2010年12月アーカイブ

EBM

| コメント(0) | トラックバック(0)

EBMとは、evidence based medicine、すなわち根拠に基づく医療ということで、ある意味当たり前であるが、トリアージなどとともに、比較的新しい概念かもしれない。

なぜEBMに言及したかというと、ちょっとダイエットしすぎかなと心配になって買った、「40代からの節制は寿命を縮める」和田秀樹著、朝日新書に書かれてあったからである。

この本によると、今の日本の死因の第一位は癌であり、脳溢血や心臓麻痺ではない。もともと成人にダイエットが推奨されたのは、高脂血症、高血圧症などによる脳溢血や心臓麻痺の増加や、糖尿病が増えているからなのであるが、第一位が癌であるなら、対応も違ってくるのではないか。それでEBMあるいは疫学的にみると、コレステロールが高い方が癌に罹りにくく、却って長生きという統計データが最近上がってきている、すると、コレステロールを下げるためにことさらダイエットする必要はないのではないか、という趣旨である。

その趣旨は、私がいままでブログに書いてきたことと整合しており、違和感はない。また、医師も、医学だけでなく栄養学に配慮すべきである、という議論も納得である。ダイエットという意味では、私は昔から、若い女性が美容のためと称して、過度のダイエットをすることはまずいと思っていた。蛋白質であれ、ミネラルであれ、必要な栄養が不足すると健康そのものを損なってしまい、元も子もないのではということである。あと、個人的には、私は痩せ気味の女性よりも、ややボリュームがある女性の方が好みという理由もある、こちらはどうでもいいが。それで、私のダイエット傾向も、そろそろ少し緩和すべきかもと思いつつある。

ただ、説得の技法としてのEBMにどれほどの意味があるのかという疑問はある。例えば、ブログに書いたように、日本脂質栄養学会が、コレステロールが高いほど寿命が長いと、統計データに基づき主張しているが、これは確かにEBMであり、一方、それに対して日本動脈硬化学会が統計データに基づき反論している。これもまたEBMである。だから、EBMが金科玉条になることはありえない。

それと、この本で和田秀樹氏は、食べたいものを我慢してダイエットすると、ストレスが溜まる。また、ダイエットに励むと、会食や人付き合いの機会も減って、付き合いが疎かになる。そういう傾向は、医学的に、免疫機能を低下させて、癌になりやすくなる、と主張する。私がダイエットしているというとよく言われるコメントがこれである。確かに、ダイエットのためと称して、食べたいものを我慢するのが苦痛なのは私も理解しているし、体験もしている。

ただ、高血圧症や無呼吸症候群のような一群の病気が、太りすぎに起因するのは医学的事実であり、すると、大太りの人はやはり、多少ストレスがたまっても、頑張ってダイエットした方がいいということになる。小太りの人は確かに、好きなようにやればいい。私は、小太り以上になってしまったので、一念発起ダイエットした次第である。ただ、これでどれほど健康になったのかは、分らない。

そのとき、ダイエットすると、ストレスが溜まる、ストレスが溜まると免疫機能が低下して癌になりやすいという和田氏のステートメントは、とても誤解を招きやすいと思う。というのは、食べることに生きがいを見出す人は世の中あまりにも多く、そのうちのある割合の人は、少し体重を減らした方がいいと思われる肥満の人だと思われるが、このステートメントは、食べることを抑制したくない肥満の人の自己弁護として使われてしまう惧れが大である。

同様に、会社で、みんな勝手に好きな用ように仕事をした方が能率が上がって、会社が栄えるという命題を唱える人もいる。一見尤もなようで、本当にそれをやると、仕事の地味な根幹のところを手を抜く人が増えて、会社はガタガタになってしまう。すなわち、成熟した高い倫理の人の集りにおいてのみ、好き勝手に食べていい、好き勝手に仕事していいという命題がかろうじて成立する。

だから結論は、古の賢人のアドバイスである中庸に戻る。太りすぎも、食べすぎも、痩せすぎも、ダイエットしすぎもいけない。ただそれだけである。それはEBMではない、長い時代に耐えた箴言である。

ペレリマン

| コメント(2) | トラックバック(0)

もう2年以上も前に、数学セミナーの記事をみて、ポアンカレ予想というブログを書いた。ところが、ポアンカレ予想を証明したペレリマン自身のことはなにも触れなかったので、改めて、「100年の難問はなぜ解けたのか」春日真人著、NHK出版に基づき若干のメモを書いてみる。なお、恥ずかしながら私は、ポアンカレ予想では、ペレリマンをベレルマンと、読み方を誤解していた。しかし、ロシア語綴りでПерельманなのだから、どうみても、ペレリマンまたはペレルマンのどちらかである。そもそもが、ьに対応する日本語の発音なんてない。ともかく、ここではペレリマンで通す。

グレゴリ・ペレリマンは1966年6月13日に、旧ソ連のレニングラード(今の、サンクトペテルブルグ)で生まれた。両親ともユダヤ系で教育熱心だった。母親は数学教師で、幼い頃からグレゴリに、英才教育を受けさせた。

ペレリマンは子供の頃から近所の子供と全然遊ばず、学校の行事にもほとんど参加しなかった。何しろ週2回、数学のサークルに通い、週末は数学の模擬試験を受けていた。まさに子供の頃から数学漬けだった。

数学・物理専門のレニングラード第239高校に進学すると、圧倒的才能を発揮した。1982年、16歳で国際数学オリンピックの代表権を得た。

それでいて、世話好きで明るい性格だった。結果的にソ連チームは僅差の二位だったが、ペレリマン自身は満点をとり、個人の金メダルを得た。数学オリンピックに出題される問題はどれも難問であるのに、ペレリマンは最小の時間で、しかも最短の式で解いてしまうのだった。

ペレリマンは、運動は苦手だったが、散歩が好きだった。散歩しながら考えてる癖は、後々まで続いた。

ペレリマンには数学とは別の才能があった。なんと物理学が、数学以上に出来たのてある。しかし、数学の教師の方針で、数学への道を進んだ。しかし、この物理学の才能は、後年確実に活きるのであった。

さて、幾何学の世界で、1982年、サーストンが提出した幾何化予想が一世を風靡した。これは、「コンパクト3次元多様体は、幾何構造を持つ8つの部分多様体に分解される」というものである。サーストンはこれを、ポアンカレ予想を解決するために構想したのだが、後に、ペレリマンにとっての多大のヒントになった。

そして1992年、ソ連崩壊に伴って、26歳になっていたペレリマンは、ニューヨーク大学クーラント数理科学研究所にやってきた。そこで、専攻の微分幾何学を研究した。なぜなら、クーラント数理科学研究所には、卓越した微分幾何学者たちがいたのである。その中にあって、ペレリマンの才能は早速注目された。特に、特異点をもった空間であるアレクサンドロフ空間の権威で、その中で、リーマン多様体の安定性定理、グロモフの予想、ソウル予想を解決するなど、1994年で既に超一流の数学者であった。それでいて謙虚で、決して業績を自慢しなかった。

米国に来て3年目で、カリフォルニア大バークレーの奨学生であったペレリマンは、研究室に閉じこもりかちになり、研究内容を誰にも話さなくなった。この頃、どうも、ポアンカレ予想に立ち向かう構想を抱いていたようである。ニューヨーク大学クーラント数理科学研究所での友人であったティアン博士に、アレクサンドロフ空間でリッチフローを構築する方法を聞いてきたという。実はこの頃、米国の数学者、リチャード・ハミルトンが、リッチフローを使えば、サーストンの幾何化予想とポアンカレ予想を証明できる可能性があると主張していたという。すると、この着想は、流石に、ペレリマンのオリジナルでなかったということになる。

ペレリマンほどの才能があれば、米国で数学教授の職を得ることはいともたやすいことであり、実際、招聘の口はいくらでもあった。しかし、決然と断って、ペレリマンはロシアに帰った。実は静謐にポアンカレ予想に取組みたかったのである。サンクトペテルブルグに戻ったペレリマンは、ステクロフ数学研究所に就職した。俸給は少ないが、教育などの雑用なく研究に没頭できるのがありがたかった。サンクトペテルブルグは、ペレリマンの地元であり、知り合いも多い。そこで同僚は、ペレリマンの変わり様に驚く。もともと快活だったペレリマンが、極端に人付き合いを避けるようになった。

それは2002年のことである。インターネット上に忽然と、幾何化予想とポアンカレ予想を証明したと称する論文が現われた。しかし当然に、誰もがそんなものはガセだと思った。簡単に証明されるわけがないのである。

時を同じくして、ティアン博士が、ペレリマンからメールを受け取った。その幾何化予想とポアンカレ予想を証明したと称する論文のありかも書かれている。ペレリマンの才能を知悉するティアン博士は、その論文の正しさを疑わず、自身が教授を勤めているMITに来て講義するように依頼する返信メールを送った。こうして、ペレリマンの再びの渡米が実現し、MIT、プリンストン大学、ニューヨーク大学で、ペレリマンの講義が行われることになった。

そこに集まったのは確かにトポロジストであり、ポアンカレ予想の専門家であったが、ペレリマンの講義にはどうしてもついていけなかった。なぜなら、その証明には、トポロジーの手法ではなく、微分幾何学の手法が使われていたからである。

さらに奇妙だったのは、ペレリマンは、講義の中で一度も、「証明した」という宣言をしなかった。そんな内気なペレリマンも、友人のティアン博士には、本音を打ち明けた。すなわち、ロシアに帰国してすぐの1996年2月には問題の突破口を見出しており、2000年には解決していたのだが、間違いがあったはいけないと2年間確認していた。

ペレリマンの論文は、複数の専門分野に亘る極めて難解なものなので、ティアン博士、ジョン・モーガン博士、ブルース・クライナー博士、ジョン・ロット博士その他の6人の数学者によって検討された。

こうして2006年、ペレリマンに、数学におけるノーベル賞ともいうべき、フィールズ賞が授与されることになった。しかし、それに先立つ2005年12月に、ペレリマンは、ステクロフ数学研究所を辞職し、誰とも公式に会わない日々を送っていた。そして、フィールズ賞の受賞も拒否した。

ペレリマン自身は、受賞を拒否した理由について何も語っていないので、理由は不明であるが、それは、どう考えても、今年のノーベル平和賞のような、政府からの弾圧ではない。そもそも、プーチン政権は、国家の名誉のフィールズ賞を忌避する理由はない。するとどうも、ペレリマン自身の、そのような賞を嫌う、一種の誠実さというか、信念のようである。

あと私は、グロタンディークとの類比も見て取る。すなわち、長年の数学への集中でグロタンディークがバーンアウトして失踪してしまったように、ペレリマンも、ポアンカレ予想への集中で、何かが消耗し尽くしてしまったのではないだろうか。隠遁して次なる難問(例えば、リーマン予想)に取組んでいるようにも思えない。

しかし、数学者はどうも、あるレベルになると、霞を食べて生きていけるらしい。もしグロタンディークが仙人のように山中で生き続けているなら、ペレリマンも、然したる定収入なく、数学の新たな構想を抱きつつ、森を散歩しているだろう。

オラクルのグーグル提訴

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月号の発明誌の知財羅針盤の記事をみていたら、2010年8月12日に、オラクル社がグーグルに対して特許権及び著作権侵害訴訟を提訴したという。なんでも、サン買収のとき取得したJava関連特許権及び著作権を利用しているのだという。あれれどうしていままで知らなかったのかと不明を恥じながら、なにやらSCO訴訟のときのような味の悪さを感じつつ、ITメディアの記事に辿り着いたので、これを基にコメントしてみる。

米Oracleが米Sun Microsystemsを買収した時点から始まっていたとされる争いで、Oracleが米Googleを提訴した。Googleのモバイル端末向けプラットフォームAndroidでのJava利用が、Oracleの特許および著作権を侵害しているとしている。

なるほど、Javaベースのモバイル端末向けプラットフォームAndroidが狙われたのか。私は、Google Androidという言葉が話題になった2年半前、ええっ、グーグルが小型ロボットでも開発するのかと怪訝な思いで解説本を買い、その本をみて携帯の開発環境なのでがっかりした。地味すぎる。

実際、SunはAndroidを問題視していたが、訴訟は起こさなかった。Javaの新たな所有者であるOracleは違う。

ちょっと待て、SunはAndroidの何を問題視していたのだろうか。

主要な争点は、GoogleがAndroidとともに提供しているDalvik仮想マシン(VM)だ。 Oracleは、Dalvik VMがOracleの多くの――正確には7件の――特許を侵害していると主張している。実際、「GoogleがSunでJavaに携わっていた技術者を採用した」この10年間の半ばから、同社はこれらの特許を認識していたとOracleは申し立てで述べている。

Wikiによると、Dalvik仮想マシンが生成するバイトコードは、Java互換バイトコードでなく、DalvikはJava互換性テストを通過していないので、法的にもJavaを名乗れないという。ただ、Google自身も、AndroidがJavaベースであるとは言っていないはずである。

Oracleの広報担当者、カレン・ティルマン氏は声明文で「Androidの開発で、Googleは意図的、直接的に繰り返しOracleのJava関連知的財産権を侵害した。この訴訟は、Googleの侵害に対する適切な賠償を求めるものだ」と語った。

やはりWikiによると、Sunは、Java実行環境のソースコードをGPLの下でオープンソースにする予定だった。これは2006年のことであるが、今に至るまでこれが果たされたとは聞かない。すると、GoogleがAndroidを実現するために、何ほどかSunからライセンスを受ける必要性があった、という可能性がある。

Javaの生みの親であるジェームズ・ゴスリング氏は、8月12日付のブログでこの件に関して以下のように書いている。

OracleがついにGoogleを提訴した。大して驚くことではない。SunとOracleが行った買収交渉で、われわれがSunと Googleの特許状況について質問攻めに遭った時、Oracleの顧問弁護士の目が輝いていたのを見た。特許訴訟はSunの遺伝子情報には組み込まれていない。やれやれ。

実際、サンの特許ポートフォリオは、大手IT企業という観点では大したものではなく、もともと知的財産権を主張して稼ぐという方針はなかったはずである。すなわち、特許は単なる防衛的な道具にすぎない。とはいえ、今までに米国で発行された特許は、7614件で、そんなに少ない訳ではない。一方、オラクルはというと、今までに米国で発行された特許は2248件で、少なくとも特許件数ではサンが優っている。するとJava技術だけでなく特許も、オラクルの狙い目であったか。

北カリフォルニア地区連邦地裁にGoogleを提訴したOracleは、陪審裁判を請求している。Oracleは申し立ての中で、JavaはOracleがSunの買収で獲得した最も重要な技術の1つだと主張している。
申し立てはさらに次のように続く。「Googleは、同意も承認もライセンスもなしに、意図的かつ非合法にOracle Americaの著作物および派生著作物をまねて製品を開発し、提供した」

要するに、Javaが完全にGPLになっていないことが効いてきた。特許群はこれとはまた別の権利である。

主要な争点は、GoogleがAndroidとともに提供しているDalvik仮想マシン(VM)だ。 Oracleは、Dalvik VMがOracleの多くの――正確には7件の――特許を侵害していると主張している。実際、「GoogleがSunでJavaに携わっていた技術者を採用した」この10年間の半ばから、同社はこれらの特許を認識していたとOracleは申し立てで述べている。

Oracleによると、「Android(Dalvik VMとAndroid SDKを含む)およびAndroid搭載端末は、米国特許番号6,125,447、6,192,476、5,966,702、7,426,720、 RE38,104、6,910,205、6,061,520の1つあるいは複数の請求項を侵害している」という。

結局、そこに問題が行き着く。しかし、グーグルにも事情はある。

興味深いことに、Androidの重要なコードの1つであるDalvik JVMは、Apache Software Foundation(ASF)のJava SE実装Harmonyに基づいている。Harmonyの承認とTCK(Test Compatibility Kit、互換試験キット)をめぐっては、長い確執が続いている。今回の訴訟で指摘されている侵害行為がHarmonyにも及んでいるかどうかははっきりしない。GoogleがDalvikの開発にJavaのコードを使ったことに関してSunが騒ぎ立てるだろうが、Androidの成功が確実になるのを待っていたとみる向きも多い。これは典型的な知財保護訴訟だが、Android市場と端末メーカーのAndroid採用に深刻な影響を与えるだろう。基本的に、Oracleは獲得したJavaの資産を経済的に利用したがっているようだ。Googleは、Apacheライセンスの下でAndroidをオープンソースとしてリリースしている。このライセンスでは、ベンダーが独自製品を開発するためにコードを追加することを許可している。

一方で、Dalvikが、Java陣営の神経を逆撫でするものであったのも確かのようである。

だが、Googleが2007年にAndroidとDalvikの計画を発表した当初、その内容はSunの多くの技術者の神経を逆なでした。当時Sunの副社長兼Sun Fellowだったゴスリング氏もその1人だ。Sun買収後、同氏はOracleに移ったが、4月に同社を退いている。

ゴスリング氏は、2009年6月に開催されたJavaOneの会場で行ったeWEEKのインタビューで、GoogleとAndroidに関して次のように語った。

われわれがライセンス料を課す理由の1つは、互換性テストを行い、例えばGPS APIなどが統一されるよう、複数の端末メーカー間で話し合いを持つための組織を運営していることだ。一方、Androidの世界は、責任を持つ大人がいない状態になっている。Android端末のメーカーは好き勝手なことをしている。つまり、このままでは混沌となるだろう。このやり方では多数の端末が登場するだろうが、めちゃくちゃになる可能性もある。わたしの見たところでは、おそらくめちゃくちゃ以上のことになりそうだ。

Sunは、知りつつ裁判を起こさなかった。ただ、Sunは、MicrosoftをJavaの著作権侵害で提訴し、10億ドル以上の賠償金を得た経験があるというので、全く知的財産訴訟を忌避しているという訳でもない。Googleを訴えるのをためらったのは、オープンソース陣営の仲間とみなしたからだろうか。

では、この訴訟の帰趨はどうなっているのだろうか。Webで検索すると、アンドロイド携帯は、百花繚乱である。すると、特許訴訟、著作権訴訟をGoogleが引き摺っているとは到底思えない。潤沢な資金をもつGoogleのこと、とっくに金銭的に和解しているに違いない。

あかつき失敗の原因

| コメント(4) | トラックバック(0)

毎日新聞に、金星探査機「あかつき」の軌道投入失敗原因究明の記事があったので、メモしてみる。すなわち、JAXAによると、その原因は、燃料供給配管が詰まって燃料と酸化剤の混合比率が偏り、エンジン(セラミックスラスター)の噴射方向に異常が起きた可能性があると突き止められたという。

すなわち、解析によると、あかつきは、金星周回軌道投入のためのエンジン逆噴射を開始して2分32秒後、機体が回転し始めた。回転を止めるために、姿勢制御装置が働き、期待は非常時用の退避姿勢に入った。その結果、逆噴射が予定の2割で止まり、減速が不十分なため、軌道投入が失敗した。

