2011年1月アーカイブ

EQ

| コメント(2) | トラックバック(0)

芸能ニュースをみていたら、沢尻エリカがスペインから帰国して、再デビューを計画しているが、復活は難しいのだという。なにしろ、大手芸能プロダクションであるエイベックスとの関係がよくないそうである。そもそもが沢尻エリカのケチのつきはじめが、例の「別に」事件であった。その後も、夫と離婚したり再婚したり、企画をドタキャンしたりと迷走していて、エイベックスに愛想つかされるのも仕方ない。よほど空気が読めないか、EQが低いのだろうと思ってしまう。

ところで、誰も同意しないかもしれないが、私は意外にEQが低くない。例えば、前にも書いたが、中学時代、ガラの悪い番長に取り入って、うまく可愛がられていた。ドラエモンに出てくるスネ男並みか。会社でも、剣呑な雰囲気のとき、つまらないオヤジギャグを入れて、雰囲気を和ませることができる。

そういう私は、管理職だったときも、部下とはとても友好的だった。10年以上管理職だったのに、一度も私に叱られたことがないという部下もいる。それはそれで、管理職として問題かもしれないが。

しかし、ここで、本当に自分はEQが高いのか、という自問が始まる。そして、何度も上司とぶつかり、2度も会社を辞めた記憶が蘇ってきた。今の会社でも、米国人の上司と何度もぶつかり、陰に陽に、酷い目に遭わされた。外資系の組織はある意味、日本の組織よりも軍隊に近く、有無を言わせないところがある。それを知らない私ではないのだが、どうしても血が騒いでしまうのである。私は赤松姓ではないが、やはり、赤松満祐の末裔か。

すると、どう考えても私は、対上司とみたとき、EQが高いとはいえない。そこである女性の元部下に思い至った。その部下は、あまりにも我がままで独善的なので、周囲から孤立していた。他の人と協調して仕事を進めることができない。一緒に仕事すると、やり方がまずいと相手を罵倒してしまうのである。当時EQという言葉があったかどうか知らないが、あったら間違いなく、EQ最低だと心の中で思ったことだろう。実際、そういう対人関係だったので、仕事でもいまいち評価されなかった。私はあんまりだと思って、社内の、対人関係改善コースに出席するように勧めたが、冗談じゃないと一蹴された。

ところが、ある米国人管理職が着任したときから、その部下は運命が変わった。なぜか、その米国人管理職に気に入られたのである。そういえばその部下は、何年か米国に留学していたことがあって、確かに英語が巧みだった。それで取り入ったのだが、そんなことで取り入られるのかと私はとても怪訝であった。

結局その部下は、周囲とぶつかりつつ、それでも評価されて昇進していった。これを見ると、私と違って、周囲とのEQは最低でも、対上司のEQは高かったということになる。ただ、対上司というときの上司には形式的に私も含まれるので、対米国人上司というべきだろう。

こうして、EQを巧みに使い分けて、世の中を巧みに渡っていく人がいることを知ったのだった。しかし、私のように、上司には噛み付くが、普段の付き合いのEQを保つやり方も悪くない。すなわち、管理職であっても、権威で周囲とは付き合っていないので、管理職を降りても、ほとんどわだかまりなく周囲と付き合えている。ともかくEQというのは一様ではないのだ、相対性理論のように、一般EQと、特殊EQがあるのだという、分かっている人にはあまりにも当たり前?の話であった。

苫米地英人

| コメント(8) | トラックバック(0)

つたやにDVDを借りにいくついでに、書籍コーナーを覗いたら、苫米地英人という人が書いた、「なぜ、脳は神を創ったのか?」フォレスト出版というピンクの装丁の本があったので、面白そうなので、買ってみた。で、一読してみたのだが、トンデモ本に馴染んだ私も、なんだこれは!?と、うなってしまった。

苫米地氏は、Ph.D.脳機能学者・計算言語学者(計算機科学・離散数理学・認知心理学・分析哲学)。カーネギーメロン大学のPh.Dであり、大層偉い人なのだろうと推定させる。

苫米地氏は先ず、タイトルにあるように、神は、人間の脳が創ったと主張する。これには、特に新鮮味はない。しかしこのとき、次の3つの場合に尽きると断言する。

  1. 本物の神が存在し、それを特殊な能力で認識している場合。
  2. 本物の神は存在せず、神が存在すると自分で思い込んでいる場合。
  3. 本物の神は存在せず、神が存在するという情報を他人によって埋め込まれている洗脳の場合。

いきなり洗脳という言葉が出てくるあたり、流石、洗脳の専門家であるが、まず簡単にわかるのは、論理学的に全然これで尽きていないということである。例えば、「本物の神が存在し、それが誰にも認識できない場合」、「本物の神が存在するかどうか分からず、とりあえず神が存在すると自分で思い込んでいる場合」など含まれないし、そもそも、「本物の神」って何よ、人格神なのか?という問いにも答えなくてはなるまい。

ここで、論理の厳密性が好きな私はここでいたく失望するのであるが、次の「完全性を求める心が神をつくる」という命題は、納得である。そこから信仰心も出てくるというが、まあそうかな、と思う。そこから、死後の世界も、スピリチュアルも、そういう完全性を求める心がつくった神話であるというのだが、そういう考えもまあありかな、と緩く同意である。

ところが、話はどんどん広がる。国家を操るのは催眠術師であるといったり、信仰心が国家をつくるとあるのだが、ここでは、信仰心は、思い切り広い定義をもつ。さらには、資本主義も共産主義も宗教現象といろいろ汎宗教論が続くのであるが、意外性はない。

面白かったのは、原爆を落としたエノラゲイに、カソリックの牧師が乗り込んでいたというくだりである。なぜかというと、エノラゲイの乗組員は全員が、米国では比較的下層階級のカソリック(すなわち、非WASP)であり、原爆を落とすという行為から生じる深い悔恨を慰撫するために、カソリックの牧師がいたという。この話を読むだけでもこの本を買った価値はあったかも。

そして、本来殺人の本能はほとんどない人類に殺人を煽るのは宗教だと言う。確かに、カソリックが特に南米のスペイン軍の殺人を促したのは確かだが、しかし、人間の殺人の本能は、宗教以前に本質的ではあるまいか。大脳前頭葉の宿痾である。

こうして折角まあ妥当だと思っていたのに、私の気分を壊してしまったのは、1991年の科学による「神が存在しない」という「証明」である。それは、グレゴリー・チャイティンの「十分な算術を表現可能な如何なる理論においても、如何なる数であろうともcよりも大きなコルモゴロフ複雑性を有することがその理論上では証明できないような、上限cが存在する。」(Wikiからの引用)のことらしいが、それがどうして「神が存在しない」ことになるのか、私には理解できない。そうするためには、神をなにかしら、計算可能なものであると定義しなくてはならないが、そんな定義は聞いたこともない。

ここから筆者はどんどん極端に進む。「宗教は21世紀に不要?」というときの、宗教の定義がさっぱり分からないし、共産主義は貧しいとは限らず、共産圏が崩壊したとき西側に移動したのは、資本主義に変わったことで収入が減ったからだとか、理解困難な命題を主張する。さらには、国家はいらないとか、国会議員や公務員は無給とか、どんどんエスカレートして、私は絶句とともに本を閉じるのだが、この本が、筆者得意のある種の洗脳を意図しているとしたら、そういう無茶苦茶な論旨も理解できる。

ともかく私は、スピリチュアリズムと併せて、神とは何かを自分になりまた考えるようなった。それだけで、苫米地氏の意図は成功しているのだろう。

懲罰によるコントロール

| コメント(0) | トラックバック(0)

人間は、赤ん坊として生まれてきて、最初は訳もわからないので、どうしても多少の体罰も含む、懲罰による躾は必要である。長じて次第に成熟するに従って、懲罰を受ける機会は減るが、それは絶無にならない。例えば、一般刑法であれ、経済刑法であれ、不正な行為をきちんと罰することは必要なのであり、それはまさに、懲罰の体系である。

そのように、家庭や学校、あるいは社会を通じて、懲罰を通じたコントロールがあまりに普遍的なので、問題が起こる。

すなわち、懲罰は本来、間違いを除去するだけでものであるはずである。学校でも暴力を振るってはいけない。先生の言うことは聞かなくてはならない。テストでは、なるべく間違えてはいけない。

そこで問いである。「世界では、邪悪なるものを除去することで、自然に理想社会が現出する。」という命題を与えてみる。私は、ダイコトミーは好きではないが、世の中は、この命題にシンパシーを覚える人と、嫌悪感を覚える人に分かれるだろう、ということは考える。

この命題にシンパシーを覚える人は、どうしても次のような発想をとる。例えば、高校野球の監督が、生徒を鍛えるとき、ある自分の方針があって、言うとおりにできないときは、叱責し、必要により体罰も与える。そうやって鍛えないと、まず、甲子園に出場することは無理であろう。そこで懲罰というムチだけでなく、よい監督は、アメも適宜用いる。すなわち、がんばった生徒は、レギュラーに登用する。

こういう懲罰体系というか、アメとムチのシステムは、体育会系に必須であって、バレエのような芸術系にもある程度必要である。勉強でも、基礎的なことを学習するためにはアメとムチのシステムは功を奏するし、ある程度は必要である。

ところが、自然科学や人文にかかわらず、学問があるレベルになると、アメとムチのシステムではうまくいかなくなる。というのは、アメとムチのシステムは、判断基準が明確で、場合の数があまり多くないときのみ有効である。すなわち、学問のレベルが上がってくるに従って、アメとムチのシステムがうまく働かない領域に踏み込むのであり、それは統計力学的な相転移といってもよく、第4象限と言ってもよいのであるが、並みの人間にはわかりにくくて、どうしても上のレベルにも、アメとムチのシステムを解析接続しまい勝ちである。

アメとムチのシステムの誤用の例として、次のようなものがある。世間で、発明なり企画なり、科学理論でもいいのであるが、ともかく画期的なアイデアを出さなくてはならないという場は少なくない。そのとき、どうしても、日常の論理であるアメとムチのシステムが忍び込んでしまうのであって、例えば、リーダーが、「さあ、よいアイデアを出しましょう、しかし、できればよいアイデアだけを出すようにしていただきたい。下らないふざけたアイデアは時間の無駄なので、なるべく避けていただきたい。ふざけたアイデアが多い人は恥である。」のように言うと、果たしてよいアイデアが沢山集まるだろうか。そこで、うんそうだろうと考えるタイプが、アメとムチを解析接続するタイプである。世間に結構多い。これは、裏を返せば、報酬で釣ることが必須と考えることである。

私はというと、下らないふざけたアイデアは時間の無駄、という言い方に必要以上に反発するタイプである。なぜなら、アイデアとは鮭の卵であるという信念があるからである。すなわち、沢山産んで、そのうちの少しでも孵化すればよい。当然に下らないアイデアは沢山あるが、それは自然に淘汰される。

もっと言うと、私からみて、アメとムチ派は、大抵の場合に自分が適否を判断できると自負している。その傲慢さに私はついていけない。なぜなら、この世は本質的にカオスであり、複雑系なのである。神ならぬ身、適切な判断は無理である。

そういう私は、インフレーション宇宙論の希有壮大さと、もっと言うと胡散臭さが好きである。虚時間など、よくいぞ言って下さいました、である。皮肉でなく、優れた物理学者は、日常論理を超えた漫才師の素質が必要である。

では、どうそれを日常に引き戻すのかと問うたとき、アメとムチ派の出番となる。そういう人々がいないと世界は収束しない。

私がそういうアメとムチ派に属さないことは明らかである。結局、この程度の文章もうまく締められていないことがその証明である。

工藤公康

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞に、「限界をつくらない」と題して、日本のプロ野球現役最年長の工藤公康に関する記事が掲載されていたので、私なりにまとめてみる。

工藤公康は47歳、今期限りで西武を戦力外となった。現役を続けるためには、所属する球団を探さなくてはならないが、まだ決まっていない。

それでは工藤はどうしているかというと、年末年始も休まずトレーニングしている。メニューは、愛犬を伴って自宅のそばの山下公園で走ることなどである。どこの球団からオファーがきてもいいように、調整に余念がない。

昨年は16年ぶりに古巣の西武に復帰した。しかし、左肘痛で出遅れ、10試合に当番して、0勝2敗、防御率10.50だった。この成績では、戦力外通知も仕方がない。

それでも工藤が現役を諦めないのは、徐々に左肘の調子がよくなってきていると感じているからである。この様子に、兄貴的存在の東尾は、どうやってモチベーションを維持しているのだと驚く。

工藤を動かすのは、「限界をつくらない」という信念である。工藤には、2000年にも試練があった。ダイエーから巨人に移籍した1年目、12勝5敗でリーグ優勝に貢献したが、そのオフに左肩が痛くなり、次の年になっても痛みが引かないで2軍落ちした。工藤を長年診ている主治医のような久恒病院の院長の原正文氏は、9月まで待って痛みが引かなければ手術しようと言った。口には出さないが原院長は、限界だと思っていたようである。ところが、リハビリとトレーニングを続けているうちに8月下旬になって突然痛みが消えた。その経験から、簡単に諦めないようになった。

そうは言っても、年内に日本の球団からオファーが来る可能性は、限りなくゼロに近い。すると目は海外に向く。台湾、韓国、イタリア、オランダ、スペインなど、話があればどこでもいいと思っている。

また、米国のメジャーリーグのチームのキャンプに入れてもらって、トレーニングすることも視座に入れている。

そういえば、過去の栄光に拘らず頑張っていた投手に、野茂がいた。野茂は、キャリアの末期、米国のマイナーリーグを渡り歩いた。そして随分頑張ったようであるが、流石に40歳で、「プロ野球選手としてお客さんに見せるパフォーマンスは出せない」と、自ら引退宣言した。これに較べて、工藤の諦めの悪さはなんなんだろう。お客さんに見せるパフォーマンスには、特に配慮していないように見える。

工藤は実は、トレーニングに対する投資に費用を惜しまない。ダイエー時代は、自宅マンションの下の階に部屋を借りて、そこにトレーナーに駐在してもらった。人件費を含めてこれに3000万円もかかった。

だから工藤は今も、横浜市のジムで、さまざまな運動器具でトレーニングを怠らない。こうして、工藤の肉体年齢はいまでも、27~28歳であるという。それくらい、体力と筋力を維持している。

普通、工藤くらいになれば、監督やコーチを目指すだろう。ところが工藤自身は、監督やコーチになるタイプではないと自らを評する。すると引退後は何をするのかというと、トレーナーになりたいのだいう。真の意味の肉体派である。そして、小中学生に、野球の技術だけでなく知識を教えるアカデミーをつくりたいのだという。ここで工藤が、長い現役だけでなく、なかなかユニークな個性であることがわかる。

また、できるだけ長く現役を続けることで、後に続くベテラン選手に、まだやれると思ってもらいたいという。まるで漫画の岩田鉄五郎みたいだとGoogleを検索すると、次のようなスポニチの記事があった。

46歳の工藤に岩田鉄五郎を見た。9日の工藤の初ブルペンを野球漫画「ドカベン」などで知られる漫画家の水島新司氏(70)が見学。捕手の後ろから熱視線を送り「ホッとしたよ。見ているだけで感動した」と感無量といった表情で話した。

大ベテラン左腕といえば、水島漫画のキャラクターでは「岩田鉄五郎」が思い浮かぶ。東京メッツのエースとしてマウンドに立ち続け、成績は200勝だが400敗以上。最後は「球聖」の異名も手にした。「岩田鉄五郎は73歳まで現役で投げたんですよ」という水島氏は「でも(工藤の)46歳だって、漫画でいえば70歳代のようなものですから」と、その存在をだぶらせた。

プロ29年生のひたむきな姿に水島氏は「引退前に(工藤を漫画で)描きたいねえ」。また18歳の雄星との夢の継投については「親子リレー?そうだね」と構想を温めていた。

ううん、工藤の生き方が劇画として面白いかどうか分らないが、工藤のユニークさをうまく描いてほしいものである。

ブラック・クライアント

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近のニュースによると、米国ではかなり景気が回復したようで、失業率が下がったとあった。一方、日本はどうだろうか。そういう米国の景気回復の恩恵は全くなく、就職戦線も凍りついたままである。

私がいる特許業界も然りで、有力クライアントを抱える一部の大手特許事務所を除き、どの特許事務所も、仕事の確保に躍起のようである。私がいる会社にも特許事務所がときどき売り込みに訪ねてくるが、丁重に対応して、お引取り願っている。なかなか簡単に仕事は依頼できない。

ところで、この世界的な不況の傾向にあって、一国だけ気を吐いている国を挙げるとすると、それは中国である。特許の世界でも、中国企業の出願件数はうなぎ登りである。例えば、ちょっと前のデータであるが、特許の統計2009に書いたように、以前は外国にほとんど特許出願をしなかった中国企業も、いまや、世界的にも上位に伸してきた。典型的には、通信関係のハードウェア・メーカの華為技術(Huawei Technologies)である。すると、不況に喘ぐ日本の特許事務所にとって、そういう中国企業は、垂涎の的ということになる。

そこで、とある中国企業から首尾よく仕事がもらえるようになった日本の特許事務所があったという。この不景気、御の字である。ところがである、中国企業の一般的傾向として、経済合理性指向が強く非常に人使いが荒い。

例えば、アフリカは、携帯などの通信のインフラを整備したいので各国の通信メーカに呼びかけたのだが、治安や環境の不安で、なかなか仕事を請ける会社があらわれなかった。そこで、一躍その仕事を受注したのは、中国の会社であった。政府高官にも付け届けを怠らず、しっかり食い込んだ。そうして仕事が始まってみると、政府上層部には受けがいいが、現場の労働者にははなはだ評判が悪い。というのは、大抵の社員は、英語さえしゃべれず、現地の文化に溶け込もうともせず、中国のカルチャそのままを押し付けるので、次第に現地の労働者は反発し、不満が鬱積した。雰囲気が険悪になって、一発触発の危機くらいまでになったそうであるが、その後はどう事態が収集されたか聞いていない。

ともかく、中華思想で以って相手の事情など考慮しない中国企業が、アフリカで顰蹙を買ったのは事実のようであるが、それと同じやりかたを、その中国の会社の特許出願を受けた会社は被ったそうである。すなわち、依頼件数は多いのだが、ぎりぎりの値段までディスカウントしてくるわ、期日に余裕のない案件をどんどん依頼してくるわで、採算と労働条件の点でジリ貧に陥り、主要な弁理士が見切りをつけて去ってしまったことで、その特許事務所は潰れてしまったそうである。これはまさに、ブラック企業ならぬ、ブラック・クライアントの弊害である。

しかし、それをひとり中国企業の傾向と思ってはいけない。日本企業も、不況のツケを、クライアント風吹かせて特許事務所に押し付けようとする。私もつい、外部特許事務所に、無理な仕事を安い値段で押し付けようとしたことがあった。なにしろ、特許事務所に勤務したことがないので、そういう「被害者」側の意識がどうしてもよく理解できていない。

あと、私が定年後再就職しようとしたとき、特許事務所で私のようなロートルを雇うとしたら、もしかしたら、薄利多売のタコ部屋みたいな特許事務所だけかもしれない。すると、安い賃金でどんどん明細書を書かされ、働きすぎて体を壊したらお払い箱、みたいなことになるのだろうか、とつい余計なことも考えてしまう。なぜなら、ブラック・クライアントが増えてくると、それに適応するのはブラック特許事務所だけだからである。そういうところは、所員は使い捨てだから、次々に必要かもしれない。

そうやって過労死したとしても、最早若くないのでそれほど後悔もないが、しかし、もう少し定年後の生き方として有意義な生き方もあるのか、それとも、ただブラブラするよりはましなのか、あるいはそもそも、ブラック特許事務所であっても、そもそも私のような者は相手にしないのか、なにしろ世間の実情を知らないので、ただ想像してみるだけなのであった。

ひきこもり

| コメント(0) | トラックバック(0)

気が進まないけどなんとなく、「ドキュメントひきこもり」池上正樹著、宝島新書を買って読んだ。そういうと誰かから勧められて、みたいなニュアンスがあるが、そうではなく、自発的に、渋々に、である。

私の周囲や家族にひきこもりの人は、たまたまいない。それで、ひきこもりに深刻になるということもないのだが、親の能力に書いたように、大学時代に、スチューデント・アパシーになり、昼と夜が逆になった、無為の日々を2年近く過ごしていたことがある。あのときは、人生の先行きになんの希望もなく、物理的に部屋に引き籠もっていたわけではないが、精神的には完全にひきこもりだった。

こういう日々が無限に続くのかと思っていた。そして、心のオーナーシップに書いたように、心は、意思は、一体誰のものなのだろう、などと友達に話すと狂気扱いされることばかり考えていた。

そして、この状態からいつ抜けられるのだろうと、いつも考えていた。なにか無限ループに陥ったような錯覚を感じていた。結局、この無限ループから引き上げてくれたのは、就職しなくてはならない、という世間体であった。というのは、無為に一留してしまったのだから、これ以上大学でぼやぼやしているこはできない。大学院に行こうにもそのための勉強は、全くしていない。そこで仕方なく、リクルートスーツに身を固めて、会社訪問した。なかなか採用されなかった。そういう苦労のうちに、知らない間にスチューデント・アパシーは解消されていた。

ところが幸い、一旦就職してからは、A型肝炎で3ヶ月入院した以外は、ノンストップで、56歳までつっぱしってきた。その間、ひきこもりとの関わり合いは、部下のひきこもりであった。すなわち、メンタルを病んだ部下がいて、産業医を通じて、対処を考慮した。それはなんだったのだろう。人格障害だったのか。ともかく、打つ手は全くなかった。その部下から開放されたのは、医学的理由ではなく、労務的なものかもしれないが、パーソナルすぎて、詳細はここには書けない。

そして、管理職を降りて、この歳になって、自分のひきこもりのことを考えるようになった。すなわち、学生時代のスチューデント・アパシーは、解消されたのではない、単に陰伏しているだけだ、という考えである。帯状疱疹という病気は、神経付近に潜んでいて、普段は免疫の力で押さえつけられているヘルペス・ウィルスが、体が弱ったとき、跳梁跋扈する。そういえば、顔面神経性麻痺も、ヘルペス・ウィルスの仕業で、すると、わがヘルペス・ウィルスたちは、免疫機能が再び低下するのを待っている、ということである。わが結核菌たちも、私の肺にじっと潜んでいるという。ご苦労なことである。

そういうウイルスだの結核菌だのが潜んでいるとしたら、ひきこもりの原因も、私の中に潜んでるはずなのであるが、それは一体なんなんだろう。いくらなんても細菌でもウィルスでもないだろうから、実に分りにくい。「ドキュメントひきこもり」池上正樹著、宝島新書によると、その原因は、鬱病、アスペルガー統合失調症強迫神経症など、なのだという。

しかし、それらは別に、ひきこもりの原因というよりも、結果に至る因果の連鎖の一里塚にすぎないのである。リストラが原因だというけれども、リストラになってもひきこもらず、忙しく職安を駆けずり回る人もいて、その方が大部分であろう。

こうして、心と精神にあるように、ひきこもりの原因は、さっぱり分らないということになる。ただ、周囲の無関心や心の冷たさが、ひきこもりを悪化させるというのはある。だからといって、下手な思いやりは、ひきこもりを増長させる。悪化と増長の違いは、私は分らない。

スチューデント・アパシーだった時代を思い出してみると、それは絶望とともに、妙な安堵感に満ちていた。堕落からくる饐えた匂いというべきか。私は、母の胎内にいるような平安を感じたこともある。とはいえ、そのときの記憶が甦るはずもない。

