2011年2月アーカイブ

ブログの移行

| コメント(0) | トラックバック(0)

今のブログhttp://commutative.world.coocan.jp/blog2/の記事の数が970を超えて重くなってきたので、新しくhttp://commutative.world.coocan.jp/blog3/を作って、今後はこちらに書くこととした。

理由はよく分からないが、デザインの適用が意図したとおりにならなくて、とても地味で、ただでさえ魅力の乏しい私のブログが一層魅力のないものになってしまい、少ない読者が、更に減るかもしれないが、仕方がない。私は、こういう設定のスキルがないのです。

なにかコメントを戴ければ、調べてみます。

連合赤軍

| コメント(6) | トラックバック(0)

小池真理子の「望みは何かと訊かれたら」を読んだのをきっかけとして、1970年代の前半、学生運動がとても盛んであった、私の青春初期の時期に思いをはせた。そして、連合赤軍の幹部で、最高裁で死刑が確定している坂口弘氏の「あさま山荘1972」上下二巻、彩流社を読んでみた。

坂口弘氏は、1946年11月12日千葉県君津郡生まれ、私より8歳年上だから、今64歳ということになる。小学校の頃はおとなしい優等生だったが、中学1年のとき父親が病気で亡くなると、生と死など人生を深く考えるようになった。中学2年のとき、日米安保条約改定反対闘争が起き、政治的なことに関心をもつようになった。

地元の木更津高校に進学すると、内気な面が出てきて、人前でしゃべれないということがコンプレックスになった。このあたり私もそうで、なんとなく親近感を覚える。

あまり勉強しなかったが、東京水産大学に合格し、遠洋漁船で七つの海を渡り歩くことを夢見た。東京水産大学では寮に入ったが、そこでは、バンカラの雰囲気が横溢していた。そこで坂口弘氏は、川島豪氏と運命の出会いを果たす。

自治会の後援会費の使途不明の問題で、川島豪氏が大学当局と粘り強く交渉することに強く印象付けられた。

大学の課外授業で白浜の漁船で実習した際に、漁船の乗組員たちと会話したことで、労働条件や労働運動に目覚めた。そこで大学をやめて労働者になることばかりを考えるようになった。

川島豪氏が大学を卒業して、労働運動にのめりこむと、坂口弘氏もこれを応援するようになった。そして、矢も楯もたまらず大学をやめて、町工場に就職した。そこで労働組合を組織しようとして経営者側と対立したりした。

ところで、当時は、アメリカがベトナムに戦争を仕掛け、反米の機運がみなぎる時代だった。そこで、当時の政府首脳が訪米するのを阻止するためデモが行われるなど、世間は騒然としていた時代だった。1960年代後半のことである。

当時、このような運動を支援していたのは、日本共産党であったが、その議会主義に飽き足らず、より武闘的な革命左派という分派が発生した。そのリーダーとなったのが川島豪氏で、当然のように、坂口弘氏もそちらに加わった。当時、民青、革マル派、中革派、ブント、社学同などさまざまな派閥があったようであるが、その違いをいちいち説明するのがこの本の趣旨ではないので、わからない。学生時代完全なノンポリの学生であった私も、そのあたり興味も関心もなかった。1つ忘れていた。左派中の左派、日本赤軍である。それは、京大の学生であった塩見孝也らが興したものである。調べてみると、塩見孝也は、尾道で高校時代を送ったそうで、もしかして私の高校(尾道北高)の先輩かもしれない。日本赤軍は、1970年に田宮高麿氏らがよど号をハイジャックした事件で世間を騒然とさせた。

戻って革命左派は、米軍横田基地に火炎瓶を投げて炎上させるとか、厚木基地にダイナマイトを仕掛けて爆破するとか、信じられないような案を出す。相手は暴力のプロなのである。その案がどれほど非現実的なものか考えたのだろうか。

坂口弘氏らの一行は、愛知外相の訪米阻止のため、羽田空港に火炎瓶を仕掛ける闘争を行い、逮捕されてしまう。この後一貫して警察にマークされる存在になり、留置所から出てきた後も運動は先鋭化する。すなわち、革命左派は、銃を奪おうと、警察を襲撃した仲間が警察に殺されるという事態になる。その後もダイナマイトを工事現場から盗むなど非合法が先鋭化していった。

坂口弘氏が永田洋子氏と出会い、同棲するようになるのもこの頃である。警察から追われる身になり、警察の目を逃れるために、山岳にベースを置くようになるのもこの頃である。ところが、山岳での活動は不自由で、意見の不一致もあり、中には逃亡を計るものも出てくる。しかし、警察に通報されることを恐れ、ついに、逃亡者を捕まえて、リンチ殺人する事態になる。坂口弘氏は動揺するが、永田洋子氏が女性特有の残忍さを発揮したりした。

一方、赤軍派は、1969年に大菩薩峠事件で53名ものメンバーが逮捕され、弱体化する。そこで互いに補強するためか、坂口弘氏と永田洋子氏らが属する革命左派と、森恒夫氏が率いる赤軍派が共闘することになる。連合赤軍の誕生である。そうして榛名ベースに集った。

ところが、微妙な方針の違いで、革命左派と赤軍派は、不協和音を発し、最初は赤軍派の森恒夫氏が、革命左派を批判しようとする。ところが、永田洋子氏がだらしない赤軍派の女性を批判し、これに森恒夫氏が同調することから、森恒夫氏と永田洋子氏が意気投合し、ついには夫婦同然の関係となる。坂口弘氏としては面白くないが、森恒夫氏にはどうも逆らえない。

そうしているうちに、森恒夫氏は、レーニン主義と毛沢東思想をベースにして、どんどん先鋭化していった。すなわち、銃と人の結合による共産主義化理論である。すなわち、銃砲店にあった銃は死んだ銃であったが、赤軍派が奪取することで活きた銃となった。そうして銃を使って殲滅戦を進めることで共産主義化が進むという、ある意味支離滅裂の理論であるが、坂口弘氏も表立ってこれに反論できなかった。

そういう先鋭化した雰囲気の中で、ちょっとしたまずい言動をしたメンバーに対して、リンチが加えられることになった。ところが、森恒夫氏や永田洋子氏の指示もあって、リンチが行き過ぎてしまい、次々に12人もの死者を出してしまう。いわゆる、山岳ベース事件である。