その原因は、上記したように、燃料供給配管が詰まって燃料と酸化剤の混合比率が偏ったことであるが、より詳細には、燃料を押し出す高圧ガス配管の逆流防止弁が詰まり、これによって、燃料に対して酸化剤が過剰供給され、高温燃焼が起きて、エンジン噴射口が破損した可能性があるということである。

さらに、燃料タンクにガスを送り込む配管だけに圧力不足が確認されたことから、逆流防止弁の不具合も疑われる。

逆流防止弁は、火星探査機「のぞみ」にも用いられた。「のぞみ」には、念のため、電磁ラッチも併設されていた。「あかつき」は、さらにラッチを二個並置していた。

一方、今回破損した可能性がある、セラミック製のエンジン噴射口は、世界で始めて使用されたものであり、今まで使用されていた金属よりも熱には強いが、どうしても機械的には弱い。このセラミック製のエンジン噴射口は、6月に13秒間試験噴射されただけで、明らかにテスト不足であった。

以上述べたのは、表の原因であるが、日経ビジネスオンラインの記事に、あかつき失敗の原因の背景が書かれていたので、まとめつつコメントしてみる。すると、どうやら、JAXA自体、構造的な苦境に晒されてきたのだという。

宇宙研は前身の文部省・宇宙科学研究所時代から、「理工一体」を標榜し、理学と工学の緊密な連携を特徴としてきた。ところが2003年の宇宙三機関統合以降ずっと、宇宙研・宇宙工学部門は、宇宙空間での技術実証がままならないほどの非常に厳しい環境に置かれてきたのだ。

それは一体どういうことなのだろうか。

JAXA宇宙研のルーツをたどると、1955年に東京大学・生産技術研究所の糸川英夫教授が実験を行ったペンシルロケットに行き着く。糸川研究室のロケットはその後規模を拡大し、1964年には東京大学・宇宙航空研究所になり、1970年2月11日に日本初の衛星「おおすみ」の打ち上げに成功。1981年に、東大から独立して文部省・宇宙科学研究所となり、ロケットを開発しつつ年1機の割合で科学衛星を打ち上げ、世界的に見ても有力な宇宙科学の中核機関となった。2003年の宇宙三機関統合でJAXA宇宙科学研究本部となり、今年4月にJAXA宇宙科学研究所と名前を戻している。

これをみると、日本の宇宙開発は、まず、ロケットなどの宇宙工学者が立ち上げ、その後、理学系研究者が合流していったという形をとった。1990年代半ばまで、宇宙研は年1回の打ち上げで5機ロケットを打ち上げる間に、次世代ロケットを開発するというペースで動いており、経験を蓄積していった。このころまでは、工学側が新たな技術で道を切り開き、それを利用して理学側が観測成果を挙げるという好循環が続いていた。

ところが、1997年初打ち上げの大型のM-Vロケットの時点で、ロケットの価格が上昇し、それでいて予算は増えないので、年1機というペースが維持できなくなった。それとともに、厳しい予算を巡って、理学系と工学系が離反し始めた。

さらに日本の宇宙開発体制を弱体化させたのは、2003年の宇宙三機関統合であった。ここで、三機関とは、宇宙開発事業団、航空宇宙技術研究所及び宇宙科学研究所である。これにより、宇宙科学研究所は、JAXAの一本部に格下げとなり、予算配分の決定権もJAXAの幹部が握ることとなった。

その減る予算を巡って宇宙科学研究所内で理学系と工学系が争うのだが、研究者の数で優る理学系が主として発言権を握り、「宇宙科学は、宇宙の研究が目的である。目的がまずあって、次に目的にあった道具の技術開発が必要にある」という命題が幅を利かせた。これにより、理学系が主で工学系が従、言い換えると、工学系は、理学系のために道具を開発するという立場になってしまった。

2006年のM-Vロケット廃止は、工学系にとって痛打となった。これによりペンシルロケット以来のロケット工学研究はほぼ断絶し、一部はJAXA筑波宇宙センターに移って新型ロケット「イプシロン」(2013年度1号機打ち上げ予定)の研究に従事することになった。

この時点で、工学系が、自分達が開発したロケットで、自分たちの衛星を打ち上げるということが途絶した。工学試験衛星の最後が、あの成功を収めた「はやぶさ」であった。

実は、成功したプロジェクトのほとんどが、工学系の提案に、理学系が乗るかたちのものだった。

  1. 今年、通常の衛星の1/10の15億円という予算で開発した小型ソーラー電力セイル実証機「イカロス」。あかつき打ち上げのサブペイロードとして打ち上げることができた。イカロスは、世界初のソーラーセイル技術の実証を初めとした、すべてのミッションを完璧に成功させた。
  2. ハレー彗星探査で、まず工学試験機の「さきがけ」(1985年1 月8日打ち上げ)をM-3SIIロケット初号機で打ち上げた。
  3. 本番のハレー彗星探査機「すいせい」(1985年8月19日打ち上げ)を打ち上げた。
  4. そして、2003年5月9日打ち上げの小惑星探査機「はやぶさ」である。

ところが、理学側の宇宙プラズマ研究者らが立ち上げた火星探査機「のぞみ」(1998年7月4日打ち上げ)は、火星へ向かう軌道に投入する際、軌道変更用スラスターにトラブルが発生して、結局、火星周回軌道投入を断念した。今回の金星探査機あかつきも、理学系である。スラスターのトラブルも似ている。

これはある意味仕方がない。理学系は観測装置に集中するあまりに、打ち上げロケットや、それを搭載する探査機をついルーチン化して考える。しかし、数に劣る工学系は押され気味で道具屋に貶められがちであり、そのような状況下で、なんとか宇宙工学系の研究成果を宇宙空間で実証する方法はないかということで実現したのが、あかつきへのセラミック製スラスターの搭載だった。しかし、如何せん、2006年のM-Vロケット廃止以来、すっかり実戦不足の工学系研究者の経験不足が露呈してしまった。

今後、JAXAはこの体制をどう立て直すのか。まだその回生プランは見えない。

コレステロール論争

| コメント(0) | トラックバック(0)

私はいままで、高脂血症などの記事で、コレステロールの数値が高いのはあまり問題ではないのではないかと問いかけてきたが、健康診断でいつも指摘されることに対する言い訳のような後ろめたさは、どこかしらあった。

実際、高脂血症の薬は飲む必要がないと主張する本としては、浜 六郎氏の、「コレステロールに薬はいらない! 」(角川oneテーマ21) くらいしかなく、学会ではマイナーな立場であり続けた。

ところが、ここにきて、コレステロールの数値の是非について、本格的な論争が巻き上がった。毎日新聞の記事に従い、私なりに纏めてみる。

現在、われわれが健康診断などで適用されるコレステロールの判断基準は、日本動脈硬化学会が2007年に定めたもので、悪玉のLDLコレステロールが140以上を脂質代謝異常(高脂血症)とする。

が、今年の9月に、日本脂質栄養学会が、「長寿のためのコレステロールガイドライン」をまとめた。同学会理事長の浜崎智仁・富山大学和漢医薬総合研究所教授ら15人で策定委員会を構成した。これは、「総コレステロール値あるいはLDLコレステロール値が高いと、日本では総死亡率が低い」というもので、高コレステロールの方が脳卒中を発病しにくいことも記述された。このことは、高脂血症にも書いた。

すなわち、そのガイドラインによれば、40~50歳以上の集団では、コレステロールが高くても癌、脳卒中、心臓疾患などの総死亡率は増えていない、という。そして、浜崎教授は、LDLコレステロールが140以上でも、コレステロール降下剤は飲む必要がないと主張する。

すると、日本動脈硬化学会は面子を失うので、当然に黙っていない。10月14日に、その学会のホームページで反論を掲載した。そこで、私の文責で、以下にその趣旨を引用し、纏めてみる。

  • 日本動脈硬化学会は、「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007」をまとめた学会として、「長寿のためのコレステロールガイドライン」の問題点を整理し明らかにする責任があると考える。
  • 、ガイドライン作成に当たっては、そこに取り上げられる臨床研究論文は正しく検証評価されたものでなくてはならない。
  • この中で引用されている中心的な論文は、ほとんどが学術論文の科学性を担保する「査読(発表に際しての専門分野の複数の研究者による検証)」をうけた論文ではない。標記「ガイドライン」の中心となっている論文の一つに疫学調査の「メタ解析」がある。本来メタ解析とは、十分評価された科学的臨床論文を一定の基準に沿って偏りなく集めて、分析するものであり、それがあってこそ最も科学的信頼度の高い研究と評価されるのである。しかし、標記「ガイドライン」で引用されている「メタ解析」は、厳密な科学的査読を受けた論文とは言えない論文を含めて「メタ解析」したとしているのであり、科学的な観点から極めて問題のある解析である。
  • 血清コレステロール値と動脈硬化性疾患の発症との関係は多くの科学的検証を経た疫学的論文の一致するところである。
  • 標記「ガイドライン」の主要な論点が、血清コレステロール値と総死亡率との関係で論じられているが、多様な原因で起こる死亡とたまたま死亡の数年前に測定された血清コレステロール値との関係に因果関係を求めることは本来無理があり、結論を導き出すことについては極めて慎重にすべきことである。
  • コレステロールもしくはLDLコレステロールと動脈硬化の関係については、病理学的研究、細胞生物学的な基礎研究でも証明されたことである。
  • 標記「ガイドライン」が発表されて以来、高いリスクを持つのにも関わらず服薬をやめたいという家族性高コレステロール血症(FH)をも含めた高コレステロール血症の患者も出てきていると聞く。日本動脈硬化学会は、科学的根拠なく、必要な患者の治療を否定するような標記「ガイドライン」を断じて容認することはできないことを表明する。

日本医師会も、基本的に、日本動脈硬化学会に同調している様子である。ここらあたり私は、どうしても、コレステロール降下剤が、製薬会社の稼ぎ頭であるという事実に注目してしまう。すなわち、日本医師会は当然に、製薬会社から便宜を受けているだろう。一方、日本脂質栄養学会は、製薬会社からの便宜から比較的自由であろうと推察する。

ところが、別の医学会からも、コレステロールの基準に疑問が呈される。すなわち、日本疫学会は、そのホームページで、自治医大の解析結果を掲載した。その内容は、1992年から、平均年齢55歳の男女12334人を対象に12年調査し、総コレステロールが160以下(LDLで80以下)で、脳出血、心不全、癌が多かったというものである。コレステロールが体の必須の成分であることに鑑みると、低すぎると害があるというのも蓋し当然であろう。

このデータを解析した名郷直樹・東京北社会保険病院臨床研修センター長は、日本脂質栄養学会のガイドラインには大きな問題があるとしながらも、低コレステロールと死亡には関連が窺われると指摘した。

すると、少なくとも低コレステロールには問題があり、高コレステロールについては、今後の疫学的研究を待つということになると思われる。そして、将来、「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007」が改訂されるのは必須であろう。

リトル大山

| コメント(3) | トラックバック(0)

昔、将棋の南九段は、若くして王将のタイトルを取ったり活躍して、その渋い棋風から、リトル大山と呼ばれた。ところが、老け込む歳でもないのに、知らない間に泣かず飛ばずになってしまい、今ではB級2組でくすぶっている。

ずっと若手で、菅井四段という有望視されている新鋭がいるが、久保二冠は、菅井四段のことを、自分の将棋にそっくりだと絶賛する。いわば、リトル久保というわけである。

そこでつい、なんとか二世や、リトルなんとか、なんとかチルドレン(これは政治家か)と呼ばれることの是非を考えてみた。するとどうも、なんとか二世と呼ばれるということは、既存の成功しているパラダイムを継承しているわけで、ある程度の成功が約束されているといえる。おそらく、菅井四段も、B級2組くらいまではいけるのだろう。

しかし問題はその後である。その後の成功は、なんとか二世のパライダイムをうまく破れるかどうかにかかっている。

私の観察によると、なんとか二世は、ある程度の成功が約束される、あるいは、成功してきたパラダイムのポテンシャル・バリアをトンネル通過するという量子効果を働かせることができていない。すると、なんとか二世や、リトルなんとかなどと呼ばれた時点で、お前は既に死んでいるではなくて、お前は既に止まっていると宣告されたに等しい。

そこで、羽生、谷川、渡辺、森内、佐藤などの当代一流の将棋棋士をみてみると、彼らが一度でも、リトルなんとかと呼ばれたことがあるだろうか。ないはずである。呼ばれたが最後、既存パラダイムの呪縛に絡め取られてしまうのであるが、彼らの個性の発揮が、既存の棋士のだけに準えることも拒否している。そこに一流性がある。

ところが自分自身をみたとき、私は個性の発揮を何よりの宝として生きてきたが、やはりいかなる意味でも、リトルなんとかと呼ばれないし、それでいて、世間の誰からも顧みられない三流として場末の席を汚している。

すると、次のことが言えるかもしれない。すなわち、超一流の先例に倣うような個性というかキャラクタを発揮できれば、かなりのところにいける。勉強でいえば、偏差値エリートであり、高級官僚である。ところが、超一流の先例に倣うにも相当の才能が必要であって、多くの人は、そこを目指して徹しきれないが、諦めきれない。

ところが、一時はそういう世界を目指したとしても、もうどうでもよくなって、独自の世界でいいのだと開き直っている三流の人達もいる。

すると、次のような階層付けが可能である。

  1. 超一流:既存のパラダイムを気にしないで、むしろパラダイムを作り出している羽生、谷川、渡辺、森内、佐藤など。学問の世界では、西澤潤一など。
  2. 一流:リトル大山、リトル久保、小澤チルドレン(これは違うか)など、既存のパラダイムのよき継承者。大した苦労なく、大学なら教授までいけるし、公務員なら、高級官僚までいける。
  3. 二流:既存のパラダイムになんとかついていけている。なんとか一流大学や、難しい試験に合格できるレベル。一流には達しないが、既存のパライタイム内での上昇を目指せる。
  4. 準二流:一流大学や難しい試験に合格できないが、それでも、既存のパラダイムを信奉し、可能な範囲でついていこうとする。
  5. 三流:最初から既存のパラダイムについていけないか、あるいは、ついていくことを諦めてしまった人達。能力もないのに、独自のパラダイムをつくろうと、蟷螂の斧をやっている人達。

誰にも肯定してもらえないような、なんとも粗い分類である。この分類でまずいのは、三流のところで、いろいろな内容が縮退してしまっていることである。でも人生、ここにきて私はもう、人生は、三流でよいと思っている。実はメンタリティのメビウスの環において、三流はどこかしら超一流につながつていないかという微かな想いもある。といいつつ、私は本当は準二流なのだろうが、三流にも徹しきれない。こういうのは四流なのだろうか、と意味のないことを考えている次第である。

アゲマネ

| コメント(7) | トラックバック(0)

従来から俗に、付き合った女性次第で運気が上がることをアゲマン、下がることをサゲマンといい、羽生名人がどちらに該当するのだろうと考えてみることは、易しい練習問題である。

ところで、ある意味、付き合う女性以上に日常的に影響があるのは、管理職との関係であって、すると当然に管理職にも、アゲマネとサゲマネがいることになる。

まず、望外にも私を管理職に登用してくれた上司は、一応定義的にアゲマネということになるのかもしれないが、それだけではあまりに表面的であろう。その管理職がアゲマネだと認めるのは、私が管理職に昇進した後、とても厳しく鍛えてくれたことである。特に、管理用のデータの作り方、部下との接し方など、管理職初心者だった私は、叱られっぱなしで嫌気がさしていた。まあでも、嫌気がさすくらいでないと育成的効果はないのかもしれないと、古いタイプの私は思わないではない。ただ、その上司は、部下に厳しく接して教育したはいいが、つい思いあがって自省を欠き、暴走して結局飛ばされてしまった。そこで管理職と野望で言及した、私の管理職の師匠たる、元部門長の言葉が活きる。

では、私が管理職として、師匠の教えよろしくアゲマネをやっていたかというと、甚だ甘い自己評価としても、なかなかそうであったといえない。すなわち、アゲマネである必要条件は、言いにくくても敢えて、部下の駄目な点をきちんと指摘して矯正することである。そもそもがこの点で、私はアゲマネになれていなかった。駄目な部下がいても叱れないのである。相手を傷つけるのではないかと極端に気を使うところがあり(私を知る人は、本当にそうかと疑問をもつかもしれないが)、部下の明らかな失態をみても、形式的に注意するに留まったりする。すると、他の部下は、そんなこともきちんと注意できないのかと呆れ、私に対する評価を下げていった。今でも私のことをよい上司だったと懐古してくれる人がほとんどいない理由の1つがこれである。

ただ、言い訳であるが、私はスキルを重んじた。そして、部下の間でスキルの多様性と深さを涵養することに努めた。それは、仕事を支えるのが、人間関係よりもまずスキルである、という私の信念による。また、スキルの多様性というのも絶対に必要で、金太郎飴のように同じスキルの人が蝟集していても仕方ない。そのためには、私にないスキルをもつ部下をきちんと重用し、そのスキルを伸ばすよう努力することが必要になる。私は、この点はストイックなまでに貫徹し、場合によっては自分のスキルが陳腐化する事態になることを敢えて避けなかった。

また、将棋というゲームを趣味とすることから、部下の仕事の効率というか、配置も私なりに考えた。すなわち、遊び駒があっては勝てないので、みんなにきちんと力を発揮してもらいたかった。だからときどき、言い過ぎかもしれない言葉で部下を褒めた。ただ、いつも褒めているのであまり効果はなかったかもしれない。それでも、そうやって、なんとか部下のもつポテンシャルは伸ばし、多様性を醸成することにある程度成功したと自負している。多様性について補足すると、決して会社の方針に盲従しないということが肝要である。例えば、会社が英語力を重んじなさいといっても、どうしても英語が得意でない人は、別の能力を見出して伸ばすのである。ITスキルでも、会計スキルでもいい。いくら外資系だからといって、英語マンが溢れてどうなるものでもない。ここらあたり、部下を叱ることと違って、私はかなり一本筋が通っていたと自負する。

それでも私が結局、アゲマネとして失格だったのは、部下をうまく昇進させることができなかったことである。そこにはいろいろな事情があるが、上位マネジメントに対して、私は十分ファイトしたとはいえない。つい、長いものに巻かれてしまったところがあった。

さて一方、アゲマネがいれば、サゲマネもいる。サゲマネがいかなるものか、それはとても自明で、上記した羽生名人の問題と同様に、サゲマネを記述することは、教室レベルの練習問題にすぎないが、それでも、私の解釈で、サゲマネを記述してみる。