ともあれ、精神的な意味で、なにかの胎内にいたとしても、ひきこもりは、金銭的に、社会的に、続けることは難しい。むしろ、ある時点で揺りださないと、にっちもさっちもいかなくなる。このため、「ドキュメントひきこもり」では、和歌山大学の「アミーゴの部屋」を紹介する。そこでは、アミーゴと呼ばれるボランティアが、ひきこもりの家庭に、かるく揺さぶりをかける。そういう軽いジャブの応酬が、ひきこもりに功を奏するのだろうかと私は怪訝だが、実際に半年以内に、その方法で、84%が家から出てくるという。

ところで私はというと、土日はずっと家に籠もって、本を読んだり、こういうブログを書いたりしている。もともと出不精の私は、部分ひきこもりの傾向があって、それでいて、月曜になると、ブルーマンデーにもならないで、会社に出かける。部分ひきこもりが本格ひきこもりを予防するのか、その前兆なのか、さっぱりわからない。

実は、何かに追われているような気持ちで、仕事に逃避している。必死で逃避してるから、もしかして、平均より仕事を頑張っているように見えるかもしれないが、それはあくまでも逃避である。

ある占いの人から私は、定年で仕事を辞めてのんびりするとひきこもるといわれた。そして、ひきこもると寝たきりになるといわれた。それだけは避けたくて、時給800円のウェイターの仕事でもいいので、一生できればと思っている。

数学や天文学の話と違って、心の話はあまりに歯切れが悪い。だから、ひきこもりなどに言及するのは気が進まなかったのだった。

医学部新設

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞によると、財団法人厚生会仙台厚生病院(仙台市青葉区)が、医学部を新設する方針だという。医科大学自体を新設するのではなく、東北福祉大に新設を依頼するのだという。確かに、福祉と医療というのは関係が深いので、しっくりくる。実際、同病院の医師が、東北福祉大の看護や福祉の専門課程の講師を務めているという実績があるという。

ところが、医師の定員増加に書いたような事情なのか、文部科学省は原則として、医学部の新設を認めていないが、専門家会議では検討中で、容認の方向であるという。確かに、東北地方の医師不足が切実でニーズがはっきりしているなら、容認すればいいと思われる。

もし新設されると、定員は80~100名、半数程度は東北出身者の枠で、自治体から奨学金を拠出してもらう見返りに医師を派遣する。学費も私立医学部としては安く抑える。同病院や同大学の既存の施設を利用してコストをなるべく低く抑えるという。

しかし、医師の定員増加にあるように、全国医学部長病院長会議の会長である、岩手医科大学長の小川彰氏は、「医学部新設は百害あって一利なし。医療崩壊をかえって悪化させる」と訴えているのであり、このお膝元の出来事にどう反応するのだろうか。

おそらくこれは、東北地方の医師不足に鑑みての、文部科学省としても例外中の例外の措置なのではなかろうか。それにしても、問題は、教授などのリソースをどうするかである。これは、東北大に依存するのだろうか。

また、河北新報によれば、

鹿角市の児玉一市長は「医師確保に向けた朗報。早期に実現してほしい」と喜ぶ。同市は卒業後市内に勤務すれば返済免除となる医学生向け奨学金制度(月額20万円)を設けたが、利用者はゼロ。「新設を機に、利用する医学生が出てきてほしい」と話している。
とある。すると、東北の田舎の病院に勤務するという条件をつけると、新設医学部は敬遠される惧れがある。逆にいうと、そういう地域限定の縛りを設けることで、新設に医師会は妥協するのだろう。

なお、大学医学部に書いたように、医学部定員というのは、司法試験の合格者と較べると、ニーズが圧倒的に高くて、相対的に稀少である。果たして、これが医学部新設のモデルになるのだろうか。多分、ごく例外に留まるに違いない。

理系的意志

| コメント(0) | トラックバック(0)

3歳から6歳まで、小児結核で入院して、幼稚園にも行かなかった私は、小学校に上がったとき、大変困った。その地域の子供と遊んでいないので、うまく付き合えないのである。何をやってもピントがずれているので、変人と揶揄された。いや、揶揄という言い方よりも、虐められたという言い方の方が適切であろう。

かといって、とりわけ勉強ができたわけでもない小学校時代の私は、アイデンティティに悩んでいた。そういう中で、自然に、他人に一歩距離をおく付き合い方を覚えたせいか、中学に入って、番長として威張っている生徒になぜか気に入られて、肩を揉まされたりした。大抵の生徒は、ビンタくらいされるのであるが、私はなぜか暴力を受けることがほとんどなかった。田舎なので、私が小児結核だったことはみんな知っていた。病弱で可哀想と思われたのかもしれない。

そういう自己主張の少ない、おとなしい少年は、そのまま平凡な小市民になるはずだったのだが、社会人になって、次第に本性をあらわしてきた。なぜか、筋を通そうとして、それが通らないと意地を張った。

そうやって自分を思い出しながら、昔の自分につい、苦笑いしながら話しかける。おいおい、お前、やることが逆だぞ、と。すなわち、学生時代は筋を通して、真面目に勉強するがいい。多少、少年らしく真っ直ぐにぶつかって喧嘩することがあってもいい。しかし、社会人になったら、もっと妥協して、会社にも適応しないと、社会から爪弾きされる。

ところが私は、学生時代は、あまり目立たない地味な学生として過ごし、社会人になって、みんなが辛抱するところで、突然上司や周りに噛み付くようになった。これは逆であるというよりも、単に、少年時代に反抗期らしい反抗期がなかったので、遅れて社会人になって反抗期を発揮したようである。言い訳てあるが、小児結核と孤島での暮らしのアマルガムで、このような遅延ポテンシャルの反抗期になったらしい。

その反抗期のせいで、最初の会社では、2年に亘って仕事を干されるなど、散々な目に遭った。前にもちらっと書いたが、犯罪一歩手前の心理まで追い込まれたことがある。実際に犯罪を犯して新聞の紙面を飾らなかったのは、神のご加護というよりない。

遅延ポテンシャルの反抗期はいまだに続いており、理不尽なことが会社内であると、保身を一瞬忘れて、誰よりも憤ったりする。妻子があるのだから、身の程を弁えるべきなのである。

そんな私を観察して、会社のある同僚が、私のことを、典型的な理系人間であるという。私が理系人間であることは全く否定しない。正月に福袋を買いにデパートに行ったついでに立ち寄った本屋で買った本は、インフレーション宇宙論と、ガロアと、高木貞治で、まさにがちがちの理系である。しかし、それと、遅延ポテンシャルの反抗期はどう関係があるのか、と私は同僚に問うた。

すると、その同僚が説明するには、典型的な理系人間は、内面での論理一貫性を重んじるので、相手が誰だろうと、思っていることを主張せざるをえないのだという。そして、その同僚の知り合いもまた、典型的理系人間で、その知り合いが所属する会社の社長に、思うことを直訴して、あやうくリストラの危機になったのだという。

私はそこまで根性が入っていないが、そういえば、「投影された宇宙」マイケル・タルボット著、川瀬勝訳、春秋社に、次のような内容が書かれていた。

物理学者、デビッド・ボームは、大学院生の頃、オッペンハイマーの下で研究していた。その後、運良く、プリンストン大学に教職を得ていたとき、オッペンハイマーが、マッカーシー率いる反アメリカ活動調査委員会によって追求された。そのとき、デビッド・ボームは、オッペンハイマーに不利な証言をするように迫られたが、拒否した。そのせいで、プリンストン大学の教職を追われた。その後、ブラジル、ロンドンと移住したが、二度と米国で教壇に立つことはなかった。筋を通して大変苦労した次第である。

また、脳のホログラム理論で有名なプリブラムは、流行のロボトミー手術を断固として認めず、あやうくエール大学を追われそうになった。

デビッド・ボームも、プリブラムも、結果はどうあれ、自分の信じることのためなら堂々と立ち上がるという強い意志をもっていた。実際、そういう時流やパラダイムに流されない強い意志がないと、画期的な科学理論を打ち建てることはできない。

それをもって理系的意志といいなすのであれば、私の遅延ポテンシャルの反抗期も何ほどか理系的意志であろう(これを書いているとき、テキスト・エディタの秀丸が(応答なし)になって、システム全体がハングしてしまった。極めて珍しい)。

しかし、考えてみると、理系的意志というが、ある種の信念に従って、我が身の利得を省みないのであれば、それは、宗教における殉教精神に通じる。

もし理系的意志と、狂信的宗教がつながるのであれば、オーム真理教の構成メンバーが理系の巣窟であったり、9.11テロの自爆テロ犯人がやはり、大学の工学部出身であったりすることは、何ほどか必然か、と思考は巡る。

戻って、私のことを、典型的な理系的人間であると言った会社の同僚は、大学では工学部であったが、今や自分は、法律的人間であることを発見したという。それであるがゆえに、真理の相対性に目覚め、バランスをとりながら、理系的人間からみて、ある意味ずるい、賢明な生き方もする。外交的といってもよい。

そういえば、私の別の友人は、文学的であるといっていいかもしれない。筋を通すのでなく、感性に従う。さらに別の友人は、芸術的で、文学的とは別の感性で世界を構築する。

おいおい、殉教精神の類比はどこにいった。と自分で自分を見失うあたり、私はなにほどか文学的で、なにほどか哲学的であるらしい。

タイタニック症候群

| コメント(0) | トラックバック(0)

10年以上前に映画が大ヒットしたこともあって、タイタニックがなぜ沈んだのかという原因にあまり疑問はもたれていないかもしれない。しかし、たまたま古書店でみかけた「タイタニック号99の謎」福知怜著を読んでみて、あらためて感じたことがあるので、今更であるが、簡単にまとめてみる。

まず、最初の問題は、出発前の火災である。出航予定日である1912年4月10日の前日に第10石炭庫の右舷側、すなわち、第5防水隔壁のそばで火災が発生して鎮火していなかったが、タイタニックは構わず出航した。その程度のことで出航予定日を変更するわけにはいかなかったのだろう。ところが、火災はなんと、4月13日が経過するまで鎮火しなかった。鎮火したのは、氷山に衝突して遭難する前日のことである。さらに問題は、この火災がきちんと、責任者に報告されなかったことである。報告しないことで、問題をもみ消してしまいたかったのたろう。組織上の問題である。しかし、第5防水隔壁は、防水の最後の砦である。火災で脆くなった第5防水隔壁が、氷山衝突後の浸水を早めることになったであろうことは想像に難くない。

次の問題は、氷山衝突の警告の無視である。4月14日の朝、スミス船長は、最初の氷山の警告を受け取った。それはキャロニア号のバー船長から、2日前に発せられたものであった。さらに同日の午後1時42分、バルティック号からさらなる氷山警告が届いた。明らかにタイタニックは、前の警告の時点よりも氷山に近づいている。この通信文を受け取ったスミス船長は、タイタニックに乗り組んでいる、タイタニックを所有するホワイト・スター・ライン社社長のイズメイに、この警告の通信文を渡した。しかし、イズメイは、通信文をポケットにしまいこんだまま、なにも手を打たなかった。イズメイに報告してそのまま放置したスミス船長にも問題があり、それを受け取って放置したイズメイにも責任がある。イズメイとしては、氷山をよけるためには航路を変更しなくてはならず、すると予定が変わるのが嫌だったのかもしれない。そもそも、「不沈艦」タイタニックにとって、たかが氷山ごときという思いあがりはあったのかもしれない。

氷山衝突の警告の無視は、上層部レベルだけではない。4月14日の午後1時45分、ドイツの定期船アメリカ号は、ワシントンDCの海軍水路局に、2つの大きな氷山の横を通過したと報告し、このことは北大西洋上を航行している船に送信された。当然にタイタニックもこれを受け取ったのだが、無線士から航海士に報告されなかった。氷山衝突の警告はその後も陸続とやってくる。午後7時30分、タイタニックは、近くを航行中のカリフォルニアン号からの氷山の存在を知らせる無線を傍受する。ところが、午後9時40分、近くを航行中のメサバ号から直接、タイタニックに向けて氷山警告の通信があった。午後10時30分にも、近くを航行中のラッパハノック号が、氷山の間を通り抜けたところだとタイタニックに打電してきた。タイタニックはこれにお礼をしたが、単に聞いただけであった。そしてさらに、カリフォルニアン号から通信がきた。それは、氷山に囲まれ、身動きがとれなくなっている、というものだった。ところが、通信士は、乗客の私信を送信することに多忙で、うっとおしがって、カリフォルニアン号から通信を一方的に切ってしまった。このようにすべての無線通信を無視したタイタニックは、氷山へ向かってまっしぐらに進んだ。

まっしぐらというのは文字どおりであって、どうも社長のイズメイは、目的地に予定どおり着くために、航路も船のスピードも変更したくなかったようなのである。その指示が船長や航海士に行き渡っていて、すると、氷山衝突の警告を聞き入れてアクションを採ることは、社長の方針に違背してしまうことになる。すなわち、高橋伸夫氏の言うところの、やり過ごしが全く働かなかった。会社組織よりも軍隊に近い航海士の組織では仕方がないのだろうか。そうであるなら一層、経営者側に柔軟性が必要であった。

さらなる問題は、救命ボートの明らかな不足である。すなわち、イギリス商務省の規則では、全乗客の1/3の人数が乗れる救命ボートを積んでいればよしとされた。それでも最初は、64艘のボートが詰まれる予定だった。すると、1艘の定員は65人だから、避難にあたって、2208人の乗客全員が乗れた計算になる。ところが、救命ボートの積載位置は、プロムナードなので、乗客的には、そこを空けておいて景観が眺められるようにしておくほうがいい。こうして結局、ボートは20艘しか積まれなかった。それでも、ボートが20艘あれば、原理的に約1300人が救助できるはずであるが、実際救助されたのは800人程度に過ぎなかった。それは、救命ボートを使った避難訓練を、乗組員さえ十分に行わなかったからであった。だから、現実の避難となるとみんな慌てた。

その他、見張り担当者が双眼鏡を遺失するなど細かい、しかし重大なミスが重なったが、タイタニック沈没の原因をまとめてみると、以下のとおりである。これをタイタニック症候群と呼ぶこともできるが、あるいみ、あまりに普遍的である。

  1. 不沈艦神話。タイタニックほどの巨大豪華客船が沈むなどと信じたものはほとんどいなかった。もっと言うと、そうでないと信じようとした。これは会社でも、巨大企業などにいえる。一昔前なら、リーマン・プラサーズが消滅するなどと、誰も信じなかった。いわば、too big to disappearである。大きいものを安定とみなして、そこに平安を見出すのが、人間の性である。
  2. 商業主義。儲けにつながらないあらゆるコストは、最小限に抑えられる。これは、第4象限でも指摘したことである。速度を落とす、航路を変更するなどの予定変更は、余分なコストにつながる。また、商業主義の下では、資金を提供する資本家が、専制君主となる。
  3. 優先順位の間違い。かくして、最優先されるべき人命、安全の優先順位が下がる。火災や氷山警告に注意を払うことも、十分な救命ボートを用意することも、商業主義の前にはぐっと優先順位が下げられてしまった。設定された優先順位に従わない乗組員は譴責され、冷遇され、あるいは馘首されるだろう。

タイタニックの災難は確かに、海上安全の基準に大きな影響を与え改善した。しかし、一般の人々は、タイタニックの災難からほとんど何も学ばないだろう。あれは特殊な事故だった、と言い捨てて。

ローテク

| コメント(2) | トラックバック(0)

新年になって、ポータブルCDプレーヤーを買いたいといったら、家人が怪訝がる。なぜ今更そんなものが必要なのだと。iPodを買えばいいではないか、そもそもそんなものまだ売っているのか、とまでいう。

ともかく、自宅の近くのコジマ電気に出かけたら、一応、ポータブルCDプレーヤーはまだ売っていた。知らないブランドのものと、ソニーのものである。そこで、四千いくらで、ソニーの方が幾分か高かったが、ブランドに負けて、ソニーのを買った。

ポータブルCDプレーヤーをわざわざ買った理由は簡単で、イングリッシュ・ジャーナルについてくるCDを聴いて、英会話をブラッシュアップするためである。好きでもない英会話をやり直す理由は簡単で、定年後の再就職を見込んでいる。どこかに応募したとき、英語力は少なくとも邪魔にならないだろうし、外資系(ああ、もううんざりだが)や海外で働くオプションも見込める。

でも、ポータブルCDプレーヤーでなくて、iPodなどの方が、コンパクトで、沢山曲が入るし、便利ではないかと誰もが思うだろう。それは間違いないのだが、私はどうも、一々パソコンにCDから取り込んで、それからiPodにコピーするという方式がうっとおしくなってきたのである。そもそも、ローエンドの私のパソコンは、ハードディスク容量が潤沢ではない。

それで、通勤でポータブルCDプレーヤーで英語を聞いていて、それなりに快適なのだが、若干問題があってそれは、ポータブルCDプレーヤーは、少なくともCDを収める大きさが必要なので、結構サイズが邪魔である。絶対にズボンのポケットには入らないので、冬ならコートのポケットに入れるとか、夏なら鞄に入れるなど工夫は必要である。

あと、モータという機構装置を駆動するために、電池がすぐに消耗してしまう。単三2本で動くのだが、公称の16時間なんて無理で、8時間程度でなくなる。百均の安いアルカリ乾電池を使っているせいもあるのだろう。なにしろ、100円で6本である。

そうはいっても、ポータブルCDプレーヤーは、なんとなく、可視感があるのがいい。もちろんどんな装置にもブラックボックスはあるが、ポータブルCDプレーヤーは、おそらくブラックボックスは相対的に小さい(なんでも、ソニーのポータブルCDプレーヤーは、組み込みLinuxを使っているらしい)。

それと、嬉しいのは、音飛びがなくなったことである。10年前に買ったポータブルCDプレーヤーは、ちょっと揺れると、ちょっちゅうヘッドがトラックから外れて、音が飛んだ。今のポータブルCDプレーヤーは、先読みしてバッファリングするようで、モーターは間欠的にしか回転しないし、音飛びもまず起きない。しかし、この程度で感心していると、今の時代馬鹿にされるので誰にも話していない(といいつつ、ここに書いている)。

こういうローテク機器に拘るのは、それが寧ろボケ防止にいいのでは、という言い訳もある。すなわち、ローテク機器は、ユーザーの操作が面倒で、頭を使うと書いてきて、そんなことはとてもいえないことに気づいた。そもそも、ハイテク機器の機能を使いこなす方がずっと頭を使う。

で、別の言い訳は、なんとなく普段の感性とあまり離れたくない、ということがある。例えば、iPadで本を読むよりも、できれば紙の本で読みたい。すると、音楽だって、iPadよりもCDを直接聴きたい、ということである。実は私は、最新の機器を使いこなそうとすると、自分の中の新規なものに興味をもつリソースを消耗してしまうのではないか、という根拠のない不安がある。すると、日常的なところではローテクで済ませて、思考を高いところに置く方がいいのではないか、ということになる。すなわち、極論であるが、iPadで週刊誌を読むより、古本屋で買った宇宙論の本を読む方が実は、生活全体でみてハイテクであると言いなそうとしてる。ううん、世間には通用しないか。

もちろん私がローテクに拘るのは、要するにローテクの方が安くつく、というのもある。だから、要するにお前は、単にケチなだけではないか、というなら、それでも構わないということになる。

NEC・レノボ提携

| コメント(5) | トラックバック(0)

先日知り合いから、NECとレノボがパソコン事業で提携交渉を進めていると聞いて、一瞬耳を疑った。別に知り合いを信用しない訳ではないが、改めてGoogleで検索してみると、確かにそうであった。そこで、読売新聞の記事をベースに私なりにまとめてみる。

NECといえば、その9800シリーズが1990年代の前半、日本ではパソコンの代名詞で、少なくとも国内では、IBM、富士通などの競合メーカの追随を許さなかった。

その支配を少しでも突き崩そうと、IBMは、PC/AT互換環境で日本語表示を実現するDOS/Vというアーキテクチャを考え出した。当時のハードウェア性能では、専用日本語表示ROM領域をもたず、それをRAM上に展開するDOS/Vは、いまいちパフォーマンスに難があったが、それでも、富士通だけでなく、コンパックなどの米国企業も、日本市場に参入するために、DOS/Vアーキテクチャを利用した。

当時日本でPCの寡占状態であったNECは、98アーキテクチャがDOS/Vと全く互換性がないという理由もあって、なかなかDOS/Vに踏み切らなかった。もしかして、DOS/Vなんて所詮子供だましで実用にならないと軽視していたのかもしれない。

それでも、日本市場での圧倒的強さがあったので、1990年代、NECはパソコンで世界2位のシェアを占めていた。当時の世界1位はたしか、IBMであった。

ところが、IBMのPC/ATアーキテクチャ公開路線が功を奏したのか、雨後の筍のように、DOS/Vアーキテクチャのマシンを製造・販売する会社が続々と現れてきて、ムーアの法則による指数関数的なハードウェア性能の向上と相まって、DOS/Vマシンは活況を呈してきた。

そのような新興企業のほとんどは米国であって、コンパック、ゲートウェイその他、最早社名も覚えていないような多くの会社が現れてきた。台湾でもエイサーが気を吐いた。個人的には当時、サスティーンという無名の米国メーカーのパソコンを買ったことがある。いまその会社はどうなっているのだろう。

そういう新興DOS/V陣営の小回りのよさについていけず、IBMはじりっじりっと、パソコンのシェアを落としていった。大企業だとどうしても、高コスト体質になってしまうのである。NEC然りである。98アーキテクチャにしがみつくことが時代遅れだと悟るのが遅すぎた。

結局、パソコン分野で利益を出すことができないと判断したIBMが、中国企業のレノボにパソコン事業そのものを売却して、実質的にパソコン事業から撤退したことはよく知られている。2005年のことであった。

それでは、今世界のパソコンの台数ベースのシェアはどうなっているのだろうか。読売新聞の記事から引用してみる。

順位メーカーシェア(%)
1ヒューレット・パッカード19.7
2デル12.6
3エイサー12.6
4レノボ8.2
5東芝5.2
6アスース(台湾)4.1
7アップル3.7
8サムスン電子2.1
9ソニー2.1
10富士通1.8
11方正科技(中国)1.2
12NEC0.9


これをみると、レノボはよく健闘しているといえる。IBMからPC事業を買収した際に継承したシェアをほとんど失っていないか、寧ろ微増しているかもしれない。一方のNECの体たらくはどうしたことか。ほとんど消えかかっているではないか。実際NECは、東芝の堅実性も、ソニーのファンシー性も、富士通の先進性も全く出せないで、特徴のないパソコンを出すにとどまっている。

すると、今回の提携も、NECがレノボに頼み込むような形なのだろうか。その提携の内容は、次のとおりである。

  1. NECのパソコン生産・販売子会社にレノボが出資するか合弁会社を新設
  2. NECとThinkPadのブランドは、それぞれ維持
  3. NECの山形県の工場は維持

こうして、製品開発を一緒に行い、部品や資材を共同で買うことで、製造コストを引き下げ、販売価格が下がっても利益を出せる体質をつくる狙いがあるという。それが果たしてうまくいくかどうか、傍目には疑問であるが、NECは、三菱重工などともに、日本の宇宙開発に深く関与している会社なので、少なくとも技術力の蓄積はある。レノボはそこに期待したのだろうか。あるいはレノボは、日本市場にさらに食い込むために、東芝や富士通などに声をかけたが相手にされず、相手にしてもらえたのが、パソコンで閉塞しているNECだった、というストーリーもありえる。すると、もしNECにも振られたら、次の候補は、上記ランク表の外の、エプソンだったりしたかもしれない。

