ダイエット制御

| コメント(0) | トラックバック(0)

ハードティスクでは、別のトラックにヘッドを移動するシーク・モードと、目的のトラックに到着したら、そのトラック上を追随するトラッキング・モードがある。で、誰も読まないし興味をもたないと思うが、私のダイエット方法を、ハードティスクの動作に擬えて説明する。

シーク命令:シーク命令とは、痩せなさいという命令であって、私の場合、痩せないと健康的にまずいという司令が下った。どこから下ったのか、今でも不明である。家族なのか、深層心理なのか、霊界なのか、わからない。

シーク動作:シーク命令に応答して、シーク動作が行われる。シーク命令には、開始トラック番号である、86キロと、目的トラック番号である、74キロ付近という情報が書かれている。シーク命令が、コントローラに渡されると、コントローラは私に、土日は、なるべく、ヨーグルトと野菜ジュースだけで凌ぐように指示する。普通はそこで、指示とは逆方向のイナーシャがヘッドにかかるのだが、なぜかうまくフィードバック信号が働いた。当然だが、シーク動作中に、飲み会などの擾乱信号が入り、ジッターが生じたが、今回のコントローラは、制御ロジックがしっかりしていて、短時間でヘッドを安定化させた。こうして比較的短時間で、74キロ付近までシークできた。そこでヘッドはトラッキング・モードに入るはずなのだが、なぜかまだシークが続く。コントローラの制御ロジックのバグかもしれない。そして、意に反して、71.5キロあたりで、ヘッドがトラッキング・モードに入った。

トラッキング動作:トラッキング動作では、土日の食事が、ヨーグルトと野菜ジュースから通常に戻った。ただ、注意としては、普段であれ、土日であれ、一切間食しないし、腹7分目以上食べることはまずない。ときどき飲み会があったとしても、一切間食しないし、腹7分目以上食べることをしないという習慣を続けることにより、肥ることはない。ただ、トラッキング動作の自動制御のため、少なくとも一日2度、すなわち、朝起きたときと、寝る前には体重測定する。そして、71.5±0.5キロ程度に収まっていることを確認する。それがトラッキング範囲なのである。なお、トラッキング動作中に、サージとして、空腹感が襲うことがある。ここで空腹感に負けて食べると、トラッキングの制御から外れる。そこで私が考えだした方法は、焼き海苔をかじることである。焼き海苔をかじってお茶を飲むと、とりあえず空腹感を抑えられる。また、ミネラルを補給しつつ、カロリー摂取も最小限にとどまる。

このダイエット・コントローラのロジックが、どれほど安定か、いつまで安定かさっぱり分らない。ただ、ありえるのは、シーク命令に従い痩せたので、今度は別のシーク命令で、80キロあたりに戻りなさいときたときが、ダイエットからの決別である。意思の仕組みは不透明で困るのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2039

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月21日 07:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「左手アミノ酸ワールド」です。

次のブログ記事は「選択と集中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。