結局、榛名ベースは警察に踏み込まれ、森恒夫氏と永田洋子氏は逮捕される。そこで、坂口弘氏らが、逃亡を図った。途中で何人かが逮捕され、結局、残ったメンバーは坂口弘、坂東國男、吉野雅邦、加藤倫教、加藤元久という5人となった。一時、さつき荘というところに篭るが、それから篭城したのが例のあさま山荘である。そこにはあいにく、管理人夫婦の夫人、牟田泰子さんが留守番していた。そこに銃を抱えた男たちが5人も侵入してきたのだから、さぞかし驚いたろう。一応、一行は、牟田泰子さんを縛り上げたが、人民の味方を建前とする連合赤軍としては、牟田さんに乱暴することはなく、なるべく丁重に対応しようとした。

あさま山荘の事件は、私の高校時代に起き、当然に、マスコミ側というか警察側からの観点からしか事件を知らないが、犯人側としての坂口弘氏の手記をこのような形で読むのは興味深い。そこには、当然かもしれないが、圧倒的な人数と火器で迫ってくる警察に対する不安や、親の説得、催涙ガス攻撃、鉄球による住居破壊、放水攻撃などに耐えている様子と葛藤が痛々しい。決して褒められたことではなく、まさに犯罪行為であるがしかし、追い込てなお、挫けまいとする人間の強さは感じる。

篭城して10日目に警察に踏み込まれるが、銃撃により警察は、3名が殉職した。壮絶な死である。そうして全員が逮捕され投獄されたが、坂東國男は、1975年の日本赤軍によるクアラルンプール事件で超法規的措置により釈放・国外脱出し日本赤軍に参加した。根っからの活動家である。今もレバノンのあたりで活動しているらしい。一方、坂口弘氏は釈放に乗らず、死刑囚として獄中に留まった。このような手記を書いて世に問うのが、彼流の「総括」なのだろう。

ここで、この稿を終えようと思っていたら、永田洋子死刑囚が拘置所で病死した、というニュースが入ってきた。日経新聞Webから引用してみる。

12人もの仲間をリンチによって死亡させた事実を「総括」という言葉を使って正当化しようとした連合赤軍事件。一審判決は永田洋子死刑囚について「女性特有の執拗(しつよう)さ、底意地の悪さ、冷酷な加虐趣味」と、今読むと驚くようなののしりの言葉を並べている。

リーダーだった森恒夫元被告が拘置所で自殺したため、事件の責任追及を一身に受ける状況だったことと、女性べっ視の風潮が残っていた事件当時の見方を反映した...

上記の坂口弘氏の著書によれば、最大の責任者は森恒夫元被告なのであるが、獄中で自殺したとあっては、永田洋子氏に非難が集まるのも仕方ない。その罪の重さは否定すべくもないが、罪の意図と病気に苛まれながら、ここまでよく生きたといえるだろう。山岳ベース事件については、坂口弘氏は、森恒夫元被告と永田洋子氏に主たる責任を負わせ、せいぜい不作為犯の地位に留まっているように思われる。それは事実なのか責任転嫁なのか分からないが、上記著書には、坂口弘氏の正直さが滲み出ているのは確かである。

ところで、おそらく美人から遠い永田洋子氏は、川島豪氏、坂口弘氏そして森恒夫氏と、権力の中枢にある男性に愛された。それは、そうやって生き延びる女性特有の本能が発達しているのだろうと思われる。美貌に恵まれないがゆえに、男性に逆に取り入る能力を発達させたのだろう。その不安定な性格は、保護欲を掻き立て、一層男性の心を揺さぶったに違いない。してみると、論理の飛躍を敢えて顧みないなら、クレオパトラも、絶世の美女ではなかったと思われる。

望みは何かと訊かれたら

| コメント(0) | トラックバック(0)

前にも書いたが、私は本屋などない離島に住んでいたり、また大学入試の受験勉強もあったりで、本格的に本を読み始めたのは、大学生になってからだった。本といっても、最初は松本清張の推理小説一辺倒であった。

ところが、心のオーナーシップに書いたようなスチューデント・アパシーになっている頃は、なぜかほとんど、西欧の小説に傾倒していた。サマセット・モーム、モーパッサン、スタンダール、コレット、エドガー・アラン・ポーあとソルジェニーツィンあたりである。当時なぜか一番感動したのが、エミール・ゾラの「居酒屋」なのだから、訳わからない。

それから社会人になって、なぜかほとんど小説を読まなくなった。数楽者に堕してしまってからは、理工系の本(それと若干の哲学の本)一辺倒だったからかもしれない。

それでも、スチューデント・アパシーの間に悟ったように、心のオーナーシップが私にないとすると、何の本を読むかの主体性も、少なくとも私の顕在意識にはないことになる。それで滅多に小説を読まないのに突然、小説を読むようにどこからともなく指示が下ることがある。もう3年前に読んだ、篠田節子の「ゴサインタン - 神の座」がそうで、これは、ネパール奥地の宗教を絡めたとてもスケールの大きい小説だった。

そして久々に小説を読めとの指示が下った。それは、小池真理子の「望みは何かと訊かれたら」である。この本を、情報考学の書評欄でみたとき、矢も楯もたまらずこの本をアマゾンで注文し、届くと、たまたま都内に出張に行く予定があったので電車で読み続け、帰りの小田急線は読書のためわざと各停に乗り、自宅に着いても読み継ぎ、文庫で600ページ以上あるが結局一日以内に読み終えた。圧倒的迫力であった。

まだ読んでいない人のために、ごく粗筋だけ書く。主人公はいまは音楽プロダクション会社を経営する男性と結婚して、それなりに幸せに暮らしている女性。しかし、この女性には驚くべき過去があった。それは、学生時代、学生運動にはまり、ある過激派のリーダーに魅せられて、ついに爆弾製造のアジトに仲間と集まった。そこで、ちょっと問題行動があった別の女子学生が、結局粛清されてしまう。その女子学生の死体を、仲間とともに山中に埋めるように指示された主人公は、怖くなって、隙をみて必死で逃げてしまう。都内まで逃げたはいいが、疲れて公園で倒れていたところを若い男子学生に保護され、その男子学生の住まいに匿われた。しかし、若い女性と若い男子学生が同じ部屋にいて、性的に無色の生活になるはずもなく、とても奇妙な同棲生活が始まる。

それは、男が女を、まるで子供を手取り足取り面倒をみるような、妙な支配欲と保護欲に彩られた、あるいみ、めくるめき淫靡な生活だった。半年の期間の後、ふとしたきっかけで男子学生の住まいを出た主人公は、紆余曲折の後、きちんと結婚し普通の社会生活をしていたが、30数年ぶりに、旅先で、匿ってくれた男性と偶然再会し、奇妙な恋が再燃する。

リンチ殺人のくだりは、ちょっとストーリーが不自然でなくもないが、当時本当に、連合赤軍の浅間山荘事件があったので、それを明確に記憶している私のような年代の者には、強いリアリティでストーリーが押し寄せてくる。