すると、サゲマネとは、いうまでもなく、部下の昇進、スキルの向上の目を摘む上司のことである。それはどうやって摘むのか。いろいろな方法があって、一番簡単なサゲマネは、一切部下の面倒をみないというものである。部下を昇進させようとも、部下のスキルを向上させようともしない。それでも部下がシニアで、そこそこスキルもあり、自律的にやれる人なら、何もしないサゲマネも、意外に悪くない。例えば、私のように、将来の会社内のキャリアなんて最早どうでもいいロートルにとっては、なにもしない上司はよい上司である。

実は、よりひどいサゲマネは、何もしないのではなく、部下に対してネガティブに働きかけるのである。1つのやり方は、部下を間違えた方向に導くものである。例えば、本人のスキルのなさもあって、部下に間違えた仕事のやり方を教える。すると、部下はいつまでたっても、ちゃんと仕事ができるようにならない。あるいは、部下を罵倒し、そのあらゆるスキルをこき下ろして、自信を失わせるというサゲマネもいる。しかし、一番ひどいサゲマネは、おそらく、部下をひたすら甘やかし、何をしても賞賛し続けるようなマネジャであろう。この甘やかしがまずいのは、その後別の上司に代わって、モラールを引き締めようにも、もう元に戻らないのである。麻薬中毒のようなものといってよい。

いや、もっと酷いサゲマネは、部下を追い込んで病気にさせる上司である。部下が鬱病になっても、自分のせいではないと知らん顔である。

このように、サゲマネはとてもおぞましい。管理職になる者は、理想的な管理職になる必要はないし、努力しても多分なれないだろう。すなわち、そのボトムラインとして、サゲマネにならなければいい。アゲマネは、私程度の凡人にとって、あくまでも理想である。

創薬の方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

自動車に比較して、飲み薬というのは豆粒のようなもので、普通の想像力では、飲み薬に膨大なノウハウと投資が詰まっているとは考えられない。しかし実は、きちんと薬を開発するというのは半端でない設備と能力を要するのであり、創薬が可能な会社を抱える国というのは、米国、欧州、日本など、いわゆる先進国に限られる。すなわち、どうみても、創薬というのは、自動車の製造より容易ではない。

そこで、「医薬品クライシス」佐藤健太郎著、新潮社新書に基づき、創薬についてメモしてみる。

製薬会社というのは、少なくとも、合成部門と、薬理部門を抱える。合成部門というのは、有機化学の専門家を擁する。一方、薬理部門は、生物学、医学、生理学などの専門家を擁する。薬理部門では、酵素の取り扱い、各種細胞の取り扱い、実験動物の扱いの他、蛋白質レベルで、起きていることを観察し、解明する能力やスキルが要求される。

製薬会社の古典的ともいうべきパラダイムは、低分子医薬である。その典型的な例を示すニュースが毎日新聞Webにあったので引用してみる。

大阪バイオサイエンス研究所の裏出良博研究部長(生化学)らは、損傷した筋肉の周辺に炎症を引き起こす「プロスタグランジンD2(PGD2)」という物質が多いことに着目。PGD2を作る酵素の働きを妨げる化合物を合成した。

すなわち、低分子医薬の真骨頂は、体に入って、ある種の蛋白質である酵素に結合して、その働きを阻害したりすることにより、薬の効き目を発揮するものである。

そこで、薬の開発は、ある病気が、ある酵素の異常で引き起こされるという原因を把握することによって開始される。しかし、そもそも、どのような物質が、特定の酵素に結合して、どう働くか、そういう物質が天然に存在するわけではないので、わかりにくい。そこで、その酵素の構造を解析して、どのような化学物質が結合するか、シミュレーションし、仮説を立てる。その際、コンピュータを駆使したシミュレーションも行われる。

そうして、スタートとなる化学物質がみつかると、その構造を少しずつ変化させた何百種類もの化合物を合成し適用して、試験管レベルでテストする。インビトロ試験である。

インビトロ試験で所定の成果が得られると、次に、マウスなどでの動物実験のフェーズに入る。いわゆるインビボ試験である。すると、生物体内では、消化器での消化液の影響や、肝臓、その他の酵素の作用で、意外な副作用が起きたり、逆に薬効が得られなかったりする。

こうして、膨大な試行錯誤の後、ある程度有効性、安全性が確かめられると、いよいよ人体でのテストとなる。

  • フェーズⅠでは、健康な人で少量試す。
  • フェーズⅡの前期では、病気でも軽症の人に試す。
  • フェーズⅡの後期では、候補化合物が、どんな病気に有効で、どの程度投薬するのがベストかを決定する。
  • フェーズⅢでは、多数の患者を相手に、比較対照する医薬と比べて、どれくらい効果があるか、思わぬ副作用がないか、テストされる。ここで安全性が確認されると、いよいよ厚生労働省に書類を提出し、審査を受ける。また、製薬会社で特に重要なのが、特許出願である。私が所属する情報処理技術分野と比較して、製薬業界では、1件の特許の重さは、想像を絶する程度に大きい(と私は推察するだけである)。
  • 厚生労働省の認可が下りても終わりではない。市場で臨床で使用されて、問題がないか確認することを、フェーズⅣと呼ぶ。

さて、低分子医薬のパラダイム以外にも、いくつかの創薬の方法がある。まず、前世紀の末、ヒト・ゲノム解析プロジェクトが走った。例のクレイグ・ベンターは、一躍勇名を馳せた。これは、純粋科学的な意味で価値があったが、それに劣らず、応用面も期待された。すなわち、ヒトの全遺伝子配列が分かると、酵素生成の仕組みも分かって、テイラー・メイドの医薬も創れるのではないかと一斉に期待を浴びた。ところが、ヒト・ゲノム解析ブームから10数年が経過してみると、ほとんど創薬という意味では役に立っていない。それは、私が思うに、遺伝子情報と、それによる機能の発現の間に距離がありすぎる。別の言葉でいうと、間にブラック・ボックスが横たわっていて、因果関係の連鎖が長すぎるのである。

それでは醗酵創薬はどうか。これは例えば、土壌の中から細菌やカビなどを抽出して培養し、有用な医薬品を産生する技術であり、折からの生物多様性ブームもあって、有望なのかと思ったら、佐藤健太郎氏によると、このパラダイムでの創薬は限界に達しており、製薬会社は、醗酵創薬部門を閉鎖しつつあるという。それでも、ジャングルの奥地で、微生物ハンターが有用な医薬を産生できる微生物を求めて探検しているという話も聞く。きっと、かなり投機性の高い方法なのであろう。

それでも有望視されているものとして、抗体医薬がある。すなわち、人体内に細菌やウィルスなどの異物が侵入すると、人体は、免疫抗体を作って対抗するが、その免疫抗体に似たものを人体に導入することによって、病気を治療するというのが抗体医薬である。抗体医薬の長所は、低分子医薬の成功率がせいぜい数%と低いのに対して、約30%と、歩留まりがよいことである。

それ以外に、RNA干渉を利用した核酸医薬というのもある。私が下手な解説するよりも、リボミックという会社のホームページから、以下のとおり引用してみる。

超抗体型RNAアプタマー創薬とは?
RNAアプタマー医薬とは、標的タンパク質を特異的に認識するRNA分子を利用したもので、特定のタンパク質にだけ非常に強く結合して、その機能を阻害する活性を持っています。化学修飾されているので、化学的・生物学的に安定です。化学合成で大量生産することができるため、低コストの実現が可能です。また、タンパク質の形状変化を認識することができ、免疫排除もないことが特徴です。近年、遺伝子ノックダウンにsiRNAを用いる方法(RNA干渉)が注目されていますが、RNAアプタマーは同じRNAを素材にしていますが、タンパク質に直接作用するという点でsiRNAとは作用の仕組みも効果も大きく異なります。
よく理解できないが、なんだか凄そうである。

さらには、ES細胞やiPS細胞を用いた医薬の開発という分野も今後有望になってくる可能性がある。すなわち、ES細胞やiPS細胞自体は病気の治療に使われるが、一方で、生成した細胞で医薬の機能試験を行うことができ、より有効にテスト・フェーズを遂行できるようになることが期待される。

以上、創薬のごく粗い概論であった。当然ながら、この分野もまた知識の宝庫なので(そうでない分野が果たしてあるだろうか?)、追々各論をみていくこととする。

飲酒の生理作用

| コメント(2) | トラックバック(0)

All Aboutに、飲酒の生理作用の記述があったので、適宜引用しつつコメントしてみる。

■アルコールは脳に作用する薬物の一つです

口から入ったアルコールは速やかに血中に移行し、脳の神経細胞膜に作用することによって、知覚、認知、運動に変化が生じます。お酒が入るとどうなるかは、飲み会などで

、周りの人の様子を思い浮かべるとわかると思います。

飲み始めると、皆の気分が良くなり、笑い声が聞こえたり、話し声も次第に大きくなると思います。さらに飲むとどうなるかは、人によってさまざまでしょう。自慢話を始める人、笑い続ける人、泣いてしまう人......。

また、目の前のコップを倒してしまったり、お酒を注ごうとして、こぼしてしまったりといった事もあるでしょう。(この時点で飲むのを止めるべきだと思いますが)さらに飲んでしまうと、周囲の人に絡み始めたり、大声で怒鳴ってしまったりといった問題行動が現れたり、バタンと倒れてしまうかも知れません。帰りは千鳥足で、翌朝、その夜の記憶は無いといったことは今まで無かったですか?

確かに、思い当たる節は、ありありである。

悪酔いしてしまう前に、お酒を飲むのはやめるべきです。しかし、アルコールが入った状態では、判断力が低下してしまい、自分がどの位、酔っているのか中々把握できないと思います。

それが出来るくらいなら、誰も苦労しない。なお、血中アルコール濃度毎の症状は、有用だと思われるので、それも引用しておく。

■0.02~0.15%
  • 気分が良くなる
  • 痛みを感じにくくなる
  • 視力、聴力が低下する
  • 判断力が低下する
  • 気が大きくなったり、怒りっぽくなる
■0.15~0.3%
  • 千鳥足になる
  • 何度も同じことを話すようになる
■0.3~0.4%
  • 立ち上がれなくなる
  • ろれつが回らなくなる
■0.4%~
  • 意識不明になる
  • 失禁する
  • 呼吸停止に至る

必ずしもすべての飲酒が記憶に残っているわけではないが、大学時代に自宅で、友達と飲んでいたら、一人で2升の日本酒を空けてしまったことがあって、もともと酒豪から遠い私は、本当に死にそうになった。少なくとも一時的に意識不明にはなった。失禁は、しなかったと思う(知らないけど)。少なくとも一週間は半病人のようで、二日酔いなんて生易しいものではなかった。

ともかく、私の理解では、酒の強弱に拘らず、血中アルコール濃度による生理作用はみんな同じで、違うのはもしかして、肝臓による血中アルコールの処理能力かもしれない。だから、アルコールはどうしてもある程度健康に害があるのだが、人間が薬物で合法的に酔えるのは、少なくとも日本ではアルコールしかなく、人生において、ある程度は必須の慰みなのであった。ともかく、無理な一気飲みは止めましょうね、くらいはいいたい。

敗因21カ条

| コメント(6) | トラックバック(0)

山本七平氏の「日本はなぜ敗れるのか」角川ワンテーママガジンで取り上げられた、小松 真一氏の虜人日記であるが、本来は虜人日記もきちんと読むべきであるが、とりあえず、「日本はなぜ敗れるのか」からの孫引きで、敗因21カ条を並べつつ、コメントする。言うまでもなく、これは、旧日本軍の敗因である。

  1. 精鋭主義の軍隊に精鋭がいなかったこと。
    これは意外に見落とされている。すなわち、日本軍は、極めて練度の高い兵員を前提にして成立するような作戦を立てていた。真珠湾攻撃がまさにそうであった。真珠湾攻撃を成立させるために、海軍は猛訓練を重ねた。その成功体験が尾を引いたか、精鋭が相次いで戦死し、残るは弱兵だけになっても、日本軍は、精鋭がいなくては成立しないような作戦を続けた。
  2. 物量、物質、資源、総て米国に比べ問題にならなかった。
    これは言うまでもないだろう。
  3. 日本の不合理性、米国の合理性。
    このあたりは、ものつくり敗戦でも述べたとおりてある。
  4. 将兵の素質低下。
    これはなんといっても、精鋭も層が薄すぎた。
  5. 精神的に弱かった。
    精神論に振り回されて、却って実は、精神的に弱かったということである。
  6. 日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する。
    戦艦大和の建造あたりは、日本の学問もかなり実用化したと思うが、如何せん、造船技術と、航空機技術に留まり、電波技術、ミサイル技術、核兵器など手が出なかった。尤も、日本が核兵器を実現したとしてもおぞましい。
  7. 基礎科学の研究をしなかった事。
    これは、上に述べたとおりである。
  8. 電波兵器の劣等。
    レーダー技術の軽視も残念である。ミットウェー海戦の帰趨にも影響した。
  9. 克己心の欠如。
    特に上層部において、克己心、辛抱強さがなかった。
  10. 反省力なき事。
    作戦の失敗を、反省により次に活かせなかった。
  11. 個人としての修養をしていない事。
    広い意味の哲学というか、人間的修養が十分でなかった。
  12. 陸海軍の不協力。
    これはあまりにも有名である。
  13. 一人よがりで同情心がない事。
    実際、身勝手で自分さえよければという人が多すぎた。
  14. 兵器の劣悪を自覚し、負け癖がついた事。
    劣勢に陥り、ジリ貧になった。
  15. バアーシー海峡の損害と、戦意喪失。
    バアーシー海峡とは、なすすべもなく日本の輸送船がつるべ打ちに米国潜水艦に沈められた海峡である。沈められて続けても、日本軍は、無策にも、輸送船で送り出し続けた。
  16. 思想的に徹底したものがなかった事
    これは特にコメントはない。
  17. 国民が戦いに飽きてきた。
    実際日本は、日清、日露のような短期の戦争しかしたことがなかった。それで、3年も戦争が続くと、国民に厭世的気分が漂った。
  18. 日本文化の確立なき為。
    他国文化と相対化するという意味で、日本文化は確立されなかった。徒に神の国を叫んでも意味はない。
  19. 日本は人命を粗末にし、米国は大切にした。
    実際、武器が窮乏したためとはいえ、人間よりも銃器の方が大事にされる有様であった。
  20. 日本文化に普遍性なき為。
    これは日本文化の確立と似ている。
  21. 指導者に生物学的常識がなかった事。
    生物学的にありえない程度の糧食、環境に平気で兵を派遣する作戦を採った。それで、戦闘でなく病死、餓死で多くの兵を失った。

このように、ミクロを積み重ねた、いわば偏微分方程式の大域解では、万が一にも日本に勝ち目はない。それでは、小室直樹氏が、大東亜戦争の勝ち目で展開したような議論はどうなのか。よく読むと、小室直樹氏の主張と、敗因21カ条は、必ずしも矛盾しない。ただ、小室直樹氏は、方針を欠く日中戦争と、真珠湾攻撃を悪手であると断じる。するとそうやって採算もなく始められた戦争において、敗因21カ条に示すような矛盾が次々と露呈してしまった、ということである。

敗因21カ条は、小松 真一氏の冷静な観察に基づくものであり、どれも妥当だとは思うが、私なりのコメントとしては、リソース欠乏の法則を指摘したい。すなわち、スキル、物資、資金などのリソースが欠乏すると、人間は、まさかリソース欠乏が原因とは思えないようなカオス的行動をとる。無意識のうちに苦肉の策でリソースが潤沢であるように自分を誤魔化し、一層、無明に陥っていく。生物学的常識を度外視した作戦など、死ぬために死ぬのような作戦であって、そういうカオス的行動とみないと、合理的説明ができない。まさに、貧すれば鈍するのである。そういえば、金星探査機「あかつき」の失敗も、ある種の資金難に起因するものであったらしい。貧乏はしたくないものである。

対人の仕事

| コメント(2) | トラックバック(0)

日刊ゲンダイに、以下のような記事があった。例の市川海老蔵のことである。

事件発生直後から、市川海老蔵(33)の常軌を逸した酒癖の悪さやオンナ遊びなど過去の"悪行"の数々が明るみになっている。

父親の団十郎(64)は「当人の自覚のなさがなせるわざ。憤りを感じている」と会見で語っていたが、「団十郎だって息子を叱れた義理じゃない」というのは歌舞伎関係者だ。

「海老蔵がまだ10代の頃に、祇園のお茶屋遊びや高級クラブ通いを仕込んだのは団十郎自身ですからね。親子で連れ立って銀座や六本木のクラブに遊びに行って別々のホステスを口説いていたのですから、息子を強く叱れるはずがありません」

この記事をみて、市川海老蔵は情けないやっちゃ、と思っても仕方がない。私がふと思いついたのは、「対人の仕事」という概念である。すなわち、歌舞伎は本質的に対人の仕事で、対人の仕事ではどうしても、浮気がはびこるのである。

対人の仕事という概念は、分りにくくないと思う。すなわち、仕事の本質が、他人からの注目や人気にあるということである。言い換えると、如何に他人の人気を得るかという仕事でのプロのメンテでは、その基礎訓練が、他人にちょっかいを出して歓心を引くことになる。そのための趣味と実益を兼ねた最高の訓練が浮気なのであり、その挙句に離婚するとしても、芸のこやしである。

同様の概念は、落語家、漫才師、俳優、歌手などにも当てはまる。そういう人達を芸能界という言葉で総称するとすると、芸能界に浮気や離婚が横行するのも仕方ない。

すると、ちょっと待てと、弁護士や弁理士の方もいうかもしれない、自分達だって、お客様の対人がメインである、だから対人の仕事である、と特に営業をメインに担当している方もいらっしゃるだろう。

しかし、本質が違うのである。弁護士や弁理士のような職種だと、いかに対人に割く時間がメインでも、その本質は、法律に基づく書類の作成であって、対人の仕事とはいえない。そこで弁護士や弁理士が、芸能人の真似をして浮気をメインとした生活に没入すると、確実にその軸足がぶれてしまう。

将棋の棋士だってそうで、中原名人が、林葉との不倫で、将棋かガタガタになり、結局Aクラスから降級するばかりではなく、引退も早まったという事実がある。あれが芸能界なら、却って存在感が増したかもしれない。

私が言いたいのは、だから浮気などしないで真面目にやらなくてはならない、ということではない。むしろ、もし仕事が本質的に対人の仕事であるなら、浮気や不倫こそ、芸の基礎訓練で、艶を出すため、大いに励むべし、しかし、多くのサラリーマンがそうであるように、対物というか、対事の仕事であるなら、浮気はなるべくしないに越したことはない、少なくともスキルの足しにはならないだろう、というとても当たり前の命題なのであった。ともかく頑張れ、市川団十郎じゃなかった、市川海老蔵。

