コンノケンイチ

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は若い頃から、トンデモ本が好きで、そういう本の中に、コンノケンイチ氏の著書があった。面白いと思ったのは、「月の先住者」たま出版で、月の不思議で引用した、ドン・ウィルソン著、大島和子訳、たま出版の本がネタ本だったのかもしれない。

あと、「現代物理の死角」は、読んだような、単に背表紙を眺めただけのような。ただ、一方で胡散臭さもなくはなくて、最近アマゾンから、「死後の世界を突き止めた量子力学」5次元文庫、徳間書店の案内が来たとき、今更コンノケンイチ氏の著書でもないか、と一旦は引いた。

しかし、宇宙ホログラム説に関連して、なにか興味深いことが書かれているかもしれないという期待もあって、648円の安価な本でもあるし、注文した。それで読み進めてみると、以前読んだコンノケンイチ氏の著書よりも完成度が高く、引き込まれた。以下、私なりの要約と独自のコメントである。

私の理解では、コンノケンイチ氏は、量子力学を、この世とあの世の間のインターフェースと見なそうとしている。すなわち、シルバーバーチもスウェーデンボルグも言うように、あの世では、想念だけでオブジェクトが生成する。ある意味、想念しかないといってよい。だから、思っただけで、目的地に一瞬で行ける。

ところが、この世ではそうではない。すごい超能力者なら物質を一瞬で移動できるらしいが、普通の人はそうではない。しかし、普通の人でも、想念で物質を操れる。例えば、量子力学では、観測により、確率波が収束し、物体の位置が確定する。これはある意味、想念を物質に反映させることである。ただ、量子力学は、極小の対象にしか作用させられない。このような作用は、あの世で起きていることのミニチュア版であり、あの世からの投影であるといえる。それも当然で、この世は、あの世に埋め込まれているのである。だから、量子を蔭で操る暗在系とは、あの世のことである。

さて、量子論の解釈に書いたように、量子力学には多世界解釈もあるし、そこには書かなかったが、ERPパラドックスもある。コンノケンイチ氏はERPパラドックスにしても、ベルの不等式にしても、特殊相対性理論を破っているという。

そもそもコンノケンイチ氏は、アインシュタインが嫌いで、光の速さが限界だなんてとんでもないという。その乗りで、一般相対論も嫌いで、ホーキングも嫌いで、ビッグバンも嫌いである。

私にも素朴な疑問がある。すなわち、コンノケンイチ氏と同様に、光速が一定というのが本能的に受け入れられない。しかしすると、特殊相対性理論が受け入れられないということになるが、そもそも、場の量子論の標準理論は、量子力学+特殊相対性理論を土台にしているので、今の素粒子物理の不毛は、特殊相対性理論に依拠している点にあるのではないか、という変な考えに捉われたりする。

また、一般相対論も結局は、微分幾何の机上の空論ではないのか、と暴論を吐きそうになるが、とどめている(といいつつ、ここに書いている)。ただ、一般相対論が、精巧に作り上げられた机上の空論であるなら、場の量子論はなにも、一般相対論と融合するというアクロバチックなことをする必要はないのであって、独自の重力理論を構築すればよい。すると、発散の困難もない。

じゃあどうするのかというと、特殊相対性理論も一般相対論も受け入れない、とちゃぶ台返ししてしまったら、拠るところがなくなって、結局、宇宙ホログラム説ということになるのかもしれない。

ともかく、このコンノケンイチ氏は、老成した氏の成熟した作品かと思ったら、なんと14年前に出版された内容で、当時、ひどいバッシングを受けたそうである。今だってバッシングはあるだろうが、2012にあるようなアセンションが喧伝される時代になると、このようなコンノケンイチ氏も、多少は違和感が減ってくるのではないだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2046

コメント(2)

>光速が一定というのが本能的に受け入れられない
 電子回路の設計をやると、いやでも実感させられますよ。オシロスコープ(アナログが吉)と、電池と、CMOSロジックICを使って工作すると、光速の限界が目で見えます。

> 電子回路の設計をやると、いやでも実感させられますよ。

なるほど、そういえば私は、電子回路の設計をほとんどしたことがありません。低温物理の実験のために、簡単な測定回路を組んだ程度ですが、ほとんど使えませんした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月27日 06:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イトカワのサンプル」です。

次のブログ記事は「遊ばない社員はいらない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。