ある検事の告発

| コメント(2) | トラックバック(0)

私の趣味というほどでもないが、あてもなく散歩するということがある。ギリシャの昔から哲学者は逍遥しながら考えるというし、ペレリマンも、散歩が唯一の趣味といってよいようである。そういう御託はまあいいとして、私の散歩コースの終点には、書店の文教堂がある。先日も散歩に飽きて、意味もなく文教堂の中をうろついた。そして、三井環という人の「ある検事の告発」双葉新書という本を、興味なげに手にした。というのは、私は最近、理系度が高まって、相対的に法律や社会科学に対する興味が低下しているからである。

ところが、その文教堂には、私のセンスにしっくりくる理系本がほとんどないのである。それでも義理で何か一冊買って帰ろうと思い、「袖振り合うも他生の縁」で、まあこの三井環氏の本かな、と渋々手にとって、レジに向かった。本当に自分の意思の気まぐれは分からないものである。

そこで簡単ながら、「ある検事の告発」双葉新書の要約を私なりにまとめてみる。例の厚生労働省の村木局長の冤罪事件に呆れていた私は、その思いをまた、この本によって裏書されたのであった。検察、なにやっているのか、である。

三井環氏は、1944年、愛媛県生まれで、中央大学法学部卒、司法試験合格後1972年に検事に任官した。中央大学OBで名物検事だった河井信太郎氏に憧れたということらしい。京都、福岡、神戸、鹿児島、大阪の地検検事を経て、1988年4月に高知地検次席検事、以降高松地検次席検事、大阪高検検事、名古屋高検総務部長を経て、1999年7月から大阪高検公安部長となった。その地位にある2002年4月、検事の地位にありながら三井氏は、突然逮捕されてしまうのである。一体何があったのか、私の理解に従い、追々書いてみる。

三井氏はおそらく、なかなか辣腕検事だったようである。あの山口組四代目竹中組長と渡り合ったこともある。それで、山口組でも、鬼検事と、一目おかれた。仕事熱心で、ある病院の新薬に関する贈収賄事件に深く関与し、経験を積んだ。そういう経験があるところで、当時、大阪高検次席検事であった加納駿亮氏が主担当になって、京大病院の新薬に関する贈収賄事件が起きた。それは、立件に困難なケースだったのに、加納氏は無理して突き進もうとした。結局無理だと起訴に至らなかったのであるが、その対応を、経験者として、三井氏が客観的に批判した。それは妥当な批判だったのかもしれないが、あいにく、加納駿亮氏は、次世代を担うエースだった。それで、検察の上層部から三井氏は随分冷遇されることになる。

その対抗上、三井氏は、検察の裏金問題に着目した。すなわち、どの検察でも調査費という名目で、かなりの予算がおりる。その費用は本来、情報提供者に対する謝礼などに使われる。調査費は、検察全体で年間6億円ちかくもある。しかし問題は、調査費のほとんどが、検事正以上の遊興費に使われている、ということである。ゴルフやキャバレーなどの飲食費用である。そういう支払いを受けるためには、部下に嘘の請求書を作成させる。これは明らかに、私文書偽造などの刑法的犯罪である。

加納氏は、高知地検時代に三井氏の上司であって、加納氏がそういう費用を私的目的に使っていたのを知っていた。その証拠もある。高知地検の年間の調査費の予算は400万円である。そこで、三井氏は、知り合いのマスコミの人に依頼して、加納氏を告訴した。それで、一時的に加納氏は、昇進の足止めをくらったが、次世代エリートの路線は揺らがず、却って一層昇進するほどであった。

これはどうしようもないと開き直った三井氏は、テレビ番組に出演して、検察の裏金問題を、実名で話す手筈をとった。ところがその矢先、突然、三井氏は、逮捕され拘留されてしまう。検察上層部が、三井氏のテレビ番組出演をなんとしても阻止せんとする緊急手段であった。

それはわからないでもない。というのは、三井氏のテレビ番組出演が実現すると、検察全体の裏金問題が明るみになり、責任追及は上層部にも及ぶ。それはまさに昨年、村木厚子元局長の冤罪事件で起こったような検察の権威失墜につながる。

検察が三井氏を追及したのは、購入したマンションに転入する意思がないのに虚偽の転入届を出したこと、その住民票に基づき、登録税減免を受けるための住宅家屋用証明書を市役所から得たこと、という微罪であった。それだけでは足らないので、三井氏と親交がある暴力団関係者に虚偽の申し立てをさせた。

それで長期拘留されるとは驚きだが、結局裁判に持ち込まれ、上告棄却になって刑が確定してしまう。逮捕は2002年4月で、実刑判決が確定したのが2008年10月17日、そこから1年8ヶ月の刑期で、出獄できたのが、2010年1月18日、約1年前である。なんとも理不尽な裁判だが、検察に刃向かうと、部内者であってもこういう目に遭うということで、恐ろしい。

確かに、検察の対応は異常だが、三井氏のやり方も直球すぎたのではあるまいか。もっとマスコミを使って、じわりじわりとリークする方法がなかったかと思われる。

一方で、三井氏を追い込んだ検察の旧態依然の体質は、村木厚子元局長の冤罪事件でとうとう、頓挫してしまった。最後は正義が勝つという少年漫画のようなことを言うつもりはないが、起こるべくして起こった検察の問題であろう。村木厚子元局長の冤罪事件で逮捕された大坪検事はまさに、三井氏の事件を担当した検事でもあったという。これは偶然なのか、それとも、大坪検事は冤罪担当要員なのか。

ともかく三井氏は、元検事として、村木厚子元局長の冤罪事件の責任が、大坪検事や前田検事に留まるはずはなく、当然に大阪高検の中尾検事長にも及ばないはずはないという。FD改ざんのような重大な処理を、末端の検事が単独でするはずがないというものである。そういう検察庁の体質について、もう少し勉強してみることにする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2127

コメント(2)

>検察の上層部から三井氏は随分冷遇されることになる。その対抗上

 私はこの本を読んでませんが、ここの情報だけから判断すると、上層部と下っ端との抗争が起きて、たまたま抗争が起きた組織が検察で、左遷するより罪をかぶせて起訴する方が簡単だったってことでしょうか?
 三井氏が上層部の不正を暴こうとしたのは、社会正義のためというよりも、自身の不満を解消し、さらに昇進するためみたいですね。

 一般の企業だったら地方に左遷のところを、検察では刑事裁判にかけてしまうということですね。検察も所詮人の集まりで、やっていることは、なんとも馬鹿みたいです。

> 三井氏が上層部の不正を暴こうとしたのは、社会正義のためというよりも、自身の不満を解消し、さらに昇進するためみたいですね。

自分の昇進のためかどうかはともかく、憎い元上司を懲らしめてやれと思ったのでしょうね。

> 一般の企業だったら地方に左遷のところを、検察では刑事裁判にかけてしまうということですね。検察も所詮人の集まりで、やっていることは、なんとも馬鹿みたいです。

馬鹿みたいという意味では、私が所属している組織も似たようなものですが、違いは、利用できる国家権力があるかどうかなのでしょうね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年2月 2日 06:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ランダムネス」です。

次のブログ記事は「愚痴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。