クロスカップリング反応

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年のノーベル化学賞は、鈴木章・北海道大名誉教授と、根岸英一・米パデュー大教授が、クロスカップリング反応に関する研究で受賞し、先日その授与式も終了したばかりであるが、毎日新聞にクロスカップリング反応の解説記事があったので、私なりにメモしてみる。

人体を構成する主要な成分が、炭素、水素、窒素、酸素、燐、硫黄などからなる有機化合物であることは、生物学の常識であるが、特にその有機化合物は、ベンゼン環のかたちをとるものが多い。すると、医薬として化合物を合成する際には、ベンゼン環を変性させた化合物が望ましいということになるが、その際、ベンゼン環の炭素間の結合を解いて別の元素を結合させることがチャレンジであった。すなわち、ベンゼン環の炭素間の結合が安定しすぎているのである。

その炭素間の結合にうまく割り込む技術がクロスカップリング反応であって、最初に実現したのが、熊田誠京大教授(当時、現在は故人)と、玉尾皓平助手(当時、現在は理化学研究所基幹研究所長)である。クロスカップリング反応を実現させるには、結合させたい有機化合物に付ける誘導役の金属と、それを認識して反応を仲介する触媒金属とが必要である。

熊田氏と玉尾氏は、次のような組成を用意した。

  1. 原料1は、ベンゼンに誘導役の塩素を付けたものであり、これが触媒のニッケルと結合する。
  2. 原料2は、別の有機化合物に誘導役のマグネシウムを付けたものであり、このマグネシウムに、原料1の塩素が結合する。その際、ニッケルが結合の触媒の役割を果たす。マグネシウムに塩素が結合すると、ニッケルは離れ、するとニッケルは再び触媒として働く。

これは、熊田・玉尾カップリングと呼ばれ、誘導役のマグネシウム、あるいは触媒のニッケルを、より効率のよい元素に置き換えられないかと、他の研究者も研究を重ねた。

これが宇宙生物学上の発見?では、カリフォルニア州にある塩水湖に生息するGFAJIという細菌は、燐を、周期律表における同族元素である砒素に置き換えたが、ニッケルの周期律表における類似元素は、パラジウムであるので、パラジウムを触媒として使用することが検討された。

この路線上で、大阪市立大学名誉教授の薗頭健吉氏は、1975年に、パラジウムを触媒、銅を誘導役に選び、アセチレンを別の有機化合物と結合させることに成功した。

根岸英一氏は、1977年に、誘導役として亜鉛が最適だと突き止めた。一方、鈴木章氏は、1979年に、誘導役としてホウ素を選び、成功した。これがご両人のノーベル化学賞に繋がるのだが、以上のメモをみる限り、なぜノーベル化学賞は、玉尾皓平氏(熊田誠氏は既に故人なので該当しない)ではないのかという疑問が湧く。

ここで特許における進歩性みたいな概念を導入すると、おそらく、熊田・玉尾カップリングや、薗頭健吉氏の研究ではまだ実用的な性能が出ておらず、誘導役として亜鉛、あるいはホウ素を選ぶことで、何か特異な効果が発揮されるようになったのだと推察しておく。

さらなる研究として、立命館大学薬学部の北泰行教授の、触媒としてのパラジウムをヨウ素に置き換える研究もある。すなわち、パラジウムはレアメタルでなんと言っても高価なので、これがヨウ素で済むなら、経済的に有利である。

ところで、クロスカップリング反応関連の特許はどうかというと、日本では、最初の出願が1981年にあって、これは鈴木章氏の業績の少し後なので、どうもこの頃から実用化されたとみるべきであろう。

ただ、どうしても、クロスカップリング反応そのものでは特許はとれず、権利範囲は、ある物質の合成方法というものである。クロスカップリング反応の日本最初の出願は、特願昭58-192780で、発明者はなんと、熊田誠、玉尾皓平、そして梅野正行となっている。出願人は、北興化学工業となっていて、この会社は殺菌剤など農薬製造とファインケミカルを製造している。梅野正行氏は、北興化学工業の社員である。おそらく、京大と北興化学工業で共同研究していたのだろう。この出願は、2-置換-1-アルキルピロール化合物の製造法に関し、確かに、パラジウムの触媒やホウ素などの記述が出てくる。

クロスカップリング反応というキーワードを含む特許出願は、1981年以降、1281件で、決して多くない。主要な出願人は、件数順に、チッソ、日立化成、メルク、東ソー、リコー、住友化学、グラクソ、萬有製薬、武田薬品と続く。

チッソのクロスカップリング反応関連の出願は、ほとんどが液晶材料に関するものである。日立化成の出願は、ほとんどが感光材料に関するものである。

一方、武田薬品、メルクのような製薬会社が、クロスカップリング反応を製薬に使うようになったのは、1992年以降で、やはり、普通の化学材料よりも医薬の方が導入に慎重を要したのだろう。

あと、よく分らないのは、ノーベル化学賞受賞者の鈴木章氏も根岸英一氏も、少なくとも日本の特許出願についてであるが、クロスカップリング反応関連発明の発明者として出ていないことである。この点、熊田誠氏や、玉尾皓平氏とは全く異なる。すると、特許だの企業との共同研究に熱心になると、研究の革新性に拘わらず、ノーベル賞から遠ざかってしまうのだろうか。もしそうなら、西澤潤一氏がノーベル賞を貰えなかった理由も分るのである。個人的な感想では、西澤潤一氏の業績は、鈴木章氏や根岸英一氏の業績とは比較にならないほど大きい。なにしろ、光通信技術を根底からつくりあげたのである。鈴木氏や根岸氏のそれは、結局、熊田・玉尾カップリングのパラダイム上での研究なのではなかったか。

佐々木希

| コメント(8) | トラックバック(0)

以前、美人は損のブログ記事の自己レスで、「私は、いまだに、グラビアなどで、佐々木希とか見ると、胸がときめきます。」と恥ずかしながら書いたが、日刊ゲンダイによると、世界の美形選考で、佐々木希が、33位に選ばれたという。以下、引用:

今年、世界一の美形に選ばれたのが、女優カミーラ・ベル(24)。米国の映画情報サイト「TC Candler」が「最も美しい顔100人」の1位に選んだ。「ジュラシック・パーク」で注目を集め、頭角を現す。太い眉と澄んだ瞳を持つブラジル系米国女優だ。2位に「ハリポタ」でおなじみの英国女優エマ・ワトソン(20)が選ばれたように、世界の美女のトレンドのポイントは"きりりとした太い眉"にある。

アジアからは韓国の女優ソン・ヘギョ(28)が18位。そして、われらが佐々木希(22)が33位に選ばれたゾ。希ちゃんもイケルじゃん。

詳細には、こちらに写真付きで、100位から1位までが紹介されている。なぜこの順位なのか理解できないし、個人的にはどうかと思う人もいるが、私のコメントなんて意味ないので、詳細は述べないでおく。

ともかく、どうってことはないが、少なくとも、私の美的センスは、あまり世間一般からずれていないことだけは認めて戴ければ幸いである。

ブラックホールの衝突

| コメント(6) | トラックバック(0)

毎日新聞によると、地球から2億8000万光年離れた巨大銀河の中心にある2つのブラックホールが衝突直前の状態にあり、500年後にぶつかることが判明したと、国立天文台と岐阜大などが発表したという。

銀河の中心がブラックホールかもしれないという話は随分以前から聞いたことがあるが、ブラックホール同士が衝突するという話は聞いたことがない。しかし、考えてみれば、ブラックホールを、単なる超高密度質量体と考えれば、ブラックホールの衝突も自然である。

実は、連星のように互いを廻るブラックホールというのが知られており、この場合、電波望遠鏡での観察によると、2つのブラックホールの質量を合わせると太陽の20億倍あり、それでいて、双方の距離は0.02光年しかないという。これは、宇宙距離では、すぐ隣である。よって、500年後にぶつかると算定された。

今までにもブラックホールの連星は発見されたことはあるが、推定される衝突までの時間は70億年とあまりに迂遠であった。

さて、ブラックホール同士が衝突したらどうなるか。国立天文台の井口聖准教授は、ブラックホール同士がぶつかって巨大ブラックホールができることを示唆しているというが、はて、ブラックホールの衝突方程式というのを一般相対性理論の範囲で考えることができるのだろうか。

一般相対性理論の一番有名な解は、シュバルツシルトの解で、それに回転解のカーの解が続き、さらには、富松・佐藤解がある。

ブラックホールの衝突方程式というのは、単に時空の解だけでなく、熱の散逸などが絡み、とても複雑になることが予想される。当然に場の量子論も入ってくる。

ところが、ブラックホールの衝突方程式を考えようとすると、「ブラックホール戦争」レオナルド・サスキンド著、日経BP社にあるような、ブラックホールに含まれる情報がどうなるのか、というサスキンドとホーキングの論争を沸騰させる。ホーキングは、ブラックホールに落ちた情報は失われると主張した。一方、サスキンドとトフーフトは、情報は、光子や他の粒子に入って外に出ると主張した。

一方で、ブラックホールはない?というケース・ウェスタン・リザーブ大学の論文もある。

さらにはまだ読んでいないが、「重力の再発見―アインシュタインの相対論を超えて」、ジョン・W・モファット、早川書房にあるような、修正重力理論もある。

もちろんループ量子理論も黙っていないし、ロジャー・ペンローズのツイスター理論もある。どっこいと、死んだふりのスーパーストリング理論というかM理論も立ち上がる、本命はやはり俺だと。

そうそう、宇宙ホログラム説もあった。

このように重力理論というのは、百花繚乱というか、未開の荒野なのだが、しかし、場を論じるだけで、無骨なブラックホールの衝突系を扱うためのダイナミックスを提供しない。それでもブラックホールは衝突する、そこから新たなブラックホールが生じると、電波天文学者は呟くだろう。こうして、理論宇宙物理学者に重い宿題が課されるのであった。

小役人

| コメント(2) | トラックバック(0)

山本七平氏の「日本はなぜ敗れるのか」角川ワンテーママガジンを読んでいて、なるほどと思ったことがあった。この本は、小松真一氏という、陸軍専任嘱託であった方の手記に言及するところから始まる。すなわち、小松氏は、粗糖からブタノールを製造する技術者としてフィリピンに派遣され、敗戦の混乱のなかルソンの捕虜収容所に入れられ、辛酸を嘗めた様を綴った手記をこつこつと書いたのだが、それは米軍の梱包用のクラフト紙を使い、カンバスベッドのカンバスをほぐして綴じたものであった。

山本氏はその内容の妥当性、客観性を絶賛し、この「日本はなぜ敗れるのか」を書くモチーフとなっている。小松氏がその手記を綴る苦労は並大抵ではなかったろう。しかし、別の困難があって、それは、捕虜収容所から手記を持ち帰るときに、没収されるという危険性である。

誰が没収するのか。捕虜収容所を管理するのは米軍兵士であるから、当然に米軍兵士のはずである。しかし、山本氏は、次のような出来事を語る。すなわち、山本氏は、血染めの軍用毛布を是非とも故国に持ち帰ろうとした。なぜなら、それは、戦闘で殺された部下の血糊がついたものであり、なんとしても、部下の遺品として、故国に持ち帰りたかったのである。

ところが、それを没収しようと強烈に反対してきたのは、日本人捕虜の中で、監督官の役割を任された者であった。そんなものを故国に持ち帰ることは許さんと息巻くので、山本氏が困っていると、寧ろ仲裁に来たのは米軍兵士であった。山本氏は英語がしゃべれたので、米軍兵士に事情を説明すると、OKと通してくれた。

そこで私に愕然と迫ってくるものがある。それは米国人管理組織における日本人管理者である。前にも書いたが、典型的な外資系企業の子会社としての日本法人にあって、場合により恐るべき存在になるのが日本人管理者であって、すなわち、米国上位組織からの指示を自分に好都合に拡大解釈して、部下をマニピュレートすることによって、自らの権勢欲を満たし、しかも、忠実性を米国上位組織にアピールする。

そういうローカルな管理職を米国人が評価するかというと否である。しかし、なにしろ便利なので、その地位に留めて利用する。すると、ローカルな日本人管理職は、自分が評価されているせいだと思い込んで、勝手なオペレーションを反省することもない。平気で周囲の日本人を踏み台にするのてある。

こういう日本人の小役人根性は場合により許し難いものになる。例えば、鬼畜米英を叫んでいたある日本人将校は、捕虜になると逆に、米軍に、日本の基地や弾薬庫のありかまで教えたという。情けなさにも限度がある。こういうのをまさに、魂を売るというのだろう。

それでは、外資系企業で管理職であった私が魂を売らなかったかというと自信はない。むしろ私は、いまの会社に転職できたとき、田舎の両親に電話して、いい会社に就職できた。これで定年まで安泰だと幸せ一杯であった。それは大いなる誤解であったが、当時、誰が予測できよう。その乗りで、管理職として、魂を小出しで売って凌いでいたかもしれない。しかし、あるとき、実務上の責務から、米国の上司にたてついて、不合理な指示をやり過ごすことにした。

それで結局私は、権力主義の米国人上司にこっぴどく虐められるのであるが、そうやって魂を維持しても、びた一文、上司に、骨がある奴だと認められる訳でもない。寧ろ、同僚の、ある日本人管理職は、米国人上司にへつらって、米国人上司の私に対する非難をひたすら増幅した。それをあっさり許すほど私は人間ができていない。

ともかく戻って、小松真一氏は、骨壷の中に手記を隠すことで無事、日本に手記をもって帰ったのだという。流石に、不埒な日本人小役人も、骨壷の中を見せろとは言わなかった。そこまで計算したのである。してみると、私は、もっと工夫をして管理職をやらなくてはならなかった。直球だけでは駄目で、変化球とチェンジアップを駆使しなくてはならなかったのである。

手の数学

| コメント(5) | トラックバック(0)

仕事柄、いろいろな技術書を読むのだが、あまりにも理解が中途半端というか上滑りになっていと思ったら、それは数式をスキップしているからであった。私はもともと計算力が弱いが、長らく修行を怠っているものだから、知らず知らずのうちに、ほとんど計算ができなくなっていた。

そこで、本棚の奥にあった「解析学入門」福井常孝他著、内田老鶴園刊、を取り出してきた。この本は、古書店で何の気なしに買ったものであるが、なんでも、早稲田理工学部の一般教育の数学を担当している教官が、授業の便宜のために書いたものだという。それで、微分、積分、偏微分、微分方程式、級数、重積分、ベクトル解析と、理工学部全般で使う解析数学の道具をきちんと網羅している。

この本は、練習問題が豊富で、こつこつ問題を解いていくと、衰えた計算力のリハビリになる。その修行をしないと、理工系の本をいくら読んでも、理解が地に着かないのである。

こういう、いわゆる大学理系教養の数学は、公式に従って問題が解けるので、大学入試と、専門の数学の中間に位置しており、頭より手を使うという意味で、私は「手の数学」と呼ぶべきかもと思った。しかし、「手の数学」といっても決して軽んじることはできない。これはまさに、プロのメンテに書いた、基礎訓練/研究/実戦における「基礎訓練」に該当する。

ただ、微分、積分、偏微分、微分方程式、級数、重積分、ベクトル解析と並べても、面倒さ、複雑さの色合いは相当に違う。例えばこの中で、微分は一番易しい。普通の関数を組み合わせて作った式の微分は、順番に計算していると自然にできてしまう。このあたり、頭より手を使う「手の数学」の真骨頂であろう。

ところが、積分における、不定積分の計算となると、俄然悩ましい。例えば、次のような不定積分がスラスラ解けるだろうか。

実は、見かけと違って(2)の式の解の方が複雑であり、(2)は(1)を利用する。(1)は、x = sinh tとおいて、変数変換する。(2)は、部分積分して、(1)に持ち込む。それにしても、原始関数が求まる不定積分というのは極めて例外で、場合を慎重に選んで、手の数学に持ち込む。ちなみに、ランダウは、学生の選抜に、好んで積分の問題を出した。単純な「手の数学」に収まらず、「頭の数学」に踏み込むからだろう。

ところが、微分方程式になると、たとえ線形微分方程式であっても、不定積分以上に「手の数学」から遠ざかり、「基礎訓練」には適当でなくなる。ただ、ベクトル解析の一部で、「手の数学」の箇所がある。それは、grad, div, rotの複合計算で、学生時代の私はなぜかこれが得意であった。

すると、解析学の範囲だけに「手の数学」の問題を求めると偏ってしまうので、線形代数に題材を求めるのがよいだろう。そこでは、連立一次方程式の計算、行列の固有値などの計算が「手の数学」でありえる。しかし、ジョルダンの標準形や、リー代数的な計算になると、直ぐに「手の数学」には手に余る。

純粋数学から外れると、制御理論で使われるラプラス変換の計算、力学における質点の一体ポテンシャル問題などが、「手の数学」でありえる。電磁気学では、マックスウェルの方程式が、基本的に偏微分を含むベクトル解析の式なので、なかなか「手の数学」にならない。

このように、一歩道を外れると魑魅魍魎に迷い込む数学では、「手の数学」の題材を慎重に選ぶ必要がある。

LATEX

| コメント(3) | トラックバック(0)

私は基本的に服装や髪型に無頓着で、独身のときは、一年中ほとんど同じ服で通していたことがあった。寒くなると、単にコートを羽織る程度である。それは、服装なんて粗末でいいというギリシャの賢人の教えに従っているというのは単なる衒いで、要するに面倒くさいのである。別に女性に興味がない訳ではなかったが、服装をきちんとして、それでもてなかったらどうする、最早言い訳がないではないか、それなら、服装を杜撰にしておいて、それだからもてないということにしておく方が気楽ではないかという姑息な思いも少しはあった。

そんな私だが、仕事、特に特許明細書のスタイルには特に拘る。文章の技術的内容も然ることながら、図面と、本文中に入れる数式などの形式に多大の注意を払う。

図面は、私の特許明細書の骨子であって、どのような図面をどのように配置するかで、何日も悩むことがある。図面は沢山あった方が分りやすいという信念があって、それで、会社の図面作成担当の方に多大な迷惑をかけている。しかし、私の明細書の品質の大きな部分が、その図面作成担当の方の、長年培った優れたスキルに依存していることは確かである。

また、数式も私のとてもこだわるところであって、それは私が数楽者であるからなのだが、特に私が担当している統計的発明では、数式こそ命なのであり、一行の数式が、数十行の文章にも匹敵する。

だから私は、特許公報を読んでいて、微分がdy/dxと全角で書かれていたりすると、それだけで読む気を失うほどである。まあせめて、半角であろう。本来は分数形式は、可能な限り分数でイメージとして書くべきと思っている。

そこで、数式は数式エディタに頼ることになるが、その1つのオプションは、MS-WORDの数式作成機能を使うことであろう。しかし、偏見であるが、私はどうもMS-OFFICE系のアプリが好きでなく、使いこなせないである。同様にOPEN-OFFICEに数式作成ツールがあるようだが、これも機能がよくわからない。

