トリアージ

| コメント(5) | トラックバック(0)

「9割の病気は自分で治せる」岡本裕著、中経文庫によると、病気というのは、次の3つのカテゴリーに分けられるという。ちなみに、岡本氏は、大阪大学出身の医師で、大学病院、大阪大学細胞工学センターなどを経て、現在は臨床医を離れて、eクリニックを主宰する。

  • カテゴリー1:医者がかかわってもかかわならなくても治療する病気
  • カテゴリー2:医者がかかわることによって初めて治療に至る病気
  • カテゴリー3:医者がかかわってもかかわならなくても治療に至らない病気

この3つの場合で尽きることは論理学的に見やすいが、問題は、その内容と割合である。カテゴリー1に該当するのは、高血圧症、糖尿病、肥満症、高脂血症、痛風、便秘症、頭痛、腰痛症、不眠症、自律神経失調症などである。岡本氏は、カテゴリー1がもしかして、全体の95%に達するのではないかという。

一方、カテゴリー3の病気というのも確かにあって、例えば、悪性の癌、神経機能障害、神経変性疾患などである。ただ、当然にカテゴリー3だから医者は無用ということにはならなくて、痛みの緩和、化学療法、癌なら延命治療などやるべきことはいろいろある。

とはいえ、医者がもっともその存在意義を主張できるのは、カテゴリー2の病気や怪我である。岡本氏が例として挙げるのは、急性硬膜外血腫。手術しないと確実に死に至るが、手術することできちんと治療できる可能性が高い。

病気全体の中で、カテゴリー1が全体の95%を占めるとすると、残りの5%がカテゴリー2とカテゴリー3であり、医師不足が叫ばれるなか、そのリソースは、カテゴリー2とカテゴリー3に傾注されるべきであろう。そのための病気の見立てというか緊急度に応じた仕分けを、トリアージという。

例えば、こんな病院があったらどうなるだろうか。診療を受けにいくと、入り口に医師がいて、まず検査される。そして、軽い風邪など、あきらかにカテゴリー1に該当すると分ったら、そこで門前払いとなる。費用も請求されない。こうすると、その関門を突破した「真の」患者だけが診てもらえる。医者は、じっくりと治療に専念できる。

こんな病院は日本ではまず成立しえない。採算があわないのである。現在の医療保険制度だと、病院は薄利多売で廻さなくてはならない。要するに、数をこなさなくてはならない。すると、もしかして95%を占めるようなカテゴリー1の患者が、利益のターゲットとなる。診ても診なくてもほとんど関係ないような軽い患者を多数診ることで病院の利益が成立する。その際の利益の大きい部分を、カテゴリー1に該当する慢性病に対する薬が占める。例えば、高血圧症、糖尿病、肥満症、高脂血症、便秘症、頭痛、不眠症などの薬である。私の知る範囲で、スタチン系の高脂血症の薬は、製薬会社の最大の利益源である。もしかして、医師会と製薬会社が結託しているのではないかとおもわれるのは、健康診断での血圧やコレステロールなどの正常基準値が次第に下げられてくる傾向にあることである。そうして、これはこの薬を飲みつづる必要がありますね、といわれると、律儀な日本人は、家族のため会社のため、健康を維持しなくては、と素直にアドバイスに従う。

しかし、スタチン系の高脂血症の薬を飲み続けることの害を知ってしまったので、私はもう二度と高脂血症の薬を飲むことはないだろう。さらに岡本氏は、高血圧症や糖尿病の薬を常飲することの危険性を指摘する。すなわち、常飲によって、体の血圧調整機構や血糖値調整機構が機能低下して、一層薬に依存しなくてはならなくなる。これは、ロングレンジには、逆に健康を損なうことにるなりかねない。

それではどうするかというと、岡本氏は、ダイエット、スポーツ、健康体操、食事療法、中国医学などを提唱する。ここで中国医学が出てくるのは少し意外であるが、岡本氏はその分野を研究してもいるようである。ただ、客観的にみて、ダイエット1つをとってみても、かなり強い意志がないと達成できない。すると、飲むだけで済む慢性薬に頼るというのは多くの人がどうしても採るところだろう。高血圧症肥満症そして高脂血症であっても、酒も飲みたい、グルメもしたい、では仕方ないか。

