愚痴

| コメント(0) | トラックバック(0)

昔、お釈迦様は、愚痴をこぼしてはいけないと言ったというが、出典は知らない。正しくないかもしれないが、あまり愚痴をたらたらこぼすのが、忍辱を唱える仏教の趣旨に適うとは到底思えない。

ところが、読売新聞によると、手塚治虫が生前、立川談志に、愚痴は必要だと言ったそうである。実際、心理学的にも、愚痴をこぼすと心の不安が鎮まるという効果があるという。もしかして、鬱病になる人は、愚痴をたらたらこぼすのは、人間として品がないなどと遠慮して誰にも話さず、次第に気持ちが追い込まれていくだろうか。

私は、高い霊格を目指しているくせに、哀しいかな、本当は人品が卑しくて、よく愚痴をこぼす。到底いいこととは思えないが、管理職のときも、上位管理職からいろいろ厳しく言われて落ち込んだとき、部下に愚痴を聞いてもらったものだった。お釈迦様に顔向けできない。とはいえ、どの部下でもよいというのではなく、信頼できる何人かの部下である。そうやって部下を、信頼できる部下とそうでない部下に分けて、別扱いするとはいかがなものかとまでも思うが、そのあたりにも私の管理職としての低い限界が窺われる。

それにしても、上司から愚痴を聞かされる部下も、たまったものではあるまい。いまでも、申し訳なく思う。そのお蔭でというのもなんだが、毎日夜11時まで働くような激務だったが、心身ともに、ブレークダウンしなかった。上記の心理学的効果である。本当に、元部下を含め、私を支えてくれたお蔭である。

ただ、私のささやかな長所は、自分で不満をもってよく愚痴をいうので、不満をもつ人の気持ちに素直に共感できることである。だから、私と波長が合う人達で、何か辛いことがあると、私に愚痴を聞いてほしいと言ってくれる人がいる。私はその辛さに共感し、耳を傾けることができるので、私に愚痴をいうことで気持ちが晴れる効果がある場合があるようである。そういうことがあると私も、お釈迦様に少しだけ顔向けできるような気がする。

パーソナルなので詳しくはいえないが、相当辛い状態の人の話を1ヶ月以上、毎日少しずつ聞いてあげて、少しは楽になったといってもらったときは、私もうれしかった。その人は、精神安定剤も飲んでいたようだが、精神安定剤は脳にしか作用しない。心に作用するのは、そうやって愚痴をこぼして聞いてもらうことしかないのではあるまいか。

だから私は、定年後、辛い人の話を聞くだけのボランティアをしようと思ったりする。ただ、いつもそういう話を聞くとトスレス溜まるかな、するとその愚痴は誰に聞いてもらおうか、など俗なことを考える私はやはり、お釈迦様に顔向けできないようである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2128

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年2月 2日 17:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ある検事の告発」です。

次のブログ記事は「小沢氏強制起訴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。