理系的意志

| コメント(0) | トラックバック(0)

3歳から6歳まで、小児結核で入院して、幼稚園にも行かなかった私は、小学校に上がったとき、大変困った。その地域の子供と遊んでいないので、うまく付き合えないのである。何をやってもピントがずれているので、変人と揶揄された。いや、揶揄という言い方よりも、虐められたという言い方の方が適切であろう。

かといって、とりわけ勉強ができたわけでもない小学校時代の私は、アイデンティティに悩んでいた。そういう中で、自然に、他人に一歩距離をおく付き合い方を覚えたせいか、中学に入って、番長として威張っている生徒になぜか気に入られて、肩を揉まされたりした。大抵の生徒は、ビンタくらいされるのであるが、私はなぜか暴力を受けることがほとんどなかった。田舎なので、私が小児結核だったことはみんな知っていた。病弱で可哀想と思われたのかもしれない。

そういう自己主張の少ない、おとなしい少年は、そのまま平凡な小市民になるはずだったのだが、社会人になって、次第に本性をあらわしてきた。なぜか、筋を通そうとして、それが通らないと意地を張った。

そうやって自分を思い出しながら、昔の自分につい、苦笑いしながら話しかける。おいおい、お前、やることが逆だぞ、と。すなわち、学生時代は筋を通して、真面目に勉強するがいい。多少、少年らしく真っ直ぐにぶつかって喧嘩することがあってもいい。しかし、社会人になったら、もっと妥協して、会社にも適応しないと、社会から爪弾きされる。

ところが私は、学生時代は、あまり目立たない地味な学生として過ごし、社会人になって、みんなが辛抱するところで、突然上司や周りに噛み付くようになった。これは逆であるというよりも、単に、少年時代に反抗期らしい反抗期がなかったので、遅れて社会人になって反抗期を発揮したようである。言い訳てあるが、小児結核と孤島での暮らしのアマルガムで、このような遅延ポテンシャルの反抗期になったらしい。

その反抗期のせいで、最初の会社では、2年に亘って仕事を干されるなど、散々な目に遭った。前にもちらっと書いたが、犯罪一歩手前の心理まで追い込まれたことがある。実際に犯罪を犯して新聞の紙面を飾らなかったのは、神のご加護というよりない。

遅延ポテンシャルの反抗期はいまだに続いており、理不尽なことが会社内であると、保身を一瞬忘れて、誰よりも憤ったりする。妻子があるのだから、身の程を弁えるべきなのである。

そんな私を観察して、会社のある同僚が、私のことを、典型的な理系人間であるという。私が理系人間であることは全く否定しない。正月に福袋を買いにデパートに行ったついでに立ち寄った本屋で買った本は、インフレーション宇宙論と、ガロアと、高木貞治で、まさにがちがちの理系である。しかし、それと、遅延ポテンシャルの反抗期はどう関係があるのか、と私は同僚に問うた。

すると、その同僚が説明するには、典型的な理系人間は、内面での論理一貫性を重んじるので、相手が誰だろうと、思っていることを主張せざるをえないのだという。そして、その同僚の知り合いもまた、典型的理系人間で、その知り合いが所属する会社の社長に、思うことを直訴して、あやうくリストラの危機になったのだという。

私はそこまで根性が入っていないが、そういえば、「投影された宇宙」マイケル・タルボット著、川瀬勝訳、春秋社に、次のような内容が書かれていた。

物理学者、デビッド・ボームは、大学院生の頃、オッペンハイマーの下で研究していた。その後、運良く、プリンストン大学に教職を得ていたとき、オッペンハイマーが、マッカーシー率いる反アメリカ活動調査委員会によって追求された。そのとき、デビッド・ボームは、オッペンハイマーに不利な証言をするように迫られたが、拒否した。そのせいで、プリンストン大学の教職を追われた。その後、ブラジル、ロンドンと移住したが、二度と米国で教壇に立つことはなかった。筋を通して大変苦労した次第である。

また、脳のホログラム理論で有名なプリブラムは、流行のロボトミー手術を断固として認めず、あやうくエール大学を追われそうになった。

デビッド・ボームも、プリブラムも、結果はどうあれ、自分の信じることのためなら堂々と立ち上がるという強い意志をもっていた。実際、そういう時流やパラダイムに流されない強い意志がないと、画期的な科学理論を打ち建てることはできない。

それをもって理系的意志といいなすのであれば、私の遅延ポテンシャルの反抗期も何ほどか理系的意志であろう(これを書いているとき、テキスト・エディタの秀丸が(応答なし)になって、システム全体がハングしてしまった。極めて珍しい)。

しかし、考えてみると、理系的意志というが、ある種の信念に従って、我が身の利得を省みないのであれば、それは、宗教における殉教精神に通じる。

もし理系的意志と、狂信的宗教がつながるのであれば、オーム真理教の構成メンバーが理系の巣窟であったり、9.11テロの自爆テロ犯人がやはり、大学の工学部出身であったりすることは、何ほどか必然か、と思考は巡る。

戻って、私のことを、典型的な理系的人間であると言った会社の同僚は、大学では工学部であったが、今や自分は、法律的人間であることを発見したという。それであるがゆえに、真理の相対性に目覚め、バランスをとりながら、理系的人間からみて、ある意味ずるい、賢明な生き方もする。外交的といってもよい。

そういえば、私の別の友人は、文学的であるといっていいかもしれない。筋を通すのでなく、感性に従う。さらに別の友人は、芸術的で、文学的とは別の感性で世界を構築する。

おいおい、殉教精神の類比はどこにいった。と自分で自分を見失うあたり、私はなにほどか文学的で、なにほどか哲学的であるらしい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2118

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月26日 06:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タイタニック症候群」です。

次のブログ記事は「医学部新設」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。