アルツハイマー発生の仕組み

| コメント(0) | トラックバック(0)

アルツハイマー型認知症の治療薬に、アルツハイマーの原因は、ベータアミロイドが脳に蓄積することだと書いたが、より詳しい説明が、雑誌TIMEにあったので、簡単にメモしておく。

すなわち、アルツハイマーに罹る第一歩として、ApoE4 (apoliproteinE)という遺伝子が働き、APP(アミロイド蛋白質前駆体)を生成する。

これだけではアルツハイマーにならない。アルツハイマーに進むためには、酵素がAPPを小片に分断する。分断されたAPPは凝集して、神経の軸索を安定させているタウという蛋白質の構造を壊す。すると、神経の伝達が阻害され、アルツハイマーが発生する。

このように、アルツハイマーが発生するためには、複数ステップを経る必要があるので、おそらく万人にApoE4という遺伝子は備わっていても、そもそも、ApoE4が活性化するとは限らない。

しかし、一旦APPが発生したら、その後の流れは必然なのだろうか。何かの酵素がAPPを分断する必要があるということは、そこに何かの選択性が働かなくてはならない。ここでも、個人差がありそうである。ただ、一旦APPが分断されてしまうと、それ以下は必然的に進みそうである。

すると、アルツハイマーの進行を抑えるためには、ApoE4が働かないようにするか、APPを分断する酵素が働かないようにするかである。その各々に、薬を開発することが可能であるように思われる。

何れにしても、タウが壊されてしまうと、そこの神経の伝達が阻害されるので、薬を使っても、その部分を回復は難しいだろう。すると、別の神経の迂回路を発達されるという意味で、前に書いた初心者性の訓練が重要になる。すなわち、歳をとってアルツハイマーになっても、未知のことに挑戦し続ければ、アルツハイマーを目だ立たせず暮らすことができるのかもしれない。

ただ、これはあまりにも楽観的なシナリオであり、現在の医学では、アルツハイマーは進行を遅らせることはできても、進行を止めることはできないということになっている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2042

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月23日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大山の勝負観」です。

次のブログ記事は「ライプニッツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。