自国語での思考

| コメント(4) | トラックバック(0)

2年以上も前のWebの記事で、ノーベル賞受賞に関して、韓国日報の記事があったので、抜粋する。これは、韓国は、どうしてノーベル賞が取れないのかという私のブログ記事とも関連する。

今年のノーベル物理学賞受賞者は日本人一色だ。高エネルギー加速器研究所の小林名誉教授、京都大の益川名誉教授と日系アメリカ人の南部シカゴ大名誉教授だ。日本は1949年に湯川秀樹が物理学賞で初のノーベル賞を受賞して以来、物理学賞受賞者だけで7人になる。今年も受賞者をまた輩出した化学賞に医学生理学賞を加えれば受賞者は13人になり、この分野の国家別順位でも世界7位だ。

日本の物理学賞受賞者たちは専ら日本で大学を終えたが、特に今回の受賞者3人はいずれも最終学位まで日本で終えた。80代の南部教授は1952年にプリンストン大招聘を契機にアメリカに定着したものの東京大学で勉強したし、60代の小林・益川教授は名古屋大で博士課程まで終えた。今回の受賞対象となった「小林・益川理論」自体、2人が大学院生と研究員として出会った名古屋大で誕生した。

これは言うまでもなく、2008年のノーベル物理学賞のことである。韓国人には、よほどショックだったらしい。

日本の基礎科学がどうして強いのかについては様々な理由があるが、私が見るに、日本語で学問をするという点も大きいようだ。基礎科学、特に物理学のような分野は物質界の作動原理を研究するものであるから、どの分野よりも深みがあり独創的な思考が重要だ。深みがあり独創的な思考をするためには、たくさん思考せねばならない。

そのためには基本的な概念を早くからきちんと身に付けねばならない。南部教授は小学校のときに理科の時間に感じた興味が彼を科学者に導いたという。基本概念はどうすればきちんと身につくか。理解しやすい言語で科学を説明することから始まるはずだ。

日本は初等・中等過程はもちろん、大学でも日本語で科学を教える。そのため、西洋で発達した科学を日本語に訳すのを当然の基礎過程だと考えている。漢字文化圏である東洋4国があまねく使っている「科学」「化学」「物理学」などの用語自体が、アルファベット圏言語を自国語で把握しようとした日本の知識人たちによる翻訳の所産だ。「素粒子」「陽子」「電子」などの用語も、すべて日本人が作ったものだ。

この、日本人が日本語で思考し研究できることの意義が大きいという観点は慧眼である。そもそも、益川氏など、日本語でノーベル賞受賞記念スピーチしたくらいなので、少なくとも英会話は得意ではないのだろう。しかし、ある程度英語が読み書きできれば、研究に不自由しない。そもそも、科学技術文献の英語は、専門用語さえフォローしていれば、易しい。

例えば、「翻訳語成立事情」柳父章著、岩波新書などの文献があるが、このように日本語だけで学問できるように翻訳語を用意してくれた明治の先達にわれわれは、感謝しすぎることはできないだろう(おっと、つい直訳口調になってしまった)。

思い出すと、10年以上も前、私が勤務する、外資系会社で、ワールドワイドの発明提出システムを構築することになった。すると、米国人からみると、発明の記述はすべて英語で書いてほしい。それは、米国人が内容を一瞥できるようにするためであるが、米国人からみても、発明を出すような人は、非英語圏の人であったとしても、その国で教養の高い人達なのだから、自分の発明を、英語で書くくらい造作もないと考えるのは自然である。きちんと発明なるものを思考したことがない私も、まあそうだろうと思った。そこで、会社の実績があるシニアな研究者に、発明の記述を英語にしても構わないかと打診してみた。私は、英語だろうと日本語だろうと、何で書こうと発明に変わりはないという応答を期待したら、意外にも、日本人なのだから日本語で書かないときちんと記述できないという。私は一瞬とまどったが、ちょっと自分を顧みて、確かに思考は日本語なのだから、さもありなんと、その旨を米国台頭者に伝えたら、あっさり納得してくれた。当時は、傲岸なまでのグローバリズムはまだ猖獗していなかった。

韓国日報の記事は続ける。

そのおかげで、日本人にとって世界的水準で思考するということは世界で一番深く思考するということであり、英語で思考するということではなくなった。これは外国語が苦手といわれる日本人たちが基礎科学分野でノーベル賞を多く取っていることや、益川と小林の研究が日本の大学から誕生したことにもよく現われている。

一方我が国は、小学校・中学高校過程では科学の基本概念をきちんと把握する教育をしないで、大学に入ると突然英語で科学を教える。名門大学であればあるほど、理学部・工学部・医学部の物理・化学・生理学などの基礎分野に英語教材が使われる。

内容理解だけでも不足な時間に外国語の負担まで重なっては、韓国語で学ぶ場合に比べると半分も学べない。韓国の基礎科学は外国に留学に行くことを初めから想定して教えているわけだ。