一方でNECにおいて、パソコン事業の売り上げは約2500億円で、全体の7%程度に過ぎず、営業利益はかろうじて黒字だが、お荷物になっている可能性もある。すると、NECは、IBMがしたように、パソコン事業をレノボに売却して、パソコン事業から完全に撤退する可能性もあるとみる。レノボはここ5年で、そうやって取り込んだリソースを活用するスキルをマスターしたと思われ、もしNECから事業売却を受けても、なんとか自家薬籠中のスキルを駆使して乗り切れるのではあるまいか。ともかく、前途多難で利益の薄いパソコン事業で頑張るのは大変である。

毎日新聞によると、東大地震研が、ミュー粒子を使って、地中の断層を撮影することに成功したという。以下、引用:

宇宙から降り注ぐ「ミュー粒子」を使って、地中の断層を撮影することに、東京大地震研究所の田中宏幸准教授(高エネルギー地球科学)らのチームが初めて成功した。日本列島の地下には無数の断層があり、一部は地震を起こす可能性のある活断層だ。地中の断層の調査は実際に掘って確かめるトレンチ調査が主流だが、この方法を実用化できれば、大幅な経費削減が期待できるという。

ミュー粒子は岩盤も通り抜ける素粒子だ。チームは、雨水などは断層の隙間(すきま)に沿って地中にしみ込むことに着目。水を含んで密度が低くなった岩盤を通り抜けたミュー粒子の数を測定することで、断層の有無を判断できると考えた。

観測実験は、日本を東西に分ける大断層線「糸魚川(いといがわ)・静岡構造線」で、10年6月から同7月にかけて実施した。同構造線が走る新潟県糸魚川市内の丘陵地にある既知の断層が、構造線があると予想される線(予想線)とは違う方向に延びていることから、予想線の地下にも未知の断層があると予測。丘陵地のふもとに観測装置を設置し、空から丘陵地を通り抜けるミュー粒子を観察した。

装置を中心に扇形の範囲を観測したところ、既知の断層だけでなく、予想線に沿った丘陵の地中にも密度が低い部分があり、未知の断層を確認できたと判断した。

田中准教授は「装置を設置して観測するだけなら100万円程度。一回数千万~数億円かかるトレンチ調査に比べ格安だ。将来的には密度の変化をリアルタイムで分析し、地震発生予測に生かせるかもしれない」と話す。【石塚孝志】

ミュー粒子、すなわちミューオンを火山の活動状態の調査ために観測することは以前、この記事に書いた。すると、ミュー粒子を観測して地中の状態を推測することは、従来から知られていたが、より観測粒度を上げて、地中の断層自体を観測できるようにしたことが特徴である。

ただ、よく考えると分からないのは、「空から丘陵地を通り抜けるミュー粒子を観察した。」というくだりである。ミュー粒子は宇宙からほぼ一様に降り注ぐに違いないが、その降り注ぐ先の地中に、水を含んで密度が低くなった岩盤があると、ミュー粒子は貫通しやすくなるのだろうか。しかし、貫通しやすかろうと、貫通しにくかろうと、宇宙から降ってきて過ぎ去ったミュー粒子が、電子を放出するなどなにかの痕跡を残してくれないと測定できない。すると、ミュー粒子は、地中の硬い岩盤に行き当たると強く反応して電子を相対的に多く放出し、断層のような比較的弱い岩盤に行き当たると、放出される電子の量が相対的に少ないのだろうか。そもそも電子を測定しないと、ミュー粒子が崩壊して放出される片割れのニュートリノは、ほとんど観測にかからない。

そこで、特許調査してみると、特開2005-274454によると、「宇宙線が地表面に降り注ぐと、各種鉄鉱物にふくまれる元素(Fe,O,S等)と宇宙線の間で核反応が発生する。この核反応には、核破砕(Cosmic-ray Spallation)、ミューオン キャプチャー(Muon capture)、ファースト ミューオン インデュースト リアクション(Fast muon induced reactions)があり、これらの核反応によって、図4に示すように、10Be、14C、53Mn、26Al等が生成される。」とある。なるほど、これらの核反応の結果を測定するようである。

また、特表2008-530581は、「本発明は、様々な軌道に沿って地下の評価領域を貫通している宇宙線ミュー粒子(CRM)フラックスを検出し、上記ミュー粒子検出データを収集し、上記データを処理して、上記評価領域に応じた3次元密度分布イメージを形成するために構成されたシステムを開示する。上記システムを用いて、地表(または海底表面)のはるか下の高(または低)密度ミネラル堆積物または他の地質構造または地層の集中している場所を識別する。上記システムを利用して、数キロメータまたはそれ以上の深度を有する評価領域における、より高密度および/またはより低密度の地質物質および地質構造をイメージングする。」というものである。

すると、上記記事の研究は、非常に画期的というものでもないように思われる。

狂気の銃弾

| コメント(0) | トラックバック(0)

1月24日号のTIMEに、1月8日に起きた、アリゾナ州ツーソンでの銃撃事件の特集があったので、私なりに纏めてみる。

この事件は要するに、民主党の女性下院議員、ガブリエル・ジフォーズの会合に、明らかに狂った男が、銃をもってタクシーで駆けつけ、ジフォーズと聴衆に向け発砲、これによって6人が亡くなり、13人が怪我をしたというものである。ジフォーズは頭に発砲を受け、いまだに重態である。たった15秒間の出来事であった。その間、犯人のジェアード・ローナーは、31発の弾を撃った。

亡くなった6人は、次の人達である。

  1. 9歳になったばかりの少女、クリスチーヌ・グリーン。クリスチーヌはなんと、9.11テロの日に生まれた、ミラクル・ガールだった。
  2. 63歳の地裁判事、ジョン・ロール。
  3. 79歳の婦人、フィリス・シュネック。
  4. ジフォーズの奉仕支援活動のディレクタ、ゲイブ・ジマーマン、30歳。
  5. 76歳の婦人、ドロシー・モリス。夫のジョージ・モリスと一緒に来ていた。発砲に、ジョージは妻の盾になろうとした。確かに何発かはジョージの体が受け止めたのだが、逸れて妻に当たった弾が、致命傷になった。
  6. 76歳の元建設作業員、ドーワン・ストッダード。妻のメイビーと一緒に来ていて、銃声を聞くと反射的に妻の盾になった。自らは銃弾に倒れたが、見事妻を守りきった。立派である。

一体なぜこんなことが起きたのか。また、犯人は一体どのような人物なのだろうか。ジェアード・ローナーは、中学校までは、音楽が好きで、サックスをたしなむ、ごく普通の生徒だった。ところが、高校に進学してから、精神に暗雲が立ち込めてきた。高校をドロップ・アウトすると、酒浸りになった。ドラッグにも手を染めた。この頃から言動がおかしくなった。軍隊に入隊しようと応募したが、マリアナを吸っていたので、当然に拒否された。軍隊で拒絶された頃から、ますます行動がおかしくなってきた。意味不明の単語をしゃべったり、信号機を器物損壊したりした。それからコミュニティー・カレッジに通ったが、言動はいよいよ異常性を帯び、カレッジでそばの席にいた女性は、身の危険を感じたという。

妄想がいよいよ進み、誰かが自分を電波で操っているような錯覚を覚えた。ガブリエル・ジフォーズとの関り合いは、2007に、ローナーが、ジフォーズの集会に出席したときである。そのときローナーは、「言葉が意味無しなら、政府ってどうよ?」と質問し、当然にジフォーズは、この質問を軽くスルーして次の質問に移った。この対応がローナーにはひどく不愉快で、ずっとジフォーズを銃撃する機会を窺っていたようである。

専門家は、ローナーは、統合失調症ではないかと推測する。いずれにしても、精神の病を抱える人が銃撃したという意味で、バージニア工科大学の銃殺事件と似いているが、異なるのは、ローナーのメインのターゲットであったガブリエル・ジフォーズが、共和党のサラ・ペイリンなどの政敵である、民主党の女性下院議員だったということである。そこに政治的な陰謀を想定して、サラ・ペイリンの関与を示唆するブログを書いた人もいたようであるが、それはいくらなんでも言いすぎであろう。

日本でも、秋葉原事件などのように、精神的におかしくなった人による事件は散見される。そこでの決定的な違いは銃である。もし米国が銃社会でなかったら、ジフォーズがローナーに、刃物で刺されるくらいで済んだかもしれない。

そうして毎回、米国で銃保持社会であることの議論が巻き上がるのだけれども、銃規制の方には微塵も進まない。なんともおかしな国ではある。

なお、ローナーが統合失調症だったとしても、それだから妄想により銃撃したと結論付けるのは早計である。というのは、統合失調症の人が加害的な行為に及ぶことは極めて稀で、飲酒、ドラッグなどさまざまな原因が考えられるが、そもそも、普通の少年であったローナーなぜドロップ・アウトしていったのか、その原因は不明である。心の闇の世界はあまりにも不透明である。

注目論文の減少

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞によると、日本の科学技術分野で、注目論文が減少しており、レベルの低下が懸念されているようである。以下、引用:

研究者総数が増える一方、若手は逆に減り女性の比率も伸びず、世界に注目される論文も減っている--。政府の総合科学技術会議(議長=菅直人首相)は6日、国立大や研究機関などの研究者の現状を分析した報告書をまとめた。経費削減から、若手研究者では非常勤が増えるなど「非正規雇用」化が進んでおり、厳しい研究現場の実態が浮かんだ。

私のみるところ、日本の科学技術研究のレベルが低下しているのは、当然だと思う。そもそも、国立大学を独立行政法人化してしまったのが大悪手である。だから、大学の寄付集めに書いたように、東大でさえも資金集めに躍起である。そういう資金がないと研究さえままならない。そんな環境でじっくり基礎研究をするのは難しい。例えば、抽象的な代数幾何の研究なんて、一文にもならない。

国立大や研究を行う独立行政法人(研究独法)など計123団体を対象に09年度までの活動状況を調べた。

その結果、研究者総数は国立大が約6万人で08年度に比べ0・4%、研究独法は約1万人で4年間に6%増えた一方、37歳以下の若手教員数は国立大で4年間に8・7%減ったほか、研究独法でも若手研究者は2・7%減。研究独法では任期制限のない常勤職が22%減り、逆に非常勤が52%増加。国立大でも同様に非常勤を増やして教員の人件費を圧縮する傾向がみられた。

女性研究者の比率は、国立大が12・6%、研究独法が11%にとどまり、現行の第3期科学技術基本計画(06~10年度)の目標値25%に及ばなかった。

研究者総数が増えている理由は簡単で、大学院を濫造した結果、研究者を自称する人が増えているというだけのことである。ところが、それらの人にポストを提供しようとすると、一種のワークシェアリングで、期限付き契約のポストにするしかない。私が勤務している会社の研究所でも、期限付き契約のポスドクの人がいるが、任期の間に十分な実績を残せば正社員の途もあるらしいが、なかなか認めてもらえる人は少ない。こういう事情は、大学の非常勤講師も似たようなものだろう。また、私の知り合いの研究員で、東大の非常勤講師として週1回のペースで教えに行っている人がいるが、なんと、1回の授業の俸給が1万円で、月に4万円にしかならない。これだけで生活するということはありえないので、小遣い程度である。それでも、その人は、東大の講師という名刺を作れるのが嬉しいといっていた。名誉だけである。大学としても、そういう何ほどかの名誉心で釣って、安い経費で非常勤講師で廻しているのではないだろうか。

研究成果では、引用回数が上位10%に入る注目度の高い論文の世界シェアが、国立大では01~03年の3・3%から05~07年に2・8%に減少。特に、日本の得意分野とされる半導体や合金類などを扱う材料科学は6・2%から3・9%に急減し、計算機や環境科学など次世代の注目分野でも伸び悩んでいることが分かった。

報告書は「(新興国の発展で)国際競争が激化する中、独創性や多様性に富んだ基礎研究の抜本的強化を図るべきだ」と指摘した。【山田大輔】

こうやって科学技術の分野で日本が落ち込んでいる理由は、次のとおりである。

  1. 日本は、米国のような産学協同の文化が弱い。ハーバードやMITは、大学のレベルも高いが、金儲けも得意で、現役の大学教授がベンチャー企業のCEOに就任したりする。そういう産学協同の文化の基盤が弱いのに、米国の真似をして、独立法人のようなことを取り入れるから、齟齬が生じる。司法試験と同じである。
  2. 結局、金儲けにつながらない研究には予算がつかない。こうして、数学、理論物理などの純粋科学はどんどん肩身が狭くなる。多少応用がかっているし、国家の威信がより明確に現れる宇宙開発でも、どんどん予算が獲得しにくくなっている。
  3. あと、何度もいうが、オープン・イノベーションで述べたように、使える既知の技術が溢れてくると、研究して新技術を開発するインセンティブが下がる。マッシュアップ的に既知の技術を組み合わせるだけでかなりのことができてしまうのである。大企業でも、中央研究所を縮小したり閉鎖したりする流れは、このせいである。

これでは中国や韓国に負けると憂慮する向きもあるが、みるところ、中国や韓国は、実用科学技術は結構力をつけてきているが、雲を掴むような基礎科学では、まだまだであるように見える。このことは以前に、韓国は、どうしてノーベル賞が取れないのかに述べたことに基づくが、あれから3年近く経過したが、その事情はあまり変わっていないように思われる。宇宙開発は応用技術だから、中国に負けてしまうことはありえる。金でものをいわせることができる分野だからである。しかし、理学的基礎科学のところは、日本はなんとしても伝統を維持すべきである。それが日本人の一つのアイデンティテイだと思っている。

ガロア

| コメント(4) | トラックバック(0)

数楽者でガロアに興味をもたないとしたら、それは「もぐり」である。しかし、数楽者の必要条件は自称することだけなので、数楽者にもぐりはない、という矛盾が生じる。

ともかく私は、数楽者としてガロアにひとかたならない興味をもってきた。ガロア理論なんとかという本も何冊も買ったし、有名なインフェルト著の「ガロアの生涯」市井三郎訳、日本評論社も、ざっとは読んだ。しかし、素読ならぬ、得意の粗読で、ガロア理論のなんたるかはおろか、ガロアの生涯の概要もほとんど理解していない。

そこで、仕切り直しのつもりで、「ガロア」加藤文元著、中公新書を読むことにした。以下、私なりの要約とコメントである。

エヴァリスト・ガロアが、パリの近郊に生まれたのは、1811年のことである。それは、ブリューメルのクーデターでナポレオンが復活し、帝政を完成させた時代であった。

エヴァリストの父、ニコラ・ガブリエル・ガロアは、学校経営者で、ナポレオンを支持する共和主義者だった。

エヴァリストの母、アデリート・マリ・ドマントは、ガロア家のそぼのドマント家の娘であった。ドマント家は、教養豊かな名家で、先祖に何人もの位か高い人がいた。そんななかでアデリート・マリは、ラテン語や文学をみっちり教育され、美貌もそなえた才色兼備の女性だった。

これはまさに、名家どうしの祝福された結婚であった。ニコラ・ガブリエルと、アデリート・マリの間には、三人の子供が授かった。1809年に長女のナタリ・テオドール、1811年に長男のエヴァリスト、1814年に次男のアルフレッドが生まれた。

子供時代のエヴァリストは、社交的で明るい性格だった。また、教養ある母親から、ラテン語、文学などを11歳になるまで学んだ。少年時代の教育としてはそれは十分なものであった。

ところが、1814年に王政復古になると、父親が共和主義者であるガロア家も蔭ってきた。1815年にナポレオンがパリから戻ってきたのは、ニコラ・ガブリエルにとって事態の好転であった。そしてニコラ・ガブリエルは、その年に、ナポレオンから村長に任命された。

しかし、ナポレオンの天下は100日しか続かない。ナポレオンが再び幽閉されたとき、ニコラ・ガブリエルは、村長を降りようとした。少なくとも、続けるには、きちんと再任される必要があると思った。が、なぜかずるずると留任して、王政主義者にいろいろと嫌がらせを受けるようになった。

一方、ガロアは、11歳のとき、家許を離れて、ルイ・ル・グランのリセ(高等中学校)に入学した。ルイ・ル・グランは後年、ポアンカレ、アダマール、エルミートなどの大物数学者を輩出した名門である。

その大層厳しい規律にも拘わらず、ガロアは、最初の2年は優等の成績を収めた。母親の教育の成果もあったのだろう。ところが、3年目にさしかかるとき、次第に成績が下がってきた。原因は不明である。ここで、必ずしも成績だけが理由でないにしても、教師の配慮で、1年留年させられた。ここらあたりから、ガロアの反抗的態度があらわれてきた。しかし、留年も悪いことばかりではなく、ここで数学との決定的出会いを果たす。それは授業で使われたルジャンドルの幾何学原論であった。それは、普通の生徒が2年もかかって理解するような内容であるが、ガロアはなんと、その本をたった2日で、小説でも読むように読了してしまう。そこから数学以外の科目に対する興味が失われ、数学に没頭する日々となった。

ルジャンドルの幾何学原論に飽き足らず、次に読み始めたのが、ラグランジュの「任意次数の数値方程式の解法」であった。ここからガロアは後年の、ガロア理論のヒントを得る。

自らの数学の才能に自信をもったガロアは、エコール・ポリテクニークを受験するが、落ちてしまう。その理由は、エコール・ポリテクニーク側がガロアの才能を見抜けなかったというよりも、ガロアの準備不足がメインだった。

合格できなかったのでリセに戻ったガロアは、ふてくされて不良化し、攻撃性も帯びてきた。いわゆる札付き生徒である。そんなガロアの数学的才能を高く評価してくれたのが、リセのリシャール先生であった。ガロアは、理解を得て、数学に専心し、代数方程式の可解性に関するガロア理論の論文を書き上げた。リシャール先生はそれを、当時のフランス数学界の第一人者、コーシーに提出した。

このとき、インフェルトの「ガロアの生涯」などでは、コーシーは、ガロアの論文を読みもせず、遺失したということになっているが、史実はどうも違うらしい。すなわち、コーシーは、ガロアの論文をきちんと読み、その凄さも理解したのだという。そもそもが、他人の業績など関知しないコーシーが、アカデミーの席で、ガロアの論文の内容にわざわざ言及したのだという。

ただコーシーは、どうも、アーベルの類似の論文も知っていたようてある。確かにアーベルの論文との違いはあるので、そこを明確化するようにガロアに指示した節もあるという。

しかし、1829年、ガロアを悲劇が襲う。村長の職にあった父親、ニコラ・ガブリエルが、神父や王政派からの度重なるいやがらせで、自殺してまったのである。喪主を務めたエヴァリストの気持ちやいかに、いよいよ反政府派に傾倒してくるのである。

あまりにも間が悪いのだが、父親の死の少し後で、二度目のエコール・ポリテクニークの受験があった。このときは、不適切な試験官の対応に業を煮やして、ガロアはまたしても試験に落ちてしまう。反政府主義者のガロアを落とせという指示があったという説があるが、なにしろ試験準備をしていないのだから、落ちるのも仕方ないという説もある。数学の天才として確立した評判があるのだからなんとしても合格させるべきだったのにという意見もあるが、数学での一芸入試ではないのだから、仕方がないのかもしれない。

ともかくも生活の手段に事欠くので、奨学金がえられるエコール・ノルマルを受験しようとする。しかし、前述のとおり試験勉強はしていないし、なにしろ受付期間を徒過しているのである。本来なら受験さえできないはずなのに、また、まともに受けても無理のはずなのに、数学の天才であるということで、いろいろな手を打って、リシャールが推薦を取り付け、むりやりエコール・ノルマルに合格させた。すると、とりあえず、生活費の給付がえられた。ここらあたり、コーシーの口利きがあったのかもしれない。

エコール・ノルマルに合格しても、ガロアの血は収まらない。7月革命が起きると、必死で参加しようとして果たせず、逆に、学校から謹慎処分を受けた。こうしてガロアは一層先鋭化する。

そして校長を揶揄する記事を新聞に投稿したとして、ガロアはついに放校処分になった。もはやガロアは、警察にもマークされる要注意人物であった。

放校になったあと、生活手段が必要なので、ガロアは数学の私塾を開いた時期もあったらしい。それで、多少生徒も集まったのであるが、なにしろ、ガロアの業績の先端のところを話すという内容の高度さもあって、ほんど理解できる人はおらず、続かなかった。内容よりも、ガロアの政治活動が増えすぎたせいかもしれない。

その間、アカデミーに提出していた論文は、またもや、今度はポアッソンによって拒絶されてしまう。

政治集会での不穏な行動で、ガロアは逮捕された。その裁判はなんとか無罪になったが、なにかに理由をつけて、ガロアは投獄されてしまった。

1832年に、パリでコレラが流行し、1万人以上が亡くなるという事件があった。この疫病を逃れるために、ガロアは、もともと収容されていたサン・ペラジー監獄から、フォートリエ療養所に移送された。そこでガロアは初恋する。相手は、療養所の医師、ポトラン・デュモルの娘、ステファニー。しかし、初恋といっても、片思いで全然相手にされなかったようである。

そして1832年5月30日、決闘である。そこで、相手に撃たれて死ぬのであるが、その原因は、陰謀説、自殺説、恋愛説とあって、どれも全く決着がついていない。弟のアルフレッドは、兄の死を、政府の陰謀だったと言って憚らなかったという。札付きの反政府主義者なのだから、当時のフランスの状況に鑑みると、警察が謀殺してもおかしくない。自殺説というのもありえる。なにしろ、父親は亡くなる、学校は放校になる、論文は拒絶される、初恋は振られるで、希望を抱くことはとても難しい。恋愛説もなくはないが、ポトラン・デュモルの娘、ステファニーは淑女で、その辺の売春婦ではない。そもそも相手にされていないのだから、ステファニーを巡って誰かと争うというのはとても考えにくい。こうしておそらく、ガロアの本当の死の理由はずっと、闇の中かもしれない。

さてガロア理論とは一体どんな理論か。私も知らないので、加藤文元氏の説明に拠るとそれは、「数学的対象の難しさを、それに付随した対称性からなるシステムの構造によって記述する学問」だそうである。

代数方程式の可解性はその1つの応用にすぎない。代数方程式においては、「素次数の既約方程式がべき根で解けるための必要十分条件は、根のうち2つを任意にとったとき、他の根がそこから有理的に得られることである。」といいあわらされる。それはより厳密には、群や体という代数的構造の言語を使って記述される。

ガロアは実は、このアイデアの普遍性に気付いていて、解析学の解析学というように言い方をする。月並みな言い方であるが、ガロアは、文字通りのブルバキの先祖であり、政治的なことを理由に数学をドロップアウトしてしまうという点で、グロタンディークは、その直系である。

かくのごとく、フランス数学は、あまりにも偉大である、言うまでもないこと、この上ないが。

自国語での思考

| コメント(4) | トラックバック(0)

2年以上も前のWebの記事で、ノーベル賞受賞に関して、韓国日報の記事があったので、抜粋する。これは、韓国は、どうしてノーベル賞が取れないのかという私のブログ記事とも関連する。

今年のノーベル物理学賞受賞者は日本人一色だ。高エネルギー加速器研究所の小林名誉教授、京都大の益川名誉教授と日系アメリカ人の南部シカゴ大名誉教授だ。日本は1949年に湯川秀樹が物理学賞で初のノーベル賞を受賞して以来、物理学賞受賞者だけで7人になる。今年も受賞者をまた輩出した化学賞に医学生理学賞を加えれば受賞者は13人になり、この分野の国家別順位でも世界7位だ。

日本の物理学賞受賞者たちは専ら日本で大学を終えたが、特に今回の受賞者3人はいずれも最終学位まで日本で終えた。80代の南部教授は1952年にプリンストン大招聘を契機にアメリカに定着したものの東京大学で勉強したし、60代の小林・益川教授は名古屋大で博士課程まで終えた。今回の受賞対象となった「小林・益川理論」自体、2人が大学院生と研究員として出会った名古屋大で誕生した。

