アゲマネ

| コメント(7) | トラックバック(0)

従来から俗に、付き合った女性次第で運気が上がることをアゲマン、下がることをサゲマンといい、羽生名人がどちらに該当するのだろうと考えてみることは、易しい練習問題である。

ところで、ある意味、付き合う女性以上に日常的に影響があるのは、管理職との関係であって、すると当然に管理職にも、アゲマネとサゲマネがいることになる。

まず、望外にも私を管理職に登用してくれた上司は、一応定義的にアゲマネということになるのかもしれないが、それだけではあまりに表面的であろう。その管理職がアゲマネだと認めるのは、私が管理職に昇進した後、とても厳しく鍛えてくれたことである。特に、管理用のデータの作り方、部下との接し方など、管理職初心者だった私は、叱られっぱなしで嫌気がさしていた。まあでも、嫌気がさすくらいでないと育成的効果はないのかもしれないと、古いタイプの私は思わないではない。ただ、その上司は、部下に厳しく接して教育したはいいが、つい思いあがって自省を欠き、暴走して結局飛ばされてしまった。そこで管理職と野望で言及した、私の管理職の師匠たる、元部門長の言葉が活きる。

では、私が管理職として、師匠の教えよろしくアゲマネをやっていたかというと、甚だ甘い自己評価としても、なかなかそうであったといえない。すなわち、アゲマネである必要条件は、言いにくくても敢えて、部下の駄目な点をきちんと指摘して矯正することである。そもそもがこの点で、私はアゲマネになれていなかった。駄目な部下がいても叱れないのである。相手を傷つけるのではないかと極端に気を使うところがあり(私を知る人は、本当にそうかと疑問をもつかもしれないが)、部下の明らかな失態をみても、形式的に注意するに留まったりする。すると、他の部下は、そんなこともきちんと注意できないのかと呆れ、私に対する評価を下げていった。今でも私のことをよい上司だったと懐古してくれる人がほとんどいない理由の1つがこれである。

ただ、言い訳であるが、私はスキルを重んじた。そして、部下の間でスキルの多様性と深さを涵養することに努めた。それは、仕事を支えるのが、人間関係よりもまずスキルである、という私の信念による。また、スキルの多様性というのも絶対に必要で、金太郎飴のように同じスキルの人が蝟集していても仕方ない。そのためには、私にないスキルをもつ部下をきちんと重用し、そのスキルを伸ばすよう努力することが必要になる。私は、この点はストイックなまでに貫徹し、場合によっては自分のスキルが陳腐化する事態になることを敢えて避けなかった。

また、将棋というゲームを趣味とすることから、部下の仕事の効率というか、配置も私なりに考えた。すなわち、遊び駒があっては勝てないので、みんなにきちんと力を発揮してもらいたかった。だからときどき、言い過ぎかもしれない言葉で部下を褒めた。ただ、いつも褒めているのであまり効果はなかったかもしれない。それでも、そうやって、なんとか部下のもつポテンシャルは伸ばし、多様性を醸成することにある程度成功したと自負している。多様性について補足すると、決して会社の方針に盲従しないということが肝要である。例えば、会社が英語力を重んじなさいといっても、どうしても英語が得意でない人は、別の能力を見出して伸ばすのである。ITスキルでも、会計スキルでもいい。いくら外資系だからといって、英語マンが溢れてどうなるものでもない。ここらあたり、部下を叱ることと違って、私はかなり一本筋が通っていたと自負する。

それでも私が結局、アゲマネとして失格だったのは、部下をうまく昇進させることができなかったことである。そこにはいろいろな事情があるが、上位マネジメントに対して、私は十分ファイトしたとはいえない。つい、長いものに巻かれてしまったところがあった。

さて一方、アゲマネがいれば、サゲマネもいる。サゲマネがいかなるものか、それはとても自明で、上記した羽生名人の問題と同様に、サゲマネを記述することは、教室レベルの練習問題にすぎないが、それでも、私の解釈で、サゲマネを記述してみる。