そこで注目したのが、ジャストシステムから販売されているカルキングJである。これはもともと、数式計算ツールであるが、数式エディタの機能もある。これはこれで便利なのであるが、カルキングJは、カルキングの簡易版であって、行列が3×3までしか作成できないとか、微分のXドットのような頭につく表記がうまくいかないとか、いろいろ制約があって、ときどきフラストレーションが溜まっていた。

するとやっぱり数式はLATEXなのかな、ということになる。LATEXは10年前に使っていて、その頃は管理職だったので、特許明細書を書くのではなく、マニュアルを遊びで作る程度であった。ところが、パソコンが変わり、LATEXは導入と設定がちょっと面倒なので逡巡していた、ということがある。

そこで最近、「LATEXはじめの一歩」土屋勝著、カットシステムを買って、これにはCD-ROMのインストーラーがついているので、LATEXの再入門となった。ただ、これはあくまでもとっかかりの入門書なので、定番ともいうべき改訂第5版 LaTeX2e 美文書作成入門、奥村 晴彦著、技術評論社も購入した。これさえあれば、大抵はなんとかなる。

LATEXで数式を作成し、特許明細書に取り込む手順は次のようになる。

  1. LATEXのソースファイルをテキスト・エディタで記述する、あるいは、発明者から貰う。数理系・情報処理系の研究者であれば、LATEXはデ・ファクトであり、コードをもらうのも容易である。このとき、複数の数式を一気に書けるので、一明細書につき1つのTEXファイルとなる。
  2. LATEX用専用ツールで、PDFとして生成する。
  3. Acrobatを使って、PDFをJPEGに変換する。
  4. イメージ・エディタでJPEGから切り出して、個々の数式ファイルとしてGIFで保存する。
  5. 特許明細書作成ツールで、個々に数式を呼び出す。ちなみに、私は専用特許明細書作成ツールを自作していて、su01.gif, su02.gifなどのように保存してあれば、自動的に【数1】、【数2】にはめ込まれる。

特許電子出願スペシャリストとしての私の若干の不安は、デフォールトでLATEXで作成した数式イメージが、解像度的に、電子出願に耐えられるかというところである。これはなによりも試してみるに越したことはなく、最近自分が書いた特許明細書に使ってみた。それは、数式が20個もある発明であるが、解像度的に問題は全くなく、また、能率も上がることを確認した。それで随分美麗な数式ができて悦に入っていたのであるが、当然に発明者はそんなこと意に介さない。彼らにとって、こういう数式が普通にあらわれていることは、自動販売機に100円入れて缶コーヒーが出てくる程度のことにすぎない。逆に、dy/dxだの、√(2^x+1)のような数式を書いたら、内心落胆しているに違いないのである、いちいち言わなくても。

LATEXにあまり馴染みのない人用に簡単な例を示す。まず、こちらが、TEXのコードの例である。一見面倒なようでも、前に書いたのを使い廻せばよい。
\documentclass[a4paper, 12pt]{jarticle}
\begin{document}
次のような1階線形微分方程式を考える。
\[
\frac{dy}{dx} = P(x)y + Q(x)
\]
すると、一旦、$ Q(x) = 0$とおいて、$ \displaystyle \frac{dy}{dx} = P(x)y $について解く
定数変化法を用いることにより、
\[
y = e^{- \int P(x)dx } \left[\int Q(x)e^{\int P(x)dx}dx + C \right]
\]
と解が求まる。
\end{document}

これは、次のような数式になる。

竜王戦防衛

| コメント(4) | トラックバック(0)

予想どおりというべきか、竜王戦は渡辺の防衛となった。流れからいってフルセットまでいくと思われたが、羽生は意外に頑張りがきかず、2勝4敗であっさり土俵を割った。

羽生に別居報道の影響がなかったとはいえない。実際、竜王戦とほぼ並行して戦っていた王将戦リーグでも、森内、佐藤という脂っこいところに2連勝したと思ったら、三浦、渡辺、豊島と三タテをくらった。特に、三浦は、名人戦を4タテで下したことからも分るように、羽生にとって長くお客さんであった。豊島にも本来、まだまだ負けてはいけない。

しかし、一方の渡辺だって、必ずしも好調ではない。棋王戦トーナメントで広瀬に負け、王将戦リーグでは、三浦、佐藤、森内に負け、A級順位戦では、郷田に負かされた。

それでも、竜王戦となると、渡辺はモードが切り替わるようである。また、対羽生にすっかり自信をもったようである。すなわち、羽生の特徴として、茫漠とした局面で相手に手を渡し、ミスや焦りを誘うということがある。ところが、渡辺は、手を渡されると、意外なところから切り込んできて、その傷が次第に深手になってしまう。そうして、羽生は距離感を見失ってしまう。これはまさに、大山が中原に対して経験したことである。

そういう泳がせる戦術が渡辺にはなかなか功を奏さないので、羽生は、今回の竜王戦では、自分から主導権をとる作戦に出た。すると、深い研究もあって、6局とも、なんとか局面をリードしていった。しかし、そこからの渡辺がしぶとい。まるで駒落ちの上手のように、羽生の攻めがぎりぎりで届かないのである。そしてそのぎりぎりの差を詰められずに、終盤は一手負けになってしまう。羽生が勝った第3局と第4局は、ぎりぎりの切っ先を渡辺が見誤ったというものである。あそこは渡辺が好調なら見切れていただろう。そして、4タテが現出したかもしれない。

一方の羽生は、負けた将棋で、こうすれば難しかったという手はあっても、こうすればはっきり勝ちという手はなかったはずである。このような攻めて行く羽生が見切られるのは極めて珍しい。

2004年の竜王戦で、羽生は森内に4タテで負けた。あのときは、一方的に攻められて攻め潰された。羽生は、絶不調であった。しかし、今回のように、用意周到に攻めても、それを見切られて届かないという負け方は珍しい。

大山が中原に対してそうだったように、羽生はもう、渡辺に対して挽回できないのだろうか。羽生は、苦手だった深浦を克服した。流石に深浦は、羽生さん組しやすしのような発言をしなくなった。しかし、渡辺は、深浦よりも一枚も二枚も上手である。まだ進化の途上にある。順位戦でも平気で、ありえないような新手を仕掛けてくる。

次は、渡辺がA級順位戦で一位になり、名人に挑戦してくる番である。それは今期実現しなくても、時間の問題だろう。そのときまた、羽生に新たな試練が訪れる。私は羽生のリソースはまだ枯渇してないと信じる。

日本囲碁の課題

| コメント(0) | トラックバック(0)

囲碁のJOC認定に書いたように、11月12~17日のアジア大会の競技として囲碁も開催されたが、男女団体戦、男女のペア碁の3種目で、メダルは男子団体が銅になっただけであった。男女の日本のトップ棋士10人を送り込んだのだから、これは甚だ不本意な成績というべきだろう。一方、韓国は金3、銅1、中国は銀3、台湾も銅1であった。予想どおり韓国の圧勝である。

これに関して、「日本囲碁の課題」と題する記事が毎日新聞にあったので、メモしつつコメントしてみる。

まず、日本の囲碁棋士がついていけなかったのは、試合があまりにも勝敗指向だったことである。例えば、韓国の棋士(選手)は、勝つために、今回のゲームの切れ負けルールを貪欲なまでに利用した。すなわち、韓国対中国のペア碁の終盤で、形勢的に、中国の勝ちが確定的になった。そこで韓国の選手が採った方策は、無意味な着手を続けるというものであった。それでも勝負はつかないので、中国選手は相手し続けて時間を消費する。これは流石に、審判団によって反則負けを言い渡された。

あるいは、アジア大会のペア碁の棋譜の解説をみていると、どうみても不自然な手があって、それは、女性の側が単に意味のない、場合によっては味消しあるいは劫材つぶしになるような手を打つのである。それは単に、ペアの男性棋士に手を渡すためだけの手であって、男性棋士の方が強くて的確な手を打てるだろうという前提に立つ。ただ、棋譜としては価値を下げる。勝つためとはいえ、首をかしげざるをえない。

また、団体戦は切れ負けでなく秒読みのルールなのだが、普通、日本のタイトル戦などでは、よほど明らかな時間切れでなければ、相手を追及しない。しかし、相手を時間切れと非難してでも勝ちたいチームは、少しでも微妙なケースは時間切れだと審判団に抗議した。そうやって時間をかせぎ、自チームの他のメンバーの勝ちを確認してから、抗議を取り下げたりするということもある。日本の鈴木歩五段などは、時間切れを宣告され、表立って抗議しなかった。これが中国や韓国の選手なら、轟々の抗議だろう。

さらに問題は、対戦が非公開で、棋譜も採られないということである。そんな中で、中国や韓国の棋士は、経過はどうでもいい、時間切れでも勝てばいい、とドライに割り切った。実は、将棋の世界で、当時の木村名人に神田辰之助八段が挑戦して、神田が拾い勝ちしたとき、神田が「何で勝っても勝ちは勝ち」とつぶやいたというのが有名な言葉になっている。それは逆説的な意味もあって、日本のプロ棋士はそんな勝つことだけを目当てとするようながっつくことはしない、という意味もある。だから、そんな韓国や中国の方針は、日本の棋士に受け入れ難いだろう。

それでは日本のプロ囲碁界はどうするのか。アジア大会に続いて、そのうち、囲碁はオリンピックの競技になるかもしれないと言われている。すると、日本のプロ棋士もいよいよ、時間攻めや、単なる手渡しなど、囲碁の本道から遠い戦術を研究しなくてはいけなくなり、2日制をじっくり戦うことの優先順位は下がってしまう。それでいいのかという議論は、当然に日本棋院にあるだろうが、短時間指向、勝負こだわり指向がデ・ファクトの世界標準だと、コンピュータ業界のような議論がでてきて、伝統派は次第に勢いを失うのだろう。するともういっそのこと、伝統を壊して、韓国や中国に対抗できるように短時間のスキルを鍛え、その中から棋道を再構築するしかないのであろうか。そうだとすると、なんか哀しい。

実技と学習

| コメント(0) | トラックバック(0)

いまから20年以上前、パソコンの初期の頃、MS-DOSがリリースされた。ところが、当時パソコンは100万円以上もして、到底庶民の手に届くものではなかった。だから、そのパソコンの上で走るMS-DOSなるものも、一体なんじゃらほいで、皆目見当がつかなかった。

そうは言っても、当時からコンピュータ・メーカに勤務していた私は、パソコンのスキルは無視できないだろうと思い、MS-DOSの入門書を読むことにした。ところがなんと、一切理解できないのである。数楽者として、結構難解な数式を含む本もなんとか読みこなしていたので、眺めるだけでだいたい理解できると楽観していたのだが、どうにも雲を掴むようなのである。

それが理解できなかったので、自分にはコンピュータの才能が余程ないのかと落胆したが、それもおかしい。というのは、すでに8ビット・パソコンのMZ2000で、ルンゲ・クッタの常微分方程式の解法のプログラム程度のものをそこそこ書けていたので、流石にコンピュータ初心者でないはずなのである。

ともかく、どうしようもないので、MS-DOSの勉強自体、しばらく脇に置かれた。それから数年経ち、背伸びすれば16ビットCPUパソコンが買えるようになり、思いきって買ってみると、面白くてはまってしまった。すなわち、BASICで簡単な計算をしたり、マルチプランという表計算のソフトを使ったり、今にして思えば素朴なゲームを楽しんだりである。それでも私が一番面白いと思ったのは、ただコンピュータのOSであるMS-DOSのコマンドを打ち込んで動作を確認したり、フロッピーディスクにファイルを書き込んだりするときであった。それを、パソコンを買ったときについてきた分厚いマニュアルを読みながら、なんとか使いこなしていくと、昔MS-DOSの入門書を読んでさっぱり理解できなかった階層ディレクトリなどの機能も、ストンと腑に落ちた。

さらに、int 21hの割り込みというのにも興味をもった。すなわち、コンピュータに対して多少なにりも複雑なことをさせるには、独自のインターフェース、すなわち、APIの仕様を知らなくてはならないのだが、マクロアセンブラの入門書とプログラムを入手してコードを書き、仕様に従ってレジスタに値を入れてint 21hの割り込みを呼び出すと、あら不思議、文字が画面に出たり、ビープ音が鳴ったりする。それが私には、魔法の呪文を教わったような気になった。

そういう実技を経ないとしっくりこない知的分野というのを初めて知った。しかし、よく考えてみると、知的スキルというのは実はどれもそうではないかと思い至った。

例えば、ある物理学の本を買ってきて、普通に読了するというのは、上記の例で言えば、単にMS-DOSの本を読み終えたのと同じで、なるほどMS-DOSはこのようなものかと分った程度のことである。そこで、実際にパソコンに触ってDOSコマンドを活用し、階層ディレクトリを作ったり、ファイルの属性を変更してみたりする、というのは、物理学の本でいえば、その本または別の演習書で練習問題をきちんと解くということに相当する。

それ以上のレベルというのは、世間に普通にあることではあれ、自分の頭で問題に取組むようになれる、ということである。すなわち、他人が既にやっていることなんだろうけど、自分の論理で問題を構築し、それを解く努力ができるということである。プログラミングでいうなら、オリジナルな発意で、アルゴリズムをデザインし、コーディングできる、ということである。

そこからさらに上というのは相当厳しい。それは、本当の意味で誰もやっていない、しかもその分野で意義が大きい仕事をすることであり、おそらく、今までは努力でやってこれても、ここからは、天賦の才能がないと難しいだろう。

以上を纏めてみると、次のとおりである。

  • レベル1:その分野の本を何冊か読み、大体概要は眺めた。
  • レベル2:その分野の典型的な演習問題をきちんと、まとまった量解いて、解法を身につけた。コンピュータで言えば、本を読んだあと、実際にコンピュータに触って、コマンドなどに馴染んだ。
  • レベル3:自分が意識する問題に対して、レベル2で学んだ技法をきちんと適用し、解ける。
  • レベル4:本当の意味で、オリジナルで有意義な問題を思いつくことができる。うまくいけばその問題が解ける。解けなくても、何か解く努力の課程で、オリジナルな手法を思いつく。

なお、レベル1からレベル2に至るために、演習問題をきちんと解くというのは1つのやり方ではあるが、これには限らない。要は、脳に負荷がかかればよいので、レベル1の努力を集積する、すなわち、大量の本を読むのでもよいし、勝海舟がやったように、膨大な本を写本するのでもよい。

あと、これは私固有のレベルの事情であるが、ある分野の特許明細書を書くというのは、その技術レベルの要請は、上記レベル1よりは少し高くて、しかし沢山練習問題を解くまでは至らなくて、レベル1.2~1.5というところだろうか。

ともかく、学問やスキルに王道はないのであって、努力しないでマスターする方法は絶対に無理である。ときどき私に、聴き流すだけで英会話が自然にマスターできるなんて本当か、と聞く人がいるが、おそらく、そういう問いを発する人は永遠に英会話が実用的なレベルにはならないだろう。

消費税の使い道

| コメント(4) | トラックバック(0)

消費税はどのように使われているのだろう、という素朴な疑問は、誰でももつのではないだろうか。新聞にそれに関する記事があったので、メモしてみる。

1989年に初めて消費税が導入されたとき、特にその使い道は限定されていなかった。すなわち、他の税収入と同様に使われたということである。

しかし、1999年に、消費税は、「高齢者医療」、「基礎年金」、「介護」の3分野のみに使われることが明記された。なぜ消費税を充てたかというと、これらの3分野では、ある決まった額の予算が必要であるところ、消費税は、所得税や法人税に比べ、安定した税収を見込めるということと、デンマークの25%、英国の17.5%に比べると、今の税率の5%は低く、今後率を上げることも困難でない、という政府の思惑があった。すなわち、老人介護を抱える家庭や、今後の年金収入に不安を抱く人は少なくないので(私もそうかも)、消費税の増税は比較的理解を得られやすいのでは、ということである。

とはいえ、5%の消費税のうち、国に配分されるのは2.82%で、残りの2.18%は地方自治体に廻される。2010年の消費税収入の見通しは12.1兆円で、すると国が使えるのはそのうちの6.8兆円にすぎない。ところが、「高齢者医療」、「基礎年金」、「介護」の3分野の2010年度の予算は16.6兆円で、9.8兆円も足らない。

実は「高齢者医療」、「基礎年金」、「介護」の3分野以外にも、一般医療費などもあり、社会保障給付に充てられる国の歳出は、2010年で27.3兆円に上り、今後老人が増えてくるので、この予算は毎年1兆円ずつ増えてくることが予想されている。

そもそもが2010年、税収よりも歳出の方が44兆円も多く、これを政府は、国債を発行して賄ってきた。だから、たとえ消費税を10%にしても、それによる税収の増加はわずか12.1兆円にすぎず、これを決まった額で国に割り当てると、6.8兆円に増加にしかならない。相当に焼け石に水である。

例えばの話であるが、消費税を50%にすると、かなり財政は楽になるだろう。しかし、流石にそれでは、国民の生活は苦しすぎる。それでも、段階的ではあれ、消費税を20%程度まで上げるのは仕方ない。

一方で、年金の保護を多少手薄くするしかない。まさに私などその影響を受けるが、私としては年取っても少しでも稼いで、少ない年金をカバーするというやり方を採りたい。贅沢はできないだろうが、戦争よりはましだと思うことにしよう。

管理職と野望

| コメント(6) | トラックバック(0)

管理職と野望という題目を書いて、なんと生臭い題目なのだろうと自分でも苦笑してしまうのだが、ともかく、私が長く考え続けているテーマの一つである。

このようなテーマを考えはじめたきっかけは、私が意に反して、管理職に登用されて、それでたまたま知遇を得た、所属部門の元部門長の人と話すきっかけがあってからである。その元部門長が私にまず言ったことは、何があっても思い上がってはいけない、ということである。どれだけそれが守れたか分からないが、管理職を降りた今も、その教えはずっと頭にある。

それともう一つ言われたのは、君はせいぜい、今の課長職程度しかできない、ということである。別に昇進の野望なんてない私であるが、私の器量を見透かされたようでちょっと不愉快になって、その理由を問うと、その理由は明快で、君は、欲が足りない、ということだった。

管理職に必要なのは、優れた実務的センスと、面倒見の良さと、企画力と、人間性だと思っていた私には、そのステートメントが意外でならなかった。

で、私のその理解を話すと、だから君はせいぜい課長止まりなんだと、念を押された。元部門長の人の説明によると、部長以上の職務を果たすには、どうしても、ある程度強い欲望が必要なのだという。それは、有名になりたい、金を稼ぎたい、権力を振るいたい、女にもてたいというドロドロしたものでよいという。いやむしろ、ドロドロしてない欲望なんて果たしてあるだろうか。例えば、世界平和に貢献したいなんて、いかにもうそ臭い。そして、その生臭い欲望を燃料にして、部門、または組織を押し上げる。欲望はそのとき、ガソリンなのである。