そして主人公は、死の恐怖に慄きつつ、無限ループのような爛れた同棲生活に浸る。それは、一片の恋愛沙汰もなかったのに、私のスチューデント・アパシーと妙にだぶるのである。また、死の恐怖のタナトスと、爛れた生活のエロスが、ここでも絶妙のカクテルとなる。

ところで私は、宮部みゆき、高樹のぶ子、篠田節子などの女流作家が妙に好きである。作家自身が好きなのか、作品が好きなのか、渾然一体としてよく分からない。いま、小池真理子もこの列に加えることにしよう。といいつつ、普段ほとんど小説は読まない。忽然と私が小説を読みたくなるメカニズムは結局さっばりわからない。だって所詮借り物の心だもの。

注目論文の減少を自分で読み返して、はて、日本の大学のランキングはどうなっているのだろうと思い起こして、過去の自分のブログから、世界大学ランキング2008と、世界大学ランキング2009を眺めてみた。

そこでああ、2010のランキングをまだ見ていなかったと、今更のようにWebを検索したら、広島ニュースのページに掲載されていたので、下記に引用させていただく。

これは、雇用者による評価、研究者からの評価、教員一人当たりの論文引用数、学生一人当たりの教員比率、留学生比率、教員一人当たりの論文引用数、外国人教員比率を目安に決めたものらしい。

これをみて改めて感じるのは、英語圏の偏重である。典型例を挙げると、香港大学が23位にいるが、これはイギリス圏だったことによる得点の割り増しではしないだろうか。なぜなら、フランスの超エリート校、エコールポリテクニーク大学がやっと36位なのである。ここらあたり、ガロアファンとしてのバイアスはあるにしても、ちょっとありえない判定なのではないだろうか。すなわち、世界大学ランキングを決める基準がいかに、英語圏に有利にできているかということである。

そういう英語のバイアスを差し引くと、24位の東京大学と25位の京都大学は実によく健闘しており、実質、世界トップ水準にあるといっても過言でないと思う(私は、東大、京大とは縁もゆかりもないので、肩入れするバイアスは皆無であることを申し述べておく)。

あと、マサチューセッツ工科大学が世界5位で、世界超一流であることを否定する人は誰もいないが、外資系企業にいるせいで、マサチューセッツ工科大学出身という人に何人も出会った。そのうち本当に感心したのは一人だけで、しかも、頭の良さも然ることながら感心したのは人格だった。マサチューセッツ工科大学出身のある一人は、その知性の軽薄さに、涙が出そうなほど哀しくなったこともあった。そんな人はどこの大学出身者にもいるので、マサチューセッツ工科大学のせいではないにしても、学歴なんて結局目安であるということになる。

まあともかく、日本の大学は捨てたもんじゃない。それだけは強調しておきたい。下手に英語化してランキング上位を目指さなくても、自国語で野太く思索を重ねればいいのである。

1位 イギリス・ケンブリッジ大学
2位 アメリカ・ハーバード大学
3位 アメリカ・エール大学
4位 イギリス・ロンドン大学
5位 アメリカ・マサチューセッツ工科大学
6位 イギリス・オックスフォード大学
7位 イギリス・インペリアルカレッジ・ロンドン
8位 アメリカ・シカゴ大学
9位 アメリカ・カリフォルニア工科大学
10位 アメリカ・プリンストン大学

11位 アメリカ・コロンビア大学
12位 アメリカ・ペンシルベニア大学
13位 アメリカ・スタンフォード大学
14位 アメリカ・デューク大学
15位 アメリカ・ミシガン大学
16位 アメリカ・コーネル大学
17位 アメリカ・ジョンズ・ホプキンス大学
18位 スイス・チューリッヒ工科大学
19位 カナダ・マギル大学
20位 オーストラリア・オーストラリア国際大学

21位 イギリス・ユニヴァーシティカレッジ・ロンドン
22位 イギリス・エジンバラ大学
23位 香港・香港大学
24位 日本・東京大学
25位 日本・京都大学
26位 アメリカ・ノースウェスタン大学
27位 イギリス・ブリストル大学
28位 カリフォルニア大学バークレー校
29位 カナダ・トロント大学
30位 イギリス・マンチェスター大学

31位 シンガポール・シンガポール国際大学
32位 スイス・スイス連邦工科大学ローザンヌ校
33位 フランス・フランス国立高等師範学校
34位 アメリカ・カーネギーメロン大学
35位 アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校
36位 フランス・エコールポリテクニーク大学
37位 オーストラリア・シドニー大学
38位 オーストラリア・メルボルン大学
39位 アメリカ・ブラウン大学
40位 香港・香港科技大学

41位 アメリカ・ニューヨーク大学
42位 香港・香港中文大学
43位 オーストラリア・クイーンズランド大学
44位 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学
45位 デンマーク・コペンハーゲン大学
46位 オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学
47位 中国・北京大学
48位 アメリカ・ウィスコンシン大学マディソン校
49位 日本・大阪大学
50位 韓国・ソウル大学校

51位 ドイツ・ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク
52位 アイルランド・トリニティカレッジ
53位 イギリス・ウォーリック大学
54位 中国・清華大学
55位 アメリカ・ワシントン大学
56位 オランダ・アムステルダム大学
57位 イギリス・ノースカロライナ大学チャペルヒル校
58位 ドイツ・ミュンヘン工科大学
59位 イギリス・バーミンガム大学
60位 日本・東京工業大学

61位 オーストラリア・モナッシュ大学
62位 スウェーデン・ウプソラ大学
63位 イギリス・イリノイ大学
64位 アメリカ・ボストン大学
65位 アメリカ・カリフォルニア大学サンディエゴ校
66位 ドイツ・ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン
67位 アメリカ・テキサス大学オースティン校
68位 ニュージーランド・オークランド大学
69位 イギリス・シェフィールド大学
70位 ドイツ・ベルリン自由大学

71位 スイス・ジュネーヴ大学
72位 スウェーデン・ルンド大学
73位 イギリス・ノッティンガム大学
74位 シンガポール・南洋理工大学
75位 アメリカ・ワシントン大学セントルイス校(同位)
75位 フィンランド・ヘルシンキ大学(同位)
77位 イギリス・グラスゴー大学
78位 カナダ・アルバータ大学
79位 韓国・韓国科学技術院
80位 イギリス・ロンドン政治経済大学

81位 イギリス・サウサンプトン大学
82位 オランダ・ライデン大学
83位 オランダ・ユトレヒト大学
84位 デンマーク・オーフス大学
85位 イギリス・リーズ大学
86位 ベルギー・ルーヴェンカトリック大学
87位 アメリカ・パデュー大学
88位 イギリス・ヨーク大学
89位 オーストラリア・西オーストラリア大学
90位 アメリカ・ダートマス大学