すると、サゲマネとは、いうまでもなく、部下の昇進、スキルの向上の目を摘む上司のことである。それはどうやって摘むのか。いろいろな方法があって、一番簡単なサゲマネは、一切部下の面倒をみないというものである。部下を昇進させようとも、部下のスキルを向上させようともしない。それでも部下がシニアで、そこそこスキルもあり、自律的にやれる人なら、何もしないサゲマネも、意外に悪くない。例えば、私のように、将来の会社内のキャリアなんて最早どうでもいいロートルにとっては、なにもしない上司はよい上司である。

実は、よりひどいサゲマネは、何もしないのではなく、部下に対してネガティブに働きかけるのである。1つのやり方は、部下を間違えた方向に導くものである。例えば、本人のスキルのなさもあって、部下に間違えた仕事のやり方を教える。すると、部下はいつまでたっても、ちゃんと仕事ができるようにならない。あるいは、部下を罵倒し、そのあらゆるスキルをこき下ろして、自信を失わせるというサゲマネもいる。しかし、一番ひどいサゲマネは、おそらく、部下をひたすら甘やかし、何をしても賞賛し続けるようなマネジャであろう。この甘やかしがまずいのは、その後別の上司に代わって、モラールを引き締めようにも、もう元に戻らないのである。麻薬中毒のようなものといってよい。

いや、もっと酷いサゲマネは、部下を追い込んで病気にさせる上司である。部下が鬱病になっても、自分のせいではないと知らん顔である。

このように、サゲマネはとてもおぞましい。管理職になる者は、理想的な管理職になる必要はないし、努力しても多分なれないだろう。すなわち、そのボトムラインとして、サゲマネにならなければいい。アゲマネは、私程度の凡人にとって、あくまでも理想である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2079

コメント(7)

>もっと酷いサゲマネは、部下を追い込んで病気にさせる上司である。部下が鬱病になっても、自分のせいではないと知らん顔

 若い頃、この手のサゲマネに出会って人生が狂いました。あまりにも酷いパワハラを受けて、伝票1枚まともに書けない状態まで追い込まれました(完全な鬱病です)。いまでもこのサゲマネに遭わなかったら、最初の会社にいただろうと思いますし、確実にそっちの方が幸せだっただろうなと思います。

> 若い頃、この手のサゲマネに出会って人生が狂いました。あまりにも酷いパワハラを受けて、伝票1枚まともに書けない状態まで追い込まれました(完全な鬱病です)。

ううん、そんな酷い奴がいるのですね。私が出会ったサゲマネはまだましでした。世の中、上には上、というか下には下がいるものです。

一昨日放映された「NHK杯将棋トーナメント60周年記念・歴代優勝者が選ぶ名勝負十局」はご覧になりましたか?
いや~大変面白かったです。10局中7局も羽生が登場してます。第1位が52銀の羽生vs加藤戦でした。今では52銀はコンピュータでも指しますが当時は「えっ!」と思いました。映像を見るとあの頃の羽生は心身ともハブですね。その点では本ブログの典型例とされるのも仕方がないかも。

> 一昨日放映された「NHK杯将棋トーナメント60周年記念・歴代優勝者が選ぶ名勝負十局」はご覧になりましたか?

ああっ、それは見逃しました。いつも漫然とケープルテレビの囲碁将棋チャンネルを眺めているので、まともな番組をつい見落とすのです。確かに、昔の羽生は冴えていました。いまも強いですが、何かを失っています。

>いつも漫然とケープルテレビの囲碁将棋チャンネルを眺めているので、まともな番組をつい見落とすのです。
今のHDDレコーダは賢いですよ。キーワードに「将棋」と入れておけば勝手に録画してますので。その代わり不要録画を消すのが仕事になりますけど楽なものです。

>HDDレコーダ
 私の家にもHDDありますが、使うのは私以外の家族だけです。普段殆どTVを見ない(老眼の上に仕事で目を酷使するのでTVを見ていると目がちかちかするんです)上に、たま~に録画しても、殆ど再生しません。というか、再生してみる元気がないし、家庭におけるTVの使用権自体が殆どないという次第で、何ともとほほ・・・

私は、あまりテレビをまめに観ないので、手動予約の旧式のHDD/DVDレコーダしかもっていません。でも、キーワードでとりあえず録画しておいてくれるのは便利ですね、確かに。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2010年12月26日 00:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「創薬の方法」です。

次のブログ記事は「リトル大山」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。