私は今でも心底は、そのステートメントに納得していない。なにかとても利他的な、ダライ・ラマのような理想的な上位管理職がいるに違いないという思いが断ち切れない。

そうしたら最近、社内のある人から相談というか愚痴を聞かされた。すなわち、自分の上司がとても属人主義で困るというのである。どうみても優秀でない人を優遇している。これは長い目でみて、その上司そのものの経歴にも損であり、なぜそんなことをするのか理解できない。もっと自分自身の欲望に敏感になってほしい、というような趣旨であった。そして、会社で昇進する人は皆我侭で自分中心で、自分のことしか考えていないからこそ、組織を引っ張れる、というのである。あれ、所属部門の元部門長と同じことを言っている、するとこれが真実なのか、と改めて考えた。

しかしよく考えたら、欲望でドライブするというのは、当然かもしれない。なぜなら、我々が働いているのは営利企業であり、すると、そこの構成員は営利企業の営利を分有しているはずである。すると、より営利の持ち分の多い、すなわち我欲の強い構成員が昇進するのも仕方がないのかもしれない。

ただ、ひたすら真っ直ぐに我欲を追求する人は、企業内の他の人の我欲とぶつかって、潰れてしまう。だから、リーダーとなる人は、自分の我欲を振り回して、欲望の流れをつくり、そこに他人を乗せなくてはならない。このような流れを作る能力こそがリーダーシップである。いわば、欲望の非ユークリッド幾何学を実現しなくてはならない。なるほど、このような欲望の勾配をつくれる能力がよきリーダーの条件であるのに、私はそもそも、欲望の絶対量で、リーダーたりえない、ということのようである。

営利企業でなくとも、宗教集団であっても、欲望の勾配をつくれる能力は必要で、その典型は、浄土真宗の蓮如てある。その卓越した子作りの能力をみても、蓮如は滔々たる欲望の持ち主ではなかったか。

すると、淡白な欲望が霊格の高さの証だとすると、清濁併せ呑む気質で、霊格云々を気にしない性格でないと、世間的な成功は望むべくもない、ということになる。あまりにも当たり前か。

長考

| コメント(0) | トラックバック(0)

長考というのは、読んで字の如くで、要するに、長く考えるということで、意味が分らない人はほとんどいないと思うが、なぜか、囲碁や将棋以外ではあまり使われない。

それと同様に、長く考えることの価値自体、囲碁や将棋以外ではあまり配慮されず、寧ろ、短時間で的確な判断をすることの方が重要視されているような気がする。

囲碁や将棋では、一手に1時間以上考えることはざらである。プロ棋士がその間、一体何を考えているのか、私のような所詮弱小アマチュア棋士には、ブラックホールのような謎である。私はというと、将棋で一手10分くらい考えることはあるが、それは単に、どう指していいか分らないだけだったりする。あるいは、この将棋が終わったあと、どこに飲みに行くか、という本質的でない思考だったりする。プロ棋士でさえ、本当に次の手が分らないとか、どうでもいいことを妄想していることもあるらしいが、それでも、当然、手を本当に読んでいる時間は、アマチュア棋士より断然多い。なぜそれが出来るかというと、まず、手が見える。ある局面で思いつく手が沢山ある。それから、手を読み進む能力が、アマチュアよりもはるかに大きい。まさに、指し手の空間に深くダイブしていくのである。将棋漫画のハチワンダイバーの由来はそこからきている。

このように思考にダイブする能力は重要なので、米長邦雄は、将棋のプロの卵の奨励会員に、古典詰将棋の傑作、『将棋無双』『将棋図巧』を頭の中だけで解きなさい、すると、プロ四段になれると勧めた。

渡辺竜王のように、そんな修行なんて知るものか、といいながらトッププロに登りつめた棋士もいるので、一概には言えないが、確かに、深く読む能力というのは本質的である。

ところが、一手に数時間読んでも、結局実際に指す手は、読んだ手の何百分の一だったりするわけで、読んだことが直ちに勝負に貢献するとは限らない。むしろ、全く関係ないことがほとんどで、それはある意味、壮大な無駄であるともいえる。

すると、プロの対局も、持ち時間はせいぜい、一人3時間、あるいは2時間でもいいのでは、という意見も出てくる。実際、中国や韓国の囲碁棋士は、そういう短い時間の勝負に適応していて、今アジア大会の種目となっている囲碁でも、当然に短時間ルールであるため、持ち時間8時間の二日制のような長時間の対局を正式とする日本の棋士は、甚だ分が悪い。だから日本でも、いろいろな意味で中国や韓国の修行方式に切り替えるべきであると、イ・セドルは指摘する。なにしろ実績が凄いので、説得力がありすぎる。

ただ、流石と思わせるのは、イ・セドルは、長い持ち時間の勝負を、質が違うものと理解しているところである。二日制というのはまた違う、その土俵で打ったら、自分も容易には勝てないのではないか、と。

実は、そこに思考の本質がある。延々と長く考えることは、別の質をもたらすのであり、逆に言うと、長く寝かせた思考だけが、パラダイムの転換をもたらし得るのだ、言えるかもしれない。例えば、志村五郎は、1つのテーマを10年間考え続けるというし、岡潔に至っては、多変数複素関数論の境界問題をなんと、正体不明の問題であると呻きつつ、20年間も考え続けた。

すると私の仮説はこうである。人間の脳内には、生理的なニューロンは当然に張り巡らされるが、そのありかは脳内ではないかもしれなくても、脳が関与する多数の概念の間に、リンクを張り巡らせるにはNP困難な長い時間がかかるのであり、どうも数学はその極北にあるようである。

すると、人類は、その尊厳を維持するために、長考という、一見恐ろしく無駄な行為を捨ててはならないのである。

これはまた、ネット・バカの論旨とも一致する。

ただ、そういう私が、仕事の能率がよすぎて、つい質の軽佻さを指摘される傾向にあるのも皮肉なものである。そこで自戒を込めて、「思考の質は、しばしば時間に依存する。」と書いておこう。

ネット棋院の特許

| コメント(0) | トラックバック(0)

囲碁将棋チャンネルを観ていると、ネット棋院のCMがときどき流れる。ネット棋院とは、インターネット囲碁対局の会社で、CMによると、特許をもっているとかあるので、職業柄調べてみると、確かに、1件登録特許があった。以下とおりである。

【特許番号】特許第3765498号(P3765498)
【登録日】平成18年2月3日(2006.2.3)
【発行日】平成18年4月12日(2006.4.12)
【発明の名称】インターネットゲームの着手時間のカウント方法
【特許権者】
【識別番号】504182196
【氏名又は名称】有限会社ネット棋院
【住所又は居所】東京都多摩市鶴牧六丁目16番地4号棟1003号
【発明者】
【氏名】酒 井 猛
【住所又は居所】東京都多摩市鶴牧六丁目16番地4号棟1003号
【特許請求の範囲】
【請求項1】
所定の持ち時間を有する二人(A、B)の競技者がパソコンを用いてインターネットを介して交互にマウスボタンを押してマウスポインタでディスプレイ上の所望のポイントを選択し、選択したポイントでマウスボタンを離して所望のポイントを確定するようにしたインターネットゲームの着手時間のカウント方法において、一方の競技者(A)にイベントを行う権利が与えられるとその一方の競技者(A)の持ち時間の消費時間のカウントであるイベント考慮カウントが開始されるイベント考慮カウント開始ステップ(S2)と、その一方の競技者(A)がポイントを選択するためにマウスボタンを押すと、イベント考慮カウントを休止するイベント考慮カウント休止ステップ(S4a)と、前記の一方の競技者(A)がポイントを確認するためにマウスボタンを押すとイベント確認カウントが開始されるイベント確認カウント開始ステップ(S4c)と、一方の競技者(A)のマウスボタンを押してからの時間が予め定めたイベント確認カウント時間(Tc)を超えている(YES)か否か(NO)を判定するイベント確認カウント判定ステップ(S6)と、前記イベント確認カウント判定ステップ(S6)において超えている(YES)と判定されたときに前記イベント確認カウントを完了するイベント確認カウント完了ステップ(S11a)と、イベント確認カウントが完了した後そのイベントをキャンセルするイベントキャンセルステップ(S12)と、そのイベントがキャンセルされれば、前記のマウスボタンを押してからの経過時間をイベント考慮カウントの消費時間に加算する消費時間加算ステップ(S25)と、前記イベント確認カウント判定ステップ(S6)において予め定めたイベント確認カウント時間(Tc)を超えていないと判定(NO)している間に、一方の競技者(A)がマウスボタンを離したときに(S7)イベント確認カウントを完了する別のイベント確認カウント完了ステップ(S8a)と、その別のイベント確認カウント完了ステップ(S8a)により、有効イベント(S10)としてイベントを決定するイベント決定ステップ(S22)と、そのイベント決定ステップ(S22)で休止状態のイベント考慮カウントを終了してイベントの権利を他の競技者(B)に与えるイベント考慮カウント終了ステップ(S23)とを含み、前記消費時間加算ステップ(S25)の後に競技者(A)のイベント考慮カウント開始ステップ(S2)に戻ることを特徴とするインターネットゲームの着手時間のカウント方法。

この発明者の酒井 猛というのは、囲碁のプロ九段である。私の記憶では、ネット棋院が保有している特許というのは、石の死活の自動判定システムだったか、地合いの自動計算システムだったかのような気がして、もしそうなら、どんなアルゴリズムなのだろうと気になって調べたのだが、なんだこれは、単なる消費時間カウントシステムに過ぎない。

あと、私の職業柄のコメントなのだが、この書き方の請求項では、ハードウェアの利用要件がいまいち明確でなく、特許法第29条柱書を満たさないような気がするのだが、ゲームの分野ではまた、審査基準が違うのだろうか。

さらに、ネット棋院の競合かもしれないが、パンダネットは、トーナメント大会運営システムと、囲碁の対局システムという2件の登録特許がある。これも中身を見てみたが、普段情報処理関係の高度なアルゴリズムの特許に馴染んでいる私には、結構トホホである。例えば、「囲碁の対局システム」は、対局の度のレーティングの更新システムであり、「トーナメント大会運営システム」は、段級位で対戦相手を決めるというもので、単なる決め事で発明なんだろうか、と思ってしまう。

ちなみに、ネット棋院はともかく、日本棋院や日本将棋連盟に特許出願はあるのだろうか、という下さない疑問が湧いて、調べてみたところ無かった。無理もないか。

金星探査機

| コメント(4) | トラックバック(0)

日経新聞Webによると、JAXAは、金星探査機「あかつき」の失敗原因について解明するという。以下、引用:

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の立川敬二理事長は9日午前に記者会見し、金星の周りを回る軌道へ投入できなかった探査機「あかつき」の失敗原因について「今日、明日にでも解明したい」と述べた。あかつきは高速通信はできており、失敗時のデータが地上に届いていることから早期解明ができるとの見通しを明らかにした。

理事長は「小惑星探査機『はやぶさ』でいいムードだっただけに残念だ。二度と起こらないよう努めたい」とし「原因究明を急ぐ」と語った。

あかつきは7日午前、金星の周回軌道へ入るため主力エンジンの逆噴射を開始した直後、大きな衝撃を受けて前転。緊急事態に備えた「セーフホールドモード」に切り替わり、逆噴射が止まった。衝撃を受けた原因は不明だが、主力エンジンの燃料噴射部の「スラスター」にひび割れが生じた可能性が浮上している。

ここでまず、金星探査機の簡単な歴史をみてみよう。毎日新聞からの引用である。最後の行は、私の追加である。

1961 ベネラ(ソ連)失敗
1962 マリナー1(米国)失敗
1962 マリナー2(米国)初めて成功し、地表が高温と判明
1970 ベネラ7(ソ連)地表に軟着陸
1975 ベネラ9(ソ連)地表撮影に成功
1989 マゼラン(米国)ほぼ地表全体の地図作成
2005 ビーナス・エクスプレス(欧州)大気観測中
2010 あかつき(日本)大気観測を予定するも、逆噴射失敗で軌道に乗れなかった

ここにあるように、1962年から一貫して各国が成功しているので、金星探査機を送り込むことは、イトカワに着陸して帰ってきた「はやぶさ」よりも困難とはいえない。それでも、「主力エンジンの燃料噴射部の「スラスター」にひび割れが生じた」ことにより失敗に至った原因は、毎日新聞によると、どうもセラミック・スラスターを使用したことにあるらしい。

姿勢が乱れた原因について8日会見したプロジェクトマネジャーの中村正人JAXA教授は「(微小な隕石(いんせき)のような)何かがぶつかったのかもしれないし、異常な方向に噴射したのかもしれない。データがそろっていないのできちんとしたことは言えない」と慎重な姿勢を崩さなかった。

だが今回、逆噴射に使った新開発エンジン「セラミックスラスター」の不具合を指摘する専門家もいる。

セラミックスラスターはヒドラジンと四酸化二窒素を燃料に使う小型ロケットエンジン。従来の合金製スラスターに比べ高温で燃料を燃焼させることができ、燃料効率がいい半面、割れやすい。中村教授は「当初は心配されたが、試験で十分な強度があると確認して採用した」と話す。

よく分らないのは、JAXAが、「はやぶさの場合は、イトカワの重力が小さいため状態を確かめながらゆっくりと接近することができた。だが、金星は通信に往復7分半かかる上、はるかに重力が大きい。あかつきは猛スピードで接近し、逆噴射と金星の重力によって進路を急激に大きく変える。こうしたダイナミックな動きを自在に制御する技術が必要になる。」という意味のコメントをしていることである。しかし、上にも書いたように、もう40年以上も前から米露は金星探査機の打ち上げに成功している。しかも、はやぶさの困難は、重力の小ささの困難ではなかったのか。すると、「セラミックスラスター」選択の不適切さの言い訳をしているとしか思えない。

ともかく、日本の宇宙技術は、ここにきて、米露に比べて経験の少なさを露呈してしまったようである。

「人間らしさ」の構造

| コメント(0) | トラックバック(0)

私はだいたいが、つまらないことでくよくよするタイプで、若い頃から取り越し苦労が絶えなかった。そして辛くなると、酒に溺れたり、コンピュータに没頭したりと、なんとか自分を誤魔化してきたが、私にとってなんといっても一番の気休めは読書で、特に、なぜだか分らないが、「『人間らしさ』の構造」、渡部昇一著、講談社学術文庫が、辛いときに一番にすがる本であった。あまり一冊の本を再読しない私も、この本は何度読んだか分らない。

この本の趣旨を極めて粗く要約すると、人間にはそれぞれ個性があって、また、独自の内なる基準がある。風習や習慣などの外的な基準にフォーカスし過ぎないで、自分の内なる声に耳を澄ませて、従ってやっていくことで静かな幸福が得られる、というものであった。

当時独身であった私は、結婚することがどうみても内なる声に従うことであるような気がしなくて、ただ、両親や友人、会社、病気などシュトウム・ウント・ドランクのカオスで状態で、つい自分を見失い今に至ったような気がする。

そんな慌しい日々の中でなぜか、「『人間らしさ』の構造」を久々に再読してみる気になった。そこで、一番気に入っている、「『生きがい』ある人の姿」の章を私なりに要約してみる。もっとも、この章は、渡部昇一氏のオリジナルというよりも、マズローの「人間性の心理学」からの紹介になっているが、私にとっては、誰の意見だろうと本質的ではない。

さて、「生きがい」ある人の姿とはどのようなものだろうか。その最初の特徴は、「現実の認識がすぐれている」である。これは私は達成できているとは思わないが、一応、認識の徒であることを目標にはしている。私の周囲で、どうみても、現実に対する認識を改善しようとしない人がいる。「生きがい」をもって生きていないのだろうか。

次の特徴は、「自分をせめず、人をせめず、自然をせめず」。ううん、私にとって極めて難題である。私は必ずしも他人に対して寛容ではない。自責の念も少なくない。

次の特徴は、「自発性が増す」。うん、これは私ず一番心がけているものである。よくも悪くも、自分の意見は大事にしたい。大事にするということは固執することではない。理想的には、常に学び、ブラッシュ・アップすることである。ただ、会社などの組織で、自分の意見をきちんと通し、自発的に行動することは、特に上司と意見が合わないと、かなり手ひどい仕打ちを受けることがある。それでもひるまないのが理想であるが、なんとか妥協しながら、自発性は大事にしているつもりである。ところが、私の周囲には、要求される以上に自発性を滅却して生きている人がいる。そうやって、上司なり周囲の言うことにあわせてやっていれば、軋轢なく生きててけると踏んでいるようである。そんな生き方だと、レベルの低い組織では昇進できるかもしれないが、あまりに魂は息苦しすぎるのではないだろうか。

次の特徴は、「人から離れ、プライバシーをもつ要求が大きくなる」。私はもともと孤独癖があって、他人と付き合っていると無性に一人になりたがる傾向があった。それは、小学校時代からの癖でもある。というのは、運動が駄目で何をやっても鈍い私は当然に、同年代の子供と打ち解けて楽しく遊ぶことができず、一人で昆虫図鑑や岩石図鑑を眺めて悦に入る、根暗な子供であった。その本質は今も変わらない。そういう非社交的な性格は普通好ましくないが、「『人間らしさ』の構造」は、それでもいいのだ、孤独も重要なのだと認めてくれた。

次の特徴は、「自立性が増加して、文化に組み込まれる(エンカルチュレイション)に抵抗する」。そう、企業に入ると必然的に企業文化を押し付けてくるが、それに対する私のキーワードは、アンチ・エンカルチュレイションであった。それは必然的に昇進に障るかもしれないが、仕方がないと覚悟した。だから、間違って昇進してしまったのは、心苦しさもあった。もちろん、それを素朴に喜ぶ俗性も私には十分あったが。

次の特徴は、「鑑賞力の新鮮さが増し、感情的反応が豊かになる。」ううん、これは私にはあまり該当しない。感性は私の鬼門である。

次の特徴は、「小恍惚の体験の回数が増す」。小恍惚とは、なんとなく楽しくてうっとりるすことである。例えば、考えていた数学の問題がぱっと解けたときの気持ちのようなものである。これは頻繁にはないが、なんとなく分かる。

次の特徴は、「自分をますます人類の一員と考えるようになる」。確かに、学歴や地位にこだわり、派遣社員を低くみたりする人は間違いなく、生きがいある人の姿ではないだろう。自分はどうかというと、当然にそういう偏見から自由ではないが、平等とかフェアネスには、気をつかうタイプではあると思う。少なくとも会社の地位が高いとかいう人を必要以上に意識しないようにしている。