ただ、医師の側も、カテゴリー1の病気で稼げるなら、それに越したことはない。なぜなら、カテゴリー1の病気は、やりがいはあまり感じられないとしても、命にかかわらないので気が楽であり、下手したら、適当に薬を処方しているだけで患者をやり過ごせてしまう。注射や実際の治療をするのはほとんど看護師なので、手も下さない。実際、そういう町医者を私は何軒も知っている。そんな傾向を感じて、脳神経外科、心臓外科、産婦人科、小児科など、間違えると命にかかわり、体力も消耗する診療科目を担当したい医者が減ってくる。すると、眼科、皮膚科、精神科、内科など、あまり重大な疾病のない、相対的に気楽な科目に就く医者が増える。これもまた、ある科目での医師不足の一面ではないか。

岡本氏は、本来、医師はカテゴリー2の病気の治療に傾注すべきであり、また、医学研究者は、カテゴリー3の病気を、カテゴリー2にすべく努力すべきであるという。実際、結核など、相当昔はカテゴリー3であったが、カテゴリー2に引き上げられた。

岡本氏の言うところを私が拡大して解釈すると、医師の資格制度を変えて、カテゴリー1の病気は、医師でなく、看護師、保健師、鍼灸師などが合法的に診れるようにしてもよいのかもしれない。実際、ベテランの看護師だと、下手な医師よりも治療方針に詳しい人もいる。あるいは、弁護士に対する司法書士または行政書士のような立場で、専門学校レベルで取得できる準医師のような資格もあってもよいのではないか。すると現在、古参の弁護士で、スキルが時代遅れになって仕事がもらえない人も出てきているように、医師でも食べていけなくなる人も出てくるかもしれないが、そういう競争世界というのもある程度仕方ないのではないだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2033

コメント(5)

>スタチン系の高脂血症の薬を飲み続けることの害を知ってしまったので、私はもう二度と高脂血症の薬を飲むことはないだろう
高脂血症だLDL高だと健康診断で毎年言われていて治療すべきかと悩んでいた所、日本脂質栄養学会からコレステロールガイドランなるものが今年出ました。コレステロール値が高く、高脂血症と診断された人の方が、そうでない人よりも脳卒中の死亡率が低く、症状も軽くなるとか、LDLコレステロール値が高い方が長寿に結びつくなど、今までと正反対の事実が書かれています。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsln/guideline/guideline-abstractPDF.pdf

> コレステロール値が高く、高脂血症と診断された人の方が、そうでない人よりも脳卒中の死亡率が低く、症状も軽くなる

私もそういう記事を見たことがあります。もはや、コレステロールは、気にしなくてよいと思います。

>コレステロール値が高く、高脂血症と診断された人の方が、そうでない人よりも脳卒中の死亡率が低く、症状も軽くなる

 高体重・高中性脂肪で外見メタボな私にとって、これは良い情報です。別に長生きもしたくはありませんが。
 私の体格を見て、みなさまメタボを気遣って下さるのですが、血圧110~120台、中性脂肪以外に血液検査に異常がないのです。痩せても、高血圧で糖尿とかいう方も多いので、ひとは色々というこってすかねぇ?

自己レスであるが、特許事務所でトリアージして、「お客さん、こんな発明、特許出願しても権利になりっこありませんよ。」と断っていたら、商売あがったりになるかもしれない。

そこで、ポルノグラフィティのサウダージのメロディーで、♪私は商売、あがったりになるわけにはいかないから、そんなことできない、絶対無理なのトリアージ♪と歌うことにしよう。

> 私の体格を見て、みなさまメタボを気遣って下さるのですが、血圧110~120台、中性脂肪以外に血液検査に異常がないのです。

小松さんは運動しているからいいのでは。私なんか、ダイエットしたらげっそりやつれて見えて、病気じゃないのか?と言われる始末です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月16日 06:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コモノート」です。

次のブログ記事は「ヘパトカイン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。