管理職と野望

| コメント(6) | トラックバック(0)

管理職と野望という題目を書いて、なんと生臭い題目なのだろうと自分でも苦笑してしまうのだが、ともかく、私が長く考え続けているテーマの一つである。

このようなテーマを考えはじめたきっかけは、私が意に反して、管理職に登用されて、それでたまたま知遇を得た、所属部門の元部門長の人と話すきっかけがあってからである。その元部門長が私にまず言ったことは、何があっても思い上がってはいけない、ということである。どれだけそれが守れたか分からないが、管理職を降りた今も、その教えはずっと頭にある。

それともう一つ言われたのは、君はせいぜい、今の課長職程度しかできない、ということである。別に昇進の野望なんてない私であるが、私の器量を見透かされたようでちょっと不愉快になって、その理由を問うと、その理由は明快で、君は、欲が足りない、ということだった。

管理職に必要なのは、優れた実務的センスと、面倒見の良さと、企画力と、人間性だと思っていた私には、そのステートメントが意外でならなかった。

で、私のその理解を話すと、だから君はせいぜい課長止まりなんだと、念を押された。元部門長の人の説明によると、部長以上の職務を果たすには、どうしても、ある程度強い欲望が必要なのだという。それは、有名になりたい、金を稼ぎたい、権力を振るいたい、女にもてたいというドロドロしたものでよいという。いやむしろ、ドロドロしてない欲望なんて果たしてあるだろうか。例えば、世界平和に貢献したいなんて、いかにもうそ臭い。そして、その生臭い欲望を燃料にして、部門、または組織を押し上げる。欲望はそのとき、ガソリンなのである。

私は今でも心底は、そのステートメントに納得していない。なにかとても利他的な、ダライ・ラマのような理想的な上位管理職がいるに違いないという思いが断ち切れない。

そうしたら最近、社内のある人から相談というか愚痴を聞かされた。すなわち、自分の上司がとても属人主義で困るというのである。どうみても優秀でない人を優遇している。これは長い目でみて、その上司そのものの経歴にも損であり、なぜそんなことをするのか理解できない。もっと自分自身の欲望に敏感になってほしい、というような趣旨であった。そして、会社で昇進する人は皆我侭で自分中心で、自分のことしか考えていないからこそ、組織を引っ張れる、というのである。あれ、所属部門の元部門長と同じことを言っている、するとこれが真実なのか、と改めて考えた。

しかしよく考えたら、欲望でドライブするというのは、当然かもしれない。なぜなら、我々が働いているのは営利企業であり、すると、そこの構成員は営利企業の営利を分有しているはずである。すると、より営利の持ち分の多い、すなわち我欲の強い構成員が昇進するのも仕方がないのかもしれない。

ただ、ひたすら真っ直ぐに我欲を追求する人は、企業内の他の人の我欲とぶつかって、潰れてしまう。だから、リーダーとなる人は、自分の我欲を振り回して、欲望の流れをつくり、そこに他人を乗せなくてはならない。このような流れを作る能力こそがリーダーシップである。いわば、欲望の非ユークリッド幾何学を実現しなくてはならない。なるほど、このような欲望の勾配をつくれる能力がよきリーダーの条件であるのに、私はそもそも、欲望の絶対量で、リーダーたりえない、ということのようである。

営利企業でなくとも、宗教集団であっても、欲望の勾配をつくれる能力は必要で、その典型は、浄土真宗の蓮如てある。その卓越した子作りの能力をみても、蓮如は滔々たる欲望の持ち主ではなかったか。

すると、淡白な欲望が霊格の高さの証だとすると、清濁併せ呑む気質で、霊格云々を気にしない性格でないと、世間的な成功は望むべくもない、ということになる。あまりにも当たり前か。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2064

コメント(6)

>ある程度強い欲望が必要
 最初の会社に勤めて2年目に出世欲をなくした後は、いろんな欲が、いろんな機会ごとになくなって行きます。
 今は、早く適当に金貯めて引退したいという欲望と、食欲ぐらいしかありません。食欲はもう少しなくなってくれるとメタボが治るかも知れません。

> 今は、早く適当に金貯めて引退したいという欲望と、食欲ぐらいしかありません。

やはり、一握りの色欲は必要では。そういえば、最近、知財高裁の判例みていたら、ベーリンガーという会社の、性欲障害治療用薬剤としてのフリバンセリンの特許出願の拒絶審決を取り消して、特許庁に差し戻したという事件がありました。男女とも、性欲亢進するそうです。特表2005-506370です。今後、こういう特許出願が増えるのかな。

>早く適当に金貯めて引退したいという欲望
 これって、相当実現が難しい上に、いろんな欲望を含んでいるんですよ(笑

>一握りの色欲
 色欲って、今まで女の人にはさんざんな目に遭わされてるし、もうお姉ちゃんを見てもときめきませんし、尻を追っかける元気はありませんし、風俗遊びも知りませんし、それを今から知る元気もありません(体もぴくりともしないし(泣)ので、あってもどうしようもありません。

↑は私です。新しいPCから書き込んだら名前が空欄になってしまいました。

> これって、相当実現が難しい上に、いろんな欲望を含んでいるんですよ(笑

そういえば、ロックバンドやりたいとか前書かれてましたね。もしそうなら、結構大変かも。

>結構大変かも
 その前に大金稼がないと達成できまへん。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年12月13日 00:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長考」です。

次のブログ記事は「消費税の使い道」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。