これは言うまでもなく、2008年のノーベル物理学賞のことである。韓国人には、よほどショックだったらしい。

日本の基礎科学がどうして強いのかについては様々な理由があるが、私が見るに、日本語で学問をするという点も大きいようだ。基礎科学、特に物理学のような分野は物質界の作動原理を研究するものであるから、どの分野よりも深みがあり独創的な思考が重要だ。深みがあり独創的な思考をするためには、たくさん思考せねばならない。

そのためには基本的な概念を早くからきちんと身に付けねばならない。南部教授は小学校のときに理科の時間に感じた興味が彼を科学者に導いたという。基本概念はどうすればきちんと身につくか。理解しやすい言語で科学を説明することから始まるはずだ。

日本は初等・中等過程はもちろん、大学でも日本語で科学を教える。そのため、西洋で発達した科学を日本語に訳すのを当然の基礎過程だと考えている。漢字文化圏である東洋4国があまねく使っている「科学」「化学」「物理学」などの用語自体が、アルファベット圏言語を自国語で把握しようとした日本の知識人たちによる翻訳の所産だ。「素粒子」「陽子」「電子」などの用語も、すべて日本人が作ったものだ。

この、日本人が日本語で思考し研究できることの意義が大きいという観点は慧眼である。そもそも、益川氏など、日本語でノーベル賞受賞記念スピーチしたくらいなので、少なくとも英会話は得意ではないのだろう。しかし、ある程度英語が読み書きできれば、研究に不自由しない。そもそも、科学技術文献の英語は、専門用語さえフォローしていれば、易しい。

例えば、「翻訳語成立事情」柳父章著、岩波新書などの文献があるが、このように日本語だけで学問できるように翻訳語を用意してくれた明治の先達にわれわれは、感謝しすぎることはできないだろう(おっと、つい直訳口調になってしまった)。

思い出すと、10年以上も前、私が勤務する、外資系会社で、ワールドワイドの発明提出システムを構築することになった。すると、米国人からみると、発明の記述はすべて英語で書いてほしい。それは、米国人が内容を一瞥できるようにするためであるが、米国人からみても、発明を出すような人は、非英語圏の人であったとしても、その国で教養の高い人達なのだから、自分の発明を、英語で書くくらい造作もないと考えるのは自然である。きちんと発明なるものを思考したことがない私も、まあそうだろうと思った。そこで、会社の実績があるシニアな研究者に、発明の記述を英語にしても構わないかと打診してみた。私は、英語だろうと日本語だろうと、何で書こうと発明に変わりはないという応答を期待したら、意外にも、日本人なのだから日本語で書かないときちんと記述できないという。私は一瞬とまどったが、ちょっと自分を顧みて、確かに思考は日本語なのだから、さもありなんと、その旨を米国台頭者に伝えたら、あっさり納得してくれた。当時は、傲岸なまでのグローバリズムはまだ猖獗していなかった。

韓国日報の記事は続ける。

そのおかげで、日本人にとって世界的水準で思考するということは世界で一番深く思考するということであり、英語で思考するということではなくなった。これは外国語が苦手といわれる日本人たちが基礎科学分野でノーベル賞を多く取っていることや、益川と小林の研究が日本の大学から誕生したことにもよく現われている。

一方我が国は、小学校・中学高校過程では科学の基本概念をきちんと把握する教育をしないで、大学に入ると突然英語で科学を教える。名門大学であればあるほど、理学部・工学部・医学部の物理・化学・生理学などの基礎分野に英語教材が使われる。

内容理解だけでも不足な時間に外国語の負担まで重なっては、韓国語で学ぶ場合に比べると半分も学べない。韓国の基礎科学は外国に留学に行くことを初めから想定して教えているわけだ。

教授たちは、基礎科学分野の名著がまともに翻訳されていないからだと言うが、このように原書で教えていては翻訳する意味がなくなる。韓国語なら10冊読めるであろう専攻書籍を、1冊把握することも手に負えないから、基本の面で韓国の大学生たちが日本の大学生たちより遅れるのは当然だ。大学を出ても学んだものが無いという現象も、ここから生じているのだ。

この事情は、中国でも同じで、だから、発明の記述を英語にしてくれと米国から依頼されても、韓国や中国の発明者はあまり違和感がない。そもそも、大学の教科書も英語である。多くの日本人にとっても、英語の教科書を使う方が、日本語の教科書を使うよりレベルが高いという印象なのではあるまいか。しかし、考えてみてほしい。別に英語のテクニカル・ライティングの授業ではないのである。数学や物理学などの基礎理論をじっくり勉強するときに、ネイティブでない英語をまず理解しなくてはならない。それは余計な負担である。

ところが、グローバリズムのうねりが大きくなり、最近になって、アジアでも、発明の記述を英語にすべしという傾向が再び強くなった。上述のような理由から、韓国や中国では特に異論は出ない。以前は抵抗した日本でも、とうとうグローバリズムの圧力に負けて、英語で発明を記述するようになった。以前の経緯を知っている私は、日本人が英語で発明を記述すると、深い思考ができないので、それは発明の質に問題を起すと反対したが、そもそも発明の質など考えてみたこともない人達に反対された。英語を避けること自体、能力が疑問視される。そもそもが、日本が日本語に拘っていると、世界の中でガラパゴスになってしまうと非難轟々であった。

何度も言うが、私の英語力は、今の外資系企業にあって、平均よりは少しましである。特に英語にコンプレックスはないつもりである。だからこそというのも変であるが、日本人の英語力の限界もよく知っているつもりである。仕事の決まりきった表現を離れて、ちょっと立ち入ったことを英語で書こうとして、頭がフリーズしてしまったことは数限りない。何年も米国で勉強してきて得意満々の日本人が書く英語が、あまりにも日本人英語なので笑ってしまったことも何度もある。

それで、悔しいので、ガラパゴスなどと言っている輩に、そんな下品な表現を使うと知性を疑われるので止めた方がいいと、それこそ、知性も品位もない言い方で反論したことがある。それで相手は一応黙ったが、それは負け犬の遠吠えであった。どんどん英語化は進行していった。

今はというと、いろいろな経緯があって、英語化の流れは多少澱んだようであるが、発明の質が下がってしまったように感じる。

それでも、社内英語化に書いたように、中身の伴わない英語化の流れは、留まることがない。日本を滅ぼそうとするイルミナティの陰謀か。もう既に十分日本は弱っているのに。

生体金属元素

| コメント(6) | トラックバック(0)

これが宇宙生物学上の発見?という私の記事に対して、多くのコメントを戴き、どうも結局、燐を砒素で置き換えて生活している細菌というのは、生物学的にあまり画期的なものではない、ということで落ち着きそうである。

そのコメントに対して私はつい、生半可な知識で、「砒素は、生体金属14元素には入っておらず、」などと書いてしまったが、もともと、砒素が代替である燐自体、生体金属14元素ではなく、炭素、水素、窒素、酸素、燐、硫黄とある基本6元素の一員なのだった。

しかし、細菌といえども、基本6元素だけで生きていけるわけではない。例えば、古細菌に、「大抵は、ビタミンやある種の金属を必要とする。」とあって、例えば、鉄など必須である。

それではどんな金属が生体金属元素なのだろうか。「金属は人体になぜ必要か」桜井弘著、ブルーバックスに拠ってみてみる。下記のように人体に必要な金属は、14種類ある。

  1. カルシウム
  2. ナトリウム
  3. カリウム
  4. マグネシウム
  5. 亜鉛
  6. マンガン
  7. セレン
  8. モリブデン
  9. ニッケル
  10. クロム
  11. コバルト
  12. バナジウム

このうち、上から亜鉛まではまあ、違和感なく見ていられる。しかし、マンガンのあたりから、怪訝になってくる。本当にマンガンが人体に必要なのか、と。そこで、個別の生理作用と、欠乏による病気について記述してみる。

マンガンは、酵素や蛋白質と結合して、触媒作用を行う。マンガンが欠乏すると、骨格変形、発育障害などを引き起こす。

銅は、SODなどの酵素の原料であり、不足すると、貧血症、メンケス病などを引き起こす。

セレンは、必須とはいえ、生理作用はかなり微妙である。それは、セレノシステインやセレノメチオニンというかたちで作用する。欠乏すると、背が伸びなくなったり、骨が曲がったりするカシン-ベック病にかかる。

モリブデンは、キサンチンオキシダーゼ、ニトロゲナーゼなどのいくつかの酵素のかたちで作用する。不足すると通風や食道がんの原因になるが、因果関係はかなり微妙である。

ニッケルは、過剰時の障害は知られているが、生理作用としては、RNAの安定化、鉄吸収の促進などである。分りやすい欠乏症は知られていない。

クロムは、糖とコレステロールの代謝に必須であるといわれているが、まだ確定していない。欠乏すると、動脈硬化や心臓発作の原因となる。土壌中の6価クロムの事件で、クロムには寧ろ、よくないイメージがある。

コバルトは、ビタミンB12の成分であり、必須性は明らかである。欠乏すると悪性貧血や食欲減退となる。

バナジウムの必須性は微妙であるが、5価バナジウムイオンをラットに与えると、血糖値が正常になることが知られている。そのせいか、ときどき、バナジウム入りを標榜するミネラルウォータがある。

興味深いのは、身近な動物でも、金属に対する反応が随分違うことである。例えば、イカやタコの血液は、ヘモシアニンと呼ばれる銅蛋白質を主成分とする。人間や牛のアルブミンなら、銅と結合してうまく運搬できるが、犬のアルブミンは、銅とうまく結合できないので、そのまま体に蓄積してしまい中毒症状となる。だから、犬は、イカやタコを食べてはいけない。

生体金属14元素がこのように微妙で、生物においても生理作用が異なるのだから、基本6元素に新発見があっても意外ではないというのは、ちょっと論理がおかしいだろうか。

ロシアの科学者

| コメント(4) | トラックバック(0)

私は、若い頃はロシアに留学したいとロシア語を齧ったりしていたくらいだから、ソ連というかロシアは、好きな国だったに違いないが、ソ連が崩壊したり、チェチェンを侵略したり、アンナ・ポリトコフフカヤが暗殺されたり、プーチン政権が横暴だったりと、最近ではすっかりロシアは好きな国ではなくなってしまった。

それでも、科学技術の本を読んでいると、半端でない数のロシアの科学者が出てくるので、到底枚挙できないが、思いつくままリストしてみる。

まず物理学では、なんといってもランダウである。世界的にみてもまさに、ランダウこそが最後の万能物理学者といえる。そのランダウの得意分野の一つに統計物理があったが、低温物理の超流動の研究者として、ギンツブルクの名前は外せない。他には、研究所を組織するのに有能であったカピッツアが挙げられる。さらに理論物理でどうしても外せないのは、ボゴリューボフである。彼の「場の量子論の数学的基礎」東京図書は、場の量子論に対する公理論的アプローチを表明するもので、独特の格調がある。

数学は、物理学よりもずっと人材が豊富である。まず思いつくのが、非ユークリッド幾何学の創始者、ロバチェフスキー。次に大御所を挙げると、公理論的確率論を確立したコルモゴロフが挙げられる。あと、連続群論などの著書があるポントリャーギンも著名である。もう少し遡ると、チコノフ、マルコフがいる。マルコフは、マルコフ過程で、多くの応用がある。あと、幾何学で、ウリゾーン、アレクサンドロフ、ゲルファントなどだろうか。ゲルファントは、関数解析などに多くの業績を残す巨人である。おっと、忘れてはならないのが、ペレリマンだった。ペレリマンは、特異点をもつアレクサンドロフ空間の専門家である。きちんとロシアの伝統に則っている。そういえば、常微分方程式の解の存在性のところで、リプシッツ条件というのが出てくる。これは、リプシッツという数学者が関与するのだろう。あと、大学理系教養の範囲であるが、2階線形微分方程式の解の存在定理に、ロンスキアンというのが出てくる。これなども、ロンスキーというロシアの数学者のアイデアに違いない。あ、ロンスキーは、ポーランドだった。スラプ系は混同する。他には、多元連立常微分方程式の数値解法で、ダビデンコの方法というのがあって、これもロシア人数学者ぽいが、流石に有名とはいえない。

おっと、忘れてはならないのが、ソーニャ・コワレフスカヤ。女性数学者として、容姿も業績も華麗だったコワレフスカヤは、19世紀数学の華とも呼ばれる。コワレフスカヤの専門分野は、偏微分方程式、アーベル関数などである。力学を勉強していると、コワレフスカヤの独楽というのもでてくる。回転する剛体の振る舞いの方程式である。

また、力学といえば外せないのが、ウラジーミル・イーゴレヴィチ・アーノルド。アーノルドというと英米系のようだが、ロシア語読みでは、アルノーリトである。ヒルベルト第13問題の解決、ハミルトン力学系における業績などがあるが、それはほんの一部である。ゲルファントもそうだが、あまりにも玄人筋なので、業績の凄さの割には、数学・物理学以外の人には知られていないかもしれない。

こうみてみると、ロシア数学の伝統は、解析と幾何であり、代数はあまり強くないようである。また、応用分野に強いのも、ロシア数学の特徴である。例えば、制御理論で、リャプノフの方程式というのが出てくる。リャプノフは、ロシアの有名な数学者である。

もっと工学寄りでは、チモシェンコがいる。チモシェンコは、応用力学の父と言われ、材料力学、弾性体論などで圧倒的な業績があった。応用力学という意味では、さらに遡って、現代的な翼理論を確立したジュコーフスキーがいる。また、非線形ロバスト制御のところで、スライディングモード制御という技法があるが、これを最初に研究したのは、ロシア人のイトキンとウトキンたちだった。

ところで、数論幾何で、アラケロフ幾何というのがあるが、このアラケロフというのはロシア人の数学者なのだろうか。また、アラケロフ幾何の中で、ボゴモロフ予想というのが出てくるが、このボゴモロフというのもやはり、ロシア人数学者なのだろうか、とさっぱり分らないのであった。

また、特殊相対性理論で、ミンコフスキー空間というのが出てくるが、そのミンコフスキーは、ユダヤ系ドイツ人でロシア人ではない。ちょっとややこしい。

ともかく、ロシアには分厚い科学技術の伝統があり、だから、世界で最初に有人人工衛星を飛ばしたのも偶然ではない。でもいまはどうなんだろう。ちょっと米国に較べて影が薄いが、本当は、ペレリマンのような才能がある科学者・数学者はまだごろごろいるのではないだろうか。

あかつきの再挑戦

| コメント(2) | トラックバック(0)

あかつき失敗の原因の続編であるが、毎日新聞によると、JAXAは、金星探査機「あかつき」の早期再挑戦を計画しているという。以下、引用:

金星を回る軌道への投入に失敗した探査機「あかつき」について、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が「6年後」としてきた金星への再投入計画を1年前倒しして、5年後の再挑戦を検討していることが4日分かった。あかつきをゆっくりと減速し、金星が追い付くのを待つ作戦で、トラブルで出力が落ちたエンジンでも実現可能な計画として浮上した。期間短縮は、機器の寿命の面でも有利に働くとみられる。【山田大輔】

気持ちは分かるが、破損したスラスターは、正常に動作するのだろうか。

あかつきは昨年12月7日に金星に最接近した際にエンジンを逆噴射して急減速し、金星の引力で進路を変えて周回させる予定だった。しかし、エンジンが計画より短い約2分半で停止。速度は十分落ちず金星を通過し、現在は太陽を回る軌道を金星より速く飛行している。

あかつきは、完全にスピンアウトしたのかと思ったら、どっこい、太陽を回る軌道上にいたのか。結構しぶとい。

JAXAは当初、金星が太陽を10周する間にあかつきが11周し、金星が「周回遅れ」になる6年後の16年12月~17年1月に最接近させる予定だった。だが、その後の調査でエンジンの出力が約6割に落ちていると判明。配管の弁の異常による燃料供給の支障や、エンジン噴射口の破損の可能性があり、完全復旧は厳しい状況だ。

そんなので本当に、金星に再投入できるのだろうか。

噴射が弱ければ、最接近時に急減速が必要となる再投入は困難になる。このため、JAXAは、あかつきの速度を少しずつ減速させ、太陽を8周する5年後に金星に追い付かせる検討を始めた。時期が早まれば太陽からの放射線による機器故障の危険性が軽減され、金星投入後の長期観測も現実味を帯びる。

なるほど、太陽を周回するトラック上で、金星を追い抜くなではなくて、減速して待つのか。なんとなく、苦し紛れの感じも否めない。

JAXA関係者は「当初計画の速度では、おそらく再投入できない。あらゆる可能性を検討し、金星の観測を実現したい」と話している。

結局、JAXA関係者は、無理だと思っているのではないだろうか。しかし、あかつき失敗の原因に書いたような理由で予算が逼迫しており、次の金星探査機を用意できる見通しもない。それで予定を早めるのだが、私はやはり、あかつきは無理で、5年以内にひっそりと再投入計画は棄却されるだろうと予測する。それは何のニュースにもならないので、JAXA関係者以外、誰も気づかないだろう。ともかく、JAXA関係者にしてみれば、「あかつきに祈る」だろう。それは実は有名な軍歌なのだが、Wikiによれば、ソ連軍によるシベリア抑留の収容所において、日本人捕虜の間で起きたとされるリンチ事件をもさす。いずれにしてもあまり縁起はよくない。

羊歯のグラフィック

| コメント(4) | トラックバック(0)

先日、ローレンツのアトラクタにおいて、簡単なカオスの描画を示したが、もうちょっと審美的なグラフィックを示す。それは、羊歯の葉を計算により表示するアルゴリズムに基づくもので、奥村晴彦『C言語による最新アルゴリズム事典』技術評論社,1991に書かれていたコードを利用している。

ところで、羊歯といえば、クラシック・ギターの名作曲家、フェルディナンド・ソルに「もしも私が羊歯だったら」の主題による序奏と変奏、という曲があって、ロマンチシズム溢れる曲は何度聴いても飽きない。

その羊歯のグラフィックとは、次のようなものである。

単なる計算だけで、羊歯の葉が、かなりリアルに再現されるとは興味深い。どんな計算なのかと興味をもたれる方もいらっしゃるかもしれないので、例によって、C++ビルダのメインの部分のソース・コードを以下に示す。奥村晴彦氏のコードを流用しているので、私のオリジナリティはほとんどゼロであるが、せめてもと、色を変えた三種類の羊歯を用意し、紅葉と微妙な色合いを出してみた。

そもそもが、a[] ~ f[]という配列が謎だし、その後の計算も、自明な再帰呼び出しになっているわけでもない。コードは、ローレンツのアトラクタよりもはるかに見通しがよくない。しかし、部分が全体と相似なので、フラクタルと呼んでもいいだろう。こういう羊歯みたいな構造は、大抵の生物の一部に見られるので、神はフラクタルがお好き、ということになるのかもしれない。

//---------------------------------------------------------------------------
#include <vcl.h>
#include <math.h>
#include <stdlib.h>
#pragma hdrstop
#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
double left = -5,bottom = 0, right = 5, top = 10,
              a[] = { 0, 0.85, 0.2, -0.15 },
              b[] = { 0, 0.04, -0.26, 0.28 },
              c[] = { 0, -0.04, 0.23, 0.26 },
              d[] = { 0.16, 0.85, 0.22, 0.24 },
              e[] = { 0,    0,    0,     0   },
              f[] = { 0,    1.6, 1.6, 0.44   };

#define N ( sizeof(a)/sizeof(a[0]))
#define M ( 25 * N )
#define ABS(x)       (x) > 0 ? (x) : -(x)
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
    : TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 int i,j,k,r,ip[N],table[M];
double x,y,s,t,p[N];

 s = 0;
 for ( i = 0; i < N; i++ )  {
   p[i] = ABS( a[i]*d[i] - b[i]*c[i] );
   s += p[i];  ip[i] = i;
 }

 for ( i = 0; i < N-1; i++ ) {
   k = i;
   for ( j = i+1; j < N; j++ )   
     if ( p[j] < p[k] ) k = j;
   t = p[i];  p[i] = p[k]; p[k] = t;
   r = ip[i]; ip[i] = ip[k]; ip[k] = r;
 }

 r = M;
 for ( i = 0; i < N; i++ )   {
    k = (int) ( r*p[i] / s + 0.5 ); s -= p[i];
    do { table[--r] = ip[i]; } while ( --k > 0 );
 }

 x = y = 0;
 for ( i = 0; i < 300000; i++ )   {
  j = table[rand() / ( RAND_MAX / M+1)];
  t = a[j]*x + b[j]*y + e[j];
  y = c[j]*x + d[j]*y + f[j];
  x = t;
  Canvas->Pen->Color = clGreen;
  if ( i >= 10 )  {
    Canvas->MoveTo(x*100.0+500.0-1.0,-y*60.0+650.0-1.0);
    Canvas->LineTo(x*100.0+500.0,-y*60.0+650.0); }
 }

 x = y = 0;
 for ( i = 0; i < 300000; i++ )   {
  j = table[rand() / ( RAND_MAX / M+1)];
  t = a[j]*x + b[j]*y + e[j];
  y = c[j]*x + d[j]*y + f[j];
  x = t;
  if ( i%10 == 0 ) Canvas->Pen->Color = clGreen;
  else if ( i%17 == 0 ) Canvas->Pen->Color = clRed;
  else Canvas->Pen->Color = clYellow;
  if ( i >= 10 )  {
    Canvas->MoveTo(x*50.0+200.0-1.0,-y*40.0+600.0-1.0);
    Canvas->LineTo(x*50.0+200.0,-y*40.0+600.0);  }
 }

 x = y = 0;
 for ( i = 0; i < 300000; i++ )   {
  j = table[rand() / ( RAND_MAX / M+1)];
  t = a[j]*x + b[j]*y + e[j];
  y = c[j]*x + d[j]*y + f[j];
  x = t;
  if ( i%10 == 0 ) Canvas->Pen->Color = clYellow;
  else if ( i%17 == 0 ) Canvas->Pen->Color = clWhite;
  else Canvas->Pen->Color = clRed;
  if ( i >= 10 )  {
    Canvas->MoveTo(x*50.0+820.0-1.0,-y*40.0+600.0-1.0);
    Canvas->LineTo(x*50.0+820.0,-y*40.0+600.0);  }
 }

 return;

}
//---------------------------------------------------------------------------

物理学の5つの基礎理論

| コメント(0) | トラックバック(0)

「ブラックホール物理学」今枝国之助、今枝真理著、講談社ブルーバックスに、カール・フォン・ワイゼッカーが提唱した物理学の5つの基礎理論について述べられている。それは、次のようなものである。

  1. 時間空間の理論
  2. 自然界に存在する物質及び力の種類に関する理論
  3. 自然法則に関する理論
  4. 微視的対象の集合体に関する理論
  5. 宇宙全体の統一体に関する理論

私がもっているワイゼッカーの著書に、「自然の統一」斎藤義一、河井徳治訳、法政大学出版会がある。この本をよく読めば、物理学の5つの基礎理論が読取れるのかもしれないが、あまり自明でないので、とりあえず「ブラックホール物理学」の記述に従うことにする。

ちなみにワイゼッカーとは、1912年生まれの、物理学者・哲学者である。例のニールス・ボーアに指導を受け、ストラスブルク大学理論物理学の教授やハンブルク大学哲学教授を歴任した。物理学の業績は、原子核の束縛エネルギーに関するワイゼッカーの質量公式や、二つの粒子の衝突における計算の、ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法などが知られており、物理学の業績も大したものである。私がこの本を買ったのはなんと、30年も前、科学哲学に多大の興味をもっていた頃である。「自然の統一」という書名に、統一科学(Einheitswissenschaft)的な香りを感じとって、ちらっと眺めたものの、長く積読になってしまっている。残念。

