病は逆に、甲状腺ホルモンが必要以上につくられてしまう病気である。症状は次のとおりである。

まず新陳代謝が活発になり、その為に常にジョギングしているような状態で、脈拍が速く、汗が多く、暑がりで疲れやすくなる、37.5℃前後の微熱といった症状が現れます。精神的には、落ち着きが無く、いらいら感や不眠になり、食欲が増しても体重が減ってしまう人や、むしろ食べ過ぎて体重が増えてしまう人もいます。

どちらも該当しない思うが、もしどうしてもどちらかを選ぶなら、橋本病のほうだろう。そういう二択も変であるが。

私が寧ろ恐れるのは、ダイエットが自己目的化してしまって、体重が軽ければ軽いほどよいと心が思って、次第に拒食症になることである。だから、定期的にきちんと食べるようにはしている。食べたあと体重計に必ず乗るのは、リバウンドだけでなく、減りすぎの注意もある。

ただ、運命の流れで、次第に食が細くなって衰弱していくなら、それも仕方ない。ゲーデルも空海も、自ら食を絶って亡くなった。そういう偉人の列に加われるなら寧ろ光栄である、というのはまあ、悪い冗談である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2030

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月13日 06:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「宇宙ホログラム説」です。

次のブログ記事は「アシスト力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。