ヘパトカイン

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、肝臓で作られ、糖尿病などを引き起こすホルモンを、金沢大のチームが発見したという。以下、引用:

肝臓で作られるホルモンがインスリンの機能低下にかかわり、糖尿病などを引き起こすことを、金沢大病院の金子周一教授らの研究グループが発見した。このホルモンに「ヘパトカイン」と命名。米科学誌「セルメタボリズム」に掲載された。ヘパトカインの生成を抑制できれば、新たな治療法になると期待される。

脂肪細胞には、血糖値を下げるホルモン「インスリン」の効き目を低下させるなど生活習慣病を引き起こす物質がある。金子教授らは肝臓にも同様の物質があると推測。肝臓で生成され血糖値に関与するホルモン群を調べ、糖尿病患者の血中に、「セレノプロテインP」という分泌たんぱくが通常の1・5倍以上多いことが分かった。

金子教授は「生活習慣病に肝臓がかかわるメカニズム解明がさらに進めば、新たな治療・診断の開発に貢献できる」としている。【近藤希実】

このホルモンの発見は、血糖値のコントロールという意味で、メタボはなぜよくないかで記述した一連の研究と同様のパラダイムにあるものである。そこには、脂肪細胞がアデイポサイトカインを出すことで、糖尿病や高血圧を促進するとあるが、ヘパトカインも類似の作用をもつとすれば、ヘパトカインとアデイポサイトカインの相関関係は如何に、という疑問も当然に出てくる。

さらに、メタボ医学という意味では、ヘパトカインと脂肪肝の関係はどうなのかという疑問もある。というのは、勢いでダイエットしてみたものの、冷静に考えてみると、過度の肥満でなければ、健康に対する悪影響は小さいのではないかと思えてきたからである。メタボ医学は、製薬会社の思惑が跳梁し、また最大の利益の源ともなっているフィールドなので、表面的なニュースに躍らされず、科学的事実をみつめる必要がある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2034

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月17日 00:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トリアージ」です。

次のブログ記事は「知事の育休」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。