肥満防止薬

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞によると、米ジョンズホプキンス大などのチームが肥満防止薬を開発したという。以下、引用:

食事の量を減らさなくても体重の増加を抑える「肥満防止薬」を合成することに、米ジョンズホプキンス大などのチームが成功した。成果は18日付米サイエンス誌に掲載された。

チームは、人間や動物の中枢神経に作用して強い食欲を引き起こし、肥満をもたらすホルモン「グレリン」に着目。グレリンは特定の酵素の助けが必要なことから、この酵素を邪魔する物質を合成した。

この物質を注射したマウスと、しないマウスに高脂肪のエサを与えた体重を比較した。食べる量は変わらないのに、注射したマウスの約1か月後の体重増加は10%以内にとどまったのに対し、投与しないマウスは、20%程度体重が増えた。

合成した物質は食欲を抑えるのではなく、糖などの代謝能力を高めていた。摂取したエネルギーを消費して、体重増を抑えているらしい。

これを読むと、特定のホルモンに作用する低分子医薬ということで、まさに、創薬の定跡を地でいっているものである。

私の知る限り、肥満を防止する薬は、食欲中枢に作用して食欲を抑えるものと、代謝を促進して、脂肪などの燃焼を促すものしかない。ただ、食欲中枢に作用するといっても、麻薬的に脳内物質をコントロールするのは危険性が高いので、胃の充腹感を促進する繊維質のサプリメントなどが、効果は低いが安全であろう。

なお、唐辛子に含まれるカプサイシンが体脂肪を燃やすなどのダイエット効果があるという説が信じられているが、Wikiなどによるとこれは俗説で、信頼できる科学的データはないという。

この肥満防止薬でよく分からないのは、強い食欲を引き起こすホルモンに作用する薬のはずなのに、食欲を抑えるのではなく、糖などの代謝能力を高めていたというくだりである。すると、食欲を司るホルモンと、糖などの代謝能力を司るホルモンがも実は化学的に似ているという可能性もある。

そうはいっても、代謝能力を高める薬というのは、人体の生理作用にどのような影響を及ぼすのか、複雑な因果関係がからんでいて、相当な臨床試験を経ないと安全性は確かめられないだろう。よって、この薬が市場に出てくるには相当の時間がかかりそうである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2048

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年11月28日 19:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「遊ばない社員はいらない」です。

次のブログ記事は「微分と積分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。