NEC・レノボ提携

| コメント(5) | トラックバック(0)

先日知り合いから、NECとレノボがパソコン事業で提携交渉を進めていると聞いて、一瞬耳を疑った。別に知り合いを信用しない訳ではないが、改めてGoogleで検索してみると、確かにそうであった。そこで、読売新聞の記事をベースに私なりにまとめてみる。

NECといえば、その9800シリーズが1990年代の前半、日本ではパソコンの代名詞で、少なくとも国内では、IBM、富士通などの競合メーカの追随を許さなかった。

その支配を少しでも突き崩そうと、IBMは、PC/AT互換環境で日本語表示を実現するDOS/Vというアーキテクチャを考え出した。当時のハードウェア性能では、専用日本語表示ROM領域をもたず、それをRAM上に展開するDOS/Vは、いまいちパフォーマンスに難があったが、それでも、富士通だけでなく、コンパックなどの米国企業も、日本市場に参入するために、DOS/Vアーキテクチャを利用した。

当時日本でPCの寡占状態であったNECは、98アーキテクチャがDOS/Vと全く互換性がないという理由もあって、なかなかDOS/Vに踏み切らなかった。もしかして、DOS/Vなんて所詮子供だましで実用にならないと軽視していたのかもしれない。

それでも、日本市場での圧倒的強さがあったので、1990年代、NECはパソコンで世界2位のシェアを占めていた。当時の世界1位はたしか、IBMであった。

ところが、IBMのPC/ATアーキテクチャ公開路線が功を奏したのか、雨後の筍のように、DOS/Vアーキテクチャのマシンを製造・販売する会社が続々と現れてきて、ムーアの法則による指数関数的なハードウェア性能の向上と相まって、DOS/Vマシンは活況を呈してきた。

そのような新興企業のほとんどは米国であって、コンパック、ゲートウェイその他、最早社名も覚えていないような多くの会社が現れてきた。台湾でもエイサーが気を吐いた。個人的には当時、サスティーンという無名の米国メーカーのパソコンを買ったことがある。いまその会社はどうなっているのだろう。

そういう新興DOS/V陣営の小回りのよさについていけず、IBMはじりっじりっと、パソコンのシェアを落としていった。大企業だとどうしても、高コスト体質になってしまうのである。NEC然りである。98アーキテクチャにしがみつくことが時代遅れだと悟るのが遅すぎた。

結局、パソコン分野で利益を出すことができないと判断したIBMが、中国企業のレノボにパソコン事業そのものを売却して、実質的にパソコン事業から撤退したことはよく知られている。2005年のことであった。

それでは、今世界のパソコンの台数ベースのシェアはどうなっているのだろうか。読売新聞の記事から引用してみる。

順位メーカーシェア(%)
1ヒューレット・パッカード19.7
2デル12.6
3エイサー12.6
4レノボ8.2
5東芝5.2
6アスース(台湾)4.1
7アップル3.7
8サムスン電子2.1
9ソニー2.1
10富士通1.8
11方正科技(中国)1.2
12NEC0.9


これをみると、レノボはよく健闘しているといえる。IBMからPC事業を買収した際に継承したシェアをほとんど失っていないか、寧ろ微増しているかもしれない。一方のNECの体たらくはどうしたことか。ほとんど消えかかっているではないか。実際NECは、東芝の堅実性も、ソニーのファンシー性も、富士通の先進性も全く出せないで、特徴のないパソコンを出すにとどまっている。

すると、今回の提携も、NECがレノボに頼み込むような形なのだろうか。その提携の内容は、次のとおりである。

  1. NECのパソコン生産・販売子会社にレノボが出資するか合弁会社を新設
  2. NECとThinkPadのブランドは、それぞれ維持
  3. NECの山形県の工場は維持

こうして、製品開発を一緒に行い、部品や資材を共同で買うことで、製造コストを引き下げ、販売価格が下がっても利益を出せる体質をつくる狙いがあるという。それが果たしてうまくいくかどうか、傍目には疑問であるが、NECは、三菱重工などともに、日本の宇宙開発に深く関与している会社なので、少なくとも技術力の蓄積はある。レノボはそこに期待したのだろうか。あるいはレノボは、日本市場にさらに食い込むために、東芝や富士通などに声をかけたが相手にされず、相手にしてもらえたのが、パソコンで閉塞しているNECだった、というストーリーもありえる。すると、もしNECにも振られたら、次の候補は、上記ランク表の外の、エプソンだったりしたかもしれない。

一方でNECにおいて、パソコン事業の売り上げは約2500億円で、全体の7%程度に過ぎず、営業利益はかろうじて黒字だが、お荷物になっている可能性もある。すると、NECは、IBMがしたように、パソコン事業をレノボに売却して、パソコン事業から完全に撤退する可能性もあるとみる。レノボはここ5年で、そうやって取り込んだリソースを活用するスキルをマスターしたと思われ、もしNECから事業売却を受けても、なんとか自家薬籠中のスキルを駆使して乗り切れるのではあるまいか。ともかく、前途多難で利益の薄いパソコン事業で頑張るのは大変である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2115

コメント(5)

>パソコン分野で利益を出すことができないと判断したIBMが、中国企業のレノボにパソコン事業そのものを売却し

 実際IBMは事業を最高値で売り抜けるのがとても上手いですね。買い手の方は大体、高い買い物をして大損をします。
 ただし、レノボとIBMとの資本関係からすると、レノボに大損をさせることはIBMの損にもつながりそうな気もするのですが、実際のところどうなのでしょう?
 最近PCショップで見る限り、個人向け営業では、レノボは安売り合戦に傾いているような印象をうけますが、法人営業の方では、IBM時代の信用を維持できているのでせうか??

> 最近PCショップで見る限り、個人向け営業では、レノボは安売り合戦に傾いているような印象をうけますが、法人営業の方では、IBM時代の信用を維持できているのでせうか??

確かに、PCショップで見かけるレノボの機種は比較的ローエンドです。法人営業の方はよく知りませんが、一応シェアを確保して世界4位につけているので、そうなんではないでしょうか。例えば、NHKの番組で、ときどきパソコンが写りますが、たいていThinkPadです。CNNなどの米国のテレビ局でもそうです。

アポロに搭載される電卓がカシオでもシャープでも無くHPだったのは、キーがGで容易に押されないぐらい硬かったからという理由でしたね。TVに出てくる科学系の番組ではThinkPadの使用が目立ちますが未だブランド力は健在なのか壊れないので使い続けているのか。話は違いますがどこのノートもバッテリーがすぐ使い物にならなくなるのをどうにかして欲しい。これからEVの車社会になりますが電池性能が開発のキーになるのは間違いない。

> TVに出てくる科学系の番組ではThinkPadの使用が目立ちますが未だブランド力は健在なのか壊れないので使い続けているのか。

ThinkPad、丈夫さでは定評あるようです。といいつつ、科学系の番組ではThinkPadは未だにIBMブランドがついていたりして、「古!」と叫んでしまいます。

> ノートもバッテリーがすぐ使い物にならなくなるのをどうにかして欲しい。

リチウム電池だとどうしても限界あるのでは。すると、燃料電池でしょうか。酒を飲みながら、酒を注ぐと、そのアルコールを処理して発電する機種があればいいです。

IBM 8205 Appreciate it a lot for expressing that operating people you actually really know what that you are chatting roughly! Saved. Kindly also talk over with my website Is equal to). We can easily have got a link change agreement among us

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月24日 05:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミュー粒子による地中断層撮影」です。

次のブログ記事は「ローテク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。