教授たちは、基礎科学分野の名著がまともに翻訳されていないからだと言うが、このように原書で教えていては翻訳する意味がなくなる。韓国語なら10冊読めるであろう専攻書籍を、1冊把握することも手に負えないから、基本の面で韓国の大学生たちが日本の大学生たちより遅れるのは当然だ。大学を出ても学んだものが無いという現象も、ここから生じているのだ。

この事情は、中国でも同じで、だから、発明の記述を英語にしてくれと米国から依頼されても、韓国や中国の発明者はあまり違和感がない。そもそも、大学の教科書も英語である。多くの日本人にとっても、英語の教科書を使う方が、日本語の教科書を使うよりレベルが高いという印象なのではあるまいか。しかし、考えてみてほしい。別に英語のテクニカル・ライティングの授業ではないのである。数学や物理学などの基礎理論をじっくり勉強するときに、ネイティブでない英語をまず理解しなくてはならない。それは余計な負担である。

ところが、グローバリズムのうねりが大きくなり、最近になって、アジアでも、発明の記述を英語にすべしという傾向が再び強くなった。上述のような理由から、韓国や中国では特に異論は出ない。以前は抵抗した日本でも、とうとうグローバリズムの圧力に負けて、英語で発明を記述するようになった。以前の経緯を知っている私は、日本人が英語で発明を記述すると、深い思考ができないので、それは発明の質に問題を起すと反対したが、そもそも発明の質など考えてみたこともない人達に反対された。英語を避けること自体、能力が疑問視される。そもそもが、日本が日本語に拘っていると、世界の中でガラパゴスになってしまうと非難轟々であった。

何度も言うが、私の英語力は、今の外資系企業にあって、平均よりは少しましである。特に英語にコンプレックスはないつもりである。だからこそというのも変であるが、日本人の英語力の限界もよく知っているつもりである。仕事の決まりきった表現を離れて、ちょっと立ち入ったことを英語で書こうとして、頭がフリーズしてしまったことは数限りない。何年も米国で勉強してきて得意満々の日本人が書く英語が、あまりにも日本人英語なので笑ってしまったことも何度もある。

それで、悔しいので、ガラパゴスなどと言っている輩に、そんな下品な表現を使うと知性を疑われるので止めた方がいいと、それこそ、知性も品位もない言い方で反論したことがある。それで相手は一応黙ったが、それは負け犬の遠吠えであった。どんどん英語化は進行していった。

今はというと、いろいろな経緯があって、英語化の流れは多少澱んだようであるが、発明の質が下がってしまったように感じる。

それでも、社内英語化に書いたように、中身の伴わない英語化の流れは、留まることがない。日本を滅ぼそうとするイルミナティの陰謀か。もう既に十分日本は弱っているのに。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2110

コメント(4)

確かに日本語での思考、そのための高品位の翻訳作業、これらがあって今の日本の現状だと思います。韓国日報も本質を見極める方が居られるようです。韓国は小中から子供を米国に留学させ英語を学ばせるのが流行っているそうですが韓国内の実情がそうさせているのですね。グローバル企業では英語化の流れは簡単には止められないと思いますが思考回路が英語化した途端に創造力、思考深度も影響を受けるでしょう。英語化は文化や精神にも大きな影響を与えると思います。日本で言えば侘び寂び繊細さ道徳心など日本人らしさが消えいきます。安直に英語化を自身満々に叫ぶと大事な何かをどんどん失うでしょう。生物多様性ではないですが文化多様性も世界の健康の一部だと思うのですが。

> 文化多様性も世界の健康の一部だと思うのですが。

それが私のいいたいことです。日本人でありながら、英語化云々にこだわる人は、英語のスキル以外に特にスキルや教養がない人だといっても過言ではないと思います。

>仕事の決まりきった表現を離れて、ちょっと立ち入ったことを英語で書こうとして、頭がフリーズしてしまったことは数限りない

 スムーズな意思疎通のためには2週間ぐらい英語に浸る必要があり、私は普段から英会話が得意だとはとてもいえませんが、読み書きに関しては、脳みそを日本語モードと英語モードに切り替えれば、どちらも同じレベルで思考します。ただし、私の英文は、ネィティブが読むと、たぶん、英語の文章は、意味は正確だけど語感としてかなりおかしいはずですが。それから、英文学の専門家に私の英文を読んでもらったことがあるのですが、「ものすごく難しい」そうです。仕事と同じ思考で、文学とはほど遠い文章を書いてしまっているのだから、仕方ないですね。私の部下に言う口癖のひとつは、「私たちが書く文章は文学的である必要は一切ないので、意味だけは相手に誤解なく正確に伝わる文章を書きなさい」ですから。

> 英文学の専門家に私の英文を読んでもらったことがあるのですが、「ものすごく難しい」そうです。

ううん、格調高そうですね。私は、知り合いのイギリス人に英語みせたら、知り合いのフランス人よりはましといわれました。まあ、フランス人もいろいろいますからね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月19日 15:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生体金属元素」です。

次のブログ記事は「ガロア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。