仮性フリーライダー

| コメント(2) | トラックバック(0)

今まで、フリーライダーについては、タダ乗り問題や、フリーライダーの類型など意識して記事を拾ってきたが、ダイヤモンド・オンラインに、フリーライダーの続報記事があったので、私なりにまとめて、コメントする。

今回の記事では、フリーライダーが、別の切り口から類別される。

  • 「真性フリーライダー」:どんな環境でも隙があればタダ乗りしたがる。タダ乗りしていることを認めようとしない、あるいは正当化する。
  • 「仮性フリーライダー」:タダ乗りできる環境が与えられているためにタダ乗りする人々。あるいは「単純にここではタダ乗りしてもいいんだよね」という考えに染まっている人々。
  • 「防御型フリーライダー」:タダ乗りする気はないのに、前述した2種類のフリーライダーに搾取されるのがバカバカしくなって、自分もタダ乗りしてしまう人々。

この記事の筆者によると、日本人には「仮性フリーライダー」が圧倒的に多いのだという。確かに、根性が入った真性フリーライダーというのは、そんなに多くないかもしれない。

なお、かなり我田引水なので割り引いて読んでほしいが、私は、どんな環境にあっても、フリーライディングを最小限に留めようとするタイプである。ところがそれは比較的マイナーであって、少し環境が変わると、仮性フリーライダーに鞍替えしてしまう人が少なくない。どういう環境の変化かというと、職場の評価システムが、表面的な実績件数に基づくようになる、などである。すなわち、非フリーライディングであれ、フリーライディングであれ、出てきた数字が評価の基準になれば、よほど物好きな人でなければ、雪崩を打って仮性フリーライダーになってしまう。すると、いたたまれなくなって防御型フリーライダーに転進する人もでてくる。いかに職場の雰囲気というか、部門の方針が大きいか、ということである。

なお、どうしうもなさで、真性フリーライダーは、仮性フリーライダーをはるかに上回るが、聞くところによると、そこのマネジメントが、真性フリーライダーを匿っているところもあるらしくて、するとおそらく、マネジメント自身が真性フリーライダーの疑いがあることになる。

ともかく、記事はこう続く。

企業にとって、このような真性フリーライダーへの対策は重要ではあるが、それよりもマジョリティである仮性フリーライダーをいかに防ぐかを考える方が、ずっと効率的であると私たちは考える。

それはなぜか? 仮性フリーライダーの多くは、職場の人間関係やそれを助長する制度によって作られるからだ。

仮性フリーライダーをつくりだす仕組みに、「ピグマリオン効果」があるという。ピグマリオン効果とは、教師や管理職の期待に、生徒や部下が応えることである。

ここで期待に応えるというと、前向きな期待のようであるが、後ろ向きなものもある。次のような例である。

たとえば、上司が「女性ってのは結局タダ乗り社員なんだよな。最後には結婚して辞めちゃうんだから、仕事教えるだけ無駄だよ」という考えの持ち主だったとしよう。言うまでもなく、この上司は女性に対する偏見とステレオタイプを持っている。

こういうネガティブな期待をかけられると、女性は、ピグマリオン効果で、努力しなくなり、腰かけ型女性フリーライダーになってしまう。

私が管理職だったとき、一番嫌いだったのは、事務方を差別されることであった。それは、私が事務方の管理職だったからでもあるが、単なる職位の違いなのに、身分の上下のように差別する雰囲気があって、すると、私の部下のほとんどが、努力しても仕方ないのだという意識に染まってしまうのであった。それを変えようとする私の努力は、焼け石に水であった。そういう気風も、どうしても、負のピグマリオン効果をもたらしてしまう。

では、どうするのか。

そのためには、まず上司と部下、同僚同士などがどのようにコミュニケーションをとっているかを、きちんと把握することだ。このことは、簡単そうですごく難しい。なぜなら、管理職や経営者に対してこそ、皆本音を言いにくいし、ネガティブな部分を隠そうとするからだ。

したがって、偏見や思い込みに基づかない、フラットな関係が一番重要となるのは、まず管理職と経営者だ。自分たちの社員や部下とフラットな関係を築いたうえで、彼ら同士の関係に誤解や間違いに基づいたものがないかをチェックする。

優秀な管理職は、自然とそのようなことができているものである。そして同様のことを部下も実践することによって、それが企業風土となり制度となる。

話が急に抽象的になってしまった。具体的にフリーライダーに対処するというか、フリーライディングの生じない職場をつくるのは、とても難しい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2090

コメント(2)

>女性ってのは
 いわゆる一般職系の女性はしたたかですよ。
 そういう年頃で結婚している女性の殆ど全てが入所1年以内に妊娠し、産休と育休をとってます。
 なかには、入って4~5か月で第1子ができ、その後産休・育休に入り、育休が終わったと思ったら半年で第2子のための産休・育休にはいり、結局、3年少しの間で実働は1年未満でした。他の方もここまで酷くなかったけど同じようなものです。それから、いつだか、独身の女を採用したら、最初の日に朝来てシャチハタ印を注文し、入った当日の昼頃、もっと条件がよいところが決まったと言って辞めたのがおりました(心の底からこの女の幸薄いことを願います)。
零細企業でこれをやられると本当にきついです。こういうことは大企業でやって欲しいモノです。
 この景気だし、余りにも女性達がやることがあざといので、「女性にもはたらきやすい職場を目指します」というスローガンを下ろそうと思っています。

> 零細企業でこれをやられると本当にきついです。こういうことは大企業でやって欲しいモノです。

私の管理職時代の経験では、派遣社員の女性で、入って1週間以内に辞めた人が二人いましたが、その理由ががっかりで、彼氏を探しに来たのだが、職場にろくなのがいない、というものでした。たしかに、おっしゃるとおり、こういうことをされると女性不信になりそうです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月 4日 00:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ローレンツのアトラクタ」です。

次のブログ記事は「インフレーション宇宙論」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。