さて先ず、時間空間の理論とは何かというと、これはとりあえず、一般相対性理論である。他にないのかというと、そんなことはもちろんなく、佐藤勝彦のインフレーション宇宙論やホーキングの宇宙論もまた、時間空間の理論であろう。なにしろそこでは、ビッグバンが起きる以前の虚時間が導入されるし、ビッグバン自身が、空間を創生する理論である。空間を創生するだけでなく、空間の中身たる素粒子や銀河まで作り出そうとする、この上なく欲の深い理論である。ただそこで、一般相対性理論やインフレーション宇宙論の時空の取り扱いはいまいち古典的なのではないかという問いかけもなされえる。すなわち、時空そのものを量子化しなくていいのか、という素朴な問いかけである。これに答え得るのは、量子重力理論であり、宇宙ホログラム説なのだろうか。

次の自然界に存在する物質及び力の種類に関する理論とは典型的には、素粒子論である。同じ意味で、場の量子論や、超弦理論、そして、その発展としてのM理論などもここに入るのだろう。

さて、自然法則に関する理論とは何か。ここはなんと、量子力学の理論なのだという。自然法則に関する理論とは、いかにも哲学的な問いかけであるが、確かに、量子力学の哲学という分野はあっても、場の量子論の哲学という分野は聞いたことがない。量子力学の範囲だと、因果律の破れとか、事象の確率、量子論理など、哲学的な土俵に持ち込めるが、場の量子論や素粒子論となると、配役が多すぎて、思考の対象をフォーカスできないのかもしれない。

微視的対象の集合体に関する理論とは、典型的には、熱力学、統計物理学、流体力学、電磁流体力学などである。すなわち、多数の粒子の集合体には独特の挙動があり、別途研究を要する。エントロピー、エルゴード性など、さまざまな巨視的な性質が出てくる。

宇宙全体の統一体に関する理論とはまさに、上記のインフレーション宇宙論などが該当する。また、量子論の解釈に述べた多世界解釈も、宇宙論として外せない。

こうしてみると、当たり前であるが、物理学の5つの基礎理論といっても、互いに深く関連しあっている。例えば、象を研究するために、鼻から取り掛かっても、耳から取り掛かっても、尻尾から取り掛かっても、結局、同じ対象に行き着くのであって、しかし、最初は、象の鼻の長さはどれほどかという理論と、象の尻尾にやってくる虻はどんな虻かという研究が、異なるように見えるのもやむをえないのである。

若きチャンピオン

| コメント(2) | トラックバック(0)

今の時代で若きチャンピオンといえば誰だろうか。ゴルフなら文句なく石川遼であり、囲碁なら、井山裕太、将棋なら、渡辺明であろう。

こういう若きチャンピオンをみたとき世間の評価はどうだろうか。世間一般は、おお天才現ると喝采を送るむだろうが、専門家達は多少手厳しい。あれは若さの勢いであそこまでいった。実力はまだまだ、未熟であり、今後は分らない、というものだったりする。

私はそういうものだとずっと思っていたが、いまふと閃いたのは、若きチャンピオンは、本当にチャンピオンなのだということである。例えば、将棋の屋敷九段といえば、現在B級1組で中堅の力を発揮しているが、どうしても超一流に一歩届かない。それは筋がよすぎるのである。そんな屋敷九段であるが、なんと、18歳6か月で中原を破ってタイトルを奪取した。この若年タイトルの記録はまだ破れらていない。果たして、佐々木勇気新四段あたりがその記録を破るか。

で、若きチャンピオンは真のチャンピオンである、という仮説が正しいとすると、屋敷は、18歳6か月のとき、確かに第一級の棋力があったのである。いま筋がよすぎると言われる屋敷だが、単に筋がいいだけで当時の中原に勝てるだろうか。なにしろ林葉スキャンダルがある前の中原は鬼のように強かった。

すると、もし屋敷が18歳6か月時点の棋力を維持していたら、屋敷はいまでも何かのタイトルを保持していたであろうし、少なくともA級を維持していただろう。どうしてそうならないのか。

まず若きチャンピオンが生じるメカニズムを考慮してみる。すると、それはともかくも、才能に恵まれていたということである。すなわち、生まれてきたときに既に十分な才能を天賦されていたということであり、その才能は、いくつかの仮説によれば、前世効果である。例えば、井山裕太は、おそらく江戸時代の有名な囲碁棋士の生まれ変わりてあろう。

そういう意味では、屋敷もそうである。ところが、屋敷のチャンピオンは短命に終わったのに、なぜ渡辺の竜王位は長続きし、井山裕太の活躍もまだまだこれからである、という印象を与えるのだろうか。

それは、私のさらに別の仮説によれば、渡辺も、井山も、多段多重継承なのである。例えば、Javaのようなプログラミング言語では、extendsで、ベースクラスから継承したクラスを作ることができ、継承したクラスからはさらにextendsで、クラスを作ることができる。

ベースクラスからの継承が浅いと、もしチャンピオンになっても、活躍リソースが続かない。すなわち、汲み上げる井戸としての継承レベルが浅いのである。ところが、多重継承のレベルが深いと、過去何代もの人達の知識や知恵を借用できるので、汲み上げても汲み上げても涸れることがない。うまくいくと大山のように一生現役で第一線で戦うことができる。

なぜこのような継承モデルを唱えるかというと、例えば、藤沢里菜はまだ11歳であるが、もうプロ棋士のレベルとしてかなりのところに達している。これはどう考えても自前で学んだのではない。11歳までで学びつくすには、囲碁の基礎知識は膨大すぎる。それは単に継承したのである。なぜなら、江戸時代に既に囲碁の技術はかなり完成レベルにあった。すると、それに末葉の布石や定石の知識を加えるだけで、現代に通用する。このことは全く同様に将棋にもあてはまる。大橋柳雪や天野宗歩の時代から追加されたテクニックや定跡の知識は膨大であるが、それでも、大橋柳雪や天野宗歩の時代までに蓄積されたノウハウの体系に較べると、ものの数ではない。

なお、将棋の福崎や南など、若きチャンピオンが、ある年齢になって泣かず飛ばすになった理由を、結婚して家庭人になり角がとれたという人もいるが、それは逆である。多重継承からくる才能の示唆のリソースが途絶えたので、仕方なく、よき家庭人になったのである。まだまだ野を駆ける狼たりえるなら、どうして飼い犬に成り下がる必要があろう。

ところで数学や科学の若き天才というものも当然ありえるが、科学者が大山のような長期の活躍が期待できないのは、囲碁や将棋と比べて、過去の科学知識が、現代で陳腐化する程度が大きいからである。だから、多段多重継承があまりワークせず、結局、若くして才能は途絶えてしまう。

ここからさらに、ステントの「進歩の終焉―来るべき黄金時代」みたいな議論も導けるかもしれないが、ちょっと私の力量に余るので、この辺にしておく。

ウィキリークス問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

長らく管理職をやっていたとき、いつも悩まされるのは、情報の公開と秘匿の問題である。すなわち、管理職であると、上位管理職から、さまざまな情報が降りてきて、各々の情報には開示不可とか、人事情報などの期限付き開示制限とか、いろいろラベルがあって、選択的に部下に伝えるのが、管理職の役目の一つであった。

一方、部下の立場からみると、上司はどうもなにか隠している、ずるいという立場になりがちである。できればすべて知りたいのが部下であるが、常識で考えると、部下の評価、昇進させる候補の選定、ストックオプションの付与、部下のメンタルヘルス、懲罰情報などの個人的な情報などの開示できない情報もあることは、理解できるであろう。すなわち、これらの情報までも開示してしまっては、組織が成立しえなくなる。

ただ、開示してよいかどうか灰色の情報もあるのであり、私は、組織の一体感と信頼を維持するため、自分の判断で、そういう灰色の情報も様子をみて開示するようにしていた。そのことで非難を浴びたこともあるが、一方、管理職の権限を駆使して、開示すべき情報まで握り潰そうとするあまりも保守的な人もいる。そこまでくると、その情報の前駆知識、例えば、ある仕事の存在は知れていて、あとは、誰が担当するかという情報だけがずっと秘匿されたりすると、不信感を募る。だから、私の意見は、不信感を払拭する程度と、開示により関係者に不利益を与えない程度を考量して、情報の開示は行われるべきなのである。

そこでようやくウィキリークス問題に移る。小さい組織の管理職でさえ開示できない機密情報を保有するのであるから、国家運営に際して、国民に開示できない膨大な機密情報を国家が保持し、これらを管理するのは必須であり、そうでないと国家は維持できないであろう。一片の機密情報が重要であるがゆえに、それを入手しようとスパイが跳梁することになる。

そうはいっても、問題はまたそこに戻るのだが、国家情報を開示するかどうかは、その情報の責任者の恣意に任されてしまうということがある。すると、なるべく秘匿して、国民を無知に保ち、あるいは過った情報で操作したいと意図する傾向にあるのも国家の特徴である。なぜなら国家は本質的に暴力マシンなのであり、陰謀マシンであるからである。

そういう意味で、国家の恣意的情報操作に風穴を開ける意味で、ウィキリークスのような媒体は必須ということになる。本来それは、マスメディアによってなされるべきところ、9・11疑惑などでもマスコミは、政府に迎合するかたちで反テロキャンペーンを張った。そういうプロ政府マスメディアの存在になにほどの意味があるか、私には理解できない。

だから、ウィキリークスが昨年、イラク戦争やアフガニスタン軍事作戦に関する軍事情報をネット上で大量に公開したのも、ある程度必要なことである。そうしないと、政府の陰謀行為にネガティブ・フィードバックがかからない。

それにしても、あまりにもナイーブだと思うのは、毎日新聞にあって、日大法学部教授の福田充氏の意見である。それによると、9・11テロの最大の反省点は、世界最大のインテリジェンス・コミュニティーを抱えながら、なぜ9・11を未然に防げなかったのかという点にあった、というのであるが、こんな素朴な意見は久々にみた。9・11テロが巨大な国家陰謀の産物であることはほとんど自明であり、「インテリジェンス・コミュニティー」はまさに企画し、加担したのである。

そんな馬鹿な、そんなおぞましいと、今更嘆く人はいるのだろうか。繰り返すが、国家が怪物であり、陰謀マシンであるというのは、古典的命題であり、依然として、かなり妥当であると私は信じる。しかし、無政府主義が陰謀国家に取って代われるとは私は信じない。無政府主義によってもたらされるアノミーは、陰謀マシンよりも恐ろしい。その一つの例をクメール・ルージュにみてとることができよう。ともあれ、悪法も法なりなのである。

こうして我々は嫌でも、陰謀と私利私欲に満ちた国家という怪物とともに暮らすよりないのである。国家は、憲法だの法律だの、三権分立だとの制御マシンの装丁を繕うが、ともすれば、フィードバックをやり過ごして暴走する気味がある。

そういう意味で、ウィキリークスでなくてもよいのだが、政府内の良心的情報提供者に呼応して、国家という、巨大な猫でなく猛虎に鈴を付ける役割の非政府的組織は必要であり、Web2.0はそのよい媒体であるといえる。ウィキリークスの形態がその最善の形式であるかどうか、私には分らない。しかし、どんな情報漏洩組織が適切なのかを議論することは、クラウド・ソーシングのよき対象であるだろう。

期限

| コメント(4) | トラックバック(0)

前にも書いたが、今会社で担当している特許関連業務は、新入社員でアサインされたときから嫌で嫌で仕方がなく、それでも、他にできることがないのでと生活のために定年間際の今まで続けてきた。その間、褒められたことよりも、叱られたり文句をつけられたことの方が多いので、到底優秀な実務家とは思えないが、とりあえずリストラの波は凌いできたということで、最低限のレベルは満たしていると自認することにする。

特許業務をする上で自分でもときとぎ不安を感じるのは、緻密でない性格である。どうも安易に妥協してしまうところがある。ただ、これだけは向いていると思うのは、期限に厳密である面である。

私は一種強迫神経症的な観念といっていいほど、特許手続きの期限に神経質である。すると、この業界の人は、そんなの当たり前ではないか、今更何を、とコメントするだろう。実際、この業界では、たった1つの手続きの期限を徒過してしまうことで、その後の仕事全体を失うことがありえる。例えば、外部特許事務所管理の責任者であった私は、審判請求の期限を徒過して、一件の出願を無効にしてしまった特許事務所を切った。いろいろ経緯はあったにしても、誰もそれが厳しすぎるとはいわなかった。

そういう意味で、私の期限に対する厳密性については、この業界の人は好意的にみてくれるかもしれないが、私の場合の問題点は、その度が過ぎることである。例えば、拒絶理由通知の応答期限があと一週間しかないというとき、大抵の人は、それほど切迫感を感じないであろう。しかし、私はあと一週間だとかなりきついと感じてしまう。大体、あと1ヶ月ないとあまり安心できない。

それでは私の仕事が遅いかというとそんなことはなく、拒絶理由通知に対する応答も、36条の拒絶理由を含むかなり複雑なものでも大抵、三日以内に完成できる。

そういう私からみて、とても理解できないタイプの人が、この特許業界にいる。すなわち、拒絶理由通知に対する応答を提出するのが、例外なくすべて期限当日なのである。しかし、それはとてもリスキーである。なぜなら、期限当日、突然病気で倒れてしまうかもしれない。交通事故で入院するかもしれない。親戚の不幸があるかもしれない。すると、少なくとも期限前日に手続書類を用意しておかないと、大変なことになる。クライアントは、病気や事故、親戚の不幸を理由の期限の徒過など許してくれない。なぜなら、拒絶理由通知は、受け取って応答するまでの期限が数ヶ月もあるのである。いくらでも事前にスケジュール可能である。

ところがもっと私の理解を超えているのは、期限当日にならないと応答案の作成に着手しない人がいることで、仕事が早い私でも最低三日もかかってしまうような応答案を、たった数時間で作成できるような天才がこの世にいるとは私は思えない。いや、特許業界のペレリマンみたいな人が、どこかにいないとも限らないが、知らないけど。

ところで、あるとき、心理学の専門家と話す機会があった。その方は、わざと期限ぎりぎりまで着手しないで自分を追い込むことによって素晴らしい仕事をする一群の人達がいるという。確かに、流行作家で、期限が迫るまで酒を飲んだり、麻雀をしたりして適当に時間を過ごしているのに、期限間際になって猛然と仕事を進め、完成度の高い作品を仕上げる人達がいるというのは聞いたことがある。それを積極的期限切迫者と呼ぶことにすると、囲碁界でも、趙治勲など、序盤や中盤の、いくら考えても読みきれるわけがない局面で延々と長考する。すると、下手したら中盤以降の100手以上が秒読みということもありえるが、それでいて勝ってしまう趙治勲は、積極的期限切迫者ということになる。

でも、と私は訪ねた。積極的期限切迫者の反対の消極的期限切迫者は、ほとんどの場合、能力がないのではないか、と聞いてみたのだが、そうですね、と明確な応えがない。思うに、それはあまりにも当たり前なので、心理学の専門家としては研究対象にならないのだろう。実際、絶対的劣位にある者は、いろいろ理由をつけ、言い訳をして、やりたくないのでぎりぎりまで着手しないと思われるが、そういう人は、少なくとも特許業界には適性がないと私は思っている。ただ、そういう実務管理的な視点は、学者である心理学の専門家は、興味を寄せないだろう。

で、積極的期限切迫者に対して、私のような期限の徒過を懼れすぎる者を、強迫的期限余裕者と呼ぶことにすると、それは、何かにつけリスクが嫌なので、例えば、車を運転していて、ガソリンがまだ半分も残っているのに給油したりする者であったりする。

私と同類の強迫的期限余裕者もときどき世間で出会う。基本的にそういう人は、世間では誠実と呼ばれている。あまり他人に借りをつくりたくないので、借金はしないし、頼みごともあまりしない。浮気もしない。それを基本的にいい人と解釈するのは少し違っていて、単に、気持ちが切迫するのが嫌なだけだったりする。例えば、浮気して、ばれないかというどきどきなんて、私には耐えられない。

神は、強迫的期限余裕者を、真の誠実者とはみなしてくれないかもしれないが、これは私の生きる便法なのである。仕方がない。

終戦工作

| コメント(2) | トラックバック(0)

東條内閣の記事に続いて、いよいよ終戦工作の進展を眺める。同様に、「日本海軍の終戦工作」纐纈厚著、中公新書に基づく。

東條内閣打倒の急先鋒は、岡田啓介であったが、岡田にとって東條内閣打倒は手段であって目的ではない。本当の目的は、いかに戦争を終わらせ国体を維持するかである。このまま戦争を続けていては、ローマに対するカルタゴではないが、日本は亡国の危機に晒される。そんなことになって喜ぶのは、欧米諸外国と、中国、朝鮮であろう。

考えてみたら分かるように、戦争が激化している状況で、終戦工作を画策することは、命がけの作業である。永田鉄山のように、将兵に斬り殺される危険性は常にある。海軍にあって終戦工作に与した井上成美は、常に懐に遺書を入れていた。岡田も同様の心境であったろう。

ともかく岡田は果敢に、使命感をもって終戦工作に取組んだ。岡田の強みは使命感だけではない。その独特の情報網があった。すなわち、女婿の迫水常久が企画院の課長で、日本の物資に関する情報を得ることができた。また、義弟の松尾伝蔵陸軍大佐の女婿に作戦担当課の瀬島龍三陸軍少佐がおり、陸軍の作戦情報をある程度得ることができた。瀬島龍三については、「沈黙のファイル」新潮文庫にあるように、毀誉褒貶あるが、また別稿とする。

こうして岡田は、小磯内閣の下で、終戦工作に取組む。そうはいっても、終戦を前面に出すわけにはいかない。表向きの戦争継続路線はとりあえずは肯定し、その理由を、一億玉砕して国体を護る決心とする。これは建前であって、本当は、天皇制を護るという意味で、国体を維持し、なんとか終戦にもっていく腹である。なんという困難な作業であろうか。

一方、高松宮も、玉砕では国体は護れず、また、国体を護るためにこそ、戦争を終結されるのだという。さらには、戦争を始めるにあたって、終結の手立ても打っておかなかったのは遺憾である。また、海軍こそ戦争終結を言うべき立場である、と述べた。

しかし、レイテ海戦ですべての空母を喪失するに到っては、もはやどう贔屓目に見ても、挽回は不可能であった。1944年10月23日のことである。

ここでの近衛の認識は、陸軍主戦派から主導権を奪うことが重要というものである。そして宮中グループが主導権を握り、なんとか終戦工作を進めることで、国体を護持する。もし国体なるものが、天皇を中心とする貴族であるなら、そこにどうしても自己中心性を私はみてとるが、一億総玉砕よりはましである。

ともかく、小磯内閣は、建前ではあっても戦争継続内閣なのだから、次の総理大臣を誰にするかということは宮中グループでも懸案であった。次の候補と推された東久邇宮に対する天皇の評価が低いなど、天皇自身の思惑もあって、なかなかよい候補が見つからないので、とりあえずは小磯内閣のままで、裏で終戦工作を進めることになった。

実は天皇自身がこの時点でまだ戦争継続の意思があった。それを受けて、連合軍側と講和するにしても、一撃を与えて少しでも有利な状況にしてからという戦争指導部の方針もまだ残っていた。

天皇が戦争継続論であったのは、まだまだやれるとする統帥部からの報告に依存していたからである。そこで近衛が、1945年2月14日に、天皇に上奏し、そこで敗戦は最早必至であり、しかし、敗戦だけなら国体は維持できるという旨の内容を話した。近衛はまた、米国は、日本の国体の変更までは意図していないと述べて、天皇を安心させた。今にして思えば、この時点ではかなりフライングであったが、結果的にそれは守られた。

1945年3月になると、東京大空襲、硫黄島の玉砕など、いよいよ戦局の悪化は甚だしく、4月に、総理大臣は、小磯から、鈴木貫太郎に替わった。ところが、重臣会議では、前首相の東條の影響力がまだ強く、徹底抗戦路線を踏襲することが確認された。実際、ここに到っても、天皇は陸軍主戦派の決戦断行に期待していた。すなわち、鈴木貫太郎を、岡田の傀儡やロボットとみなす向きもあるが、どうも依然として、終戦内閣の性格を帯びるものではなく、天皇の意向を忠実に実行することが期待されていた。ともかく、海軍出身の鈴木貫太郎が選ばれたことは、東條を首魁とする陸軍主戦派がその信望を失いつつあることを意味した。

鈴木内閣は、1945年6月になると、本土決戦方針を決め、それに向かって準備していった。ここに到っても天皇は、敵国の非望を粉砕し、征戦の目的を達成し、と徹底抗戦を命じた。こうして、終戦工作をますます困難なものにしていった。

そういう天皇も、期待していた沖縄戦が完全敗北に終わると、急速に戦争終結を支持するようになる。6月22日のことである。首相、陸相、海相、海軍軍令部総長、軍参謀総長などからなる最高戦争指導会議構成員に対して、「戦争終結を速やかに実現せよ」と訓示した。

ここにきては、陸軍主戦派は迷走状態であった。しかし、それにとって代わるべき宮中グループは、戦争終結の具体的シナリオをもっていたわけではなかった。こうして、戦争終結は大幅に遅れることになった。

内政のキーマンたる木戸は、ここにして、天皇の聖断でもって戦争を終結せしむることを提言する。それは実際に8月15日の玉音放送として実現するのであるが、2ヶ月近くも聖断が遅れたのは、連合国側に根回しして、国体保持、すなわち天皇制の維持の保証を取り付けようとしたためであったと著者の纐纈氏はいうが、果たしてどうなのだろうか。

問題は、宮中グループらの戦争終結派は、自力で陸軍主戦派を押さえ込む自信がなく、戦局を眺めて、適当な時期に終戦を提案するというものであった。だから、1945年8月12日の米内海軍大臣の、原始爆弾やソ連の参戦を天佑とする、という発言にもつながる。

実は米内自身、1938年に、日中交渉継続を進言する参謀本部を押さえ込んだという過去があった。そのあたりから、裏に廻って陸軍を悪者に仕立てようという海軍の不誠実さが窺われる。

戦後、岡田や米内は、国際検索局の尋問で、一連の戦争責任が、土肥原賢二、板垣征四郎、東條英機、武藤章らの陸軍強硬派にあると供述した。これは東京裁判に大きな影響を与え、結局海軍軍人で、東京裁判で死刑になったものはいなかった。東條の副官と呼ばれた元海軍大臣嶋田ですら、終身刑にとどまり、結局釈放された。まさに東條利用論が功を奏した。

こうして海軍は、陸軍に対して、長年傍流に置かれた仕返しをした訳だが、このあたりの真相はまだまだ十分開示されていないと思われる。

ビッグバン以前の宇宙

| コメント(3) | トラックバック(0)

ナショナルジオグラフィックによると、ビッグバン以前の宇宙に関する理論が発表されたという。以下、引用しつつコメントする。

目に見えないが、宇宙にはリング状のパターンがある。これはビッグバン以前に宇宙が存在した痕跡だと主張する研究結果が発表され、議論を呼んでいる。もしこの理論が正しければ、宇宙は絶え間なく再生しており、現在の宇宙はその"最新版"にすぎない可能性がある。その証拠が初めて示されたというのが今回の主張だ。

これは要するに、ビッグバンはあったけれども、それは宇宙の始まりではないというものであるが、ここで述べた、フレッド・ホイルらの定常宇宙論と何が違うのだろうか。また、インフレーション宇宙論との整合性も気になる。

宇宙マイクロ波背景放射(CMB)を新たに分析した結果、リング状のパターンが発見された。CMBはビッグバンの名残で、現在は宇宙の全域に広がっている。リングの多くはまるで波紋のように、入れ子になっている。その内部は、CMBのほかの部分と比べ温度がより一定である。

