選択と集中

| コメント(0) | トラックバック(0)

経営学の本を読んでいると、選択と集中ということがよく言われる。その典型はGEで、不採算部門であった電機事業を切り離して、医療機器や、金融関係に大幅にシフトした。その経営者の判断が絶賛され、そうしていないと今のGEの隆盛はなかっただろうと締めくくられる。

これを一般化すると、われわれも、日常生活で、選択と集中をやるべし、ということになる。例えば、遊ぶ時間を減らして勉強に集中する、などである。あるいは、会社の業務だと、付加価値の低い仕事から、付加価値の高い仕事にシフトする、などである。

しかし、特に、会社の業務の場合、思わぬ陥穽が待ち受けている。すなわち、会社で割り当てられる業務には、コアの仕事、会社の業績に直結する仕事だけでなく、それらのコアの仕事の周辺の事務作業や、一見どうでもいいような仕事が含まれているので、そこでつい、選択と集中を適用して、どうでもいいような仕事は思い切り手抜きして、自分が重要と判断する仕事にフォーカスしたくなる。なぜなら、会社の評価は、そのコアの仕事だけでなされると判断しがちだからである。

ところが、会社の仕事も意外に複雑系で、一見どうでもいいような仕事も、別の仕事や人脈につながっている。従って、適当に流した仕事が、めぐり巡ってどこかで不評を買ったり、別の仕事の質の低下につながっている、ということは十分ありえる。

また、人間は、あることに手抜きしたとき、一方で、他の仕事に全力を尽くすということが難しいような精神構造をもっている。どうしても、手抜きで楽をすることに全体が引き摺られてしまうのである。だから、張栩でも、大山康晴でも、その道の一流の人は、一つ一つの仕事に全力を尽くすことを心がける。そうしないと、ここ一番の仕事も劣化してしまうのである。

すると、個人の持分の仕事内で、手抜きをすることによって選択と集中を実行することは相応しくない、ということになる。そうはいってもリソースは有限である、というなら、ある部分は思い切って他人にアサインし、あるいはアウトソースする、という形で選択と集中を実行することになるが、これは、組織では、自分だけの判断ではなしえず、上位マネジメントとの調整が必須である。

しかも、そうやってアウトソースすることは、確実に、その分野のスキルの低下につながる。アウトソースの結果をレビューすればスキルが維持できると考えるのは無理であって、レビューは、その仕事を自分で実行することの少なくとも半分の労力をかけないとスキルの維持にはならない。だから、選択と集中は、選択の結果外れたスキルに空洞をつくる覚悟でなくてはならない。

そういうリスクがあるので、選択と集中を決断するマネジメントは、命がけである。しかし、選択と集中によってスクラップ・アンド・ビルドしないと維持できないのもまた、組織である。

だから間違っても個人が、自分の持分の仕事の範囲で、恣意的に選択と集中を行ってはいけないのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2040

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月21日 12:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダイエット制御」です。

次のブログ記事は「大山の勝負観」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。