モチベーション3・0

| コメント(0) | トラックバック(0)

情報考学を眺めていたら、モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか、ダニエル・ピンク (著), 大前 研一 (翻訳)とという本が紹介されていた。そこで、怠慢ながら、この本を実際に読むことなく、アマゾンの紹介文だけみて、コメントしてみる。

〈モチベーション3・0〉とは何か?
コンピューター同様、社会にも人を動かすための基本ソフト(OS)がある。
〈モチベーション1・0〉...生存(サバイバル)を目的としていた人類最初のOS 。
〈モチベーション2・0〉...アメとムチ=信賞必罰に基づく与えられた動機づけによるOS。ルーチンワーク中心の時代には有効だったが、21世紀を迎えて機能不全に陥る。
〈モチベーション3・0〉...自分の内面から湧き出る「やる気!=ドライブ!」に基づくOS。活気ある社会や組織をつくるための新しい「やる気!」の基本形。

ちょっと待ってよ、これって、経営学の常識ではないか。例えば、高橋伸夫氏の成果主義批判の著書にあるようなことである。すなわち、収入と地位で社員を煽って働かせようとする成果主義は、モチベーション2・0に対応し、仕事のやりがいで社員をモチベートして働かせようとする日本的経営(正式にはなんと呼ぶのだろう)は、モチベーション3・0に対応する、という次第である。

本書のテーマは、モチベーションである。モチベーションについて信じられていることの大半が、とてもではないが真実とは言えない。ハーロウとデシが数十年前に明らかにした知見のほうがずっと真実に近い。これを本書で示したい。厄介なのは、動機づけについて、多くの企業が新しい知識に追いついていないという点だ。今なお、きわめて多くの組織――企業だけではなく、政府機関や非営利組織も同様に――が、人間の可能性や個人の成果について、時代遅れで検証されていない、科学というよりほとんど俗信に根ざした仮定に基づき運営されている。目先の報奨プランや成果主義に基づく給与体系は機能せず、有害な場合さえ多いという証拠が増えているにもかかわらず、こうした慣行を続けている。さらに悪いことには、このような慣行が学校にも行き渡っているのだ。勉強を「奨励する」ために、将来の働き手である子どもたちを、iPodや現金、ピザのクーポン券で釣っている。何かがおかしい。

そう、その主張も、 高橋伸夫氏のそれと驚くほど一致する。すなわち、俸給で釣る成果主義はうまくいかないただ現実問題、モチベーション3・0に基づき、組織をオーガナイズすることは、結構複雑で工夫を要する。だからつい、モチベーション2・0に依存してしまうことになる。例えば、私の仕事の関係だと、研究者・開発担当者に発明を出してもらいたいということがある。それの一番安易に方法は、提出された発明を、低い基準で通して特許出願し、それに対して十分な報奨金を払うことである。それに対する意見は二通りあって、一つは、報奨金に目がくらんで出るような発明にはろくなものがない、それは単に特許出願の件数を増やすだけである、というものと、もう一つは、いやいや、ある程度の件数の特許出願をしないと、よい発明というのはそこに含まれないというものであり、どちらも正しいような気がするので、困る。

モチベーション3・0に基づき発明をプロモートするにはどうするか。それは、要するに発明者が、必ずしも金銭的報酬や地位の恩恵によらず、よい発明を出すような環境をつくることであり、すると、発明者が、自分が有意義且つ充実感をもって研究できるテーマにじっくり取組むようにすることである。そのためには、発明者が所属する組織自体が、発明の価値を重視し、次々に魅力的な研究テーマを提供できるようにするしかない。ところが、今の世知辛い世の中でそんな悠長なことは言っていられなくて、発明のプロモーションにはどうしても、モチベーション2・0が利用される。こうして、いささかの報酬費用とともに、凡庸な一連の特許出願が生み出される。ところが企業経営が逼迫してくると、発明なんて悠長なことも言っていられなくなる。そこで忽然と姿を現すのは、モチベーション1・0、すなわち、生きるか死ぬかの局面に対応する状態になるのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2086

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月 1日 00:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EBM」です。

次のブログ記事は「がん細胞を修復するたんぱく質」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。