就活エリート

| コメント(9) | トラックバック(0)

もう2年ほど前であるが、「就活のバカヤロー」光文社新書を読み、就職活動が、就活と短縮形で呼ばれることを知った。当時はなにしろリーマンショックの直後で、大氷河期だったが、そんななかでも、楽々内定を取る就活エリートと、何社受けても落ちるイタい学生とがいる。「就活のバカヤロー」は、どちらかというとイタい学生にフォーカスしたもので、その生態を面白おかしく読み、一方で自分が何度も面接で落ちた経験の記憶も甦って、他人事でもなかった。

ところが、そういうイタい学生の対極にある就活エリートに関する本が出た。「就活エリートの迷走」豊田義博著、ちくま新書である。この本のメッセージは、ばっちりエントリー・シートを埋め、面接を完璧にこなし、この就職大氷河期に何社も内定をとって、鳴り物入りで入社した就活エリートに異変が起きているという。

一体どういう異変なのだろうか。それは、折角期待されて入社した就活エリートの多くで、期待した成果を挙げられず、早期に離職したり、精神に変調をきたす者が続出している、というのである。

それは具体的には、次のような「症状」であるという。

  1. まず、失敗を極端に恐れる。明らかな正解と分らないとやりたがらない。だから、仕事を前に進めようとせず、行き詰ってしまう。どうも、就活エリートたちは、失敗らしい失敗をしてこなかったのではないかと思われる。
  2. 次に、自分の能力を棚に上げて、要求ばかりする。これがやりたい、これはやりたくないということはサラリーマンをやっていて頻繁にあるが、まあやりたくなくても渋々忍耐で処理するというのが、サラリーマン・ライフの基本である。ところが、就活エリートとして入社した人は、やりたくないという要求が容れられないことに強い不満を抱く。
  3. さらに、自分が思い描いた成長ルートから外れると、モチベーションが急落する。自分の進路に対する思いいれが強すぎて、そこ以外ありえないと思ってしまう。

これは、私の将棋の知識によれば、最善手症候群というべきものである。すなわち、将棋において、ある局面から勝ちきろうとすると、常識的には、最善手を続けるのが一番よい。それでよくない理由がどこにあろうか。ところが、局面によっては、最善手をみつけにくいことがある。最善手をみつけにくい局面で最善手を続けると、ボラティリティが高まる。すなわち、最善手でない手を指してしまった瞬間に、優位が急落する。だから、勝負に辛いプロは、読み切れた場合を除き、最善手を避けて次善手を続ける。

どうやって就活エリートは、最善手を続けるのか。先ず、エントリー・シートを、マニュアルに従い完璧に仕上げる。あそらく受験エリートだった就活エリートは、そのもてるノウハウをエントリー・シートに注ぎ込む。その際、自分は何がやりたいか、自分はどういう人間か、イメージを作りこむ。

そうして目出度くエントリー・シートの関門をくぐると、面接では、独自に鍛えたコミュ力を発揮する。すなわち、何を相手が要望しているかを敏感に察知し、完成度の高い答えを返す。それは、余程手馴れた面接官さえも敬服する内容だったりする。

それでは、そうやって発揮された優れたコミュ力が、どうして入社してうまく通用しないのだろうか。理由は簡単で、面接に最適化されたコミュ力は、結局はその場凌ぎなのである。受験数学の計算力がそのまま、大学に入った後の科学技術計算に使えないのと同じである。

どうも就活エリートは、そのもてるリソース、エネルギを、就活スキルを磨くことに注ぎすぎたようである。そういうマニュアル化されたオートマトンとして自分を鍛え上げることでしか突破できないのが、一流ブランド会社の就活なのであった。就職偏差値に特化してしまった次第である。もちろん、自分でも起業できるような上位5%の学生は、余裕で就活を乗り切れる。

それでは、就活エリートになれない人はどうするか。それはこの氷河期にあって臥薪嘗胆、入れる会社に入って頑張るしかない。そのときの売りは、打たれ強さである。すなわち、上記のアンチテーゼをいく。

  1. 多少の失敗は覚悟する。失敗からしか学べないと悟る。しかし、同じ失敗を繰り替えすのは恥ずかしいので、適度に学習効果を働かせる。
  2. 自分の能力を認識して、やりたくない仕事でも、能力をつけ幅を広げるための修行とみなす。
  3. あまり自分の明確なキャリアを描かない。キャリアは、仕事しながら次第に収束するものと心得る。泉谷しげるの「春のからっ風」♪なんでもやります、贅沢はいいません、頭を下げ詫びを入れ、すがる気持ちで仕事をもらい、今度こそ真面目にやるんだ~♪の歌詞をかみしめる。
  4. また、面接なんぞでは自分の能力はわかってもらえないと達観する。

日本の主成分は、こういう非エリートである。私もそうである、ほとんど引退しかかっているが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2092

コメント(9)