次の特徴は、「対人間関係が変わってくる」。それは、必ずしも付き合いが減るという意味ではないが、目先の利益で付き合うというよりも、もっと心からのつながりを重視した付き合いになるはずである。ただ、本質的に社交的でない私は、仕事の利益の付き合いを減らすと、どうしても付き合いは減ってしまう。

次の特徴は、「性格の構造がよりデモクラティックになる」。これはある意味、「自分をますます人類の一員と考えるようになる」と同じである。

次の特徴は、「創造力が大いに増す」。これは、生きがいをもって生きると、創造力の障害になっている隘路が減るということだろう。内なる価値観を重視することが創造力につながることは、見やすい。

次の特徴は、「価値観が多少変わってくる。」これは、生きがいをもって生きている人は、世間の流行に流されず、信念をもって自分の価値観を作り上げるので、価値観が多少変わってくる、という次第である。これはある意味、君子豹変すである。

今のデモクラティックな時代だと、こういう生きがい重視の方針は、昇進などで割を食うかもしれないが、それでも、そこそこ内面の充実を保って生きていける。ただ、ガリレオ、デカルトなどの時代だと、宗教的権威という壁があって、下手をすると火あぶりの刑に処されてしまう。だから、デカルトは、明確な方針をもって世間迎合モードをつくった。今でも、北朝鮮ほどではなくても、会社生活でも、ある程度、世間迎合モードは必要であろう。それをどうデザインするか考えるのも、生きがい重視の生き方の義務である。

特許明細書のスキル

| コメント(11) | トラックバック(0)

最近、特許明細書のスキルが少しだけ上がったかも、と感じるときがある。それは、書き上げてから、どうも違和感というか不満足感が残るようになったことである。ここはああ書くべきであった、この点は発明者にもっと聞いておくべきであった、などである。少しだけ特許明細書の質が見えてきた。

管理職から実務屋に戻った直後は、特許明細書を書くことが純粋に楽しくて、最後まで書き上げただけで満足であった。まるで質が見えていないので、自分の書いた明細書のアラも分かりようがなかった。結局このほぼ4年間に80件書いたことになるが、スキルの変化を意識するには、最低でもそれくらいは書く必要があったということだろう。

ところが、当然かもしれないが、発明者の側からみれば、私は所詮明細書作成マシーンで、何か発明の記述をインプットすると、特許庁に提出する形式に整えてアウトプットしてくれるにすぎない。そこに何ほどのスキルがあるのかと軽視されるのも、ある意味仕方がない。というのは、相当に程度問題であるが、発明の記述のコピペを含まないでもない。

それでも悔しいので、会社の研究所の発明者の人達と飲んだときに、問わず語りに、特許明細書の作成の苦労というのを語ってみた。特許庁の方式や36条の配慮なんて言っても、特許実務を経験して理不尽な拒絶理由通知に対応したことがない人には分かってもらえるわけがないので、いろいろな分野の技術をある程度理解して書かなくてはならない、そのためには、入門レベルであれ、いろいろな技術書も広く読まなくてはならないと、酔っていたせいもあるが、切々と語ってみた。

しかし、発明者はまともに取り合わない。というのは、いっぱしの研究者にとって、新しい分野の研究を始めるために、その分野の基本書や論文を何本も読み漁るという行為は当然であって、そういうことをなぜ一々苦労話として語るのだという調子になってきたので、旗色が悪くなってきて、流石に話題を変えた。確かに、冷静に考えて、ある分野でそれなりの研究をすることより、その分野の特許明細書を書くことの方が困難でスキルフルであるとはどうしてもいえない。

で、結局、特許明細書を書くことはもの凄いスキルというわけではないということをとりあえず認めるのだけれども、逆説的であるが、特許明細書の困難は、その、見かけ上のもの凄くなさにあるのである。すなわち、なんというか、そこにモチベーションを維持することが難しいということである。また、本来的に特許明細書を作成することが主要業務である特許事務所に比べると、企業の特許部門において、外部特許事務所に任せてしまえる特許明細書業務がメインにはなりにくい。発明評価だの、発明発掘だの、知的財産関連契約だの、ライセンスだの、企業の特許部門にはカバーすべき業務が他にも多様である。

それから、その酒席で、私が話していたのと別の研究者が言う。ある程度歳とって、研究ができなくなったら、特許の世界にでもいこうかな、と。で、物議をかもすのを避ける私は特になにも言わないけど、内心は、おいおい、である。研究者としての適性と、特許実務屋の適性は多分かなり違う。大山の勝負観のところに書いたことに依拠すると、研究者の知識というのは、縦の知識なのである。ある程度の広さは必要であるが、その本質は深さであり、どんどん極めていかないと研究にならない。

一方で、特許実務屋の知識というのは、幅の知識であって、あまり深さは要求されず、ひたすら広さに対応しなくてはならない。そんな分野は知らないということは基本的に許されない。

また、理解されるべきは、深さ優先と、幅優先は、コンパチブルでないということである。すなわち、深さ優先の人が幅優先に容易に転進できるはずもなく、その逆も同様である。だから、特許実務家が研究者になったという例は寡聞にして知らないが、逆に、すぐれた研究者がよい特許実務家に転進できた例もあまり多くないはずである。

長年特許実務やってきて、法律的な側面というのは多々あるけど、こと特許明細書作成に関してみると、それは基本的には科学ジャーナリストまたはテクニカル・ライターなのかなと思うこともある。すなわち、難解な科学理論・技術理論をいかに審査官にわかりやすく説明するかというのが勝負だったりする。

もし特許明細書を書くことが一面、科学ジャーナリストまたはテクニカル・ライターだとすると、特許実務家が地味になるのは仕方がない。というのは、世の中に優れた科学者はゴマンといるけど、優れた科学ジャーナリストやテクニカル・ライターなんてほとんど聞かない。また、科学ジャーナリストやテクニカル・ライターを最初から指向する人もあまりいないが、特に特許明細書を書くことに生き甲斐を見出す生活を最初から指向する人もあまり聞かない。

あえてぶっちゃけでいうと、科学ジャーナリストも特許実務家も、どこかしら、科学研究者、技術者が流れ流れての吹き溜まり感が漂っているのではないのだろうか。で、どうせ吹き溜まりじゃないかと山谷ブルース的に生きていけばいいのに、つい、発明者に明細書作成のスキルや苦労を理解してもらおうと思うのは、人間が練れてない、未熟だぞ、というただけそれだけのことなのであった。

免疫活性化タンパク質

| コメント(0) | トラックバック(0)

北海道新聞のホームページによると、北大で、免疫を活性化させる分子(タンパク質)が特定されたという。以下、引用:

北大遺伝子病制御研究所の高岡晃教・教授(43)=免疫学=らの研究チームが、同大人獣共通感染症リサーチセンターなどと協力し、インフルエンザやはしかなどのウイルスに対する体内の免疫を活性化させる分子(タンパク質)の特定に成功した。「ZAPS」と名付けられたこの分子が細胞内に生じると、ウイルスを抑制するインターフェロンの増加が確認された。感染症治療や予防への応用が期待されるという。

21日付(現地)の米免疫科学誌「ネイチャー イムノロジー電子版」で発表、12月発行の雑誌にも掲載される予定。

高岡教授らは体内に侵入したウイルスのRNA(リボ核酸)を感知し、免疫を活性化させる「RIG-I」という分子に注目。インフルエンザに感染したヒトの細胞を調べたところ、RIG-Iは、今回発見されたZAPSと結びつくと、肝炎の薬などにも使われているインターフェロンを大量に生産することが分かった。

北大といえば、つい先日、鈴木章・北海道大名誉教授が鈴木カップリングで、ノーベル化学賞を受賞した。この業績といい、なかなか頑張っている。

ところで、ものの本によれば、免疫の機能というのも広くて、初期防御系としてのマクロファージ、好中球、好酸球、好塩基球、NK細胞と、いわゆる免疫系としてのTリンパ球、Bリンパ球がある。上記の記事を読んでみると、特定のウィルスに対応するものであるため、ZAPSは、いわゆる免疫系の方に関与するようである。

ところが、実際はそう簡単に分けられるものでもないようである。すなわち、上記の記述にあるインターフェロンは、一般化すると、サイトカインの一種なのであるが、サイトカインには、Tリンパ球やヘルパーT細胞によって産生されるものと、白血球などによって産生されるものがあり、インターフェロンは、白血球などが産生するものである。

ただ、サイトカイン群には、抗体分子や感作リンパ球のような特異的な可変部はなく、どうも免疫機構において、アラーム的機能を果たすようである。

ともかく、免疫機構はとても複雑で、手許にある「免疫と健康」ブルーバックス、野本亀久雄著あたりを眺めてもさっばり理解できない。啓蒙書レベルであっても、決して場の量子論より見通しがよいわけではないのである。

古細菌

| コメント(2) | トラックバック(0)

自分でもよく分らないが、昔から、細菌だの菌類だのが妙に好きである。私が独身のときの汚い部屋を知る者は、なんとなく頷けるのではないだろうか。

一方、先日コモノートについて調べたついでに、その直系とおぼしき古細菌に興味をもち、Amazonで検索してみたところ、「古細菌」古賀洋介著、UP BIOLOGY 東大出版会がみつかったので、買って眺めてみた。

すると、小冊子ながらこの本は専門書であって、素人の私では理解がなかなか追いつかないが、分る範囲でメモしてみる。

古細菌は、次のような種類に大別される。

  1. メタン生成細菌
  2. 高度好塩菌
  3. イオウ依存高度好熱菌

まずメタン生成細菌であるが、一方で、メタンを酸化してメタノールを生成する細菌もいるので、区別しなくてはならない。メタン酸化菌は真正細菌であるが、一方、メタン生成細菌は古細菌であって、激しく嫌気性である。この本は古いので1988年現在であるが、その時点で、44種類のメタン生成細菌が発見されている。メタン生成細菌は、水素と二酸化炭素の環境、蟻酸、酢酸、メタノール、メチルアミンなどからメタンを生成する。Methanobacteriaceaeのような、純粋の水素と二酸化炭素という無機物環境で生きていくメタン生成細菌もいるにはいるが、大抵は、ビタミンやある種の金属を必要とする。大抵は、20℃以上の暖かい温度を好むが、80℃以上で活動するものもいる。メタン生成細菌の特徴として、補酵素としてのF420を必ず含んでいる、ということがある。メタン生成細菌は体内細菌として、人体やシロアリの体内にも棲んでいる。メタン生成細菌についてのいかにも素人臭い疑問は、メタン生成細菌は、古代のメタン・リッチな大気で育っていたはずであるから、メタンの生産者でなく、メタンの消費者になるのではないか、というものである。メタン・リッチな大気にさらにメタンを送り込んで、何が楽しいのだろう。

高度好塩菌は、海水の5倍から10倍の食塩濃度を好む古細菌である。普通の細菌は、この程度の濃さの塩分ではまず繁殖できず、従って、この環境では腐敗しないということになる。実は、高度好塩菌は、メタン生成細菌と進化の系統が近く、メタン生成細菌を先祖とする、と理解されている。高度好塩菌には、桿菌、球菌、そして好アルカリ性菌が知られている。高度好塩菌は自らの体内にも高濃度の食塩水をもち、高濃度塩水環境でバランスをとっている。逆に真水環境では生きていけない。

イオウ依存高度好熱菌は、イオウを酸化して硫酸にすることで生育する。そういう意味で、好酸菌であるということもできる。ところが、嫌気的にイオウを処理して生育する種類もある。また、好酸性でない種類もある。さらには100℃以上の環境で生育するものもある。

以上、代表的な古細菌についてみてきたが、古細菌と真正細菌を分ける別の特徴に、古細菌のエーテル脂質がある。すなわち、真正細菌は、グリセロールと炭水化物鎖をエステル結合でつなぐが、古細菌ではここが、エーテル結合である。エステル結合だと、アルカリ溶液や塩酸中で加水分解されやすいが、エーテル結合は安定である。まさに古細菌は、演歌の歌詞ではないが、「型は古いが、酸やアルカリに強い」のである。その他、細胞膜の構造も、古細菌は真正細菌より複雑である。

さて、コモノートから古細菌に進化してきて、古細菌に留まるものと、そこから真正細菌に進化していくものがあられた理由はなんだろうか。この本は、進化について論じた本ではないので、特に言及されていないが、それはおそらく、ある地域が寒冷化・凍結などの環境の激化に晒され、そこでは古細菌が否応なく環境に対応するように変質を迫られ、別の地域では火山や地熱などの影響であまり環境が変化せず、よって古細菌は、旧い性質を保つことができたのではないだろうか。

ところが、古細菌の平穏を破るニュースがあった。例の宇宙生物学上の発見である。そこには書かなかったことを追加で書くと、砒素を燐の代わり取り込んで生きるGFAJIという細菌は、カリフォルニア州にある塩水湖に生息するというのだから、高度好塩菌の一種なのだろうか。しかし、当然かもしれないが、「古細菌」の本には、GFAJIに類縁の種は示されていない。Googleでの検索も、GFAJIに対する有意義な示唆は何も与えてくれないので、とりあえず時間をおいて、様子をみることにしよう。

管理職と実務

| コメント(4) | トラックバック(0)

物欲がない人間はいないように、出世欲が皆無の人間もいないだろうが、それでも出世欲にも強弱があって、私はいまの会社に入社したときから、実務家一本で進むつもりだった。

だから、入社試験の面接で、当部門では、弁理士の資格がないとかなり昇進に制約がある、君は弁理士を目指すつもりがあるかと聞かれたときも、いえそういう試験は苦手です、地味な一翻訳者としてキャリアをまっとうしても構いませんと開き直って、面接官を苦笑させた。そういう応答がネガティブで、面接で落ちても構わないと思っていていた。

それでも、ラッキーで入社できたのだが、実務は比較的できたので、その能力に見合う地位を得るためには資格は必要だよ、悔しい思いをしてもいいのかと何度も上司に説得されたが、どうしても気がすすまず、結局上司も諦めたようであった。それは自動的に私の昇進の途が閉ざされることであったが、それも仕方ないと諦めた。

その分、実務には精を出した。なにより量をこなすことに努力した。アウトプットが他の人よりもかなり多かったが、上司からは、質はどうなのかと指摘された。確かに流している面もなくはなかった。

ともかく、実務指向で私の方針は一貫しており、それなりに勉強もしたつもりである。ところが前にも書いたが、私の誤算は、大リストラで、シニアな人材が根こそぎ辞めてしまったことであった。そこで瓢箪から駒のように、私に管理職の地位が巡ってきた。それがあまりにもショックで、自転車に乗っているときバイクに撥ねられ、顔面を強打し歯を一本折るという怪我をした。一歩間違えたら重大な傷害になるところだった。

私が管理職になるのを嫌がったのは、実務に集中できなくなるからだった。私は、エキスパートに書いたように、世にも珍しい電子出願システム・エキスパートだったが、中間処理、明細書作成などの典型的な特許実務も好きで、暇さえあれば技術文献を読んでいて背景技術に詳しいので、私が書いた特許明細書は、少なくとも開発者・研究者には結構評判がよかった。

ところが管理職になってみると、実務屋の私には魑魅魍魎の世界で、一番困ったのは、人事的に部下をとりまとめることである。典型的には、お局さまに書いたとおりである。

他に大変だったのは予算管理で、部門長でもないのに部門の予算管理の責任者になり、すると、私の決済で何でも買えるのはいいとしても、年末予算が逼迫してすると、上位管理職からの締め付けがきつくなり、経費が一円でも予算を過ぎたらクビだといわれた。家族が路頭に迷う姿が浮かんだが、これも管理職になってしまった運命と、諦めた。幸い、急ブレーキを踏んで、前の車に10センチの距離で止まるように予算をコントロールできたりした。ラッキー以外の何物でもない。

そのように基本的に事務方に軸足をおいた管理職だったのだが、それでも、部下や外注特許事務所の実務の内容をチェックする仕事もあった。すると、おお特許実務かと、旧友に会うような懐かしさを感じたが、特許明細書をみて愕然としたのは、読んでみて、文章が頭に入ってこないのだった。昔、トルコに嫁にいって、トルコ語はマスターしたものの日本語を完全に忘れてしまったという女性の話を聞いたことがある。私は一体、特許明細書の勘所を完全に忘れてしまったのか、と哀しくなった。実務というのは、離れると、遂行能力だけでなく鑑識眼も急速に衰えることをそのとき知った。

そんなとき、外部施設で管理職研修があった。そこに知り合いの研究者が管理職としていて会話したのだが、その研究者は、「管理職をやっていると馬鹿になる。」と笑いながら、しかし決然と言った。それを聞いて私は、なんとか早く自分の管理職のキャリアに決別しなくては、と思い込むようになった。

しかし、紆余曲折があって、やっと管理職を降りれたのは、それから6年もたってである。その一番の理由は、私の後任をやりたがる人がいないということである。というのは、見るからに雑用で多忙で、他人の尻拭いばっかりやらされている。それでいて、部下からの評判はよくない。なにしろ、何でも自分で抱えてしまい、部下に振らないと非難される。私は私で、こんな雑用を振っては申し訳ないと歯を食いしばって自分でやっていたが、おそらく部下の言いたいことは、もっと管理職として部下の面倒をみることに時間を割いてほしいという願いなのだろう。ともかく、大した権限もなく、大した昇進にありつけるわけでもなく、こんな苦闘する地位に誰が喜んで就きたがるだろうか。

こうして待望の専門職に戻れたのだが、一抹もニ抹も不安があったのは、再び特許実務屋としてやれるかどうかであった。というのは、中間処理は、球拾いのようにこぼれたのを年に1~2件はやっていたものの、明細書に至っては、12年ものブランクがあった。

果たして、12年ぶりに特許明細書を書いたところ、特許請求の範囲の記述がメタメタで、散々な36条をくらった。幸いだったのは、実施例のところを書くスキルがあまり落ちていなかったことである。それで、管理職を降りてから私が書いた特許明細書に7件の拒絶理由通知がきたが、5件は一回の拒絶理由通知に応答するだけであっさり特許査定になった。残り2件は審判に継続している。このうち1件は、どうみても進歩性欠如の認定が強引すぎるので、結局は勝てると見込んでいる。ちょっとやばそうなのは、管理職を降りてから書いた最初の件である。しかしそれも、36条はクリアしたところ、私がみつけられなかった非特許文献を突きつけられたせいである。これに対する勝算は多分、30%。果たして、勝利を30%から積み上げられるだろうか。

もし私が、管理職を降りてから実務担当者として比較的違和感なくやれているとしたら、それは、私が、実務をやるようにこつこつと管理職の仕事をしていたからであると今になっていえる。似たようなことを何度も書いたかもしれないが、実務をやるようにこつこつとやるマネジメントは、せいぜいが二流のマネジメントで、組織を活性化させない。平穏に維持するのが関の山である。ただ一応、部下に頑張っている背中を見せているという点で、最悪であることを逃れているとはなんとかいえるかもしれない。