91位 日本・名古屋大学
92位 イギリス・ダラム大学
93位 ロシア・モスクワ大学
94位 台湾・台湾国際大学
95位 イギリス・セントアンドルーズ大学
96位 アメリカ・ミネソタ大学
97位 ドイツ・アルベルトルートヴィヒ大学
98位 アメリカ・ペンシルベニア州立大学
99位 オランダ・エラスムスロッテルダム大学
100位 ノルウェー・オスロ大学

八百長

| コメント(2) | トラックバック(0)

ニュースでは、相撲協会の八百長疑惑で、春場所中止などと報道されているが、そんなに騒ぐことだろうか。

というのは、大相撲で八百長疑惑というのは、宇宙から降り注ぐ粒子線のように、絶え間なくあるものであり、今更何を、というのが正直な私の感想である。

思い起こせば、私が生まれて初めて相撲観戦に行ったのは、わずか1年半程度前でしかないが、その頃は今迷走する民主党は人気絶頂で、大相撲もなかなかの人気だった。

それが大相撲改革が話題になった頃から、相撲協会が揺れてきて、朝青龍の引退で、一方の人気横綱を欠いたことで、相撲人気の凋落が否定できないものになった。

それが、やくざとの付き合いや野球賭博が明るみになって、名古屋場所を中止にするかどうか、という議論がなされた。それがようやく落ち着いてきたかと思ったら、今回の八百長騒ぎである。まるで、何十年来の持病を、つい最近の健康診断で初めて発見したかのような報道には苦笑を禁じえない。

記憶が曖昧だが、以前、なにかの週刊誌が八百長疑惑を記事にして、そこで書かれた力士が、名誉毀損だと訴えて裁判で勝った事件があったような気がする。その記事を読んだ私は、相撲で八百長くらいあるだろうよ、と思っていたが、裁判で結局、訴えた力士が勝ったのは、週刊誌が書く事実の根拠が十分立証できなかったからである。

ところが今回は、元幕内力士の春日錦(現・竹縄親方)その他14力士もの携帯メールが動かぬ証拠となってしまった。はっきり分かる証拠を残すとは、その愚かさは目も当てられない。

ただ、冷静に考えてみると、どんな勝負でも、相手の都合がいいように負けるという八百長というのは、人間に人情がある限り、根絶されない。囲碁、将棋、プロ野球などでもである。ただ、囲碁、将棋、プロ野球は、相撲と比べて、相対的に長い勝負なので、もし八百長したらばれやすい。

一方、相撲はというと、一瞬の勝負なので、八百長が結構ばれにくい。また、勝ち越しか負け越しかで大きく待遇が変わってくるので、1勝を都合することのインセンティブが大きい。こうして、どうしても相撲は、八百長の温床となる。

しかし、考えてほしいのは、大相撲なるものは結局、閉鎖世界で、ゴルフオープントーナメントのような、プロもアマチュアも入り混じる全日本相撲オープン選手権のようなものがあるわけではない。すると、そういう閉じた世界であるなら、相撲は、プロレスと何が違うのだろうか。プロレスに八百長がビルトインされていることはあまりにも既知で、そのことを云々する無粋な人もあまりいない。

プロレスで、本当に真剣に戦ったら、死者続出であろう。ローマのコロセウムのようなものである。八百長は、そういうバッファの役割を果たしている。すると、相撲でも、多少の八百長は、人体の必須金属元素のように必要なのではあるまいか。野球賭博然り、やくざとの付き合いも然りである。そもそもが、タニマチといわれる旦那衆に依存する体質自体、われわれサラリーマンと根本的に異なる体質である。どうしても、やくざっぽくなろう。一種、治外法権意識も生じる。

だから私は、大相撲に、日常の論理を適用する今の世間の風潮に反対である。せせこましいコンプライアンスの風を、大相撲に送って、窮地に陥れて何が、誰が楽しいのだろう。野球賭博だって、八百長だって、多少の暴力だって昔からあることで織り込み済みではないか。そういう非日常性を剥ぎ取ると、単に大の男が裸で取っ組む競技になんの魅力があろうか、ということになってしまう。

世の中には、追求すべきことは、大相撲より他にもっと沢山あり、大相撲の優先順位は低い。なぜなら、大相撲は、経済にも、国防にも、外交にも、科学技術にも関与しない。もし、そういうより重要な問題が追求されるのを晦ますために大相撲が追及されているなら、真に哀しい。

ロクラク事件

| コメント(2) | トラックバック(0)

日本のテレビ番組の海外転送サービスであるロクラクに対して、最高裁で著作権法違反の判決が確定した。以下、asahi.comからの引用:

日本のテレビ番組の海外転送が著作権法に違反するかが争われた訴訟で、最高裁第一小法廷(金築誠志裁判長)は20日、利用者の指示を受けて録画する方式のサービスについても「業者の管理、支配下で放送を受信し、複製される場合には著作権法に違反する」との判断を示した。

その上で、サービスを適法とした二審・知財高裁判決を破棄。今回のケースではどの業者が機器を管理していたかはっきりしないとして、審理を知財高裁に差し戻した。

18日には録画せずにリアルタイムで番組を転送するサービスについても、別の小法廷が違法とする判決を言い渡しており、業者が介在して日本の番組を海外在住者向けに転送するビジネスは閉ざされることになりそうだ。

「ロクラク」の名称でサービスを提供していた日本デジタル家電(浜松市)が、NHKと東京、静岡の民放9社から訴えられていた。

この事件については、より詳しい人から教えてもらったこともあり、その見解も含めて紹介するとともに、私の若干のコメントも付け加えることとする。

まず、上記で「録画せずにリアルタイムで番組を転送するサービスについても、別の小法廷が違法とする判決」とあるのは、まねきTV事件のことである。まねきTV事件の方は、ソニーのロケーションフリーという製品をある会社が用意し、それを顧客にサービスとして使わせるというものである。一方、ロクラクの方はサーバを含む専用装置をある会社が用意し、それに接続できる端末を顧客に貸与する。

まねきTV事件の方は、装置のHDDなどへの固定的な放送コンテンツの保存を伴わないので、訴えの根拠の条文は、著作権法99の2の送信可能化権と、著作権法23条1項の公衆送信権である。以下、その条文を引用する。

第九十九条の二 放送事業者は、その放送又はこれを受信して行う有線放送を受信して、その放送を送信可能化する権利を専有する。

第二十三条 著作者は、その著作物について、公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可能化を含む。)を行う権利を専有する。

