注目論文の減少

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞によると、日本の科学技術分野で、注目論文が減少しており、レベルの低下が懸念されているようである。以下、引用:

研究者総数が増える一方、若手は逆に減り女性の比率も伸びず、世界に注目される論文も減っている--。政府の総合科学技術会議(議長=菅直人首相)は6日、国立大や研究機関などの研究者の現状を分析した報告書をまとめた。経費削減から、若手研究者では非常勤が増えるなど「非正規雇用」化が進んでおり、厳しい研究現場の実態が浮かんだ。

私のみるところ、日本の科学技術研究のレベルが低下しているのは、当然だと思う。そもそも、国立大学を独立行政法人化してしまったのが大悪手である。だから、大学の寄付集めに書いたように、東大でさえも資金集めに躍起である。そういう資金がないと研究さえままならない。そんな環境でじっくり基礎研究をするのは難しい。例えば、抽象的な代数幾何の研究なんて、一文にもならない。

国立大や研究を行う独立行政法人(研究独法)など計123団体を対象に09年度までの活動状況を調べた。

その結果、研究者総数は国立大が約6万人で08年度に比べ0・4%、研究独法は約1万人で4年間に6%増えた一方、37歳以下の若手教員数は国立大で4年間に8・7%減ったほか、研究独法でも若手研究者は2・7%減。研究独法では任期制限のない常勤職が22%減り、逆に非常勤が52%増加。国立大でも同様に非常勤を増やして教員の人件費を圧縮する傾向がみられた。

女性研究者の比率は、国立大が12・6%、研究独法が11%にとどまり、現行の第3期科学技術基本計画(06~10年度)の目標値25%に及ばなかった。

研究者総数が増えている理由は簡単で、大学院を濫造した結果、研究者を自称する人が増えているというだけのことである。ところが、それらの人にポストを提供しようとすると、一種のワークシェアリングで、期限付き契約のポストにするしかない。私が勤務している会社の研究所でも、期限付き契約のポスドクの人がいるが、任期の間に十分な実績を残せば正社員の途もあるらしいが、なかなか認めてもらえる人は少ない。こういう事情は、大学の非常勤講師も似たようなものだろう。また、私の知り合いの研究員で、東大の非常勤講師として週1回のペースで教えに行っている人がいるが、なんと、1回の授業の俸給が1万円で、月に4万円にしかならない。これだけで生活するということはありえないので、小遣い程度である。それでも、その人は、東大の講師という名刺を作れるのが嬉しいといっていた。名誉だけである。大学としても、そういう何ほどかの名誉心で釣って、安い経費で非常勤講師で廻しているのではないだろうか。

研究成果では、引用回数が上位10%に入る注目度の高い論文の世界シェアが、国立大では01~03年の3・3%から05~07年に2・8%に減少。特に、日本の得意分野とされる半導体や合金類などを扱う材料科学は6・2%から3・9%に急減し、計算機や環境科学など次世代の注目分野でも伸び悩んでいることが分かった。

報告書は「(新興国の発展で)国際競争が激化する中、独創性や多様性に富んだ基礎研究の抜本的強化を図るべきだ」と指摘した。【山田大輔】

こうやって科学技術の分野で日本が落ち込んでいる理由は、次のとおりである。

  1. 日本は、米国のような産学協同の文化が弱い。ハーバードやMITは、大学のレベルも高いが、金儲けも得意で、現役の大学教授がベンチャー企業のCEOに就任したりする。そういう産学協同の文化の基盤が弱いのに、米国の真似をして、独立法人のようなことを取り入れるから、齟齬が生じる。司法試験と同じである。
  2. 結局、金儲けにつながらない研究には予算がつかない。こうして、数学、理論物理などの純粋科学はどんどん肩身が狭くなる。多少応用がかっているし、国家の威信がより明確に現れる宇宙開発でも、どんどん予算が獲得しにくくなっている。
  3. あと、何度もいうが、オープン・イノベーションで述べたように、使える既知の技術が溢れてくると、研究して新技術を開発するインセンティブが下がる。マッシュアップ的に既知の技術を組み合わせるだけでかなりのことができてしまうのである。大企業でも、中央研究所を縮小したり閉鎖したりする流れは、このせいである。

これでは中国や韓国に負けると憂慮する向きもあるが、みるところ、中国や韓国は、実用科学技術は結構力をつけてきているが、雲を掴むような基礎科学では、まだまだであるように見える。このことは以前に、韓国は、どうしてノーベル賞が取れないのかに述べたことに基づくが、あれから3年近く経過したが、その事情はあまり変わっていないように思われる。宇宙開発は応用技術だから、中国に負けてしまうことはありえる。金でものをいわせることができる分野だからである。しかし、理学的基礎科学のところは、日本はなんとしても伝統を維持すべきである。それが日本人の一つのアイデンティテイだと思っている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2112

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月21日 05:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガロア」です。

次のブログ記事は「狂気の銃弾」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。