博士の学位

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞のコラムに、博士の学位のことが書かれていたので、コメントしてみる。すなわち、その記事によると、博士の学位は、足の裏についた飯粒であって、そのココロは、取っても食べれないが、取らないと気持ちが悪い、というものである。

ただ、秀才の収支に書いたように、特に大学の教員に応募するときは博士の学位が本質的になることがある。また、青色発光ダイオードの中村修二氏が、博士号をもたないで米国に留学して、Slave Nakamuraと揶揄された、という話もある。

それで、東大などの有名大学の教授でありながら、退官間際になって慌てて博士号を取ろうと奔走する、ということもあるようである。というのは、専攻が文学や政治学などの文系である場合、博士号の審査が極めて厳しかったりする。それで結構有名な学者でも50台になっても博士号をもっていないということがありえたりする。しかし、退官して他の私立大学などに就職しようとすると急遽、博士号が要求されたりするということのようである。

一方、私が普段仕事で付き合う研究員の人をみていると、博士号をもっている人も、もっていない人も様々である。なぜ博士号をもっていると分るかというと、自分で私は博士ですなんて流石に私に言う訳もなくて、電子メールの署名のところをみると、PhDと書かれているから分る。

そこで、博士号をもっている人には、2つのパターンがある。1つのパターンは、大学院で博士課程を修了して入社しているケースで、もう一つのパターンは、大学院で修士までの学位しかとらず、会社で働きながら大学院に通って博士号を取得するパターンである。その他、大学院の博士課程に通わず、論文を大学院に提出して博士号を取得する、論文博士というのもあるらしい。

さて、理工系では、文系ほど博士課程の審査が厳しくなくて、きちんと指導教官の期待に沿っていると、ある程度の能力があると博士号が取得できるようである。それでも、働きながらだと、博士号取得のために時間を捻出するのは結構大変のようで、だから、研究員を眺めていると、相当優秀でも、面倒だからと博士号を敢えて取得しないケースも結構ある。博士号が昇進の条件になっているわけでもないようである。

それでも、博士号があるのとないのではどちらがよいか、と聞かれると、100%の人が博士号があるほうがよいと答えるのではないだろうか。いわゆる、邪魔にならないから、という議論である。また、明らかに、大学の教員になるのに有利である。だから、学生の暇なうちに大学院で博士課程を取得して入社するのが有利ということになる。

ところが最近、本当にそうかと疑問に思うシーンを見かけるようになった。すなわち、大学院で博士課程を取得して入社してくると、企業としては、研究員として活躍することを期待する。そして、研究成果を与えて、成果をみる。ところが、博士課程の研究テーマと、企業で与えられるテーマの距離が近いということは稀で、多くの場合、新しく一から勉強しなくてはならない、ということになる。

一方で、大学院で博士課程を取得するということは、発想力よりも寧ろ、指導に従い生真面目に研究成果をまとめる能力だったりする。すると、必ずしも企業の要請に応えられなくて、脱落する人もでてくる。そしてとうとうその企業では研究員としてやっていけなくて、別の企業や大学に研究職または教育職を求めることになるが、それも果たせず、高学歴ワーキングプアの実態に書いたように次第にジリ貧になるケースもある。

それなら、早めに、博士の学位を、囲碁の用語でいうところの捨石にして転進すればよさそうなものの、ある人にとって博士の学位は宝物で、到底捨てられず、それこそ、生きようともがいているうちに大石になって取られてしまうこともある。博士の学位を捨石にして軽く捌くという発想にはなかなかならないのである。捨石にできないなら、いっそ、そういう学位がなれば、拘ることもないかったのではないかという議論もありえる。

ところで全然別の話題であるが、毎日新聞のコラムに、iPS細胞の山中伸弥教授の談話があって、初めて研究室をもったとき、自分のような無名の研究室に大学院生がきていくれるかどうか不安だったという。そして、iPS細胞をつくったのは実際は彼らと、名前を挙げて讃えたという。それを聞くと私の特許担当者である職業的感覚が刺激されるのであって、すなわち、iPS細胞の基本特許は、発明者が山中伸弥単独なのであるが、本当に単独発明なのかという疑念を生じさせてしまう。場合によって、特許権の有効性に疑問が生じるので、発言に気をつけた方がいいと思う。すなわち、私が基本アイデアは思いついたのだが、それを実施するのあたっての細かい作業は、君たちの労力に負うところが大変大きい、というような言い方をするとかである。

疲れて早々に寝てしまったが、気になって深夜目が覚めた。それは、宇宙生物学上の発見が何か確認するためである。早速NASAのサイトをチェックしてみた。

長いが、粗筋が分るところまで以下、引用してみる。するとどうやら、燐を砒素に置き換えた生物の存在を示唆する科学的発見ようである。

NASA-funded astrobiology research has changed the fundamental knowledge about what comprises all known life on Earth.

Researchers conducting tests in the harsh environment of Mono Lake in California have discovered the first known microorganism on Earth able to thrive and reproduce using the toxic chemical arsenic. The microorganism substitutes arsenic for phosphorus in its cell components.

"The definition of life has just expanded," said Ed Weiler, NASA's associate administrator for the Science Mission Directorate at the agency's Headquarters in Washington. "As we pursue our efforts to seek signs of life in the solar system, we have to think more broadly, more diversely and consider life as we do not know it."

This finding of an alternative biochemistry makeup will alter biology textbooks and expand the scope of the search for life beyond Earth. The research is published in this week's edition of Science Express.

Carbon, hydrogen, nitrogen, oxygen, phosphorus and sulfur are the six basic building blocks of all known forms of life on Earth. Phosphorus is part of the chemical backbone of DNA and RNA, the structures that carry genetic instructions for life, and is considered an essential element for all living cells.

Phosphorus is a central component of the energy-carrying molecule in all cells (adenosine triphosphate) and also the phospholipids that form all cell membranes. Arsenic, which is chemically similar to phosphorus, is poisonous for most life on Earth. Arsenic disrupts metabolic pathways because chemically it behaves similarly to phosphate.

"We know that some microbes can breathe arsenic, but what we've found is a microbe doing something new -- building parts of itself out of arsenic," said Felisa Wolfe-Simon, a NASA Astrobiology Research Fellow in residence at the U.S. Geological Survey in Menlo Park, Calif., and the research team's lead scientist. "If something here on Earth can do something so unexpected, what else can life do that we haven't seen yet?"

この記事に、炭素、水素、窒素、酸素、燐、硫黄が、地上生物の6つの基本的構成ブロックである、という記述がある。特にここで注目するのは、燐である。私は、コモノートに、次のように書いた。

メタンとアンモニアが反応して、シアン化水素ができた。ホルムアルデヒドとシアン化水素が反応すると、アミノ酸と、糖と、核酸塩基、特にアデニンが生成する。アミノ酸は重合して、原始蛋白質になった。一方、糖と、核酸塩基は結合して、ヌクレオシドになる。ヌクレオシドにはが結合して、ヌクレオチドになる。これが原始RNAである。

このように、生物の始祖たるコモノートにあっても、燐は本質的であり、これを、化学的に類似の砒素で置き換えてよいなとどいう生物は、完全にコモノートのパラダイム外にあって、コモノート仮説をも危うくする。

砒素は蛋白質と結合しやすく、ということは、生物の酵素やホルモンがほとんど蛋白質であることに鑑みると、生物内に入ると重大な生理作用の阻害となる。だから砒素は、正倉院の薬物に書いたように、古来から毒薬、あるいは、間違って薬として使われてきた。和歌山のカレー砒素毒殺事件もまだ記憶に新しい。

このように一旦、燐ベース・コモノート仮説が破れると、有機生物にも様々な可能性が広がる。そこで、独断と偏見と無知で、われわれコモノート由来生物から近い順にありえる生物を列挙してみる。

  1. 炭素、水素、窒素、酸素、燐、硫黄のうち、炭素、水素、窒素、酸素をベースとしつつ、燐、硫黄を周期律表の同族元素で置き換えた有機生物。例えば、今回の例のように、燐を砒素で置き換え、あるいは、硫黄をセレンで置き換えるなど。
  2. 有機物でも、メタン、エタンなどをベースとする生物。
  3. 炭素、水素、窒素、酸素、燐、硫黄のうち、炭素を、同族元素のシリコンで置き換えた有機金属生物。
  4. シリコンをベースとしつつ、金属イオンを駆使した無機生物(半導体回路か?)
  5. プラズマ・イオンをベースとして、宇宙に漂う星間生物。
  6. 銀河全体を併呑するギャラクシアン生物。
  7. 宇宙の縮退した次元に住む仮想次元生物。
  8. 宇宙である、神という存在。

話が発散してしまったので、http://astrobiology.nasa.govを折りに触れて眺めつつ、研究の帰趨を見守るとしよう。

宇宙生物学上の発見

| コメント(6) | トラックバック(0)

友人から教わったのだが、毎日新聞Webによると、NASAが、宇宙生物学上の発見」で会見するという。以下、引用:

米航空宇宙局(NASA)は29日、宇宙生物学上の発見に関する会見を2日午後2時(日本時間3日午前4時)に開く、と発表した。

「地球外生命体の証拠の探索に影響を与えるであろう、宇宙生物学上の発見」について議論するという。

会見はNASA本部で行われ、その様子はNASAテレビやNASAのサイト上でネット中継される。

このニュースを見て思うのは、いよいよ、アセンションのシナリオどおり、宇宙人の存在が、全世界に向けてアナウンスされるのだろうか。エリア51に沢山宇宙人が屯しているのに白々しいというのはさておいて、一体どんなアナウンスなのか想像してみよう。

  1. 典型的に考えられるのは、宇宙から到来する電波に、知性を示唆するメッセージが含まれていることを証明できた、というものである。そして、そのメッセージの内容も開示される。しかし、それは一体、「宇宙生物学上の発見」と言えるものだろうか。
  2. 次に考えられるのは、ウィルスの飛来に記述したようなことがきちんと証明されたということだろうか。もしそうなら、それは画期的であるが、ある意味私はもともと、フレッド・ホイル、チャンドラ・ウィクラマシンゲの説を信じているので、個人的には大して感慨はない。
  3. 次に考えられるのは、火星、木星、土星あるいはその衛星に、微生物と確定できるものが見つかった、というものである。これもまあ、例えば、木星の衛星エウロパや、土星の衛星タイタンに生物が発見されれても、何も驚くことはない。

私の乏しい想像力では、「宇宙生物学上の発見」から思いつくのはその程度である。是非とも私の乏しい想像力をいい意味で裏切ってほしい。さて、間近に迫った「NASAの宇宙生物学上の発見」を期待するとしよう。

借金

| コメント(0) | トラックバック(0)

人生で、借金をしないで済む人はほとんどいない。母親から毎月1000万円以上の小遣いをもらって気がつかなかったという元首相のような人を除けば、人生の節目で借金するのは仕方ない。典型的には住宅の購入のローンであり、私も当然に経験した。

そこで考えてみると、借金し、それを後で返済するという概念は結構一般化できるので、若干論じてみる。

例えば大抵の人は若い頃、体力があって、少々徹夜しても平気だったりする。すなわち、体力があって無理が利くので、寝ないで遊んだり、勉強したり頑張ったりする。ところがそれはどうも、単に体力を借金しているだけのようなのである。ただ、若い頃は神様の与信が手厚いので、借金の返済の猶予期間が長い。だから、長い間の無理が利く。

しかし、忘れてはならないのは、それは所詮借金である、ということである。長い間体力を消耗し続けると、ローン破産のように、クレジット・クランチして、一気に返済を迫られる。言い換えると、病気になって寝込んでしまうのである。だから、借金は小出しに返済する、すなわち、要所要所で休む必要がある。

同様の概念として飲酒がある。酒に強い人もいるし、弱い人もいるが、酒に強い人の場合、却って要注意である。すなわち、酒豪というほどではないが若い頃酒が好きで毎日のように飲んでいて、いまは病気で完全に酒を止めていてる父がこういうのである。若いとき飲みすぎると、必ず歳をとってから体にこたえると。すなわち、若いときは肝臓の働きで二日酔いにならないと思っても、それはかならず体にダメージになっている。相当飲んだのに次の日平気なような気がするということは、やはり、なにかしら借金している。これも、どこかで、例えば歳をとってから、健康を損なうという意味で借金の返済を強いられる。

それでは、借金の概念は飲酒や徹夜のような身体的なことばかりというと、もちろん違う。例えば、浪費癖がある人が、ある金融機関から借金して返せなくなったとき、別の金融機関またはサラ金が借金を肩代わりしてくたらどうだろう。浪費癖がある人は当面の金融機関の追及をかわせるので、もしかしたら狂喜するだろう。しかし時間が経つと分るのだが、それは却って傷を深めるだけてある。ついには破滅的状況に陥ることが見えている。

何を当たり前のことを言うのだと叱られそうであるが、だんだん自明でなくなるのは、借金が、非肉体的、あるいは非金融的側面に拡張されるときである。

例えば、ある組織で、属人思考がはびこると、能力とは関係なく優遇される人が出てくる。そこで結果的にあらわれてくるのは、優遇される人における、地位または評価と、実力との乖離である。それは明らかに借金なのであるが、優遇される人は、そうは考えないで実力だと考える傾向がある。すると、徹夜を続けたときと同様に、借金を借金と気付かないということになる。

そこで、評価するマネジメントが、借金における、お金を貸し続ける金融機関の役割を果たす。金融機関であるなら、目に見える指標としての負債額があるので、借り手はどうしても負債を意識せざるをえない。ところが、属人思考の下での借金は、あまりにもインタンジブルで、見落とし勝ちになる。

ただ、見落としているのは属人思考に染まっているファミリだけで、周囲は恐るべき貸し方になっていることにある日気付いて慄然とするだろう。

しかし、借金の概念はさらに拡げるべきなのである。例えば、レバレッジ度に書いたノンワーキング・リッチがそうである。あまり働かないのに分不相応な高い給与をもらうことは、財産法的にはそうではなくても、実は、どこからか借金をしている。それはいわゆる負債ではないので、返済する義務を感じないだろうが、人生のどこかで返済を迫られる。それは、仏教でいうところの、逃れられない縁起の法則である。

ノンワーキング・リッチ以外にも、投資銀行などの金融担当者も、まさにレバレッジにより、かけた労力の、場合によっては数万倍の利益を得るのであり、それが、縁起の意味で、どうして借金でないことがありえよう。

それでは、そういう拡張された借金は、どのような形で誰に返済を迫られるのであろうか。私には皆目検討もつかないが、思いつく言い方は次のようである。すなわち、拡張された借金の額が増えると、心にカオスの状態が増大する。そのことは、精神の振動数を下げ、低俗なものにチューンする生き方になる。ところが、現世は、物質的な者のための世であるという意味もあるので、低俗なものにチューンすることが一層の現世的成功をもたらす、ということがありえる。

すると、拡張された借金を増大する生き方がなぜ悪いのだという問いかけがなされ、私はそれに納得する答えを与えることができない。人生のオープン・クエスチョンである。私がとりあえず言えることは、拡張された借金を、本物の借金と同様に見なす努力をする、というだけである。

反物質閉じ込め

| コメント(0) | トラックバック(0)

日経新聞Webによると、国際研究チームが、反物質の閉じ込めに成功したという。以下も引用:

理化学研究所などが参加する8カ国の国際研究チームは、通常の物質と反対の性質を持つ「反物質」を装置の中に閉じ込めることに世界で初めて成功した。反物質と通常の物質の違いがわかれば物理学の基礎を検証でき、宇宙の謎の解明につながる。成果は18日、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載される。

閉じ込めに成功したのは、水素原子と反対の性質を持つ「反水素原子」。反水素原子はマイナスの性質を持つ「反陽子」と、プラスの性質を持つ「陽電子」からできている。

研究チームはスイス・ジュネーブにある欧州合同原子核研究機関(CERN)の装置を使って反陽子と陽電子を作り、混ぜ合わせて反水素原子を合成。内部に強い磁力を加えられる瓶のような装置を開発し、反水素原子だけを閉じ込めた。

この結果、合計38個の反水素原子が約0.2秒間装置にとどまったという。過去の実験では、反水素原子は合成から約1マイクロ(マイクロは100万分の1)秒後には壁にぶつかって消滅してしまい、閉じ込められなかった。

私の乏しい知識では、反物質というは、真空のゆらぎなどで一瞬あらわめては泡沫のように消えていくもので、実体として扱うものではなかった。ちなみに、初めて反物質としての陽電子が、アンダーソンによって発見されたのは、ディラックの予言直後の1932年のことであった。

また、この宇宙が反物質でなく、物質で満ちているというのは、場の量子論の標準理論の範囲で、CP対称性の破れとして説明される。さらに、CP対称性の破れが起こるためには、クォークは3世代以上なくてはならない、というのが、2008年にノーベル物理学賞を受賞した小林・益川理論なのであった。

以上のことが分かると、とりあえず人々は、反物質に興味を失い、ヒッグス粒子やダークマターに興味が移るのではないか、というのが私の勝手な思い込みであるが、どっこい、依然として反物質に熱い視線を送る人達がいたというのは、新鮮な驚きである。

実はこのあたり、将棋の新戦法と事情は似ている。すなわち、ある戦法が流行して、知らない間に別の戦法に流行が移行するのだが、それは決して、旧戦法が極めつくされて結論が出たわけではない。あらゆる妙手が発見され尽くされたわけではない。

それと同じ意味で、極め尽くされたと思われている、非相対論的量子力学にも、ERPパラドックス、ベル方程式のような課題が存在するし、もしかして、非相対論的量子力学の特殊相対論的発展版であるディラック方程式にも、未知の局面が残っているかもしれない。

それだけではない。「反物質と通常の物質の違いがわかれば物理学の基礎を検証でき、宇宙の謎の解明につながる。」というステートメントにも改めて注目してみよう。私は、反物質は、例えば電荷が逆なだけで、質量などについて、物質と同じ化学的性質をもつものと理解していた。それはいまでも常識かと思っていたら、これは一体、反物質は、物質とは、化学的にも違うかもしれないと言おうとしているのだろうか。

さらにまた、反物質工学という分野も生じてくる。すなわち、反物質を閉じ込めるには、おそらく、5億度もの超高温プラズマを閉じ込めるトカマク炉よりもはるかに微妙な制御が必要なのだろう。とはいえ、反物質の閉じ込めには、当然に、プラズマ工学のノウハウが活かされているに違いない。

それにしても、反陽子をどうやって効率的に生成するのだろう、そこからどうやって反水素が生成されるのだろう、まさか将来、反物質DNAができたりしないだろうね、と疑問のシャワーは尽きないのであった。

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。