EQ

| コメント(2) | トラックバック(0)

芸能ニュースをみていたら、沢尻エリカがスペインから帰国して、再デビューを計画しているが、復活は難しいのだという。なにしろ、大手芸能プロダクションであるエイベックスとの関係がよくないそうである。そもそもが沢尻エリカのケチのつきはじめが、例の「別に」事件であった。その後も、夫と離婚したり再婚したり、企画をドタキャンしたりと迷走していて、エイベックスに愛想つかされるのも仕方ない。よほど空気が読めないか、EQが低いのだろうと思ってしまう。

ところで、誰も同意しないかもしれないが、私は意外にEQが低くない。例えば、前にも書いたが、中学時代、ガラの悪い番長に取り入って、うまく可愛がられていた。ドラエモンに出てくるスネ男並みか。会社でも、剣呑な雰囲気のとき、つまらないオヤジギャグを入れて、雰囲気を和ませることができる。

そういう私は、管理職だったときも、部下とはとても友好的だった。10年以上管理職だったのに、一度も私に叱られたことがないという部下もいる。それはそれで、管理職として問題かもしれないが。

しかし、ここで、本当に自分はEQが高いのか、という自問が始まる。そして、何度も上司とぶつかり、2度も会社を辞めた記憶が蘇ってきた。今の会社でも、米国人の上司と何度もぶつかり、陰に陽に、酷い目に遭わされた。外資系の組織はある意味、日本の組織よりも軍隊に近く、有無を言わせないところがある。それを知らない私ではないのだが、どうしても血が騒いでしまうのである。私は赤松姓ではないが、やはり、赤松満祐の末裔か。

すると、どう考えても私は、対上司とみたとき、EQが高いとはいえない。そこである女性の元部下に思い至った。その部下は、あまりにも我がままで独善的なので、周囲から孤立していた。他の人と協調して仕事を進めることができない。一緒に仕事すると、やり方がまずいと相手を罵倒してしまうのである。当時EQという言葉があったかどうか知らないが、あったら間違いなく、EQ最低だと心の中で思ったことだろう。実際、そういう対人関係だったので、仕事でもいまいち評価されなかった。私はあんまりだと思って、社内の、対人関係改善コースに出席するように勧めたが、冗談じゃないと一蹴された。

ところが、ある米国人管理職が着任したときから、その部下は運命が変わった。なぜか、その米国人管理職に気に入られたのである。そういえばその部下は、何年か米国に留学していたことがあって、確かに英語が巧みだった。それで取り入ったのだが、そんなことで取り入られるのかと私はとても怪訝であった。

結局その部下は、周囲とぶつかりつつ、それでも評価されて昇進していった。これを見ると、私と違って、周囲とのEQは最低でも、対上司のEQは高かったということになる。ただ、対上司というときの上司には形式的に私も含まれるので、対米国人上司というべきだろう。

こうして、EQを巧みに使い分けて、世の中を巧みに渡っていく人がいることを知ったのだった。しかし、私のように、上司には噛み付くが、普段の付き合いのEQを保つやり方も悪くない。すなわち、管理職であっても、権威で周囲とは付き合っていないので、管理職を降りても、ほとんどわだかまりなく周囲と付き合えている。ともかくEQというのは一様ではないのだ、相対性理論のように、一般EQと、特殊EQがあるのだという、分かっている人にはあまりにも当たり前?の話であった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2125

コメント(2)

>沢尻エリカ
 この方については、電車の中吊り広告以上の情報はないのですが、芸能関係にとんと疎い私でも知っているということは、相当に有名なお方なんでしょうね。ただ、私は、「エリカ様」のご尊顔すらも存じ上げ奉りませんが。
 なんか、この方、事件を起こしたり、浮世離れした発言をしたり、マスコミに露出する機会を作ったりするだけで金を稼げるニッチを狙っているみたいに私には思えますね。なんたら姉妹だか、なんたら夫人だか、なんたらヒルトンさんとか、それと同類項の臭いがします。

> この方、事件を起こしたり、浮世離れした発言をしたり、マスコミに露出する機会を作ったりするだけで金を稼げるニッチを狙っているみたいに私には思えますね。

ご本人は意図してやっているんでなくて、単に常識がないだけだと思います。それでも美貌に恵まれていたので、ここまで引っ張ってこれたというところですが、そろそろ限界でしょう。確かに、なんとか姉妹みたいに、ヒールに徹すれば居場所があるかもしれませんが、そういう個性の強さも感じられません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年1月31日 07:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「苫米地英人」です。

次のブログ記事は「ランダムネス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。