なるほど、宇宙マイクロ波背景放射はビッグバンの証拠とされたが、ここでまた、宇宙マイクロ波背景放射を追求して、新たなる理論を編み出そうとするのか。

イギリス、オックスフォード大学のロジャー・ペンローズ氏とアルメニアにあるエレバン物理研究所のバヘ・グルザディアン(Vahe Gurzadyan)氏によると、ビッグバン以前の宇宙でブラックホール同士が衝突し、リングが生まれた可能性があるという。

真打の一人、ペンローズの登場である。ペンローズはいまや78歳、うちの父とそんなに歳は変わらないが、その意欲は衰える様子がない。しかし、エレバン物理研究所のバヘ・グルザディアンとは、一体何語の名前なのだろう。

2つのブラックホールが衝突すると、重力波と呼ぶエネルギーの波動が発生すると考えられている。ブラックホールの質量が大きいほど、波の数は増え、強力になる。重力波は時空の構造をゆがめる。ペンローズ氏とグルザディアン氏によれば、その痕跡としてリング状の模様を残す可能性があるという。

なるほど、ブラックホールの衝突で、ブラックホールの衝突方程式はどうなっているのだろうと疑問を呈したが、どうもペンローズたちが既にそれを解いているようである。もともと、ペンローズは、一般相対論の泰斗でもあるのだから、当然か。

天体物理学者の間からは異論も出ている。
カナダにあるブリティッシュ・コロンビア大学のジェームズ・ジビン(James Zibin)氏は、「さまざまな変遷を経ても、波紋が残りつづけるというのは奇妙に感じる。ほかにも細部の甘い点がいくつも見られる」と指摘する。

それはそうだろう。まだまだ若い理論で、多くの彫琢を経なくてはならない。

ペンローズ氏は数年前から、宇宙の循環モデルを温めてきた。その理論によれば、現在の宇宙を生んだビッグバンは前例のない現象ではない。少なくともそれ以前に1度は発生し、現在とは異なる宇宙を生み出した。その前にも数え切れないほどの宇宙が存在した可能性があるという。

なるほど、ビッグバンを包摂する発展理論か。それなら、学会からも受け入れられやすいだろう。

ペンローズ氏は宇宙の1周期を「イーオン(aeon)」と呼んでいる。1イーオンは想像を絶するほど長く、現在の宇宙の年齢137億年をはるかに凌ぐという。イーオンはビッグバンとともに始まる。そして、均質で希薄な粒子の海だった生まれたての宇宙が、銀河や恒星、惑星、生命といった複雑な構造へと進化していく。その間、おそらく謎めいた暗黒エネルギーによって宇宙は加速度的に膨張する。暗黒エネルギーは現在の宇宙でも時空を膨張させている。

実際、私の直感では、現在の宇宙が137億年だなんて冗談ではない、短すぎるのである。それは、人間の寿命の1億倍のオーダーでしかない。

ペンローズ氏の理論によると宇宙のすべての物質は、天の川銀河をはじめとする大銀河の中心に潜む超大質量ブラックホールに吸い込まれる運命にある。超大質量ブラックホールは物質を吸い込むごとに成長し、衝突による合体でさらに巨大化する。理論では、この衝突によって発生する重力波がCMBのリングを生み出すという。

待て待て、すべてが超大質量ブラックホールに呑み込まれるというのは、ちょっと直感に反する。

CMBのリングの存在に関しては、反対する者はない。ペンローズ氏らの研究に反論する論文を書いたブリティッシュ・コロンビア大学のジビン氏も、「リングの存在については支持する」と述べる。「われわれが異議を唱えているのは、リングの意味の解釈だ」。

ペンローズ氏の循環モデルには、「インフレーション」と呼ぶプロセスが含まれていない。インフレーション理論によれば、初期宇宙は急激な膨張を経て、現在の大きさ、形を手に入れたという。インフレーションは、ビッグバン理論が持つ多くの問題を解決する。その中には、CMBの研究によって浮上した問題も含まれている。

しかし、ペンローズ氏は、「現在の宇宙が生まれる前に別の宇宙が存在し、やはり加速度的に膨張したのだとしたら、インフレーションは必要ない」と主張する。

インフレーション理論だの、インフレーションは必要ないだの、まるで経済政策の話のようであるが、ここらあたり、1つの理論が他の理論を完全に打ち負かすのは難しいのではないか。なぜなら、宇宙創生の標準理論になっているインフレーション理論とて、完全に実験で確かめることは難しい。結局は、ムードというかファッションということにならないか。

「前のイーオンで宇宙は加速度的に膨張し、その結果、均質になった。これがインフレーションの代わりになると考えているようだ」とジビン氏は説明した。

ここらあたりの解説本をアマゾンでみたが、流石に新しすぎて見当たらない。とりあえず手許にある「宇宙はどこまでわかったか?」岡村定矩編、数学セミナー別冊あたりを眺めて想像力を逞しくすることにしよう。

ツムラの復活

| コメント(0) | トラックバック(1)

ダイヤモンド・オンラインによると、倒産寸前であったツムラが、奇跡的に復活したという。

長らく代名詞だった「バスクリン」など低収益部門を売却して漢方薬に集中し、倒産寸前から復活を遂げたツムラ。想定どおりなら今期、過去最高益を達成する。中国に依存する原料が高騰傾向にあり、2年ごとに製品単価が下がり続けるなか、今後も成長路線は続けられるのか。同社の戦略とリスクを追った。(「週刊ダイヤモンド」編集部 柴田むつみ)

ツムラといえば「バスクリン」で、子供の頃から随分愛用したが、倒産寸前だったとは知らなかった。ただ、「バスクリン」はノウハウの塊とはいえず、追随する会社が多く表れた。ツムラがすがるものはそのブランドだけで、次第にジリ貧に陥ったようである。

「大建中湯(だいけんちゅうとう)は頻繁に処方する。大腸ガンの手術後など、腸管が麻痺して起こる膨満感や悪心などに有効と実感している」(ある消化器外科専門医)。別の神経内科医は「アルツハイマー型認知症による妄想や暴力を抑えるクスリとして抑肝散(よくかんさん)が知られるようになり処方が増えている」と言う。

このとおり近年、西洋医学を基礎とする日本の医療現場で、漢方薬が併用されるケースが徐々に増えている。漢方薬は、中国の医学を起源とし、診断法などが日本で独自に進化した「漢方医学」で用いられるクスリの総称である。

薬草など多数の有効成分を含む生薬を組み合わせて作られ、その数は保険収載されているだけでも140以上に上る。冒頭の大建中湯、抑肝散も漢方薬の一種だ。生薬を煎じて飲む方法もあるが、その煎じ薬を乾燥させて製剤した医療用漢方薬が一般的な医療現場では使われている。

ツムラは、医療用漢方薬の売上高883億円(2009年度)で、市場シェアの8割を握るトップメーカーである。1976年に漢方薬に健康保険が使えるようになり、売り上げは徐々に拡大。販売量は右肩上がりで増えてきた。

ツムラがそんなメジャーな漢方薬メーカーだとは知らなかった。また、不勉強ながら、漢方薬が実際の医療現場で、そのように使われているとも知らなかった。

ツムラの創業は1893年、明治時代の後期にさかのぼる。1930年に発売された入浴剤「バスクリン」が爆発的にヒットし、一般にもなじみの深い企業となった。だが、この伝統企業は90年代後半に二つの出来事により「倒産の一歩手前」(芳井社長)という存亡の危機を迎える。
ツムラが危機に陥った原因は、次のとおりであるという。
    創業一族による特別背任事件。創業家の元社長が不透明な投融資を理由に逮捕された。
      当時年間300億円を売り上げていた小柴胡湯(しょうさいことう)の副作用で死亡者が出た。
    この二つを契機に、ツムラは多くの官公立病院から取引を停止され、連結売上高は約1000億円から3割超も急減、自己資本比率は2000年度にわずか5.7%まで落ち込んだ。当時、「メイン行から自主再建は無理ですと言われた」(芳井社長)という。

    そこでツムラが採った策は、選択と集中である。

    窮地に陥ったツムラの再建を主導したのは旧第一製薬(現第一三共)常務だった風間八左衛門氏である。風間氏は、ツムラ創業者・津村重舎の孫に当たる。本家の一大事とあって自ら再建に当たる腹を決めたのだった。その際、旧第一製薬で部下だった芳井社長を引き連れ、二人三脚で再建に当たった。

    2000年からの約10年間で、ツムラは企業の収益構造を一変させる構造改革を実施する。ツムラの代名詞だったバスクリンなど家庭用品部門を分離・売却したほか、漢方薬以外の新薬開発を停止するなど低収益部門を削減した。

    一方で、主力かつ、高収益を稼ぎ出す医療用漢方薬の事業に特化・拡大を進めた。

    とはいっても、ツムラの再建への途は、当然だが、平坦ではなかった。

    旧第一製薬から移った当初、芳井社長は、ツムラの営業部門に疑問を感じていた。「漢方薬をたくさん処方する重要先は毎日のように訪問する一方、まったく新規開拓をしていなかった」からだ。

    当時の重要先は、診療科が多岐にわたるものの開業医が中心で、大規模な総合病院など新規顧客の獲得は不可欠だった。しかし西洋医学に慣れ親しんだ医師のあいだで、畑違いの漢方薬に対する不信感は根強かった。

    そうなのである。創薬の方法をみても、漢方薬の話は出てこない。そこでツムラは、漢方薬への不信感を払拭しながら、新規開拓する、三つの作戦を実行に移したという。

    第1に、化学合成で作られるクスリの効果が薄い分野の、三つ(現在は五つ)の漢方薬に集中して、クスリが効くメカニズムを解明することだ。その結果、医薬情報担当者(MR)は、より科学的、具体的な説明が可能になる。漢方薬の薬効を示す論文が出れば、医師も納得し処方に自信を深める。これを「育薬」と呼んだ。

    化学合成で作られるクスリの効果が薄い五つ分野とは何か。とても気になる。

    第2に、少しでも興味のある医師に漢方薬の効果を実感してもらえるよう、新規先への説明に工夫を凝らした。たとえば、"漢方薬初心者"の医師には、漢方の専門用語は使わずある程度簡素化したプロセスで処方する方法が伝えられた。おおまかな体質や体調の把握と明らかな症状を基に処方できるようにして、漢方薬への抵抗感を払拭させるのが狙いだった。

    効果を実感し、もっと勉強してみたいと思った医師向けには、10~20人単位で受けられるセミナーを全国で開催。現在もさまざまなレベル、専門分野向けのセミナーを実施し、「臨床研究指定病院の指導医を対象としたセミナーに特に注力している」(高崎隆次・理事医薬営業本部副本部長)という。

    そして、第3として、"鉄は熱いうちに打て!"と大学医学部での漢方薬教育の普及を後方支援した。全国の医学部で漢方薬の講座を設定できるよう、指導医を紹介するなど後押ししている。

    前進のきっかけは、文部省(現文部科学省)が01年に発表した医学部のコア・カリキュラムに初めて「和漢薬を概説できる」という指針が示されたことだ。以降、全国に80ある医学部の多くで漢方薬に関する講座が設定されてきた。

    なるほど、大学医学部で、漢方薬の講座を設定するのは、有効であろう。

    ただし、コア・カリキュラムに強制力はなく、漢方薬は医師国家試験にも含まれない科目のため、大学によって、講座のコマ数や講師の育成状況など漢方教育への取り組み姿勢にバラツキは大きい。

    このほか、若い学生が総じて漢方薬に興味・関心を持っているのに対し、教授陣では漢方薬に対する信頼性や理解がさほど深まっていないという傾向も見て取れる。

    しかし、漢方教育の未成熟や、教授陣の漢方薬に対する偏見は、裏を返せば、漢方薬はまだまだ市場開拓できる余地が大きいことを示している。

    ここまで展開できるというのは、漢方薬の医学的根拠は確かなのであろう。実際、トリアージで言及した、医師の岡本裕氏も、中国医学を推奨する。特に漢方薬ファンでない私も、愛用する風邪薬はなぜか、漢方の牛黄ベースのものだったりする。そもそも薬局が勧める。

    こうしてツムラは、高収益を享受する。

    今期、予想どおりなら、ツムラは連結売上高931億円に対し営業利益196億円と、過去最高益を記録する。

    低収益部門を削減し、いまや連結売上高の97%を占める医療用漢方薬事業に注力する"一本足打法"はほぼ完成したといえるだろう。最適な生産・流通体制や社内の人員体制が構築され、取扱量が増えるほど効率が高まり収益性が向上する。

    そこで将来あり得るリスクは、次の2つだという。
    1. 漢方薬に健康保険が使えなくなるリスク。厚生労働省は、漢方薬に対して疑念があるのか、漢方薬を保険適用からはずす議論もでてきた。今回は一応回避したが、将来は分からないという。
    2. 原料問題。ツムラは、原料として使っている生薬118種類の8割を中国に依存している。しかし中国は近年、乱獲防止などの目的で、一部生薬の輸出量を抑えるよう規制をかけ、需給が逼迫している。

    あと、たとえば専門家のあいだで「(西洋医学で使われる薬のように)化学合成によって、漢方薬と同じような作用の薬をつくることもできるはず」との意見もあるというが、意見は分かれる。少なくとも、薬の啓蒙書にはそんな記載はないが、ちょっと漢方薬についても、調べてみることにしよう。

東條内閣

| コメント(0) | トラックバック(0)

太平洋戦史において、東條英機の内閣の成立は、確かに1つのエポックであった。そこで、「日本海軍の終戦工作」纐纈厚著、中公新書に基づき、東條英機の内閣の成立と終焉について記述してみる。

東條内閣の前は近衛内閣であり、近衛は一貫して、日米交渉によって和平を達成しようと努力していた。しかし、あくまでも開戦と拘る軍部と折り合いがつかず、ついに近衛は、総理大臣を辞職することになった。

すると当然に、近衛の後継が誰かということになるが、海軍との人脈のつながりで、近衛と個人的に仲がよかった末次信正海軍大将がおり、末次を後継に推す動きもあった。

ところが陸軍の反対もあって、末次の線は立ち消えになった。結局、総理大臣候補として残ったのは、寺内寿一、畑俊六、杉山元、東條英機の四人だった。このうち、天皇の信任のなさと宮中での評判から杉山が脱落し、総司令官として既に決まっていた寺内寿一、畑俊六が外れ、結局、東條英機に決定された。

東條英機は、天皇の信任が厚いことと、陸軍の開戦要求を一身に体現し、挙国一致体制をとると期待されたことで選ばれた。

海軍は当然に、東條内閣を快く思わず、それは純粋陸軍内閣であるとみなした。高木惣吉は、東條内閣をきっかけに、東條内閣と対抗しつつ、海軍独自の政治力を発揮する場を見出そうとした。

実は、東條内閣の成立に当たっては、他の候補として、宇垣一成、清浦奎吾、若槻礼次郎、岡田啓介、東久邇宮などが重臣会議で挙った。

ともかく、近衛内閣の後任探しに海軍が全く指導力を発揮しえず、純粋陸軍内閣である東條内閣に組み込まれるかたちでのみ海軍の役割を見出さざるをえないことになったのは、問題であった。

東條内閣成立に当たって一番反対したのは、元海軍大将・元首相の岡田啓介であった。結局、木戸幸一との応酬で、岡田啓介は抑えられるのだが、岡田啓介は後に、東條引き降ろしの首班となる。

結局、大命を受けた東條は、かつての方針に従い、1941年9月に、開戦の方針を再検討したが、以外にも開戦に熱心なのは天皇自身であった。こうして同年11月5日には、ほぼ開戦が決定された。

開戦になると、真珠湾、フィリピン、シンガポールなどの緒戦の大成功で、東條内閣は評価を高め、これに乗じて東條は、独裁体制の強化をはかった。

ところが、1942年6月5日のミッドウェー海戦で大敗を喫すると、日本軍は急に守勢に廻り、1943年2月のガダルカナル撤退、同年5月のアッツ島玉砕と、戦局が悪化して、東條内閣に対する不満が一気に高まった。

この機会を岡田啓介は逃さず、親海軍の元首相、近衛と会談したりした。岡田の構想は、東條内閣の海軍大臣で東條の副官と揶揄される嶋田繁太郎を切り崩すことであった。しかし、どうも近衛が信頼できず、また、内大臣の木戸を説得する必要があると認識した。ところが木戸は、東條に対する天皇の信任が厚いことを根拠に、依然として東條政権を支持する方針であった。

東條は当然、岡田らの反東條勢力の活動を知り、1944年2月、木戸と相談して、自らが参謀総長を兼任するなど権力基盤の強化を図った。しかも東條は、天皇の支持取り付けを怠らない。逆にいうと、一貫した天皇の信任があったということである。

結局、天皇の信任が背後にあることが大きく、正攻法では功を奏さないので、岡田は、前軍令部長の伏見元帥に面談し、米内光政を予備役から復帰させ、嶋田海軍大臣の軍事参事官に就けようとした。そうやって、嶋田を牽制しようとしたのである。しかし、伏見の反応は芳しくない。寧ろ、東條や嶋田を擁護するのであった。

仕方なく岡田は再び、木戸にアプローチした。内大臣の木戸がやはりキーなのである。しかし、木戸は翻らない。天皇の東條に対する信任が依然として厚かったのである。

天皇にしてみれば、自分の意向を直ちに実行してくれる東條は貴重であった。一方、海軍のリーダーシップはなかなか見えてこなかった。だから、岡田が、反東條の意向で高松宮と会ったときも、高松宮は賛意を示してくれなかった。高松宮は、東條の陸軍に対する指導力を買っていた。

ところが、意外なところから、反東條の流れが起きる。1944年4月のことである。木戸内大臣が東條のことを悪く言い始めたのである。これに反東條勢力は力を得た。東條内閣を内から壊す流れも出てきた。そして、東條の後継として、寺内寿一、梅津美治郎、土肥原賢二、宇垣一成、米内光政、鈴木貫太郎などが挙げられてきた。

木戸が東條に対する評価を変えたのは結局、戦局に好転の兆しが全く見えなかったからである。それでいて、東條の強引さが鼻についてきた。とはいえ、東條ならずとも、誰がやっても容易であるわけがなく、東條に酷でなくもない。

さらに木戸と近衛は、東條利用論を論じた。すなわち、ぎりぎりまで東條に内閣を負わせ、いよいよ敗戦必至の最後の局面で東久邇宮を総理大臣に切り替え、戦争責任を東條に被せるというものである。それはまた、皇室から戦争責任を逸らすという意味でもある。実際、この構想は、のちの東京裁判でも功を奏した。

1944年6月のサイパン陥落の頃になると、宮中グループははっきりと反東條の旗色を明確にした。

こうなってくると、岡田、米内、若槻らの重臣と、高松宮、東久邇宮、伏見宮らの皇族をどう連携させるかであった。結局、木戸らが天皇に上奏して、東條を退陣させる聖断を依頼するのであるが、その際、天皇が政治の前面に出てくる。また、常に宮中グループがイニシアティブをとる。

すなわち、1944年7月12日のことであった。木戸は、東條に、嶋田の解任、陸軍大臣と参謀総長の分離などを提案した。東條はこれを受けて、天皇の信任が最早去ったと理解し、辞意を固めた。しかし天皇は依然として、東條政権維持に執心していた。

しかし、1944年7月17日の重臣会議で、岡田が木戸に内閣刷新を提案し、結局ここでの決定が最終的に、東條内閣に引導を渡した。

次なる決定は、次期総理である。寺内寿一、梅津美治郎、畑俊六、本庄繁、小磯国昭の五人の陸軍大将が挙げられ、結局、人物本位で小磯が選ばれた。政治に無知なので、宮中グループからすれば、操りやすいと意図した。しかし、東條派の杉山元が陸軍大臣であったことから、これに失望する声もあったが、宮中グループに抜かりはなく、嶋田の代わりに米内光政を海軍大臣として滑り込ませていた。こうして終戦工作が蠢き始めるのであった。

考古学ニュース

| コメント(0) | トラックバック(0)

ナショナルジオグラフィックに、2010年の考古学ニュースのダイジェストが掲載されていたので、いくつか引用してみる。

アララト山でノアの箱舟を発見?
キリスト教福音派の探検隊が、トルコのアララト山の積雪と噴火堆積物の下からノアの箱舟の残骸を見つけたと4月26日に発表した。ただし、箱舟は過去にも何度かその残骸や痕跡が発見されたとの報告があり、今回もその類であるとして多くの考古学者や歴史学者は真剣に取り合っていない。

これは多分、取り合うに値しない。キリスト教福音派の探検隊というところに大いなる発見的負荷がかかっている。そもそも、舟の残骸がみつかったとして、どうやってノアの箱舟と分かるのだろうか。アラム語かなにかで、「ノア」とでも書かれているのだろうか。

古代アマゾンの地上絵、衛星から発見
アマゾン盆地の高原地帯で、これまで熱帯雨林に覆われて見えなかった円形や四角形などの幾何学的模様が数百個発見されたとする研究が1月に発表された。 1999年以降に撮影された衛星写真から、250キロ以上の距離にわたって200を超える幾何学的図形の地上絵が確認されており、これまで明らかになっていなかったアマゾンの古代社会が存在していたことの証拠となる可能性があるという。

これは面白い。明らかにナスカの地上絵とも関係がある。アプ星人にも書いたように、明らかに南米は古代、UFOの発着基地であったと思われる。衛星写真から見て取れるというのが証拠である。

マヤ遺跡カラコル、古代都市を3D復元
鬱蒼(うっそう)と生い茂る熱帯雨林を飛行機からレーザーを放射して"まる裸"にしてみると、今までの想像をはるかに超える規模の古代マヤ都市が姿を現した。2009年4月、レーザー光線を地上に照射して距離を測定するLiDAR(Light Detection and Ranging)技術を駆使して、ベリーズ西部の古代マヤ都市カラコルの3D地図の作成を目的とした調査が行われ、今年発表された。わずか4日間で、これまで知られていなかった建造物や道路などの形状が明らかになった。

これはわれわれがまだ、マヤについてほとんど理解していないことを示唆する。上記の古代アマゾンの地上絵もそうであるが、南米は神秘の宝庫である。ある意味アフリカもそうであるが、南米とアフリカでは、役割が全くことなる。南米は上述のようにUFOのエアポートであり、一方、アフリカは、人類発祥遺伝子工学の工場である。という突拍子もない命題で興味を喚起しておいて、地道に勉強してみる。

第4象限

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前、池田信夫氏のブログで、ベストの良書として、ナシーム・タレブの「ブラック・スワン」が紹介されていたので、あまり深く考えないで早速買った。ところが、当時はまだ翻訳がなく、英語の方を買ったので、ただでさえ積読傾向のある私は、「ブラック・スワン」を放置した(なぜか、会社の席のキャビネにある)。

その後アマゾンから、ナシーム・タレブの「強さと脆さ」ダイヤモンド社の案内がきた。これはどうも、「ブラック・スワン」の第2版のために追加で書き下ろされた内容らしい。そこで、「ブラック・スワン」を読むための準備として、「強さと脆さ」を読んでみることとした。以下、自分理解用のメモである。

私の表面的な理解では、ブラック・スワンの要諦は、第4象限にある。そこでまず、第4象限とはなにか、この本に従い私が理解するところを記述してみる。

4つの象限を規定する第1の軸は、ペイオフで、単純なペイオフと、複雑なぺイオフとからなる。単純なペイオフとは、はい/いいえの2値判断で済むようなシンプルな情報である。例えば、人の生死、ルーレットの賭けなどである。一方、、複雑なぺイオフとは、影響度の期待値を考えなくてはならないようなことである。例えば、疫病のような統計値、芸術などの成功、気候の影響、リスク管理、テロの危険性、戦争の被害などてある。

4つの象限を規定する第2の軸は、月並みの国であるか、果ての国であるかである。月並みの国とは何か、この本には詳しい説明がないので、私の勝手な理解で説明すると、例えば、線形性や重ね合わせの原理が説明するような擾乱の小さい領域である。1つの例を挙げると、関数をテイラー展開すると、差の1次の項、2次の項、・・・n次の項という無限級数になる。そこで、1次の項での粗い近似で済むような領域である。

