東條内閣

| コメント(0) | トラックバック(0)

太平洋戦史において、東條英機の内閣の成立は、確かに1つのエポックであった。そこで、「日本海軍の終戦工作」纐纈厚著、中公新書に基づき、東條英機の内閣の成立と終焉について記述してみる。

東條内閣の前は近衛内閣であり、近衛は一貫して、日米交渉によって和平を達成しようと努力していた。しかし、あくまでも開戦と拘る軍部と折り合いがつかず、ついに近衛は、総理大臣を辞職することになった。

すると当然に、近衛の後継が誰かということになるが、海軍との人脈のつながりで、近衛と個人的に仲がよかった末次信正海軍大将がおり、末次を後継に推す動きもあった。

ところが陸軍の反対もあって、末次の線は立ち消えになった。結局、総理大臣候補として残ったのは、寺内寿一、畑俊六、杉山元、東條英機の四人だった。このうち、天皇の信任のなさと宮中での評判から杉山が脱落し、総司令官として既に決まっていた寺内寿一、畑俊六が外れ、結局、東條英機に決定された。

東條英機は、天皇の信任が厚いことと、陸軍の開戦要求を一身に体現し、挙国一致体制をとると期待されたことで選ばれた。

海軍は当然に、東條内閣を快く思わず、それは純粋陸軍内閣であるとみなした。高木惣吉は、東條内閣をきっかけに、東條内閣と対抗しつつ、海軍独自の政治力を発揮する場を見出そうとした。

実は、東條内閣の成立に当たっては、他の候補として、宇垣一成、清浦奎吾、若槻礼次郎、岡田啓介、東久邇宮などが重臣会議で挙った。

ともかく、近衛内閣の後任探しに海軍が全く指導力を発揮しえず、純粋陸軍内閣である東條内閣に組み込まれるかたちでのみ海軍の役割を見出さざるをえないことになったのは、問題であった。

東條内閣成立に当たって一番反対したのは、元海軍大将・元首相の岡田啓介であった。結局、木戸幸一との応酬で、岡田啓介は抑えられるのだが、岡田啓介は後に、東條引き降ろしの首班となる。

結局、大命を受けた東條は、かつての方針に従い、1941年9月に、開戦の方針を再検討したが、以外にも開戦に熱心なのは天皇自身であった。こうして同年11月5日には、ほぼ開戦が決定された。

開戦になると、真珠湾、フィリピン、シンガポールなどの緒戦の大成功で、東條内閣は評価を高め、これに乗じて東條は、独裁体制の強化をはかった。

ところが、1942年6月5日のミッドウェー海戦で大敗を喫すると、日本軍は急に守勢に廻り、1943年2月のガダルカナル撤退、同年5月のアッツ島玉砕と、戦局が悪化して、東條内閣に対する不満が一気に高まった。

この機会を岡田啓介は逃さず、親海軍の元首相、近衛と会談したりした。岡田の構想は、東條内閣の海軍大臣で東條の副官と揶揄される嶋田繁太郎を切り崩すことであった。しかし、どうも近衛が信頼できず、また、内大臣の木戸を説得する必要があると認識した。ところが木戸は、東條に対する天皇の信任が厚いことを根拠に、依然として東條政権を支持する方針であった。

東條は当然、岡田らの反東條勢力の活動を知り、1944年2月、木戸と相談して、自らが参謀総長を兼任するなど権力基盤の強化を図った。しかも東條は、天皇の支持取り付けを怠らない。逆にいうと、一貫した天皇の信任があったということである。

結局、天皇の信任が背後にあることが大きく、正攻法では功を奏さないので、岡田は、前軍令部長の伏見元帥に面談し、米内光政を予備役から復帰させ、嶋田海軍大臣の軍事参事官に就けようとした。そうやって、嶋田を牽制しようとしたのである。しかし、伏見の反応は芳しくない。寧ろ、東條や嶋田を擁護するのであった。

仕方なく岡田は再び、木戸にアプローチした。内大臣の木戸がやはりキーなのである。しかし、木戸は翻らない。天皇の東條に対する信任が依然として厚かったのである。

天皇にしてみれば、自分の意向を直ちに実行してくれる東條は貴重であった。一方、海軍のリーダーシップはなかなか見えてこなかった。だから、岡田が、反東條の意向で高松宮と会ったときも、高松宮は賛意を示してくれなかった。高松宮は、東條の陸軍に対する指導力を買っていた。

ところが、意外なところから、反東條の流れが起きる。1944年4月のことである。木戸内大臣が東條のことを悪く言い始めたのである。これに反東條勢力は力を得た。東條内閣を内から壊す流れも出てきた。そして、東條の後継として、寺内寿一、梅津美治郎、土肥原賢二、宇垣一成、米内光政、鈴木貫太郎などが挙げられてきた。

木戸が東條に対する評価を変えたのは結局、戦局に好転の兆しが全く見えなかったからである。それでいて、東條の強引さが鼻についてきた。とはいえ、東條ならずとも、誰がやっても容易であるわけがなく、東條に酷でなくもない。

さらに木戸と近衛は、東條利用論を論じた。すなわち、ぎりぎりまで東條に内閣を負わせ、いよいよ敗戦必至の最後の局面で東久邇宮を総理大臣に切り替え、戦争責任を東條に被せるというものである。それはまた、皇室から戦争責任を逸らすという意味でもある。実際、この構想は、のちの東京裁判でも功を奏した。

1944年6月のサイパン陥落の頃になると、宮中グループははっきりと反東條の旗色を明確にした。

こうなってくると、岡田、米内、若槻らの重臣と、高松宮、東久邇宮、伏見宮らの皇族をどう連携させるかであった。結局、木戸らが天皇に上奏して、東條を退陣させる聖断を依頼するのであるが、その際、天皇が政治の前面に出てくる。また、常に宮中グループがイニシアティブをとる。

すなわち、1944年7月12日のことであった。木戸は、東條に、嶋田の解任、陸軍大臣と参謀総長の分離などを提案した。東條はこれを受けて、天皇の信任が最早去ったと理解し、辞意を固めた。しかし天皇は依然として、東條政権維持に執心していた。

しかし、1944年7月17日の重臣会議で、岡田が木戸に内閣刷新を提案し、結局ここでの決定が最終的に、東條内閣に引導を渡した。

次なる決定は、次期総理である。寺内寿一、梅津美治郎、畑俊六、本庄繁、小磯国昭の五人の陸軍大将が挙げられ、結局、人物本位で小磯が選ばれた。政治に無知なので、宮中グループからすれば、操りやすいと意図した。しかし、東條派の杉山元が陸軍大臣であったことから、これに失望する声もあったが、宮中グループに抜かりはなく、嶋田の代わりに米内光政を海軍大臣として滑り込ませていた。こうして終戦工作が蠢き始めるのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2098

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月10日 06:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「考古学ニュース」です。

次のブログ記事は「ツムラの復活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。