ブラック・クライアント

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近のニュースによると、米国ではかなり景気が回復したようで、失業率が下がったとあった。一方、日本はどうだろうか。そういう米国の景気回復の恩恵は全くなく、就職戦線も凍りついたままである。

私がいる特許業界も然りで、有力クライアントを抱える一部の大手特許事務所を除き、どの特許事務所も、仕事の確保に躍起のようである。私がいる会社にも特許事務所がときどき売り込みに訪ねてくるが、丁重に対応して、お引取り願っている。なかなか簡単に仕事は依頼できない。

ところで、この世界的な不況の傾向にあって、一国だけ気を吐いている国を挙げるとすると、それは中国である。特許の世界でも、中国企業の出願件数はうなぎ登りである。例えば、ちょっと前のデータであるが、特許の統計2009に書いたように、以前は外国にほとんど特許出願をしなかった中国企業も、いまや、世界的にも上位に伸してきた。典型的には、通信関係のハードウェア・メーカの華為技術(Huawei Technologies)である。すると、不況に喘ぐ日本の特許事務所にとって、そういう中国企業は、垂涎の的ということになる。

そこで、とある中国企業から首尾よく仕事がもらえるようになった日本の特許事務所があったという。この不景気、御の字である。ところがである、中国企業の一般的傾向として、経済合理性指向が強く非常に人使いが荒い。

例えば、アフリカは、携帯などの通信のインフラを整備したいので各国の通信メーカに呼びかけたのだが、治安や環境の不安で、なかなか仕事を請ける会社があらわれなかった。そこで、一躍その仕事を受注したのは、中国の会社であった。政府高官にも付け届けを怠らず、しっかり食い込んだ。そうして仕事が始まってみると、政府上層部には受けがいいが、現場の労働者にははなはだ評判が悪い。というのは、大抵の社員は、英語さえしゃべれず、現地の文化に溶け込もうともせず、中国のカルチャそのままを押し付けるので、次第に現地の労働者は反発し、不満が鬱積した。雰囲気が険悪になって、一発触発の危機くらいまでになったそうであるが、その後はどう事態が収集されたか聞いていない。

ともかく、中華思想で以って相手の事情など考慮しない中国企業が、アフリカで顰蹙を買ったのは事実のようであるが、それと同じやりかたを、その中国の会社の特許出願を受けた会社は被ったそうである。すなわち、依頼件数は多いのだが、ぎりぎりの値段までディスカウントしてくるわ、期日に余裕のない案件をどんどん依頼してくるわで、採算と労働条件の点でジリ貧に陥り、主要な弁理士が見切りをつけて去ってしまったことで、その特許事務所は潰れてしまったそうである。これはまさに、ブラック企業ならぬ、ブラック・クライアントの弊害である。

しかし、それをひとり中国企業の傾向と思ってはいけない。日本企業も、不況のツケを、クライアント風吹かせて特許事務所に押し付けようとする。私もつい、外部特許事務所に、無理な仕事を安い値段で押し付けようとしたことがあった。なにしろ、特許事務所に勤務したことがないので、そういう「被害者」側の意識がどうしてもよく理解できていない。

あと、私が定年後再就職しようとしたとき、特許事務所で私のようなロートルを雇うとしたら、もしかしたら、薄利多売のタコ部屋みたいな特許事務所だけかもしれない。すると、安い賃金でどんどん明細書を書かされ、働きすぎて体を壊したらお払い箱、みたいなことになるのだろうか、とつい余計なことも考えてしまう。なぜなら、ブラック・クライアントが増えてくると、それに適応するのはブラック特許事務所だけだからである。そういうところは、所員は使い捨てだから、次々に必要かもしれない。

そうやって過労死したとしても、最早若くないのでそれほど後悔もないが、しかし、もう少し定年後の生き方として有意義な生き方もあるのか、それとも、ただブラブラするよりはましなのか、あるいはそもそも、ブラック特許事務所であっても、そもそも私のような者は相手にしないのか、なにしろ世間の実情を知らないので、ただ想像してみるだけなのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2121

コメント(2)

>もしかしたら、薄利多売のタコ部屋みたいな特許事務所だけかもしれない

 今時そんな事務所ありませんって。その昔、日本大手企業が1社で1万件も特許出願していた頃は知りませんが、タコ部屋にするほどの仕事量を確保できているところなど、ごく一部でしょう。
 定年後には自宅のローンとか子供の教育費とかの負担は軽くなっていらっしゃるはずなので、あまり沢山稼ごうとさえ思わなければ、あやたろうさんほどの方は、各種書類の作成の他に、いままで会社で培ってきた色々なスキルを活かせる事務所を必ず見つけられます。

> タコ部屋にするほどの仕事量を確保できているところなど、ごく一部でしょう。

確かにそうですね。調べてみると、かつては年間52万件もあった特許出願件数が、今では33万件まで落ち込んでいます。これはなんと、36%もの減少で、比例配分で考えても、事務所経営がいかに大変か推察できます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月28日 05:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ひきこもり」です。

次のブログ記事は「工藤公康」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。