果ての国は、本質的に非線形であったり、複雑系であったり、と予測がつかない。例のバタフライ効果も、果ての国で起きる。フラクタルもおそらく、果ての国の出来事であり、だから、先日亡くなったマンデルブローが、フラクタルを利用して経済予測を行うというのもしっくりくる。

こうして、2つの軸での2つのファクタを組み合わせて、4つの象限が記述される。

  • 第1象限:月並みの国での単純なペイオフ。ここは並外れて安全である。モデルは安全で、みんなハッピーである。しかし、こういう状況は、現実よりも実験室やゲームでのみありえる。
  • 第2象限:月並みの国での複雑なペイオフ。ここは、いくらか安全である。統計的手法でなんとか凌げるが、リスク、多少ある。
  • 第3象限:果ての国での単純なペイオフ。ここもまあ、安全である。予測は間違えるかもしれないが、あまり害はない。逆にいうと、ここで被害甚大なようなら、既に第4象限か。
  • 第4象限:果ての国での複雑なペイオフ。ここにブラック・スワンが棲む。問題が待ち構えているのがここで、チャンスがあるのも、ここである。第4象限に棲むブラック・スワンには、よいブラック・スワンとに分かれる。第4象限では、あらゆる既存のモデルが使えない。リーマン・ショックに始まる金融恐慌ではあきらかに、第4象限で、悪いブラック・スワンが跳梁した。

では、第4象限ではどうするか。ここで重要なのは、間違えた地図なら使わない方がましということである。原因はよく分らないがこの薬を投与しておけ、とりあえず、ここを手術しておこうでは却って悪化する。それは医原病と呼ばれる。ここで有効なのは、○○してはいないという否定型のアドバイスである。治療しても意味ない領域を区分けするトリアージがここで光る。

また、時の試練を経た、はっきりとは表れない知識も重要である。さらには、最適化を避けることも重要。前に述べた就活エリートの悲劇は、最適化のしすぎにある。冗長性を欠くと、まさかのときに修復が利かない。さらに、ガウス分布などから得られるリスク指標を使うあてが外れることがある。そういう当てにならない指標なら、依存しないほうがましである。

それでは、ブラック・スワンに強い社会とはどのようか。

  1. まず、壊れやすいものは早く、小さいうちに潰すほうがいい。脆い巨人は、災厄の原因である。 損失を社会化し、利益は私有化しない。この意味はただ、私にはよく分らない。リーマン破綻の真相にある、政府支援機関(GSE)である住宅専門の金融会社ファニーメイとフレディマックは一体どうなのか、適切であったのか、という素朴な疑問である。
  2. 失敗した人に、再び担当するチャンスを与えてはいけない。
  3. 成功報酬をもらう立場の人に、インフラの基幹をまかせてはいけない。そういう人は、惜しげもなく冗長性を省き、コスト削減して巨額の報酬を手にする。例えば、ジェット機にどうして余分にエンジンが必要なのだ、省けという具合である。
  4. 複雑なことは、単純なことで中和する。AAAとサブプライムを混合したようなよく分らない複雑な金融商品は、災いの元である。

タレブは、壊れるものは勝手に壊れるようにし、MBA出身の偉ぶった奴らを脇へどかし、銀行員は本来に役割に戻し、そうして、企業は小規模、投機的なレバレッジはなく、銀行でなく投資家がリスクをとり、企業は毎日、生まれては死んでいくという世界を提唱する。それはそれで、資本主義の一形態なのだろう。

孤舟族

| コメント(9) | トラックバック(0)

毎日新聞の特集によると、定年退職した団塊の世代の精神的放浪を描いた渡辺淳一の「孤舟」という小説がベストセラーになっているという。私には他人事ではない。そこで、作家の西田小夜子氏と、漫画家の弘兼憲史氏が、定年後の生活について議論されているので、私なりにメモしつつコメントしてみる。

「孤舟」では、主人公は定年後、妻と口論ばかりで、デートクラブで知り合った若い女性に安らぎを求める。いかにも渡辺淳一らしいストーリーであるが、ありがちであるともいえる。

西田氏は、こうなりがちな理由を、定年前の亭主が、会社で管理職であったせいではないかと指摘する。すなわち、定年後、上司体質を家庭に持ち込み、妻を部下扱いする。そして、ずっと家にいて、妻に指示したり、家事を監視したりする。しかし、妻は妻で、自分のペースがあるので、いちいち監視されて口を出されてはかなわない。当然に、言い争いになる。

弘兼氏はそれは、夫に近所に友人がおらず、やることがないせいだと指摘する。すなわち、妻は近所のネットワークをつくっているのに、夫は仕事一筋でそれがない。妻は例えば、カルチャーセンターに通い、趣味も充実させている。

ただ、弘兼氏は、団塊の世代は男女平等を教育されているので、普通は一方的に妻をやり込めたりしないのではないかという。私も一般的には、そういう気はする。それにしても夫がずっと家にいて妻と顔を会わせていれば、つい言い争いになるのは、ほとんど必然である。

そこで西田氏は、適度にすれ違うことだという。それは私も同感である。西田氏はそれでも、ときどき一流のレストランで夫婦で食事をしてはどうかと提案する。それに同意する夫婦は少なくないかもしれないが、私はちょっと臆する。

弘兼氏は、それには応えないで、夫婦が互いの価値観を尊重すべきことを説く。そして、定年後の男は、消費、ボランティア、そして若い世代に死に様を見せることだと主張する。これはなかなかよい提案である。

実際、日本の不景気の原因の1つに、内需の落ち込みがあるので、小金をもっている定年層がお金を積極的に使うのは、なにほどか日本経済によい影響を与えるかもしれない。また、ボランティアは、なにかスキルの蓄積がないと却って足手まといになってしまう。若い世代に死に様を見せるという言い方のかっこよさは私は共感するが、おそらく現実には難しい。私はきっとひっそりと、跡形を残すことを最小限にして死んでいくだろう。むしろ、矢折れ刀尽きて、老醜をさらすことをあえて若い人に見せるかもしれない。

もし定年が膨大な時間をもたらしてくれるなら、それは私にとって福音である。幸い勉強したいことは、数学、語学、物理、歴史、哲学と、山ほどあって事欠かない。事欠くのは理解力と根気だけである。といいつつ、一番大事なのは実は、興味だったりする。

それ以外に私が心がけているのは、家事と、仕事の実務である。

家事については、私は家内より4歳年上だし、男女の平均寿命を考えると、統計的には私の方が先に死ねるのだろうが、どっこい私は長生きの家系ときている。すると、私が生き残ると家事は必須のスキルである。幸い私は、調理が嫌ではない。洗濯も掃除も、ぎりぎりなんとかなるレベルである(尤も、洗濯は、全自動洗濯機に放り込むだけである)。また、家事ができることは家内に対しても、居場所を確保することを意味する。

仕事は、定年後もなんとかなるのではと以前思っていたが、若い人でさえ就職氷河期で苦しんでいるのをみると、これは無理かもしれないと最近思い始めてきた。それでも、定年後、仕事にありつくためには、実務スキルを維持していることが必要条件である。だから、実務の足しになるように私なりに地味に仕事に頑張っている。具体的な評価につながりもしないのになにやっているんだと、私の働き様はきっと、功利主義に染まった若い人には理解してもらえないだろう。

あと、弘兼氏は、学歴・社歴を捨て、価値観を変えなさいというが、普段あまり学歴・社歴を意識しないようにしている私も、定年になって組織から切り離されると、気持ちに空隙が生じて、つい学歴・社歴に拘ってしまうということもありえる。ここは、今から気持ちの中でシミュレーションしておくほうがいい。

ともかく定年は私にとって今から楽しみてあるが、一方で、志半ばで斃れてもきっとほとんど後悔はしないだろう。それは矛盾していないと思う。

恋社精神

| コメント(2) | トラックバック(0)

前述の「就活エリートの迷走」豊田義博著、ちくま新書に、恋社精神という用語があった。愛社精神と意味が似ているようだが、一体何が違うのか。実は、就職氷河期になって、学生達は、入った会社が安定していることを何よりも望むようになった。すると一般的に、世間で名前が通っている大企業、一流企業を目指す。しかも、入社してずっとその会社に居ることを願うのである。そうやって入社する前から、あそこに入ると生活が安定していて、安穏な日々を送れる、と想像して陶然となる学生が少なくないという。

すなわち、入社する前から会社に恋しているのである。それは丁度結婚に夢見て、彼氏または彼女と幸せな家庭を築くことに憧れる乙女チックなロマンチシズムである。なにしろ、その会社の会社説明会のビデオをみただけで涙を流して感動する学生がいるというのだから、理解を超える。

愛社精神は、恋社精神とは異なる。私に愛社精神がないかというと、愛憎入り混じるとはいえ、皆無とはいえない。なにしろ、もう26年も苦労をともにしてきた。N宿N飯(Nは適当な自然数)の恩義もある。そんな愛社精神は、会社に対して愛想をつかす方向にも働く。おいおい、そんなんじゃなかったろう、と。それは老いゆく親に対する気持ちと少しだけ似ている。ともかく、業務や現場意識を離れて、愛社精神はない。

ところが、私と同程度のベテランなのに、恋社精神をもつ人がいる。恋社精神を識別するよい方法がある。それは、会社のスキャンダルが巷間で話題になったときである。私のように、愛社精神はあるにはあるが、会社に複雑な思いを抱く者は、会社のスキャンダルがあると盛り上がる。さて、どう収拾すべきかなどと、得意げに話したりする。ところが、恋社精神をもつ人は、会社のスキャンダルに決して言及しない。むしろ、ときどきある画期的な製品の発表や、高利益のニュースに好んで言及して、会社を誉めそやす。

そこで、恋社精神をもつ人に対して、流石にこの分野では、競合のZ社の方が進んでいる、と世間一般で言われていることを述べてみると、現下に否定する。弊社の方が圧倒的に進んでいるはずと、根拠無く言う。いくらなんでもと思ったら、本当にそう信じているらしい。ほとんど宗教じみているほど信じているようなのてある。

少しでも業界のことを勉強してみればありえない発言なのであるが、次第に分かってきたことは、恋社精神をもつということは、会社にしがみつきたいという強い意思表示なのである。それは、入社前の学生とある意味似ているのであるが、入社前の学生と決定的に違うのは、かなりの社歴を経ているという点である。

それでさらに考えてみると、かなりの社歴を経ているのに恋社精神をもつということは、その間例外的な厚遇に恵まれたということを意味するようである。もっと言うと、ポテンシャルの能力からみても、十分すぎる厚遇のようである。すると、競合他社に放り込まれたらありえないような厚遇だとしたら、人一倍会社に恋するとしても意外ではない。言い換えると、業界で一般に通用するスキルを備えていないという意味である。

なお、誤解なきよう付け加えると、私に会社にしがみつきたいという意思がないわけではない。この就職難に、簡単に仕事があるなどと楽観してはいない。ただ、程度問題なのである。このあたり、なんとしても生き延びようとまでは思わない諦観のようなものは、かすかにある。それは霊格の問題でもある。

ところで、好きな彼女がいたとしたら、その彼女のことをもっと知りたいと思うのが人情だろう。だから、恋社精神をもつ人もまた、会社の情報をいろいろ収集する。ところが一方で、恋は盲目なのであって、彼女の都合の悪い噂のような情報はなるべく見て見ぬふりをしようとする。それと同様に、会社に恋する人は決して会社の客観的なイメージを目指さないで、どんどん歪んだイメージを抱くようになる。

組織がおかしくなると、そういう恋社精神をもつ能天気な人が組織の中枢に屯するようになる。そしてますます現実から遊離した施策を採るようなる。末期の日本軍など、まさにそうである。そういう輩は、原爆を落とされたことがわかっても依然として本土決戦を叫び、玉音放送があったあとも、皇居をのっとろうとした。

この就活シーズンに、そういう恋社のベテランと同調するような新入社員が入ってくるとしたら、そういう会社の将来は暗いに違いない。

藤沢里菜

| コメント(4) | トラックバック(0)

私はもともとテレビをあまり観ないが、特に年末・正月番組は嫌いである。同じようなタレントがいつも顔を揃えて、内容のない楽屋落ちのような会話をしている。

それで逃避として、囲碁将棋チャンネルをみていると、小気味よいほどに、普段と同じペースで番組が放映されていて、なんとなく安心感がある。そうはいっても多少は正月番組はあるのであって、将棋では、広瀬王位対里見香奈女流三冠、囲碁では、謝依旻女流三冠対藤沢里菜初段であった。

将棋の広瀬対里見というのも、新鮮な組み合わせで興味深いが、いままで結構男子プロを負かした里見といえども、流石に、粘っこくて終盤が強い広瀬には届きにくいだろうと思った。特に、穴熊に入られると、ラッキーパンチは入らない。果たして、里見が少し優勢になったと思ったが、広瀬に居飛車で粘られて、どうしても届かなかった。

しかし、より注目なのは、謝依旻対藤沢里菜である。なにしろ私は、藤沢里菜を新聞記事でみただけで、テレビでもお目にかかったことはなく、これが初めてで、もちろん打碁もみたことはない。

それで私の戦前の予想はというと、いくら11歳プロ初段という天才、藤沢里菜といえども、囲碁の女流で鉄壁の戦績を誇る謝依旻には届かないだろうというものであった。確かに藤沢里菜は、プロ第2戦で、神田英九段に勝ってはいるものの、日本棋院理事である神田英九段は、手抜きはしないにしても、本気で負かしにいかなかったのではないかと思っている。なぜなら、天才小学生少女がプロ九段に勝つのはとても大きなニュースになるからである。

だから、対局前のインタビューでも、司会者は、藤沢里菜が、謝依旻の胸を借りるというものであった。まあ常識的なところであろう。その藤沢里菜は、多少は緊張しているのかもしれないが、淡々としている。あまりしゃべらないのは、そういうキャラクターか。ともかく潰されないようにします、というのは本音だろう。

ところが、一方の謝依旻は、コチコチである。それはそうかもしれない、どうしても相手は格下で、判官贔屓で、みんな藤沢里菜を応援するだろうし、また、勝っても当然で、負けたら面子を失うのである。それで、インタービューにもいかにも応えにくそうで、やっと、潰されないようにします、と藤沢と同じ答えだった。

で、囲碁の内容はというと、私の棋力では大したことは分からないが、藤沢里菜が謝依旻の中央の大石を攻め、なんとか謝依旻が凌いで生きているうちに、地合いで優り、最後は素人目にも地合いが足らなくなって、謝依旻が投了、中押しだった。

藤沢里菜の手は、解説のマイケル・レドモンドが指摘するプロらしい手というよりも、私にも理解しやすい平凡な手が多く、それを才能が出ていないというべきか。それとも、そんな分かりやすい手の連続で謝依旻に勝ってしまうのは凄いのか。おそらく後者なのだろう。

謝依旻は硬くなっており、明らかに力が出ていなかったが、しかし、どう転んでも藤沢里菜が近い将来、謝依旻の強力なライバルにならないということは考えにくい。私としては、藤沢里菜に、謝依旻を超えて、井山などの男性一流プロに肉薄してほしいものである。

局後のインタビューで、藤沢里菜の話が面白かった。すなわち、まだ小学生なのだが、環境が違いすぎて、一緒に遊ぶ友達がいないのが寂しいのだそうである。それはそうだろう。で、何がいま一番したいかと聞かれて、友達と遊園地の乗り物に乗りたいと答えていたのがまた、いかにも小学生らしくてよかった。インタビューワーが謝依旻に、じゃあ、里菜ちゃんと一緒に遊園地に行きますかと聞かれて、普通なら、いゃあと言うところを、ええ、行ってもいいですけどと謝依旻が応えるあたり、どうも謝依旻は、藤沢里菜の雰囲気にすっかり呑まれていて、鉄の女みたいな勝負師、謝依旻がどうしたと言いたくなった。このままでは将来、藤沢里菜に勝てなくなってしまいそうである。

就活エリート

| コメント(9) | トラックバック(0)

もう2年ほど前であるが、「就活のバカヤロー」光文社新書を読み、就職活動が、就活と短縮形で呼ばれることを知った。当時はなにしろリーマンショックの直後で、大氷河期だったが、そんななかでも、楽々内定を取る就活エリートと、何社受けても落ちるイタい学生とがいる。「就活のバカヤロー」は、どちらかというとイタい学生にフォーカスしたもので、その生態を面白おかしく読み、一方で自分が何度も面接で落ちた経験の記憶も甦って、他人事でもなかった。

ところが、そういうイタい学生の対極にある就活エリートに関する本が出た。「就活エリートの迷走」豊田義博著、ちくま新書である。この本のメッセージは、ばっちりエントリー・シートを埋め、面接を完璧にこなし、この就職大氷河期に何社も内定をとって、鳴り物入りで入社した就活エリートに異変が起きているという。

一体どういう異変なのだろうか。それは、折角期待されて入社した就活エリートの多くで、期待した成果を挙げられず、早期に離職したり、精神に変調をきたす者が続出している、というのである。

それは具体的には、次のような「症状」であるという。

  1. まず、失敗を極端に恐れる。明らかな正解と分らないとやりたがらない。だから、仕事を前に進めようとせず、行き詰ってしまう。どうも、就活エリートたちは、失敗らしい失敗をしてこなかったのではないかと思われる。
  2. 次に、自分の能力を棚に上げて、要求ばかりする。これがやりたい、これはやりたくないということはサラリーマンをやっていて頻繁にあるが、まあやりたくなくても渋々忍耐で処理するというのが、サラリーマン・ライフの基本である。ところが、就活エリートとして入社した人は、やりたくないという要求が容れられないことに強い不満を抱く。
  3. さらに、自分が思い描いた成長ルートから外れると、モチベーションが急落する。自分の進路に対する思いいれが強すぎて、そこ以外ありえないと思ってしまう。

これは、私の将棋の知識によれば、最善手症候群というべきものである。すなわち、将棋において、ある局面から勝ちきろうとすると、常識的には、最善手を続けるのが一番よい。それでよくない理由がどこにあろうか。ところが、局面によっては、最善手をみつけにくいことがある。最善手をみつけにくい局面で最善手を続けると、ボラティリティが高まる。すなわち、最善手でない手を指してしまった瞬間に、優位が急落する。だから、勝負に辛いプロは、読み切れた場合を除き、最善手を避けて次善手を続ける。

どうやって就活エリートは、最善手を続けるのか。先ず、エントリー・シートを、マニュアルに従い完璧に仕上げる。あそらく受験エリートだった就活エリートは、そのもてるノウハウをエントリー・シートに注ぎ込む。その際、自分は何がやりたいか、自分はどういう人間か、イメージを作りこむ。

そうして目出度くエントリー・シートの関門をくぐると、面接では、独自に鍛えたコミュ力を発揮する。すなわち、何を相手が要望しているかを敏感に察知し、完成度の高い答えを返す。それは、余程手馴れた面接官さえも敬服する内容だったりする。

それでは、そうやって発揮された優れたコミュ力が、どうして入社してうまく通用しないのだろうか。理由は簡単で、面接に最適化されたコミュ力は、結局はその場凌ぎなのである。受験数学の計算力がそのまま、大学に入った後の科学技術計算に使えないのと同じである。

どうも就活エリートは、そのもてるリソース、エネルギを、就活スキルを磨くことに注ぎすぎたようである。そういうマニュアル化されたオートマトンとして自分を鍛え上げることでしか突破できないのが、一流ブランド会社の就活なのであった。就職偏差値に特化してしまった次第である。もちろん、自分でも起業できるような上位5%の学生は、余裕で就活を乗り切れる。

それでは、就活エリートになれない人はどうするか。それはこの氷河期にあって臥薪嘗胆、入れる会社に入って頑張るしかない。そのときの売りは、打たれ強さである。すなわち、上記のアンチテーゼをいく。

  1. 多少の失敗は覚悟する。失敗からしか学べないと悟る。しかし、同じ失敗を繰り替えすのは恥ずかしいので、適度に学習効果を働かせる。
  2. 自分の能力を認識して、やりたくない仕事でも、能力をつけ幅を広げるための修行とみなす。
  3. あまり自分の明確なキャリアを描かない。キャリアは、仕事しながら次第に収束するものと心得る。泉谷しげるの「春のからっ風」♪なんでもやります、贅沢はいいません、頭を下げ詫びを入れ、すがる気持ちで仕事をもらい、今度こそ真面目にやるんだ~♪の歌詞をかみしめる。
  4. また、面接なんぞでは自分の能力はわかってもらえないと達観する。

日本の主成分は、こういう非エリートである。私もそうである、ほとんど引退しかかっているが。

インフレーション宇宙論

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は正月が好きではない。単なる年の区切りにすぎないのではないかと思ってしまう。それでも、恒例により福袋を買いにデパートに出かけたが、手持ち無沙汰になって、デパート内の書店に立ち寄ってしまった。いつきても、本屋は気が安らぐ。

福袋が立ち並ぶ食料品や衣類の売り場とうって変わって、書店内は実に閑散としている。普段よりもむしろ暇なくらいである。そこで所在なく散策していると、「インフレーション宇宙論」、佐藤勝彦著、ブルーバックスを見つけた。あれっ、こんな大御所が書いたインフレーション宇宙論の入門書があったのかと奥付をみると、2010年9月刊とある。

いままで、宇宙創生理論などと書いてきたが、インフレーション宇宙論のことは実はほとんどなにも知らないことに今更気付いた。そこで、情けなさを噛みしめつつ、この本に基づき、インフレーション宇宙論について私なりに要約してコメントしてみる。

なぜそう誤解しているのか自分でも理解できないが、私は、インフレーション宇宙論は、一般相対性理論の古典的枠組みだけから構築されていると誤解していた。しかし、ちょっと考えてみれば、一般相対性理論だけからビッグバン自体も導き出すことは不可能である。人間の思い込みは、あまりにも哀しい。

とはいえ、インフレーション宇宙論は、一般相対性理論が提起する宇宙の曲率と、観測データから出発する。すなわち、宇宙の曲率が正だと、宇宙は収縮して潰れてしまう。一方、宇宙の曲率が負だと、宇宙は急速に膨張してしまう。宇宙の曲率がゼロだと、宇宙は緩やかに膨張する。

現在の観測結果によれば、宇宙は膨張しているので、宇宙の曲率は負またはゼロであるが、もし曲率が負だと、宇宙の中身は薄すぎて銀河のような構造が生じない。

そこで、宇宙の曲率がゼロであると仮定すればうまくいが、どうしてこのように最適に曲率が選ばれるのか、という疑問が湧く。

著者は、場の量子論の標準理論が規定する4つの力、すなわち、重力、強い力、弱い力、電磁力が実は、極めて高エネルギーの状態では1つの力に縮退しており、それらの力が分離するとき、相転移の潜熱の開放という形で膨大なエネルギーが放出されると考えた。そうして、一般相対性理論の方程式の右辺の、アインシュタインが与えた宇宙項として、そのような潜熱を代入して解くことにより、指数関数的な空間の膨張が説明されることに想到した。これをインフレーション宇宙論と名づけたのは、佐藤勝彦氏とほぼ同じ時期に同様の理論を考えたアラン・グースである。

インフレーション宇宙論によると、ビッグバンの10-44秒後に重力が分岐した。次にビッグバンの10-36秒後に強い力が分岐した。そして、ビッグバンの10-11秒後に電磁力と弱い力が分岐した。

さらにインフレーション宇宙論によると、10-36秒後に強い力が分岐するとき、モノポールが多数発生するはずなのだが、モノポールは、空間の急速な膨張によって遠くに押しやられるので、観測にかからないと言いなすことができる。

