小役人

| コメント(2) | トラックバック(0)

山本七平氏の「日本はなぜ敗れるのか」角川ワンテーママガジンを読んでいて、なるほどと思ったことがあった。この本は、小松真一氏という、陸軍専任嘱託であった方の手記に言及するところから始まる。すなわち、小松氏は、粗糖からブタノールを製造する技術者としてフィリピンに派遣され、敗戦の混乱のなかルソンの捕虜収容所に入れられ、辛酸を嘗めた様を綴った手記をこつこつと書いたのだが、それは米軍の梱包用のクラフト紙を使い、カンバスベッドのカンバスをほぐして綴じたものであった。

山本氏はその内容の妥当性、客観性を絶賛し、この「日本はなぜ敗れるのか」を書くモチーフとなっている。小松氏がその手記を綴る苦労は並大抵ではなかったろう。しかし、別の困難があって、それは、捕虜収容所から手記を持ち帰るときに、没収されるという危険性である。

誰が没収するのか。捕虜収容所を管理するのは米軍兵士であるから、当然に米軍兵士のはずである。しかし、山本氏は、次のような出来事を語る。すなわち、山本氏は、血染めの軍用毛布を是非とも故国に持ち帰ろうとした。なぜなら、それは、戦闘で殺された部下の血糊がついたものであり、なんとしても、部下の遺品として、故国に持ち帰りたかったのである。

ところが、それを没収しようと強烈に反対してきたのは、日本人捕虜の中で、監督官の役割を任された者であった。そんなものを故国に持ち帰ることは許さんと息巻くので、山本氏が困っていると、寧ろ仲裁に来たのは米軍兵士であった。山本氏は英語がしゃべれたので、米軍兵士に事情を説明すると、OKと通してくれた。

そこで私に愕然と迫ってくるものがある。それは米国人管理組織における日本人管理者である。前にも書いたが、典型的な外資系企業の子会社としての日本法人にあって、場合により恐るべき存在になるのが日本人管理者であって、すなわち、米国上位組織からの指示を自分に好都合に拡大解釈して、部下をマニピュレートすることによって、自らの権勢欲を満たし、しかも、忠実性を米国上位組織にアピールする。

そういうローカルな管理職を米国人が評価するかというと否である。しかし、なにしろ便利なので、その地位に留めて利用する。すると、ローカルな日本人管理職は、自分が評価されているせいだと思い込んで、勝手なオペレーションを反省することもない。平気で周囲の日本人を踏み台にするのてある。

こういう日本人の小役人根性は場合により許し難いものになる。例えば、鬼畜米英を叫んでいたある日本人将校は、捕虜になると逆に、米軍に、日本の基地や弾薬庫のありかまで教えたという。情けなさにも限度がある。こういうのをまさに、魂を売るというのだろう。

それでは、外資系企業で管理職であった私が魂を売らなかったかというと自信はない。むしろ私は、いまの会社に転職できたとき、田舎の両親に電話して、いい会社に就職できた。これで定年まで安泰だと幸せ一杯であった。それは大いなる誤解であったが、当時、誰が予測できよう。その乗りで、管理職として、魂を小出しで売って凌いでいたかもしれない。しかし、あるとき、実務上の責務から、米国の上司にたてついて、不合理な指示をやり過ごすことにした。

それで結局私は、権力主義の米国人上司にこっぴどく虐められるのであるが、そうやって魂を維持しても、びた一文、上司に、骨がある奴だと認められる訳でもない。寧ろ、同僚の、ある日本人管理職は、米国人上司にへつらって、米国人上司の私に対する非難をひたすら増幅した。それをあっさり許すほど私は人間ができていない。

ともかく戻って、小松真一氏は、骨壷の中に手記を隠すことで無事、日本に手記をもって帰ったのだという。流石に、不埒な日本人小役人も、骨壷の中を見せろとは言わなかった。そこまで計算したのである。してみると、私は、もっと工夫をして管理職をやらなくてはならなかった。直球だけでは駄目で、変化球とチェンジアップを駆使しなくてはならなかったのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2071

コメント(2)

>ある日本人管理職は、米国人上司にへつらって、米国人上司の私に対する非難をひたすら増幅した。それをあっさり許すほど私は人間ができていない。

 会社勤めを続けている方を、私は本当に尊敬しますよ。私には出来ませんでしたから。上司にへつらうのも抵抗するのも。
 大会社には多数の「自分をゴミだとわかっていない『ゴミ』」と、ごく少数の善良な人が存在するというのを、私も経験で知っていて、ゴミを相手にするのは絶対にごめんですよ(私は少なくとも自分が協調性に欠けるゴミだということだけは自覚しておりました)。
 正常心を保って、腐るほどいるゴミにへつらったり抵抗したりするなんて、それこそ硫黄島守備並の絶望的行為です。

> それこそ硫黄島守備並の絶望的行為です。

私は、あっさり白旗を振って降伏すればいいのですが、諦めが悪くて困ります。サラリーマンも一面では確かに、気楽な稼業ではありません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年12月19日 01:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「手の数学」です。

次のブログ記事は「ブラックホールの衝突」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。