一方、ロクラク事件の方は、訴えの根拠の条文は、著作権法21条の複製権と、著作権法98条の放送事業者の複製権である。同様に条文を引用する。

第二十一条 著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。

第九十八条 放送事業者は、その放送又はこれを受信して行なう有線放送を受信して、その放送に係る音又は影像を録音し、録画し、又は写真その他これに類似する方法により複製する権利を専有する。

どちらの事件も、上記のように、二審・知財高裁判決では、サービスを適法とする判決が下され、一方、最高裁では、その両方に見事に逆の結論の判決が下された。その判断の分かれ目となるのは、著作権法第三十条の私的使用のための複製の条文である。

第三十条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
著作権法第三十条には、私的使用のための複製の適用除外が列挙されているが、長くなるので省略する。

粗く言うと、二審・知財高裁判決は、どちらのサービス形態も、個人が特定のサービス会社と契約を結んで機器を使用するので、そうやって機器を使用して放送を視聴することは、個人が自分でビデオ機器に録画して、あるいは、自分でロケーションフリーをセットアップして使うことと等価であり、よって、著作権法第三十条の私的使用が適用されるので、適法である、と判断した、ということである。すなわち、知財高裁は、サービス会社は、契約者が複製し、自らに送信する環境を提供していたにすぎない、という判断である。

一方、最高裁は、そうであっても、複製あるいは送信化の行為の主体は、サービス業者にあると判断した。すなわち、単に契約者に機器を貸与しているのみならず、その管理、支配下において放送の複製、送信化の行為をしているので、著作権法第三十条の適用は妥当でないということである。すると、必然的にサービス業者の著作権侵害行為が認定される。

この最高裁判決の形式的妥当性は、古典的ともいえるカラオケ法理の適用で、一応理解できるが、そこで問題は、この判決により誰が幸せになるかである。少なくとも、この判決が判例になってしまうと、放送コンテンツ・サービス業者は、根絶やしにされてしまう。

それでも、本来の放送業者であるテレビ局が、インターネット・テレビなどの環境を、妥当な価格体系で一般のユーザーに提供するならいいが、特に民放は、依存しているコマーシャルの収入の激減に苦しみ、インターネット・テレビなどのインフラに投資するどころではない。

それならば、CATVの業者がそうしているように、本来の放送業者から、放送コンテンツ・サービス業者が許諾を得ればいいのかもしれないが、よほど廉価な体系にしないと、弱小の放送コンテンツ・サービス業者は、費用を捻出できないであろう。

このように私は、経済合理性の観点から、今回の最高裁判決には疑問をもつ次第である。

プロ棋士の脳

| コメント(3) | トラックバック(0)

産経新聞Webによると、理化学研究所が、プロ棋士の脳の活動を分析して、プロ特有の脳の働きがあることを解明したという。以下、引用:

羽生善治棋聖(3冠)らプロと、アマチュア棋士が詰め将棋などの問題を解いている際の脳の活動を分析したところ、プロは特定部位がアマに比べて活発に働いていたとする研究成果を理化学研究所が21日付の米科学誌サイエンスに発表した。

プロ、アマ延べ約60人が参加。駒が配置された将棋盤の画像を短時間見てもらい、配置を認識する際の脳活動を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で計測したところ、プロはアマに比べ頭頂部の後方にある大脳の「楔前部」という部位が約3倍活発に働いていた。

詰め将棋の問題を1秒間だけ見せて次の一手を答える実験では、プロはより深部の大脳基底核にある「尾状核」と呼ばれる部位が活発化。より活発に働く棋士ほど正答率も高かった。この二つの部位が連動して働くことでプロの直観が生まれるとみられるという。

先ず、「楔前部」とは何か。Wikiによると、「頭頂葉内側面の後方に位置する脳回で、この領域には感覚情報を基にした自身の身体のマップがあると考えられている」という。なるほど、ともう早計にも私は、プロはやっぱり感覚が優れているんだ、と結論付けようとしている。

次に、「尾状核」とはというと、これもWikiによると、「脳の学習と記憶システムの重要な部分を占めていると考えられている。」ということである。

これをみてちょっとがっかりなのは、もし棋士が、感覚に優れ、記憶と学習能力にも優れているという結論であるなら、何一つ意外性はなく、ああそうですか、で終わってしまうことである。

そこで、単なる自明な結論に終わらないために、次のような実験があれば興味深いのに、と思う。

  1. 将棋のプロ棋士でも、一流棋士、例えば、Aクラスの棋士と、そうでない、例えばC級2組の棋士との比較。
  2. 将棋のプロ棋士と、囲碁のプロ棋士との比較。私は、プロ棋士といっても、将棋と囲碁ではかなり違うのではないかと思う。
  3. プロ棋士と、他の頭脳労働者、例えば、数学者、理論物理学者、情報科学者との比較。

他には、棋士的な頭の鍛え方という議論にもなるかもしれないが、脳の特定の部位の鍛え方とか、脳の特定の部位を活性化する音楽とか、考えれば考えるほど、怪しくなってくるので、専門家の研究を待つこととする。

人材育成連携

| コメント(8) | トラックバック(0)

読売新聞によると、文部科学省と経済産業省の音頭で、著名大学とトップ企業が人材育成分野で連携することになったという。

著名大学とは、北大、東北大、筑波大、東大、東工大、一橋大、名大、京大、阪大、九大、早大、慶応大。

トップ企業とは、伊藤忠商事、NTTデータ、JFEホールディングズ、新日鉄、全日空、中外製薬、帝人、東京電力、トヨタ自動車、NTT、日立製作所、三井化学、三井住友フィナンシャルグループ、三井物産、三菱電機。

大学の選択といい、トップ企業の選択といい、いかにも官僚らしい頭の固さが窺われる。ガチガチの既存のパラダイムの上にある。ではなぜ、文部科学省と経済産業省が動いたかというと、バブル崩壊以降続いている閉塞状態を打開し、国際競争を勝ち抜くには、実績の高い大学に支援を集中させる「選択と集中」が必要だという。すなわち、国際的に評価が高い大学が日本には少ないので、少しでも上位ランキング入りさせたいというのか。

この趣旨は、企業側は少しでも専門知識や高い問題解決能力をもつ学生がほしいということがあり、大学側は、折角高度な教育を受けさせた学生を企業に採ってほしいということらしい。

すると、トップ企業の側が著名大学側に、望ましい人材や専門分野を提示し、著名大学側はそこでの人材育成を強化するように、大学院を重点編成する。そして、トップ企業は望ましい人材が得られて、競争力が高まる。一方、著名大学は、トップ企業から資金援助を受けて、それを研究につぎ込み、国際的に評価を上げることができる、というシナリオなのであろうか。

