管理職と実務

| コメント(4) | トラックバック(0)

物欲がない人間はいないように、出世欲が皆無の人間もいないだろうが、それでも出世欲にも強弱があって、私はいまの会社に入社したときから、実務家一本で進むつもりだった。

だから、入社試験の面接で、当部門では、弁理士の資格がないとかなり昇進に制約がある、君は弁理士を目指すつもりがあるかと聞かれたときも、いえそういう試験は苦手です、地味な一翻訳者としてキャリアをまっとうしても構いませんと開き直って、面接官を苦笑させた。そういう応答がネガティブで、面接で落ちても構わないと思っていていた。

それでも、ラッキーで入社できたのだが、実務は比較的できたので、その能力に見合う地位を得るためには資格は必要だよ、悔しい思いをしてもいいのかと何度も上司に説得されたが、どうしても気がすすまず、結局上司も諦めたようであった。それは自動的に私の昇進の途が閉ざされることであったが、それも仕方ないと諦めた。

その分、実務には精を出した。なにより量をこなすことに努力した。アウトプットが他の人よりもかなり多かったが、上司からは、質はどうなのかと指摘された。確かに流している面もなくはなかった。

ともかく、実務指向で私の方針は一貫しており、それなりに勉強もしたつもりである。ところが前にも書いたが、私の誤算は、大リストラで、シニアな人材が根こそぎ辞めてしまったことであった。そこで瓢箪から駒のように、私に管理職の地位が巡ってきた。それがあまりにもショックで、自転車に乗っているときバイクに撥ねられ、顔面を強打し歯を一本折るという怪我をした。一歩間違えたら重大な傷害になるところだった。

私が管理職になるのを嫌がったのは、実務に集中できなくなるからだった。私は、エキスパートに書いたように、世にも珍しい電子出願システム・エキスパートだったが、中間処理、明細書作成などの典型的な特許実務も好きで、暇さえあれば技術文献を読んでいて背景技術に詳しいので、私が書いた特許明細書は、少なくとも開発者・研究者には結構評判がよかった。

ところが管理職になってみると、実務屋の私には魑魅魍魎の世界で、一番困ったのは、人事的に部下をとりまとめることである。典型的には、お局さまに書いたとおりである。

他に大変だったのは予算管理で、部門長でもないのに部門の予算管理の責任者になり、すると、私の決済で何でも買えるのはいいとしても、年末予算が逼迫してすると、上位管理職からの締め付けがきつくなり、経費が一円でも予算を過ぎたらクビだといわれた。家族が路頭に迷う姿が浮かんだが、これも管理職になってしまった運命と、諦めた。幸い、急ブレーキを踏んで、前の車に10センチの距離で止まるように予算をコントロールできたりした。ラッキー以外の何物でもない。

そのように基本的に事務方に軸足をおいた管理職だったのだが、それでも、部下や外注特許事務所の実務の内容をチェックする仕事もあった。すると、おお特許実務かと、旧友に会うような懐かしさを感じたが、特許明細書をみて愕然としたのは、読んでみて、文章が頭に入ってこないのだった。昔、トルコに嫁にいって、トルコ語はマスターしたものの日本語を完全に忘れてしまったという女性の話を聞いたことがある。私は一体、特許明細書の勘所を完全に忘れてしまったのか、と哀しくなった。実務というのは、離れると、遂行能力だけでなく鑑識眼も急速に衰えることをそのとき知った。

そんなとき、外部施設で管理職研修があった。そこに知り合いの研究者が管理職としていて会話したのだが、その研究者は、「管理職をやっていると馬鹿になる。」と笑いながら、しかし決然と言った。それを聞いて私は、なんとか早く自分の管理職のキャリアに決別しなくては、と思い込むようになった。

しかし、紆余曲折があって、やっと管理職を降りれたのは、それから6年もたってである。その一番の理由は、私の後任をやりたがる人がいないということである。というのは、見るからに雑用で多忙で、他人の尻拭いばっかりやらされている。それでいて、部下からの評判はよくない。なにしろ、何でも自分で抱えてしまい、部下に振らないと非難される。私は私で、こんな雑用を振っては申し訳ないと歯を食いしばって自分でやっていたが、おそらく部下の言いたいことは、もっと管理職として部下の面倒をみることに時間を割いてほしいという願いなのだろう。ともかく、大した権限もなく、大した昇進にありつけるわけでもなく、こんな苦闘する地位に誰が喜んで就きたがるだろうか。

こうして待望の専門職に戻れたのだが、一抹もニ抹も不安があったのは、再び特許実務屋としてやれるかどうかであった。というのは、中間処理は、球拾いのようにこぼれたのを年に1~2件はやっていたものの、明細書に至っては、12年ものブランクがあった。

果たして、12年ぶりに特許明細書を書いたところ、特許請求の範囲の記述がメタメタで、散々な36条をくらった。幸いだったのは、実施例のところを書くスキルがあまり落ちていなかったことである。それで、管理職を降りてから私が書いた特許明細書に7件の拒絶理由通知がきたが、5件は一回の拒絶理由通知に応答するだけであっさり特許査定になった。残り2件は審判に継続している。このうち1件は、どうみても進歩性欠如の認定が強引すぎるので、結局は勝てると見込んでいる。ちょっとやばそうなのは、管理職を降りてから書いた最初の件である。しかしそれも、36条はクリアしたところ、私がみつけられなかった非特許文献を突きつけられたせいである。これに対する勝算は多分、30%。果たして、勝利を30%から積み上げられるだろうか。

もし私が、管理職を降りてから実務担当者として比較的違和感なくやれているとしたら、それは、私が、実務をやるようにこつこつと管理職の仕事をしていたからであると今になっていえる。似たようなことを何度も書いたかもしれないが、実務をやるようにこつこつとやるマネジメントは、せいぜいが二流のマネジメントで、組織を活性化させない。平穏に維持するのが関の山である。ただ一応、部下に頑張っている背中を見せているという点で、最悪であることを逃れているとはなんとかいえるかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2056

コメント(4)

>いまの会社に入社したときから

 リーマン以降の景気の状態が続いて、会社勤めが懐かしくなってきました。今の職場を投げ出して、会社勤めをしたくなってきましたよ。どこか、私のような半端モノを雇ってくださるような会社はないでしょうかねぇ?(ただし、雇ってもらっても勤め続ける自信がありません(苦笑)

 他人に給料を払うようになって、「給料をもらうというのは、給料を払うよりも10倍楽だ」ということだけは分かりました。

> 「給料をもらうというのは、給料を払うよりも10倍楽だ」ということだけは分かりました。

それは実感として私も感じます。ときどき、弟がやっている料亭に行くのですが、お客さんが来るかどうかで随分売上げが違い、もしお客さんが少ないと大変です。私の場合、仕事を頑張る月もあれば、そうでない月もありますが、どちらも給料は一定です。確かにこんな楽なことはありません。

ただ、「俺が社長だ、文句あるか」と言える身分になりたい気持ちになることもありますが、そういうためのコストは半端ではないのですね、私にはやっぱり向きません、そういうの。

>「俺が社長だ、文句あるか」
 経営者というのは従業員様にお仕えするのがしごとでございます。「俺が社長だ、文句あるか」なんてとんでもございません。絶対に言えません。

> 経営者というのは従業員様にお仕えするのがしごとでございます。

流石、立派です。是非、弊社当部門の管理職として来て戴きたいです。そんなことを決める権限、私は皆無ですが。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年12月 5日 00:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「博士の学位」です。

次のブログ記事は「古細菌」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。