食べるラー油

| コメント(0) | トラックバック(0)

今更であるが、食べるラー油がブームで、香辛料全般が好きな私も気になるところである。最初に、食べるラー油を発売したのは桃屋で、品切れ続出で、プレミアがつくほどだった。

同業他社が手をこまねいて見ているはずもなく、大手のヱスビー食品などが参入して、ラー油市場は、日経トレンディによれば、09年には約14億円といわれていた市場規模が、2010年には約40億円まで拡大した。

先発の桃屋としては、可能なら、食べるラー油を製造することの権利を独占しておきたいところであろう。ところが、そのような権利としては、特許権、商標権くらいしかない。あと、強いて挙げると、不正競争防止法くらいか。

食べるラー油を特許を保護しようとすると、どのような特許請求の範囲になるのだろうか。ちょっと書いてみる。
【請求項1】
 ゴマ油と、該ゴマ油に混入した唐辛子から実質的になり、
前記唐辛子は、他の食品にふりかけた場合に、平均的なヒトが、あまり辛さを感じない程度に混入されている、ラー油。

こんな特許請求の範囲は、進歩性以前に、記載が曖昧なので拒絶されてしまうので、特定の旨み成分を限定するなどして、特許出願することになるが、成分や数字限定を駆使して特許をとったとしても、簡単に迂回されて、意味がある権利にならないだろう。

それでは、「食べるラー油」で商標がとれるかというと、あまりにありふれていて、商標法第3条で無理だろう。

こうして桃屋は、少なくとも後発の「食べるラー油」を排除できる程度の十分な広さの特許権や商標権を得られない。

ところが、桃屋が、「食べるラー油」に傾注した程度の知的努力を、情報処理分野に傾注すると、何かしら意味がある特許が取れるのではないか、と私の実務経験から言うことができる。

しかし、それで桃屋が困っておらず、寧ろ健全なる競争をエンジョイしているのなら、情報処理分野だって、あまり安易なものに特許権を許さなかったとしても、誰も困らないのではないかという議論もできる。私の中で議論は十分練れていないが、これはベストセラーになっている「反知的独占」ミケーレ・ボルドリン、デヴィッド・レヴァイン、NTT出版の趣旨とは少し違って、非知的独占といってよい。

何が言いたいかというと、開発するのに膨大なノウハウやコストが必要でないなら、知的独占を許さなくてもいいのではないか、という趣旨である。すると、細かい工夫のようなものが特許で許されなくなって、特許侵害訴訟が激減する。

そうなると、情報処理分野でも、特許管理が、製薬会社や化学メーカーなみになって、特許出願件数が日本で第一位のパナソニックあたりでも、年間せいぜい1000件程度の特許出願で済むかもしれない。すなわち、膨大な開発コストの遺失になってしまうような知的成果の剽窃だけに対して保護するようにする。

すると、日本全体の年間特許出願件数も30000件程度となって、特許事務所のほとんどは潰れてしまう。

なんということを言うのだと、関係方面から叱られるのでこの辺で止めておくが、特許出願の多くは、かなり気休めで出していないか、これが保険料だとしたら、見直されるのではないか、といろいろ考えてみる次第である。

実際インテルやアップルはそういう少数精鋭の特許出願で廻っているが、それは単に業種が狭いからなのかもしれない。

そうはいっても、同等規模の競合会社が年間5000件の特許を出願するのに、うちは1000件に減らしますと平気で言える会社もなかなかないだろう。一種の核武装の論理である。こうして結局特許出願件数は激減はしないのだけれども、何のために出すのという問いかけは今後もなされ続け、上記の「食べるラー油」理論で、漸減は避けられないだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2130

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年2月 3日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小沢氏強制起訴」です。

次のブログ記事は「人材育成連携」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。