しかし、どうみてもこのプランがまずいのは、著名大学とトップ企業にフォーカスすることによって、他の大学、企業をより弱体化させることである。企業はまあよかろう。著名大学でなくてもそれなりの人材はいるので、人材採用に不自由しないし、結局教育というか人づくりは、自社内で行うからである。

ところが、可哀想なのはフォーカスから外れた地方大学で、それなりに伝統がある地方国立大学も、これではますます窮乏化して、研究もままならないということになる。こんなプランは、日本の科学技術の基礎力の底辺を取り崩すだけである。なぜなら、革新的なアイデアは周縁から生じるという、知識工学的・文化人類学的法則があるからである。いまどき、官僚主導でプランさせるとろくなことにならないのではないか。時代遅れの安易なエリート主義は、霞ヶ関に留めるべきである。

食べるラー油

| コメント(0) | トラックバック(0)

今更であるが、食べるラー油がブームで、香辛料全般が好きな私も気になるところである。最初に、食べるラー油を発売したのは桃屋で、品切れ続出で、プレミアがつくほどだった。

同業他社が手をこまねいて見ているはずもなく、大手のヱスビー食品などが参入して、ラー油市場は、日経トレンディによれば、09年には約14億円といわれていた市場規模が、2010年には約40億円まで拡大した。

先発の桃屋としては、可能なら、食べるラー油を製造することの権利を独占しておきたいところであろう。ところが、そのような権利としては、特許権、商標権くらいしかない。あと、強いて挙げると、不正競争防止法くらいか。

食べるラー油を特許を保護しようとすると、どのような特許請求の範囲になるのだろうか。ちょっと書いてみる。
【請求項1】
 ゴマ油と、該ゴマ油に混入した唐辛子から実質的になり、
前記唐辛子は、他の食品にふりかけた場合に、平均的なヒトが、あまり辛さを感じない程度に混入されている、ラー油。

こんな特許請求の範囲は、進歩性以前に、記載が曖昧なので拒絶されてしまうので、特定の旨み成分を限定するなどして、特許出願することになるが、成分や数字限定を駆使して特許をとったとしても、簡単に迂回されて、意味がある権利にならないだろう。

それでは、「食べるラー油」で商標がとれるかというと、あまりにありふれていて、商標法第3条で無理だろう。

こうして桃屋は、少なくとも後発の「食べるラー油」を排除できる程度の十分な広さの特許権や商標権を得られない。

ところが、桃屋が、「食べるラー油」に傾注した程度の知的努力を、情報処理分野に傾注すると、何かしら意味がある特許が取れるのではないか、と私の実務経験から言うことができる。

しかし、それで桃屋が困っておらず、寧ろ健全なる競争をエンジョイしているのなら、情報処理分野だって、あまり安易なものに特許権を許さなかったとしても、誰も困らないのではないかという議論もできる。私の中で議論は十分練れていないが、これはベストセラーになっている「反知的独占」ミケーレ・ボルドリン、デヴィッド・レヴァイン、NTT出版の趣旨とは少し違って、非知的独占といってよい。

何が言いたいかというと、開発するのに膨大なノウハウやコストが必要でないなら、知的独占を許さなくてもいいのではないか、という趣旨である。すると、細かい工夫のようなものが特許で許されなくなって、特許侵害訴訟が激減する。

そうなると、情報処理分野でも、特許管理が、製薬会社や化学メーカーなみになって、特許出願件数が日本で第一位のパナソニックあたりでも、年間せいぜい1000件程度の特許出願で済むかもしれない。すなわち、膨大な開発コストの遺失になってしまうような知的成果の剽窃だけに対して保護するようにする。

すると、日本全体の年間特許出願件数も30000件程度となって、特許事務所のほとんどは潰れてしまう。

なんということを言うのだと、関係方面から叱られるのでこの辺で止めておくが、特許出願の多くは、かなり気休めで出していないか、これが保険料だとしたら、見直されるのではないか、といろいろ考えてみる次第である。

実際インテルやアップルはそういう少数精鋭の特許出願で廻っているが、それは単に業種が狭いからなのかもしれない。

そうはいっても、同等規模の競合会社が年間5000件の特許を出願するのに、うちは1000件に減らしますと平気で言える会社もなかなかないだろう。一種の核武装の論理である。こうして結局特許出願件数は激減はしないのだけれども、何のために出すのという問いかけは今後もなされ続け、上記の「食べるラー油」理論で、漸減は避けられないだろう。

小沢氏強制起訴

| コメント(0) | トラックバック(0)

小沢一郎氏の起訴の事件を、読売新聞の記事でみてみる。以下、引用:

小沢一郎民主党元代表(68)の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、小沢元代表の強制起訴から一夜明けた1日、指定弁護士の大室俊三弁護士は、小沢元代表側への証拠開示を早期に行い、公判前整理手続きを迅速に進める意向を示した。

注目の裁判は今後、どのように進むのか。

東京地裁は近く、小沢元代表の事件について、公判前整理手続きの実施を決めるとみられる。同手続きでは、まず、裁判所が指定弁護士側に「証明予定事実記載書面」を提出させるとともに、指定弁護士が手持ちの証拠を小沢元代表の弁護側に開示していく。

大室弁護士は同日朝、「弁護士の立場で、検察の証拠開示が遅いと感じていた。今回の裁判では、そのようなことがないようにしたい」と述べ、積極的に証拠を開示する考えを示した。

これを見て最初に思うのは、今更のように、小沢一郎氏が起訴されるのか、ということである。以前にこの件で結局起訴されなかったので、もう終わったことかと思っていた。

次に思うのは、指定弁護士とは何か、ということである。そもそも、なぜ弁護士が、起訴する側に回るのか、検察官がいるではないか。そこで、Webで検索してみると、次のような記事が朝日新聞にあった。

昨年5月に施行された改正検察審査会法で導入された「強制起訴」の仕組みで、検察官に代わって起訴し、公判を担当する役割を担う。不起訴の判断を変えなかった検察がそのまま裁判を担当すると、公正な審理ができないおそれがあることが理由。どれだけ長く公判がかかっても、報酬は19万~120万円の間で裁判所が決める。
( 2010-10-26 朝日新聞 朝刊 3社会 )

