恋社精神

| コメント(2) | トラックバック(0)

前述の「就活エリートの迷走」豊田義博著、ちくま新書に、恋社精神という用語があった。愛社精神と意味が似ているようだが、一体何が違うのか。実は、就職氷河期になって、学生達は、入った会社が安定していることを何よりも望むようになった。すると一般的に、世間で名前が通っている大企業、一流企業を目指す。しかも、入社してずっとその会社に居ることを願うのである。そうやって入社する前から、あそこに入ると生活が安定していて、安穏な日々を送れる、と想像して陶然となる学生が少なくないという。

すなわち、入社する前から会社に恋しているのである。それは丁度結婚に夢見て、彼氏または彼女と幸せな家庭を築くことに憧れる乙女チックなロマンチシズムである。なにしろ、その会社の会社説明会のビデオをみただけで涙を流して感動する学生がいるというのだから、理解を超える。

愛社精神は、恋社精神とは異なる。私に愛社精神がないかというと、愛憎入り混じるとはいえ、皆無とはいえない。なにしろ、もう26年も苦労をともにしてきた。N宿N飯(Nは適当な自然数)の恩義もある。そんな愛社精神は、会社に対して愛想をつかす方向にも働く。おいおい、そんなんじゃなかったろう、と。それは老いゆく親に対する気持ちと少しだけ似ている。ともかく、業務や現場意識を離れて、愛社精神はない。

ところが、私と同程度のベテランなのに、恋社精神をもつ人がいる。恋社精神を識別するよい方法がある。それは、会社のスキャンダルが巷間で話題になったときである。私のように、愛社精神はあるにはあるが、会社に複雑な思いを抱く者は、会社のスキャンダルがあると盛り上がる。さて、どう収拾すべきかなどと、得意げに話したりする。ところが、恋社精神をもつ人は、会社のスキャンダルに決して言及しない。むしろ、ときどきある画期的な製品の発表や、高利益のニュースに好んで言及して、会社を誉めそやす。

そこで、恋社精神をもつ人に対して、流石にこの分野では、競合のZ社の方が進んでいる、と世間一般で言われていることを述べてみると、現下に否定する。弊社の方が圧倒的に進んでいるはずと、根拠無く言う。いくらなんでもと思ったら、本当にそう信じているらしい。ほとんど宗教じみているほど信じているようなのてある。

少しでも業界のことを勉強してみればありえない発言なのであるが、次第に分かってきたことは、恋社精神をもつということは、会社にしがみつきたいという強い意思表示なのである。それは、入社前の学生とある意味似ているのであるが、入社前の学生と決定的に違うのは、かなりの社歴を経ているという点である。

それでさらに考えてみると、かなりの社歴を経ているのに恋社精神をもつということは、その間例外的な厚遇に恵まれたということを意味するようである。もっと言うと、ポテンシャルの能力からみても、十分すぎる厚遇のようである。すると、競合他社に放り込まれたらありえないような厚遇だとしたら、人一倍会社に恋するとしても意外ではない。言い換えると、業界で一般に通用するスキルを備えていないという意味である。

なお、誤解なきよう付け加えると、私に会社にしがみつきたいという意思がないわけではない。この就職難に、簡単に仕事があるなどと楽観してはいない。ただ、程度問題なのである。このあたり、なんとしても生き延びようとまでは思わない諦観のようなものは、かすかにある。それは霊格の問題でもある。

ところで、好きな彼女がいたとしたら、その彼女のことをもっと知りたいと思うのが人情だろう。だから、恋社精神をもつ人もまた、会社の情報をいろいろ収集する。ところが一方で、恋は盲目なのであって、彼女の都合の悪い噂のような情報はなるべく見て見ぬふりをしようとする。それと同様に、会社に恋する人は決して会社の客観的なイメージを目指さないで、どんどん歪んだイメージを抱くようになる。

組織がおかしくなると、そういう恋社精神をもつ能天気な人が組織の中枢に屯するようになる。そしてますます現実から遊離した施策を採るようなる。末期の日本軍など、まさにそうである。そういう輩は、原爆を落とされたことがわかっても依然として本土決戦を叫び、玉音放送があったあとも、皇居をのっとろうとした。

この就活シーズンに、そういう恋社のベテランと同調するような新入社員が入ってくるとしたら、そういう会社の将来は暗いに違いない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2094

コメント(2)

>愛社精神
 愛社精神を持ってたのは、初めて就職してから1年半ぐらいでしょうか?その後、所属している企業に「愛社精神」を持ったことがありません。ビジネスだと考えて、本気かつ真剣に取り組みはしますが、このときに私が持つ感情は、愛社精神と異なるでしょう。
 恋社精神はこのブログで初めて見ましたが、こんな感情を持つ方がいるということ自体が私にとっては驚きです。

> 恋社精神はこのブログで初めて見ましたが、こんな感情を持つ方がいるということ自体が私にとっては驚きです。

「恋社精神」という言い方は、「就活エリートの迷走」豊田義博著、ちくま新書で初めて知ったのですが、事実上、昔から、こういう人がいるのは知っていました。そういう感情をもつことが会社で生き残りやすいことがあるという、進化論的特性だと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月 7日 07:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「藤沢里菜」です。

次のブログ記事は「孤舟族」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。