小沢氏強制起訴

| コメント(0) | トラックバック(0)

小沢一郎氏の起訴の事件を、読売新聞の記事でみてみる。以下、引用:

小沢一郎民主党元代表(68)の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、小沢元代表の強制起訴から一夜明けた1日、指定弁護士の大室俊三弁護士は、小沢元代表側への証拠開示を早期に行い、公判前整理手続きを迅速に進める意向を示した。

注目の裁判は今後、どのように進むのか。

東京地裁は近く、小沢元代表の事件について、公判前整理手続きの実施を決めるとみられる。同手続きでは、まず、裁判所が指定弁護士側に「証明予定事実記載書面」を提出させるとともに、指定弁護士が手持ちの証拠を小沢元代表の弁護側に開示していく。

大室弁護士は同日朝、「弁護士の立場で、検察の証拠開示が遅いと感じていた。今回の裁判では、そのようなことがないようにしたい」と述べ、積極的に証拠を開示する考えを示した。

これを見て最初に思うのは、今更のように、小沢一郎氏が起訴されるのか、ということである。以前にこの件で結局起訴されなかったので、もう終わったことかと思っていた。

次に思うのは、指定弁護士とは何か、ということである。そもそも、なぜ弁護士が、起訴する側に回るのか、検察官がいるではないか。そこで、Webで検索してみると、次のような記事が朝日新聞にあった。

昨年5月に施行された改正検察審査会法で導入された「強制起訴」の仕組みで、検察官に代わって起訴し、公判を担当する役割を担う。不起訴の判断を変えなかった検察がそのまま裁判を担当すると、公正な審理ができないおそれがあることが理由。どれだけ長く公判がかかっても、報酬は19万~120万円の間で裁判所が決める。
( 2010-10-26 朝日新聞 朝刊 3社会 )

なるほど、2009年の5月の改正検察審査会法で導入されたのか、道理で私が知らない訳だ、といいつつ私は、検察審査会法どころか、刑事訴訟法も全く分かっていない。

そこで、検察審査会法を眺めてみた。すると、検察審査会法とは、その第一条にあるように、「公訴権の実行に関し民意を反映させてその適正を図るため、政令で定める地方裁判所及び地方裁判所支部の所在地に検察審査会を置く。」とある。そして、検察が公訴しないと判断した案件につき、第二条の一にあるように、「検察官の公訴を提起しない処分の当否の審査に関する事項」を審査する。すなわち、検察が不起訴と決めた案件につき、ちょっと待て、その不起訴は妥当か、と再考を促すようである。

そこで、以下、検察審査会法から私なりに纏めてみた。

検察審査会が起訴議決をしたときは、議決書に、その認定した犯罪事実を記載しなければならない。この場合において、検察審査会は、できる限り日時、場所及び方法をもつて犯罪を構成する事実を特定しなければならない。そして、議決書の謄本の送付があつたときは、裁判所は、起訴議決に係る事件について公訴の提起及びその維持に当たる者を弁護士の中から指定しなければならない。その指定された弁護士が、指定弁護士と呼ばれる。指定弁護士は、起訴議決に係る事件について、次条の規定により公訴を提起し、及びその公訴の維持をするため、検察官の職務を行う。ただし、検察事務官及び司法警察職員に対する捜査の指揮は、検察官に嘱託してこれをしなければならない。

実は私は、小沢氏強制起訴というニュースを聞いたとき、てっきりまた、国策捜査かと思った。というのは、最近読んだ、田中森一と佐藤優の「正義の正体」という本で、田中森一氏が、国策捜査はなくならない、と発言していたからである。田中角栄の捜査などその典型であり、最近では三井環元大阪高検公安部長の件もそうであろう。政府の指示または検察に都合の悪いことがあった場合、検察はなりふり構わず調書を作成して公訴する。すなわち、小沢一郎氏の存在が、政府与党にとって邪魔なので、なりふり構わず排除するという方針なのかと思った。

ところがこれは、検察審査会マターなのであった。すると少なくとも、検察主導の国策捜査ではない。もしかして、検察審査会も政府与党の息がかかっているのだろうか。傍目には分からないが、確かに、小沢一郎は、政敵にはまだ脅威なのだろう。だからなんとしても、政治的に完全に失脚させたいのだろうか、などと、いろいろ考えるのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2129

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年2月 3日 07:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「愚痴」です。

次のブログ記事は「食べるラー油」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。