このような急速な膨張は、ビッグバンの10-35秒から10-34秒の間に特に急速に進んだ。この急速な膨張は真空の相転移を起こし、それがさらにエネルギーを生み出した。

この際、ビッグバンの膨張する速度は光速を超え、また、真空の相転移という形で空間が広がるにつれてエネルギーが生み出されていくので、ビッグバン直後では、エネルギー保存の法則が成立しない。すなわちそこは、物理法則の番外地なのである。そこはどうしても、佐藤勝彦氏は明言しないで言葉を濁す。

インフレーション宇宙論の優れているところは、量子ゆらぎ効果を考慮することによって、銀河団などの宇宙構造の非斉一性を説明できることである。

それではビッグバンはどうやって始まったか。それは、ホーキングなどが提唱する虚時間理論で説明される。すなわち、ビッグバン以前に虚時間で記述される時期があり、そこではそのままではエネルギ・バリアに阻まれて安定状態にあるが、トンネル効果によってある確率で、そのエネルギ・バリアを通過するので、そこからビッグバンが始まる。これは無から有を生じることなのであり、ここでもまた、物理法則の番外地性が痛いほど感じられる。

さて、宇宙論の最大の難問の一つにダークエネルギーがある。それは、佐藤勝彦氏によると、インフレーションを起した真空のエネルギーではないかというのだが、今のところの通説は、超対称性理論におけるニュートラリーノではないかというものである。ただ現時点で、ダークマターやダークエネルギーが何であるのか誰も分かっていないというところだろう。

こうして宇宙論は、幸便にも、謎の温床であり続けている。むしろ、インフレーション宇宙論のひそみにならって、解明されればされるほど、新たな謎を指数関数的に生み出すといえる。

仮性フリーライダー

| コメント(2) | トラックバック(0)

今まで、フリーライダーについては、タダ乗り問題や、フリーライダーの類型など意識して記事を拾ってきたが、ダイヤモンド・オンラインに、フリーライダーの続報記事があったので、私なりにまとめて、コメントする。

今回の記事では、フリーライダーが、別の切り口から類別される。

  • 「真性フリーライダー」:どんな環境でも隙があればタダ乗りしたがる。タダ乗りしていることを認めようとしない、あるいは正当化する。
  • 「仮性フリーライダー」:タダ乗りできる環境が与えられているためにタダ乗りする人々。あるいは「単純にここではタダ乗りしてもいいんだよね」という考えに染まっている人々。
  • 「防御型フリーライダー」:タダ乗りする気はないのに、前述した2種類のフリーライダーに搾取されるのがバカバカしくなって、自分もタダ乗りしてしまう人々。

この記事の筆者によると、日本人には「仮性フリーライダー」が圧倒的に多いのだという。確かに、根性が入った真性フリーライダーというのは、そんなに多くないかもしれない。

なお、かなり我田引水なので割り引いて読んでほしいが、私は、どんな環境にあっても、フリーライディングを最小限に留めようとするタイプである。ところがそれは比較的マイナーであって、少し環境が変わると、仮性フリーライダーに鞍替えしてしまう人が少なくない。どういう環境の変化かというと、職場の評価システムが、表面的な実績件数に基づくようになる、などである。すなわち、非フリーライディングであれ、フリーライディングであれ、出てきた数字が評価の基準になれば、よほど物好きな人でなければ、雪崩を打って仮性フリーライダーになってしまう。すると、いたたまれなくなって防御型フリーライダーに転進する人もでてくる。いかに職場の雰囲気というか、部門の方針が大きいか、ということである。

なお、どうしうもなさで、真性フリーライダーは、仮性フリーライダーをはるかに上回るが、聞くところによると、そこのマネジメントが、真性フリーライダーを匿っているところもあるらしくて、するとおそらく、マネジメント自身が真性フリーライダーの疑いがあることになる。

ともかく、記事はこう続く。

企業にとって、このような真性フリーライダーへの対策は重要ではあるが、それよりもマジョリティである仮性フリーライダーをいかに防ぐかを考える方が、ずっと効率的であると私たちは考える。

それはなぜか? 仮性フリーライダーの多くは、職場の人間関係やそれを助長する制度によって作られるからだ。

仮性フリーライダーをつくりだす仕組みに、「ピグマリオン効果」があるという。ピグマリオン効果とは、教師や管理職の期待に、生徒や部下が応えることである。

ここで期待に応えるというと、前向きな期待のようであるが、後ろ向きなものもある。次のような例である。

たとえば、上司が「女性ってのは結局タダ乗り社員なんだよな。最後には結婚して辞めちゃうんだから、仕事教えるだけ無駄だよ」という考えの持ち主だったとしよう。言うまでもなく、この上司は女性に対する偏見とステレオタイプを持っている。

こういうネガティブな期待をかけられると、女性は、ピグマリオン効果で、努力しなくなり、腰かけ型女性フリーライダーになってしまう。

私が管理職だったとき、一番嫌いだったのは、事務方を差別されることであった。それは、私が事務方の管理職だったからでもあるが、単なる職位の違いなのに、身分の上下のように差別する雰囲気があって、すると、私の部下のほとんどが、努力しても仕方ないのだという意識に染まってしまうのであった。それを変えようとする私の努力は、焼け石に水であった。そういう気風も、どうしても、負のピグマリオン効果をもたらしてしまう。

では、どうするのか。

そのためには、まず上司と部下、同僚同士などがどのようにコミュニケーションをとっているかを、きちんと把握することだ。このことは、簡単そうですごく難しい。なぜなら、管理職や経営者に対してこそ、皆本音を言いにくいし、ネガティブな部分を隠そうとするからだ。

したがって、偏見や思い込みに基づかない、フラットな関係が一番重要となるのは、まず管理職と経営者だ。自分たちの社員や部下とフラットな関係を築いたうえで、彼ら同士の関係に誤解や間違いに基づいたものがないかをチェックする。

優秀な管理職は、自然とそのようなことができているものである。そして同様のことを部下も実践することによって、それが企業風土となり制度となる。

話が急に抽象的になってしまった。具体的にフリーライダーに対処するというか、フリーライディングの生じない職場をつくるのは、とても難しい。

ローレンツのアトラクタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう20年くらい前、カオスだのフラクタルだのに凝っていたことがあって、当時のDOSパソコンのグラフィック描画機能を使って、軌跡を描いて遊んでいたものだった。

その中で、比較的手頃なものに、ローレンツのアトラクタがあり、それは次のような連立微分方程式であわらされる。

これを、C++ビルダで記述してみた。数値計算は、ルンゲ・クッタ法による。ソースコードの主要部分は、以下のとおりである。Canvas->LineTo(x*15.0+500.0,-z*10.0+500.0);などとあるのが、プログラム依存な描画コマンドである。

なお、上式で、p = 10.0, r = 28.0, b = 8.0/3.0などと置いた。この具体的な係数値は、私独自で見つけたはずはないので、なにかのものの本で見たのだろうが、どこで見たか忘れた。

#include <vcl.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop
#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
#define H 0.0001
double fnx(double x,double y);
double fny(double x,double y,double z);
double fnz(double x,double y,double z);
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
    : TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 
 Canvas->Pen->Color = clRed;
 double x = 2.0,y = 2.0,z = 13.0;
 double a1,a2,a3,a4;
 double b1,b2,b3,b4;
 double c1,c2,c3,c4;
 int First = 1;
 int N = 0;

 while (N++ < 1000000 )  {
  a1 = fnx(x,y); 
  b1 = fny(x,y,z);
  c1 = fnz(x,y,z);
  a2 = fnx(x+H*a1/2.0,y+H*b1/2.0);
  b2 = fny(x+H*a1/2.0,y+H*b1/2.0,z+H*c1/2.0);
  c2 = fnz(x+H*a1/2.0,y+H*b1/2.0,z+H*c1/2.0);
  a3 = fnx(x+H*a2/2.0,y+H*b2/2.0);
  b3 = fny(x+H*a2/2.0,y+H*b2/2.0,z+H*c2/2.0);
  c3 = fnz(x+H*a2/2.0,y+H*b2/2.0,z+H*c2/2.0);
  a4 = fnx(x+H*a3,y+H*b3);
  b4 = fny(x+H*a3,y+H*b3,z+H*c3);
  c4 = fnz(x+H*a3,y+H*b3,z+H*c3);
  x += H*(a1+2.0*a2+2.0*a3+a4)/6.0;
  y += H*(b1+2.0*b2+2.0*b3+b4)/6.0;
  z += H*(c1+2.0*c2+2.0*c3+c4)/6.0;

  if ( First == 1 )   {
   Canvas->MoveTo(x*15.0+500.0,-z*10.0+500.0);
   First = 0;
  }
  Canvas->LineTo(x*15.0+500.0,-z*10.0+500.0);
 }
  return;
}

double fnx(double x,double y)
{
 return -10.0*x+10.0*y;
}

double fny(double x,double y,double z)
{
 return 28.0*x-y-x*z;
}

double fnz(double x,double y,double z)
{
 return -8.0*z/3.0+x*y;
}

これの実行結果は、以下のとおりである。

よい特許

| コメント(0) | トラックバック(0)

職業柄、よい特許とはどんな特許だという問いは頻繁に発し、自答しようともする。しかし、どうも雲を掴むようで難しい。今まで特許の価値特許の価値(続き)と考察してみたが、どうもまだ痒いところに手が届いていないような気がする。

それで、果たして痒いところに手が届くかどうか分らないが、よい特許について、ふと思いついたことをメモしてみる。

まず、極めて当たり前のことから始めると、特許法第1条は、「この法律は、発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする。」となっている。ということは、特許される発明は、産業の発達に寄与するものなのだから、産業上の適用範囲を見出さなくてはならない。例えば、場の量子論を新規に考え出したとしても、それだけでは産業の発達を促すことにはならない。場の量子論が巡り巡って原子炉の設計に適用できるとしても、その因果の連鎖は長すぎる。また、特許法第2条の「この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。」をもって、場の量子論が「発明」とはおそらく言えないだろう。

よって、産業の発達に寄与するものであり、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものであることを満たすと、よい特許であるための第1関門を通過することになる。このハードルはあまり高くない。

第1関門を通過すると、特許法第29条の新規性・進歩性の要件である第2関門に行き当たる。第2関門のハードルは結構高く、これはなんとかなるだろうと自信をもって審査に臨んでも、だいたい半分は落とされる。なにしろ、今までに出された特許の件数は膨大で、1千万件を下らない。原理的にそのすべてが先行技術の対象である。それだけでなく、検索可能な雑誌、論文、その他の文献も対象になる。

そうしてなんとか第2関門を通過すると、もし特許に自意識があるなら、特許はここにきてようやく、自分はいい特許なのだろうか、と自問することができる。いままでは私のオリジナリティはゼロであったが、次第に微妙に私の意見を忍び込ませる。

そこで、私の観察によると、典型的なよい特許は、これで尽きているという自信はないが、次の2つに類別される。

  1. ぶっちぎり特許
  2. すれすれ特許

ぶっちぎり特許というのは、特許庁の審査でも、ほとんど従来技術が上がってこない。そういう意味で先進的な発明なのであるが、発明の先進性だけではよい特許にはなり得ない。真にぶっちぎり特許と呼ばれるためには、産業的な未開の荒野を切り開くという意味で、産業の発達に寄与するものでなくてはならない。例えば、GMRの特許、青色発光ダイオードの特許、公開鍵暗号の特許などが直ぐに思いつく。例えば、GMRは、今まで不可能であった高密度の磁気記録を可能とした。青色発光ダイオードは、今まで不可能であった高密度での光記録媒体への記録を可能とした。公開鍵暗号方式は、1つの鍵を公開しても、安全性を保つという点で画期的であった。ここまで書けば、ぶっちぎり特許の説明としては十分であろう。

それでは、すれすれ特許とはどういうものか。すれすれ特許は、特許庁の審査で、いろいろな引用文献を引かれる。いかにもありそうな発明なのである。そういう多くの引用文献があっても、担当する弁理士・特許実務者の手腕により、なんとか特許査定に持ち込めたものである。しかし、それだけでは、すれすれ特許とは呼ばれない。真にすれすれ特許と呼ばれるためには、世間の人が、業務で製品を作ったり、使ったりするときに、どうしても使わざるをえない技術を権利範囲としている。例を挙げると、幹線道路に検問を張っているようなものである。いやでもその道路を人は通るので、ライセンス料と称して、通行料を払わざるを得ない。そのように幹線道路に検問を張ろうとすると、邪魔なので、みんななんとか検問を退かそうする。具体的には、猛烈な従来技術サーチをして、無効審判をかけられるかもしれない。が、真のすれすれ特許はタフである、スタボーンである。上記に、今までに出された特許の件数は膨大で、1千万件を下らないと述べたが、それだけの件数があっても、文献の存在は一様ではない。どうしてもムラがあって、なぜか疎らになっている局所領域が存在する。すると、そういう局所領域に技術範囲がある特許は、いかにもありそうでも、なかなか潰されないことになる。いかな辣腕の弁理士でも、本当に近い文献が引かれたらどうしようもない。だから、担当弁理士の優れたスキルは当然にあったにせよ、結局は何ほどかの幸運により、すれすれ特許は、すれすれ性をキープするのである。

それでは、特許出願の方針として、最初から、すれすれを狙うべきであろうか、というと、ここは意見が分かれるだろう。すれすれを狙うと、特許率が低いし、特許になってからも、無効の心配もしなくてはならない。しかし、沢山すれすれを出すと中には、真のすれすれもあって、それが莫大な特許料を稼ぐなら、方針としてはありえる。ただ、歩留まりが悪く、係争費用もかかるかもしれないので、その覚悟は必要である。

あと、次のことにも留意する必要がある。今から20年くらい前までは、PCの技術、ソフトウェア特許などの揺籃期で、信じられないような素朴な権利範囲の特許がとれて、文字通りすれすれ特許として、ライセンスで稼いだりしたようである。ところが当然ながら、技術の蓄積が飛躍的に増大すると、ますます、すれすれ特許は取りにくくなっている。そこはリアリティとして認識しなくてはならない。この現実をみないで、すれすれがいいのだという意見は、ナイーブすぎる。

さらに、オープン・イノベーションだの、ソフトIPだのがトレンドの時代では、少なくとも情報処理の分野では、無骨な権利行使もしにくい。

では、ぶっちぎり特許を狙うべきかというと、建前上そうなんだけど、基本的にまぐれでぶっちぎり特許は取れない。本当に優れた技術的知識と問題意識を必要とする。

おっと、標準特許を忘れていた。技術標準に関与するような特許をとることができれば、RANDで広く浅くであれ、ライセンス料を得ることができる。標準特許は、あまり広い権利でなくてよい。ただ、標準技術を確実にカバーしていればよい。標準特許を保持するということは、技術政策の一環でもあるので、純粋のライセンス活動とは少し異なる。

こうして、私の推奨する特許出願方針は、次のとおりである。

  1. 先進的な技術分野に携わる発明者がいれば、ぶっちぎり特許を狙う。ぶっちぎり特許が取れたら、それを梃子に、未開の分野を開拓する。これが王道であり、特許法第1条の趣旨に一番適う行き方であろう。
  2. 資金や人材などのリソースが豊富であれば、すれすれ特許も狙う。すれすれ特許が取れたら、自らの先行技術調査ですれすれ性を吟味でする。それでOKならいよいよ、ライセンスを稼ぐ旅に出る。
  3. 別途、可能なら標準特許を取得することも視座に入れる。
  4. 特許ポートフォリオという幕の内弁当は、ぶっちぎり特許と、すれすれ特許と、標準特許だけでは埋まらない。寧ろ、これらは例外的な配役であって、他には、次のような役者も必要である。こちらの方がマジョリティである。
    • 防衛特許。単に自社製品やサービスをカバーすればよい。他社がそこに権利を取れなければいいので、さいあく、特許が成立しなくてもいい。
    • 員数特許。特許のポートフォリオの見かけとしては、登録特許の数も意味がある。この場合、権利の広さはあまり本質的でない。狭い特許請求の範囲でよいと開き直るものでよい。

ぶっちぎり特許、すれすれ特許、標準特許、防衛特許、員数特許で、ポートフォリオの種類は尽きているのだろうか。これは私が恣意的に与えたものなので、もちろんそうではないが、その各々を、1つの特許が備える属性とみなすと、これは1つの定義であろう。公理系のようなものとみなすこともできる。とはいえ、ぶっちぎり特許と、すれすれ特許の属性は互いに排他的である。

ところが、インテルやアップルのように、大した特許をもたなくて、膨大な利益を上げる会社がある。これは一体どういうことか。ぶっちぎりの部分が、特許でない部分、すなわち、デファクトな標準であるとか、秀逸なデザインであるとかでビジネスを支えている。すると改めて、特許はいろいろな道具の1つにすぎないことを感じざるをえない。特許のための特許であると、あまり意味がないのである。

毎日新聞Webによると、がん細胞を修復するたんぱく質が発見されたという。以下、引用:

がんの放射線療法などでDNAの2本鎖を人為的に切って生じさせた「二重鎖切断」を修復してしまうため、治療の妨げとなっていたたんぱく質の働きを、東北大加齢医学研究所の安井明教授(分子生物学)らの研究グループが突き止めた。修復メカニズムが解明されたことで、効果的な治療法の確立が期待される。

二重鎖切断が生じたがん細胞は死滅する傾向があるため治療に利用されてきたが、「KUたんぱく質」と呼ばれる特定のたんぱく質が修復してしまうことが課題だった。

研究グループがDNAの切断部に集まるたんぱく質を解析した結果、新たに「ACF1」「SNF2H」など4種類のたんぱく質を発見。「KUたんぱく質」は、4種類のたんぱく質のうちどれか1種類と結合しなければ働かなくなる--というメカニズムも解明した。

今後は、がん細胞に「ACF1」や「SNF2H」が存在するかどうかを調べれば、抗がん剤や放射線療法によって二重鎖切断を作り出す治療が効きやすいかどうかを、事前に特定できるようになるという。【垂水友里香】

この記事を読んで思いつくのは、私のブログの生物はなぜ放射線に弱いのかという記事である。そこには、「放射線による別の障害のパターンは、DNAの螺旋の2本ともが放射線により損傷を受けることである。」とある。

そこで、上記の記事から、次のような仮説を思いついた。

  • 生物の細胞のDNAが、放射線により二重鎖切断を受け、そのまま修復されないと、細胞は、分裂できないので、そのまま死滅する。
  • ところが、細胞には、上述した「KUたんぱく質」が存在し、二重鎖切断を修復する機能がある。
  • KUたんぱく質の働きにより、二重鎖切断を修復された細胞は、分裂機能を回復する。
  • ところが、二重鎖切断を修復されても、DNAは元通りになるとは限らず、その狂いによって、細胞はがん化する。

これはいくらなんでもナイーブすぎる考察であって、そこで、「人はなぜ放射線に弱いのか」の第3版を眺めてみると、そのⅥ章に、

われわれの身体は少しの放射線にはびくともしない。その理由は、放射線による傷を見事に-それは神の手になるとしかいいようのない絶妙さで-なおしてくれる修復タンパク質を細胞がもっているからである。
とある。もともと細胞は、放射線以前に、太陽紫外線と酸素という毒に対してどう自らを保護し修復するかを課題としてきたのであって、すると、細胞は、自己修復のプロなのである。だから、もともとは正常な細胞であったがん細胞に、二重鎖切断を修復する機能があったとしても、それは至極当然ということになる。

さていまのところ、がん細胞に「ACF1」や「SNF2H」が存在するかどうかで、放射線治療の効果を予測するという予定のようだが、KUたんぱく質の機能を阻害することで、がん細胞の被放射能修復性を抑えるような低分子医薬は可能なのだろうか。可能だとしても、正常な細胞の修復機能そのものを阻害する副作用はないのだろうかとか、専門家がみたら噴飯ものの空想は続くのであった。

モチベーション3・0

| コメント(0) | トラックバック(0)

情報考学を眺めていたら、モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか、ダニエル・ピンク (著), 大前 研一 (翻訳)とという本が紹介されていた。そこで、怠慢ながら、この本を実際に読むことなく、アマゾンの紹介文だけみて、コメントしてみる。

〈モチベーション3・0〉とは何か?
コンピューター同様、社会にも人を動かすための基本ソフト(OS)がある。
〈モチベーション1・0〉...生存(サバイバル)を目的としていた人類最初のOS 。
〈モチベーション2・0〉...アメとムチ=信賞必罰に基づく与えられた動機づけによるOS。ルーチンワーク中心の時代には有効だったが、21世紀を迎えて機能不全に陥る。
〈モチベーション3・0〉...自分の内面から湧き出る「やる気!=ドライブ!」に基づくOS。活気ある社会や組織をつくるための新しい「やる気!」の基本形。

ちょっと待ってよ、これって、経営学の常識ではないか。例えば、高橋伸夫氏の成果主義批判の著書にあるようなことである。すなわち、収入と地位で社員を煽って働かせようとする成果主義は、モチベーション2・0に対応し、仕事のやりがいで社員をモチベートして働かせようとする日本的経営(正式にはなんと呼ぶのだろう)は、モチベーション3・0に対応する、という次第である。

本書のテーマは、モチベーションである。モチベーションについて信じられていることの大半が、とてもではないが真実とは言えない。ハーロウとデシが数十年前に明らかにした知見のほうがずっと真実に近い。これを本書で示したい。厄介なのは、動機づけについて、多くの企業が新しい知識に追いついていないという点だ。今なお、きわめて多くの組織――企業だけではなく、政府機関や非営利組織も同様に――が、人間の可能性や個人の成果について、時代遅れで検証されていない、科学というよりほとんど俗信に根ざした仮定に基づき運営されている。目先の報奨プランや成果主義に基づく給与体系は機能せず、有害な場合さえ多いという証拠が増えているにもかかわらず、こうした慣行を続けている。さらに悪いことには、このような慣行が学校にも行き渡っているのだ。勉強を「奨励する」ために、将来の働き手である子どもたちを、iPodや現金、ピザのクーポン券で釣っている。何かがおかしい。

そう、その主張も、 高橋伸夫氏のそれと驚くほど一致する。すなわち、俸給で釣る成果主義はうまくいかないただ現実問題、モチベーション3・0に基づき、組織をオーガナイズすることは、結構複雑で工夫を要する。だからつい、モチベーション2・0に依存してしまうことになる。例えば、私の仕事の関係だと、研究者・開発担当者に発明を出してもらいたいということがある。それの一番安易に方法は、提出された発明を、低い基準で通して特許出願し、それに対して十分な報奨金を払うことである。それに対する意見は二通りあって、一つは、報奨金に目がくらんで出るような発明にはろくなものがない、それは単に特許出願の件数を増やすだけである、というものと、もう一つは、いやいや、ある程度の件数の特許出願をしないと、よい発明というのはそこに含まれないというものであり、どちらも正しいような気がするので、困る。

モチベーション3・0に基づき発明をプロモートするにはどうするか。それは、要するに発明者が、必ずしも金銭的報酬や地位の恩恵によらず、よい発明を出すような環境をつくることであり、すると、発明者が、自分が有意義且つ充実感をもって研究できるテーマにじっくり取組むようにすることである。そのためには、発明者が所属する組織自体が、発明の価値を重視し、次々に魅力的な研究テーマを提供できるようにするしかない。ところが、今の世知辛い世の中でそんな悠長なことは言っていられなくて、発明のプロモーションにはどうしても、モチベーション2・0が利用される。こうして、いささかの報酬費用とともに、凡庸な一連の特許出願が生み出される。ところが企業経営が逼迫してくると、発明なんて悠長なことも言っていられなくなる。そこで忽然と姿を現すのは、モチベーション1・0、すなわち、生きるか死ぬかの局面に対応する状態になるのである。

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。