>4. また、面接なんぞでは自分の能力はわかってもらえないと達観する。
日本の主成分は、こういう非エリートである。私もそうである、ほとんど引退しかかっているが。
自慢に聞こえますが論旨はその通りであるとも思います。現状採用側も100点エントリー・シートは胡散臭いと気づくべきで5~60点で期待されずに入ってくる者の方が余程将来性があります。ですから不採用になっても採用側の見る目が無いと開き直ればよい。誤採用の原因は採用側の経験不足か自身そうやって入ってきた口では?採用時だけでなく入社後もオートマトン人間たらんとしているのが居ますが自己嫌悪しないのでしょうかね。頭の構造が違うので推察できないですけど。気をつけるのは中低位者の真正不適格と将来性ありの見極めですかね。

>中低位者の真正不適格と将来性ありの見極め

 私たちの仕事においてはまず不可能です。

 本当に不幸なことに、この仕事に対する適性は、この仕事に付いてみないと分からないところで、安定な職場から一度こっちに来ると、元の職場に帰れないことで、これが悲劇を呼びます。
 正直なところ、真性不適格者を何人も採用して、費用と手間を掛けてムダにしています。
 真性不適格者には何パターンかあって、
(1)オレ様タイプで、頭が悪いくせに指導者をバカにして全く何も憶えないヒト;
(2)頭は良いのになぜか仕事を覚えないヒト;
(3)この仕事にどうしても向いていないヒト:
 この仕事、自分が何を知らないかを知らないとできないんですが、(1)は、自分が何でも知っていると思うのでダメ、(2),(3)は、ダメなモノはダメなんでしょうね。
 (1)のタイプなんて、昔の試験に受かったヒトに結構いますよね(と、自分を棚に上げる)。

> 不採用になっても採用側の見る目が無いと開き直ればよい。

確かにそうですね。ただ、最近の学生は、100社受けて全部落ちる人もいるらしくて、そうなったときの精神状態はちょっと私の想像を超えています。

>(2)頭は良いのになぜか仕事を覚えないヒト;

これは結局、特許実務なんてちょろいと甘くみているのでしょうか。そういう人は結局、(3)この仕事にどうしても向いていないヒト、に等価になってしまうように思われます。

>(2),(3)は、ダメなモノはダメなんでしょうね。
これは厳しい。(2)なら興味が無い可能性があるので何かインセンティブをもたせるようにするとか・・(3)は自分で向かないと気づいていないならお互い最悪ですね。

>ただ、最近の学生は、100社受けて全部落ちる人もいるらしくて、そうなったときの精神状態はちょっと私の想像を超えています。
100社というのはキツイですね。まぁでも100枚とも同じ内容で書いてるなら書き方にも問題ありそうです。

>100社というのはキツイ
 営業のためにたぶん100社にレターを出し、何十回もいろんな会合に顔を出しておりますが(会合に顔を出すのは、私にとって苦行以外の何物でもありません)、1社もクライアント獲得に成功しておりません。昨年もだいぶやったのですが、さすがに年末年始は凹みまくってどうしようもなくなりました。

>(2)頭は良いのになぜか仕事を覚えないヒト;
 わざわざ大きい会社を辞めてまでこっちに来るのですから、(2)のタイプのヒトが、この仕事に興味がないことはあり得ません。結局、仕事を覚えないので辞めてもらう以外ないのですが、この手のヒトに限って試験にだけはあっさりと合格したりします。(1)のタイプのヒトも資格をとりやすい傾向にあります。(3)のタイプのヒトは、きちんと指導すれば、鈍いながらも内容のしっかりした仕事を残してくれるので、後始末が楽です。それに比べると、(1),(3)の仕事の仕事はどうしようもなくて、後始末をすると胃が痛くなります。(1)のタイプのヒトはやっぱり頭が悪いとしか言いようがなく、(3)のタイプのヒトは世間知がないとしか言いようがありません。これらのタイプのヒトは、大きい会社でそれなりにやっていればよいものを、何か勘違いしてこっちに来てしまうのですね。それを見抜けないこっちが悪いと言えば悪いのですが、そのヒトに投資した金と指導のために費やした手間暇考えると、こっちが泣きたくなります。(3)のタイプだけは結構見抜けるようになりましたので、今後この手のヒトをとることはないと思います。(1)のタイプは、発覚次第辞めてもらうことにします。(2)のタイプは、ある程度指導しないと検出不能なのでたちが悪いです。

自己レスです。
>(3)のタイプのヒトは、きちんと指導すれば、鈍いながらも内容のしっかりした仕事を残してくれる
 は、「(2)のタイプのヒトは、きちんと指導すれば、鈍いながらも内容のしっかりした仕事を残してくれる」の誤りでした。

度々済みません自己レス2です。

>(1)のタイプのヒトはやっぱり頭が悪いとしか言いようがなく、(3)のタイプのヒトは世間知がないとしか言いようがありません
は、「(3)のタイプのヒトはやっぱり頭が悪いとしか言いようがなく、(1)のタイプのヒトは世間知がないとしか言いようがありません」の誤りでした。

 失礼さんでござんした。

小松さん、大丈夫です、訂正しなくても、なんとなくニュアンスで分りました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月 5日 13:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インフレーション宇宙論」です。

次のブログ記事は「藤沢里菜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。