なるほど、2009年の5月の改正検察審査会法で導入されたのか、道理で私が知らない訳だ、といいつつ私は、検察審査会法どころか、刑事訴訟法も全く分かっていない。

そこで、検察審査会法を眺めてみた。すると、検察審査会法とは、その第一条にあるように、「公訴権の実行に関し民意を反映させてその適正を図るため、政令で定める地方裁判所及び地方裁判所支部の所在地に検察審査会を置く。」とある。そして、検察が公訴しないと判断した案件につき、第二条の一にあるように、「検察官の公訴を提起しない処分の当否の審査に関する事項」を審査する。すなわち、検察が不起訴と決めた案件につき、ちょっと待て、その不起訴は妥当か、と再考を促すようである。

そこで、以下、検察審査会法から私なりに纏めてみた。

検察審査会が起訴議決をしたときは、議決書に、その認定した犯罪事実を記載しなければならない。この場合において、検察審査会は、できる限り日時、場所及び方法をもつて犯罪を構成する事実を特定しなければならない。そして、議決書の謄本の送付があつたときは、裁判所は、起訴議決に係る事件について公訴の提起及びその維持に当たる者を弁護士の中から指定しなければならない。その指定された弁護士が、指定弁護士と呼ばれる。指定弁護士は、起訴議決に係る事件について、次条の規定により公訴を提起し、及びその公訴の維持をするため、検察官の職務を行う。ただし、検察事務官及び司法警察職員に対する捜査の指揮は、検察官に嘱託してこれをしなければならない。

実は私は、小沢氏強制起訴というニュースを聞いたとき、てっきりまた、国策捜査かと思った。というのは、最近読んだ、田中森一と佐藤優の「正義の正体」という本で、田中森一氏が、国策捜査はなくならない、と発言していたからである。田中角栄の捜査などその典型であり、最近では三井環元大阪高検公安部長の件もそうであろう。政府の指示または検察に都合の悪いことがあった場合、検察はなりふり構わず調書を作成して公訴する。すなわち、小沢一郎氏の存在が、政府与党にとって邪魔なので、なりふり構わず排除するという方針なのかと思った。

ところがこれは、検察審査会マターなのであった。すると少なくとも、検察主導の国策捜査ではない。もしかして、検察審査会も政府与党の息がかかっているのだろうか。傍目には分からないが、確かに、小沢一郎は、政敵にはまだ脅威なのだろう。だからなんとしても、政治的に完全に失脚させたいのだろうか、などと、いろいろ考えるのであった。

愚痴

| コメント(0) | トラックバック(0)

昔、お釈迦様は、愚痴をこぼしてはいけないと言ったというが、出典は知らない。正しくないかもしれないが、あまり愚痴をたらたらこぼすのが、忍辱を唱える仏教の趣旨に適うとは到底思えない。

ところが、読売新聞によると、手塚治虫が生前、立川談志に、愚痴は必要だと言ったそうである。実際、心理学的にも、愚痴をこぼすと心の不安が鎮まるという効果があるという。もしかして、鬱病になる人は、愚痴をたらたらこぼすのは、人間として品がないなどと遠慮して誰にも話さず、次第に気持ちが追い込まれていくだろうか。

私は、高い霊格を目指しているくせに、哀しいかな、本当は人品が卑しくて、よく愚痴をこぼす。到底いいこととは思えないが、管理職のときも、上位管理職からいろいろ厳しく言われて落ち込んだとき、部下に愚痴を聞いてもらったものだった。お釈迦様に顔向けできない。とはいえ、どの部下でもよいというのではなく、信頼できる何人かの部下である。そうやって部下を、信頼できる部下とそうでない部下に分けて、別扱いするとはいかがなものかとまでも思うが、そのあたりにも私の管理職としての低い限界が窺われる。

それにしても、上司から愚痴を聞かされる部下も、たまったものではあるまい。いまでも、申し訳なく思う。そのお蔭でというのもなんだが、毎日夜11時まで働くような激務だったが、心身ともに、ブレークダウンしなかった。上記の心理学的効果である。本当に、元部下を含め、私を支えてくれたお蔭である。

ただ、私のささやかな長所は、自分で不満をもってよく愚痴をいうので、不満をもつ人の気持ちに素直に共感できることである。だから、私と波長が合う人達で、何か辛いことがあると、私に愚痴を聞いてほしいと言ってくれる人がいる。私はその辛さに共感し、耳を傾けることができるので、私に愚痴をいうことで気持ちが晴れる効果がある場合があるようである。そういうことがあると私も、お釈迦様に少しだけ顔向けできるような気がする。

パーソナルなので詳しくはいえないが、相当辛い状態の人の話を1ヶ月以上、毎日少しずつ聞いてあげて、少しは楽になったといってもらったときは、私もうれしかった。その人は、精神安定剤も飲んでいたようだが、精神安定剤は脳にしか作用しない。心に作用するのは、そうやって愚痴をこぼして聞いてもらうことしかないのではあるまいか。

だから私は、定年後、辛い人の話を聞くだけのボランティアをしようと思ったりする。ただ、いつもそういう話を聞くとトスレス溜まるかな、するとその愚痴は誰に聞いてもらおうか、など俗なことを考える私はやはり、お釈迦様に顔向けできないようである。

ある検事の告発

| コメント(2) | トラックバック(0)

私の趣味というほどでもないが、あてもなく散歩するということがある。ギリシャの昔から哲学者は逍遥しながら考えるというし、ペレリマンも、散歩が唯一の趣味といってよいようである。そういう御託はまあいいとして、私の散歩コースの終点には、書店の文教堂がある。先日も散歩に飽きて、意味もなく文教堂の中をうろついた。そして、三井環という人の「ある検事の告発」双葉新書という本を、興味なげに手にした。というのは、私は最近、理系度が高まって、相対的に法律や社会科学に対する興味が低下しているからである。

ところが、その文教堂には、私のセンスにしっくりくる理系本がほとんどないのである。それでも義理で何か一冊買って帰ろうと思い、「袖振り合うも他生の縁」で、まあこの三井環氏の本かな、と渋々手にとって、レジに向かった。本当に自分の意思の気まぐれは分からないものである。

そこで簡単ながら、「ある検事の告発」双葉新書の要約を私なりにまとめてみる。例の厚生労働省の村木局長の冤罪事件に呆れていた私は、その思いをまた、この本によって裏書されたのであった。検察、なにやっているのか、である。

三井環氏は、1944年、愛媛県生まれで、中央大学法学部卒、司法試験合格後1972年に検事に任官した。中央大学OBで名物検事だった河井信太郎氏に憧れたということらしい。京都、福岡、神戸、鹿児島、大阪の地検検事を経て、1988年4月に高知地検次席検事、以降高松地検次席検事、大阪高検検事、名古屋高検総務部長を経て、1999年7月から大阪高検公安部長となった。その地位にある2002年4月、検事の地位にありながら三井氏は、突然逮捕されてしまうのである。一体何があったのか、私の理解に従い、追々書いてみる。

三井氏はおそらく、なかなか辣腕検事だったようである。あの山口組四代目竹中組長と渡り合ったこともある。それで、山口組でも、鬼検事と、一目おかれた。仕事熱心で、ある病院の新薬に関する贈収賄事件に深く関与し、経験を積んだ。そういう経験があるところで、当時、大阪高検次席検事であった加納駿亮氏が主担当になって、京大病院の新薬に関する贈収賄事件が起きた。それは、立件に困難なケースだったのに、加納氏は無理して突き進もうとした。結局無理だと起訴に至らなかったのであるが、その対応を、経験者として、三井氏が客観的に批判した。それは妥当な批判だったのかもしれないが、あいにく、加納駿亮氏は、次世代を担うエースだった。それで、検察の上層部から三井氏は随分冷遇されることになる。

その対抗上、三井氏は、検察の裏金問題に着目した。すなわち、どの検察でも調査費という名目で、かなりの予算がおりる。その費用は本来、情報提供者に対する謝礼などに使われる。調査費は、検察全体で年間6億円ちかくもある。しかし問題は、調査費のほとんどが、検事正以上の遊興費に使われている、ということである。ゴルフやキャバレーなどの飲食費用である。そういう支払いを受けるためには、部下に嘘の請求書を作成させる。これは明らかに、私文書偽造などの刑法的犯罪である。

加納氏は、高知地検時代に三井氏の上司であって、加納氏がそういう費用を私的目的に使っていたのを知っていた。その証拠もある。高知地検の年間の調査費の予算は400万円である。そこで、三井氏は、知り合いのマスコミの人に依頼して、加納氏を告訴した。それで、一時的に加納氏は、昇進の足止めをくらったが、次世代エリートの路線は揺らがず、却って一層昇進するほどであった。

これはどうしようもないと開き直った三井氏は、テレビ番組に出演して、検察の裏金問題を、実名で話す手筈をとった。ところがその矢先、突然、三井氏は、逮捕され拘留されてしまう。検察上層部が、三井氏のテレビ番組出演をなんとしても阻止せんとする緊急手段であった。

それはわからないでもない。というのは、三井氏のテレビ番組出演が実現すると、検察全体の裏金問題が明るみになり、責任追及は上層部にも及ぶ。それはまさに昨年、村木厚子元局長の冤罪事件で起こったような検察の権威失墜につながる。

検察が三井氏を追及したのは、購入したマンションに転入する意思がないのに虚偽の転入届を出したこと、その住民票に基づき、登録税減免を受けるための住宅家屋用証明書を市役所から得たこと、という微罪であった。それだけでは足らないので、三井氏と親交がある暴力団関係者に虚偽の申し立てをさせた。

それで長期拘留されるとは驚きだが、結局裁判に持ち込まれ、上告棄却になって刑が確定してしまう。逮捕は2002年4月で、実刑判決が確定したのが2008年10月17日、そこから1年8ヶ月の刑期で、出獄できたのが、2010年1月18日、約1年前である。なんとも理不尽な裁判だが、検察に刃向かうと、部内者であってもこういう目に遭うということで、恐ろしい。

確かに、検察の対応は異常だが、三井氏のやり方も直球すぎたのではあるまいか。もっとマスコミを使って、じわりじわりとリークする方法がなかったかと思われる。

一方で、三井氏を追い込んだ検察の旧態依然の体質は、村木厚子元局長の冤罪事件でとうとう、頓挫してしまった。最後は正義が勝つという少年漫画のようなことを言うつもりはないが、起こるべくして起こった検察の問題であろう。村木厚子元局長の冤罪事件で逮捕された大坪検事はまさに、三井氏の事件を担当した検事でもあったという。これは偶然なのか、それとも、大坪検事は冤罪担当要員なのか。

ともかく三井氏は、元検事として、村木厚子元局長の冤罪事件の責任が、大坪検事や前田検事に留まるはずはなく、当然に大阪高検の中尾検事長にも及ばないはずはないという。FD改ざんのような重大な処理を、末端の検事が単独でするはずがないというものである。そういう検察庁の体質について、もう少し勉強してみることにする。

ランダムネス

| コメント(0) | トラックバック(0)

苫米地英人の本でチャイティンを知ったら、たまたま、数学セミナーの2月号は、ランダムネスの特集号だった。なぜ「たまたま」かというと、チャイティンは、コルモゴロフとともに、ランダムネス研究のエースなのである。そこで、数学セミナーの記事を基に私なりにまとめてみる。

ランダムネスの重要な概念に、コルモゴロフ複雑度がある。これは、例えば、直感的には、ビット列を考えたとき、圧縮しにくさのことである。例えば、01010101と01101010では明らかに前者の方が圧縮しやすくて、コルモゴロフ複雑度が低い。

コルモゴロフ複雑度は、厳密には、次のように与えられる。すなわち、チューリングマシンが、プログラムPと入力文字列wを受け取り、文字列sを出力するとすると、コルモゴロフ複雑度K(s)は、(P,w)をあらわす文字列の長さの最小値として定義される。これを式で書くと、K(s) = min{|P||U(P) = s}である。U()は、万能チューリングマシンである。

実数αがランダムであるとは、α↑nを実数αの2進展開のn桁までとしたとき、ある定数cが存在して、K(α↑n) ≧ n - cとなることである。直感的に言うと、どの桁までをとっても、ほとんど圧縮できない数列になっている、ということである。

そこで、チャイティンの不完全性定理は、次のように記述される。
Tを、初等的な算術を含む無矛盾な形式体系とする。すると、理論Tに対して数nが存在して、どんな列sに対しても、K(s) > nは証明されない。

チャイティンの不完全性定理は、ある数nを決めたとき、その理論の範囲ではコルモゴロフ複雑度がnよりも大きいかどうか証明できない文字列sがとれる、ということであるが、これが、苫米地氏の言うように、なぜ神の不存在になるのか、さっぱり理解できない。

数学セミナーの記事には、チャイティンの不完全性定理の証明もあるけれども、私には理解を超えるので、ここには書き写さない。といいつつ、今までの記述を理解できていたということでもない。

さらには、チャイティンのΩというのもある。これは、文字列を任意に与えたとき、それがチューリングマシンを停止させる入力{P,w}をあらわす確率を示すものである。式であらわすと、dom Uを、チューリングマシンUを停止させる文字列の集合とすると、p∈dom Uについて、2-|p|を足していったものである。チャイティンは、Ωはランダムな実数であることを証明した。Ωは計算可能ではないが、具体的に構成される。

チャイティンのΩについては拡張もあるが、流石に限界になってきたので、この辺にしておく。

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。